>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】合同選考会おすすめ3選 | デメリット,特徴も

【内定者が教える】合同選考会おすすめ3選 _ デメリット,特徴も

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就職活動をしていると、合同説明会ではなく、「合同選考会」を聞いたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

合同説明会しか聞いたことがありません。
合同選考会ってなんですか?詳しく知りたいです。

就活生ちゃん

21卒の友達が、合同選考会に参加したと言っていました。
合同選考会に参加するとどんなメリットがあるか知りたいです。

合同選考会はあまり知名度が高くないこともあり、どんなものかわかりませんよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこでこの記事では、本当におすすめできる合同選考会3選を紹介します。

合わせて、そもそも合同選考会とは何なのか参加するメリット/デメリットも解説します。

この記事を読めば、「合同選考会って何?参加すべきなのかな?」と悩むこともなくなります。

合同選考会について気になっている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

そもそも合同選考会とは

就活生くん

「合同選考会」って言葉は聞いたことがあるぐらいで、詳しく知りません。
そもそも、合同選考会ってなんですか?

合同選考会ってあまり耳馴染みがなく、どんなものなのか、あまりわからないですよね。
そこで初めに、合同選考会について簡単におさらいします。

「就活の教科書」編集部 堀本

合同選考会とは、4~8社ほどの企業が企業説明した後に、そのまま選考を受けられる就活イベントです。

合同説明会とは異なり、選考まで受けられます。

合同説明会みたいに説明を聞いて終わるだけではなくて、選考まで受けられるのは、魅力的です。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

合同選考会おすすめ3選

就活生くん

合同選考会に参加してみたいですが、どれが評判良いのかわかりません。
おすすめの合同選考会を教えてください!

「就活の教科書」編集部の僕が調べた、合同選考会おすすめは次の3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

合同選考会おすすめ3選
  • おすすめ①:ミーツカンパニー(MeetsCompany)
  • おすすめ②:ジョブトライアウト(Job Tryout)
  • おすすめ③:逆求人フェスティバル

それでは、合同選考会おすすめ3選をそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

おすすめ①:ミーツカンパニー(MeetsCompany)

本当におすすめできる合同選考会1つ目は、ミーツカンパニーです。

ミーツカンパニーは、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式の選考で、業界大手の企業やトップベンチャー企業が1日最大8社参加します。

またプロのリクルーターが専属でついてくれるため、企業の選考も安心して受けられます。

ミーツカンパニーは開催数、利用者ともにNo.1の就活イベントです。
厳選された優良企業8社の役員クラスの方と、カジュアルにお話できますよ。
就活生は無料で参加できるので、ぜひ参加してみてください!

「就活の教科書」編集長 岡本

\ イベント参加者の96%が満足!! /

meets company(ミーツカンパニー)

* 登録無料、1分で参加できます

 

Meets Companyの評判については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

 

おすすめ②:ジョブトライアウト(Job Tryout)

本当におすすめできる合同選考会2つ目は、「ジョブトライアウト」です。

ジョブトライアウトは、難解なグループワークに挑戦する合同選考会イベントで、ビジネスゲームを通じて人事からのフィードバックが得られます。

成績上位者には、特別選考権、役員・人事部長面接権、ランチ招待権、1次選考スキップ権等を付与されるのが特徴です。

またワーク後の座談会では、かなり近い距離で人事と話せるので、業界や仕事について深く知ることができます。

ワークの評価次第では、最大6社同時に選考が受けられるのも、ジョブトライアウトに参加するメリットです。

「就活の教科書」編集長 岡本

>> ジョブトライアウトを見てみる

 

ジョブトライアウトの評判については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ③:逆求人フェスティバル

本当におすすめできる合同選考会3つ目は、「逆求人フェスティバル」です。

逆求人フェスティバルは、経営者・採用担当者と面談し、企業から”スカウト”される就活イベントです。

企業の方と1対1で話せるため、聞きたいことを気軽に聞ける環境になっています。

またイベント後1週間以内に、面接した経営者・担当者から、あなたのPR内容についてのフィードバック(G-value)が届くため、その後の面接にも活かせます。

エンジニア志望学生専用の面談や理系学生専用の面談など、数多くの種類の面談が開催されています。

「就活の教科書」編集長 岡本

>> 逆求人フェスティバル を見てみる

 

逆求人フェスティバルの評判については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

合同選考会に参加するデメリット3つ

就活生ちゃん

合同選考会はどのようなものかわかったのですが、参加するデメリットは、どのようなものがありますか?
メリットよりもまずは、デメリットについて把握しておきたいです。

合同選考会に参加するデメリットは、こちらの3つです。

合同選考会に参加するデメリット3つ
  • デメリット①:選考に進みたいと思える企業がないケースもある
  • デメリット②:参加企業から選考に進むように勧められることがある
  • デメリット③:超有名企業が参加することは少ない
それでは、合同選考会に参加するデメリットについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

デメリット①:選考に進みたいと思える企業がないケースもある

合同選考会に参加するデメリット1つ目は、選考に進みたいと思える企業がないケースもあることです。

就活生くん

初めて合同選考会に参加してみたものの、合同選考会に来ていた企業には魅力を感じませんでした。
参加しても意味がなかったです。
参加した合同選考会の4社中4社ともに、自分が行きたいと思わないなんてこともありますね。
しかし、複数の企業が来るイベントのため、魅力を感じない企業がしかないのは稀なケースです。

「就活の教科書」編集部 堀本

もしも、志望しない企業があっても「なぜ志望しないのか」を言語化してメモに残すようにしましょう。

魅力を感じない企業のポイントをまとめたメモを見返すと、自分の企業選びの軸が磨かれていきます。

 

デメリット②:参加企業から選考に進むように勧められることがある

合同選考会に参加するデメリット2つ目は、参加企業から選考に進むように勧められることがあることです。

就活生くん

この前、合同選考会に参加したけど、特に興味のない企業がからかなりしつこめに選考に参加しないか誘われたな。
断れなくて申し込んでしまった。
参加している企業が選考に進むことを強く勧めてくることもあります。
興味がない企業の場合は、きっぱり断りましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

強く企業が選考に誘ってくるのは、合同選考会に限ったことではありません。

合同説明会でも、選考に進むように言ってくる企業はあります。

とりあえず内定を確保しておきたい就活生は受けてみてもいいですが、全く興味のない企業を受ける必要は無いので、うまく断りましょう。

 

デメリット③:超有名企業が参加することは少ない

合同選考会に参加するデメリット3つ目は、超有名企業が参加することは少ないことです。

就活生ちゃん

今度参加する合同選考会の参加企業をちらっと見てみたけど、知ってる会社があんまり無かった。
でも申し込んじゃったし、とりあえず行ってみるべきかな。

知らない企業に出会えるのは大きなメリットですが、超大手企業は参加しないことが多いです。

「就活の教科書」編集部 堀本

超大手企業であれば、合同選考会のイベントをしなくても就活生は選考を受けてくれます。

そのため、合同選考会には超大手企業が参加することは少ないです。

 

合同選考会に参加するメリット4つ

就活生くん

合同選考会にも、いろいろなデメリットがあるんですね…。
それ以上のメリットがあれば合同選考会に参加してみたいです!

デメリットだけを見て判断するのではなく、メリットもちゃんと知った上で参加するか判断してください。

合同選考会に参加するメリットは、こちらの4つです。

合同選考会に参加するメリット4つ
  • メリット①:一度に複数の企業の面接&情報収集ができる
  • メリット②:面接の出来次第で特別選考ルートに進める
  • メリット③:面接官からのフィードバックがもらえる
  • メリット④:座談会もあり、企業についての理解を深められる
それでは、合同選考会に参加するメリットについて、それぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット①:一度に複数の企業の面接&情報収集ができる

合同選考会に参加するメリット1つ目は、一度に複数の企業の面接と情報収集ができることです。

就活生ちゃん

一度に複数の企業の説明が聞ける上に、面接まで面接まで受けられるなんてとても効率が良いですね。
説明を聞いて、家に帰って、また選考を受ける手続きをする手間が省けるのは忙しい就活生にとってありがたいです。

複数の企業の話を聞けると、業界研究にも役立ちますし、複数の面接を受けることで面接の練習にもなります。

「就活の教科書」編集部 堀本

説明を聞いて志望度が高まった企業に関しては、メモをしっかり取って面接では受け答えに困らないようにしましょう。

しかし、複数企業のプレゼンを聞いてから、複数企業の面接を受けるとなると、疲れてしまうことにも注意すべきです。

 

メリット②:面接の出来次第で特別選考ルートに進める

合同選考会に参加するメリット2つ目は、面接の出来次第で特別選考ルートに進めることです。

就活生くん

合同選考会に参加したら、後日メールで「一次面接パス」という趣旨のメールが来ました。
嬉しくて舞い上がっちゃいました。
合同選考会で面接をした企業が「この就活生は優秀で、うちの企業と相性が良さそうだな。」と判断した場合は特別選考ルートで選考に進めます。
合同選考会へ参加するなら、特別ルートをもらえるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット③:面接官からのフィードバックがもらえる

合同選考会に参加するメリット3つ目は、面接官からのフィードバックがもらえることです。

就活生ちゃん

普通の企業の選考を受けても、フィードバックがもらえないけど、合同選考会ではもらえるのでありがたいです。
どこを改善すべきか、客観的なアドバイスがもらえるので自分の悪いところを修正できそうです。
合同選考会で面接をすると、フィードバックまでもらえるのは就活生にとって嬉しいですよね。
今後の就活にも役立ちますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット④:座談会もあり、企業についての理解を深められる

合同選考会に参加するメリット4つ目は、座談会で企業についての理解を深められることです。

就活生くん

合同選考会では、イベントの最後に企業の方との座談会が設けられていて、気になる企業については詳しく知れました。
合同説明会に行っても、社員の方に直接質問できるタイミングはないので、合同選考会に参加してよかったです。

座談会でいろいろな企業の社員の方に質問できる機会は貴重です。

合同選考会では1社あたりの説明はそこまで長くないため、質問内容は座談会までに考えておきましょう。

合同選考会のデメリット・メリットについて知れましたが、「私は参加すべきなのかな?」と思っている就活生もいると思います。
次に合同選考会に参加すべき就活生の特徴について紹介します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

合同選考会に参加すべき就活生の特徴3つ

就活生ちゃん

合同選考会に参加するデメリット・メリットについてはわかりました。
「特にこんな就活生は参加すべき」というような就活生の特徴はありますか?
合同選考会に参加すべき就活生の特徴は、こちらの3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

合同選考会に参加すべき就活生の特徴3つ

特徴①:まだ就活を始めたばかりの就活生

特徴②:業界を幅広く知りたい就活生

特徴③:とにかく内定が欲しい就活生

上記の合同選考会に参加すべき就活生の特徴3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴①:まだ就活を始めたばかりの就活生

合同選考会に参加すべき就活生の特徴1つ目は、就活を始めたばかりの就活生です。

就活生くん

就活を始めたばかりで、右も左もわかりません。
それでも合同選考会に参加して大丈夫でしょうか?
合同選考会は、企業の説明が聞けて業界などについて分かる上、選考まで受けられます。
就活を始めたての人にとっては、選考会はどのようなものか、面接がどのようなものかを知る良い機会になると思います。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴②:業界を幅広く知りたい就活生

合同選考会に参加すべき就活生の特徴2つ目は、業界を幅広く知りたい就活生です。

就活生ちゃん

私は、就活を進めていく中で特に業界を絞っていないので、いろんな業界をもっと知りたいです。
合同選考会に参加すると、複数の企業が来ているため、一度にいろいろな業界を知ることができます。
合同説明会に行くよりも、合同選考会では選考も実施されるため、より詳しく業界について知れます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴③:とにかく内定が欲しい就活生

合同選考会に参加すべき就活生の特徴3つ目は、とにかく内定が欲しい就活生です。

就活生くん

僕は就活をしていてまだ内定をもらったことがありません。
早めに内定をもらって気が楽になりたいです。
合同選考会に参加すると、内定がその場で出ることはありませんが、内定に近付くことはできます。
内定を持っていると、志望度の髙い企業の選考を受ける際にも自信を持って挑めますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活では、内定をとりあえず持っておくことは大事です。

内定が無いまま大企業などの人気企業を受けるとき「受からなければどうしよう…。」と精神的にきつくなります

それほど志望度の髙くない企業でも、合同選考会では内定をもらう気で受けて、内定を獲得しましょう。

 

まとめ:就活生は合同選考会に一度は参加してみるべき

いかがでしたか。

今回の記事では、合同選考会とは何か、合同選考会に参加するデメリット・メリットについて解説しました。

さらに、合同選考会に参加すべき就活生の特徴についてもまとめました。

それでは、今回の記事の内容をおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

今回の記事のまとめ

合同選考会に参加するデメリット3つ

  • デメリット①:選考に進みたいと思える企業がないケースもある
  • デメリット②:参加企業から選考に進むように勧められることがある
  • デメリット③:超有名企業の参加することは少ない

合同選考会に参加するメリット4つ

  • メリット①:一度に複数の企業の面接&情報収集ができる
  • メリット②:面接の出来次第で特別選考ルートに進める
  • メリット③:面接官からのフィードバックがもらえる
  • メリット④:座談会もあり、企業についての理解を深められる

合同選考会に参加すべき就活生の特徴3つ

  • 参加すべき就活生の特徴①:まだ就活を始めたばかりの就活生
  • 参加すべき就活生の特徴②:業界を幅広く知りたい就活生
  • 参加すべき就活生の特徴③:とにかく内定が欲しい就活生

就活ではいろんなイベントがありますが、その中でも合同選考会は「企業の説明を聞けるし、内定に近付く可能性もある」画期的なイベントです。

就活を始めたての就活生も、就活をしていてまだ内定を持っていない就活生も、一度は合同選考会に参加してみるべきです。

就活は「まずは動くこと」が大事になってくるので、とにかく色んなイベントに参加するなり、社会人に会うなり行動し続けましょう。

就活生のみなさんの就活がうまくいくことを、心より願っています!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
当サイト、「就活の教科書」では他にも就活に役立つ記事がたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本