>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【絞るべき?】業界を「絞らない」就活のメリット/デメリット | 内定者の体験談も

この記事を読めばわかること
  • 業界を絞らない方が良い就活生の特徴は、業界にこだわりがない人
  • 業界を絞らないで就活をするメリット・デメリット各3つ
  • 業界を絞らないで就活を続けるとどうなる?3人の先輩の体験談
  • 受ける企業を上手に見極める方法は、内定1社の場合に100%入社するかどうかで判断する

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、業界を絞らないで就活をするメリット・デメリットについて解説していきます。

就活生のみなさんは、業界を絞って就活をしていますか?

それとも、業界を絞らないで就活をしていますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

僕は、業界を絞らないで就活をしています。

何か狙いがあるわけじゃなくて、業界の絞り方がわからないまま、就活を進めちゃってるんですよね。

これってまずいでしょうか…。

就活生ちゃん

私は食品業界に絞って就活を進めています!

でも、食品業界以外で気になる企業もあるんです。

このまま、食品業界のみに絞って就活をしないと、就活の軸がブレてしまいますよね…。

就活で業界を絞った方がいいのか、絞らない方がいいのか、悩んでしまいますよね。

実は、業界を絞る・絞らないの正解は、就活生によって違うんですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこで、この記事では、業界を絞らないで就活をするメリット・デメリット各3つを紹介します

業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴、業界を絞らないで就活を続けるとどうなるかの体験談受ける企業を上手に見極める3つの方法について解説していきます。

この記事を読めば、業界を絞らない就活のメリット・デメリットだけでなく、効率的な企業の絞り方もわかるので、自分に合ったやり方で就活を進められますよ。

業界を絞るにせよ絞らないにせよ、内定をもらって就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴

就活生くん

僕は、業界を絞らないで就活をしています。

やっぱり、就活をする上では、業界を絞らないとダメですよね…?

「就活は業界を絞らないとダメ」とは、一概には言えません。

なぜなら、業界を絞らない方が、かえって就活が上手くいく場合もあるからです。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

就活で業界を絞らない方が良いのは、どんな場合でしょうか。

次の、業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴に当てはまる方は、みやみに業界を絞らないことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴
  • 特徴①:業界にこだわりがない人
  • 特徴②:業界を絞ることに少しでも迷いがある人
  • 特徴③:就活の軸が定まっていない人

それでは、業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴について、ひとつずつ解説していきます。

自分は業界を絞らない方が良い就活生の特徴に当てはまるかどうか、考えながら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴①:業界にこだわりがない人

業界を絞らない方が良い就活生の特徴1つ目は、「業界にこだわりがない人」です。

そもそも、業界にこだわりがなく、就活の軸が業界と関係のないところにある人は、業界を絞らないままでも問題ありません。

参考として、業界に関わらない就活の軸の例を、3つ挙げます。

業界に関わらない就活の軸の例3つ
  • 地元で働ける企業ならどこでも良い
  • 業界にこだわらず、とにかく営業の仕事がしたい
  • 転勤がなく、福利厚生がしっかりしていて、長く働けそうな企業が良い

就活の軸は人それぞれです。

業界にこだわりがないなら、無理やり絞らないで大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴②:業界を絞ることに少しでも迷いがある人

業界を絞らない方が良い就活生の特徴2つ目は、「業界を絞ることに少しでも迷いがある人」です。

「A業界に絞って就活をしていたけど、全く関係のないB社も気になる」というように、少しでも迷いが生じている就活生は、業界を絞らない方がいいです。

なぜなら、思い込みだけで業界を絞っている可能性が高いからです。

就活で業界を絞ることは、企業選びがしやすく就活が効率良く進む反面、自ら選択肢を減らすリスキーな行為でもあります。

少しでも迷いがあるのなら、安易に業界を絞らない方が得策なのです。

周りの意見やアドバイスを鵜呑みにして、無理やり業界を絞っている就活生は要注意ですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

特徴③:就活の軸が定まっていない人

業界を絞らない方が良い就活生の特徴3つ目は、「就活の軸が定まっていない人」です。

就活の軸が定まっておらず、何となく就活を進めている人は、業界を絞るには早すぎます。

就活の軸が定まっていない人は、どんな仕事や働き方をしたいのか探るために、自己分析から始めましょう。

自己分析が十分にできていないのに、「何となく興味があるから」という理由で業界を絞ってしまうと、せっかく内定をもらえても入社後に後悔するかもしれませんよ。

就活の軸が定まっていない人は、業界はまだ絞らないで、まずは自分なりの就活の軸を探してみてくださいね。

就活の軸の見つけ方については、以下の記事で紹介しています。

就活の軸が定まっていない方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

業界を絞らないで就活をする3つのメリット

就活生くん

僕はまだ、業界を絞らないで就活を進めた方が良いような気がしてきました。

だけど、業界を絞らないで就活することに、少し不安があります。

業界を絞らないで就活をすることに、そんなに不安にならなくても大丈夫ですよ。

むしろ、業界を絞らないからこそ得られるメリットもあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らないで就活をする3つのメリット
  • メリット①:余計な先入観がない
  • メリット②:たくさんの企業と出会える
  • メリット③:持ち駒の数を増やしやすい

それでは、業界を絞らないで就活するメリットについて、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット①:余計な先入観がない

業界を絞らないで就活をするメリットの1つ目は、「余計な先入観がない」です。

業界を絞らないで就活をする場合、「この企業は狙っている業界じゃないから、エントリーをやめよう」という判断をしてしまうことがありません。

余計な先入観がないので、「興味が持てるかどうか」「受けてみたいかどうか」の基準で、エントリーする企業を選べます。

業界を絞らないことで、エントリーする企業の選択肢が増えるというメリットがあります。

特に就活の序盤では、業界を絞らないで幅広い企業に目を向けるのは、メリットが大きいですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット②:たくさんの企業と出会える

業界を絞らないで就活をするメリットの2つ目は、「たくさんの企業と出会える」です。

業界を絞らないで就活をしていると、多種多様な業界の企業と出会うチャンスが巡ってきます。

業界を絞る明確な理由があるのなら良いのですが、何となく業界を絞っているだけであれば、自分でチャンスを潰してしまうことになりかねません。

あえて業界を絞らないことで、たくさんの企業を自分の目で見る機会が得られますよ。

自分の頭の中のイメージだけで業界を絞るのではなく、実際に目で見て判断することが大切ですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

メリット③:持ち駒の数を増やしやすい

業界を絞らないで就活をするメリットの3つ目は、「持ち駒の数を増やしやすい」です。

業界を絞って就活をすると、エントリー候補に入る企業の母数が、圧倒的に少なくなってしまいます。

一方で、業界を絞らないで就活をすれば、気になる企業へ手当たり次第にエントリーできるので、持ち駒の数を簡単に増やせるのがメリットなのです。

就活で、第一志望の本命企業を狙い撃ちして内定をもらえる就活生は、ほんの一握りだけです。

持ち駒の数を十分に用意しておき、数を打つことで、企業から内定をもらえる確率が各段にアップしますよ。

持ち駒の数が多いと精神的にラクになるので、面接やグループワークに落ち着いてのぞめますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

業界を絞らないで就活をする3つのデメリット

就活生くん

業界を絞らないで就活をすることは、メリットだけでなくデメリットもありますよね。

確かに、業界を絞らないで就活することには、以下の3つのデメリットもあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らないで就活をする3つのメリット
  • デメリット①:優先順位がつけにくい
  • デメリット②:受けたい企業を探しづらい
  • デメリット③:志望度の高さをアピールしにくい

業界を絞らない就活のデメリットを知った上で就活を進めれば、先回りして対策と心の準備ができますよ。

それでは、業界を絞らないで就活するデメリットについて、それぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

デメリット①:優先順位がつけにくい

業界を絞らないで就活をするデメリットの1つ目は、「優先順位がつけにくい」です。

就活を進めていくうちに、エントリーシートの締め切りが重なったり、面接の日程がかぶったりすることがあります。

業界を絞らないで就活をしていると、どの企業を残すのか選択を迫られたときに、優先順位がつけられず悩んでしまうかもしれません。

業界を絞らないで就活をする場合には、業界以外の基準で構わないので、企業に対する志望度の高さを順位づけできるようにしておきましょう。

志望度の高い企業から順に優先順位をつけておくと、対策をする上でも、時間や労力の配分がしやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

デメリット②:受けたい企業を探しづらい

業界を絞らないで就活をするデメリットの2つ目は、「受けたい企業を探しづらい」です。

業界を絞らないで就活すると、すべての企業がエントリー候補になり得るのです。

そのため、選択肢が多い反面、受けたい企業を探しづらいというデメリットが生じます。

すべての企業をチェックし、エントリーする企業を決めるのは不可能ですよね。

そこで、業界以外の就活の軸を決めておくことが、スムーズな企業選びをする上で不可欠になります。

就活の軸がわからない人は、自分の得意なことや長所を活かせる仕事は何か、考えてみるといいですよ。

自分の長所の見つけ方については、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

デメリット③:志望度の高さをアピールしにくい

業界を絞らないで就活をするデメリットの3つ目は、「志望度の高さをアピールしにくい」です。

エントリーシートや面接で頻出の質問に、「志望動機」や「企業選びの軸」があります。

業界を絞らない就活をしている場合、志望動機や企業選びの軸について答えるのが、少し難しいですよね。

そのため、業界を絞らない就活は、志望度の高さを企業にアピールしにくいというデメリットがあります。

志望動機や企業選びの軸に関する質問では、業界以外の基準を交えて答えられるようにしておきましょう。

ESの無料閲覧サービスを活用し、内定者の志望動機や企業選びの軸を参考にするのもおすすめです。

ESの無料閲覧サービスについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方は読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

業界を絞らないで就活を続けるとどうなる?3人の先輩の体験談

就活生くん

もし、このまま業界を絞らないで就活を続けると、どうなるのでしょうか。

ちゃんと内定がもらえるか、心配です。

業界を絞らないまま就活を続けて大丈夫か、不安になる気持ちはとてもわかります。

そこで、業界を絞らないで就活を続けるとどうなるのか、3人の先輩の体験談を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らないで就活を続けるとどうなる?3人の先輩の体験談
  • 体験談①:周りより早く内定が取れた
  • 体験談②:就活期間が長くなりがち
  • 体験談③:50社以上受けて全滅

それでは、業界を絞らないで就活を続けるとどうなるのか、3人の先輩の体験談について、ひとつずつ紹介していきます。

業界を絞らない就活が不安な方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

体験談①:周りより早く内定が取れた

業界を絞らないで就活を続けるとどうなるのか、1つ目の体験談は「周りより早く内定が取れた」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らないで就活を続けたことが功を奏し、周りよりも早く内定が出た先輩の体験談です。

業界を絞らず柔軟に取り組む姿勢の他に、スピード感と視野の広さが、早期内定に結び付いた例ですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

体験談②:就活期間が長くなりがち

業界を絞らないで就活を続けるとどうなるのか、2つ目の体験談は「就活期間が長くなりがち」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

この先輩の周りでは、業界を絞らないと就活の期間が長くなる傾向にあったそうです。

業界を絞らない就活生の中には、就活そのものにやる気のない人もいるので、全体的に就活期間が延びてしまったのかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

体験談③:50社以上受けて全滅

業界を絞らないで就活を続けるとどうなるのか、3つ目の体験談は「50社以上受けて全滅」です。

「就活の教科書」編集部 小渕

何も考えずに大手企業ばかりを受けていたのがアダになり、50社全滅して就活に失敗した先輩の体験談です。

業界を絞らなくても良いので、自分なりの就活の軸は持つべきですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

業界を絞らない就活生必見!受ける企業を上手に見極める3つの方法

就活生ちゃん

「無理やり業界を絞るのは良くない」と分かりましたが、何の軸や基準もなしに就活を進めるのも無謀ですよね。

自分なりの就活の軸や、企業選びの基準を見つけたいです。

自分なりの軸や基準を持って、受ける企業を見極めることが、就活の成功につながりますよ。

そこで、業界を絞らない就活生必見の、受ける企業を上手に見極める3つの方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

業界を絞らない就活生必見!受ける企業を上手に見極める3つの方法
  • 方法①:内定1社の場合に100%入社するかどうかで判断する
  • 方法②:自己分析で自分の価値観を探る
  • 方法③:就活エージェントに相談してみる

それでは、業界を絞らない就活生必見の、受ける企業を上手に見極める3つの方法について、ひとつずつ解説していきます。

業界以外で受ける企業を絞る方法が知りたい方は、ぜひ続きを読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:内定1社の場合に100%入社するかどうかで判断する

業界を絞らない就活生必見の、受ける企業を上手に見極める方法1つ目は、「内定1社の場合に100%入社するかどうかで判断する」です。

企業にエントリーするかどうか迷ったら、「その企業1社からしか内定をもらえなかったときに、100%入社するか」という質問を自分に投げかけてみましょう。

実際に内定をもらったときに、入社を迷ってしまう企業は、興味はあっても志望度が高くないからです。

もし質問の答えが「入社しないかもしれない」なら、エントリーは見送って、他の企業を探すことをおすすめします。

業界を絞らなくても、上記の質問で企業に対する志望度の高さを見分けられます。

内定辞退の可能性ゼロの企業に絞ってエントリーすれば、業界を絞らなくても、効率良く就活を進められますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法②:自己分析で自分の価値観を探る

業界を絞らない就活生必見の、受ける企業を上手に見極める方法2つ目は、「自己分析で自分の価値観を探る」です。

自分なりの就活の軸や、企業選びの基準が見つかっていない人は、まずは自己分析から始めてみましょう。

自己分析で自分の価値観を明らかにすれば、それがそのまま就活の軸や企業選びの基準になるからです。

自分で自己分析をする他にも、ツールを使えば簡単に自己分析ができますよ。

自己分析ツールは無料で利用できて、心理テスト感覚で手軽にできるので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

無料で使える自己分析ツールについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

自己分析ツールが気になる方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法③:就活エージェントに相談してみる

業界を絞らない就活生必見の、受ける企業を上手に見極める方法3つ目は、「就活エージェントに相談してみる」です。

就活エージェントとは、就活を知り尽くしたプロが、就活に関すること全般を支援してくれるサービスです。

面談を通して就活の進め方を一緒に考えたり、意向に合う企業を紹介してくれたりするので、業界を絞らないまま就活をしている人にぴったりですよ。

他にも、就活エージェントではES添削や面接練習などのサポートもしてもらえるので、就活が不安な人は、念のため就活エージェントに登録しておくと心強いです。

おすすめの就活エージェントやサポート内容の詳細については、以下の記事で解説しています。

気になる方は、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

 

まとめ:業界は無理に絞らないでOK!幅広い企業に目を向けて就活を進めよう

この記事の「」はいかがだったでしょうか?

この記事では、業界を絞らないで就活をするメリット・デメリット各3つを紹介します

業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴、業界を絞らないで就活を続けるとどうなるかの体験談、受ける企業を上手に見極める3つの方法について解説していきます。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:業界は無理に絞らないでOK!メリット・デメリットや先輩の体験談紹介

◆業界を絞らない方が良い就活生の3つの特徴

  • 特徴①:業界にこだわりがない人
  • 特徴②:業界を絞ることに少しでも迷いがある人
  • 特徴③:就活の軸が定まっていない人

 

◆業界を絞らないで就活をする3つのメリット

  • メリット①:余計な先入観がない
  • メリット②:たくさんの企業と出会える
  • メリット③:持ち駒の数を増やしやすい

 

◆業界を絞らないで就活をする3つのデメリット

  • デメリット①:優先順位がつけにくい
  • デメリット②:受けたい企業を探しづらい
  • デメリット③:志望度の高さをアピールしにくい

 

◆業界を絞らないで就活を続けるとどうなる?3人の先輩の体験談

  • 体験談①:周りより早く内定が取れた
  • 体験談②:就活期間が長くなりがち
  • 体験談③:50社以上受けて全滅

 

◆業界を絞らない就活生必見!受ける企業を上手に見極める3つの方法

  • 方法①:内定1社の場合に100%入社するかどうかで判断する
  • 方法②:自己分析で自分の価値観を探る
  • 方法③:就活エージェントに相談してみる

 

◆業界は無理に絞らないでOK!幅広い企業に目を向けて就活を進めよう

 

業界を絞らないで就活を進めることは、デメリットばかりでなくメリットもあります。

業界は無理に絞らないで大丈夫!

ぜひ幅広い企業に目を向けて、就活を進めてくださいね。

「就活の教科書」では、自己分析のやり方や、ES対策、面接対策についてもたくさん紹介しています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕