【未経験者も可】文系はIT業界に就職できるのか解説|おすすめ職種・企業も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 文系でも「IT業界に就職できる」
  • IT系未経験の文系でも就職できるIT業界の職種7選
  • IT系未経験の文系におすすめの企業
  • 業務経験のある文系でも就職できるIT業界の職種4選
  • 文系からIT業界に就職する際のポイント

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の渋谷です。

この記事では、「文系がIT業界に就職する方法」をご紹介します。

就活生の皆さんは、IT業界へ就活することへの不安や悩みはありませんか?

「就活の教科書」編集部 渋谷

就活生くん

僕は文系ですが、IT業界に就職したいと思っています。

でも何をすればいいのかわからないです…。

就活生ちゃん

IT業界は理系の人じゃないと就職できないイメージがあります。

文系の私でもIT業界に就職できますか?

文系の人では、就職が難しい印象がありますよね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

そこでこの記事では、「文系でもIT業界に就職できるのか?」を解説します。

合わせて、文系におすすめのIT企業、業界や、文系からIT業界に就職する際のポイントもご紹介します。

この記事を読むことで、IT業界に就職できるようになります。

「文系だけどIT業界に就職したい」と思っている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

目次

 

そもそも文系でもIT業界に就職できるの?

就活生ちゃん

IT業界って文系でも就職できるんですか?

プログラミングや、ITの勉強をしてないから選考で落とされそうで怖いです。

わかりました。

では、まずはそもそも文系でもIT業界に就職できるのかについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

結論:文系でもIT業界にいける

結論として文系でもIT業界に行くことができます

事実、IT技術者のうち、文系学部出身の割合は3割超といわれています。

また、文系出身者でもプロジェクトリーダーについている人もいるため、文系、理系はほぼ関係なくなっています。

文系出身者が3割もいるのは意外ですよね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

プログラミングができない文系でもエンジニアになれる

プログラミングができない文系でもエンジニアになることができます

現在、日本のIT業界は慢性的な人手不足となっています。

そのため、プログラミングの知識がない文系出身者に対して基礎的なスキルを身に着けさせるための研修を行ってくれる企業もあります。

長いところでは、半年から1年も研修を行う企業もあるので安心ですね。

また、IT系の他の職種について文系からでもなれるのかについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

文系でエンジニアはきつい?ついていける?

文系でエンジニアになるのはきついというイメージがありますが、そんなことはありません

プログラミングの基礎的な知識は必要ですが、数学の知識は使いません。

さらに、エンジニアの仕事はコミュニケーション能力や対応力が必要であり文系出身者でも理系出身者に差をつけることができます。

また、前述したとおり、企業側は文系出身者に対して研修を行ってくれます。

これらのことから、文系でもエンジニアとして十分に活躍が望めます。

数学が苦手な人でも安心ですね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

IT業界で活躍する文系出身者の声

次にIT業界で活躍する文系出身者の声を紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

入社後はまず研修から始まりました。その内容も、当初は座学が中心で「パソコンの電源の入れ方しかわからない人でも大丈夫」というくらい、本当に初心者向けの「パソコンに慣れること」からスタートしました。

それが終わると次は専門用語やプログラミングの考え方といった基礎知識を学び、身に付いたら今度は一番ポピュラーなプログラミング言語「Java」の技術講習……という風に一段ずつレベルアップしていったので、徐々に習得していけましたね。

参考:http://www.comsoft.co.jp/recruit/staff01.html

入社時点は自分が今までに触ったことのある言語がなんなのかもわからない状態だったので、まずは勉強からでした。社長の大西さんから、サーバやPHP、SQLなんかのテキストをいただいて、一通り勉強しました。6月からは勉強した内容を使って何か作ってみようということで、社内の書籍管理アプリを同期の子と2人で作って。

夏に配属先が決まってからは、しばらく自分が関わることになるサービスにどんな機能があるのかを触って仕組みを理解する期間がありました。実際にサービスの開発に関わり始めたのは11月くらいで、初めはチェックボックスを1つ追加するくらいの機能だったかな。その後だんだん大きな機能を任されるようになって、2年目の後半で新規受託案件のプロジェクトリーダーになって、そして今に至ります。

参考:https://www.wantedly.com/companies/keypoint/post_articles/328182

文系出身者の方でも活躍されている方がたくさんいらっしゃるみたいです。

また、以下の記事でもIT業界がやめとけと言われる理由やIT業界で実際に働いている人の声がまとめてあるので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

【未経験でもなれる!】文系でも就職できるIT業界の職種7選

就活生くん

自分は全くの未経験です。

自分でも就職できるIT業界の職種はあるのでしょうか…。

それでは、未経験の文系でも就職できるIT業界の職種を7つ紹介します。

未経験だけどIT業界に興味があるという人は参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 渋谷

文系でも就職できるIT業界の職種7選

職種①:SE(システムエンジニア)
職種②:ITコンサルタント
職種③:インフラエンジニア
職種④:人事職
職種⑤:経理職
職種⑥:法務職
職種⑦:営業職

職種①:SE(システムエンジニア)

文系でも就職できるIT業界の職種1つ目は、SE(システムエンジニア)です。

システムエンジニアの主な仕事は、ソフトウェア開発の現場で顧客の要求から仕様を決定し、情報システムにおける大まかな設計をすることです。

SEは、要求に沿った開発をするために、顧客とのコミュニケーションや文章を書く力が必要です。

そのため、コミュニケーション能力や文章力が高い傾向にある文系のSEは需要があります。

設計などは理系のほうが向いていますが、その前段階の仕様を決定し、全体の計画を立てる仕事は文系の方が向いています。

会社で研修を行ってくれる企業も多いので安心ですね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種②:ITコンサルタント

文系でも就職できるIT業界の職種2つ目は、ITコンサルタントです

ITコンサルタントの主な仕事は、クライアント企業のIT関連分野全般におけるアドバイス業務、及び、システム導入支援を行うことです。

SEは、自社の立場から提案を行いますが、ITコンサルタントは、クライアントの目線に立ってアドバイスを行います。

ITコンサルタントは相手の立場からものを考える力やコミュニケーション能力が重要です。

そのため柔軟性やコミュニケーション能力が高い文系でも活躍できます。

ITを学び続ける意欲がある人は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種③:インフラエンジニア

文系でも就職できるIT業界の職種3つ目は、インフラエンジニアです。

インフラエンジニアの主な仕事は、システムやインターネットを使用するために必要なサーバーやネットワークの設計・構築・運用・保守を手がけることです

理系の人は、文系の人よりも数学の知識が豊富であったり、プログラミングを専門的に学んでいる場合が多いです。

しかし、インフラやネットワークは理系の人でも専門で学んでいる人は少ないです。

そのため、文系や未経験な人でも積極的に採用している企業が多いです。

理系の人と同じスタートラインで仕事ができるのは安心ですよね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種④:人事職

文系でも就職できるIT業界の職種4つ目は、人事職です。

人事職の主な仕事内容は、人材を採用したり、その人材を育成することです。

また、人材を評価することも仕事です。

人事職は、自社の魅力を就活生に上手に伝えなければいけないためコミュニケーション能力や伝達力が大切です。

コミュニケーション能力や伝達力は、文系の学生が持ち合わせている場合が多いです。

そのため人事職は、文系の方に向いているといえます。

人材育成なども行うので教育学部の方は有利かもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種⑤:経理職

文系でも就職できるIT業界の職種5つ目は、経理職です。

経理職の主な仕事は、決算や資産管理といったお金全般に関わり、取引の内容を記録することです。

経理の仕事は、他部署から上がってきたお金の取引をまとめなければいけないため円滑なコミュニケーション能力が必要です。

また、経理の仕事は細かい内容がとても多く、そのすべてを気にしているとキリがなくなってしまうため、意外と大雑把な人のほうが向いています。

コミュニケーション能力が高いことや大雑把であることは文系の学生の特徴です。

そのため、経理職は文系に向いています。

大雑把な人のほうが向いているのは意外ですよね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種⑥:法務職

文系でも就職できるIT業界の職種6つ目は、法務職です。

法務職の主な仕事は、企業が関与する法律的な業務を行い、健全な成長をサポートすることです。

法務職の仕事は、法律関係の仕事が多く、専門知識が必要です。

また、トラブル対応のために柔軟性が必要となります。

柔軟性があるのは文系の学生の特徴です。

そのため、法務職は文系に向いているといえます。

特に法学部の方は、検討してみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種⑦:営業職

文系でも就職できるIT業界の職種7つ目は、営業職です。

営業職の主な仕事は、自社に利益を上げるため、会社の商品やサービスを売り込むことです。

また、文系の学生の約70%が営業に初期配属されています。

営業では、顧客の話を適切に理解し、かつ、自分の意見も的確に伝えなければいけないためコミュニケーション能力は必須といえます。

コミュニケーション能力は、文系の学生が持ち合わせている能力の一つです。

そのため、営業職は文系に向いているといえます。

営業職はビジネスの根幹なのでかかわる意義が大きい仕事です。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

【業務経験が必要】文系でも就職できるIT業界の職種4選

就活生くん

未経験でもIT業界に就職できることはわかりました。

では、逆にIT経験やスキルがないと就職できないIT業界の職種ってあるんですか?

わかりました。

次は、業務経験がある文系が就職できるIT業界の職種を4つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

【業務経験が必要】文系でも就職できるIT業界の職種4選

職種①:プログラマー
職種②:WEBデザイナー
職種③:SEOコンサルタント
職種④:プロジェクトマネージャー

職種①:プログラマー

業務経験がある文系が就職できるIT業界1つ目は、プログラマーです。

プログラマーの主な仕事は、プログラミング言語を使用してシステム開発を行うことです。

エンジニアは顧客の要望を聞き計画書を作成しますが、プログラマーはその計画書に基づいてプログラムのコードを作成します。

プログラマーはエンジニアよりも技術面の能力が必要であるため未経験では就職が難しいです。

大学時代にプログラミングの知識をつけておくといいかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種②:WEBデザイナー

業務経験がある文系が就職できるIT業界2つ目は、WEBデザイナーです。

WEBデザイナーの主な仕事は、顧客に依頼されたWEBサイトのデザインをすることです。

また、企画設計やコーティングなども行っています。

WEBデザイナーは、PhotoshopやHTML、CSSといった知識がないと仕事ができません。

そのため、これらの知識がない状態では、就職は難しいです。

専門のスクールもあるので、WEBデザイナーになりたい方は、チェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

職種③:SEOコンサルタント

業務経験がある文系が就職できるIT業界3つ目は、SEOコンサルタントです。

SEOコンサルタントの主な仕事は、顧客のWEBサイトの検索エンジンを最適化するための方法を考え、売上で成果を出すことです。

SEO会社は人手不足であるためSEO会社未経験の人でも就職はできます。

しかし、マーケティングに関する知識がないと顧客の要望に応えることができません。

そのため、実際は、マーケティング会社や広告会社からの転職者が多いです。

職種④:プロジェクトマネージャー

業務経験がある文系が就職できるIT業界4つ目は、プロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーの主な仕事は、プロジェクト遂行に必要なすべての準備及び調達を行うことです。

計画をたてることから実行まで行うため、オールラウンドの能力が必要となります

そのため業務経験を積み、システム開発の広範な知識をと豊富な経験を身に着けないとプロジェクトマネージャーにはなれません。

まずは、システムエンジニアを目指してそこからプロジェクトマネージャーを目指しましょう。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

また、文系でIT系の技術職に就きたいと思っている就活生もいるのではないでしょうか?

以下の記事では文系でもIT系の技術職に就けるのかについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【未経験でも入れる】文系におすすめのIT企業

就活生くん

未経験でも就職できるIT業界の職種はわかりました。

でもどんな企業にはいったらいいのでしょうか?

わかりました。

次は、未経験の文系におすすめのIT企業を紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

【未経験でも入れる】文系におすすめのIT企業

おすすめ企業①:SIer
おすすめ企業②:ITコンサル
おすすめ企業③:Web系ITベンチャー(営業職)

おすすめ企業①:SIer

おすすめ企業1つ目は、SIerです。

SIerとは、システム開発や運用などの事業やサービスを請け負う企業のことを指します。

クライアントへの営業やプロジェクト管理をメインにした業務もあるのでITスキルがなくてもできる仕事も多いです。

また、技術系の知識は、研修で学ぶことができるので安心できます。

あまり聞きなじみがない言葉ですが未経験の方には、おすすめです。

以下にSIerの企業例をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

SIerの企業例
  • NTTデータ
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 新日鉄住金ソリューションズ
  • NECソリューションイノベータ
  • 東芝デジタルソリューションズ
  • 日立システムズ
  • 野村総合研究所
  • フューチャー
  • シンプレクス

おすすめ企業②:ITコンサル

おすすめ企業2つ目は、ITコンサル会社です。

ITコンサル会社の主な業務は、クライアント企業のIT関連分野全般におけるアドバイス業務、及び、システム導入支援を行うことです。

クライアントの意見を聞く業務は、コミュニケーション能力が必要です。

また、プログラミングの研修やOJTが充実している企業も多いです。

そのため、未経験の方でも、入社数年たてば業務になじむことができるようです。

文理の違いよりも人柄を見て採用を決めている企業が多いようです。

以下にITコンサル会社の具体例をまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 渋谷

ITコンサル会社の具体例
  • アクセンチュア株式会社
  • デロイトトーマツコンサルティング合同会社
  • アビームコンサルティング株式会社
  • KPMGコンサルティング株式会社

おすすめ企業③:Web系ITベンチャー(営業職)

おすすめ企業3つ目は、WEB系ITベンチャー(営業職)です。

WEB系ITベンチャー企業は、WEBサイトやWEBアプリケーションを作っています

近年急成長している産業であるため、まだ多くの企業がベンチャーです。

ベンチャー企業は、即戦力となる人材が求められていることが多く、未経験の人が就職するのは難しいです。

しかし、営業職であればコミュニケーション能力が重視されるため未経験でも就職できます。

ベンチャー企業は今後の伸びが期待できるので会社とともに自分も成長したい人におすすめです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

文系からIT業界に就職する際のポイント

それでは、文系からIT業界に就職する際のポイントを三つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 渋谷

文系からIT業界に就職する際のポイント

ポイント①:文系からなぜIT業界を選んだのか答えられるようにする
ポイント②:IT系の資格・プログラミングを勉強しておく
ポイント③:IT系のアルバイトやインターンを経験しておく

ポイント①:文系からなぜIT業界を選んだのか答えられるようにする

文系からIT業界に就職する際のポイント1つ目は、文系からなぜIT業界を選んだのか答えられるようにすることです。

企業は、ある程度知識がある理系人材を採用したいと考えています。

プログラミングなどの専門知識がない文系が「なぜIT業界に就職したいのか。」を説明できないと企業側も採用してくれません。

そのため、なぜIT業界を選んだのかを明確に答えられるようにしておきましょう。

自己分析をしっかり行い、IT業界でなければいけない理由を明確にしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 渋谷

ポイント②:IT系の資格・プログラミングを勉強しておく

文系からIT業界に就職する際のポイント2つ目は、IT系の資格・プログラミングを勉強しておくことです。

未経験の文系でもIT業界に就職することはできますが、知識がないと就職するのが難しい仕事もあります。

また、未経験でもいいとはいえ資格や技術があったほうが有利であることは確かです

そのため、今からでもIT系の資格やプログラミングについて勉強しておくとほかの就活生に差をつけることができます。

以下にIT系の資格を2つ記しておきます。

未経験の方でも挑戦しやすいので参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

おすすめのIT系資格

ITパスポート
基本情報技術者試験

また、プログラミングを学ぶと就活で役に立つのかについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

ポイント③:IT系のアルバイトやインターンを経験しておく

文系からIT業界に就職する際のポイント3つ目は、IT系のアルバイトやインターンを経験しておくことです。

まだIT業界のことをよく知らない方は、短期間で知ることができます。

また、中長期的なものとなれば、実際の業務に関われることもあり、IT系のスキルだけではなく企業内での対人能力を鍛えることもできます。

そのためIT系のアルバイトやインターンの経験はしておいたほうがいいです。

アルバイトやインターンでないとできない体験があるので、気になるものがあれば、ぜひ参加してみてください。

以下にインターンシップを探せるサイトは以下の記事にまとめているので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

文系でも就職できるIT業界の職種に関するよくある質問

就活生くん

IT業界はブラック企業が多いって聞いたけど実際はどうなんですか…?

就活生ちゃん

IT業界に就職したいけど男性の人のほうが多いイメージで不安だなあ。

わかりました。

それでは、文系でも就職できるIT業界の職種に関するよくある質問について解説していきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 渋谷

文系でも就職できるIT業界の職種に関するよくある質問
  • 質問①:IT業界で使える資格は?
  • 質問②:IT業界はブラック企業が多いの?
  • 質問③:IT業界の男女比率は?

質問①:IT業界で使える資格は?

よくある質問1つ目は、「IT業界で使える資格は?」です。

前述したITパスポートや基本情報技術者試験以外にも使える資格はあります。

職種ごとに使える資格が変わってくるのでどの職種につきたいのかを考えてから挑戦したほうがいいです。

以下にIT系の資格をまとめておきます。

ITパスポートや基本情報技術者試験以外にも挑戦してみたい人は参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 渋谷

IT業界で使える資格一覧
  • 応用情報技術者
  • システムアーキテクシト
  • ネットワークスペシャリスト
  • データスペシャリスト
  • エンベデッドスペシャリスト

質問②:IT業界はブラック企業が多いの?

よくある質問2つ目は、「IT業界はブラック企業が多いの?」です。

IT業界は、人手不足ということもあり、残業時間が多くなっている企業も存在します。

しかし、近年の働き方改革もあり、そういった風潮を変えようとしている企業も多いです。

そのため、IT業界=ブラック企業というイメージは間違っています。

ネットの口コミは主観的な意見でしかないので鵜吞みにしないように気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 渋谷

質問③:IT業界の男女比率は?

よくある質問3つ目は、「IT業界の男女比率は?」です。

IT業界の男女比は男:女=8:2と言われています。

IT業界への転職者は男性が圧倒的に多いため、このような比率になっているようです。

やはり男性の割合がとても多いようです。

「就活の教科書」編集部 渋谷

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:この記事を参考にして、文系からIT業界に就職しよう

本記事「」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「文系でもIT業界に就職できるのか」について紹介しました。

併せて、文系でも入れるIT業界の職種・企業、文系からIT業界に就職するためのポイントについて解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

そもそも文系でもIT業界に就職できるの?

  • 結論:文系でもIT業界にいける
  • プログラミングができない文系でもエンジニアになれる
  • 文系でエンジニアはきつい?ついていける?
  • IT業界で活躍する文系出身者の声

【未経験でもなれる!】文系でも就職できるIT業界の職種7選

  • 職種①:SE(システムエンジニア)
  • 職種②:ITコンサルタント
  • 職種③:インフラエンジニア
  • 職種④:人事職
  • 職種⑤:経理職
  • 職種⑥:法務職
  • 職種⑦:営業職

【未経験でも入れる】文系におすすめのIT企業

  • おすすめ企業①:SIer
  • おすすめ企業②:ITコンサル
  • おすすめ企業③:Web系ITベンチャー(営業職)

【業務経験が必要】文系でも就職できるIT業界の職種4選

  • 職種①:プログラマー
  • 職種②:WEBデザイナー
  • 職種③:SEOコンサルタント
  • 職種④:プロジェクトマネージャー

文系からIT業界に就職する際のポイント

  • ポイント①:文系からなぜIT業界を選んだのか答えられるようにする
  • ポイント②:IT系の資格・プログラミングを勉強しておく
  • ポイント③:IT系のアルバイトやインターンを経験しておく

文系でも就職できるIT業界の職種に関するよくある質問

  • 質問①:IT業界で使える資格は?
  • 質問②:IT業界はブラック企業が多いの?
  • 質問③:IT業界の男女比率は?

まとめ:この記事を参考にして、文系からIT業界に就職しよう