>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】就活の面接「自己PR」魅力的な伝え方 | 面接官の質問意図,コツも

この記事でわかること
  • 面接官が、就活生の「自己PR」を聞く1番の理由は、「あなたの人柄」を知るため
  • 就活の面接で「自己PR」を聞かれた時の回答例
  • 就活の面接で「自己PR」を伝える時の4つのポイント
  • 就活の面接で「自己PR」を上手く伝えるために、事前にすべきこと2つ
皆さんこんにちは。
就活の教科書「編集部」の潤です。
この記事では、就活の面接で、面接官に評価される「自己PR」の回答方法を例文付きで解説します。
就活生の皆さんは、面接で「自己PR」の伝え方について悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕は、「自己PR」の伝え方がよくわかりません。
面接官に評価してもらえる回答例を知りたいです。

就活生ちゃん

私は、「自己PR」で何を話したらいいのかわかりません。
面接官が、就活生に「自己PR」を聞く理由を知りたいです。
「自己PR」で何を話したら良いのかよくわからないですよね。
でも大丈夫です。
面接で「自己PR」を聞かれる理由を理解して、「自己PR」を伝える練習を行うことで、面接官は、しっかりと評価してくれます。

「就活の教科書」編集部 潤

そこで、この記事では、就活の面接で面接官に評価される「自己PR」の伝え方を例文付きで解説していきます。

また、面接官が就活生に「自己PR」を聞く理由や、「自己PR」を伝えるときの重要ポイントも一緒に紹介します。

この記事を読めば、面接で「自己PR」を聞かれる理由がわかり、上手く「自己PR」を伝えることができます。

面接で「自己PR」の伝え方について悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

就活の面接で「自己PR」を聞かれる3つの理由

就活生くん

なぜ、就活の面接で「自己PR」を聞かれるのでしょうか?
面接官が、就活生に「自己PR」を聞く理由を知りたいです。
就活の面接で、「自己PR」は必ずと言ってもいいほどよく聞かれます。
そのため、面接で「自己PR」を聞かれる理由を正確に把握していれば、質問意図に沿った「自己PR」を伝えることができます。
就活の面接で「自己PR」を聞かれる主な理由は、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

就活の面接で、「自己PR」を聞かれる3つの理由
  • 理由①:「どのように企業に貢献してくれるか」を知るため
  • 理由②:「どのような人か」を知るため
  • 理由③:「コミュニケーション能力があるかどうか」を知るため
それでは、1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由①:「どのように企業に貢献してくれるか」を知るため

就活の面接で「自己PR」を聞かれる1つ目の理由は、「『どのように企業に貢献してくれるか』を知るため」です。

面接官は、就活生の「自己PR」を聞いて「どのように企業に貢献してくれるか」を考えています。

例えば、学生時代に学んだスキルや資格、経験などを、実際の仕事でどのように活かせるのかを面接官に伝えることで、面接官は「この就活生は、〇〇の部署で活躍してくれそうだな」と判断してくれます。

そのため、面接官は、就活生の「自己PR」を聞くことで「企業の業績に少しでも貢献してくれる就活生」を見極めています。

面接官に「会社内で活躍できそうだな」とアピールすることが重要です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:「どのような人か」を知るため

就活の面接で「自己PR」を聞かれる2つ目の理由は、「『どのような人か』を知るため」です。

「自己PR」を聞くことで、面接官は、就活生がどのような考えを持っているのかを把握できます。

例えば、同じアピールポイントでも人によって感じ方や伝え方が変わってきます。

そのため、面接を受けに来た就活生が「どのような考え方を持っているのか」、「どのような人材なのか」を「自己PR」を聞いて確認しています。

面接官に、自分はどういう人なのかを具体的にかつ簡潔に伝えることが大事です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:「コミュニケーション能力があるかどうか」を知るため

就活の面接で「自己PR」を聞かれる3つ目の理由は、「『コミュニケーション能力があるかどうか』を知るため」です。

面接官は「自己PR」を聞くことで就活生の「コミュニケーション能力」を確認できるからです。

例えば、「自己PR」の伝え方や「自己PR」を聞く意図を把握しているかどうかでコミュニケーション能力を測っています。

そのため、社員と良い人間関係が築けそうか、企業で活躍してくれるコミュニケーション能力を持っているかを判断するために「自己PR」を聞いています。

コミュニケーションは仕事をする上で切り離せないものです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活の面接で「自己PR」を伝える時の回答例

就活生ちゃん

「自己PR」ってどんな内容を伝えたら良いのだろう・・・?
面接官に評価してもらえる回答例を知りたいな・・・
「自己PR」は、「企業が求めている能力や性格に関すること」を伝えれば良いので、内容は何でも良いです。
そこで「アルバイト」「サークル」「部活」、「資格取得」、「趣味」を題材にした「自己PR」の回答例をそれぞれ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

自己PR【アルバイト編】
私の強みは、目標を達成するために工夫できることです。私は、大学時代に個別指導塾の講師としてのアルバイトを4年間続け、たくさんの生徒が第一志望校に合格できるように指導していくという目標を達成できたからです。塾では、さまざまな学力を持った生徒がいましたが、一人ひとりの生徒の学力や志望校を考慮し、生徒に合った教材を選んだり、指導方法を変えたりすることで4年間で約100人の生徒が第一志望校に合格できました。一人ひとりの性格や問題点と向き合うことで、限られた時間の中で目標を達成するために、どのように指導していけば良いのか、効率は良いのかを考えて工夫する大切さを学びました。御社で仕事をする上でも、一つひとつの問題に対して、目標を達成するために工夫し、御社の業績に貢献していきたいと考えております。

 

自己PR【サークル編】
私は、問題点を解決するために積極的に行動できます。学生時代に、スポーツサークルに所属しており、サークルに入って1年でサークルを運営していく立場になることができ、さまざまなスポーツやイベントの企画を行った経験があるからです。人数が多いサークルなので、次にどのようなスポーツをすれば良いのか、どのようなイベントを開催すれば良いのかをまとめることが困難な状態でしたが、さまざまな学年の方と交流することで、少しずつメンバーの意見がまとまり、全員が納得できる企画を提案することができました。私は、スポーツサークルを運営すること通して、問題点を解決するために、自ら積極的に行動し、たくさんの方と交流する大切さを学べました。御社でも、業績に貢献できるように、たくさんのお客様や社員の方と積極的に交流し、チーム全体を盛り上げていきたいです。

 

自己PR【部活編】
私の強みは、周囲の人のことを考えて行動することです。学生時代に、バスケットボール部のマネージャーをし、部員のサポートや管理に携わった経験があるからです。最初はマネージャーとして、練習の準備と片付けくらいしかできていなかったのですが、練習の準備や片づけだけでなく、部活中での怪我を防ぐために部員の体調管理やメンタルケアなどをしたいと考えました。その結果、部員の細かな変化にも敏感になり、練習日と遠征日の適切なバランスを把握することで、部員に負担がかからないような計画を立てることにもつながりました。部活のマネージャーを経験したことで、周囲の人のことを考えて行動ができるようになったので、御社に入社した後も、周囲に気を配り、チームが高いパフォーマンスで仕事ができるように貢献したいです。

 

自己PR【資格取得編】
私の強みは継続力があることです。学生時代に、1年間、毎日英語の勉強を続けたことで、TOEICのスコアを300点から800点まで伸ばすことができたからです。私は、TOEICの中でもリスニングで全く点数が取れませんでした。しかし、リスニングの点数を上げるためには、音読が効果的であることを知り、1日1時間音読をすることを決め、音読に慣れてきたら読み上げるスピードを上げたりして、自分で工夫して1年間継続して音読できました。その結果、TOEICのスコアが上がり、今では英語を聞くことが習慣になっています。もともと好きではなかった英語の勉強を通して、継続をすることの大変さを学ぶことができました。御社では、目標を達成するために、簡単に諦めず、いろいろなことにチャレンジして、業績に貢献したいです。また、英語力を活かして、積極的に海外研修にも取り組んでいきたいと考えております。

 

自己PR【趣味編】
私の強みは、チャレンジ精神があり、新しいことにも積極的に挑戦できることです。学生時代に、一人でヒッチハイクをし、近畿地方を一周した経験があるからです。ヒッチハイクをする前は、どんなことにも躊躇いがあり、自分から進んで行動することができなかったのですが、ヒッチハイクを経験したことにより、自分に自信がつき、ボランティア活動や社会人サークルに入るなどして、新しいことにも積極的に挑戦できるようになりました。御社でも、挑戦を繰り返すことで様々な経験を積み、ゆくゆくは、新規事業企画部で活躍できる人材として、貢献していきたいと考えております。
全ての例文で共通していることは、強みの理由を体験談から具体的に説明し、入社した後でどのように自分自身の強みを活かしていきたいかを説明していることです。
自分の強みを裏付ける理由を説明し、会社に貢献できるように上手くまとめると良いですね。

次は、就活の面接で「自己PR」を伝えるときのポイントについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

就活の面接で「自己PR」を伝えるときのポイント5つ

就活生ちゃん

面接官に「自己PR」を伝える時は、何に気を付けたらいいのかなあ?
就活の面接で「自己PR」を伝える時のポイントを教えて欲しいです。
わかりました。
「自己PR」を伝える時に気を付けるべきポイントは、主に次の4つです。

「就活の教科書」編集部 潤

自己PRを伝える時に気を付けるべきポイント
  • ポイント①:最初にアピールポイントを伝える
  • ポイント②:アピールポイントの根拠を経験談を入れて伝える
  • ポイント③:仕事にどう生かせるのかを伝える
  • ポイント④:時間を意識する
それぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント①:最初にアピールポイントを伝える

就活の面接で「自己PR」を伝える時の1つ目のポイントは、「最初にアピールポイントを伝える」ことです。

自分のアピールポイント最初に伝えることで、面接官に理解してもらいやすくなります。

そのため、冒頭で「私の強みは〇〇です」と伝えてみてください。

最初に結論を述べることで簡潔にまとめやすくなり、面接官の理解度も高まります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント②:アピールポイントの根拠を経験談を入れて伝える

就活の面接で「自己PR」を伝える時の2つ目のポイントは、「アピールポイントの根拠を経験談を入れて伝える」ことです。

アピールポイントの根拠を経験談を入れて伝えることで、アピールポイントに具体性が現れます。

例えば、アルバイトやサークルでの経験などをもとに、自分の強みの裏付けをすることです。

今まで自分が体験した内容を盛り込むと面接官もイメージできるので、アピールポイントの理由を説明する時は、自分の経験談も一緒に伝えてみてください。

具体的に伝えることで面接官も理解しやすくなります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント③:仕事にどう活かせるのかを伝える

就活の面接で「自己PR」を伝える時の3つ目のポイントは、「仕事にどう活かせるのかを伝える」ことです。

「自己PR」を聞く1番の理由は、就活生がどのように企業に貢献できるかを知ることです。

「自己PR」で「私の〇〇を活かして〇〇で貢献したいです」と伝えると、面接官に自分を雇うメリットをアピールできます。

そのため、「自己PR」では、自分の強みを仕事にどう活かせるのかを伝えてみてください。

面接官は「どのように会社に貢献できるか」を考えているので、自分の強みを仕事にどう活かせるのかを伝えることは重要です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント④:時間を意識する

就活の面接で「自己PR」を伝える時の4つ目のポイントは、「時間を意識する」ことです。

就活の面接では、「自己PR」を説明ときに時間を指定されることがよくあります。

また、長々と話しても面接官の評価が下がるだけです。

そのため、「自己PR」を伝える時は、時間を意識して具体的にかつ簡潔に伝える練習をしてみてください。

時間を指定されたときのために、時間を意識して練習をすると良いですよ。

次に、「自己PR」を上手く伝えるためにすべきことを説明します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【今からできる】就活の面接で「自己PR」を上手く伝えるために事前にすべきこと2つ

就活生ちゃん

来年、就活するのですが「自己PR」を上手く伝えるために今からできることってありますか?
あります!
面接官に「自己PR」を上手く伝えるために事前にすべきことは、次の2つです。

「就活の教科書」編集部 潤

就活の面接で「自己PR」を伝えるために事前にすべきこと
  • すべきこと①:自己分析をして自分の長所と短所を見つける
  • すべきこと②:実際に「自己PR」を書いてみる
それぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

すべきこと①:自己分析をして自分の長所と短所を見つける

就活の面接で「自己PR」を上手く伝えるために事前にすべきことの1つ目は、「自己分析をして自分の長所と短所を見つける」ことです。

自己分析をすることで自分の長所と短所を把握できます。

逆に、自分の長所や短所を理解していないと面接官に「自己PR」を上手く伝えることは難しくなります。

そのため、自分の長所や短所を理解するために徹底的に自己分析を行ってみてください。

自己分析は就活の原点です。

下記の記事では、自己分析のやり方を網羅的に解説しているので、自己分析に自信がない方はぜひ合わせて読むことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

すべきこと②:面接練習をする

就活の面接で「自己PR」を上手く伝えるために事前にすべきことの2つ目は、「面接練習をする」ことです。

実際に「自己PR」を伝えるために面接練習をすることで、「自己PR」の構成や伝え方を改善できます。

そのため、面接練習をして「自己PR」の内容や伝え方を事前にしっかりと考えてみてください。

第三者の意見を聞くために、家族や友人に面接練習を手伝ってもらうと良いでしょう。

無料でできる模擬面接のやり方や面接対策の具体的なやり方を下記の記事で紹介しているので、ぜひ合わせて読んでおきましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

まとめ:就活の面接で「自己PR」を聞かれる意図を把握しよう

いかかでしたか?

今回は、就活の面接で面接官に評価される「自己PR」の回答や質問意図を説明しました。

改めてこの記事のまとめを書いておきます。

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

この記事のまとめ

就活の面接で「自己PR」を聞かれる3つの理由

  • 理由①:「どのように企業に貢献してくれるか」を知るため
  • 理由②:「どのような人か」を知るため
  • 理由③:「コミュニケーション能力があるかどうか」を知るため

就活の面接で「自己PR」を伝える時の回答例

就活の面接で「自己PR」を伝えるときのポイント5つ

  • ポイント①:最初にアピールポイントを伝える
  • ポイント②:アピールポイントの根拠を経験談を入れて伝える
  • ポイント③:仕事にどう活かせるのかを伝える
  • ポイント④:時間を意識する

 【今からできる】就活の面接で「自己PR」を上手く伝えるために事前にすべきこと2つ

  • すべきこと①:自己分析をして自分の長所と短所を見つける
  • すべきこと②:面接練習をする

まとめ:就活の面接で「自己PR」を聞かれる意図を把握しよう

就活の面接で「自己PR」を聞かれることはよくあります。
改めて書きますが、「自己PR」の質問意図は次の3つです。

  • 企業にどのように貢献できるか
  • どのような人なのか
  • コミュニケーション能力はあるのか

事前準備をしっかりと行っていれば、面接官に評価してもらえます。
そのため、面接官の質問意図を理解して、体験談を入れながら自分なりの「自己PR」を作ってみてください。

「就活の教科書」編集部 潤