就活生を救うクラウドファンディング目標達成!

外資コンサルのBIG4についてコンサル内定者が詳しく解説 | 年収,難易度,学歴も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 外資コンサルのBIG4とは
  • BIG4それぞれの雰囲気
  • BIG4の就職難易度
  • BIG4各社の選考フロー
  • BIG4初任給比較

優秀な学生が多く志望することで知られるコンサル業界。

この記事を見ている君もその荒波にこれから挑もうとしているはず。

そんな君がコンサル就活を進めていく中で絶対に耳にするのがBIG4という言葉。

戦略コンサルを志望している方以外はほぼ確実に自分に関わる。

今回はそんなBIG4についてとにかく説明していきます。

雰囲気なんかの定性的な部分についても言及するので志望企業の参考にしてほしい。

では早速見ていこう!

先に伝えると、コンサルBiG4への就職は非常に難関です。

BiG4の内定を獲得するには、早い段階での企業対策やインターシップからの選考ルート獲得が必要です。

そこで、企業情報(主に外資企業)を得ることができる就活サイト「ワンキャリア」に登録しましょう。

BiG4のインターンシップ情報や選考情報についていち早く教えてくれます。

また実際にインターシップや選考に合格したES(エントリーシート)も見れるのでぜひ使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

>>「ワンキャリア」に登録してみる

 

 

外資コンサルのBIG4とは?

就活生くん

そもそも外資コンサルのBIG4とはなんのことを意味するのでしょうか?

そもそも外資コンサルBIG4とは以下の4つの巨大ファームを指します。

「就活の教科書」編集部 坂本

外資コンサルのBIG4
  • デロイト
  • PwC
  • KPMG
  • EYアドバイザリー

これらがコンサルBIG4だ。

この4つのファームは四大会計事務所とも呼ばれる。

BIG4と呼ばれる理由は世界的に展開する超巨大ファームであるため。

BIG4というのはコンサル界の四天王みたいなイメージで大丈夫。

 

外資コンサルBIG4比較表

以下に外資コンサルBIG4の比較表を示しました。
外資コンサルBIG4の「学歴」「年収」「採用倍率」をまとめてあります。

「就活の教科書」編集部 坂本

学歴 平均年収 倍率(難易度)
デロイト 上位国公立+早慶 830万円 50倍
PwC 上位国公立+早慶 890万円 不明
KPMG 上位国公立+早慶 900万円 不明
EYアドバイザリー 上位国公立+早慶 900万円 4~5倍

BIG4の学歴は、上位国公立+早慶とかなり高くなっています。
倍率も高くて、内定をもらうのはかなり難しいです。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

外資コンサルBIG4のそれぞれの雰囲気や特徴を解説

超巨大ファームのBIG4。

世界で有名だからと言って日本でも有名とは限らないんだ。

ファーム毎に特徴があるのでざっくり解説していくよ。

 

1.デロイト

デロイトはBIG4の中では最難関とも言われる。

日本でも超存在感のあるファーム。

業界のリーダーと言ってもいい。

総合ファームであるが、一部戦略に近い部分で出来るのは魅力的。

プール制を取っており、新卒で入ると色んな業界を経験出来る。

社員の方は真面目な方が非常に多い。

【外資コンサルBIG4】デロイトの特徴
  • 学歴:上位国公立+早慶がほとんど
  • 平均年収:830万円
  • 初任給:570万円
  • 就職偏差値:66
  • 選考フロー:ES→筆記→面接4回→内定
  • 倍率:50倍

 

2.PwC

正式名称プライスウォーターハウスクーパース。

こちらもデロイト同様展開に成功している会社。

戦略部門にStrategy &を持つ。

合併して同じ会社になっているが、全く別の会社という認識。

戦略部門を持つため、総合コンサルで入ると戦略案件に携わるのは難しい。

気さくな方が非常に多い。

一番人間味のある方が多く印象は一番良い。

【外資コンサルBIG4】PwCの特徴
  • 学歴:上位国公立+早慶がほとんど
  • 平均年収:890万円
  • 初任給:525万円
  • 就職偏差値:65
  • 選考フロー:ES→筆記試験→GD→面接2回→内定

 

3.KPMG

KPMGは税務系に強いファーム。

会計事務所のころの特色が色濃く残っている。

税理士の資格を取るコンサルタントも少なくないと聞く。

社員の方はおっとりしている方が多い。

規模は小さくベンチャー気質。

【外資コンサルBIG4】KPMGの特徴
  • 学歴:上位国公立+早慶がほとんど
  • 平均年収:900万円
  • 初任給:475万円
  • 就職偏差値:63
  • 選考フロー:ES→筆記試験→面接3回→内定

 

4.EYアドバイザリー

就活を通して一番謎が多かったファーム。

新卒採用にあまり注力しておらず、規模も小さめ。

KPMGと同様にまだまだベンチャー気質。

2019卒の選考では内定までに2か月を要するなど非難続出。

あまり人材採用に力を入れられていないのかな…?

【外資コンサルBIG4】EYアドバイザリーの特徴
  • 学歴:上位国公立+早慶がほとんど
  • 平均年収:900万円
  • 初任給:490万円
  • 就職偏差値:63
  • 選考フロー:ES→面接→説明会→筆記試験→面接→面接→内定

 

各社の雰囲気はこんな感じ。

他にもコンサル会社の特徴を知りたい人は、外資系戦略コンサルの難易度ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

人事さん

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

BIG4の就職難易度はどんな感じ?

次はそれぞれの就職難易度を確認しておこう。

77 マッキンゼー・アンド・カンパニー
76 ボストンコンサルティンググループ
75 ベイン・アンド・カンパニー
====MBBの壁====
【東大京大(法・経済・理系大学院卒)・有名海外大学以上】
74 Strategy& (旧:Booz) Oliver Wyman
73 ローランド・ベルガー
72 経営共創基盤(IGPI) ZSアソシエイツ
71 Mercer A.T.カーニー ドリームインキュベータ
70 アーサー・D・リトル L.E.K.コンサルティング
69
68 アクセンチュア(戦略)
67 コーポレイトディレクション 野村総合研究所(コンサルタント)
====戦略コンサルの壁====
【東大・京大・一橋・東工・早慶上位(法・経済・政経・理工)】
66 IBM(コンサルタント) 三菱UFJリサーチ&コンサル デロイト
65 リヴァンプ クニエ アクセンチュア(非戦略)  pwc
64 IBM(IT) 野村総合研究所(ITソリューション) NTTデータ経営研究所 日本経営システム
63 アビーム シグマクシス 日本総合研究所 KPMG EY
====まともなコンサルの壁====
【早慶下位(その他)・大阪上智理科ICU・旧帝下位・上位国立以上が内定者一般層】
62 日立コンサルティング 大和総合研究所(リサーチ)
61 みずほ総研(コンサルタント) 日本総研(IT)
60 富士通総研  大和総研(IT) 日本能率協会コンサルティング
59 価値総合研究所 社会経済生産性本部 トーマツイノベーション
====辛うじてコンサルと呼べる壁====
58 インタープライズコンサルティング プラウドフットジャパン  ケンブリッジテクノロジーパートナーズ
57 シンプレクス
56 レイヤーズコンサルティング  スカイライトコンサルティング  ビジネスブレイン太田昭和
55 山田ビジネスコンサルティング フューチャーアーキテクト 船井総研 ANDNA(ISIパートナーズ)
naverまとめを一部改変

コンサルティングの就職偏差値ランキング(実はコンサルって5種類ある)」という記事で詳しく言及してるんだけど、各社の就職難易度はだいたいこんな感じ。

総合コンサルの中では全社トップクラスの難易度。

ただ戦略コンサルの難易度には当たり前だけど及ばない。

コンサルBiG4の内定において、ES選考の通過が非常に難しいです。

BiG4の内定を獲得するには、早い段階でのES対策が必要です。

そこで、選考のESが見放題の「Unistyle」に登録しましょう。

BiG4に内定した人のESが見放題で、過去のES内容を知ることができます。

業界や企業ごとに整理されているので非常にわかりやすいです。

「就活の教科書」編集部 坂本

>>「Unistyle」を使ってみる

 

BIG4各社の選考フローはこれだ!

各社の選考フローを紹介するよ。

ただあくまで過去のものなので多少の違いはあるかもしれない。

1.デロイト

ES→筆記→面接4回→内定

デロイトは選考回数が多い。

1次面接は非常にオーソドックス。

2次面接ではケースっぽいものが行われる。

3・4次面接は志望度の高さを測るもの。

その他インターンからのルートもあり。

 

2.PwC

ES→筆記試験→GD→面接2回→内定

PwCの選考は激はや

3日で内定が出る。

1次面接はケース面接。

2次面接はオーソドックスに志望度を測られる。

内定するとディナーに招待される。

 

3.KPMG

ES→筆記試験→面接3回→内定

全ての面接でオーソドックスな質問。

外資就活などに情報が流れてきにくい。

 

4.EYアドバイザリー

ES→面接→説明会→筆記試験→面接→面接→内定

情報がバラバラで決まったルールがないみたい。

ケースっぽい人もいればオーソドックスな人もいる。

こちらもKPMG同様情報少なめ。

 

選考フローは毎年変わっているので注意が必要です。

就活サイトなどを参考にして自分の年の動きを把握してください。

 

デロイト、PwCなんかは毎年インターンからの採用があります。

これら2社を志望する方はインターンからの内定で早期内定を狙うのも大いにありです。

その際、インターンでスライドを使って発表となります。

個人的にインターン前に実際のコンサルスライドを見て、イメージを掴みたかったなとおもったので、「【実際のスライド大公開】パワポを制すものがコンサルを制す。」という記事をまとめました。

良ければ参考にしてください。

コンサルBiG4のインターシップや選考情報を知りたい人は。就活サイト「ワンキャリア」に登録しましょう。

企業登録するだけで、BiG4のインターンシップ情報や選考情報についていち早く教えてくれます。

また実際にインターシップや選考に合格したES(エントリーシート)も見れるのでぜひ使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

>>「ワンキャリア」に登録してみる

 

BIG4初任給徹底比較

初任給は成果給を除いたものを比較します。

1位 デロイト 570万

2位 PwC     525万

3位 EY     490万

4位 KPMG  475万

べておおよそ500万円近い結果になりました。

初任給で500万恐るべし。

入社してからの年収は個人のレベルによって幅があるので今回は割愛します。

大体30歳で1000万円程度だと考えてください。

かなりの高給とりですね。

まあ彼らの激務度を見れば当たり前ですが。

 

他の業界・企業の新卒の給料と比較したい人は、業界ごとの平均初任給が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

コンサルBIG4理解してもらえた⁇

コンサルBIG4について説明してきました。

コンサルBIG4とは

デロイト

PwC

KPMG

EYアドバイザリー

を指します。

BIG4の存在はコンサル就活の上で必須なので是非頭に入れてくださいね!

余談にはなりますが、コンサル志望はESに力を入れるといいですよ。

就活界隈では有名な話ですが、コンサル志望者のESって結構質が低いことが多いので、質の高いものがあると面接官の印象に残りやすく、そのあとの面接もスムーズにいくことが多いです。

特にコンサル志望者は早期に動き出し、はじめは周りに就活生も少なく手探りの状況でESを出すことになると思うので、Unistyleとか使って内定者のESを参考にするといいと思います。

ケースなどのハイレベルな試験対策をしてもES段階で見切られると元も子もないのでES+筆記段階は100%突破できるようにしておきましょう。

とくにデロイトのWEBテストは少し特殊なので気を付けて…

内定者ESの文章テンポって読み込むことでしか理解できないと思うので、是非参考にしてください。

>>Unistyleでコンサル内定者ESを見る

 

実際にコンサル業界を目指したい人は、コンサルティング業界の志望動機の例文や伝え方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、コンサル業界にはどんな人が行くのかを知りたい人は、コンサル業界内定者のインタビュー記事が読めるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

あとコンサルを志望する人って激務だ激務だと言われてちょっと不安になったりすると思うんですけど、正確には時期的に激務というのが正しい認識だと思っています。

社会人なってから1か月とかの長期休みとれるのってコンサルとか外銀くらいですからね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。