【内定者が教える】エントリーシートの書き方 | 実際に通過したES例文も公開!

【内定者が教える】エントリーシートの書き方 | 実際に通過したES例文も公開!

この記事を読めばわかること
  • エントリーシートは書く前に自己分析が必要
  • 設問別にエントリーシートの書き方を紹介
  • 19卒内定者が書いたエントリーシートの志望動機を紹介
  • 通過するエントリーシートを書くためのポイント

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の上原です。
エントリーシート(ES)をこれから書く就活生で、こんなことを考えていたりしませんか。

「就活の教科書」編集部 上原

就活生くん

書類通過するエントリーシートの書き方を知りたい!

就活生ちゃん

エントリーシートに何を書けばいいのか知りたい!

就活生くん

企業の人事が何を考えてエントリシートを見ているのか知りたい!

 

そこでこのページでは、内定者として就活支援に携わり、100以上の通過エントリーシートを読んできた僕が、

エントリーシート(ES)の書き方に困っているあなたの悩みを解決するため、エントリーシートの書き方を徹底的に解説しました。(1万8千文字超えです)

学生時代力を入れたこと(ガクチカ)・志望動機の書き方や、論理的に文章を書けるPREP法についても書いています。

また、僕が実際に書いたエントリーシートも公開し、最後にさらに文章術をレベルアップする方法も書きました。

この記事を読めば、エントリーシートの読み手(人事/採用担当)の考えも分かり、書類選考にバンバン通過するエントリーシートが書けるようになります。

エントリーシートの書き方に悩んでいる就活生は、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 上原

 

画像タップでページ内に飛びます

エントリーシート 書き方>> ESの書き方

内定者が書いたエントリーシートの志望動機を紹介>> 内定者が書いた志望動機

目次

 

設問別のエントリーシートの書き方

エントリーシート 書き方

さっそく、本題のエントリーシート(ES)の書き方について説明していきます。

今回のエントリーシートの書き方は、複数の外資系企業に内定を頂いた僕の経験と、総合商社、広告代理店、テレビ局と名だたる難関企業の内定を獲得した知人のアドバイスをもとにしています。

就活生の皆さんは、安心して読んで参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 上原

 

まずはエントリーシートで問われることが多い、以下の4つについて、設問別の書き方の型を説明していきます。

この型にあてはめるだけで、わかりやすく論理的な構造の文章を作成することができます。

エントリーシートの3つの設問
  1. 学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)
  2. 志望動機
  3. 自己紹介
  4. 自己PR
  5. その他の設問内容(夢・企業理念についての考えなど)
それでは一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 上原

 

ESの書き方①:学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)編

エントリーシートの書き方1つ目は、学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)の書き方です。

ガクチカは、どの企業もまず聞いてくる鉄板の設問内容です。

例として、19卒向けインターンシップのエントリーシートを紹介します。

◆ ソフトバンクのインターンES

「あなたが行った(もしくは行っている)最も大きな課題解決について、背景も交えて教えてください。(600文字以内)」

◆ Amazon JapanのインターンES

「今までの人生の中で最も「苦労した」出来事について具体的に記載してください。また、そこから何を学び、活かしているのか教えてください。(300字以内)」

◆ 日本IBMのインターンES

「学業を通じて得られたあなたにとっての一番の学び、もしくは発見について教えてください。(400字以内)」

 

なお、自己PR(=自分の強み)の書き方はガクチカの書き方と基本的に同じです。

エントリーシートの書き出しの一文が、学生時代にしたことの説明から強みの説明に変わるだけです。

そのため、就活生のあなたが自己PRを書く時にも参考になります。

それでは、エントリーシートの「ガクチカ」の書き方を順番に説明していきます。

「就活の教科書」編集部 上原

 

書き方①:学生時代に何をしたのか

エントリーシートのガクチカの書き方1つ目は、「学生時代に何をしたのか」です。

まず、質問に答えることを意識しましょう。

そして、端的に分かりやすい文章で書くべきです。

採用担当者は時間があまりありません。

パッと見て何が言いたいのか理解できないエントリーシートは、読まれないかもしれないです。

 

書き方②:なぜその活動を始めようとしたのか

エントリーシートのガクチカの書き方2つ目は、「なぜそれを始めようとしたのか」です。

読み手である採用担当者は、就活生の行動の背景を知りたいです。

なぜなら、就活生のモチベーションの源泉が社内に存在するのかを確認したいからです。

モチベーションの源泉が社内に存在するならば、会社内での困難も乗り越え、長期的に活躍する人材の可能性が高いです。

一方で、社内にモチベーションの源泉が存在しない場合は、会社内での困難も乗り越えられるのか、長期的に活躍する人材なのか、確証が得られません。

必ずエントリーシートでは、行動の動機を書き、会社内で活躍できる人材であることをアピールするようにしましょう。

 

書き方③:その活動をする上でどんな目標を立てたのか

エントリーシートのガクチカの書き方3つ目は、「その活動をする上でどんな目標を立てたか」です。

まず、活動する際の現状を簡単に説明しましょう。

何も前提条件がないと、読み手側が理解しにくいからです。

その上で、就活生のあなたが掲げた目標を書きましょう。

また、その目標を立てた理由もしっかりと分析しておきましょう。

 

書き方④:その活動の中でどんな困難を経験したのか

エントリーシートのガクチカの書き方4つ目は、「活動の中でどんな困難を経験したのか」です。

何かを成し遂げた経験は、平坦な道のりだけではなかったはずです。

経験の大小にこだわることなく、自分が感じた困難を素直に書いてみましょう。

読み手側は、就活生がどの程度のことを困難だと感じるのか見極めようとしています。

 

書き方⑤:立ちはだかる困難を解決するためにどのように行動したのか

エントリーシートのガクチカの書き方5つ目は、「その困難を解決するためにどのように行動したのか」です。

就活生は企業に入社した後、必ず困難に遭遇することはあります。

就活生が、困難に対してどう考え行動するのか、企業はその思考プロセスが見たいのです。

困難の原因をどのように特定したのか、そして、どのようにその困難を対処したのか。

就活生のあなたは、具体的な思考プロセスをエントリーシートに書きましょう。

また、思考プロセスを書くことで、就活生のあなたが考える力・周囲を巻き込む力を備えていることも示しましょう。

ドヤ顔で事実だけを言っている周りの就活生と差別化できること間違いなしです。

就活生くん

内定は私がいただきます!

 

書き方⑥:行動の結果はどうなったのか、目標は達成したのか

エントリーシートのガクチカの書き方6つ目は、「行動の結果はどうなったのか、目標は達成したのか」です。

数字や固有名詞を使い、読み手が想像しやすい結果を書くのを意識してください。(詳しくは、後の章で説明します。)

また、就活生のあなたが最後までやり切る力を備えていることも示しましょう。

 

書き方⑦:その経験から何を学んだのか

エントリーシートのガクチカの書き方7つ目は、「その経験から何を学んだのか」です。

就活生の皆さんが、心から学んだと思えることを書きましょう。

学んだことは、あなたの強みの言い換えになっているはずです。

 

ポイントは、「再現性」です。

私自身が、就活生のエントリーシートを添削していると、学びが「単純な気づき」で終わっているケースが多いです。

エントリーシートは、「どうすれば目的を達成することができるのか」という方法論にまで落とし込んで書かないと、再現性が感じられません。

その結果、読み手側がガクチカを評価してくれない可能性もあります。

 

就活生は、可能な限り、学びのレベルを方法論にまで落とし込んで書きましょう。

また、面接時に、学びを活かしたエピソードが複数個提示することを求められることもあります。

すらすらと学びを活かしたエピソードを言えるように、準備しておきましょう。

この学びを書く学生は期待できそうだ。

人事さん

 

書く内容⑧:その経験を入社後どう活かしたいのか

ガクチカに書く内容8つ目は、「その経験を入社後どう活かしたいのか」です。

会社で学んだことが活かせることをアピールしましょう。

面接官が聞きたい本質は、ここです。

あくまでこれまでの経験は、学んだことを裏付けるための1つの根拠に過ぎません。

経験を語った上で、熱く学んだことをどう会社に活かせるのかを話しましょう。

 

ガクチカのエピソードは最低2つ用意しましょう

書類通過後の面接では、ガクチカのエピソードについて2つほど深堀りされることが多いです。

そのため、ガクチカは最低2つ用意しておきましょう。

ガクチカの型のおさらい
  • ①:学生時代に何をしたのか
  • ②:なぜその活動を始めようとしたのか
  • ③:その活動をする上でどんな目標を立てたのか
  • ④:その活動の中でどんな困難を経験したのか
  • ⑤:立ちはだかる困難を解決するためにどのように行動したのか
  • ⑥:行動の結果はどうなったのか、目標は達成したのか
  • ⑦:その経験から何を学んだのか
  • ⑧:その経験を入社後どう活かしたいのか
この型に従えば、ガクチカを論理的に書くことができます。

「就活の教科書」編集部 上原

また、「就活の教科書」では、内定者が「ガクチカ」をどのように書いたか、アンケートを取りました。

「内定者がどんなガクチカでエントリーシートを突破したのか」など、ガクチカの例文を参考にしてみてください。

 

また、エントリーシートのガクチカのエピソードに使える部活・サークル・アルバイト・ゼミ経験の書き方を、以下の記事で解説しています。合わせて参考にしてみてください。

 

ESの書き方②:志望動機編

エントリーシートの書き方2つ目は、志望動機の書き方です。

志望動機もガクチカ同様、どの企業も聞いてくる鉄板の設問内容です。

例文として、19卒向けインターンシップのエントリーシートを紹介します。

◆ アクセンチュアのインターンES

「戦略コンサルタントという仕事・キャリアに興味を持った理由を、あなた自身の考え方や過去の経験がわかるように説明してください。(400字以上500字以下)」

◆ 19卒向けの花王の本選考ES

「数ある企業の中でどうして花王へご応募いただいたのか教えてください。(300字以内)」

それでは次は、エントリーシートの「志望動機」の書き方を順番に説明していきます。

「就活の教科書」編集部 上原

 

書き方①:なぜその会社を志望するのか

エントリーシートの志望動機の書き方1つ目は、エントリーシートを提出する企業を「なぜ志望するのか」です。

ガクチカと同じく、一文目にはなぜその会社を志望するのかを簡潔に分かりやすく書きましょう。

結論を最初にもっていくことで、読み手がストレスなく、エントリーシートを読めるはずです。

 

書き方②:私がどんなことに取り組みたいのか

エントリーシートの志望動機の書き方2つ目は、「私がどんなことに取り組みたいのか」です。

人生において、成し遂げたい目標を書きましょう。

自分が心から思う目標を書くことが大切です。

目標を他人と比べる必要はありません。

 

書き方③:なぜその目標に取り組みたいのか

エントリーシートの志望動機の書き方3つ目は、「なぜその目標に取り組みたいのか」です。

まず、自らの経験を書きましょう。

その上で、経験した事実から、いかに自分が目標に対して本気であるのかをアピールしましょう。

本気でない学生より、本気である学生の方が、つらい仕事に対して頑張れるので、読み手側により評価されるからです。

 

目標への本気度を書くポイントは、過去の経験との一貫性です。

過去の行動のモチベーションの源泉(=なぜ頑張れたのか)を振り返り、志望動機につながることを示しましょう。

 

書き方④:志望する業界の説明

エントリーシートの志望動機の書き方4つ目は、「志望する業界の説明」です。

目標を達成するためには、「どのようなビジネスモデルの業界が当てはまるのか」を書きましょう。

いきなり、志望する会社のことを書くと、その会社の名前だけで選んでいると思われてしまいます。

きちんと、俯瞰してその会社の周りのことを見れていることを示しましょう。

 

書き方⑤:志望する会社の強みの説明

エントリーシートの志望動機の書き方5つ目は、「志望する会社の強みの説明」です。

就活生の皆さんが感じた、企業の強みを書きましょう。

そして、自分の目標を実現するために、その会社で働くことが一番であると繋げましょう。

競合他社ではなく、御社でなければならないことを説明するためです。

 

ここでのポイントは、あまり会社の内容に触れないことです。

多くを語りすぎると、企業側に全然わかっていないと判断されるリスクがあります。

就活生は、そもそも働いたことがなく、企業のことをほとんど理解できていないからです。

エントリーシートでは、企業の説明会やOB訪問を通じて、自らが感じたことにとどめるのがベターでしょう。

 

書き方⑥:改めて志望することの表明

エントリーシートの志望動機の書き方志望動機に書く内容の6つ目は、「改めて志望することの表明」です。

最後に念を押すつもりで、企業を志望することを改めて書きましょう。

志望動機の型
  • ①:志望する理由
  • ②:私がどんなことに取り組みたいのか
  • ③:なぜそれに取り組みたいのか
  • ④:志望する業界の説明
  • ⑤:志望する会社の強みの説明
  • ⑥:改めて志望することの表明
ガクチカ同様、企業の志望動機も魅力的に見える型があります。

「就活の教科書」編集部 上原

 

ESの書き方③:自己紹介

エントリーシートの書き方3つ目は、自己紹介の書き方です。

エントリーシートの「自己紹介」の書き方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

ESの書き方④:自己PR

エントリーシートの書き方4つ目は、自己PRの書き方です。

エントリーシートの「自己PR」の書き方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

ESの書き方⑤:その他の設問内容編

エントリーシートの書き方5つ目は、その他の設問内容の書き方です。

エントリーシートでは、ガクチカ・志望動機以外について書くことも多いです。

例文として、19卒向けインターンシップのエントリーシートを紹介します。

◆ UBS証券のインターンES

「部活・サークル活動、趣味・特技や最近関心を寄せていることなどについてご記入ください。(400字以内)」

◆ JTのインターンES

「あなたはJT社員です。今月付けで、あるプロジェクトの一員として経営企画部へ異動になりました。JTでは現在、 たばこ事業・医薬事業・食品事業の3事業を展開していますが、そのプロジェクトのミッションは、新規事業を立ち上げるというものでした。あなたなら、上司に対してどのような新規事業を提案しますか?あなたの考えとその根拠を文章で、簡潔かつ具体的に説明してください。(300字以内)」

エントリーシートでよく聞かれた質問は、【就活でよく聞かれた】エントリーシート(ES)の質問項目100選という記事に網羅的にまとめています。
どんな質問にも答えられるように、事前にどんな質問があるのか、確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 上原

 

その他、エントリーシートの各質問項目の書き方は、以下の記事で解説しています。

「あ、これ書けないかも」という質問項目があれば、しっかり確認しておきましょう。

 

業界別!19卒内定者の志望動機のエントリーシート

内定者が書いたエントリーシートの志望動機を紹介

就活生くん

上原さん、ガクチカと比べて、志望動機のエントリーシートなかなか書けないんですが。
ガクチカに比べて、志望動機はイメージしにくいですよね。
任せてください!19卒のエントリーシートをたくさん用意しました。

「就活の教科書」編集部 上原

ということで次は、実際に通過した志望動機のエントリーシートをそのまま公開しちゃいます。

僕が実際に書いた、日本IBM、ゴールドマン・サックス、ユニクロ、三井物産の4社の志望動機です。

加えて、19卒の友人からいただいた志望動機のエントリーシートもどどーんと公開します。

エントリーシートの数が多いので、業界別にまとめました。

みなさんがこれらのエントリーシートを読んで、いろいろと考えるきっかけになれば幸いです。

 

例文①:【外資IT】日本IBM

1つ目の書類通過したエントリーシートは、日本IBMのESです。

私の内定先です(笑)

「就活の教科書」編集部 上原

他者と協業して何かを達成した経験は、水泳部員として約70ページの部誌を発行した経験です。年に1度、水泳部は約300名のOBOGさんに現役への興味喚起を目的として、部誌と呼ばれる活動冊子を届けています。その部誌を発行するためには、書くネタ集め、編集、発送の工程が必要です。私は、部誌を発行する責任者として、そのすべての工程に携わってきました。私が苦労した点は、各工程のスケジュール管理です。チームの目標として、責任者に就任してから6か月で部誌を届ける必要があり、目標達成のために以下の順序で作業しました。まず、他大学の寄稿文やOBOGさんの近況報告など部外の人間にお願いする必要があるものは最初に連絡を行いました。次に、細かいデータを扱う試合結果の表作成やOBさんからの寄付金の管理は、後輩と毎週コツコツと行いました。最後に、約300名分の宛名シールを部員全員で、発送前に作成しました。その結果、例年より2か月早い5月に発送することができ、現役に興味を持ってくれたOBOGさんが7月の一番大きな試合に来てくれました。

 

例文②:【外資金融】ゴールドマン・サックス

2つ目の書類通過したエントリーシートは、ゴールドマン・サックスのESです。

私が受けた部署は、毎年2、3人の内定者が入社するそうです。

「就活の教科書」編集部 上原

アセットマネジメント部門のインターンに応募する理由は、やりがいがある仕事だと思ったからです。アセットマネジメントではお客様の資産を運用していく中でお客様と長期的にwin-winの関係で仕事ができます。私は大学2年の頃から塾講師のアルバイトをしており、4年間で30人程の生徒を担当してきました。ある生徒は2年間数学を担当していました。夏に受けたセンター模試の偏差値が50台に落ち込んだ時も励まし合い、問題演習を繰り返し行い、その生徒は最終的に偏差値が60の志望校に合格することができました。高校を卒業する時にはお礼の手紙をもらい、大きなやりがいを感じました。この経験から長期的にお客様の資産を運用させていただき、互いに喜びを分かち合う中で、仕事にやりがいを感じるのではないかと思いました。

また、数ある会社の中で御社に志望する理由は、最高のお酒が飲めると思ったからです。9月に御社のオープンデーに参加しました。オープンデーに参加するまで御社の社員に対して、個人で冷徹に仕事を行うイメージがありました。しかし、参加してみて社員同士がとても仲が良いことを知り、特に新入社員と上司が話している様子は家族のように見えました。また、普段のお仕事を伺った時に新規開拓の話を生き生きとした表情で話されていて、仕事が好きなのだなと思いました。私は、学部時代に体育会水泳部に所属し、20人程のチームで週に10回の練習をこなしてきました。朝の8時から泳ぐ練習はつらいものでしたが、部の掲げた目標を達成するためにチームで練習する時間はとても充実していました。何より、そのチームが12年振りに目標であった2部リーグに昇格出来た時は本当に幸せで、その試合の打ち上げでは朝まで飲み明かしました。この経験から仕事が好きな御社の社員とチームで働けば、また最高のお酒が飲めると思いました。

 

例文③:【アパレル】ユニクロ

3つ目の書類通過したエントリーシートは、ユニクロのESです。

このインターンを通じて、自分のビジョンを見つける手掛かりにしたいと思っています。私は学部時代に水泳部に入部し、週10回の練習を仲間とこなしながら充実した時間を送っていました。3回生の3月になっても、まだ部活動を続けたい、大学院は学部の延長で授業を受けて修士論文を出せば楽に卒業できるはずだという思いから、大学院に入学しました。しかし、入学後は私にとって非常につらい日々でした。明確なビジョンを持たずに安易な気持ちでキャリアを選択したからです。私は航空機の翼を研究しており、日々関連する論文を読み、プログラムを書いて数値実験を行っています。たいていプログラムはうまく動作せず、動作して結果が出ても楽しい気持ちになれず、研究活動が卒業のための作業と化しています。この経験から自分のビジョンを持ち、生き生きしたキャリアを歩みたいと思うようになりました。しかし、未だ自分のビジョンを明確に持っていません。早く自分のビジョンを見つけたいと、他大の内定者や社会人に会ったり、インターンに参加したりする中で周りの環境から刺激を受けています。ある日、知人の紹介で御社のインターンを知り、このインターンのメッセージに共感しました。「これからの世界で、あなた自身に生きる意味を見出してほしいのです」。現地調査を行ったり、経営者と議論したりする中で、本気で自分のビジョンを見つけたい。そう覚悟して応募しました。

 

例文④:【総合商社】三井物産

4つ目の書類通過したエントリーシートは、三井物産のESです。

就活していると、総合商社の人気の度合いは少し引くレベルです。

「就活の教科書」編集部 上原

貴社の企業使命の中の「⼈びとの夢溢れる未来作りに貢献します。」に共感し、⾃分の夢を成し遂げることができると考えたからです。私の夢は、世界中の⼈々がやりたいことを実⾏する勇気を持てるお⼿伝いをすることです。貴社でなら、より夢に向かう⼈が増え、幸せな⼈を増やすことができると考え、貴社を志望します。

 

例文⑤:【テレビ】NHK

5つ目の書類通過したエントリーシートは、NHKのESです。

テレビ局の面接時間は5分から10分間で、面接回数は10回弱もあるそうです。

「就活の教科書」編集部 上原

より多くの視聴者に影響を与えることができると考えるからだ。私は小学4年生の時に〇〇を始めた。始めた理由は、その頃テレビで見た全国高等学校〇〇選手権大会の中で、泥まみれになりながら最後の1アウトまで諦めない選手達の姿に感動し、「こんな青春が送りたい」と思ったからである。また、大学で始めた〇〇も浪人中に見た〇〇に感化されたことが原因だ。今振り返ると、私はテレビから影響を受けて人生を形作っていた。この時から、将来自分がどうなりたいのかと考えたときに、次は自分が視聴者の心を動かすような映像を作っていきたいと思うようになった。テレビ業界の中でも、NHKは中継として届けるスポーツの種類の幅が広い。NHKであればより多くの人々に影響を与えることができると思い、志望した。そして、NHKでは中継部に入り、360度カメラなどの最新技術を用いて、人々の心に響くようなスポーツの映像を届けていきたい。

 

例文⑥:【重工】IHI

6つ目の書類通過したエントリーシートは、IHIのESです。

メーカーの事務職は面接回数が多いですね。

「就活の教科書」編集部 上原

貴社のボイラをさらに普及させ、人々の暮らしと産業の根底を支えたいです。その理由は、私が高校と大学で所属した〇〇部で務めた〇〇というポジションの経験によります。〇〇は、目立ちはしないものの常に味方を守るために身体を張ることが求められる、全プレイの根幹を担うポジションで、縁の下の力持ちです。私はこのポジションのリーダーと大学院生コーチを経験するなかでメンバーを支えることに強いやりがいを感じました。貴社の製品は、一つ一つの規模が大きく責任が重いこと、中でもボイラは設備一つでより多くの人々の生活を大きく変えられることから、私の責任感の強さが活かせると考えます。自らが積極的に行動することで取引先と信頼関係を構築し、よりその国の本質的なニーズに合った製品を提供することで、各国によって異なる環境対策と経済発展状況にも柔軟に対応できるような社会人に成長していきたいです。そのためには、まず、工場で製品についての専門知識を身につけ、国内営業で営業の仕方を学んだのち、世界を舞台に仕事をし、貴社のボイラをさらに普及したいと考えています。

 

例文⑦:【航空】ANA

7つ目の書類通過したエントリーシートは、ANAのESです。

男なら一度は目指たいパイロット。面接が8回ほどあります。

「就活の教科書」編集部 上原

「生まれ変わってもパイロットになりたい」という言葉に感銘を受け、世界で活躍したいと思ったからです。貴社のセミナーやインターンシップに参加した際、現職の方と話す機会がありましたが、どの方も「生まれ変わってもパイロットになりたい」と仰っていました。就職活動を通じて、様々な企業を見てきましたが、ここまで堂々と自身の仕事に誇りを持っている職種はありませんでした。私も日本を背負って世界で活躍できるこの職を誇りとして持ち、何百人もの命を背負う責任感をやりがいと感じるパイロットになりたいと思い、志望しました。

 

例文⑧:【クルマ】トヨタ自動車(通過)

8つ目の書類通過したエントリーシートは、トヨタ自動車のESです。

大学別のトヨタ自動車の懇親会は、しばしば評価されているそうです。

「就活の教科書」編集部 上原

私の家庭は両親が共働きであるため、普段会話をする機会が少なかったです。そんな私の家庭に「家族の和」を作ってくれた空間こそが車でした。自身の経験から、車は「人と人を繋ぐ空間」だと認識しており、次は私が人々に車を届けて幸せになってもらいたいと思っています。また、車が「人と人を繋ぐ空間」であるためには、「安全」であることが第一条件です。数ある自動車会社の中でも、貴社は「安全」に最も注力しており、社員の方は「製品として売り出す前に何十万回テストを繰り返す」と仰っていました。貴社ならば、私の想いが実現できると思い志望しました。貴社では、研究で培った画像認識の知識を活かして、予防安全技術の開発に携わりたいです。例えば、車に搭載されたカメラや交通インフラに取り付けられたカメラの認識精度を高め、今まで認識ができなかった雨天時の歩行者や障害物などの認識を可能にし、「安全」な車作りに取り組みたいです。

 

例文⑨:【インフラ】NTT西日本(通過)

9つ目の書類通過したエントリーシートは、NTT西日本のESです。

関西に残りたい学生に人気の企業ですね。

「就活の教科書」編集部 上原

大規模な通信ネットワークをもとに、インフラ事業のみならず、IoTやAIなどの最新技術を用いて新しい事業を構築していく貴社の姿勢に感銘を受けるとともに、貴社であれば、私の想いは達成できると考え、志望しています。私は将来、「言語の壁を越えたコミュニケーションを促進して、今までと違う世界を創出したい。」という想いを抱いています。自身の研究を通して、このような想いを抱くようになりました。私は現在、外出の際に目的の建物の入り口を見つけることが困難な視覚障害者のために、建物等の入り口を発見するシステムを構築する研究に従事しています。このシステムは、物体検出技術を応用して、視覚障害者の方に「入り口は12時の方向にあります。」と音声で入り口の場所を伝えるものですが、私はさらに入り口以外の情報も視覚障害者に伝えたいと考えています。例えば、「信号がもうすぐ赤になります。」といった危険を知らせる情報や、「最近人気上昇中の店が9時の方向にあります。」といった提案をする情報も送りたいです。さらに、情報提供だけでなく、目的地へ視覚障害者を誘導できればより良いと思います。これは1例ですが、貴社であれば、今までにないコミュニケーションのあり方を生み出すことができ、自身の想いが実現できると考え志望致します。

 

例文⑩:【製薬】第一三共(通過)

10個目の書類通過したエントリーシートは、第一三共のESです。

MR職も人気職種の一つですね。

「就活の教科書」編集部 上原

私は幼い頃から怪我をし易い体質でした。一方で、大学では〇〇部に所属していました。そのため怪我は避けて通れない道でした。時にはプレーが出来なくなるような怪我もありました。その代表例は椎間板ヘルニアです。治療法は毎日接骨院に通いながらの鍼治療でしたが、「ここぞ」という時に少しだけでもいいので、痛みを和らげてくれたらなと思うことがよくありました。そんな時、ロキソニンを処方されたのです。錠剤を服用するだけの簡便な方法で、フットボールに打ち込む間だけ、痛みを気にせずにいられたのです。この時、この様な悩みを解決する仕事として、MR職を志望しました。自分を救ってくれた「くすり」に携わり、次は私が困っている人達に薬を届けたいと思うようになりました。業界の中でも貴社は、医師や他社MRからNo.1評価をいただいているため、貴社であればより多くの患者さんを救えるかもしれないと思い志望しました。

 

例文⑪:【金融】農林中央金庫(通過)

11個目の書類通過したエントリーシートは、農林中央金庫のESです。

安定した給料をもらえ、大人気な企業の一つです。また、この企業は学歴フィルターがある模様です。

「就活の教科書」編集部 上原

私はアメリカンフットボール部の経験から、一つの目標に対して様々な観点から取り組み、社会に貢献する仕事をしたいと考えています。その中で、貴金庫は他の金融機関と異なり、日本の農林水産業の貢献というより明確な使命を持って行動している点で、私の希望に合致しており、志望しました。貴金庫に入庫出来た暁には、リテールビジネスに携わり、現在の日本の農林水産業の最前線を学ぶことで現在抱える問題の解決に貢献したいと考えています。

 

内定者が書いたエントリーシートをとにかく読む

私のエントリーシートは、いかがでしたか

「就活の教科書」編集部 上原

エントリーシートを通過させたいなら、合格したい企業の内定者が書いたESを、とにかく読みましょう。

「こういう感じで書くんだ」となんとなくのイメージをつかむことが大事です。

今はインターネットを使って、簡単に通過者のESを読むことができます。

合格者のエントリーシートを読むなら、以下のサイトがおすすめです。

 

上記のサイトでは多くの難関企業のESが揃っており、すべて無料で読めます。

これらのサイトを利用して、質の高いエントリーシートを目指しましょう。

エントリーシートが無料で見られるサイトについては、こちらの記事でそれぞれ体験談や評判をまとめています。

 

エントリーシートを論理的に書くには、PREP法を使う

ガクチカや志望動機以外のエントリーシートの設問内容を書くときは、PREP法(プレップ法)にしたがって書きましょう。

PREP法とは、論理的にわかりやすく伝えるための文章術です。

PREP法に従ってエントリーシートを書けば、文章に自信がない人でも、とりあえず「何が言いたいかがわかる文章」が書けます。

 

PREP法の構成

PREP法は、以下の4つから構成されています。

PREP法
  • Point:最初に結論を述べる
  • Reason:結論に至る理由を述べる
  • Example:理由に至る具体的な事例を述べる
  • Point:最後に結論となる内容を繰り返し述べる

 

PREP法のメリット

このPREP法を用いるメリットは、結論を先に述べることで、読み手側に何を言いたいのかがすぐに伝わることです。

そのため、読み手側はストレスなくエントリーシートを読むことができます。

そして、理由・具体例を書くことで、結論の説得力が高まります。

さらに、再度結論を述べることで、読み手に結論を印象付けられます。

自分の大学のキャリアサポートセンターの担当者やOB訪問先の社会人にもPREP法をすすめられました。
僕はPREP法を使ってエントリーシートを書いていましたよ。

「就活の教科書」編集部 上原

 

通過するエントリーシートを書く9つのポイント

通過するエントリーシートにはいくつか共通点があります。

「就活の教科書」編集部 上原

僕は内定者として就活支援をするため、19卒の学生が実際に大手企業に通過したエントリシート(ES)を100個ほど読んできました。

そこから見えた、通過するエントリーシートを書く9つのポイントがこちらです。

通過するエントリーシートを書く時のポイント
  • ①:書くテーマにこだわらない
  • ②:読み返して間違いを直す
  • ③:素直に書く
  • ④:簡潔に、分かりやすく、一文で、説明する
  • ⑤:専門用語を使わない
  • ⑥:あいまいな意味の単語を使わない
  • ⑦:具体的に書く
  • ⑧:周りの人からフィードバックをもらう
  • ⑨:字数制限の目安を8割以上にする

次は、実際に通過したエントリーシートを参照しながら、これらのポイントについて説明していきます。

 

ポイント①:書くテーマにこだわらない

エントリーシートの書き方のポイント1つ目は、「書くテーマにこだわらない」です。

就活生がエントリーシート(ES)に書くテーマとしては、この6つのテーマが多いと思います。

  • バイト
  • 部活・サークル活動
  • 海外留学
  • 長期インターン
  • 起業
  • 研究活動

企業がエントリーシートを通して知りたいのは、「その人が会社で活躍できる人材なのか」です。

そのため、誰もが目を見張るような経験がなくても全く問題ありません。

自分の経験に自信をもって、積極的に取り組んだ工夫、姿勢、行動を前面にアピールしましょう。

就活生くん

無理してかっこいいテーマを書かなくていいんだね。

 

ポイント②:読み返して間違いを直す

エントリーシートの書き方のポイント2つ目は、「読み返して間違いを直す」です。

ESを書き終えたからと言って、すぐに企業へエントリーシートを提出してはいけません。

書いたばかりの文章は、誤字脱字・論理構成などの問題点を発見できないことが多いからです。

一晩寝て、翌日に同じ文章を読み返してみると、改善すべきところが目に入ることが多いです。

作成したエントリーシートは必ず読み返しましょう。

 

就活生がエントリーシートを読み返すときのポイントは、以下の2つです。

  • ①:文章の一部を修正したら必ず冒頭から読み返す
  • ②:同じ単語やフレーズがかぶっていないかチェックする

まず、文章の一部を修正したら、文章の冒頭から読み返してください。

修正して部分的に改善されていたとしても、文章の前後のバランスが悪かったり、全体のリズムがちぐはぐになっていたりするケースがあるからです。

 

次に、同じ単語やフレーズが被っていないかチェックしてください。

多くの就活生は、1度1つの言葉を使うと、その言葉を何度も繰り返してしまう傾向があります。

 

よくある単語の重複には、以下のようなものがあります。

  • 「~ことができました」
  • 「~と考えています」(文末に多い)
  • 「~という」
  • 「~することで」(理由に使う人が多い)
当たり前のようですが、この当たり前ができていないエントリーシートが多いです。

「就活の教科書」編集部 上原

 

ポイント③:素直に書く

エントリーシートの書き方のポイント3つ目は、「素直に書く」です。

エントリーシートで話を盛ったり、嘘をついたりするのはオススメできません。

例えば、以下のようなエントリーシートですね。

私は、バイトリーダーとして、店舗の改善を続ける中で、月に1人は退職者が出ていた環境を変えようとし、出勤日に必ず誰かのいい行いを見つけ、感謝の気持ちをカードで渡すようにした。

表現を多少盛るのは戦術だと思いますが、事実に嘘をつくのはよくありません。

自分が実際に行っていた事実だけを淡々と書いて、その解釈は読み手に委ねるような書き方が一番好感をもたれるそうですよ。

またバイトリーダーだ。
バイトリーダー、部長、幹部多すぎだよなー・・・

人事さん

 

ポイント④:簡潔に、分かりやすく、一文で、説明する

エントリーシートの書き方のポイント4つ目は、「簡潔に、分かりやすく、一文で、説明する」です。

採用担当・人事は、長々と学生の苦労話を読みたくはありません。

そのために、「簡潔に」「分かりやすく」「1文で」説明しましょう。

この学生は仕事に使えるのかな?
課題にぶつかった時にどういう思考プロセスで解決するのかな?

人事さん

簡潔に分かりやすい文章を書くポイントは、この4つです。

簡潔で分かりやすい文章のポイント
  • ①:一文を短くする
  • ②:余分な表現は削る
  • ③:文章を読点で区切る
  • ④:文体を統一する

それでは、簡潔にわかりやすいエントリーシートを書くポイントについて、1つずつ説明していきます。

 

一文を短くする

エントリーシートに書く文章は、一文をなるべく短くしましょう。

心理学者のミラーによると、人間のワーキング・メモリー(作業記憶)には処理容量の限界があり、一時的な記憶で処理できるのは要素7個前後だそうです。

そのため、一文のあまりに多くの情報を詰め込みすぎると、文章を理解しづらくなります。

The Magical Number Seven, Plus or Minus Two: Some Limits on Our Capacity for Processing Information
(マジカルナンバー7±2 〜情報を処理するキャパシティーの限界〜)

http://www.musanim.com/miller1956/

エントリーシートでは、以下のようなの語句が出てきそうになったら、代わりに「。」をつけ、文章を区切って下さい。

  • 「~が、」
  • 「~おり、」
  • 「~して、」

余分な表現を削る

エントリーシートに書く文章では、余分な表現は削りましょう。

特に、接続詞や修飾語です。

接続詞の場合は、以下の表現があります。

  • 「また」
  • 「よって」
  • 「さらに」

 

修飾語の場合は、以下の表現があります。

  • 「基本的に」
  • 「とても」
  • 「色々な」
  • 「多くの」

話の内容が自然につながっていれば、いちいち接続詞や修飾語を入れなくても、読み手の頭の中で意味はつながります。

 

文章を読点で区切る

エントリーシートに書く文章は、読点で文章を区切りましょう。

読点を打つタイミングを以下にまとめておきます。

  • 長い主語の切れ目
  • 原因と結果、理由と結論の間
  • 前提と結論の間
  • 状況の説明とそこで起きていることの間
  • 時間や場面が変わるところ
  • 2つのものを対比するとき

 

文体を統一する

エントリーシートを書く際、「ですます」調、もしくは「だである」調で文体を統一しましょう。

就活生のエントリーシートの文末は、「だである」調の方が多いと思います。

どちらが正解だということはないです。文末を統一することが大切です。

簡潔で分かりやすい文章のポイントをおさらいしておきますね。

「就活の教科書」編集部 上原

簡潔で分かりやすい文章のポイント
  • 一文を短くする
  • 余分な表現を削る
  • 文章を読点で区切る
  • 文体を統一する

 

ポイント⑤:専門用語を使わない

エントリーシートの書き方のポイント5つ目は、「専門用を使わない」です。

特に理系学生は、エントリシートに専門用語を使いたがります。

例えばこんな文章です。一般の人には全く理解できません。

私の研究テーマは直流電圧を用いたスパッタリングによる超電導薄膜NCCOの作製とその超電導特性の研究です。

ESを読む相手は専門用語を知らない場合が多いです。

家族の方に説明してもわかるレベルで、分かりやすく書くようにしましょう。

スパッタリング?超電導薄膜NCCO?超電導特性?
ちょっと何言ってるかわからないです。

人事さん

 

ポイント⑥:あいまいな意味の単語を使わない

エントリーシートの書き方のポイント6つ目は、「あいまいな意味の単語を使わない」です。

就活のパンフレットで知った言葉や、周りの就活生が使う言葉には注意しましょう。

分かった気になって、言葉の具体的な意味を理解していないことがあります。

カッコイイ響きを持つ言葉はやっかいで、意味を考えずに文章に使えてしまいます

例えば、以下のような言葉は注意して使いましょう。

  • グローバル化
  • 経営能力
  • リーダーシップ
  • マーケティング
  • クリエイティブ

 

ポイント⑦:具体的に書く

エントリーシートの書き方のポイント7つ目は、「具体的に書く」です。

読み手の採用担当は、一日にとんでもない数のエントリーシートを読むことになります。

文章を具体的に書くことで、他の学生と違うということを明確にしましょう。

文章を具体的に書くためには、数字と固有名詞を使うのが有効です。

では、この二つについて詳しく解説しますね。

「就活の教科書」編集部 上原

 

数字を使うとは?

「数字を使う」とは、例えば以下のような表現です。

  • 「仲間に向けた月3回のセミナーや毎日のクイズを実施した。」
  • 「中学校時代の競技経験者がチームに2名しかおらず、」
  • 「小学校時代から野球を12年続けており、」
  • 「営業インターンとして個人売上850万円を達成しました。」
  • 「12月の利益を前年対比17%増加させることができました。」

数字を使って「周りの中での立ち位置」や「経年での比較」を明確にする手法は、書類通過に効果的です。

自分が客観的にどうすごいのか、周りの就活生とどう違うのかを説明できます。

 

固有名詞を使うとは?

「固有名詞を使う」とは、例えば以下のような単語を使うことです。

  • 「全国大会」(×大会)
  • 「国際学会」(×学会)
  • 「MVP」(×賞)
数字・固有名詞を使うことで、読み手が就活生の状況を想像しやすくなります。

「就活の教科書」編集部 上原

 

ポイント⑧:周りの人からフィードバックをもらう

エントリーシートの書き方のポイント8つ目は、「周りの人からフィードバックをもらう」です。

的確なフィードバックをもらうには、就職エージェントを活用して、就活のプロからエントリーシートの添削を行ってもらいましょう。

就活エージェントで特におすすめなのが、専属アドバイザーが豊富に在籍し、個別サポートが充実している「キャリアチケット」です。

ES対策だけでなく、面接対策なども行ってくれます。

キャリアチケットを利用すれば、効率よく就活を進められ、たくさんの企業と接触できますよ。

就職エージェントについてもっと知りたい人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 上原

 

ポイント⑨:字数制限の目安を8割以上にする

エントリーシートの書き方のポイント9つ目は、「字数制限は8割以上を目安にする」です。

エントリーシートの記入欄は、企業がその質問に対する回答スペースとして設けています。

なるべく余白のないように記入しましょう。

なおエントリーシートの字数制限は、企業ごとに異なります。

あらかじめ、300字、400字、500字でまとめてガクチカや志望動機を書いておくのがおすすめです。

エントリーシートを書き方のおさらいとして、紹介した9つのポイントをまとめておきますね。

「就活の教科書」編集部 上原

通過するエントリーシートを書く9つのポイント
  • ①:書くテーマにこだわらない
  • ②:読み返して間違いを直す
  • ③:素直に書く
  • ④:簡潔に、分かりやすく、一文で、説明する
  • ⑤:専門用語を使わない
  • ⑥:あいまいな意味の単語を使わない
  • ⑦:具体的に書く
  • ⑧:周りの人からフィードバックをもらう
  • ⑨:字数制限の目安を8割以上にする

今回紹介したポイントを意識して、エントリーシートの志望動機を書いてみてください。

エントリーシートの志望動機についてはこちらの記事でより詳しく解説しています。

 

就活生くん

そうは言っても、エントリーシートがなかなか通らないです…
なんで通らないのか原因がわからなくなってきました。
エントリーシートはどんどん修正することでよくなってきます。
エントリーシートが落ちたり、書けない就活生の方は以下の記事も参考にしてみてください。
エントリーシートが通らない原因が少しわかるはずです。

「就活の教科書」編集部 上原

 

上級編:エントリーシートをさらに磨くためにすべきこと

就活生ちゃん

自己分析も完璧、玉手箱対策も完璧、面接対策も完璧だし、やることないなぁ。

最後に、就活準備が万全な学生に向けて、エントリーシートの文章をさらにレベルアップする方法を紹介します。

レベルアップするための方法は、以下の4つです。

レベルアップする方法
  • 文章術の本を読む
  • ライターのインターンをする
  • ブログを書く
  • 研究論文を書く

それではレベルアップの方法を一つずつ解説しますね。

 

レベルアップ法①:文章術の本を読む

レベルアップの方法1つ目は、「文章術の本を読む」です。

良質なアウトプットには、良質なインプットが欠かせません。

文章術が鍛えられる、オススメの本を以下にまとめました。

エントリーシートを書く時に役に立つ本は以下の記事でも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

レベルアップ法②:ライターのインターンをする

レベルアップの方法2つ目は、「ライターのインターン」です。

WantedlyGoodfindInfrAなどでライターの長期インターンを探してみましょう。

社会人からのフィードバックも受けられ、飛躍的に文章力が向上するはずです。

WantedlyとGoodfindの使い方や評判については、こちらの記事にまとめています。

 

レベルアップ法③:ブログを書く

レベルアップの方法3つ目は、「ブログを書く」です。

日々の日記、趣味の話などを題材にして、ブログを書いてみましょう。

自分を内省する機会にもなり、自己分析にも役立ちますよ。

 

レベルアップ法④:研究論文を書く

レベルアップの方法4つ目は、「研究論文を書く」です。

10ページ程の論文を書くことは、論理的な文章を書くための非常にいい訓練になります。

研究成果でいい実績を作るチャンスでもあります。

 

エントリーシートを書く前に自己分析をしよう

最後ですが、エントリーシート(ES)を書く前にやってほしいことがあります。

「就活の教科書」編集部 上原

エントリーシートを書く前に、自己分析を行い、「自分の強み」と「モチベーションの源泉」を言語化してください。

「自分の強み」とは、人間の行動の特徴であり、武器となるポイントのことです。

「モチベーションの源泉」とは、あなたがどんな時に頑張れるのかということです。

自分の強みとモチベーションの源泉を言語化する理由は、この2つこそが「企業が知りたい情報」であり、「周りの就活生と差別化できるポイント」だからです。

 

企業は、その人が長期間に渡り活躍できる人なのかを知るために、強みとモチベーションの源泉を参考にします。

そのため就活生は、エントリーシートを書く前に、自己分析を行い、自分の強みとモチベーションの源泉を言語化するべきなのです。

また内定者としての経験上、自分のことを知らずに書いたエントリーシートと比較して、言語化したエントリーシートは説得力が違います。

言語化できずに書いたエントリーシートでは、たとえ書類選考を通過したとしても、面接のプロの前ではボロが出てしまうでしょう。

自分の強みを言語化するための自己分析は以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

エントリーシートに関するよくある質問

 

Q1:ESは何社くらい出せばいいの?

就活生ちゃん

エントリーシートは何社くらい出すべきですか?
2019年7月1日の時点の就活生1人当たりのエントリーシートの平均提出数は14.1社です。
ですが、人によって最適な数は変わります。

「就活の教科書」編集部 上原

ポイント

エントリーシートの提出数は人それぞれです。
会社の難易度や、就活の軸によっても変わります。
そのため、自己分析と企業研究で絞ることが大切です。

 

エントリーシートの提出数や通過率については以下の記事で紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

Q2:ESで「あなたらしい写真」はどう選べばいい?

就活生ちゃん

「あなたらしい写真」はどうやって選べばいいんですか?

「あなたらしい写真」とは、自分の人間性をアピールできる写真のことです。
あなたが熱中して物事に取り組んでいる様子がわかる写真を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 上原

ポイント

「あなたらしい写真」で採用担当者は、文章ではわからない、本人の人間性を知りたいです。
以下の3つのことを意識して「あなたらしい写真」を選んでみてください。

  • 誰が見てもどれが自分かわかる写真
  • 活動しているときの写真
  • ガクチカや自己PRに繋がる写真

 

「あなたらしい写真」の選び方は以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

Q3:ESの職歴にアルバイトは書くべき?

就活生くん

エントリーシートの職歴には、アルバイトを書くべきなのですか?

基本的には、アルバイト経験を履歴書に職歴として書く必要はありません。
ただし、専門的なスキルが身についているなどの場合には、職歴欄でアルバイト経験をアピールしてもOKです。

「就活の教科書」編集部 上原

ポイント

アルバイト経験を職歴に書く必要はありません。

ただし職歴がない場合でも、「特になし」と書き、次の行には「以上」と書くのがマナーです。

 

アルバイトをESの職歴に書くかどうかについては以下の記事で詳しく解説しています。

 

Q4:手書きのESでおすすめのボールペンは?

就活生くん

ある企業で手書きでエントリーシートを書くように言われました。
おすすめのボールペンは何かありませんか?

太さが0.5~0.7mmで黒のゲルインクのボールペンがおすすめです。
しかし、決まりはないので自分が使いやすいボールペンを使いましょう。

「就活の教科書」編集部 上原

ポイント

「就活の教科書」編集部がおすすめするボールペン

  • ゼブラ サラサクリップ
  • 三菱鉛筆 ジェットストリーム
  • ぺんてる エナージェルユーロ

自分が使いやすいものでエントリーシートを書きましょう。
ただし、消せるボールペンを使うのはNGです。

 

「就活の教科書」編集部がおすすめするボールペンについては、こちらの記事で紹介しています。

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

まとめ:第一志望を受ける前にエントリーシートの数をこなそう

いかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の上原が、エントリーシートの書き方について解説しました。

学生時代力を入れたこと(ガクチカ)・志望動機の書き方や、論理的に文章を書けるPREP法、また、僕が実際に書いたエントリーシートも公開し、最後にさらに文章術をレベルアップする方法も書きました。

非常に長い文章でしたが、僕がこの記事で伝えたかったのはこの2つです。

就活生に伝えたいこと
  • エントリーシートをとにかく書いて、書きまくれ
  • エントリーシートをとにかく読んで、読みまくれ

この記事を活かして、あなたの良さが最大限伝わるエントリーシートを書いてくださいね!

「就活の教科書」には他にもたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 上原

 

就職活動の基本的なやり方とお役立ちサービス

就職活動を有利に進めるために、就活の基本的なやり方を理解しつつ、就活に役立つ無料サービスを利用しましょう。

以下の記事で、自己分析・エントリーシート・面接対策の簡単なやり方と、お役立ち就活サービスをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

就活アドバイザー

新着記事