【22卒まだ間に合う】22卒就活やばい人がまずやるべき事とは?内定率,22卒への影響も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事で分かること

 

この記事では、22卒の就活で内定がなかったり、思うような就活が出来なかった人がこれからどうするべきなのかについて解説していきます。

実際に「22卒の就活はやばい」という声をよく聞きますよね。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕は、22卒ですが、就職が決まらないで、内定先がないまま卒業になりそうです。

このまま内定もらえないのは、やばいですよね・・・

就活生ちゃん

私も就活がやばくて、納得する企業からまだ内定がもらえていないので、引き続き就活をしています。

時間もないし、どうすれば良いか分かりません・・・

メンタルがやばいです。

確かに、22卒の就活は、新型コロナウイルスの影響もあり、納得のいく就活が出来ていない人も多かったです。

まだ内定がない人、内定はあるが納得できずまだ就活をしている人もいます。

そこで今回は、就活が上手く行かず悩んでいる人が、最善の決断をするために必要な情報を提供するために記事を書きました。

「就活の教科書」編集部

この記事では、まず、22卒の就活のやばい実態を解説します。

具体的には、内定率まだ募集している求人はあるのか22卒就活への影響などを解説します。

次に、22卒の就活が上手く行かず、やばいと感じている人がこれからやるべきことを解説します。

例えば、無料の就活サービスなどを上手く活用して、就活で挽回することも出来るので、この記事ではその方法をお伝えします。

「今の就活に納得がいかない」という22卒の就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

もし、22卒でまだ内定がなく、自分に内定がない原因と知りたいという場合は、以下の記事を参考にすることをオススメします。

以下の記事では、22卒で内定がない原因今からでも内定に間に合う対策を紹介しています。

「就活の教科書」編集部

また、以下の記事では22卒就活について解説しているので、22卒就活の方はぜひ参考にしてみて下さい。

22卒就活の現状最低限やっておくべきことが分かりますよ。

「就活の教科書」編集部

 

24卒、23卒で「ESや面接が通過できず、なかなか就活がうまくいかない…」と悩んでいる就活生は、無料の就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

特に、DiG UP CAREERを使うのがおすすめです。

これらを使うと、自己分析、企業選び、面接対策など、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえますよ。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 24卒向けおすすめ就活サービス /

\ 23卒向けおすすめ就活サービス /

\ ITエンジニア向け就活サービス /

*参考記事:就活支援サービスおすすめ15選

「結局、どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

22卒の就活のやばい実態

就活生くん

僕は、22卒なのですが、まだ内定がないです。

22卒の就活って結構やばい感じだったのですか。

確かに、22卒の就活は厳しく、やばいと感じる人は多くいました。

実際に内定率が低い優良企業に就職が決まらないなど、苦戦した人が多かったです。

「就活の教科書」編集部

就活生ちゃん

私も、納得する就活が出来なくてやばいです。

このまま、22卒で頑張るか、22卒に就職浪人するかで悩んでいます。

確かに、今後就活をどうするかの選択は難しいですよね・・・

まず22卒の就活市場を知ることから始めましょう。(2020年12月現在)

具体的に、求人は残っているのかなどを知っていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

実態①:22卒就活のやばかった実態(低い内定率、採用人数縮小)

ここでは、22卒就活のやばい実態や現状について解説していきます。

まず、22卒就活は新型コロナウイルスの影響で、大きく打撃を受けました。

採用人数の縮小、選考スケジュールの延期、急なオンライン化などに戸惑った就活生も多かったです。

実際に、22卒就活の内定率や採用人数について見てみましょう。

低い内定率

実際に、就活の延期などにより、2020年8月時点での内定率は、81.2%前年に比べて10%も低かったようです。(リクルートキャリア調査

また、2020年12月時点での内定率は、93.4%と上昇していますが、それでもまだ、約15人に1人くらいは、内定が決まっていないということになります。(リクルートキャリア調査

 

採用人数の縮小

2020年6月時点での、有効求人倍率(就活生1人当たり何社の求人があるのかという指標)は、1.53倍で前年の21卒の1.83倍に比べ低い数値となりました。(株式会社リクルート調査

つまり、22卒の就活では、一人当たりの求人が減ったことを意味しています。

また、航空業界での22卒の採用中止や自動車業界での大幅な採用人数縮小なども起きました。

このように、22卒の就活は、採用人数の縮小や低い内定率など、困難を極めました。

このような状況から、22卒の就活はやばいと感じる人は多いのです。

「就活の教科書」編集部

 

実態②:22卒でも、まだ求人は残っている(2020年12月現在)

就活生くん

22卒で就職したいのですが、まだ22卒の求人って残っているのですか?

2020年12月現在、22卒の求人は少ないですが、まだ残っています。

22卒の求人がまだ残っている背景をここでは、解説します。

「就活の教科書」編集部

結論から言いますと、22卒就活生を対象とした求人は、まだ残っています。(2020年12月現在)

12月のこの時期でも求人がある背景としては、企業が思ったよりも内定辞退者を出してしまったり、事業拡大をしようとしていることが挙げられます。

企業の採用事情の関係などにより、冬にも採用が行われていることがあるのです。

そのため、22卒での就職を諦めるのは、まだ早いです。

就活生くん

そうは言っても、22卒の求人を探すのは大変です。

確かに、今から22卒の求人を最初から調べるのは大変なので、企業探しを楽にするために、就活エージェントを利用しましょう。

キャリアアドバイザーが面談後に、一人一人に合った企業を紹介してくれるので、企業探しの手間が省けます

「就活の教科書」編集部

また、この記事の後半では、オススメの就活エージェントの比較をしています。

就活エージェントに興味を持った人は、ぜひ見てみて下さい。

 

また、先に一番オススメのエージェントを紹介すると、DiG UP CAREERが一番オススメです。

プロのキャリアアドバイザーとの面談により、自分と相性が良い企業を紹介してもらえるので、内定率が高いです。

最短2週間で内定が出た実績もあるので、DiG UP CAREERで就活挽回しましょう。

「就活の教科書」編集部

>> DiG UP CAREERを見てみる

※ 22卒・23卒の就活生も利用できます

 

実態③:22卒就活はもっとやばい可能性も

就活生ちゃん

22卒の就活がやばかったので、22卒の就活に回るのも検討しています。

22卒の就活って就職氷河期とも聞くし、実際どうなんですか。

確かに、22卒の就活に回っても、いい結果が得られるか確証を持てず、悩む人は多いですね。

ここでは、22卒の就活について予想されていることについて解説します。

「就活の教科書」編集部

まず、22卒の就活は、22卒よりも厳しくなる可能性があるといわれています。

22卒の就活ついて企業の採用担当者に聞いたアンケートによると、22卒と比べて、22卒の就活が厳しくなるという回答が43.3%、22卒並みという回答が52.6%でした。

この結果より、「厳しくなる」と「22卒並み」の回答を合わせて95.5%でした。

つまり、ほとんどの場合、22卒の就活は、22卒並みに厳しいか、それ以上に厳しくなるということが分かります。

就活生ちゃん

22卒に回れば良いという簡単な話ではないのですね・・・

これらのデータを見る限り、22卒に回れば、状況が好転するとは限りませんね。

まだ、22卒の求人も残っているので、まだ諦めずに、最後に一度、21就活を検討してみる事も勧めます。

「就活の教科書」編集部

 

実態④:22卒就活で上手く行かなかった人のための選択肢はこの2つ

就活生くん

結局、内定はもらえたけど納得できないし、今後どうすれば良いのか分かりません。

ここでは、22卒就活が上手く行かず、「このままでは、やばい」と感じている人のための選択肢を紹介します。

自分にとってどの選択肢が良いのか吟味しましょう。

「就活の教科書」編集部

22卒就活で上手く行かなかった人が取れる選択肢
  • 選択肢①:22卒の求人に間に合わせる
  • 選択肢②:22卒に回り、早めに準備する

まず、選択肢の1つ目は、22卒として就活を続け、内定を目指すということです。

先程も紹介したようにDiG UP CAREERなどの就活エージェントなら、まだ22卒向けの求人も紹介してもらえます。

2つ目の選択肢は、思い切って22卒での就職を諦めて、22卒として早めに準備することです。

22卒就活での反省や学びを活かして、22卒として就職浪人するという選択肢です。

 

これらのことに関しては、明確な答えはありません。

ここまでで、22卒就活と今後の動向について解説してきた内容を踏まえて、本当に良い選択肢を選ぶようにしましょう。

「就職浪人や就職留年って実際どうなの」と疑問に思っている人も多いと思います。

以下の記事では、就職浪人や就職留年について解説されているので、迷っている人は、ぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部

 

「内定がもらえない…」「1人で就活を続けるのが辛い」という方は、内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを参考にしてみてください。

数々の就活エージェントを比較した結果、就活の教科書では満足度90%で納得できる内定獲得までサポートしてくれる「DiG UP CAREERを特におすすめしています。

DiG UP CAREERは、オンライン面談を通して、選考対策非公開求人の紹介企業からの選考フィードバックももらえるので、就活生から高く評価されています。

プロの客観的なアドバイスを受け、内定をとりたいという方は、ぜひ内定者が選んだ就活エージェントのおすすめを読んであなたに合う就活エージェントを選んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


22卒の就活で内定が無くやばい人すぐにやるべき事

就活生くん

結局、22卒ので内定がないし、22卒に回るかどうかや、このまま22卒として就活を続けるべきか迷います。

正直、かなり混乱していて、やばいです。

確かに、焦る気持ちは、分かります。

自分にとって最善の選択が出来るように、ここでは、22卒で就活がやばいと感じている人がやるべことを紹介します。

一緒に、落ち着いて、対策を考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部

22卒就活で内定がない人が「まず」やるべき事
  • やるべきこと①:まずは心のケアをする
  • やるべきこと②:22卒で就活するか、22卒で就活するか決める
  • やるべきこと③:志望企業を増やして、合格の確率を上げる
  • やるべきこと④:企業紹介などの「就活エージェント」のサポートを受ける

それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

やるべきこと①:まずは心のケアをする

22卒就活が上手く行かず「やばい」と感じている人がやるべきことの1つ目は、「まずは心のケアをする」です。

就活は、人生の中での数少ないビックイベントです。

そのため、就活に対する不安により、きっと大きく心を疲弊させていると思います。

そのため、自分にとって本当にいい選択をするために、まずは心のケアをしましょう。

「やばい」と焦って、気持ちに余裕がないと自分にとって本当に良い選択は出来ません

1日就活のことを忘れて、遊んだり、友人と話したりするだけでも、効果はあります。

1日就活を休んだくらいなら、状況は変わりません。

ベストなコンディションで挑むためにも、思い切って休み、リフレッシュすることも大切にしてみて下さい。

「就活の教科書」編集部

 

やるべきこと②:22卒で就活するか、22卒で就活するか決める

22卒就活が上手く行かず「やばい」と感じている人がやるべきことの2つ目は「22卒で就活するか22卒で就活するか決める」です。

きっと、これは、22卒で上手く行かず「やばい」と感じている人が、一番悩んでいる事だと思います。

確かに、22卒就活での内定を諦めて、思い切って22卒就活に挑むのもありだと思います。

ただ、先ほども紹介したように22卒就活も決して楽ではありません。

とりあえず、22卒として最後まで就活を頑張って、それから22卒に回るかどうか検討することも出来ます。

何が一番良い選択なのか自分の中で、納得できる答えを出すことが大切です。

就職浪人や就職留年について検討してみたい人は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

以下の記事で、それぞれの実態が分かります。

「就活の教科書」編集部

 

やるべきこと③:志望企業を増やして、合格の確率を上げる

22卒で就活が上手く行かずやばいと感じている人がやるべきことの3つ目は、「志望企業を増やして、合格の確率を上げる」です。

「今まで内定がなかった」という原因として、「業界や企業名にこだわって、そもそもあまりエントリーしていなかった」という原因が挙げられます。

これから22卒として内定を目指すのであれば、業界問わず、出来る限りエントリー数を増やしましょう。

興味が無い業界でも、受けているうちに興味が出てくることもあります。

また、実際に入社するかどうかは、内定が出た後に考えることが出来きます。

まずは、こだわらずに出来る限りエントリーしておきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

やるべきこと④:企業紹介などの「就活エージェント」のサポートを受ける。

22卒で就活が上手く行かずやばいと感じている人がやるべきことの4つ目は、「就活エージェントのサポートを受ける」です。

就活エージェントは、多くの企業の求人を持っていて、自分に合った企業の紹介をしてくれます。

そのため、22卒で求人が見つからず「やばい」と感じている人も、企業を見つけやすいです。

他にも、選考中のサポートやカウンセリングなど、内定を得るためのサポートあります。

就活エージェントなら、「早く、確実に」自分に合った企業と出会い、内定する確率が格段に上がります。

就活エージェントの利用の流れは、以下の通りです。

徹底したサポートを受けられるので、22卒として就活で挽回したい人は、就活エージェントを使ってみましょう。

「就活の教科書」編集部

「就活エージェント」利用の流れ
  • ①面談/カウンセリング
  • ②企業の紹介
  • ③選考中のサポート

一番オススメのエージェントは、DiG UP CAREERです。

プロのキャリアアドバイザーとの面談により、自分と相性が良い企業を紹介してもらえるので、内定率が高いです。

最短2週間で内定が出た実績もあるので、DiG UP CAREERで就活を挽回しましょう。

「就活の教科書」編集部

>> DiG UP CAREERを見てみる

※ 22卒・23卒の就活生も利用できます

 

「就活なかなかうまくいかない…どうすれば…」という方はDiG UP CAREERを使うのが一番おすすめです。

DiG UP CAREERは、あなたに親身に寄ってくれ、あなたらしく働ける優良企業を紹介してくれます。

利用すれば、就活に対する悩みや不安が解消され、選考対策もしてくれるので就活の自信がついてきますよ。

満足度90%、友達紹介率60%なので、納得のできる企業に就職したい方はぜひ見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを見てみる

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

23卒で「なかなか内定がもらえない…」と悩んでいる就活生は、就活エージェントDiG UP CAREER」「キャリアチケット」「キャリアパーク就活エージェントを同時に活用するのがおすすめです。

これらの就活エージェントはそれぞれ、自己分析企業選び、面接対策などのサポートがあり、親身に寄り添ってくれるので、最短3日~2週間で内定がもらえます。もちろん費用は無料です。

エージェントによって、求人数の多さES添削グループディスカッションなど選考対策の種類も様々なので、同時利用がおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

無い内定から抜け出すサービス(無料)

*参考記事:就活エージェントおすすめ15選


利用者満足度90%のDiG UP CAREERで就活の悩みを解決

DiG UP CAREERは、就活のプロからのサポート「できるだけ早く」「納得のいく」内定をとりたい方におすすめです。

あなたに親身に寄り添い非公開の優良企業求人の紹介選考対策企業から選考フィードバックがもらえるので就活の悩みや不安を解消できますよ。

さらに、DiG UP CAREERは、満足度90%と高く評価されていますが、サポート人数を限定しているので手厚いサポートを受けられるの今のうちに利用しましょう。

就活アドバイザー 京香

>> DiG UP CAREERを使ってみる


【22卒で内定ない、やばい人必見】最短で内定が決まる就活エージェント

就活生くん

これから22卒として内定を目指したいのですが、何をすれば良いのか分からず、やばいです。

それでは、22卒の求人を探す方法として、就活エージェントの利用をオススメします。

就活エージェントは、自分に合った企業を紹介と選考対策までしてくれます。

最短2週間など、スピード感を持って内定を得ることが出来るので、内定がなくやばい人は就活エージェントを利用しましょう。

「就活の教科書」編集部

ちなみに、カウンセリングで自分に合う企業を紹介して欲しい人にはDiG UP CAREERが向いています。

他にも、イベントでまとめて企業の採用担当者と直接お話して、スピード感を持ちたい人にはミーツカンパニーが向いています。

就活が切羽詰まっている人は、この2つは併用するのをオススメします。

具体的には、ディグアップキャリアで自分に合う企業を探しつつ、ミーツカンパニーで同時に複数の企業を見ていくと良いですよ。

それでは、長くなりましたが、オススメの就活エージェント4選を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

就活エージェント①:DiG UP CAREER(LINEで密にサポート)

DiG UP CAREER

22卒就活が「やばい」と感じる就活生が使うべき就活エージェントの1つ目は「DiG UP CAREER」(株式会社NaS株式会社運営)です。

「DiG UP CAREER」の1番の特徴は、就活生一人一人に対するサポートが手厚いことです。

「DiG UP CAREER」では、サポートする就活生の人数を絞り、限られた人数だからこそできる手厚い支援で就活生をサポートしています。

この結果が、「満足度90%超」「友人紹介率60%超」という数字に表れています。

DiG UP CAREERのメリット
  • サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • LINEでの相談に対応しているから、リクルーターに気軽に相談できる
  • 他社ナビにはない非公開求人がある

DiG UP CAREERでは人材領域に特化したアドバイザーと何回も面談ができるため、自分に合った企業を見つけやすいです。
利用した学生からの評判がこんなに高い就活エージェントはDiG UP CAREERだけです。

「就活の教科書」編集部

DiG UP CAREERがオススメな就活生
  • 就職活動をしっかりサポートしてほしい就活生
  • 自分に合った会社を一緒に考えてほしい就活生
  • LINEで気軽に相談してみたい就活生

DiG UP CAREERは就活相談や企業紹介など、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就活エージェントです。

就活生に寄り添ったサービスにより「満足度90%超」「友人紹介率60%超」と、就活生からの評価は高いです。

今後、DiG UP CAREERの利用者が増えると予想されるため、手厚いサポートが受けられるのは今のうちです。

就活スタートから入社後まで手厚いサポートが受けられるので、DiG UP CAREERを利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

>> DiG UP CAREERを見てみる

 

「DiG UP CAREER」を実際に使ったことのある就活生のリアルな口コミ、評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

就活エージェント③:ゼロキャンバス(一人一人に合った企業を紹介)

22卒就活が「やばい」と感じる就活生が使うべき就活エージェントの3つ目は、ゼロキャンバス(株式会社アイ・パッション)です。

ゼロキャンバスは、キャリア歴10年以上のカウンセラーからフィードバックがもらえるのが特徴です。

面談以外でも24時間連絡がとれる体制なので、LINEで気軽に相談できます。

また、適性診断ツール「ミツカリ」を使用して自己分析ができるのは「ゼロキャンバス」だけです。

ゼロキャンバスのメリット
  • メリット①:本質や強みを掘り起こす面談がある
  • メリット②:適性診断ツール「ミツカリ」で自己分析できる
  • メリット③:ベンチャー企業の社長と話せるイベント・相談会がある

ゼロキャンバスでは、エージェントが真剣に就活生に向き合ってサポートする体制が整っています。

就活生に寄り添った面談をしてもらえるので、面談の継続率は80%以上と就活生の評価も高いです。

「就活の教科書」編集部

 

ゼロキャンバスは以下のような就活生にオススメです。

ゼロキャンバスがオススメな就活生
  • 自分の強みや長所を掘り起こして武器にしたい就活生
  • 気軽に何でも相談できるエージェントがいい就活生
  • ベンチャー企業の社長と話してみたい就活生

ゼロキャンバスでは、就活生と真剣に向き合ったエージェントと一緒に自分に合う企業選びができます。

「内定のため」だけではなく、入社後の将来も考えたマンツーマンフルサポートが特徴的です。

面談以外でも、LINEで気軽に就活の悩みや相談を聞いてもらえるのも安心です。

オンラインでも独自の就活イベントや相談会を実施しているので、ゼロキャンバスで就活を有利に進めましょう。

「就活の教科書」編集部

>> ゼロキャンバスを見てみる (22卒限定)

 

「ゼロキャンバスの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

就活エージェント④:ミーツカンパニー(スピード感を持って内定)

22卒で内定がない就活生が使うべき就活エージェントの2つ目は「ミーツカンパニー」(株式会社DYM)です。

ミーツカンパニーは就活イベントで、座談会形式で企業の方と直接お話して、マッチングすればそのまま選考に進むことも出来ます。

その場で企業の採用担当者と直接お話しできるので、スピード感を持って内定に近づけるのが魅力的です。

この時期でも22卒限定のイベントが開催されていて、22卒採用に意欲的な企業と出会うことが出来ます。

他にも、選考後はリクルーターが個別につくため、アドバイスや選考対策をしてもらえるので安心です。

ミーツカンパニーのメリット
  • メリット①:22卒限定のイベントが開催されている
  • メリット②:その場で採用担当者と話せるため、スピード感を持って内定に近づける
  • メリット③:プロのリクルーターが専属でサポートしてくれる

ミーツカンパニーは、多くの就活性がは使っている実績があります。

実際に、すでに多くの22卒生がミーツカンパニー経由で内定を得ています。

また、会社の規模や知名度にとらわれない、「本当に自分に合った企業」と出会えます。

「就活の教科書」編集部

 

ミーツカンパニーは以下のような就活生にオススメです。

ミーツカンパニーがオススメ就活生
  • カジュアルな雰囲気で人事と話したい就活生
  • プロのリクルーターについてほしい就活生

「人事と近い距離で話して、効率良く内定が欲しい!」就活生は、ミーツカンパニーに参加してみましょう。

申し込みは、参加したいイベントの日時を選択するだけで、申し込みフォームからすぐに予約できます。

もしかしたら予約枠が埋まってしまう可能性もあるので、早めに予約しておきましょう。

「就活の教科書」編集部

>> ミーツカンパニー(Meets Company)を見てみる

 

ミーツカンパニーのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

今まで内定が無かった人が内定をもらうためにやるべき事

就活生ちゃん

これから、22卒としての内定を目指そうと思います。

でも、切羽詰まってて何からすればいいか分からず、やばいです。

確かに、やることが多いと焦ってしまいますよね。

22卒として、限られた時間で、内定をもらうには優先度の高いことから取り組んでいきましょう。

まずは、この3つから取り組みましょう。

「就活の教科書」編集部

22卒で内定をもらうために、優先的にやること
  • やるべきこと①:最低限の自己分析
  • やるべきこと②:面接対策
  • やるべきこと③:ES対策

それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

やるべきこと①:最低限の自己分析

今まで内定がなくて、「就活がやばい」と感じている人がやるべき事の1つ目は「最低限の自己分析」です。

いくら時間が無いといっても、最低限の自己分析は必要です。

自己分析が出来ていないと、選考に通らない事に加え、内定をもらってもその企業に就職するべきかどうかも分からなくなります。

「自分の強みや弱み、やりたい仕事、チームでの役割」など最低限の項目は、言語化できるようにしておきましょう。

就活生くん

でも、もう時間もないし、自己分析なんてする時間がありません。

自分の事を言語化するなんて時間がかかり過ぎます・・・

時間が無い人は、自己分析ツールを使えば、時間をかけずに自己分析出来ますよ。

自己分析ツールは、スマートフォンでいくつかの質問に答えるだけで、分析結果が文章で返ってきます。

診断結果で、言語化されている内容をそのまま面接などで話せば良いのでオススメです。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

自己分析ツール、使ってみます。

 

やるべきこと②:面接対策

今まで内定がなくて、「就活がやばい」と感じている人がやるべき事の2つ目は、「面接対策」です。

面接だけは、避けては通れません。

22卒で今まで内定がなかった人には、おそらく面接でも印象や話す内容に問題があったはずです。

自分一人で抱え込まないで、なるべく友人など第三者と一緒に面接対策をしましょう。

話す速度、表現、礼の仕方に不自然さはないかなど、しっかりチェックしておきましょう。

 

やるべきこと③:ES対策

今まで内定がなくて、「就活がやばい」と感じている人がやるべき事の3つ目は「ES対策」です。

ESは最初の関門で、基本的に「自己PR、志望動機、学生時代頑張ったこと」などが聞かれます。

ESで、しっかり文章が書けていないと印象が悪いので、ここをしっかり対策しておきましょう。

まずは、ESの書類選考に通過しないと面接に進めないので、22卒で内定がない人は、必ず対策しておきましょう。

就活生ちゃん

ES対策の重要さは分かりました。

そもそも、ESの対策なんて今までやり終えました。

それに、もうゆっくりESの準備をする時間が残っていません・・・

それなら、実際に選考に通った内定者のESを参考すれば効率が良いです。

ここでは、ESが見れるサイトの中で一番オススメのunistyle(ユニスタイル)を紹介します。

内定者のES49,550枚無料で見放題なので、22卒で内定がない人は、すぐに利用してみましょう

「就活の教科書」編集部

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

※ 22卒・23卒の就活生も利用できます

 

【逆転できる!】就活がうまくいかないときに使えるおすすめのサービス

就活生ちゃん

しっかりと就活やっているけど、なかなかうまくいきません…

いつもESや面接で落ちてしまいます。

何か対処法ないでしょうか?

ちゃんと就活をしているのに、上手くいかない就活生は意外といます。

でもESや面接をしっかりと対策すれば、少しずつ上手くいくようになっていきます。

そこで、就活が上手くいかない時に使えるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

DiG UP CAREER

DiG UP CAREERのおすすめポイント
  • あなたが納得できる企業を紹介してくれる
  • 面接練習を行ってくれ、フィードバックもしてくれる
  • 1人ひとりに真剣に向き合ってくれるため、手厚い支援が受けられる
  • 利用者満足度90%、友人紹介率60%
  • 就活サポート人数6,500人以上

>> DiG UP CAREERを見てみる

スタキャリ

スタキャリのおすすめポイント
  • 首都圏の隠れ優良企業の中からあなたに合った企業を紹介してくれる
  • 面接対策、ES添削、就活相談など就活のプロが選考対策を手伝ってくれる
  • 就活生に親身に寄り添ってくれる
  • LINEで簡単に登録できる
  • あなたに合った優良企業も紹介してくれる

>> スタキャリを見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活が上手くいかないアドバイスをもらえたり、効率よく選考対策ができます。

「いつもESや面接で落ちてしまうからどうにかしたい!」「就活上手くいくように選考対策したい!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:最善の選択が出来るように、やるべきことを一つずつやっていこう

この記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、まず、22卒の就活のやばい実態を解説しました。

例えば、内定率やまだ募集している求人はあるのか、22卒就活への影響などについて解説しました。

そして、22卒の就活が上手く行かなかった人が、これからやるべきことも紹介しました。

最後のこの記事のまとめを載せておきます。

この記事のまとめ

◆22卒の就活のやばい実態

  • 実態①:22卒就活のやばかった実態(低い内定率、採用人数縮小)
  • 実態②:22卒でも、まだ求人は残っている(2020年12月現在)
  • 実態③:22卒就活はもっとやばい可能性も
  • 実態④:22卒就活で上手く行かなかった人のための選択肢はこの2つ

◆22卒の就活で内定が無くやばい人すぐにやるべき事

  • やるべきこと①:まずは心のケアをする
  • やるべきこと②:22卒で就活するか、22卒で就活するか決める
  • やるべきこと③:志望企業を増やして、合格の確率を上げる
  • やるべきこと④:企業紹介などの「就活エージェント」のサポートを受ける。

◆【22卒で内定ない、やばい人必見】最短で内定が決まる就活エージェント

◆今まで内定が無かった人が内定をもらうためにやるべき事

  • やるべきこと①:最低限の自己分析
  • やるべきこと②:面接対策
  • やるべきこと③:ES対策