>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】自己PRを一言で伝えて面接官の印象に残る方法 | 作成方法,評価されるコツ

この記事でわかること
  • 「自己PR」一言で面接官の印象に残る回答例3選
  • 「自己PR」で使える一言キャッチコピーの作成方法
  • 「自己PR」一言で評価されるための3つのコツ

皆さんこんにちは。就活の教科書のヤスです。

この記事では、自己PR「一言」について解説します。

就活生の皆さんは、面接で「自己PRを一言でお願いします」と言われて採用担当者が納得するような返答ができる自信はありますか?

「就活の教科書」編集部 ヤス

就活生くん

この間面接で「自己PRを一言でお願いします」と言われたんだけど、上手く答えられなかった・・・

どうすれば、採用担当者の印象に残るような一言を回答できるんだろう?

就活生ちゃん

面接でいきなり「自己PRを一言で話してください」と言われても上手く答えられないと思います。

採用担当者の印象に残るようなキャッチコピーみたいなのがあれば便利なのに・・・

面接で「自己PRを一言で」と急に言われても、答えられないですよね。

僕も以前までは、自己PRについて面接で聞かれた時に焦ってしまって一言で表現できなかった時があります。

しかし、意外と「自己PRを一言でお願いします」と言われることは多いのでしっかりと対策が必要です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

そこで、この記事では「自己PR」をキャッチーに一言で話す方法を解説します。

合わせて、採用担当者の印象に残るためのポイントや、回答例、キャッチコピーの作成方法についても紹介します。

この記事を読めば、「自己PRを一言で答えられずに、そのあとの面接がうまくいかなかった・・・」なんてことを避けられます。

不安を抱えている就活生のみなさんはぜひ一度、この記事を読んでみてください!

 

 

自己PRを一言で表現して面接官を惹きつよう

就活生くん

そもそも自己PRの一言ってそこまで大切なのですか?

正直ありきたりな思いついたキーワードでも良いのかなと思っています。

採用担当者は面接の限られた時間の中であなたを理解しないといけません。

そのため、自己PRを一言で表現して、採用担当者の印象に残るように意識することは非常に大切です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

採用担当者は、面接であなたがどのような人間なのかを理解しようと努力しています。

しかし、面接は時間が短いため、対面した時の第一印象やあなたが発言した一言一言が選考に大きく影響します。

そのため、採用担当者に何を一番伝えたいのかを整理して面接に臨むことが必要です。

自己PRを一言で整理することによって、伝えたいことが明確になり、相手も話が理解しやすくなります。

そして自己PRを一言で表現することができれば、採用担当者の印象に残り惹きつけることが可能です。

就活生くん

確かに面接の時は、自分をアピールしようと意識しすぎて話を詰め込んでしまう時があるなあ・・・

要点を整理して一言で説明するのは自己PRに限らず大切なことなんですね。

ぜひこの記事を読んで採用担当者の印象に残るようなキャッチコピーを作っていきましょう。

それでは、次に回答例を紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

一言で伝える自己PRの回答例

ここでは実際に面接で使える回答例を紹介しています。

自己PRを一言で伝えることにまだイメージが出来ていない方はぜひ参考にしてみてください。

今回紹介する例文は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

一言で伝える自己PRの回答例
  • 回答例①:フッ軽男子
  • 回答例②:計画の鬼
  • 回答例③:潤滑油
それでは、一言で伝える自己PRの回答例をそれぞれ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

回答例①:フッ軽人間

私を一言で表すと「フッ軽人間」です。

とにかく好奇心が高くて、常に新しい価値観や新しい文化に触れられる機会がないかを探しています。

そしてそのためには、どこにでも自ら足を運んでいく行動力があります。

この例文では、「行動力がある」ということを「フッ軽」というキーワードを使ってキャッチーにアレンジしていますね。

自己PRの一言では、普遍的な言葉をいかにキャッチーに変換できるかが大切です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

回答例②:計画の鬼

私を一言で表すと「計画の鬼」です。

私は、目標を立てたあと達成するために必ず計画を練ります。

そして立てた目標は必ず達成するように念密に計画を立てる力があります。

この例文でも、計画力があることを「鬼」というキーワードを使ってキャッチーに変換しています。

採用担当者の印象に残るキーワードを思い出してはメモしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

回答例③:潤滑油男子

私を一言で表すと「潤滑油男子」です。

私は相談役に回ることが多く、チームに所属している一人一人が一番居心地よくいられる環境常に模索してきまいた。

そして裏方に回りチームがより良いパフォーマンスを達成するために動くことがとにかく好きです。

チームが円滑に回るために働きかける自分自身のことを「潤滑油」という表現でまとめています。

あなたが面接官に伝えたい内容は、どのようなものかをイメージして考えることが大切です。

自己PRを伝えるのが苦手だと感じる方は、下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方

就活生くん

自己PRで印象に残る一言やキャッチコピーがどのようなものか理解できました。

しかし、作り方がまだイメージできていません。

わかりました。

それでは、自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方を3つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方
  • 作り方①:自分の強みを見極める
  • 作り方②:言い換え表現を見つける
  • 作り方③:具体的なエピソードを用意する
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

作り方①:自分の強みを見極める

自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方一つ目は、「自分の強みを見極める」です。

自己PRで話す一言やキャッチコピーは、あなた自身の特徴を表す強みを伝えなければなりません。

入社後、あなたがどのように会社に貢献してくれるかを把握するためです。

そのため、自己PRで使える一言を作るためには、自己分析を行って、自分の強みをリストアップしていきましょう。

自身の強みをメモ帳にリストアップしていくことで、今まで見つからなかった新たな発見ができます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

作り方②:言い換え表現を見つける

自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方一つ目は、「言い換え表現を見つける」です。

自己PRを一言で説明して採用担当者の印象に残すためには、キャッチーで且つ独自性のある言葉を選択しなければなりません。

例えば、「前向き」と説明するより「超ポジティブ人間」です、と説明した方が強く印象に残ります。

そのため、自身が伝えたいキーワードがよりキャッチーで独自性のある表現か振り返って確認してみましょう。

採用担当者は何人もの学生を面接しているため、印象に残るよう意識することは非常に大切です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

作り方③:具体的なエピソードを用意する

自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方一つ目は、「具体的なエピソードを用意する」です。

自己PRを一言で説明すると、採用担当者の印象には強く残りますが、根拠がないため信憑性が薄く評価されない可能性があります。

そのため、自己PRでアピールする強みの根拠となるエピソードを具体的に話す準備をしておきましょう。

そして具体的なエピソードを話すときは、深堀の質問が来る前提で対策しておきましょう。

一言で結論から話す分、根拠がどうしても薄くなりがちなので具体的なエピソードを用意しておきましょう。

自己PRは作ったものの、伝えるのが苦手だと感じる方は下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRの一言で評価されるための3つのコツ

就活生ちゃん

自己PRの作成方法がわかりました!

あとは面接に向けて練習するだけですね。

よかったです!

最後に自己PRを一言で伝えてさらに好印象を与えるためのポイントがあるので3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

自己PRで評価されるためのポイント
  • ポイント①:採用するメリットを伝える
  • ポイント②:必ず一つに絞る
  • ポイント③:端的に伝える
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

ポイント①:採用するメリットを伝える

自己PRの一言で評価されるためのポイント1つ目は、「採用するメリットを伝える」です。

自己PRを行うときは、自分自身がどのような人間なのかをアピールするだけでなく、採用担当者に採用するメリットも伝えなければいけません。

例えば、行動力があるということを伝えても、入社した後どのようにその行動力を発揮して貢献していくのかまでを伝えないと意味がありません。

そして企業によって、求めている人物像が違うため、自己PRで伝える強みが企業が求めている人物像と一致しているかを事前に確認しておきましょう。

自己PRや自己紹介など発言する言葉に全て意図を持って回答しましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

ポイント②:必ず一つに絞る

自己PRの一言で評価されるためのポイント2つ目は、「必ず一つに絞る」です。

採用担当者は、一日に数人の就活生と面接を行なっているため、一人一人の内容を全て覚えることは不可能です。

そのため、自分が一番伝えたいアピールポイントを一つに絞って伝えるように意識しましょう。

面接前は、伝えたい内容を盛り込む作業と平行に、削れる言葉はないかを吟味することも必要です。

多くのことを伝えるとかえって一番伝えたい内容が薄れてしまうので要注意です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

ポイント③:端的に伝える

自己PRの一言で評価されるためのポイント3つ目は、「端的に伝える」です。

面接の場では、採用担当者と会話をキャッチボールしながら話すことが大切です。

自己PRや自己紹介で長々と話しすぎると採用担当者は疲れてしまいます。

自己PRで伝えたい一番のアピールポイントを一言で伝えるように意識し、冗長な言葉がないか確認して面接に臨むようにしましょう。

端的に結論から話すだけでも採用担当者には良い印象を与えられます。

ただ面接では「つい緊張しまって端的に話せない!」という方もいると思います。

以下の記事では、緊張を克服する方法を具体的に紹介しています。

ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRの通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:自己PRを一言で表現して面接官に強い印象を残そう!

この記事の、「【例文付き】自己PR一言で伝える!面接官に強い印象を残すためのコツを紹介」は、いかがだったでしょうか。

このページでは、「就活の教科書」編集部のヤスが、「自己PR」をキャッチーに一言で話す方法を解説しました。

合わせて、採用担当者の印象に残るためのポイントや、回答例、キャッチコピーの作成方法についても紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

この記事のまとめ

◆自己PRを一言で表現して面接官を惹きつける

◆一言で伝える自己PRの回答例

  • 回答例①:フッ軽人間
  • 回答例②:計画の鬼
  • 回答例③:潤滑油男子

◆自己PRで使える一言キャッチコピーの作り方

  • 作り方①:自分の強みを見極める
  • 作り方②:言い換え表現を見つける
  • 作り方③:具体的なエピソードを用意する

◆自己PRの一言で評価されるためのポイント

  • ポイント①:採用するメリットを伝える
  • ポイント②:必ず一つに絞る
  • ポイント③:端的に伝える

◆まとめ:自己PRを一言で表現して面接官に強い印象を残そう!

面接で採用担当者に強い印象を与えるためには、自己PRで伝えたい強みを一言でまとめて伝えることが不可欠です。

自分が伝えたい強みを的確に表している表現方法を見つけて面接に臨みましょう!

他にも「就活の教科書」では自己PRに関する就活生の悩みをはじめとする、就活でよくある疑問について解説しています。

ぜひ他の記事も参考にして就活に役立ててみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ヤス