【何が違う?】ベンチャー企業と中小企業の違い | 定義,大手企業との違いも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 最短2週間※1で内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける(24卒向け)
(キャリアチケット)

*対策後の内定率78%UP※2!


※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の久保です。

この記事では、ベンチャー企業と中小企業/大企業の違いを紹介していきます!

就活生の皆さんの中には、「ベンチャー企業って普通の企業とどう違うの?」「ベンチャー企業と中小企業/大企業どっちに就職すべき?」など様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 久保

 

就活生くん

僕は、ベンチャー企業に就職したいのですが・・・

中小企業との違いって何なのでしょうか?

就活生ちゃん

私は、働き方の違いが気になります!

ベンチャー企業と中小企業/大企業で働き方などの違いはあるんでしょうか?

 

確かに、ベンチャー企業と中小企業の違いが判らない人もいますよね!

また、ベンチャー企業と中小企業/大企業の働き方の違いが気になる人もいると思います!

「就活の教科書」編集部 久保

 

そこでこの記事では、ベンチャー企業/中小企業/大企業の違いを解説していきます!

合わせて、ベンチャー企業と中小企業/大企業に就職するメリットデメリットや、向いている人の特徴も紹介します。

ベンチャー企業と中小企業/大企業どちらに就職するか迷っている就活生」や、「ベンチャー企業と中小企業/大企業の違いが気になる就活生」はぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、ベンチャー企業と中小企業/大企業の違いについて理解が深まります。

先にお伝えしておくと、「隠れ優良ベンチャー企業の紹介が欲しい」なら、【24卒向け】キャリアチケット就活のプロから優良ベンチャー企業を紹介してもらうのが一番おすすめです。

ちなみに【24卒向け】キャリアチケット以外にも、5つの質問で就活の軸を診断後にオファーがもらえる「キャリアチケットスカウト」、あなたに合う大手や優良企業から特別スカウトが来る「OfferBox」、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognaviもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】隠れ優良ベンチャー企業を紹介してくれるおすすめツール(無料)

\ 優良ベンチャー企業を紹介! /

\ 最短2週間※1で内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける(24卒向け)
(キャリアチケット)

*対策後の内定率78%UP※2!


※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

結論をお伝えすると、優良ベンチャー企業への内定を目指すならキャリアチケット(24卒向け)を利用するのが一番オススメですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

優良ベンチャー企業への就職を目指すなら
 

「ホワイトなベンチャー企業を知りたい」「優良ベンチャー企業に就職したい」という方は、「キャリアチケット」の利用がおすすめです。

 

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

もちろん優良ベンチャー企業も含まれるので、ベンチャー企業を目指す方は利用してみてくださいね。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  優良ベンチャーを教えてもらう
(キャリアチケット)
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

※12022年度実績

【何が違うの?】ベンチャー企業と中小企業の違い

就活生くん

ベンチャー企業と中小企業の具体的な違いは何なのでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と中小企業の違いについて解説していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ベンチャー企業と中小企業の違い
  • 違い①:ビジネスモデルが既存のものかどうか
  • 違い②:企業の成長速度が速いかどうか
  • 違い③:設立してどれくらい経っているのか

 

違い①:ビジネスモデルが既存のものかどうか

ベンチャー企業と中小企業の違い1つ目は、「ビジネスモデルが既存のものかどうか」です。

ベンチャー企業は、革新的なアイディアや技術を使って、比較的新しいビジネスモデルを展開していることが多いです。

その分、中小企業と比べてリスクが高く、企業の成長に応じた経営資源を充足していきます。

一方、中小企業は慎重なビジネスモデルを採用する企業が多いです。

そのため、ベンチャー企業と中小企業の違いは、ビジネスモデルにも表れています。

ベンチャー企業は、挑戦心がある野性的な人材を好む傾向があります!

「就活の教科書」編集部 久保

 

違い②:企業の成長速度が速いかどうか

ベンチャー企業と中小企業の違い2つ目は、「企業の成長速度が速いかどうか」です。

ベンチャー企業は、成長速度が速い企業が多いです。

成長速度が速いので、どんどん変化していきます。

一方、中小企業は、成長が終わり安定している企業が多いです。

変化を好んだり、自分主体で動ける人がベンチャー企業に向いています。

20代でも代表取締役になることが出来るのが、ベンチャー企業の魅力ですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

違い③:設立してどれくらい経っているか

ベンチャー企業と中小企業の違い3つ目は、「設立してどれくらい経っているか」です。

ベンチャー企業と中小企業で、設立して経過した時間の明確な定義はないですが、ベンチャー企業は設立して間もない場合が多いです。

だからこそ、経営が不安定で成長速度が速くなっています。

中小企業は、設立してからだいぶ時間が経っているので、成長も終わり安定期に入っています。

なので、設立してからの経過時間も、ベンチャー企業と中小企業の判断基準と考えておきましょう。

ベンチャー企業の中でも設立して3年目までは、スタートアップと呼ばれます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ベンチャー企業、中小企業/大企業との違い | 新卒で就職するなら?」については、Youtube動画でも解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

【就活】結局、新卒で就職するならベンチャー企業と大手企業どっちがいいの?

 

「優良ベンチャー企業に就職したい!」「ベンチャーの優良企業探すの難しい!」という方はキャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、あなたが活躍できる優良ベンチャー企業を教えてくれたりES添削や面接対策などの選考対策のサポートも受けられます。

「ホワイトベンチャー企業から内定をもらいたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」ならあなたに合う優良成長ベンチャー企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良ベンチャー企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
  • 就活のプロと選考企業に合ったES添削・面接対策を行える
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

また、おすすめのホワイト企業については【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


ベンチャー企業と大企業の違い

就活生ちゃん

ベンチャー企業と中小企業の違いはわかりました!

なので、ベンチャー企業と大企業の違いを教えてください!

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と大企業の違いを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業と大企業の違い
  • 違い①:上司が選べる/選べない
  • 違い②:勤務地が選べる/選べない
  • 違い③:成果が給与に反映される/されない

 

違い①:上司が選べる/選べない

ベンチャー企業と大企業の違いの1つ目は、「上司が選べる/選べない」です。

大企業は就職後、どんな上司のもとで働くかを就職前に知ることが出来ません。

なので、自分に合わない上司の場合もある程度我慢して業務を行わなければならないのです。

ですが、ベンチャー企業は企業自体の規模が小さく、働く前に自分の上司となる人に会える場合が多いです。

採用面接やインターンを行っている中で、上司となる人がどんな人かを見極める機会があります

よって、ベンチャー企業と大企業の違いの1つ目は、「上司が選べる/選べない」となります。

上司は、自分の労働環境に大きく影響しますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

違い②:勤務地が選べる/選べない

ベンチャー企業と大企業の違いの2つ目は、「勤務地が選べる/選べない」です。

大企業は、就職後に転勤や出向がある場合が多いです。

なので、本社とは違った場所で働かされる場合があります

ですが、ベンチャー企業は、そもそも本社以外業務場所がない場合が多いです。

なので、ほとんどの場合勤務地は本社の場所と同じになります。

よって、ベンチャー企業と大企業の違いの2つ目は、「勤務地が選べる/選べないとなります。

大企業に入ったのに10年以上本社で働いたことがない・・・ということもあるらしいですよ!

「就活の教科書」編集部 久保

 

違い③:人が多い/少ない

ベンチャー企業と大企業の違いの3つ目は、「人が多い/少ない」です。

大企業は、従業員数がすごく多いです。

ですが、ベンチャー企業は少数精鋭になります。

企業の規模によって人の数が大きく変わります。

なので、ベンチャー企業と大企業の違いの3つ目は、「人が多い/少ない」です。

人の数は、個人の裁量権の大きさも表しているように感じますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

 

優良ベンチャー企業への就職を目指すなら
 

「ホワイトなベンチャー企業を知りたい」「優良ベンチャー企業に就職したい」という方は、「キャリアチケット」の利用がおすすめです。

 

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

もちろん優良ベンチャー企業も含まれるので、ベンチャー企業を目指す方は利用してみてくださいね。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  優良ベンチャーを教えてもらう
(キャリアチケット)
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

※12022年度実績

ベンチャー企業と中小企業/大企業の定義による違い

就活生くん

ベンチャー企業と中小企業の定義の違いって何でしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と中小企業/大企業の定義をそれぞれ解説していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ベンチャー企業と中小企業/大企業の定義による違い
  • ベンチャー企業の定義
  • 中小企業の定義
  • 大企業の定義

 

ベンチャー企業の定義に明確な定義はない

ベンチャー企業の定義ですが、実は、ベンチャー企業に明確な定義はありません。

そのため、ここでは3つのベンチャー企業の説明を紹介します。

なので、ここからはベンチャー企業に関する説明を3つ紹介していきます。

ベンチャー企業に関する説明3選
  • Business Dictionaryによるbusiness ventureの説明
  • BOXILによるベンチャー企業の説明
  • 野村証券によるベンチャー企業の説明

 

①Business Dictionaryによるbusiness ventureの説明

Business Dictionaryによると、ベンチャー企業は以下のように説明されています。

start-up entity developed with the intent of profiting financially. A business venture may also be considered a small business. Many ventures will be invested in by one or more individuals or groups with the expectation of the business bringing in a financial gain for all backers.

経済的に利益を上げる目的で開発された新興企業。 ビジネスベンチャーも中小企業と見なされる場合があります。 多くのベンチャー企業は、すべての支援者に経済的利益をもたらすことを期待して、1人または複数の個人またはグループによって投資されます。(Google翻訳)

Business Dictonaryでは、利益目的の新しい企業となっています。また、ベンチャーは中小企業に分類されることもあるようです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

②BOXILによるベンチャー企業の説明

次に、ビジネスメディアであるボクシルマガジンのベンチャー企業の説明です。

ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術をもとにして、新しいサービスやビジネスを展開する企業を意味します。規模としては、小規模から中規模であることがほとんどです。「新興企業」という意味でもこの呼び方が使われます。

ボクシルマガジンでは、新しい技術やアイデアで新しいサービスやビジネスをする企業であり、新興企業の意味でも使われるとあります。

「就活の教科書」編集部 久保

 

③野村証券によるベンチャー企業の説明

最後に、野村証券の証券用語解説集のベンチャーキャピタルの説明です。

新しい技術や独創的なアイデアで市場を切り開こうとする新興企業(ベンチャー企業)に資金を提供する機関。

野村証券の説明だと、ベンチャー企業は新技術やアイデアで市場を開拓する企業を指すようです。

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業の明確な定義はありませんが、説明に共通する部分がありました。

ベンチャー企業の説明に共通する部分は以下の通りです。

ベンチャー企業の説明の共通点
  • 新しい技術やアイデアで利益を出そうとする
  • ベンチャー企業は比較的新しい企業が多い
  • ベンチャー企業の多くは小・中規模である

共通点をまとめると、ベンチャー企業とは新しい技術やアイデアで勝負する、比較的新しく小・中規模の企業であるといえますね!

また、ベンチャー企業については以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

 

中小企業の定義は資本金と従業員数で決まる

次に、中小企業の定義です。

中小企業の定義は、資本金と従業員数で決まると言われています。

また、行政機関の1つである中小企業庁によると中小企業の定義は以下の通りです。

業種分類 中小企業基本法の定義
製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業 資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社又は常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

参照:中小企業庁- 中小企業・小規模企業者の定義より引用

上記の表によると、中小企業は資本の金額と従業員の数によって決定されることがわかりますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

大企業の定義は中小企業以上の規模の企業である

最後に、大企業の定義です。

明確な定義ではありませんが、大企業は一般的に「資本金3億円以上で従業員が300人以上の企業」と定義付けされています

ですが、中小企業には明確な定義があります。

そして、中小企業以上の規模を持つ企業を大企業と認識されます。

なので、中小企業の定義と比べて大企業を判断するといいかもしれません。

大企業については、以下の記事でも紹介しているので興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

               

優良ベンチャー企業の見つけ方に関する記事一覧

「若いうちから裁量権を持って働きたい」という就活生には、ベンチャー企業がおすすめです。

ベンチャー企業の見つけ方は、 就職サイトから見つけるベンチャー企業TOP10の中から選ぶという2つの方法があります。

以下の方法で、あなたにぴったりの優良ベンチャー企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

ベンチャー企業を見つける方法2選
                                   

「優良ベンチャー企業に就職したい!」「ベンチャーの優良企業探すの難しい!」という方はキャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、あなたが活躍できる優良ベンチャー企業を教えてくれたりES添削や面接対策などの選考対策のサポートも受けられます。

「ホワイトベンチャー企業から内定をもらいたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」ならあなたに合う優良成長ベンチャー企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良ベンチャー企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
  • 就活のプロと選考企業に合ったES添削・面接対策を行える
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

また、おすすめのホワイト企業については【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


ベンチャー企業/中小企業/大企業で働くメリットの違い

就活生くん

ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くメリットの違いはあるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

 

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くメリットの違いを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くメリットの違い
  • ベンチャー企業で働くメリット「仕事の裁量権が大きい」
  • 中小企業で働くメリット「ベンチャー企業と同じ」
  • 大企業で働くメリット「社会的信用・ブランドがある」

 

ベンチャー企業で働くメリット「仕事の裁量権が大きい」

ベンチャー企業で働くメリットの違いは、中小企業のメリットと同じく「仕事の裁量権が大きい」ことです。

中小企業は、社員数が少ないことから1人の仕事の幅が広くなっています。

そして、ベンチャー企業では1人1人の仕事の範囲が決まっていないので仕事の裁量権が大きくなるのです。

他にも、ベンチャー企業で働くメリットはこのようなものがあります。

ベンチャー企業で働くメリット
  • 成果次第で大幅に給与がアップする
  • 自分の成長が実感しやすい
  • 意思決定が早い

ベンチャー企業は、バリバリ仕事がしたい人にとっては良い環境ですね!

「ベンチャー企業に就職したい」就活生の方はレバテックルーキーを使うのがおすすめです。

ベンチャー就活のプロに気軽にLINEで相談できるので、ベンチャー企業で働きたい就活生はぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 久保

>> レバテックルーキーを見てみる

 

中小企業で働くメリット「ベンチャー企業と同じ」

中小企業で働くメリットの違いは「仕事の裁量権が大きい」ことです。

社員数が少ないために社員の1人1人が会社全体に関わることができるからです。

他にも、中小企業で働くメリットはこのようなものがあります。

中小企業で働くメリット
  • 仕事次第ですぐに偉くなれる
  • 経営に関わりやすい
  • 人数が少ないため、コミュニケーションが取りやすい

メリットの違いを理解して、どちらが自分に向いているかを判断するようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 久保

 

大企業で働くメリット「社会的信用・ブランドがある」

大企業で働くメリットの違いは、「社会的信用・ブランドがある」ことです。

大企業は、有名企業であり社会的認知度も高くあります。

なので、中小企業やベンチャー企業とは異なり、社会的信用が得やすいのです。

他にも、大企業で働くメリットにはこのようなものがあります。

大企業で働くメリット
  • 福利厚生や給料が手厚い
  • 大規模な仕事がある
  • 共に働く仲間が多い
  • 研修制度が充実している

大企業は福利厚生も充実している傾向にありますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

優良ベンチャー企業への就職を目指すなら
 

「ホワイトなベンチャー企業を知りたい」「優良ベンチャー企業に就職したい」という方は、「キャリアチケット」の利用がおすすめです。

 

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

もちろん優良ベンチャー企業も含まれるので、ベンチャー企業を目指す方は利用してみてくださいね。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  優良ベンチャーを教えてもらう
(キャリアチケット)
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

※12022年度実績

ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くデメリットの違い

就活生くん

ベンチャー企業と中小企業/大企業のメリットの違いはわかりました。

ですが、デメリットの違いはないんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と中小企業/大企業のデメリットの違いを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業/中小企業/大企業で働くデメリットの違い
  • ベンチャー企業で働くデメリット「大企業と比べて制度が整っていない」
  • 中小企業で働くデメリット「大企業と比べて給料が低い」
  • 大企業で働くデメリット「組織の中に歯車感がある」

 

ベンチャー企業で働くデメリット「大企業と比べて制度が整っていない」

ベンチャー企業で働くデメリットの違いは「大企業と比べて制度が整っていない」ことです。

ベンチャー企業の定義でお伝えしたように、ベンチャー企業は新しい企業が多いために福利厚生や給与制度などが整っていません。

そのため、仕事以外のところでデメリットを被る可能性があります。

また、ベンチャー企業で働くデメリットは他にこのようなものがあります。

ベンチャー企業で働くデメリット
  • 大企業と比べて給与が低い
  • 突然潰れるかもしれない

制度を新しく作れるという面では、ベンチャー企業のメリットになるかもしれもせんね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

中小企業で働くデメリット「大企業と比べて給料が低い」

中小企業で働くデメリットの違いは「大企業と比べて給与が低い」ことです。

中小企業は大企業と比べて経営面で不安定なため、現在利益が出ていても社員の給与を上げづらいです。

また、中小企業で働くデメリットは他にこのようなものがあります。

中小企業で働くデメリット
  • 知名度がないため、信用が低い
  • 大企業と比べて福利厚生が整っていない
  • 距離が近いため、合わない人がいるとしんどい

中小企業では、人間関係がメリットにもデメリットにもなることがあります。

「就活の教科書」編集部 久保

 

大企業で働くデメリット「組織の中に歯車感がある」

大企業で働くデメリットの違いは、「組織の中の歯車感がある」ことです。

大企業で働くと、個人の裁量権が少なくなってしまいます。

なので、組織の中の歯車感が出てしまうのです。

他にも、大企業で働くデメリットにはこのようなものがあります。

大企業で働くデメリット
  • 職種・勤務地・上司が選べない
  • 成果が給料に反映されない
  • スピード感はない
  • 社内調整を必要とする

野心があり自分の成果をあげたい人は、大企業が向いていないかもしれません!

「就活の教科書」編集部 久保

 

「優良ベンチャー企業に就職したい!」「ベンチャーの優良企業探すの難しい!」という方はキャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、あなたが活躍できる優良ベンチャー企業を教えてくれたりES添削や面接対策などの選考対策のサポートも受けられます。

「ホワイトベンチャー企業から内定をもらいたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」ならあなたに合う優良成長ベンチャー企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良ベンチャー企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
  • 就活のプロと選考企業に合ったES添削・面接対策を行える
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

また、おすすめのホワイト企業については【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


ベンチャー企業と中小企業/大企業の向いている就活生の特徴の違い

就活生ちゃん

ベンチャー企業と中小企業/大企業で向いている人に違いはあるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、ベンチャー企業と中小企業/大企業の向いている人の特徴の違いを紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

ベンチャー企業/中小企業/大企業に向いている人の特徴の違い
  • ベンチャー企業に向いている人の特徴
  • 中小企業に向いている人の特徴
  • 大企業に向いている人の特徴

 

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴

まず、ベンチャー企業に向いている就活生の特徴です。

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴は以下の通りです。

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴
  • 特徴①:早くから裁量権を持って仕事をしたい就活生

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴1つ目は、早くから裁量権を持って仕事をしたい就活生です。
ベンチャー企業はベンチャー企業では1人1人の仕事の範囲が決まっていないため、1人1人の仕事の裁量権が多いです。
そのため、早くから裁量権を持って仕事をしたい就活生にとっては、ベンチャー企業は適した環境です。

  • 特徴②:自分で考えて動ける就活生

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴2つ目は、自分で考えて動ける就活生です。
繰り返しになりますが、ベンチャー企業ではまだ1人1人の仕事の範囲が決まっていないことがあります。
今自分が何をする必要があるか・何が求められているかを考えられる人が重宝されます。
そのため、自分で考えて動ける就活生はベンチャー企業は向いています。

他にも、ベンチャー企業に向いている就活生の特徴は、以下のものが挙げられます。

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業に向いている就活生の特徴
  • 向いてる就活生の特徴①:将来独立したい人
  • 向いてる就活生の特徴②:負けず嫌いな人
  • 向いてる就活生の特徴③:若いうちから稼ぎたい人
  • 向いてる就活生の特徴④:仕事が好きな人
  • 向いてる就活生の特徴⑤:道なき道を行くのが面白いと思う人

 

自分がベンチャー向きか分からない人は、就活エージェントに相談してみることをおすすめします!

レバテックルーキーはベンチャー企業の取り扱いが多く、ベンチャーに向く人の特徴もよく把握しています!

「就活の教科書」編集部 久保

>> レバテックルーキーを見てみる

 

また、ベンチャー企業に向いている人の特徴やまとめて探せる就活サイトについては、以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

中小企業に向いている就活生の特徴

次に、中小企業に向いている就活生の特徴です。

中小企業に向いている就活生の特徴は以下の通りです。

  • 特徴①:早くから様々な仕事に関わりたい就活生

中小企業に向いている就活生の特徴1つ目は、早くから様々な仕事に関わりたい就活生です。
中小企業のメリットであったように、中小企業は人が少ないために社員の1人1人が会社全体に関わる仕事をする必要があります。
そのため、早くから様々な仕事を経験したい就活生にとっては裁量権の多い中小企業は良い環境です。

  • 特徴②:経営者と近い距離で働きたい就活生

中小企業に向いている就活生の特徴2つ目は、経営者と近い距離で働きたい就活生です。
こちらも中小企業のメリットでお伝えしたように、中小企業は経営者との距離が近いです。
そのため、経営に関わりたいと考えている就活生や、経営者の考え方・働き方を知りたい就活生には経営者との距離が近い中小企業は良い環境です。

 

中小企業についてもっと知りたい人は、以下の記事で有優良中小企業の探し方が詳しく分かるので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

大企業に向いている就活生の特徴

最後に、大企業に向いている就活生の特徴です。

大企業に向いている就活生の特徴は以下の通りです。

  • 特徴①:社名ブランドが欲しい人

大企業に向いている就活生の特徴1つ目は、社名ブランドが欲しい人です。
世間では、大企業に入社する=エリートという認識があるので、ブランドがある大企業に入社すればエリートの称号を手にできます。

  • 特徴②:安定して給料が欲しい人

大企業に向いている就活生の特徴2つ目は、安定して給料が欲しい人です。
最近では大企業にも安定では無いと言われていますが、それは事実です。
しかし、ベンチャーに比べると大企業の方が比較的に安定していることもまた事実です。
さらにベンチャーでは、成果に応じて給料が決まる会社もあるので、自分の仕事次第では給料が減ることもあります。

  • 特徴③:プライベートを大事にしたい人

大企業に向いている就活生の特徴3つ目は、プライベートを大事にしたい人です。
大企業では、ベンチャーと比べると福利厚生や休暇制度が手厚いです。
そのため、仕事以外のプライベートの時間を大事にできます。

  • 特徴④:組織的に動ける人

大企業に向いている就活生の特徴4つ目は、組織的に動ける人です。
組織的に動ける人とは「全体を見てゴールに向かって集団を動かせる人」「コミュニケーション能力が高い人」のことです。
大企業では、社外の人間との折衝が多く、個人より団体という広い視野でものごとを見る力が求められます。
そのため、チームワークを大切にする人は大企業に向いています。

  • 特徴⑤:与えられた仕事をこなしていきたい人

大企業に向いている就活生の特徴5つ目は、与えられた仕事をこなしていきたい人です。
大企業での仕事は、自分で仕事を取りに行くよりも、与えられた仕事を正確にこなすことが求められます。
能動的に動いて仕事を作るより、受動的に仕事をこなしていきたい人は、大企業が向いているでしょう。

 

優良ベンチャー企業への就職を目指すなら
 

「ホワイトなベンチャー企業を知りたい」「優良ベンチャー企業に就職したい」という方は、「キャリアチケット」の利用がおすすめです。

 

キャリアチケットでは、自己分析からES添削・面接練習・企業紹介まで徹底的なサポートが受けられ、「あなたに合った企業」への内定を目指せます。

就活のプロがあなたの強みを見つけ「あなたの強みを活かせる企業」を紹介してくれるため、短期で内定をもらうこともできます。

もちろん優良ベンチャー企業も含まれるので、ベンチャー企業を目指す方は利用してみてくださいね。

\ 今までに13,000人※1の就活生が利用! /  優良ベンチャーを教えてもらう
(キャリアチケット)
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

※12022年度実績

優良ベンチャー企業/中小企業の探し方

就活生くん

わたしは、優良企業に就職したいです!

久保さん、優良ベンチャー企業/中小企業の探し方を教えてください!

わかりました!

それでは、優良ベンチャー企業・中小企業の探し方を紹介していきます!

ベンチャー企業/中小企業を探せるおすすめサイトは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

ベンチャー企業/中小企業を探せるおすすめサイト
  • 結論「就活エージェント」の紹介を受けるのが、一番効率的でベスト!
  • 良い中小企業:グローバルニッチトップ(GNT)
  • 良いベンチャー企業:ベストベンチャー100

 

「就活エージェント」の企業紹介を受ける

優良のベンチャー企業や中小企業を探すには、就活エージェントが一番効率的で良いです。

就活エージェンとは、就活生に無料で企業紹介をしてくれるエージェントのことです。

優良企業の求人をたくさん持っており、面談を通して学生に合う企業を紹介してくれますよ。

たとえば、カウンセリングを通して、あなたの就活軸や適性に合わせて企業紹介をしてくれますよ。

ちなみに数ある就活エージェントの中でもレバテックルーキーが特にオススメです。

レバテックルーキーでは、エージェントが真剣に就活生に向き合ってサポートする体制が整っています。

優良ベンチャー企業5,000社の求人もあるため、就活生一人一人にあった企業を紹介してくれますよ。

「就活の教科書」編集部 久保

>> レバテックルーキーを見てみる

 

「レバテックルーキー」についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事でも紹介しているのでぜひご覧ください

 

優良中小企業の探し方:グローバルニッチトップ(GNT)から探す

良い中小企業を探すための手段として、グローバルニッチトップ(GNT)を参考にしてみてください。

グローバルニッチトップ(GNT)は経済産業省で以下のように説明されています。

昨今の産業構造の変化や、求められるニーズの変化に迅速に対応するため、大企業や主要業界団体だけでなく、ニッチ分野において高い世界シェアを有し、優れた経営を行っている中堅・中小企業

また、グローバルニッチトップ企業の選定の基準は以下の通りです。

  • 大企業:世界市場の規模が100~1000億円程度であって、製品・サービスの20%以上の世界シェアを保有
  • 中堅企業・中小企業:製品・サービスの10%以上の世界シェアを保有

グローバルニッチトップは、ニッチな分野で世界的にも優れている中堅・中小企業(+大企業少し)のことです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

優良ベンチャー企業の探し方:ベストベンチャー100から探す

良いベンチャー企業を探すための手段としては、ベストベンチャー100を参考にしてみてください。

以下は、ベストベンチャー100に記載されている説明です。

ベストベンチャー100とは、これから成長が期待されるベンチャー企業100社限定のサイトで、法人向け有料会員制サービスになります。サイトでご紹介したベンチャー企業には、単なるサイト掲載に留まらず、弊社から企業成長に必要な様々なサービスをご提供します。

法人向けのサイトですが、成長が期待されるベンチャー企業が掲載されているので、企業選びの参考になるかと思います。

また、ベンチャー企業に特化したナビサイトを使うのもおすすめです。

GoodfindPassionnaviはベンチャー企業に特化しているため、効率良く自分にあったベンチャー企業を探せます。

Goodfindの評判は以下の記事でも紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

 

「優良ベンチャー企業に就職したい!」「ベンチャーの優良企業探すの難しい!」という方はキャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、あなたが活躍できる優良ベンチャー企業を教えてくれたりES添削や面接対策などの選考対策のサポートも受けられます。

「ホワイトベンチャー企業から内定をもらいたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」ならあなたに合う優良成長ベンチャー企業を教えてくれる!

  • あなたの強みや専攻を活かせる優良ベンチャー企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる
  • 就活のプロと選考企業に合ったES添削・面接対策を行える
公式サイト
(https://careerticket.jp/)

*24卒就活生なら大歓迎!

また、おすすめのホワイト企業については【隠れ優良企業も】ホワイト企業ランキングおすすめ一覧100社 | 見分け方,穴場,中小ホワイト企業もという記事にまとめています。

この記事ではおすすめのホワイト企業を知れるだけでなく、ホワイト企業の見分け方についても知ることができるので、あなたが志望する企業がホワイト企業であるかどうかも知ることができます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:ベンチャー企業/中小企業/大企業どれが自分に合っているかを考えよう

本記事「」はいかがだったでしょうか?

就活生の皆さんの疑問を少しでも解決できたならば幸いです。

この記事では、ベンチャー企業/中小企業/大企業の違いを解説しました

合わせて、ベンチャー企業と中小企業/大企業に就職するメリットデメリットや、向いている人の特徴も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【何が違うの?】ベンチャー企業と中小企業の違い

  • 違い①:ビジネスモデルが既存のものかどうか
  • 違い②:企業の成長速度が速いかどうか
  • 違い③:設立してどれくらい経っているか

◆ベンチャー企業と大企業の違い

  • 違い①:上司が選べる/選べない
  • 違い②:勤務地が選べる/選べない
  • 違い③:人が多い/少ない

◆ベンチャー企業と中小企業/大企業の定義による違い

  • ベンチャー企業の定義
  • 中小企業の定義
  • 大企業の定義

◆ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くメリットの違い

  • ベンチャー企業で働くメリット「仕事の裁量権が大きい」
  • 中小企業で働くメリット「ベンチャー企業と同じ」
  • 大企業で働くメリット「社会的信用・ブランドがある」

◆ベンチャー企業と中小企業/大企業で働くデメリットの違い

  • ベンチャー企業で働くデメリット「大企業と比べて制度が整っていない」
  • 中小企業で働くデメリット「大企業と比べて給料が低い」
  • 大企業で働くデメリット「組織の中に歯車感がある」

◆ベンチャー企業と中小企業/大企業の向いている就活生の特徴の違い

  • ベンチャー企業に向いている就活生の特徴
  • 中小企業に向いている就活生の特徴
  • 大企業に向いている就活生の特徴

◆優良ベンチャー企業/中小企業の探し方

  • 「就活エージェント」の企業紹介を受ける
  • 優良中小企業の探し方:グローバルニッチトップ(GNT)から探す
  • 優良ベンチャー企業の探し方:ベストベンチャー100から探す

◆まとめ:ベンチャー企業/中小企業/大企業どれが自分に合っているかを考えよう