>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【理解できてる?】自己分析で就活の価値観を見つける方法5選 | 価値観の例や裏技も

この記事を読めばわかること
  • 自分の価値観は企業選びの軸になるため重要
  • 自己分析で見つけられる価値観の例多数
  • 就活の価値観を見つける方法は、できる限り好きなことを書き出す
  • 自己分析をしても自分の価値観がわからないときの裏技3つ

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の小渕です。

この記事では、自己分析で就活の価値観を見つける方法や価値観の例について解説していきます。

就活生のみなさんは、どんな価値観を持って業界選びや企業選びをしていますか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

とりあえず、みんなが名前を知ってる大きな会社にたくさんエントリーしています!

先輩からは「大手ばかりでなく、ちゃんと自己分析して自分の価値観と合う会社も探した方が良いよ」と言われるんですけど、大きい会社の方が安定してそうだし、もし内定をもらえたらかっこよくないですか?

わざわざ自己分析で価値観を見つける意味って本当にあるんですかね。

就活生ちゃん

私はまだ自分の就活の軸が見つからなくて、業界選びや企業選びで迷っているんです。

自分なりに自己分析はしているんですが、見つかった価値観が合っているのかどうか自信が持てなくて…。

みんなはどんな方法で自己分析をしているんでしょうか。

自分の価値観とマッチする会社にエントリーした方が就活もスムーズに進みやすいですし、就職した後も会社との価値観の違いに悩むリスクが少なくて済みますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

そこでこの記事では、自己分析で自分の価値観を探すのが重要な理由3つ、自己分析で自分の価値観を見つける5つの具体的方法、自己分析で見つかる価値観の例5つについて書いています。

また、自己分析で価値観が定まらないときの対処法3選についても合わせてお伝えします。

この記事を読めば、自己分析をする意味や具体的な方法がわからない方も、自己分析で自分の価値観を見つける重要性と具体的な方法について理解できます。

最終的には企業選びの軸が決まり、自分にマッチした業界・企業を見つけることができるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

自分の価値観が見つけられる自己分析の方法5選

就活生くん

就活を始めて「自己分析が大事」とは良く聞きますが、正しいやり方がよくわかりません。

自分の価値観を見つけるには、具体的にはどのような方法で自己分析を行えばいいでしょうか?

自己分析には色々なやり方があるので、自分が取り組みやすい方法から始めてみてください。

自分の価値観を見つけるためにおすすめな自己分析の方法は5つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

自分の価値観が見つけられる自己分析の方法5選
  • 方法①:過去の経験・エピソードを振り返る
  • 方法②:大切にしていること・好きなことを書き出す
  • 方法③:周りの人に「自分はどんな人か」聞く
  • 方法④:自分史を作成する
  • 方法⑤:モチベーショングラフを作成する

5つの自己分析の方法について、詳しく説明していきます。

読んでみて「やりやすそう」と感じた方法からで構いませんので、ぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法①:過去の経験・エピソードを振り返る

自分の価値観を見つける自己分析の方法の1つ目は「過去の経験・エピソードを振り返る」です。

過去の経験やエピソードを振り返り、「なぜそれをしたのか」と自分に問いかけて深掘りしていくと、複数の経験やエピソードで共通する思考や行動が見えてきます。

過去の経験・エピソードを思いつく限り書き出し、「なぜ」の問いかけを繰り返して深掘りしていきましょう。

「なぜ」の問いかけの例は以下の通りです。

過去の経験・エピソードを深掘りする質問の例
  • 質問例①:なぜやろうと思ったのか?
  • 質問例②:なぜ続けられたのか、頑張れたのか?
  • 質問例③:何か問題点はなかったか。問題点を解決するために取った行動と、その理由は?
  • 質問例④:得たこと、学んだこと、感じたことは何か。なぜそう感じたのか?

「中学時代」「高校時代」「大学時代」にわけて過去を振り返ると、たくさんの経験やエピソードを思い出せますよ。

過去の経験・エピソードから見つかる価値観は、自分がもともと持っている潜在的な価値観なので、比較的変化しづらいと言えます。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

「なぜそれをしたのか」、今まで深く考えたことがなかったです。

過去の経験やエピソードに至る行動の動機は、無意識な分、自分の価値観をそのまま反映しているんですね。

 

方法②:大切にしていること・好きなことを書き出す

自分の価値観を見つける自己分析の方法の2つ目は「大切にしていること・好きなことを書き出す」です。

大切にしていることや好きなことは、自分が重要視していることであり、自分がどんなことに価値を感じるのかの現れです。

ささいなことでも良いので、大切にしていることや好きなことをどんどん書き出していきましょう。

「なぜ大切なのか」「なぜ好きなのか」についても、深掘りして考えると、よりはっきりとした自分の価値観が見えてくるはずです。

大切にしていることや好きなことから見つかる価値観は、自分が現在進行形で持っている価値観です。

周りの環境の変化や、自分の成長によって変化していきやすい価値観ですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

確かに、大切にしていることや好きなことは、そのときどきで変わっていきますね。

 

方法③:周りの人に「自分はどんな人か」聞く

自分の価値観を見つける自己分析の方法の3つ目は「周りの人に自分はどんな人か聞く」です。

いわゆる「他己分析」というものです。

自分で認識している「自分」と他人が認識している「自分」では、まったく違っているということは珍しくありません。

友達や先輩、後輩、両親など、いろいろな人に「自分はどんな人か」聞いてみましょう。

他己分析をしてみると、自分では思い浮かばなかった価値観が見つかる可能性があります。

就活生くん

聞く相手の立場によっても、違う答えが返ってきそうですよね。

他己分析、面白そうだしやってみたいです!

私は同じ大学の就活をしている友達と集まって、お互いに他己分析をすることがありました。

自分では思いつかなかった意見をもらえて、とても参考になりましたよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法④:自分史を作成する

自分の価値観を見つける自己分析の方法の4つ目は「自分史の作成する」です。

自分史とは「自分の歴史」のことで、もっと詳しく言うと「小学校時代から大学時代まで経験してきた出来事を年表のようにまとめたもの」のことです。

手間はかかりますが、自分史を作ることで詳細に過去の経験・エピソードを振り返ることができるので、自分の価値観についてより追求することができます。

自分史の作り方が知りたい人は、以下の記事で解説していますよ。

内定者が就活生目線で自分史の作り方を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

方法⑤:モチベーショングラフを作成する

自分の価値観を見つける自己分析の方法の5つ目は「モチベーショングラフを作成する」です。

モチベーショングラフとは、生まれたときから現在までを振り返り、モチベーションの上げ下げをグラフで表現したもののことです。

モチベーショングラフを作成することで、自分のモチベーションの源泉が何かを理解することができます。

自分のモチベーションの源泉を理解することは、自分の価値観を知ることに直結するのです。

モチベーショングラフ作ってみたいという方は、以下の記事でモチベーショングラフを簡単に作成できる方法を解説しています。

内定者のモチベーショングラフもかなり参考になるので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

自己分析で見つかる価値観の例5つ

就活生くん

自分の価値観を見つけるための自己分析の具体的な方法について、よくわかりました。

自己分析のやり方はひとつではないのですね。

就活生ちゃん

私は自分なりに自己分析をしてみて、「これが自分の価値観かな?」というものはいくつか見つけました。

でも合っているかどうかあまり自信がないので、自己分析で見つかる自分の価値観には、例えばどんなものがあるのか教えて欲しいです。

確かに自己分析でどんな価値観が見つかるのか、例があった方がイメージしやすいですよね。

それでは自己分析で見つかる自分の価値観の例を5つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 小渕

自己分析で見つかる自分の価値観の例5つ
  • 例①:お金に対する価値観
  • 例②:自由な時間に対する価値観
  • 例③:承認欲求に対する価値観
  • 例④:人間関係に対する価値観
  • 例⑤:やりがいに対する価値観

それぞれの価値観の例について詳しく説明していきます。

読んでみて、自己分析で自分の価値観をみつけるときのヒントにしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例①:お金に対する価値観

自己分析で見つかる自分の価値観の例の1つ目は「お金に対する価値観」です。

お金に対する価値観は、「給与制度やボーナス・福利厚生などの待遇面」において、自分が満足できるかどうか判断する基準になります。

お金に対する価値観の例をいくつか挙げます。

お金に対する価値観の例
  • 東京で一人暮らしできるくらいの金額を稼ぎたい
  • 安定よりも成果に見合った報酬が欲しい
  • 激務でもいいので同世代よりもたくさん稼ぎたい
  • 最低限生活できる程度で満足

就活生くん

年収が高い企業ほど魅力的に見えますが、年収だけで企業を選んでしまうと、あとで辛くなってしまうかもしれませんね。

高給な仕事は、それだけ激務であったり、求められるレベルが高かったりします。

年収が高ければ高いほど、自分が満足できるとは限らないのです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

例②:自由な時間に対する価値観

自己分析で見つかる自分の価値観の例の2つ目は「自由な時間に対する価値観」です。

自由な時間に対する価値観は、「年間休日・長期休暇制度・勤務時間・残業時間・通勤時間・休日出勤の有無」などにおいて、自分が満足できるか判断する基準になります。

自由な時間に対する価値観の例をいくつか挙げます。

自由な時間に対する価値観の例
  • 年に1回は1週間くらいの旅行がしたい
  • 平日も退勤後に自由な時間がたくさん欲しい
  • 土日祝日は必ず休んで趣味の時間にあてたい
  • 週に2回程度休めれば残業は気にならない

新卒の就活生の方は軽視しがちかもしれませんが、自由な時間に対する価値観は、企業を選ぶ上でかなり重要な価値観です。

自由な時間に対する価値観を基準に、仕事とプライベートのバランスに満足できそうな企業を見つけたいですね。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

私は海外旅行が大好きなので、年に1回は長期のお休みが欲しいです。

長期のお休みが取れない企業では、もし年収が良いとしても私はきついかも…。

なるほど、自由な時間に対する価値観って大切ですね。

 

例③:承認欲求に対する価値観

自己分析で見つかる自分の価値観の例の3つ目は「承認欲求に対する価値観」です。

承認欲求に対する価値観は、「企業規模・仕事内容・総合職か一般職か・評価制度・転勤有無」などにおいて、自分が満足できるかどうか判断する基準になります。

承認欲求に対する価値観の例をいくつか挙げます。

承認欲求に対する価値観の例
  • お客様から直接「ありがとう」の言葉をもらえる仕事がしたい
  • たくさんの人から「すごい」と尊敬される仕事がしたい
  • 他人の評価よりも自分自身が納得できる仕事をしたい
  • 人からの注目が苦手なので目立つことのない裏方の仕事がしたい

承認欲求とは「人から認められたい」という欲求のことです。

「誰からどう認められたい」と思っているのか、承認欲求に対する価値観を見つけておくと、自分が満足できる企業や仕事内容の判断基準になりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

他者承認と自己承認のどちらを重視するのか、どのように認められたいのか、よく考えてみます。

 

例④:人間関係に対する価値観

自己分析で見つかる自分の価値観の例の4つ目は「人間関係に対する価値観」です。

人間関係に対する価値観は、「社風・働いている人の年齢や男女比・職場の人数・仕事内容」などにおいて、自分が満足できるかどうか判断する基準になります。

人間関係に対する価値観の例をいくつか挙げます。

人間関係に対する価値観の例
  • 仕事とプライベートはきっちり分けたい
  • さまざまな年代の人と一緒に働きたい
  • 少人数の職場でアットホームな雰囲気の中働きたい
  • 男女比に偏りのある職場は不安だ

仕事とプライベートでの交流はどうしたいのか、どんな人たちとなら気持ちよく働けそうか、人間関係に対する価値観を見つけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

今まで大手企業が何となく気になっていましたが、私は職場の人数が少ないアットホームな雰囲気の方が楽しく働けるような気がします。

 

例⑤:やりがいに対する価値観

自己分析で見つかる自分の価値観の例の5つ目は「やりがいに対する価値観」です。

やりがいに対する価値観は、「仕事内容・総合職か一般職・職種・社風」などにおいて、自分が満足できるかどうか判断する基準になります。

やりがいに対する価値観の例をいくつか挙げます。

やりがいに対する価値観の例
  • 数字での明確な目標を達成することにやりがいを感じる
  • 困っている人に問題解決のための方法を提案することにやりがいを感じる
  • 計画的にコツコツと積み重ねるような仕事にやりがいを感じる
  • 難易度の低い単調な業務にはやりがいがないと感じる

やりがいに対する価値観は、見つけるのが難しく自己分析のしがいがあるかと思います。

自分がどんなことにやりがいを感じるのか、答えはひとつとは限らないのでなるべくたくさん見つけ出しましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

やりがいに対する価値観を言語化しておくことは、ESや面接の際にも役立ちそうですね。

 

自己分析で自分の価値観を探すのが重要な理由3つ

就活生くん

大手企業ばかりににエントリーしていたら、自己分析をして、自分の価値観に合う会社も探すように先輩から言われました。

自己分析で自分の価値観を見つけることって、そんなに重要なんでしょうか。

先輩が言うように、自己分析で自分の価値観を見つけることは重要です。

その理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

自己分析で自分の価値観を探すのが重要な理由
  • 理由①:就活における企業選びの軸になるから
  • 理由②:ES作成や面接の際に役に立つから
  • 理由③:就活が終わった後に悩むリスクを減らせるから

自己分析で自分の価値観を見つけておくと、就活のあらゆる面でスムーズに行くようになります。

それでは自己分析で価値観を探すのが重要な理由について、ひとつずつ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由①:就活における企業選びの軸になるから

自己分析で価値観を探すのが重要な理由の1つ目は「就活における企業選びの軸になるから」です。

「どんな企業でどんな風に働きたいか」という価値観がはっきりしていれば、条件を絞り込むことができるので、自分にマッチする企業を見つけやすくなります。

例えば賃貸物件を探すとき、「駅近で・家賃が〇万円以下で・バストイレ別で…」というように条件を絞って検索しますよね。

それと同じで、価値観をはっきりさせて企業選びの軸を作っておけば、「自分にとっての良い企業」を見つけやすくなるのです。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

確かに、大手企業だからといって「僕にとっての良い企業」とは限らないですね!

自己分析で価値観を見つけることは、自分にとっての良い企業の条件を探すことなんですね。

 

理由②:ES作成や面接の際に役に立つから

自己分析で価値観を探すのが重要な理由の2つ目は「ES作成や面接の際に役に立つから」です。

新卒採用をしている企業側は、就活生の学歴や専攻だけではなく、どんな価値観を持っているのかも見ています。

なぜなら、自社の社風とマッチする人材を採用したいからです。

最初に自己分析で価値観をはっきりさせておけば、自己PRや志望動機にも展開できるので、ES作成や面接の受け答えの際にとても役立ちます。

採用担当者は、ESや面接で色々な質問を投げかけて、就活生の価値観を見極めているのです。

この就活生は、自社の社風とマッチするだろうか。

入社後も生き生きと働いて活躍してくれるだろうか。

すぐに辞めてしまうことはないだろうか。

人事さん

就活生ちゃん

企業の人事担当者も、就活生の価値観を知りたいと思っているのですね。

自分自身の価値観をわかっていなかったら、企業側に伝えることもできませんよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

理由③:就活が終わった後に悩むリスクを減らせるから

自己分析で価値観を探すのが重要な理由の3つ目は「就活が終わった後に悩むリスクを減らせるから」です。

就活が成功して内定がもらえたとしても、自分の価値観と合わない企業に就職してしまった場合、入社後に悩んでしまうことになるかもしれません。

就活が終わった後、企業に勤める期間は就活期間よりもずっと長いです。

未来の自分のためにも、自己分析をしっかり行い、自分の価値観と一致する企業に入社したいですね。

ついつい「内定をもらうこと」が目的になってしまいがちですが、なるべく楽しく、いきいきと活躍できる会社で働きたいと思いませんか?

そのためには、面倒でも自己分析の手間を惜しまない方が良いのです。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

自己分析で価値観を見つけることの重要性が良くわかりました!

僕もこれから真剣に自己分析をやってみます。

 

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法3選

就活生くん

もしも自己分析をしても、自分の価値観がわからないときはどうしたらいいでしょうか。

自己分析をしても自分の価値観がわからないときは、ひとりで抱え込まずに自分以外の人に頼ることをおすすめします。

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法は3つあります。

「就活の教科書」編集部 小渕

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法3選
  • 対処法①:先輩や親の話を聞いてみる
  • 対処法②:自己分析診断ツールを活用する
  • 対処法③:就活エージェントを利用する

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法についてひとつずつ解説していきます。

自分の価値観を見つけられずに悩んでいる方は、読んで参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

対処法①:先輩や親の話を聞いてみる

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法の1つ目は「先輩や親の話を聞いてみる」です。

先輩や親が、何を重視して今の仕事を選んだのかなどを聞いてみましょう。

先輩や親への質問の具体例は以下の通りです。

先輩や親への質問の具体例
  • 何を重視して今の仕事を選んだのか
  • 今の仕事に満足しているか
  • もし転職をするとしたら何を基準にするか

実際に社会に出て働いている人の価値観は、社会経験をもとに築かれたものなのでとても参考になりますよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

なるほど、社会人のリアルな価値観は、僕たち学生の価値観とはちょっと違うかもしれませんね。

 

対処法②:自己分析診断ツールを活用する

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法の2つ目は「自己分析診断ツールを活用する」です。

自己分析診断ツールは無料で使えるものもたくさんあり、簡単に自己分析できるので多くの就活生に重宝されています。

無料で使える自己分析診断ツールについては「【内定者が厳選】自己分析が簡単に!就活診断ツール,アプリおすすめ9選(全て無料)」で紹介していますので、気になる方は読んで参考にしてみてください。

自己分析診断ツールはとても便利ですが、やはり時間をかけて自分で行う自己分析の方が精度が高いと言えます。

どうしても自己分析がはかどらないときには、自己分析診断ツールを活用して、自分の価値観を見つけるためのヒントにするといいですよ。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生ちゃん

自己分析診断ツールは、あくまでも自分の価値観を見つけるためのヒントとなるツールということですね。

 

対処法③:就活エージェントを利用する

自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法の3つ目は「就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントとは、就活を知り尽くしたプロが、就活生を内定まで個別サポートしてくれる無料サービスのことです。

自己分析はもちろんのこと、自分に合った企業選びやESの添削、面接の練習とフィードバックなど、いろいろな方面から就活のサポートをしてもらえます。

就活の進め方がわからない就活生や、就活に行き詰まってしまった就活生が、就活エージェントを活用しています。

就活エージェントについては、「【内定者が選んだ】就活エージェントおすすめ10選 | 実際の評判,サポート内容も」で詳しく紹介しています。

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

就活のことを知り尽くした就活エージェントは、自己分析以外でもとても頼りになります。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活生くん

ESの添削や面接の練習まで、無料でサポートしてくれるなんてすごいですね!

 

自己分析には無料の診断ツールも便利

就活生ちゃん

自己分析のやり方は理解してるつもりだけど、やっぱりちょっと難しい・・・。

簡単に自己分析を進める方法ってないのかな?

自己分析を簡単に進めたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

自己分析の診断ツール 診断結果

 

メモ

代表的な自己分析ツールには、「OfferBoxの適性診断AnalyzeU+」があります。

適性診断AnalyzeU+はOfferBoxに登録することで、無料で利用できるようになります。

就活生128,000人が利用している、実績No.1の人気自己分析ツールです。

適性診断AnalyzeU+で自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですね。

適性診断AnalyzeU+の評判や使い方は、【内定者が解説】「適性診断AnalyzeU+」を実際に使ってみた!評判,実例も (OfferBoxの自己分析ツール)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:自己分析で企業選びの軸となる自分の価値観を探し出そう!

自己分析で自分の価値観を見つけることはとても大切です。

なぜなら企業選びの軸となることはもちろんのこと、ESの作成や面接での受け答えなど、今後の就活においてもカギになるからです。

しっかりと自己分析を行い、自分の価値観を明らかにするようにしましょう。

 

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 小渕

まとめ:自己分析で自分の価値観を見つける方法

◆自分の価値観を見つける自己分析の方法5選

  • 方法①:過去の経験・エピソードを振り返る
  • 方法②:大切にしていること・好きなことを書き出す
  • 方法③:周りの人に「自分はどんな人か」聞く
  • 方法④:自分史の作成
  • 方法⑤:モチベーショングラフの作成

 

◆自己分析で見つかる価値観の例5つ

  • 例①:お金に対する価値観
  • 例②:自由な時間に対する価値観
  • 例③:承認欲求に対する価値観
  • 例④:人間関係に対する価値観
  • 例⑤:やりがいに対する価値観

 

◆自己分析で自分の価値観を探すのが重要な理由3つ

  • 理由①:就活における企業選びの軸になるから
  • 理由②:ES作成や面接の際に役に立つから
  • 理由③:就活が終わった後に悩むリスクを減らせるから

 

◆自己分析をしても自分の価値観がわからないときの対処法3選

  • 対処法①:先輩や親の話を聞いてみる
  • 対処法②:自己分析診断ツールを活用する
  • 対処法③:就活エージェントを利用する

 

◆自己分析で見つけた自分の価値観は、企業選びの軸となり、今後の就活を進める上でのカギとなる

自己分析は自分で自分を見つめなおすことが基本ですが、友達や親、自己分析診断ツール、就活エージェントを上手に頼ることもおすすめです。

自分では気づけなかった価値観が見つかるかもしれませんよ。

「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ情報をたくさん紹介しているので、ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 小渕