>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【失敗したらどうなる?】就活で失敗した場合にすべき3つのこと | ポイントも

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
就活生と面談をしていると、「就活で失敗したら、どうなるのか?」という質問をよくもらいます。
あなたは、「就活で失敗したら…?」と考えたことはありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

僕は高学歴ですが、公務員の試験に落ちてしまい、就活で失敗したと思っています。
もう人生終わりです、ニートにでもなろうかな…

就活生ちゃん

私は就活で失敗するとは思ってないですが、「もし失敗したらどうしよう…」と悩むことはあります。
就活で失敗しないためには、どうすれば良いですか?

「就活で失敗したらどうしよう…」と悩む就活生は多いですよね。
僕も就活をしていた時は、同じように悩んでいたので、気持ちは非常にわかります。
しかし就活で失敗しても、案外なんとかなるものです。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、就活で失敗したらすべき3つのことを解説します。

合わせて、就活で失敗したらどうなるのかや、失敗しないためのポイントも解説します。

この記事を読めば、「就活で失敗したから、もう人生終わりなんだ…」と悩むこともなくなります。

「就活で失敗したけど、何とかして内定をもらいたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活における失敗とは

就活生くん

そもそも就活における失敗って、どのような内容のことを指すんですか?

就活における失敗は、以下のような内容を指すことが多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本

よくある就活失敗の定義
  • 第一志望の企業から内定をもらえなかった
  • 内定を1つももらえなかった
  • ブラック企業に入社してしまった

志望する企業から内定をもらえないと、とても辛く悲しい気持ちになりますよね。
しかし就活で失敗したと思っても、そのまま何もしないと、悲惨な結末を迎えることになります。
次は、就活で失敗したらどうなるかを紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

就活で失敗したらどうなる?

就活生くん

就活で失敗したらどうなるんですか?
就活で失敗した人の末路を教えてください。

就活で失敗した人は、以下のような末路を辿ることになります。

「就活の教科書」編集長 岡本

就活で失敗したらどうなる?
  • 失敗したら①:就職留年・就職浪人する
  • 失敗したら②:フリーターになる
  • 失敗したら③:無職になる

それでは、就活で失敗したらどのような末路を辿るのかについて、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

失敗したら①:就職留年・就職浪人する

就活で失敗した学生の末路1つ目は、「就職留年・就職浪人する」です。

就職留年とは、大学を卒業せずに、新卒として就職活動をすることを指します。

それに対して、就職浪人とは、大学を卒業して、既卒として就職活動をすることを指します。

就職留年・就職浪人のどちらを選択しても、もう1年就活をすることになるため、辛い道のりを乗り越える必要があります。

就職留年・就職浪人については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

失敗したら②:フリーターになる

就活で失敗した学生の末路2つ目は、「フリーターになる」です。

フリーターとは、アルバイトや派遣社員などの非正規雇用で生計を立てている人のことです。

フリーターは正規雇用と違って、「収入が安定しない」「正社員になりにくい」「保険に入れない」などのデメリットがたくさんあります。

就活で失敗して、フリーターとして働く人は意外にも多いです。
しかし同時に、フリーターとして働いてみて、安定しない生活に嫌気が指す人もいるため、注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

就活で詰んだ時の対処法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

失敗したら③:無職になる

就活で失敗した学生の末路3つ目は、「無職になる」です。

就活で内定をもらえず、就職できないまま、アルバイトもしなかった場合、無職になってしまいます。

無職になってしまうと、親からお金を借りる等しか生きる方法がないため、

就活が失敗する理由は、これら3点の他にもあります。
就活がうまくいかない理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

就活で失敗したらすべき3つのこと

就活生くん

就活で失敗したら、大変なことになることがわかりました。
でも実際に就活で失敗したら、どうすれば良いですか…?

就活で失敗したら、次の3つを実施してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

就活で失敗したらすべき3つのこと
  • すべきこと①:休学する
  • すべきこと②:大学院に進学する
  • すべきこと③:就活エージェントを使う

それでは、就活で失敗したらすべきことを、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

すべきこと①:休学する

就活で失敗したらすべきこと1つ目は、「休学する」です。

休学を半年〜1年間して、また来年に就活をすれば、同様に新卒として就活できます。

休学をしている間に、語学留学や長期インターンに参加すれば、新しく興味をもてる分野が見つかる可能性もあります。

数万円もあれば休学できるので、その間に知識やスキルをつけて、1年後に再び就活をするのは非常に有効な手段です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

すべきこと②:大学院に進学する

就活で失敗したらすべきこと2つ目は、「大学院に進学する」です。

大学院に進学して、専門的な研究をすることで、専門知識を必要とする企業に就職できる可能性があります。

また大学院を卒業するまでに2〜4年間あるので、その間に就活対策をするのもおすすめです。

しかし大学院に進学するには、入学金や学費がかかるため、余分にお金がかかってしまうのが難点です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

すべきこと③:就活エージェントを使う

就活で失敗したらすべきこと3つ目は、「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントとは、就職活動のプロが内定までサポートしてくれる、無料のサービスです。

就活エージェントを使えば、優良企業の紹介面接対策内定までをサポートしてもらえます。

ちなみに、「就活の教科書」編集長の僕が本当におすすめできる就活エージェントを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

本当におすすめできる就活エージェント3選
  • おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、地域都市で面談)
  • おすすめ②:DiG UP CAREER(少数精鋭、LINEで密にサポート)
  • おすすめ③:ジョブスプリング(AIマッチングで早期退職率0.1%、東京限定)

 

おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、地域都市で面談)

本当におすすめできる就活エージェント1つ目は、キャリアチケットです。

キャリアチケットでは、厳選された企業のみを紹介してもらえ、ブラック企業に就職することを避けられます。

紹介してもらえる企業は、実際に取材した上で厳選された企業(170社)のみです。

キャリアチケットを利用すれば、あなたに合ったホワイト企業が見つかりやすくなります。

キャリアチケットは最短3日で内定が出るという早期内定に実績がある就活エージェントです。

さらに、紹介先企業を厳選しているため、ホワイト企業が多いです。
そのため「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生にオススメです。

またキャリアチケットは、就活エージェントには珍しく東京に加えて、横浜・大阪・京都・名古屋・福岡でも利用可能。
すでに就活生13万人以上が登録しており、就活生の4人に1人が登録しています。

登録後はいつでも退会できるので、早速キャリアチケットを試して、最速でホワイト企業からの内定を獲得しましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

キャリアチケットのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(少数精鋭、LINEで密にサポート)

本当におすすめできる就活エージェント2つ目は、「DiG UP CAREER」です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介のエージェントサービス。

就活生一人一人に対するサポートが手厚いため、利用者から高い評価を受けています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

DiG UP CAREERは就活相談やES添削から、面接対策や企業紹介まで、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就職エージェント。

DiG UP CAREERがサポートした20卒の就活生は約1,000人で比較的少なく、入社後にもサポートしてくれるほど手厚いです。

今後、DiG UP CAREERの利用者が増えると予想されるため、手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ③:ジョブスプリング(AIマッチングで早期退職率0.1%、東京限定)

本当におすすめできる就活エージェント3つ目は、「ジョブスプリング」です。

ジョブスプリングでは、通常の就活面談に加えて独自のAIマッチングを行っており、自分に適した企業が見つかります。

その結果、1年間の平均離職率が15%と言われる中、ジョブスプリング利用者の3年間の離職率はわずか0.1%の水準となっています。

また、担当のエージェントと対面で面談をするためには、東京(神保町)に足を運ばないといけません。

そのため、ジョブスプリングは関東の学生しか対面での面談ができません。

ジョブスプリングでは、AIマッチングで1000社以上の企業から、就活生それぞれに適した企業を紹介してもらえます。

AIマッチングでの結果に基づいているため、紹介される企業のマッチ度が高く、紹介されてから内定までのスピードが早いです。

ジョブスプリングには就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさんあります。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に考えてくれるのはありがたいですね。

「就活の教科書」編集長 岡本

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

「ジョブスプリングの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

就活エージェントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

就活で失敗しないためのポイント

就活生ちゃん

就活で失敗したら、大変な結果になることがわかりました。
なので、就活で失敗しないために、どうすれば良いかを教えてください!

もちろん、就活で失敗せず、志望する企業に就職できるのが理想ですよね。
就活で失敗しないためのポイントは、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本

就活で失敗しないためのポイント
  • ポイント①:早い時期から就活に向けて準備する
  • ポイント②:自己分析に時間をかける
  • ポイント③:インターンシップに参加する

それでは、就活で失敗しないためのポイントをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ポイント①:早い時期から就活に向けて準備する

就活で失敗しないためのポイント1つ目は、「早い時期から就活に向けて準備する」です。

早い時期から就活に向けて準備や対策をしておくことで、いざ就活が本格的に始まった際には、企業にの選考を通過できる実力がついているはずです。

具体的には、大学3年生の4月までには就活を始めるのがおすすめです。

自己分析、業界研究・企業研究、OB訪問、選考対策など、就活に向けてすべきことはたくさんあります。

とは言っても、具体的にどんな準備をすれば良いかわからない就活生もいますよね。
就活に向けてすべき準備や対策などは、以下の記事で詳しくまとめていますので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ポイント②:自己分析に時間をかける

就活で失敗しないためのポイント2つ目は、「自己分析に時間をかける」です。

自己分析に時間をかけることで、より自分の性格に合った企業を見つけられるようになります。

自己分析をやったつもりでも、意外とうまくできておらず、企業選びに失敗してしまう就活生も多いです。

自己分析には明確な終わりがないため、しっかりと時間をかけて行いましょう。

自己分析のやり方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

ポイント③:インターンシップに参加する

就活で失敗しないためのポイント3つ目は、「インターンシップに参加する」です。

インターンシップに参加することで、周りの就活生から刺激を受けられ、就活に対するモチベーションの向上につながります。

またインターンシップで好成績を残せた場合、特別選考を受けられたり、エントリーシート(ES)や一次面接を免除されたりすることもあります。

自分に向いている業界・企業を見つけるという意味でも、インターンシップには積極的に参加するのがおすすめです。

インターンシップに参加することは、メリットしかありません。
興味のある業界・企業があれば、とにかくインターンシップに参加してみましょう。

インターンシップを探したい人は、オススメのインターンシップが紹介されていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

どうしても就活を頑張れないと感じている人は、就活を頑張るための対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就活が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

 

まとめ:就活に失敗しても死ぬわけではない

この記事では、就活で失敗したらすべき3つのことを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活で失敗したらどうなるのかや、失敗しないためのポイントも解説しました。

この記事で学んだ内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

就活で失敗したらすべき3つのことまとめ

就活で失敗したらどうなる?

  • 失敗したら①:就職留年・就職浪人する
  • 失敗したら②:フリーターになる
  • 失敗したら③:無職になる

就活で失敗したらすべき3つのこと

  • すべきこと①:休学する
  • すべきこと②:大学院に進学する
  • すべきこと③:就活エージェントを使う

就活で失敗しないためのポイント

  • ポイント①:早い時期から就活に向けて準備する
  • ポイント②:自己分析に時間をかける
  • ポイント③:インターンシップに参加する

就活で失敗したら、「フリーターになる」「無職になる」など、大変な未来が待っています。
しかし就活で失敗したとしても、案外なんとかなるものです。
就活で失敗したと思ったら、休学をしてみたり、就活エージェントを活用してみたりして、内定獲得につなげましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本