>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【就活経験者が教える】学歴フィルターの基準はどこまで? 大学ランク,突破方法も

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
今回は、学歴フィルターの基準がどこまでかについて解説します。
就活生のみなさんは、学歴フィルターはどこまで採用されているか知っていますか?

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

学歴フィルターって何ですか?
聞いたことがありません。

就活生ちゃん

私は自分の学歴に自信がなくて、就活では学歴フィルターで選考を落とされるんじゃないかと心配しています。
学歴フィルターってどこまでの大学が選考で落とされるのかを知りたいです。

学歴フィルターについて、あまりよく知らない就活生も多いですよね。
僕も就活中は、学歴フィルターがどこまで採用されているのか知らなかったので、怯えながら選考を受けていました。

「就活の教科書」編集部 コータ

そこで、この記事では、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介します。

加えて、学歴フィルターで選考で落とされるタイミングと、突破する方法も解説します。

この記事を読めば、「学歴フィルターがどこまでなのかを知らず、ほとんどの選考で落とされてしまった…」なんてことを避けられます。

「学歴フィルターで選考で落とされてしまうんじゃないか」と選考が不安な就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

では始めに、「そもそも学歴フィルターとは何か」を簡単におさらいしますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

そもそも、学歴フィルターとは

就活生くん

「学歴フィルター」って何ですか?
就活を始めたばかりで何もわからないので、教えてください!

では、学歴フィルターについて簡単に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターとは、一定のレベル以下の大学に所属している就活生を、選考から落としてしまうフィルターのことです。

最近では学歴フィルターを採用せず、就活生の人柄を重視する企業も増えてきましたが、それでも学歴が見られているのは事実です。

大手企業や有名な企業では、何万人もの就活生からエントリーがあります。

何万人もの就活生を一人ひとり相手にしていると、膨大な時間がかかってしまうために、学歴フィルターを採用している企業も一部あります。

学歴フィルターについて、理解できましたね。
では次に、就活における学歴5ランクを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターにおける5つのランク

就活生くん

学歴フィルターは、具体的にどんな大学ごとにランクが分けられているのですか。

どんな大学ごとに学歴のランクが分けられているのか、気になりますよね。
では次に、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターにおける5つのランク
  • Aランク:旧帝大など
  • Bランク:上位国公立・早慶上智など
  • Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など
  • Dランク:日東駒専、産近甲龍など
  • Eランク:上記以外の大学

ここでは、Aランクから順に評価の高い大学として表記しています。
あくまでも一般的に言われていることなので、必ずしもこのランクが全企業に当てはまるわけではないことをご了承ください。
では、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Aランク:旧帝国大学など

学歴フィルターにおけるAランクは、旧帝国大学などです。

旧帝国大学とは、東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学を指します。

他には、一橋大学、東京工業大学、国際教養大学、医学部医学科などもAランクに含まれます。

Aランクの大学は就活で良い待遇を受けやすく、難関な外資企業や人気企業でも、学歴フィルターで落ちることは基本的にはありません。

 

Bランク:上位国公立・早慶上智など

学歴フィルターにおけるBランクは、上位国公立・早慶上智などです。

上位国公立大学とは、筑波大学、横浜国立大学、神戸大学、首都大学東京、大阪市立大学、大阪府立大学などを指します。

早慶上智とは、早稲田大学、慶應大学、上智大学を指します。

他にも、国際基督教大学、東京理科大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学などもBランクに含まれます。

Bランクの大学も就活では良い待遇を受けやすく、学歴フィルターで落ちることは基本的にはありません。

 

Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など

学歴フィルターにおけるCランクは、中堅国公立・GMARCH・関関同立などです。

中堅国公立大学とは、金沢大学、岡山大学、千葉大学、広島大学などを指します。

GMARCHとは、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学を指します。

関関同立は、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学を指します。

Cランクの大学も基本的に学歴フィルターで落とされることはありませんが、難関外資企業や五大商社の選考を通過することが少し難しくなってきます。

 

Dランク:地方国公立・日東駒専・産近甲龍など

学歴フィルターにおけるDランクは、地方国公立・日東駒専・産近甲龍などです。

地方国公立大学とは、秋田大学、岐阜大学、鳥取大学、香川大学などを指します。

日東駒専とは、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学を指します。

産近甲龍とは、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学を指します。

Dランクになると、難関外資企業や人気企業の選考を学歴フィルターで落とされる可能性が高くなります。

 

Eランク:上記以外の大学

学歴フィルターにおけるEランクは、上記以外の大学です。

A〜Dランク以外の大学は、就活ではEランクとして扱われます。

Eランクはほとんどの企業の学歴フィルターにかかり、リクルーターがつかなかったり、そもそも説明会に参加できなかったりします。

 

学歴フィルターは、大きくこの5つに分けられます。
Dランク以下の大学は、大手企業や人気企業の選考を学歴フィルターで落とされる確率が高いです。
学歴フィルターで選考を落とされると言っても、そのタイミングは様々です。

では次に、学歴フィルターで選考を落とされるタイミングについて紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング

就活生ちゃん

大学にはランクがあるんですね。知りませんでした。
学歴フィルターで選考を落とされるのは、どのタイミングですか?

学歴フィルターで選考を落とされるのは、次の3つのタイミングです。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング
  • タイミング①:説明会前
  • タイミング②:ES提出時
  • タイミング③:集団面接(一次面接)

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング①:説明会前

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング1つ目は、説明会前です。

学歴フィルターにかかっている場合、そもそも企業の説明会に参加できないことがあります。

説明会の参加予約をしようとしても、満席の表示が出て参加できない場合、学歴フィルターにかかっている可能性が高いです。

学歴フィルターにかかって説明会に予約できなかった場合、気持ちを切り替えて他の企業に専念しましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング②:ES提出時

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング2つ目は、ES提出時です。

学歴フィルターにかかっている場合、ES(エントリーシート)を提出した時点で選考を落とされることもあります。

ESがうまく書けていなかったのか、学歴フィルターにかかって落とされたのかはわからないので、気持ちを割り切って次の選考を受けましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング③:集団面接(一次面接)

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング3つ目は、集団面接(一次面接)です。

学歴フィルターにかかっている場合、集団面接であまり質問をされず、そのまま選考を落とされることがあります。

特に、周りの就活生が高学歴だった場合は、なおさら話を振られる回数が少なくなる可能性が高いです。

学歴フィルターにかかった場合、これら3つのタイミングで選考を落とされることが多いです。
しかし学歴フィルターにかかるレベルの大学の所属だったとしても、なんとか突破できる場合があります。

では次に、学歴フィルターを突破する方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターを突破する3つの方法

就活生ちゃん

どうしても入りたい企業があるんですが、どうやら学歴フィルターを採用しているみたいです。
なんとか学歴フィルターを突破して、面接までいける方法はありませんか…?

学歴フィルターを採用している企業でも、突破して内定を獲得したケースもあります。
では次に、学歴フィルターを突破する方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターを突破する3つの方法
  • 方法①:早い時期から就活対策をする
  • 方法②:インターンシップに参加する
  • 方法③:筆記試験で高得点を取る

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

方法①:早い時期から就活対策をする

学歴フィルターを突破する方法1つ目は、早い時期から就活対策をすることです。

大学3年生の4月には、就活に向けて行動し始めましょう。

自己分析や業界研究、企業研究、筆記試験対策など、就活に向けてすべきことはたくさんあります。

「就活対策ってどんなことをすれば良いの?」という就活生は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

方法②:インターンシップに参加する

学歴フィルターを突破する方法2つ目は、インターンシップに参加することです。

インターンシップに参加することで、特別選考を受けられたり、ESや一次面接を免除されることもあります。

学歴フィルターを突破するためにも、志望業界や志望企業のインターンシップには積極的に参加することをオススメします。

インターンシップに参加することで、学歴フィルターを乗り越える方法もあります。
インターンシップの参加に選考を課されることもあるので、早い時期から就活対策をして、選考に臨みましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

方法③:筆記試験で高得点を取る

学歴フィルターを突破する方法3つ目は、筆記試験で高得点を取ることです。

あまり賢くない大学出身の就活生が筆記試験で高得点を取った場合、「しっかり対策してるんだな、偉い!」と、人事を感心させられます。

学力にあまり自信のない就活生は、筆記試験の対策にも時間をかけて、選考を突破できるよう心がけましょう。

これら3つの方法に取り組めば、ある程度の企業の学歴フィルターは突破できます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

まとめ:学歴フィルターの大半は対策すれば対処できる!

いかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部のコータが、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介しました。

併せて、学歴フィルターで選考を落とされるタイミングと、突破する方法も解説しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

今回の記事で学んだこと

そもそも、学歴フィルターとは

  • 一定のレベル以下の大学に所属している就活生を、選考から落としてしまうフィルターのこと

学歴フィルターにおける5つのランク

  • Aランク:旧帝国大学など
  • Bランク:上位国公立・早慶上智など
  • Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など
  • Dランク:地方国公立・日東駒専・産近甲龍など
  • Eランク:上記以外の大学

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング

  • タイミング①:説明会前
  • タイミング②:ES提出時
  • タイミング③:集団面接(一次面接)

学歴フィルターを突破する3つの方法

  • 方法①:早い時期から就活対策をする
  • 方法②:インターンシップに参加する
  • 方法③:筆記試験で高得点を取る

学歴に自信のない就活生は、高学歴の就活生に比べて、面接や筆記試験の対策に時間をかける必要があるかもしれません。
しかし対策をすれば、学歴フィルターの大半は対処できます。
「学歴フィルターはどこまで?」と気にするよりも、インターンシップに参加して、学歴フィルターに関する悩みを解消しましょう!

「就活の教科書」編集部 コータ