>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】面接で緊張しない対策方法 | 緊張する,しない人の特徴

この記事でわかること
  • 面接で緊張しない人はほとんどいない
  • 面接で緊張しない方法5つ
  • 面接で緊張する人の特徴
  • 面接で緊張しない人の特徴
  • 面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では、「面接で緊張しない方法」について解説していきます。

あなたは就活を進めるなかで「面接で緊張してしまい、自分を伝えることができなかった・・・」と思った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私はすごく「あがり症」で面接では必ずと言ってもいいほど、緊張してしまいます・・・

面接で緊張して頭が真っ白になることもあるので、面接で緊張しない方法を知り、きちんと自分を伝えていきたいです。

就活生くん

僕はこれから就活でたくさんの面接をしていきますが、緊張しないという武器を身に着けたいと考えています。

今から面接で緊張しない人になるためには、何をすればよいのかを教えてほしいです。

確かに、面接って初めて会った人事の方に自分のことについて質問されるので、とても緊張しますよね。

面接ではいくら準備しても、緊張してしまい、実力を発揮できないこともあるくらいです。

でも、大丈夫です!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「面接で緊張しない方法」を解説します。

合わせて、「面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法」「面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと」も解説しています。

この記事を読めば、「面接で緊張してしまい、上手く自分を伝えることができない・・・」なんて悩みや不安を解消できます。

「面接で緊張しない方法」を実践して、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

面接で緊張しない人はほとんどいない

就活生ちゃん

毎回、面接で緊張をしてしまい、自分の想いや考えていたことを伝えることができません。

このままでは、就活を納得して終わることができない気がします。

やっぱり、面接で緊張しない人に比べて、内定をもらえる可能性は低いですよね・・・

そんなことありませんよ。

就活の面接で緊張しない人は、ほとんどいません。

つまり、面接で緊張しないように見えている人は、面接で緊張しない方法を実践しているのです。

なので、あなたの「面接で緊張する」という悩みは、正しい方法で対策をすれば、解決することができますよ。

「就活の教科書」編集部 木村

就活生くん

面接で緊張しているのは、私だけではないのですね。

それでは面接で緊張と上手く向き合う方法を教えてください。

きちんと対策をして、面接に対する自信をつけていきましょう。

それではまず初めに、面接で緊張しない方法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張しない方法5つ

ここでは、少しでもあなたが緊張せずに面接に取り組めるよう、面接で緊張しない方法を解説します。

面接で緊張しない方法は5つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で緊張しない方法5つ
  • 方法①:面接は誰もが緊張するものだと理解する
  • 方法②:面接官は味方であると理解する
  • 方法③:周りの就活生と比較しない
  • 方法④:自己分析やエントリーシートを何度も振り返る
  • 方法⑤:とにかく場数を踏む

それでは1つずつ確認して、面接の緊張をほぐしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法①:面接は誰もが緊張するものだと理解する

面接で緊張しない方法1つ目は、面接は誰もが緊張するものだと理解するということです。

他の就活生も緊張しているということに気が付けば、一気に気持ちが軽くなるからです。

例えば、集団面接のときなどは、客観的に他の人の話を聞いてみましょう。

すると、声が震えていたり、同じことを繰り返し言っていたりすることはよくありますよ。

これらのように、ふと周りを見てみれば緊張している人がたくさんいるので、面接で緊張しているのはあなただけではないということを頭に入れておきましょう。

僕自身もすごく面接は緊張していましたが、面接前に他の人に話しかけたり、友達に電話をしたりして、緊張をほぐしていましたよ。

面接での緊張は、誰もが必ず通る道なので大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法②:面接官は味方であると理解する

面接で緊張しない方法2つ目は、面接官は味方であると理解するということです。

面接官はあなたの良さを引き出そうと質問してくれているからです。

面接官は、定員の関係で落とさなくてはならないから落としているだけで、あなたのあら捜しをしているわけではありません。

面接では面接官が味方としてあなたの良さを引き出そうとしてくれていると把握しておくだけで、少し緊張がほぐれますよ。

面接官を敵だと感じながら面接に挑むと、完璧に質問に答えることにこだわってしまい、結果的にさらに緊張してしまいますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法③:周りの就活生と比較しない

面接で緊張しない方法3つ目は、周りの就活生と比較しないということです。

面接とは自分の良さを伝えることに集中するべきであり、周りの就活生と比較しても意味がないからです。

たとえ面接が集団面接であったとしても、面接官は個人として、話を聞いて、評価をしてくれます。

なので周囲の人が面接で、完璧に答えていようと、緊張しない人であろうと、あなたはあなたらしく自分の良さを伝えるべきです。

そして周りの人と緊張の度合いで差があったとしても、直接的に評価に関わることは少ないので安心してください。

マンガのようですが、僕は集団面接の時に、周囲の就活生をじゃがいもだと思って話していました(笑)

すると少し気が楽になり、面接で緊張しない状態に近づくことができましたよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法④:自己分析やエントリーシートを何度も振り返る

面接で緊張しない方法4つ目は、自己分析やエントリーシートを何度も振り返るということです。

頭の中を整理できており、伝えることが明確であれば、安心して面接に臨むことができるからです。

そのためには、自己分析やエントリーシートの軸を面接前に確認して、ブラさず話を進めることを心がけてください。

しかし、自己分析の結果やエントリーシートの内容を覚えようとしてしまうと、かえって記憶通りに言うことに集中してしまい、緊張してしまうことがあるので注意が必要です。

面接で緊張しないためには、自己分析やエントリーシートを何度も振り返り、覚えるではなく、軸を固めて、ブラさないということを意識しましょう。

自己分析やエントリーシートを深堀りすればするほど、自分の軸が明確になり、面接の質問に答えることが簡単になりますよ。

自己分析・エントリーシートについてもっと知りたい人は、やり方や無料の診断ツールおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

方法⑤:とにかく場数を踏む

面接で緊張しない方法5つ目は、とにかく場数を踏むということです。

過去の面接経験や練習回数と面接での緊張は反比例の関係だからです。

始めての面接や初めての最終面接だと、とにかく緊張しますよね。

しかし、何度も練習を重ねていたり、ベンチャー企業や中小企業での面接経験があれば、面接慣れをしているので、面接で緊張しない状態を作り出せるのです。

なので、面接で緊張しないためには、とにかく場数を踏み、面接経験を増やすことから始めていきましょう。

私も10回目の面接ぐらいから、少しずつ要領を掴み、緊張もしなくなっていきましたよ。

就活の面接で緊張を抑える方法をもっと知りたい人は、緊張を抑える方法11選が分かりますので、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生ちゃん

面接で緊張しない方法や工夫はたくさんあるのですね。

でも実際に面接で緊張してしまい、頭が真っ白になってしまった場合は、どうしたらいいですか?

いくら面接の準備や工夫をしても、緊張してしまい頭が真っ白になってしまうこともありますよね。

それでは次に、面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法2つ

ここでは実際の面接中に、緊張でどうしようもなくなった時の上手くやり過ごすために、面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法を解説します。

面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法は2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法2つ
  • 対処法①:緊張していることを面接官に打ち明ける
  • 対処法②:質問内容を繰り返し、整理しながら時間を稼ぐ

それでは1つずつ確認して、面接で緊張した時に備えた準備をしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

対処法①:緊張していることを面接官に打ち明ける

面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法1つ目は、緊張していることを面接官に打ち明けるということです。

面接官自身も「就活生は緊張している」ということを当たり前だと考えているので、助け舟を渡してくれるからです。

例えば、緊張で何を話しているか分からなくなってしまったときの場合です。

就活生ちゃん

申し訳ございませんが、緊張で何を言っているのかが分からなくなりました。

可能であれば、もう一度、初めから話してもよろしいでしょうか。

正直に緊張していることを伝えると、面接官も緊張している就活生を受け入れてくれるので、考える時間や整理する時間をくれるでしょう。

面接で緊張して頭が真っ白になった時は、緊張していることを面接官に打ち明けてみてくださいね。

自分と相手に素直になって、面接官をより味方にすることを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

対処法②:質問内容を繰り返し、整理しながら時間を稼ぐ

面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法2つ目は、質問内容を繰り返し、整理しながら時間を稼ぐということです。

面接官からの質問をオウム返しして繰り返すことで、自分の頭で質問内容を整理できるとともに、考える時間を稼ぐことができるからです。

質問をオウム返しにすることは、面接官にとっても違和感はないですし、回答内容を考えることもできるのでおすすめですよ。

面接で緊張して頭が真っ白になってしまった時でも、このような上手く乗り越える秘訣を抑えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

面接で緊張しないことを意識しながら、頭が真っ白になってしまったときには対処法を参考にしていきます。

そもそも、面接で緊張する人と緊張しない人の違いは何ですか?

面接で緊張する人と緊張しない人の特徴を把握していれば、あなたも面接で緊張しない人になれるかもしれないですね。

それではまず、面接で緊張する人の特徴を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張する人の特徴3つ

ここでは、あなたが面接で緊張しない人になるためのヒントである面接で緊張する人の特徴を解説します。

面接で緊張する人の特徴は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で緊張する人の特徴3つ
  • 特徴①:面接経験が少ない
  • 特徴②:完璧を求められていると思っている
  • 特徴③:面接を他の就活生との勝負だと考えている

それでは1つずつ確認して、あなたが面接で緊張しない人になるヒントを得ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:面接経験が少ない

面接で緊張する人の特徴1つ目は、面接経験が少ないということです。

新鮮な経験をする方が、どんな未来が待っているか分からないので緊張してしまうからです。

例えば、初めて飛行機に乗った時にドキドキと緊張した経験はありませんか。

しかし、5回、10回と回数を重ねていくうちに、飛行機という乗り物に慣れ、緊張はしなくなりますよね。

面接も同じで、経験が多ければ多いほど慣れていき、必然的に面接で緊張しないということになります。

よって、面接経験が少ないということが面接で緊張する人の特徴になるのです。

まだ経験が浅い時の面接は誰でも緊張してしまうので、とにかく最初は面接の量をこなしていき、面接慣れすることを意識しましょう。

面接練習をしたい人は、おすすめの面接練習の方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:完璧を求められていると思っている

面接で緊張する人の特徴2つ目は、完璧を求められていると思っているということです。

面接において完璧を目指せば目指すほど理想が高くなり、緊張してしまうからです。

面接というものは、質問に対して完璧に答えなくても、自分の言葉で想いを伝えることができれば、正当な評価がされます。

回答の完璧さよりも、表情、雰囲気、言葉遣い、自信などの方を重視している面接官もたくさんいます。

そのため、完璧を求められていると思い、面接で緊張している人がいるならば、もう一度自分の面接でのスタイルを考え直してみましょう。

実際、完璧な回答ではないが、きちんと面接官に伝わるように一生懸命に伝えると面接で横隔するというケースはめずらしくありません。

完璧になる必要はないと理解し、少し肩の力を抜いて面接に取り組んでいきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:面接を他の就活生との勝負だと考えている

面接で緊張する人の特徴3つ目は、面接を他の就活生との勝負だと考えているということです。

他の就活生を意識すればするほど、緊張してしまうからです。

面接では、他の人よりも上手く話せたり、緊張しなかったから受けるというわけではありません。

面接官が企業とのマッチ度、人間性を評価されたうえで、一緒に働きたいと思った人が受かるのです。

面接の中での勝負は、他の就活生ではなく、自分自身だということを理解しておきましょう。

特に他の就活生を意識してしまうのは、集団面接ですね。

集団面接についてもっと知りたい人は、集団面接のマナーやコツが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

次に、面接で緊張しない人の特徴も見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張しない人の特徴3つ

ここでは、あなたが面接で緊張しない人になるために、面接で緊張しない人の特徴を解説します。

面接で緊張しない人の特徴は3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で緊張しない人の特徴3つ
  • 特徴①:自分を客観的に見ることができる
  • 特徴②:自分について伝えるということを普段から行っている
  • 特徴③:たくさんの面接経験がある

それでは1つずつ確認して、あなたが面接で緊張しない人になるヒントを得ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴①:自分を客観的に見ることができる

面接で緊張しない人の特徴1つ目は、自分を客観的に見ることができるということです。

少し遠くの位置から、面接をしている自分を俯瞰して見ることで気持ちが楽になり、緊張しにくくなるからです。

例えば、面接中に「緊張している自分」を楽しんで見たり、面接官が「緊張している自分」のことをどのように思っているかを考えてみてください。

すると、少し冷静になり、楽な気持ちで面接をすることができます。

このように面接で緊張しない人の特徴として、自分を客観的に見ているという共通点があります。

自分を客観的に見ることに余裕が出てきたら、面接官や他の就活生のことも客観的に見てみましょう。

すると、面接官の求めている回答や他の就活生から学ぶことなどを感じることができますよ。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴②:自分について伝えるということを普段から行っている

面接で緊張しない人の特徴2つ目は、自分について伝えるということを普段から行っているということです。

どのように伝えると、相手に魅力的に伝わるかを把握しており、いつも通りすれば良いから緊張しないのです。

具体的には、普段から「自己紹介・プレゼン・人前で話す機会」が多い人などです。

なので、就活とは直接的に関係がなくても、自分を伝える練習をしていると、面接で緊張しないようになる練習にもなるのです。

僕が実際に行った練習としては、「一言自己紹介」「30秒自己紹介」「1分自己紹介」という風に、自分を伝えるパターンをいくつか考えて、初対面の人にでも伝わる自己紹介というものを作っていきました。

自己紹介についてもっと知りたい人は、1分自己紹介のやり方や例文が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

特徴③:たくさんの面接経験がある

面接で緊張しない人の特徴3つ目は、たくさんの面接経験があるということです。

「いつも通り面接をすれば良い」という考え方になり緊張しないからです。

特に多種多様な面接経験があれば、どんなパターンが来ても、対応できるようになるため緊張しません。

もし面接経験を増やしたいと考えている人は、様々なパターンの面接を経験することを心がけましょう。

また面接質問の回答を考えれば考えるほど、自己分析も進み、面接でも緊張しないようになります。

もっと面接対策をしたい人は、よくある面接質問100選が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

就活生くん

やはり面接で緊張しない人には特徴があるのですね。

僕も面接で緊張しない人になりたいのですが、具体的には何をすれば良いですかね。

確かに、面接で緊張しない人になれたら、今後の面接も上手く乗り越えられそうですよね。

それでは最後に、面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきことについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと3つ

ここでは、あなたが面接で緊張しない人になるために、面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきことを解説します。

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきことは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと3つ
  • すべきこと①:OB訪問をする
  • すべきこと②:模擬面接をする
  • すべきこと③:就活エージェントに利用する

それでは1つずつ確認して、面接で緊張しない人になっていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村

 

すべきこと①:OB訪問をする

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと1つ目は、OB訪問をするということです。

OB訪問で社会人の方と話す機会が増えると、大人慣れし、面接で緊張しないようになるからです。

OB訪問が難しい場合などでは、バイトで積極的に社会人の方と交流するなどしても良いでしょう。

また、OB訪問をした際には、必ず、自分のことをどのように感じられたかのフィードバックをもらうようにしましょお。

OB訪問についてもっと知りたい人は、OB訪問のやり方やマッチングアプリのおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

すべきこと②:模擬面接をする

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと2つ目は、模擬面接をするということです。

数多くの場数を踏めば、自然と面接でも緊張しなくなるからです。

もし最初から対面での模擬面接がしんどい場合は、「マイナビ模擬面接シュミレーター」を利用することがおすすめです。

マイナビ模擬面接シュミレーターは、株式会社マイナビが提供する就活サービスで、AIによって約1000通りの模擬面接ができます。

このようにAIを使ったり、友達・先輩などにも協力してもらい、模擬面接をすることで面接で緊張しないように対策していきましょう。

模擬面接をやりたいと思った人は、模擬面接が無料でできる方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

すべきこと③:就活エージェントに利用する

面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと3つ目は、就活エージェントに利用するということです。

就活エージェントは就活全般のことについてサポートしてくれ、面接対策も手厚くしてくれるからです。

模擬面接もしてくれるし、面接で緊張しない方法も教えてくれるでしょう。

面接で緊張する以外にも就活において不安を抱えている人は、ぜひ就活エージェントを利用してみてくださいね。

就活エージェントについてもっと知りたいと思った人は、おすすめの就活エージェントが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接で緊張を抑える方法についてもっと知りたい人は、面接のステップごとにすべき準備が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:対策をすれば面接で緊張しないようになれる

「【内定者が教える】面接で緊張しない方法 | 緊張する人,緊張しない人の特徴,対策も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「面接で緊張しない方法」を解説しました。

合わせて、「面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法」「面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆面接で緊張しない人はほとんどいない

◆面接で緊張しない方法5つ

  • 方法①:面接は誰もが緊張するものだと理解する
  • 方法②:面接官は味方であると理解する
  • 方法③:周りの就活生と比較しない
  • 方法④:自己分析やエントリーシートを何度も振り返る
  • 方法⑤:とにかく場数を踏む

◆面接で緊張して頭が真っ白になった時の対処法2つ

  • 対処法①:緊張していることを面接官に打ち明ける
  • 対処法②:質問内容を繰り返し、整理しながら時間を稼ぐ

◆面接で緊張する人の特徴3つ

  • 特徴①:面接経験が少ない
  • 特徴②:完璧を求められていると思っている
  • 特徴③:面接を他の就活生との勝負だと考えている

◆面接で緊張しない人の特徴3つ

  • 特徴①:自分を客観的に見ることができる
  • 特徴②:自分について伝えるということを普段から行っている
  • 特徴③:たくさんの面接経験がある

◆面接で緊張しない人になるために今すぐにするべきこと3つ

  • すべきこと①:OB訪問をする
  • すべきこと②:模擬面接をする
  • すべきこと③:就活エージェントに利用する

◆まとめ:対策をすれば面接で緊張しないようになれる

対策をすれば、面接で緊張しないようになることができるということが分かりました。

模擬面接やOB訪問などでたくさんの場数を踏んで、面接で緊張しない方法を実践していきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村