>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【絞れない!】「志望業界」を絞るための行動,就活軸の見直し方も!

この記事で分かる事
  • 就活で業界を絞れていなくても、就活の軸さえ見直せば上手くいく
  • 就活で業界を絞れない時に見直すべき就活軸5つ
  • 就活で業界が絞れない人は情報整理をした方が良い
  • 志望業界を絞るために取るべき行動5つ
  • どうしても業界を絞れない場合は、何業界まで絞ればいいのか

こんにちは、「就活の教科書」編集部のカタです。

この記事では、就活で志望業界が絞れていない就活生に向けて、業界が絞れない原因就活の軸の見直し方を解説していきます。

皆さんは、就活で業界を絞れなくて悩んだりしていませんか。

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生くん

僕は、これからエントリーシートを提出しようと思っているのに、業界を絞れないです。

どの業界も魅力的に見えて志望業界を絞れないです。

就活生ちゃん

自己分析のやり過ぎで逆に、就活の軸がはっきりしなくて業界を絞れなくなりました。

どのような行動を取れば、就活の軸を定めることが出来ますか。

たしかに、就活で志望業界が絞れないのは不安になりますよね。

実は「業界選びのための就活の軸」さえ整理し直せば、行動の基準が定まるので、志望業界を絞りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

そこでこの記事では、就活で志望業界を絞れない就活生に向けて、就活で業界が絞れない原因整理するべき就活の軸について解説していきます。

合わせて、就活で業界を絞れない人がとるべき行動についても解説していきます。

この記事を読めば、就活での業界選びの軸がはっきりして、納得のいく形で業界を選べますよ。

「業界選びの軸がはっきりせず、志望業界が絞れない」「就活の軸を作るために何をすればいいのか分からず悩んでいる」という就活生の方は、ぜひ最後までこの記事を読んでみてくださいね。

志望業界が絞れない原因は「就活軸」が定まっていないから

就活生くん

自己分析や業界分析は出来ているのに、いざ志望業界を絞ろうと思ってもなかなか絞れないです。

そろそろエントリーシート提出なのに業界が絞れないのって、マズイですか?

就活で業界が絞れない就活生の方がいても、焦る必要はありません。

自己分析をもとに、業界選びの軸さえ整理できれば、業界を絞りやすくなりますよ

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生ちゃん

私は、山のように自己分析をし、説明会にもたくさん参加した結果、逆に就活の軸が分からなくなりました

確かに、情報が多くなりすぎると業界選びの軸を見失うこともありますよね。

志望業界を絞れない人は「やりたいこと」「将来のキャリアビジョン」「働く条件」などの就活の軸を設定していきましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

就活で業界が絞れない時の「整理しておくべき就活軸」5つ

就活生くん

就活の志望業界を絞れない場合は、どんな点を意識して就活の軸を整理し直せばいいのか教えてください。

ここでは、見直すべき5つの就活の軸を紹介します。

自分の中での基準が決まれば自然と業界を選べるようになりますよ

「就活の教科書」編集部 カタ

整理するべき就活の軸
  • 軸①:やりたくないこと・避けたいこと
  • 軸②:活かしたい自分の強み
  • 軸③:将来のキャリアビジョン
  • 軸④:働く条件や労働環境
  • 軸⑤:自分が就きたい職種

それぞれの軸について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸①:やりたくないこと・避けたいこと

就活で業界が絞れないときに整理するべき軸の1つ目は、「やりたくないこと・避けたいこと」です。

やりたくない事を決めておけば、選択肢を減らすことができ、業界を絞りやすくなります。

例えば、「転勤は無しがいいからこの業界は選択肢から外そう」のように「これだけは絶対嫌」という基準を持っておくと良いです。

どの業界も魅力的で業界を絞れない人は、ぜひ、「やりたくないこと、避けたいこと」の軸を作ってみましょう。

「やりたい」だけでなく「やりたくないこと」の判断基準を持っておくと業界を絞りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸②:活かしたい自分の強み

就活で業界が絞れないときに整理するべき軸の2つ目は、「活かしたい自分の強み」です。

やりたいことだけでなく、自分の強みを活かせる仕事につくことも、その仕事を好きになるためには必要なので「活かしたい自分の強み」を考えてみましょう。

例えば、「数字分析が得意だから金融」「英語を活かしたいからグローバル企業」のような決め方があります。

就活で業界を絞れない方は、ぜひ、これだけは活かしたい、自信があるという「自分の強み」を考えてみてください。

企業もHPなどを参考にすると、それぞれの業界で有利になる強みなど見えてきますよ。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸③:将来のキャリアビジョン

就活で業界が絞れないときに整理するべき軸の3つ目は、「将来のキャリアビジョン」です。

将来なりたい理想像が決まっていれば、そこから逆算して最初のキャリアとして入るべき業界や企業が分かるはずです。

例えば、「~なスキルや役割を持ちたい」「30歳までに海外で働きたい」「開発事業に携わりたい」などキャリアビジョンを設定しておきましょう。

就活で業界を絞れない方は、キャリアビジョンを作っておきましょう。

就活生くん

キャリアビジョンなんてどうやって作ればいいのか分かりません。

キャリアビジョンを考えるときのポイントを挙げてみます。

ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

キャリアビジョン」ポイント
  • 何歳までに(~30歳までに、10年後までに)
  • どこで(どの会社で、海外で)
  • 給料(年収~円以上)
  • 仕事内容(海外事業、職種、役職)
  • どのように働くか(独立する、フレックスで)

 

軸④:働く条件や労働環境

就活で業界が絞れないときに整理するべき軸の4つ目は、「働く条件や労働環境」です。

給料、労働時間、転勤、福利厚生などは各業界で大きく異なるため、それらの軸も決めておくと業界の選択肢を絞りやすくなります。

例えば、「給料よりも労働時間が少ない事を優先させたい」のように優先事項を挙げてみましょう。

仕事内容だけで業界を絞れないという方は、福利厚生にも目を向けてみることが大切です。

「就活の教科書」には、各業界の年収についての記事があるので興味のある方は、以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

軸⑤:自分が就きたい職種

就活で業界が絞れないときに整理するべき軸の5つ目は、「自分が就きたい職種」です。

なぜなら、業界ではなく、職種(仕事内容)を調べる事で実際に働くイメージが持てるからです。

例えば、業界ではなく、職種で分類すると「営業、マーケティング、財務、法務、生産管理、情報システム」など様々な職種があります。

就きたい職種から行きたい業界を考えてみるのも良いです。

自己分析が足りていなくて、職種を選べないという方も多いのではないでしょうか。

以下に自己分析のやり方についての記事を紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

その他の「整理しておくべき就活軸」

ここまで読んでも就活軸が定まらない就活生の方は、少し別の観点から就活軸を定めましょう。

内定のもらいやすさ、ホワイト度、離職率なども就活軸を定める上では重要な要素です。

それぞれ紹介した記事がありますので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

就活で業界が絞れない人が取るべき行動5つ

就活生ちゃん

就活で業界を絞れない人が整理するべき軸については分かりました。

情報を整理するためには、具体的にどんな行動を取ればいいのですか。

ここでは、情報収集のために就活で業界を絞れない就活生が取るべき行動を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 カタ

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動
  • 行動①:OB訪問をして実際の業界について知る
  • 行動②:業界地図を使い業界を比較する
  • 行動③:就活エージェントを使い、第三者の意見を取り入れる
  • 行動④:友人に自己分析を手伝ってもらい、客観的な意見を取り入れる
  • 行動⑤:説明会やインターンに参加し、業界について企業の方に質問する

業界を絞れない人がまだ取り組んでいなさそうな順番で取るべき行動を挙げてみました。

それぞれの行動について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動①:OB訪問をして実際の業界について知る

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動の1つ目は、「OB訪問をして実際の業界について知る」です。

OB訪問をすると実際の業界の働き方などについて分かるため、OB訪問はオススメです。

面接ではなく、OB訪問なので、「~な仕事はどうしても避けたいです」「キャリアや労働環境はどのような感じですか」など思い切って質問をしてみましょう。

企業のHPや説明会からだけでは分からない業界の魅力や雰囲気が分かるため、ぜひ、OB訪問をしてみましょう。

就活生くん

OB訪問ってどうやって探せばいいですか?

いきなりOBの方に会うのは緊張するなぁ。

OBを探すのには、OB訪問アプリを使うことをオススメします。

OB訪問アプリを使えば、気になる業界のOBも探すことが出来ます。

また、OB訪問でしっかり情報収集するためのコツ守るべきマナーがあります。

OB訪問アプリOB訪問のやり方についての記事をいくつか紹介します。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動②:業界地図を使い業界を比較する

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動の2つ目は、「業界地図を使い業界を比較するです。

業界地図には、ほとんど全ての業界の主要な企業が掲載されています。

業界地図を活用すれば、各業界の大まかな仕事内容今後の動向が分かり、業界選びの方向性を決められます。

就活で業界を絞れない方は、一度、全業界を広く見て、比較をするために、業界地図を使ってみましょう。

比較することで初めて分かることもあります。

就活で業界を絞れない人は、ぜひ、業界地図を使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動③:就活エージェントを使い、第三者の意見を取り入れる

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動の3つ目は、「就活エージェントを使い、第三者の意見を取り入れる」です。

「就活エージェント」とは、専属のキャリアアドバイザーに無料で就活のサポートをしていただけるサービスです。

志望業界を絞る時には、どうしても自分の主観的な考え方に支配されてしまいがちです。

キャリアアドバイザーの方と話すことで、自分の考えを整理でき、就活の軸を見直すことが出来ます。

就活の業界を絞るのに困った時は、業界選びに客観的な視点を取り入れ、業界を絞るために就活エージェントを利用してみましょう。

特にキャリアチケットでは、完全無料で就活のサポートを受けられるのでオススメです。

キャリアアドバイザーの方にサポートしてもらえば、意外にすんなりと就活軸が定まるかもしれませんね。

キャリアチケットについての記事がありますので興味のある方は、ぜひそちらも参考にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部 カタ

キャリアチケットを利用してみたいと思った就活生の方は、こちらから直接、キャリアチケットのページへ移ることが出来ますよ

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動④:友人に自己分析を手伝ってもらい、客観的な意見を取り入れる

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動の4つ目は、「友人に自己分析を手伝ってもらい、客観的な意見を取り入れる」です。

普段あなたを近くで見ている友人からの客観的な意見を取り入れることが出来るので、友人に他己分析を手伝ってもらいましょう。

他己分析とは、他人の視点を取り入れて自己分析をより深めることを言います。

例えば、「~な長所があるし、~な社会人になりたいって言ってたじゃないか」「君は、この業界がいいんじゃないの?」のように客観的な意見を友人からもらうことが出来ます。

就活で業界を絞れない方は、ぜひ、客観的な意見を取り入れるために、友人に自己分析を手伝ってもらいましょう。

もちろん、友人だけでなく、家族やアルバイト先の人にお願いしてみても良いですね。

他己分析の記事も紹介しておくので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

行動⑤:説明会やインターンに参加し、業界について企業の方に質問する

就活で業界を絞れない就活生がとるべき行動の5つ目は、「説明会やインターンに参加し、業界について企業の方に質問する」です。

働き方や職種、制度についてのことは、ネット情報よりも企業の方に直接聞くのがいいです。

例えば、「私は、将来~な働き方をしたいです、御社には、それが達成できるような制度はありますか?」のように具体的に企業の方に質問してみましょう。

説明会やインターンに参加し、その業界や企業について質問する機会を持ちましょう。

自分の求めているものが何なのかはっきりさせた状態で、企業の方に質問しましょう。

普段から気になったことを質問リストにしておくことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

どうしても就活の志望業界を絞れない場合は?

就活生くん

そもそも、就活の志望業界ってどうしても絞らないといけないのですか?

興味のある業界が多いし、選考が本格化するまでは情報が集まりにくいし、、

どうしても業界を絞れないという人は、最初のうちは、無理に絞らなくても大丈夫です。

初めのうちは、志望業界を絞らず、就活を進めながら徐々に絞っていくのもアリです

選考を受けていく中で少しずつ業界を絞り、最終的に多くて3業界くらいまで絞れると良いですね。

以下に業界の絞り方について解説した記事も紹介しておきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

 

まとめ:業界を絞れない人は、就活の軸を整理し直し、納得のいく業界選びをしよう

この【これで安心!】就活の志望業界「絞れない」取るべき行動や絞り方 | 就活軸の見直し方も!の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、就活で業界を絞れない就活生に向けて、就活で業界が絞れない原因整理するべき就活の軸について解説しました。

合わせて、就活で業界を絞れない人がとるべき行動についても解説しました。

最後にこの記事についてまとめておきます。

この記事まとめ

◆就活で業界が絞れないのは「業界選びの軸が定まっていないだけ」

◆就活で業界が絞れないときの『整理しておくべき就活の軸』5つ

  • 軸①:やりたくないこと・避けたいこと
  • 軸②:活かしたい自分の強み
  • 軸③:将来のキャリアビジョン
  • 軸④:働く条件や労働環境
  • 軸⑤:自分が就きたい職種

◆就活で業界が絞れない人が情報整理をするための行動

  • 行動①:OB訪問をして実際の業界について知る
  • 行動②:業界地図を使い業界を比較する
  • 行動③:就活エージェントを使い、第三者の意見を取り入れる
  • 行動④:友人に自己分析を手伝ってもらい、客観的な意見を取り入れる
  • 行動⑤:説明会やインターンに参加し、業界について企業の方に質問する

就活の軸を定めるのは難しい事ですが、軸さえ決まれば後は行動するだけです。

「就活の教科書」には他にも就活の役に立つ記事がたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 カタ