>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】会社見学で使える質問おすすめ25選 | 福利厚生は聞いていい?

【内定者が教える】会社見学で使える質問おすすめ25選 | 福利厚生は聞いていい?

この記事を読めばわかること
  • 会社見学で質問すべき3つの理由
  • 会社見学で使える「仕事」の質問 おすすめ10選
  • 会社見学で使える「企業理解」の質問例 おすすめ10選
  • 会社見学で使える「福利厚生」の質問例 おすすめ5選
  • 会社見学のNG質問例 (調べたら分かる内容)

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
今回は、会社見学で使える質問について説明します。
就活生の皆さんは、会社見学で使う質問は準備できていますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕はちょうど明日、会社見学があります。
会社見学を少しでも有意義なものにしたいので、何を質問すべきか知りたいです。

就活生ちゃん

私も会社見学に参加する予定があるので、質問例について知りたいです。

会社見学って何を質問したらいいか、いまいち分からないですよね。
それではこの記事で、会社見学で使える質問例を紹介していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

この記事では、会社見学と質問例について徹底的に調査した西川が、会社見学で使える質問例を合計25個紹介します。

この記事を読めば、会社見学で有意義な質問ができ、周りの就活生と差をつけられるようになりますよ。

「会社見学って、どんな質問をしたら高評価されるのかな…?」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

目次

会社見学に行ったら質問した方が良い

就活生ちゃん

そもそもですが、会社見学で質問はすべきですか?

会社見学で疑問点があったり、質問する時間がある場合は、積極的に質問をするべきです。
企業側も、せっかく会社見学という時間を設けている以上、就活生に最大限満足してもらいたいと考えています。
会社見学で質問をすべき理由を、この項目で詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社見学で質問すべき3つの理由

会社見学で質問すべき理由は、以下の3点です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学で質問すべき理由
  • 企業研究に役立つ情報を手に入れられる
  • 入社意欲のアピールに繋がる
  • 入社後のミスマッチを軽減できる

会社見学で質問すると、以上3つのメリットがあります。

特に会社見学では、ネットで調べても見つからないような、具体的な情報を手に入れられます。

しっかり質問し企業理解を深めることで、入社意欲のアピールにもなります。

会社見学に参加する際は、しっかり質問を準備して、有意義なものにしてくださいね。
それでは次の項目から、会社見学で使える質問を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社見学で使える「仕事」の質問おすすめ10選

就活生くん

会社見学で使える質問を教えてください!

それでは初めに、会社見学で使える「仕事」に関する質問例を紹介します。
会社見学で使える「仕事」の質問は、以下の10個です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学で使える「仕事」の質問
  • 質問例①:採用された場合、どのくらいの研修がありますか?
  • 質問例②:一日の具体的な業務の流れを教えてください
  • 質問例③:入社後、まずはどのような業務につきますか?
  • 質問例④:仕事をするうえで、普段どのようなことを心がけていますか?
  • 質問例⑤:仕事をしていて、どのようなことに喜びを感じましたか?
  • 質問例⑥:入社後に必要なスキルがあれば教えてください
  • 質問例⑦:大変だと感じるのはどんな時ですか?
  • 質問例⑧:今までの成果と目標を教えてください
  • 質問例⑨:仕事のモチベーションは何ですか
  • 質問例⑩:仕事での失敗談を教えてください

それぞれ簡単に説明しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例①:採用された場合、どのくらいの研修がありますか?

会社見学で使える「仕事」の質問の1つ目は、「採用された場合、どのくらいの研修がありますか?」です。

新卒で企業に入社すると、多くの企業で研修期間があります。

研修期間は企業によって異なり、短い企業では3週間、長い企業では半年間も研修があります。

「がっつり基礎から叩き込まれたい」就活生は、研修期間の長さも企業選びの参考になります。

以上の理由から、会社見学で使える「仕事」の質問として「研修期間の長さ」に関する質問がオススメです。
新入社員の研修期間で最も多いのは、約3カ月間です。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例②:一日の具体的な業務の流れを教えてください

会社見学で使える「仕事」の質問の2つ目は、「一日の具体的な業務の流れを教えてください」です。

社会人がどんな流れで仕事をしているのかイメージできれば、より「その企業で働きたいか」理解が深まります。

会社見学は、社会人の生の姿を見れる良い機会です。

「一日の仕事の流れ」を質問し、社会人のリアルな姿を理解してみましょう。

就活生にとって、社会人の一日の流れは想像しづらいですよね。
そこで、一日の流れを掴むためにも、具体的な業務の流れを質問することがおすすめです。

企業によっては、始業時間が9時や10時だったりするので、企業によってライフスタイルが大きく異なります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例③:入社後、まずはどのような業務につきますか?

会社見学で使える「仕事」の質問の3つ目は、「入社後、まずはどのような業務につきますか?」です。

就活生の中には、「一年目から希望の部署でばりばり働きたいんだ!」という方もいますよね。

そんな就活生の方は、新入社員がはじめにどんな業務に就くのか理解しておくことも重要です。

会社見学で質問できるタイミングがある際は、「初めはどのような業務に就くのか」質問してみることがオススメです。
ちなみに新入社員が配属される部署は、就活中の面接や内定後の面談などを通じて決定される場合が多いです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例④:仕事をするうえで、普段どのようなことを心がけていますか?

会社見学で使える「仕事」の質問の4つ目は、「仕事をするうえで、普段どのようなことを心がけていますか?」です。

社員の方が普段から意識されていることは、将来その企業に入社したあなたも、普段から意識すべき内容です。

もし、あなたが「顧客の利益を第一に」働きたいのに、会社で大事にしていることが「自社の売り上げ」ならば、入社後にミスマッチが起こる可能性があります。

そのため、会社見学で使える「仕事」の質問として、「社員が普段からどんなことを心がけているか」質問することがオススメです。

「自分が大切にしたいこと」と「働く上で大切にすべきこと」がマッチしている方が、働きがいがありそうですよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑤:仕事をするうえで、どのようなことに喜びを感じますか?

会社見学で使える「仕事」の質問の5つ目は、「仕事をするうえで、どのようなことに喜びを感じますか?」です。

どのようなことに「仕事の喜び」を感じるかは、「仕事のやりがい」に直結します。

もし、社員の方が感じる仕事の喜びに共感できなければ、あなたはその仕事で喜びを感じられない可能性があります。

そのため、会社見学で質問をする際は「仕事のやりがい」に関する質問がオススメです。

どうせ働くなら、働きがいや、喜びを感じられる仕事に就きたいですよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑥:入社後に必要なスキルがあれば教えてください

会社見学で使える「仕事」の質問の6つ目は、「入社後に必要なスキルがあれば教えてください」です。

一定のスキルが求められる仕事の多くは、入社後の研修できちんと指導してもらえます。

しかし入社前からある程度のスキルを身につけていれば、同期と差をつけられます。

速くスキルアップして活躍したいと考えている就活生は、「入社後の必要なスキル」について質問するのがオススメです。

僕が学生の内から勉強して良かったと個人的に感じるスキルは、タイピングの速さ文章力です。
社会人になると、パソコンを使って文章を書く機会が増えるので、タイピングと文章力は練習しておいて良かったと思います。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑦:大変だと感じるのはどんな時ですか?

会社見学で使える「仕事」の質問の7つ目は、「大変だと感じるのはどんな時ですか?」です。

皆さんも会社に入ってから「こんな会社だと思ってなかった..」と後悔する企業選びは避けたいですよね。

このような入社後のギャップを少しでも軽減するには、働くうえで大変な事など、マイナス面の理解も重要です。

そのため、会社見学の質問として、「大変だと感じる時」に関する質問はオススメです。

企業を決める際は、必ず「その企業で働くデメリット」も理解しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑧:これまでの成果と目標を教えてください

会社見学で使える「仕事」の質問の8つ目は、「これまでの成果と目標を教えてください」です。

仕事の成果と目標は、仕事のモチベーションに直結します。

社員1人1人が何を目標にして、何を成し遂げようとしているのかを知ることで、その企業に入った自分が何を目標に働くのか想像できます。

以上の理由から会社見学の質問として、社員の「成果と目標」の質問がおすすめです。

入社後の自分がどんな目標を追うことになるのかは、認識しておきたいですよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑨:仕事のモチベーションは何ですか

会社見学で使える「仕事」の質問の9つ目は、「仕事のモチベーションは何ですか」です。

もし社員の仕事のモチベーションに心から共感できたら、あなたにも同じ価値観があり、その仕事にモチベーションを持って働ける可能性があります。

そのため、会社見学の質問として「仕事のモチベーション」もおすすめです。

人の価値観を聞くことは、自己分析にも繋がります。
人の価値観に共感できるということは、自分にも似た価値観が存在する可能性を示しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑩:仕事での失敗談を教えてください

会社見学で使える「仕事」の質問の10個目は、「仕事での失敗談を教えてください」です。

仕事の失敗談を聞くことで、就活生は社会人の仕事ぶりをしっかりイメージできるようになります。

例えば、「取引先との打ち合わせの前に、上司に確認のメールを送る必要があったのに忘れてしまった」というエピソードがあれば、それまであまりイメージできていなかった仕事内容を、具体的にイメージできるようになりますよね。

以上の理由から、会社見学の質問内容として「仕事の失敗談」に関する質問がおすすめです。

ここまで会社見学で使える「仕事」の質問を10個紹介していきました。

ここでは紹介しなかった仕事に関する質問も、以下にまとめて紹介しておきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学で使える「仕事」の質問 その他
  • 繁忙期はいつですか
  • 若手にも大きな仕事は任されますか
  • どんな社内イベントがありますか
  • 仕事とプライベートを両立する方法を教えてください
  • 仕事が終わった後はどのように過ごしていますか
  • 休日の過ごし方を教えてください
  • 長期休暇はどのように過ごしていますか

 

会社見学で使える「企業理解」の質問例 おすすめ10選

就活生ちゃん

会社見学では、仕事に関する質問だけでも、聞ける内容はたくさんあるんですね!

でも、私は企業研究のために会社見学に行くので、企業理解につながる質問例も教えて欲しいです。

それではこの項目では、会社見学で使える「企業理解」の質問例を紹介します。

会社見学で使える「企業理解」の質問例は、以下の10個です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学で使える「企業理解」の質問例 10選
  • 質問例①:会社の強みと弱みを教えてください
  • 質問例②:社内の雰囲気について教えてください
  • 質問例③:入社を決めた理由を教えてください
  • 質問例④:どのような軸で就職活動をされていましたか?
  • 質問例⑤:入社前と入社後でギャップはありましたか
  • 質問例⑥:職場の男女比を教えてください
  • 質問例⑦:会社で働いていて良かったと思うことは何ですか
  • 質問例⑧:会社の今後のビジョンを聞かせてください
  • 質問例⑨:競合他社と比較して勝っている点を教えてください
  • 質問例⑩:活躍している人の共通点を教えてください

それぞれ簡単に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例①:会社の強みと弱みを教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の1つ目は、「会社の強みと弱みを教えてください」です。

面接で頻出の質問に、「弊社の弱みはどこだと思いますか?」という質問があります。

会社の弱みは企業のホームページ等には公開されていないため、就活生が個人で理解するのはとても難しいです。

そのため会社見学の質問で、企業の人に聞くことで、会社の弱みを理解できます。

会社の弱みの見つけ方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ただ闇雲に会社の強み弱みを聞くのではなく、質問の本質が知れるので、気になる人は参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例②:社内の雰囲気について教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の2つ目は、「社内の雰囲気について教えてください」です。

福利厚生や給与よりも、「働く環境や人間が合うかどうか」を重視する就活生もいますよね。

しかし働く環境やどんな人がいるかは、実際に社員に質問しないと、知ることは難しいです。

そのため、会社見学の質問として「社内の雰囲気」に関する質問がオススメです。

社内の雰囲気は、上司の立場の社員だけでなく、部下の立場で働く社員にも質問するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例③:入社を決めた理由教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例のつ目は、「入社を決めた理由を教えてください」です。

企業で働く社員は、その企業のどこかしらを「良い」と思って入社しているはずです。

その「良い」と思ったポイントは、企業の良いところであり、長所です。

社員が入社を決めた理由を教えてもらうことで、企業の長所を理解できるという点で、会社見学で使える「企業理解」の質問例としておすすめです。

ちなみに当サイト「就活の教科書」では、内定者がそれぞれの企業に内定を決めた理由を紹介していますので、気になる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例④:どのような軸で就職活動をされていましたか?

会社見学で使える「企業理解」の質問例の4つ目は、「どのような軸で就職活動をされていましたか?」です。

企業を探していると、「自分はこの企業に向いているのかな」と不安に思うこともありますよね。

実際に働く社員に、就活の軸を聞くことで、「どんな特徴がある人がその企業に向いているか」参考にできます。

以上の理由から、会社見学の質問として「社員の就活の軸」の質問がおすすめです。

「就活の軸ってなに?」という就活生の方もいると思うので、以下の記事を紹介します。

就活の軸の概要や、就活の軸の決め方も分かるので、読んでみてください。

ちなみに僕は「大きい仕事に携われる」「広告」「専門性を身につけられる」「オフィスが綺麗」の4つの軸で内定先を決定しました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑤:入社前と入社後でギャップはありましたか

会社見学で使える「企業理解」の質問例の5つ目は、「入社前と入社後でギャップはありましたか」です。

入社後のギャップは、その大きさは人によりますが、誰にでも起こります。

そのため、入社後のギャップを少しでも軽減するために、社員の”ギャップを感じた体験談”を聞いておくことが重要です。

入社後のギャップを少しでも減らすために、企業の悪い面も理解しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑥:職場の男女比を教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の6つ目は、「職場の男女比を教えてください」です。

男性ばかり、女性ばかりの職場環境を避けたい就活生は、会社見学のタイミングで質問し、確認しましょう。

また会社見学の際に、実際にオフィスを見渡し、目視での確認を忘れないよう注意しましょう。

職場の男女比は、四季報などでも確認できます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑦:会社で働いていて良かったと思うことは何ですか

会社見学で使える「企業理解」の質問例の7つ目は、「会社で働いていて良かったと思うことは何ですか」です。

学生には、社会人の仕事の様子って具体的にイメージしづらいですよね。

そこで、会社で働いていて良かったと思うこと等を質問することで、「企業や仕事のどんな所を良いと思えるのか」理解できます。

その会社で働くメリットを知れたら、働くのが少し楽しみになりますよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑧:会社の今後のビジョンを教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の8つ目は、「会社の今後のビジョンを教えてください」です。

現段階で発表されている企業の今後の方針などは、企業のホームページやIRから確認できます。

しかし、業務内容を正確に理解できてない就活生には、その内容を具体的に理解するのは難しい場合があります。

そこで会社見学の質問として、「今後の方針」について質問し、企業理解を深めることがオススメです。

今後のビジョンを質問する際は、「自分で調べた上で、具体的に理解できなかったから質問している」というスタンスが伝わるように質問しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑨:競合他社と比較して勝っている点を教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の9つ目は、「競合他社と比較して勝っている点を教えてください」です。

企業研究において、自分一人で競合他社を比較することはとても難しいです。

そこで企業研究を深め、競合他社との有意点について自分の中で仮説を持ち、会社見学で質問することで答え合わせができます。

また、他にも企業研究をする方法を知りたい方は、「【内定者が教える】企業研究6つの方法 | どこまで調べれば良い?」を参考にしてみてくださいね。

 

以上の理由から、会社見学での質問で「競合他社との有意点」についての質問がおすすめです。

競合他社との優位点について質問する際は、「私は御社の強みを○○だと考えています。実際、御社の競合優位点は、どのようなところにあると考えていらっしゃいますか?」と質問しましょう。

競合他社との比較については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑩:活躍している人の共通点を教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例の10個目は、「活躍している人の共通点を教えてください」です。

活躍している人の特徴を質問することで、自分がその企業と合っているかを大まかに予測できます。

どんな人がその企業に向いているかを知りたい場合は、「活躍している人材の特徴」について質問することがオススメです。

ここまで、会社見学で使える「企業理解」の質問例10個を紹介してきました。

次の項目では、会社見学で使える「福利厚生」の質問例を5つ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社見学で使える「福利厚生」の質問例 おすすめ5選

就活生ちゃん

福利厚生ってあまり質問しない方が良いとよく聞くのですが、会社見学で質問してもいいのでしょうか。

確かに、しつこく福利厚生の内容ばかりを質問するのは印象良くありません。
しかし、気になる点はきちんと解消した方が良いですし、1.2個なら福利厚生について質問しても構いません。

そこでこの項目では、会社見学で使える「福利厚生」の質問例を5つ紹介します。
会社見学で使える「福利厚生」の質問例は、以下の5点です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学で使える「福利厚生」の質問例
  • 質問例①:御社の福利厚生で注目すべき点はありますか?
  • 質問例②:地方支社で働きたいという要望は叶えられますか?
  • 質問例③:残業はどの程度ありますか?
  • 質問例④:有給休暇の取得率はどのくらいでしょうか
  • 質問例⑤:部活動などはありますか?
それぞれ簡単に説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例①:御社の福利厚生で注目すべき点はありますか?

会社見学で使える「福利厚生」の質問例の1つ目は、「御社の福利厚生で注目すべき点はありますか?」です。

就活生にとって福利厚生は、少し理解するのが難しいです。

そのうえ、福利厚生の内容は企業によって様々で、1つ1つ把握するのが困難です。

そこで企業の社員に、その企業における福利厚生について質問することで、特徴を理解できます。

以上の理由から会社見学の質問として、「福利厚生」に関する質問がおすすめです。

ベンチャー企業などでは、大した意味もない、ただ福利厚生が充実しているように見せかけるだけの制度があったりします。

見慣れない福利厚生があれば、「どんな内容ですか?」と会社見学で質問してみるのも良いですね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

福利厚生を就活の志望動機として使いたい方は、以下の記事で、福利厚生を志望動機として上手に伝える方法がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

質問例②:地方支社で働きたいという要望は叶えられますか?

会社見学で使える「福利厚生」の質問例の2つ目は、「地方支社で働きたいという要望は叶えられますか?」です。

就活生の中には、都会にある本社ではなく、地元の地方支社で働きたいという方もいますよね。

そんな就活生には、会社見学の際に「地方支社で働けるか」質問してみることがお勧めです。

同じ会社でも、地方支社によっては新卒を受け入れていない支社もあります。
そのため、会社見学で質問する際は具体的に「どの支社に行きたいと考えているのか」明確にしてから質問しましょう。

「なぜ地元で働きたいの?」と質問された場合については、以下の記事で詳しく解説しています。

地元で働きたい就活生や地方転勤のある企業で働く可能性のある人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例③:残業はどの程度ありますか?

会社見学で使える「福利厚生」の質問例の3つ目は、「残業はどの程度ありますか?」です。

就活業界では、「残業時間について質問するのはNG」というルールをよく聞きますよね。

しかし、就活生には企業の実情をきちんと理解する権利があります。

さらに、会社見学で少し残業について質問したくらいで、選考から落とされることはありません。

企業のことをきちんと理解するためにも、残業について気になる就活生は、会社見学で質問してみましょう。

給与形態を「みなし残業」「固定残業制」に設定しているブラック企業は、残業代をきちんと支払わない可能性があるので、きちんと確認しましょう。

ブラック企業については、こちらの記事で解説しています。

ブラック企業の見分け方や、離職率の高い業界について知れるので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例④:有給休暇の取得率はどのくらいでしょうか

会社見学で使える「福利厚生」の質問例の4つ目は、「有給休暇の取得率はどのくらいでしょうか」です。

有給休暇がきちんと取れるかどうかは、ワークライフバランスを求める就活生にとって需要な項目です。

有給休暇を取得できる企業か知りたい就活生は、会社見学の際にきちんと質問しておきましょう。

有給休暇の取得率は、「就活会議」「OpenWork」などの就活口コミサイトで確認できる企業もあります。

就活口コミサイトについては、以下の記事で詳しく説明しています。

口コミサイトの信憑性などが分かるので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問例⑤:部活動などはありますか?

会社見学で使える「福利厚生」の質問例の5つ目は、「部活動などはありますか?」です。

企業によっては、社内に部活動がある企業もありますが、ホームページに公開されている場合が少ないです。

そのため、部活動などに参加したいと考えている就活生は、会社見学の際に質問してみましょう。

また、部活動だけでなく「資格取得の支援」について気になる就活生は質問してみても良いです。
企業によっては、社員の語学力の向上を支援する企業もあります。

ここまで、会社見学で使える「福利厚生」の質問例を5つ紹介しました。
次の項目では、会社見学のNG質問例 を紹介します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社見学でのNG質問例 (調べたら分かる内容)

就活生くん

これで会社見学の質問はばっちりです!
紹介して頂いた質問例を参考に、会社見学でしっかり質問してきます!

それは良かったです!
しかし、会社見学では避けた方が良い質問もあります。
そこで最後に、会社見学でのNG質問例を紹介しておきますね。
会社見学のNG質問例は以下の5点です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社見学のNG質問例
  • 質問例①:御社にはどのような業務がありますか?
  • 質問例②:資本金はいくらですか?
  • 質問例③:社員は何人いますか?
  • 質問例④:今年度の業績を教えてください。
  • 質問例⑤:御社の成長性について教えてください。

会社見学のNG質問例として挙げられる質問は、全て企業のホームページなどで調べたら分かる内容です。
調べたら分かる内容を会社見学で質問するのは、そもそも失礼なうえ、勉強不足と思われるのでNGです。
例えば、業務の種類や資本金、社員数は、企業のホームページを見れば確認でき、業績や成長性は企業のIRを見れば確認できます。
少なくともここで紹介している、業務内容・資本金・社員数・業績・成長性については、確認した上で会社見学に臨んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

座談会の質問は、面接やOB訪問でも使える!

この記事で紹介した会社見学で使える質問は、会社説明会/座談会イベントOB訪問でも応用が可能です。

社会人の方に会社のことや働き方を聞くわけですから、当然会社見学以外でも使えますよね。

会社説明会/座談会イベントやOB訪問の質問一覧は、以下の記事で解説しており避けるべき質問なども分かるので、合わせて参考にしてくださいね。

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:会社見学ではしっかり質問して、企業理解を深めよう

今回の「【内定者が教える】会社見学で使える質問例まとめ | 福利厚生って聞いてもいいの?」はいかがだったでしょうか。

この記事では、会社見学と質問例について徹底的に調査した西川が、会社見学で使える質問例を合計35個まとめました。

最後にこの記事で紹介してきた内容をおさらいしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

この記事のおさらい

会社見学で質問すべき3つの理由

  • 企業研究に役立つ情報を手に入れられる
  • 入社意欲のアピールに繋がる
  • 入社後のミスマッチを軽減できる

会社見学で使える「仕事」の質問 おすすめ10選

  • 質問例①:採用された場合、どのくらいの研修がありますか?
  • 質問例②:一日の具体的な業務の流れを教えてください
  • 質問例③:入社後はまずはどのような業務につきますか?
  • 質問例④:仕事をするうえで、普段どのようなことを心がけていますか?
  • 質問例⑤:仕事をするうえで、どのようなことに喜びを感じますか?
  • 質問例⑥:入社後に必要なスキルがあれば教えてください
  • 質問例⑦:大変だと感じるのはどんな時ですか?
  • 質問例⑧:これまでの成果と目標を教えてください
  • 質問例⑨:仕事のモチベーションは何ですか
  • 質問例⑩:仕事での失敗談を教えてください

会社見学で使える「企業理解」の質問例 おすすめ10選

  • 質問例①:会社の強みと弱みを教えてください
  • 質問例②:社内の雰囲気について教えてください
  • 質問例③:入社を決めた理由教えてください
  • 質問例④:どのような軸で就職活動をされていましたか?
  • 質問例⑤:入社前と入社後でギャップはありましたか
  • 質問例⑥:職場の男女比を教えてください
  • 質問例⑦:会社で働いていて良かったと思うことは何ですか
  • 質問例⑧:会社の今後のビジョンを教えてください
  • 質問例⑨:競合他社と比較して勝っている点を教えてください
  • 質問例⑩:活躍している人の共通点を教えてください

会社見学で使える「福利厚生」の質問例 おすすめ5選

  • 質問例①:御社の福利厚生で注目すべき点はありますか?
  • 質問例②:地方支社で働きたいという要望は叶えられますか?
  • 質問例③:残業はどの程度ありますか?
  • 質問例④:有給休暇の取得率はどのくらいでしょうか
  • 質問例⑤:部活動などはありますか?

会社見学のNG質問例 (調べたら分かる内容)

  • 質問例①:御社にはどのような業務がありますか?
  • 質問例②:資本金はいくらですか?
  • 質問例③:社員は何人いますか?
  • 質問例④:今年度の業績を教えてください。
  • 質問例⑤:御社の成長性について教えてください。

この記事で、あなたの会社見学と質問に関する悩みは解決できたハズです。
当サイト「就活の教科書」では他にも役立つ記事をたくさん更新しています。
ぜひまた読みに来てくださいね。
あなたの就職活動が上手くいくことを心から応援しています。

「就活の教科書」編集部 西川