【やめとけ?】文系出身がSEになれるのか | 体験談,つらいと感じる瞬間も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること
  • 文系出身でもSEになれる
  • 文系出身がSEになるための4STEP
  • SEはコミュニケーション能力が必要だから文系出身は有利
  • 文系SEは、プログラミング言語の難しさに苦しむことがある
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

今回は、文系でSEになるための方法について解説していきます。

文系出身のみなさんは、「文系でもSEを目指すことができるのかな?」と疑問を持ったことはありませんか。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生くん

僕は文系出身ですが、SEになりたいと思っています。

エンジニアと聞くとやはり理系出身が多いイメージがありますが、文系出身だとついていけないんですか?

就活生ちゃん

私はこれから求められる職種で働きたいと考えていて、SEという職種を見つけました。

でも、どんな人がSEに向いているかやどうやったらSEになれるかが分からないので、教えてほしいです。

SEとはシステムエンジニアのことを指しますが、エンジニアと聞くと理系の人が多いイメージがありますよね。

でも実は、最近文系出身でSEになる人がとても増えているのです。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

そこでこの記事では「文系でSEを目指す方法」を解説します。

合わせて、「文系からSEになるデメリット」「文系でSEに向いている人」も解説しています。

この記事を読めば、文系SEのなりかたも入社後につらいと感じる瞬間も理解できるので、入社後のギャップをなくすことができます。

文系出身でSEになりたい人は、文系ならではSEの秘密やつらい点も分かるので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

 

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる
レバテックルーキーの口コミ

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

 

目次

 

【やめとけ?きつい?】文系出身者はSEになれるのか

就活生ちゃん

SEはシステムエンジニアと呼ぶくらいだから、理系のイメージが強いです・・・

プログラミングの知識もないし、ITの知識もあんまりないから、文系出身の私にとってはやっぱり難しいですか?

いいえ。文系出身のSEもたくさんいるので、今から解説しますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

結論:文系でもSEになれる

結論から言うと、文系出身者でもSE(システムエンジニア)になることはできます。

実は、IT業界で働く人の約3割は文系出身者です。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)の「IT人材白書2020」によると、データサイエンスやAI、IoTなどに携わる先端IT従事者のうち、最終学歴での専攻分野が「IT・情報系以外の文系」だった人の割合は30.2%、先端IT非従事者では34.6%となっています。

 

理由:SEは上流工程を担当するから

「SE=システムエンジニア」なので、機械の仕組みや裏側を作るエンジニアのイメージが強いかもしれません。

しかし、SEとは、顧客の要求から方向性を決定し、大まかな設計をするまでの情報システム開発における上流工程を担当します。

その際の予算や人員、進捗管理などのマネジメント業務などもSEの仕事になるので、文系の人も活躍できる仕事が多いのです。

ただし、企業やチームによって、SEの概念や仕事内容が異なるので、就活ではSEの業務の幅を会社ごとに確認する必要があります。

会社によって異なりますが、新卒SEのうち約3割は文系出身という企業もありますよ。

また、IT系の他の職種について文系からでもなれるのかについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 木村

 

具体的に、どのように文系出身の人がSEになるのかを解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

「文系からでもエンジニアになりたい!」「エンジニアとしての就活って?」という方には、IT系に特化した就活サイト/エージェントの利用をおすすめします。

【内定者が選んだ】ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れます。

ちなみに、未経験からエンジニアなりたい就活生はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

サイトやエージェントによっては、無料プログラミング学習や逆求人などのサポートもありますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


文系出身がSEになるための4STEP

就活生くん

文系出身でもSEの人がいることは分かりましたが、実際にどのように文系の人がSEになれるのでしょうか?

SE職に就職するまでにすべきことの流れを教えてほしいです。

確かに、文系出身の就活生がSEになるまでの道のりは想像しにくいですよね。

文系出身がSEになるためには4STEP必要です。

「就活の教科書」編集部 木村

文系出身がSEになるための4STEP
  • STEP①:なぜSEになりたいかを考える
  • STEP②:ITの職種のインターンシップに参加する
  • STEP③:サポートしてくれるエージェントに登録する
  • STEP④:資格を取得する

STEP1Eから順番に進めていけば、誰でもSE職を目指すことができるので、1つずつ確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP①:なぜSEになりたいかを考える

文系出身がSEになるために必要なこと1つ目は、なぜSEになりたいかを考えることです。

そもそもきちんとSE職の内容を理解した上で、自分自身がSEを目指す理由を持っていないと、就職時や就職後にミスマッチが生まれてしまうからです。

SEを目指す理由に正解はなく、「将来性のある仕事だから」や「営業職よりエンジニア職が魅力に感じるから」など何でもいいです。

今一度、文系出身の自分がわざわざSE職を目指す理由について言語化してみましょう。

志望理由を明確にすることは、SEだけでなく、就職活動においてとても大切なことです。

そもそもなぜ自分がSEを目指しているのかが上手く言語化できない人は、志望動機のフレームワークを使うと言語化できるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP②:ITの職種のインターンシップに参加する

文系出身がSEになるために必要なこと2つ目は、ITの職種のインターンシップに参加することです。

なぜなら、文系は大学時代にITについて学んできていない人が多いため、ITの職種のインターンシップに参加することで、知見と経験が得られるからです。

例えば、長期で開催しているインターンシップに参加することで、培ったスキルを踏まえて、面接で話すことが出来ます。

SEに興味を持っている人は、インターンシップにチャレンジして、SEの仕事や文化についての知見や経験を得ておきましょう。

ITの職種のインターンシップに参加することで、SEと自分の適性を原体験から理解することも出来ます。

SE職を理解するためにインターンシップに参加したいと考えている人は、インターンシップを探す方法やサイトが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP③:専用の就職エージェントに登録する

文系出身がSEになるために必要なこと3つ目は、専用の就職エージェントに登録することです。

なぜなら、過去に何名ものSEの採用活動を成功させてきた就職エージェントが、就活準備から内定までサポートをしてくれるからです。

そこで、文系出身者でもSEとしての就職を目指したい場合は、「レバテックルーキー」を使うのが断トツでおすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、高学歴でなくても文系でも大手企業~優良ベンチャー企業のIT企業に就職できる支援が無料で受けられます。

情報収集の目的で就職エージェントの登録をしている人も多いので、「SEになりたいけど文系だから不安…」という就活生「レバテックルーキー」を使ってみてくださいね。

文系でSEを志望しているけど、選考に不安を感じている就活生は、エージェントに登録してみても良いかもしれませんよ。

「レバテックルーキー」を使うと、志望動機の作成や面接対策だけでなく、不合格になってしまったときのフィードバックも聞くことが出来ます。

また、IT系の企業に就職したいと考えている人は、IT系就活におすすめのエージェントが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

STEP④:資格を取得する

文系出身がSEになるために必要なこと4つ目は、資格を取得することです。

なぜなら、未経験である場合にも、勉強してきたことや努力してきたことの証明になるからです。

また、資格を取得していることで、資格取得までのプロセスからIT職種への向き・不向きの判断もできます。

そのため、文系出身からSEになるときに、必須ではないですが、資格の取得に向けて勉強してみるのも良いかもしれません。

ITの資格といっても、ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者など色々あるため、自分の現状に合わせてチャレンジしてみましょう。

特に文系出身の人におすすめの資格を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

ちなみに、難関IT企業からの内定が欲しいなら、エンジニア就活に特化したレバテックルーキーがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキー
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

レバテックルーキーを利用すれば、5,000社以上のIT企業のネットにはない情報が得られたり、面接やカウンセリングをオンラインで受けられます。

また、選考対策も行ってくれるので、上手く活用できれば、最短2週間で難関IT企業からも内定を獲得できます!

IT業界の就活サポートに特化しており、IT企業志望の就活生からも高く評価されているので、あなたもぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


文系出身からSE(システムエンジニア)を目指すならIT就活のプロに頼るのがおすすめ

就活生くん

僕はエンジニア志望なのですが、文系でプログラミング未経験でもIT企業に就職することはできますか…?

優良IT企業に就職したいのですが、IT企業の就活についてもあまりよく知りません。

もちろん未経験・文系出身の人でもIT企業で活躍している人は数多くいるので、心配する必要はありません。

ただ、経験の有無に関わらず、IT業界を目指すなら「IT業界の就活の仕方」を知っていると有利になります。

そこで、これから「優良IT企業・Web企業に就職する方法」について解説していきます。

まずは、IT業界の就活をサポートしてくれるサービスをご紹介します。

就活アドバイザー 京香

IT業界の就職・転職におすすめの就活サービス
◆就活生におすすめ ◆転職者におすすめ ◆就活生・転職者どちらにもおすすめ

ITのプロの手厚いサポートを受けたいならレバテックルーキー、IT企業への転職を考えているならレバテックキャリアがおすすめです。

また、未経験で特に不安に感じる方にはウズキャリITの利用をおすすめします。

これから「IT業界へ就職・転職する方法」について詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:ITのプロと選考対策を行う(新卒向け)

 

IT業界へ就職・転職する方法は、ITのプロと選考対策を行うことです。

ITのプロとは、IT業界で長い間活躍している人たちのことで、IT業界の内部情報も多く知っています

そのようなプロとES・ポートフォリオ添削・面接対策を行うことで、志望するIT企業へ就職することができます

ITのプロと選考対策を行えるサービスの中でも、一番おすすめなのがレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、ITエンジニアに特化した就活エージェントで、手厚い選考サポートで知られています。

大手からベンチャー企業まで、約5,000社以上の求人を保持しており、あなたに合った優良IT企業を紹介してもらえます

また、未経験の方でも就活相談から始められるので、気軽に選考サポートを受けやすいサービスとなっています。

レバテックルーキーのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント②:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント③:IT業界で活かせる「あなたの強み」をITのプロが見つけてくれる

>> レバテックルーキーを見てみる

 

「レバテックルーキーってよく聞くけどどうなの…?」など不安に感じる方は、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:IT転職のプロのサポートを受ける(転職者向け)

IT業界へ就職・転職する方法は、IT転職のプロのサポートを受けることです。

IT転職のプロは、経験やスキルから「あなたの強み」を見つけてくれ、企業紹介から選考対策まで行ってくれます。

IT転職のプロのサポートを受けると、時間が足りない転職活動を効率よく行えるためおすすめです。

数多くあるIT転職サービスの中でも、レバテックキャリアが最もおすすめです。

レバテックキャリアは、レバテックルーキーを運営する株式会社レバテックの転職活動サポートサービスです。

IT企業との堅い信頼関係があるレバテックキャリアだからこそ、あなたの強みを活かせる企業へ転職することができます

レバテックキャリアのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

レバテックキャリアのおすすめポイント
  • ポイント①:転職成功率96%・年収アップ率80%など実績がある
  • ポイント②:IT職種別の専門アドバイザーとカウンセリングができる
  • ポイント③:毎年3,000件の企業訪問の中から選ばれた優良企業の紹介がもらえる

>> レバテックキャリアを見てみる

 

レバテックキャリアは、公開求人だけでも約10,000件以上と業界トップクラスの求人数を有しています。

その中から希望に沿った求人を紹介してくれるため、「今よりもキャリアアップを目指したい!」という転職者の方には非常におすすめです!

「ITエンジニアとしてもっと成長したい!」という方はぜひレバテックキャリアを利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

方法:IT未経験に特化した就活サポートを受ける(新卒・転職者向け)

 

IT業界へ就職・転職する方法は、IT未経験に特化した就活サポートを受けることです。

IT未経験からIT企業に就職する人も増えてきていますが、自分一人の力で就職することは難しいと言われています。

IT未経験に特化したサービスでは、IT知識の習得サポート・適性をみての企業紹介などを受けられます。

「未経験だけどIT企業に就職・転職したい!」と思う人は、ぜひ利用してみましょう。

IT未経験に特化した就活・転職サービスの中で、特におすすめなのがウズキャリITです。

ウズキャリITは、IT学習とIT就職の両方を手厚くサポートしてくれ、入社後まで相談に乗ってくれます

また、面倒くさい日程調整などの手続きもやってくれるなど、とにかく親切なサポートを受けられます。

ウズキャリITのおすすめポイントは以下の通りです。

就活アドバイザー 京香

ウズキャリITのおすすめポイント
  • ポイント①:徹底的なカウンセリング・一社ごとに面接対策ができる
  • ポイント②:高評価率90%以上のYouTubeのIT教材が無料で視聴できる
  • ポイント③:あなたの強みをアピールできる推薦状を作ってもらえる

>> ウズキャリITを見てみる

 

ITエンジニアを目指す就活生におすすめのサイトについては、以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

文系出身の方がSEに向いている理由3つ

就活生ちゃん

文系出身でもやり方を間違えなければ、SEになることはできるのですね。

しかし、理系の人も多い中、SE職で文系出身の人は、理系の人と同様もしくはそれ以上で活躍することはできるのでしょうか?

SEは理解のイメージがあるかもしれませんが、実は「SEが文系出身の方が向いている」のです。

文系出身の方がSEに向いている理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

文系出身の方がSEに向いている理由3つ
  • 理由①:コミュニケーション能力が必要だから
  • 理由②:文章を作成する能力が必要だから
  • 理由③:利用者視点で思考する能力が必要だから

文系出身の強みを知ることも可能なので、文系出身の方がSEに向いている理由を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由①:コミュニケーション能力が必要だから

SEが文系出身の方が向いている理由1つ目は、コミュニケーション能力が必要だからです。

なぜなら、SEの業務は、周囲とのコミュニケーションを取る機会が多く、対人折衝能力が必要になるからです。

特に、クライアントのニーズを細かく聞き出して、顧客が抱えている課題を社内で分かりやすく共有する必要があるため、コミュニケーション能力が重視されます。

そのため、企業はコミュニケーション能力が高い文系出身のSEを採用したいと考えているのです。

クライアントと話をする機会や社内での情報伝達の機会が多く、作業をスムーズに進めるために、コミュニケーション能力が必要になります。

そのため、文系出身のSEをあえて採用する企業が多いんですよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由②:文章を作成する能力が必要だから

SEが文系出身の方が向いている理由2つ目は、文章を作成する能力が必要だからです。

プログラミングはまだできなくても、文章を書くのが上手な文系学生の方が仕事がやりやすいということもあります。

例えば、クライアントへの説明をするための資料や、メールなど、文章を書く力が必要になります。

プログラミング技術に関しては、就職後に身に付けることが出来るため、文章を作成する力がある文系学生を採用したいと考えるのです。

文章を分かりやすく伝える能力はSEだけでなく、どのような職種でも必須とされているビジネススキルです。

もしSEを目指すのであれば、文系出身の強みであるコミュニケーション能力や文章力を意識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

理由③:利用者視点で思考する能力が必要だから

SEが文系出身の方が向いている理由3つ目は、利用者視点で思考する能力が必要だからです。

なぜなら、SEはクライアントとの課題を聞く時に、クライアントの立場になって考える必要があるからです。

例えば、クライアントへサービスの説明をするときに、プログラミング言語を分かりやすく説明をする必要があります。

そのときに、知らなかった経験を活かして利用者視点でアドバイスが出来る点が、文系SEの良いところです。

SEはコードを書く機会は少なく、エンジニアやクライアントとのコミュニケーションの間に入ることが多いんですよ。

「就活の教科書」編集部 木村

就活生くん

SEは、クライアントとエンジニアの懸け橋のようなイメージなのでしょうか?

その通りです。

プログラミングは、エンジニアが書くので、SEはプログラミングの基本の知識を身に付ければ大丈夫です。

そのため、利用者視点でわからない点を理解することが出来る文系SEを求める企業も多いんです。

「就活の教科書」編集部 木村

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいますよ。

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

おすすめの就活エージェント

【ITエンジニア特化】

【総合型】

  • DiG UP CAREER(寄り添いサポート:満足度90%、友人紹介率60%)
  • スタキャリ(就活相談、面接対策、企業選びをサポート)
  • ゼロキャンバス(成長/ベンチャー企業に強み、適性検査も活用)

【23卒のみ】

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

文系SEになると後悔するの?実際の声

就活生くん

「文系SEはやめとけ」とよく聞くので、文系からエンジニアになって後悔しないか不安です。

それでは文系SEの人の実際の体験談を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

口コミ①:プログラミングスキルは最重要ではない

文系SEの体験談1つ目は「プログラミングスキルは最重要ではない」です。

システムエンジニアの仕事をする上では、プログラミング知識よりも、コミュニケーション力や提案力が求められるようです。

 

 

口コミ②:文系SEはしんどい

文系SEの体験談2つ目は「文系出身でSEになるのはしんどい」です。

文系・未経験だと、ITという新しい分野の勉強をするのが、精神的にきついようです。

勉強をするのが苦手な人は、文系SEは向いていないと言えます。

 

口コミ③:文系SEは最初だけ勉強がきつい

文系SEの体験談3つ目は「文系出身者がSEになると、最初だけ勉強が大変だった」です。

大学で数学や情報系の勉強をしていない分、理系出身者よりも勉強量が多く辛いと感じる人もいるようです。

ただプログラミングは基礎を覚えればあとは簡単だという声もありました。

 

口コミ④:文系SEは楽しい

文系SEの体験談4つ目は「文系出身でSEをしていて楽しい」です。

文系からSEになるには、たくさん勉強する必要はありますが、IT関連の勉強が自分に合っていれば楽しく思えるようです。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

文系SEがつらいと感じる瞬間3つ

就活生くん

文系SEになったあとにつらいと感じることや苦しいことはありますか?

文系出身の僕が、入社後に上手くSEの業務をやっていけるかが不安です。

向いている人の特徴を知ったとはいえ、文系SEに対する不安が拭えない就活生も多いですよね。

それでは最後に、文系SEがつらいと感じる瞬間3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 木村

文系SEがつらいと感じる瞬間
  • 難点①:プログラミング言語が難しい
  • 難点②:残業が多い
  • 難点③:コミュニケーションが難しい

それでは、1つずつ順番に確認し、文系SEの入社後のギャップをなくしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

難点①:プログラミング言語が難しい

文系SEがつらいと感じる瞬間1つ目は、プログラミング言語が難しいことです。

なぜなら、文系は学生時代にほとんどプログラミングに触れたことがないからです。

理系学生と比べて、プログラミングのレベルについていけないことやレベルの差を感じてしまうことが多いです。

そのため解決策として、ITの職種の長期インターンシップや資格取得で少しでも理系の就活生との差を減らしておくことが良いかもしれません。

難易度の高いプログラミングコートの作成は、エンジニアがやってくれるので、過度な心配は必要ありません。

しかし、プログラミングの基礎や仕組みを理解していないとできない業務もあるため、プログラミング言語の勉強をしておくことは必要になります。

あらかじめプログラミングを学んでおきたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

難点②:残業が多い

文系SEがつらいと感じる瞬間2つ目は、残業が多いことです。

なぜなら、SEは納期や締切がに合わせて、エンジニアの人と連携しながら、製品を完成させることが求められるからです。

一概に、一年中残業が多いとは言えませんが、繁忙期や締切直前は夜遅くまで追い込んで仕事をする文化があるため、それ相応の覚悟はしておいた方が良いかもしれません。

しかし、SEでも定時に帰ることができる会社やホワイト企業もあるので、企業研究が大切になります。

SEとしてホワイト企業にこだわって就職したい人は、SEのホワイト企業ランキング一覧が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

難点③:コミュニケーションが難しい

文系SEがつらいと感じる瞬間3つ目は、コミュニケーションが難しいことです。

なぜなら、理系の人でコミュニケーションを苦手な人が多いことや、そもそもプログラミングなどのエンジニア領域が難しいからです。

知り合いの文系SEに尋ねたところ、自分はメールで伝えたとしても、相手からのメールの意図や内容が理解できなかったり、コミュニケーションの齟齬がストレスになることがあると言っていました。

なので、自分の伝える力だけではなく、相手の意図を汲み取る力やエンジニア知識を身に着けることは必要になります。

文系SEは、エンジニアと関わる機会がかなり多く、主な仕事はコミュニケーションと言っても過言ではありません。

インターンシップや社員さんとの面談で、エンジニアとの会話の雰囲気や文化を掴んでおくことを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

また、以下の記事でもITに関して解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 木村

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

文系SEに関してよくある質問

それでは最後に、文系SEに関してよくある質問に答えていきます。

よくある質問
  • 質問①:文系出身でSEになれるおすすめの企業は?
  • 質問②:文系出身でSEを目指す人におすすめの本は?

 

質問①:文系出身でSEになれるおすすめの企業は?

文系出身でSEになりたいのであれば、ベンチャー企業・中小企業よりも大手企業の方がおすすめです。

その理由は、大手企業の方がエンジニア向けの研修制度が整っているからです。

逆に、ITベンチャー企業は、プログラミング能力があることを前提に募集していることがほとんどなので、文系出身者にはおすすめしません。

SEになることができるおすすめの企業については以下の記事で詳しく解説しているので、気になる人は読んでみて下さい。

 

質問②:文系出身でSEを目指す人におすすめの本は?

文系出身者でSEを目指す人におすすめの本は「IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256」です。

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256

増井 敏克
990円(11/28 19:46時点)
発売日: 2019/05/13
Amazonの情報を掲載しています

この本は、IT業界の現場で使われている用語を解説している本です。

新卒では、SEになるためにプログラミング能力はあまり問われませんが、IT業界の知識は最低限持っている必要があります。

ですので、文系でIT業界について詳しくない人は、まずこのような本から始めましょう。

 

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:文系SEはコミュニケーション力を武器に就活しよう!

「【内定者が教える】文系出身がSEになるための4STEP | つらいと感じる瞬間も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「文系でSEを目指す方法」を解説しました。

合わせて、「文系からSEになるデメリット」「文系でSEに向いている人」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

実は文系出身でもSEになれる

文系出身がSEになるための4STEP

  • STEP①:なぜSEになりたいかを考える
  • STEP②:ITの職種のインターンシップに参加する
  • STEP③:専用の就職エージェントに登録する
  • STEP④:資格を取得する

文系出身の方がSEに向いている理由3つ

  • 理由①:コミュニケーション能力が必要だから
  • 理由②:文章を作成する能力が必要だから
  • 理由③:利用者視点で思考する能力が必要だから

文系SEがつらいと感じる瞬間3つ

  • 難点①:プログラミング言語が難しい
  • 難点②:残業が多い
  • 難点③:コミュニケーションが難しい

◆文系SEに関してよくある質問

  • 質問①:文系出身でSEになれるおすすめの企業は?
  • 質問②:文系出身でSEを目指す人におすすめの本は?

まとめ:文系SEはコミュニケーション力を武器に就活しよう!

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

最後に、文系SEに興味がある人におすすめの記事を紹介しているので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村