>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【就活内定者が教える】面接に準備すべきことは? 質問対策と事前確認

就活の面接で準備しておくべきこと

こんにちは!「就活の教科書」編集部の菅野です。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

就活の面接が近づいてくると、「面接って何を話すのかな?」「面接に何か準備しておいたほうがいいのかな?」と少し不安な気持ちになるのではないでしょうか?

実際に面接官は

  • 志望動機
  • 学生時代がんばったこと(ガクチカ)
  • 長所や短所
  • 志望理由

などなど多くの質問をしてきます。

あなたは面接官が聞きたいことに、的確に答えないといけないのです。

さあ、どうすればいいのでしょうか?

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の菅野が内定者の立場から、就活の面接で準備しておくべきポイントについて自身の就活経験を元に解説していきます。

面接直前にチェックするべきことも書いていくので、1つ1つチェックしながら読んでみてくださいね!

就活の面接準備をしないとどうなる?

就活の面接の準備内容について解説する前に、そもそも面接の準備をしていない場合どうなるのか、就活生によくあるケースを紹介しておきます。

就活生くん

「俺は面接に強いし、コミュ力高いって言われるから大丈夫っしょ!」

就活生ちゃん

「なんとなく友達と自己分析っぽいことしたし、私は大丈夫かな・・・」

 

もし、あなたがこのような状態で面接を迎えようと考えているなら、危険のサインです。

 

「もう私は自己分析をやりきった。なんにでも答えられる自信がある」と言えるぐらいまで面接の準備をしましょう。

もし、面接の準備をしっかりしていなければ、

  • 面接官に「なんで?」と掘られたときに答えに詰まる
  • 気持ちに余裕がなく、会話に自信のなさがでてしまう
  • 話す内容が薄く、熱意が伝わらない

このようなことになってしまい、あなたが持っている良いエピソードが台無しになってしまいます。

 

面接官の中には、コミュ力だけではどうにもならないくらい鋭い質問をしてくる面接官がいます。

答えづらい質問をしてくる面接官に対応するためにも、しっかり準備をしておきましょう。

面接の練習をしたいという人は、学校のキャリアセンターや友達に見てもらうと良いでしょう。

OB訪問をして、社会人に面接を見てもらうのもオススメです。

OB訪問のやり方はこちらの記事にまとめていますので、参考にしてください。

 

それでは、本題の就活面接前日までに準備しておくべきことを紹介します。

大きく分けて2つあります。

  • 面接でよく聞かれる7つの質問の準備
  • 面接当日にあたふたしないための準備

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

【就活の面接準備1】よく聞かれる7つの質問とその対策

就活の面接準備の1つ目は、「面接官によく聞かれる7つの質問の対策」です。

就活の面接本番では、数多くの質問をされることになります。

これから紹介するのは、私が実際の就職活動の面接で頻繁にされた質問です。

これらの質問に対して、面接官の意図、準備すべきこと、話す内容などを解説していきます。

 

①:学生時代に頑張ったこと

就活面接でよくされる質問1つ目は、「学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)」です。毎回絶対聞かれます。

この質問は、あなたが何に情熱を注げる人で、自社の求めている人物像とあっているのかを見る質問です。

何度も面接をこなしていくうちにスラスラと答えれるようになりますが、初めて面接を受けるなど面接に慣れていない方は、しっかり準備しておきましょう。

 

「学生時代に頑張ったこと」で重要なのは、「起業しました」「インターハイ出場」「ビジコン優勝」など “すごいエピソード” を話すことではありません。

自分が頑張ったことでどんな力を身に着けたか、その経験を会社に入ってどう活かせるかを “自分の言葉で語れる” のが重要となります。

 

「学生時代に頑張ったこと(ガクチカ)」の作り方は、こちらの記事が参考になります。

【内定者が教える】エントリーシートの”ガクチカ”の書き方,例文(学生時代に力を入れたこと)

 

②:当社を志望した理由

就活面接でよくされる質問2つ目は、「当社を志望した理由」です。

本当にこの会社に入りたいと思っているのか、あなたの志望度をチェックする質問です。

志望理由を熱く語れるとポイントがだいぶ高いです。

この際、自分の過去の経験と結びつけて語れると説得力が増します。

例を出すと、「私がTwitter社を志望した理由は、Twitter社で〇〇という課題を解決したいからです。学生時代、SNSを使っていて〇〇というところがもっとこうであればいいなと思いました。そこでSNSで最も勢いのあるTwitter社でこの課題を解決したいと考えました。なぜFacebook社ではなくTwitter社なのかというと〜」というような形です。

 

③:壁にぶちあたったこと

就活面接でよくされる質問3つ目は、「壁にぶち当たったこと」です。

仕事で壁にぶち当たったときにそれを乗り越えるだけの強さを持っているか、チャレンジ精神があるか(チャレンジしないと壁にぶちあたることはないので)、物事に対して臨機応変に対応できる人間なのかなどを見られています。

エピソードを語った後、「え、どうしてそう思えたの?」などあなたの心情に関する質問を投げてくる面接官もいます。

しっかり準備をしておき、面接の際には自分の言葉で答えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

④:あなたの長所・短所

就活面接でよくされる質問4つ目は、「あなたの長所・短所」です。

長所・短所からあなたがどういう人柄なのかを探る質問です。

学生時代頑張ったことと同じく、自社の求める人物像にあっているかや、どのポジションなら力を発揮できるかなどをみられます。

あなたが面接を受ける業界/会社/職種があなたの長所を活かせる場所なのかということと、会社の求める人物像にあっているのかということをセットで確認しておきましょう。

 

「自分の長所がわからない」という就活生は、こちらで長所一覧をまとめています。ぜひ参考にしてください。

【長所がない就活生へ】長所の見つけ方と書き方 | 長所一覧30選(例文あり)

 

⑤:就職活動の軸

就活面接でよくされる質問5つ目は、「就職活動の軸」です。

就職活動の軸もよく聞かれますね。

就職活動の軸を語るためには自分がどんな人間なのか、自分がどういうキャリアを積んでいきたいのかを語れる必要があります。

そのためにはしっかり自己分析をして準備しないとダメですよーというお話なんですが、イマイチ自己分析のやり方がわからない、やったけど自分のやり方であっているのかわかないという人もいると思います。

 

もしあなたがあてはまっていれば、「就活の軸」について自己分析をした方がいいかもしれません。

就活の軸については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【内定者が教える】就活の軸(企業選びの軸)の決め方,見つけ方 | 間違ったやり方も

 

⑥:現在の大学・学部・学科を選んだ理由

就活面接でよくされる質問6つ目は、「現在の大学・学部・学科を選んだ理由」です。

意外とよく聞かれました。

正直、高校3年生のときに漠然とした考えで現在の大学を選んだ人が大半なんじゃないかなと思います。

私もなんとなくで選んでしまった側の人間なので、安心してください。

 

こればかりはどうしようもないので、正直に話しつつも大学で一生懸命学んでいるエピソードを語れればOKです。

例をあげると「私は幼い頃から経営者になりたくて経営を学びたかったので、経営学部に入りました。今から考えるとても安易な考えだったと思います。しかし経営者になるためには〇〇が必要だということがわかり、実際に〇〇の授業ではビジネスプランを考え、それを実行に移しました」などと答えられるとどうでしょう?

面接官を「おお!」と思わせることができると思います。

素直にエピソードを話しつつ、自分が「この話題なら話せる」というエピソードに誘導できると面接を突破できるでしょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

⑦:入社後にやりたいこと

就活面接でよくされる質問7つ目は、「入社後にやりたいこと」です。

面接官はあなたの志望度を確認すると同時に、「この子は会社にどう貢献してくれるのかな?」という部分をみています。

会社が進みたい方向とやりたいことが一致していれば最高ですが、そうでないこともあるかもしれません(もちろん、あまりにも会社のビジョンとあなたのやりたいことがかけ離れすぎていたらダメですよ)

その際は、なぜ自分がそれをやりたいのか熱意を持って話し、会社にはどんな利益があるのかを語れる必要があります。

 

面接では紹介した質問以外に、様々な質問に回答する必要があります。

就活の面接で良く聞かれた質問と質問意図と回答例については、こちらの記事で詳しく解説しています。

【就活内定者が教える】面接でよく聞かれた質問15選 | 答え方のポイントも

 

面接でうまく応えるために自己分析は必須

もうおわかりかとおもいますが、これら面接官の質問に的確に答えるためには、自己分析をして面接の準備をしておくことが大切です。

自己分析をしないということは、雪山に入って裸で眠るようなものです。

確実に死亡します。

 

今でこそ就活生のサポートをしている僕ですが、就活の面接中では、緊張して頭が真っ白になることがよくありました。

そんなときのために、自己分析の結果を1枚の紙に完結にまとめておき、面接前にチラ見することでおおまかな発言内容を確認していました。

下の写真が自己分析をまとめたシートの現物です。

自己分析

 

1枚の紙に自己分析結果をまとめて準備しておくことは、面接本番になると頭が真っ白になってしまうあがり症の方におすすめです。

また、まとめる際のコツを簡単にお教えすると

  1. 現在に至るまでどのような意思決定・生き方をしてきたか?
  2. 現在はどのような自分なのか?
  3. 未来はどうなりたいのか?

を具体的なエピソードを洗い出して考えてみることです。

その際、上記の紙のように過去・現在・未来と時系列順に並べて考えることで、話に論理性が加わります。

 

面接官に「過去の君はこうだったのか。ふむふむ。そのエピソードがきっかけで今まで君はこういう考え方で生きてきたんだ。だから将来こうなりたいんだね。よくわかったよ」

と思わせる話ができるようになるのです。

自己分析をしっかり行うことで、上記の7個の質問に対しても的確に答えられるようになります。

あなたもぜひ、自己分析の結果を1枚の紙に並べてみてください。

 

自己分析のやり方や、自己分析シートの使い方は、これらの記事が参考になります。

【就活内定者が教える】自己分析シートの書き方 | 実際に僕が使った表も紹介

 

【就活の面接準備2】面接当日にあたふたしないための3つの準備

就活の面接準備の2つ目は、「面接当日にあたふたしないための3つの準備」です。

面接当日は面接に集中できるよう、できるだけスムーズに会場までいきたいですよね。

そのために、前日までにこれら3つのことを確認しておきましょう。

  • ①:面接会場までの行き方・電車のダイヤの確認
  • ②:履歴書など持ち物の準備
  • ③:入室から退室までのマナー

 

①:面接会場までの行き方・電車のダイヤの確認

面接当日にあたふたしないための準備1つ目は、「面接会場までの行き方・電車のダイヤの確認」です。

調べない人はいないと思いますが、知らない土地に足を運ぶときは迷ってしまうことがあると思います。

 

僕の例をあげると、10分前に面接会場のビルに到着したのにもかかわらず、面接に遅刻してしまったという経験があります。

エレベーターの階を間違えて降りてしまい、他の会社のオフィスが入っているフロアで時間ギリギリまで待機していたのです。

面接会場は1つ上の階にあったのですが、それに気づいた時にはすでに面接開始2分前。手遅れでした。

これがもし第一志望の会社だったらと思うと、ゾッとしますよね

ちなみに丁寧に謝りましたが、受付の方に笑顔はなく、もちろん面接も落とされました(笑)

「就活の教科書」編集部 菅野

 

このようなことがないように、もう1度会場までの行き方と電車のダイヤ、特に乗り換える駅などは確認しておきましょう。

そして、余裕を持って会場に到着するようにしてください

 

②:履歴書など持ち物の準備

面接当日にあたふたしないための準備2つ目は、「履歴書など持ち物の準備」です。

最近では履歴書にOpenESが採用されたりなど、手書きの履歴書を持ち込まなくてもいい面接が増えています。

とはいえ、「履歴書持ってきてね」という面接もまだまだあるので、当日必要な持ち物はしっかり確認しておきましょう。

 

特に持ち物が指定されていない場合でも、筆記用具、携帯は持っていきましょう。

また、面接会場までの地図をあらかじめMAPに登録しておくと便利です。

スーツで行くか行かないかで迷われる人もいると思いますが、会社に指定された服装で行ってください。

「うわっ・・・私服って書いてあるのにみんなスーツで来てる・・・」というシーンがあるかもしれませんが、あなたが正しいので大丈夫です。

【就活内定者が教える】「私服OK」「私服推奨」の意味は? 2つの違い, 服装例も

 

ただ私服で行くとしても、身だしなみを整えていくことは最低限のマナーです。

手鏡を持参すると、いつでも身だしなみをチェックすることができて便利ですね。

また、就活が本格化してくる梅雨の時期にスーツを着ることが頻繁にある方は、折り畳み傘とハンカチは持参しておくべきです。

冬にコートを着ていく場合は、ビルに入る前に脱いで畳んでおきましょう。

 

③:入室から退室までのマナー

面接当日にあたふたしないための準備3つ目は、「入室から退室までのマナー」です。

面接が始まるまでの流れは、会社によってバラバラです。

基本的には

  • 「面接官がくるまで待合室で待っててください」といわれ待合室の椅子に座って待つパターン
  • 受付の方に先に面接部屋に通され、面接官がくるのを待つパターン

これら2パターンに分かれるのではないかなと思います。

 

最初のパターンだと、面接官がくるまでの態度を見られている可能性があります。

携帯の電源はできるだけ会社に入る前にOFFにしておくべきですが、遅くとも面接前のこの待合室で電源はOFFにしておいてください。

また、足を組んだりリラックスしすぎるのもよくありません。

待合室にいるときにも、面接が始まっているという意識で待機してください。

 

2つ目のパターンでは、「どの席に座ったらいいかわからないんだけど・・・?」と思うのではないでしょうか。

覚え方は簡単です。

出入り口から一番近い座席(下座と言われる席)に座りましょう。

席の隣について面接官と向き合うと、「本日面接を担当させていただく〇〇と申します。今日はよろしくお願いします」と自己紹介してくれます。

あなたは椅子の横に立って、「〇〇大学の〇〇と申します。本日はよろしくお願いいたします」と面接官の目をみて元気に挨拶しましょう。

この時、面接官に「どうぞお座りください」といわれるまで座らないように。

 

椅子に座った際、コートは椅子にかけるのではなく、カバンの上に置くようにします。

面接が終わり退室する際は、面接官の目を見ながら「本日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました」と一言添えるようにします。

これだけで印象がよくなりますよ。

 

特にややこしいのが、集団面接での入退室のマナーです。

一度やってしまえばなんとなく分かりますが、まだ集団面接を経験してないという就活生は一度流れを確認してください。

【就活内定者が教える】集団面接の流れ6段階 | グループ面接のやり方,マナー,注意点も

 

 

まとめ:面接の準備をし、余裕を持って本番を迎えよう

いかがでしたか。

今回は「就活の教科書」編集部の菅野が、就活の面接の準備で何をしておくといいかについて解説しました。

実際に就活をしていくと、面接が近づいてくるたびにあたふたする学生に出会います。

解説したとおりに事前に自己分析をし、面接場所、持ち物やマナーを準備しておけば、余裕を持って面接本番を迎えることができると思います。

この記事に書いてあることを参考に、内定を勝ちとってくださいね!

「就活の教科書」には就職活動で役に立つ記事が他にもたくさんあるので、合わせて見てみてください。

例えば、「面接でどうしても緊張してしまう」という就活生は、こちらの記事が役立ちます。

「就活の教科書」編集部 菅野

【就活内定者が教える】面接の緊張を抑える方法11選 | 面接でアガってしまう学生へ

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。