【就活力って?】無料の就活力診断まとめました | 評判,就活力の上げ方も

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること

こんにちは、「就活の教科書」編集部の岡田です。
今回は就活力診断について紹介します。
就活生の皆さん「就活力診断」を知っていますか。

「就活の教科書」編集部 岡田

就活生くん

就活力診断・・・正直聞いたことがないですね。
そもそも就活力が何か分からないので、何を診断してくれるサービスなのか想像できないです。

就活生ちゃん

私は就活力診断を受けたまま放置しています。
就活力は何をすれば上がり、どう活かせば良いのでしょうか。

そもそも就活力はイマイチ定義が分かりにくいですよね。
また、どのように就活力診断を活かせばいいのか分かりづらいです。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

そこでこの記事では、おすすめ就活力診断をまとめて紹介します。

合わせて就活力診断を使うメリットとデメリット就活力を上げる方法について解説します。

この記事を読めば、就活力診断について理解して、診断結果をどのように活かせばいいかわかりますよ。

「就活力診断をやってみたいけど、どう就活に活かせるのか知りたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに【就活生】適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】自己分析が簡単に終わるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、客観的な診断を受けられる適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも就活力とは?就活力診断でわかること

就活生くん

岡田さん、そもそも就活力ってなんでしょうか。
また、就活力診断をすると何が分かるのでしょうか。
確かに就活力診断で何が分かるのか、知らない方も多いですよね。
それではそもそも就活力とは何か、また就活力診断で分かることを説明します。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

そもそも就活力とは「就活をしていく能力やレベル」のことで、就活力が高ければ高いほど内定を得られる可能性が上がります。

就活で内定を得るためには、面接での論理的な伝え方やコミュニケーション能力など、色々な能力が必要になりますよね。

そこで、就活力診断では就活で必要な様々な力を診断し、診断結果から内定獲得の可能性を客観的に見ることができます。

自分の強みや弱みも教えてくれて現状を知れるので、就活力診断はやる意味があると言えます。

以下に例としてキャリアパーク就活力診断で評価される能力6つをまとめました。

就活力の種類6つ
  • 就活力①:論理的思考
  • 就活力②:ストレス耐性
  • 就活力③:業界研究
  • 就活力④:自己分析
  • 就活力⑤:主体性
  • 就活力⑥:問題解決
就活力診断をすることで、客観的に自分の就活力を見ることができます。
就活力診断で、自分の長所と短所を明らかにできる事はメリットだと言えます

「就活の教科書」編集部 岡田

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【何が違う?】おすすめ就活力診断まとめ

就活生ちゃん

就活力診断では、自分の就活レベルを客観視することができるのですね。
就活力診断をやってみたいので、おすすめの就活力診断を教えてください!
就活力診断の大切さがわかったようですね。
それでは、おすすめの就活力診断を紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

上記2つがおすすめの就活力診断です。
それぞれの違いを説明しますので、確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

おすすめ:適性診断AnalyzeU+

おすすめ就活力診断は、適性診断AnalyzeU+です。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

正確にあなたの強みと弱みを教えてくれるので、ESや面接で人事に評価されるアピールができるようになります。

診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけで、大手を含む隠れ優良企業からのスカウトが届きますよ。

自己PRや自己分析で悩んでいる方は、ぜひ利用してみてくださいね。

「適性診断AnalyzeU+」のおすすめポイント
  • 100万人のデータから診断してくれるので、信頼性が高い
  • 251問の質問から性格を判断してくれるので、かなり正確
  • 診断結果は社会に出た時に求められる力28項目で表示
  • アピールすべき強みがわかるので、自己PRが書きやすくなる
  • プロフィール入力をすると優良企業からスカウトが届く

\ 大手,優良企業からスカウトが届く! /
 あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

ちなみに、診断結果は以下のようになります。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

 

適性診断AnalyzeU+は「とりあえず自己分析してみたい」「楽して短時間で簡単に自己分析したい」「強みと弱みを見つけたい」という方に非常におすすめです。

100万人のデータや251問の質問からあなたの性格を診断してくれるのは、適性診断AnalyzeU+だけですよ。

そのため、自己PRなどで自分の強みを知りたいという方は、ぜひ利用してみてくださいね。

もうすでに自己PRを作ったことがある方は、その自己PRが企業からしっかりと評価されるのかを確認するためにOfferBoxのプロフィールに自己PRを登録しておきましょう。

評価されている場合は、隠れ優良企業からスカウトが届きますよ。

「就活の教科書」編集部 岡田

>> 適性診断AnalyzeU+を利用してみる

 

おすすめ:キャリアチケットスカウト

おすすめ就活力診断は、「キャリアチケットスカウト」です。

キャリアチケットスカウトでは、まず5つの質問に答え、仕事に対するあなたの価値観を知るところから始められます。

仕事に対する価値観を知ると「どのような企業で働きたいのか」が明確になり、就活を進めやすくなります。

また、自分の価値観を知ることで「どのような職種に自分が向いているのか」も知ることができます。

キャリアチケットスカウトを使うと、あなたの価値観に合った企業からスカウトがもらえるなど、「価値観」を重視した就活ができます。

「キャリアチケットスカウト」のおすすめポイント
  • 「価値観」「自分らしさ」を大切にした就活ができる
  • テンプレートを使って自己PRやガクチカが簡単に作成できる
  • 他己分析もアプリで気軽に依頼できる

キャリアチケットスカウトの価値観診断は、以下のようなものです。

「就活の教科書」編集部 岡田

簡単な質問に答えるだけで、仕事に対して持つ価値観の診断が行えるようですね。

キャリアチケットスカウトは「自分の価値観を大事にしたい」という方に大変おすすめです!

キャリアチケットスカウトは、自分を偽った就活ではなく「自分らしい就活」を大切にしています。

自分の短所を長所のように見せるのではなく、自分の長所を強くアピールしたい人におすすめです。

自分に合った企業からスカウトがもらえるという「価値観重視」の就活をしたい方はぜひ活用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 岡田

>> キャリアチケットスカウトを利用してみる

 

「キャリアチケットスカウトって実際どうなの?」など気になる人は、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

おすすめ:Lognavi(ログナビ)

 

おすすめ就活力診断は、「Lognavi(ログナビ)」です。

「Lognavi(ログナビ)」の適性テストは、隠れた才能や性格が偉人をモチーフにしたイラストで結果表示されるので、自分がどんな人物像か想像しやすくなっています!

また、この適性テストには、知的テスト性格テストに分かれており、知的テストでは自分の苦手が可視化された結果を確認することができます!

さらに、この適性テストの結果をもとに、相性の良い企業を星5段階で表示してくれます。

Lognavi(ログナビ)おすすめポイント
  • 適性テストで偉人をモチーフにした分かりやすい結果を見れる
  • 知的テストで自分の苦手を知ることができる
  • 適性テストの結果から自分と相性の良い企業を探すことができる

以下に、適性テストの結果のイメージを載せておくので、参考にしてみてください!

このように、テストでは偉人をモチーフにした結果を確認でき、さらに、星の数で自分に相性の良い企業が分かります

自分に向いている職や環境がよくわからない人には非常におすすめの適性テストです!

Lognavi(ログナビ)の適性テストは、アプリのインストールから登録後、受けることができます!

自分に合った企業探しに苦戦している就活生企業探しが面倒だという就活生には非常におすすめです!

「就活の教科書」編集部 岡田

>> Lognavi(ログナビ)の適性テストを受けてみる

 

Lognavi(ログナビ)については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

おすすめ:性格適性診断(就活の教科書公式LINE)

おすすめ就活力診断は、「性格適性診断(就活の教科書公式LINE)」です。

性格適性診断を使えば、面接やESで評価されるあなたの強みが簡単にわかります。

質問数が少ないわりに正確に診断できるので、自己分析を早く終わらせたい就活生におすすめです。

性格適性診断の特徴
  • 「性格適性診断」なら面接・ESで好印象な強みが分かる
  • 面接でアピールすべきポイントがわかるので、自己アピールしやすい
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

すでに60,000人以上の就活生が利用しているので、あなたもお試しに診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 岡田

就活の教科書公式LINEを使ってみた感想や就活生の評判は、こちらの記事にまとめています。

 

おすすめ:キミスカ適性検査

就活の性格診断ツールおすすめ、キミスカ適性検査

おすすめ就活力診断は、キミスカ適性検査です。

キミスカ適性検査は、150の質問に回答することで、あなたの性格にどんな傾向があるか9つの観点で診断してくれます。

9つの観点とは、「性格の傾向」「意欲の傾向」「思考力の傾向」「ストレス耐性」「価値観の傾向」「職務適性」「戦闘力」「虚偽回答の傾向」と最後に「人物像及び人材活用に関するコメント」です。

150の質問は、実際に企業でも出される質問の数と同じくらいなので、練習にもおすすめです。

ちなみに、キミスカは企業からオファーがもらえる逆求人サービスです。

プロフィールや性格診断の結果から、自分に合った企業を紹介してもらえます。

性格診断をした後に企業からオファーも届くので、就活を有利に進められますよ。

「就活の教科書」編集部 岡田

>> キミスカ適性検査を試してみる

 

キミスカ適性検査については以下の記事で詳しく解説しています。

 

おすすめ:Future Finder(ジェイック)

Future Finder(フューチャーファインダー)

おすすめ就活力診断は、Future Finder(フューチャーファインダー)です。

Future Finder(フューチャーファインダー)は、株式会社ジェイックが運営するマッチング求人サイトです。

Future Finderは、心理学統計に基づいた151問の特性検査の診断結果から、自分の強みを活かせる企業を教えてくれます

さらに、自分の性格や価値観に共感した企業からオファーが届くので、自分に合った企業に内定がもらえます

Future Finderは、「人材・教育、コンサル、広告、IT」など優良企業500社以上の中からあなたに合う企業を紹介され、オファーももらえます

「Future Finder」を活用して、企業からたくさんのオファーを受け取り、ライバルが少ないうちに優良企業の選考に進みましょう

「就活の教科書」編集部 岡田

>> Future Finderを試してみる

 

「Future Finder」の評判・口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

おすすめ:キャリアパーク就活力診断

就活力診断

おすすめ就活力診断はキャリアパーク就活力診断です。

キャリアパークの就活力診断では、20個の質問に答えるだけで自分の実力を見ることができます。

また低い就活力を上げるための対策も書いてあるので、効率的に弱点の就活力を上げられます。

インターネットで簡単に就活力を診断できるので、ぜひ利用してみましょう。

質問数が少ないので、5分10分あれば終わります。
忙しい就活生も手軽にできる、オススメの就活力診断です。

「就活の教科書」編集部 岡田

>> キャリアパークで就活力を試してみる(無料)

 

 

おすすめ:就活力診断(就活の教科書公式LINE)

おすすめ就活力診断は、就活力診断(就活の教科書公式LINE)です。

就活力診断では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽に診断してみてください。

就活の教科書公式LINEでは、3年生向けに「後悔しない就活の方法」4年生向けに「今から内定を取る方法」も配信しているので、ぜひこちらから登録してください。

就活の教科書公式LINEの参加者限定特典として、「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」もプレゼントしています。

就活の教科書公式LINEについて詳しく知りたい人は、以下の記事を読んでください。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

おすすめ:プレミアムスタイル就活力診断テスト

就活力診断

おすすめ就活力診断は、プレミアムスタイル就活力診断テストです。

プレミアムスタイルの就活力診断テストでは、模擬面接・GDを体験した上で、就活力を判定してくれます。

面接やGDでの働きを見た上で就活力を判断してくれるので、とても納得感がありますよね。

さらに一つ一つの項目についてフィードバックがもらえるので、就活力を上げる対策もしやすいです。

じっくりと就活力を診断したい方は、プレスタの就活力テストを受けてみましょう。

単なる診断だけでなく、面接やGDの場数を踏めると言う意味でも、役立つ就活力診断ですよね。

「就活の教科書」編集部 岡田

会員登録してプレスタ就活力テストを受けてみる

 

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

キャリアパーク就活力診断の評判

就活生くん

おすすめの就活力診断を教えてくださり、ありがとうございました!
僕はキャリアパークの就活力診断が気になったので、評判が知りたいです。
確かに評判は気になりますよね。
それでは、キャリアパーク就活力診断の評判を紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

キャリアパーク就活力診断の評判
  • 良い評判:短いけど合ってる
  • 悪い評判:誰が診断しているのか不明で気持ち悪い
以上の2つがキャリアパーク就活力診断の評判です。
それぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

良い評判:質問量が短いけど合ってる

質問数が少ないながらも、合っている部分が多いようです。
時間も短く済むので、とてもカンタンに就活力を調べられますね。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

悪い評判:誰が診断しているのか不明で気持ち悪い

確かに自分のことを知らない誰かに診断され、さらに低い点数を付けられることに不快感はあります。
なので、自己分析のサポートだと思って利用するのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

 

                                                   

自己分析に役立つ記事一覧

自己分析を時間をかけずに終わらせるには、 「①自己分析ツールを使う」 「②効率的な自己分析のやり方を知る」 という2つのやり方があります。

「自己分析をやらなければならないと分かっているけどめんどくさい」 という就活生はこれらの方法を使って自己分析をすることで、簡単に強みや向いている仕事が分かるようになるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

自己分析の効率的なやり方

①自己分析ツールを利用する
自己分析ツール

②効率的な自己分析のやり方を知る
自己分析のやり方

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

プレミアムスタイル就活力テストの評判

次にプレミアムスタイル就活力テストの評判を紹介します。
良い評判は「楽しみながら実践力を身に付けられる」で、悪い評判は見つかりませんでした。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

プレミアムスタイルの就活力診断テストは、実際に面接やGDを経験することができます。
なので、就活力を測定するだけでなく、実践の場にもなることがポイントです。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就活力診断をするメリット3つ

就活生くん

就活力診断テストのことは、よくわかりました。
僕はメリットを知ってから診断したいので、就活力診断をするメリットを教えてください。
確かにメリットが分かれば、就活力診断を有意義にできますよね。
それでは、就活力診断をするメリットを3つ紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

就活力診断をするメリット3つ
  • メリット①:レベルを客観視できる
  • メリット②:自分の強みや弱みが分かる
  • メリット③:就活力を上げる対策ができる
以上の3つが就活力診断をするメリットです。
それぞれ順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

メリット①:レベルを客観視できる

就活力診断をするメリット1つ目は「レベルを客観視できる」です。

現状の能力やレベルを客観視できれば、内定獲得までの距離を確認できます。

就活力を測って現状を確認できれば、現状に合う対策をすることができますよね。

なので、自分の就活力を客観視することは大事ですし、データで客観視できることはメリットだと言えます。

就活力診断で、自分の現状をしっかり確認してみてください。
就活力を上げて内定に近づくことができますよ。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

メリット②:自分の強みや弱みが分かる

就活力診断をするメリット2つ目は「自分の強みや弱みが分かる」です。

就活本で自己分析をしても、イマイチ自分の強みや弱みがピンとこないことはありますよね。

また内定者に話を聞いた時に、スペックの高さを知って「自分にはこんな強みはない」と落ち込むこともあります。

しかし就活力診断では自分の強みや弱みが分かるので、自分の弱みにあった対策ができます。

キャリタス就活力診断では6つ能力をデータ化してくれるので、自分の強みや弱みがすぐにわかりますよ。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

メリット③:高い就活力だとやる気がでる

就活力診断をするメリット3つ目は「高い就活力だとやる気がでる」です。

就活力診断で高い点数がつけられると、努力が評価されたようで嬉しいですよね。

客観的に就活力が評価されるので、説得力もあります。

結果を見て嬉しいのと同時に、さらに就活をがんばるやる気にも繋がることは、大きなメリットです。

就活においてやる気が出ることは、とても重要な要素ですよね。
褒められることでやる気が出る人には、就活力診断は向いています。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

就活力診断をするデメリット

就活生ちゃん

就活力診断をするメリットは分かりました。
私はデメリットが気になるので、就活力診断をするデメリットも教えてください!
確かにデメリットが分かれば、自分が使うべきか判断できますよね。
それでは、就活力診断をするデメリットを紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

就活力診断をするデメリット
  • デメリット①:悪い点数を付けられた時に落ち込む
  • デメリット②:就活力が高いと安心してしまう
  • デメリット③:就活力に納得できないこともある
上記3つが就活力診断をするデメリットです。
しっかりデメリットを理解することで、自分が陥らないように注意しながら就活力診断を受けられますよ。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

デメリット①:悪い点数を付けられた時に落ち込む

就活力診断をするデメリット1つ目は「悪い点数を付けられた時に落ち込む」です。

就活をがんばってたのに、就活力診断で低い点数を付けられたら、正直落ち込みますよね。

「がんばったのに内定から遠いんだ」とガッカリして、やる気がなくなる方もいるはずです。

しかし就活力診断は弱点を明らかにする診断なので、「本番の前に対策をすることができる」と捉えましょう。

就活力診断で高得点な人は「一般的にみて内定力が高い」だけです。
なので、特定の企業の内定を取れる確率が高いかどうかはまた別ですよね。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

デメリット②:就活力が高いと安心してしまう

就活力診断をするデメリット2つ目は「就活力が高いと安心してしまう」です。

就活力診断で高い点がでた就活生にも、もちろんデメリットはあります。

就活力が高いことに安心してしまい「自分はもう就活力が高いんだからもういいや」と思ってしまうことです。

高く評価されて頑張れる人には向いていますが、逆に安心してやる気がなくなる人には向いていません。

たとえ高い就活力がでたとしても、内定が取れる保証にはなりません。
まずは喜びつつも、内定獲得のために努力を続けましょう!

「就活の教科書」編集部 岡田

 

デメリット③:結果に納得できないこともある

就活力診断をするデメリット3つ目は「結果に納得できないこともある」です。

就活力診断の大半は、与えられた質問に答えるだけで就活力を測定してくれます。

便利な反面「自分のことを何も知らないのに、診断されても納得できない」と思う方もいます。

直接見て欲しい就活生は「プレミアムスタイル就活力診断テスト」なら、直接会って判断してくれるので納得できてオススメです。

パソコンやスマートフォンの就活力診断は、時間がなくて気軽にみて欲しい方にオススメです。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

簡単に自己分析ができる方法はある?

「自己分析を簡単にやりたい」「自己分析どこから始めるべき?」という方には、適性診断AnalyzeU+を受けるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

スカウトを貰えば、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができます。

「自己分析はどこでやれば…」という人は、適性診断AnalyzeU+を受けてみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就活力を上げる方法4つ

就活生くん

就活力診断のデメリットは理解できました。
就活力診断の結果を活かしたいので、就活力を上げる方法も教えてください!
確かに就活力を上げる方法がわかれば、効率的に対策できますね。
それでは、就活力を上げる方法を4つ紹介しましょう。

「就活の教科書」編集部 岡田

就活力を上げる方法4つ
  • 方法①:自己分析で長所・短所のエピソードを洗い出す
  • 方法②:就活の軸をはっきりさせる
  • 方法③:自己分析した上で業界・企業研究をする
  • 方法④:面接でロジカルに話す対策をする
以上の3つが就活力を上げる方法です。
順番に上記の方法を試せば就活力を上げられるので、ぜひ活用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

方法①:自己分析で長所・短所のエピソードを洗い出す

就活力を上げる方法1つ目は「自己分析で長所・短所のエピソードを洗い出す」です。

就活力診断で強みや弱みがわかった後に、さらに自己分析で自分の長所・短所のエピソードを洗い出せれば、面接官に好印象な自己PRができます。

たとえば過去の経験を時系列に沿って書き出すことで、その瞬間に感じたことや自分の成長を確認できますよ。

自己分析は就活においてとても大事な要素なので、就活力診断を受けた後にしっかり取り組みましょう。

自己分析の方法はとても様々です。
自己分析の方法を知りたい方は、以下の記事もオススメです。
自己分析の方法を実際の例を見ながら学べるので、ぜひ読んでください!

「就活の教科書」編集部 岡田

 

方法②:就活の軸をはっきりさせる

就活力を上げる方法2つ目は「就活の軸をはっきりさせる」です。

就活の軸がはっきりしていないと、志望動機や業界選びにブレが生じてしまいます。

就活の軸をはっきりさせるためにも、まずは自分がやりたいこと・できることを書き出してみましょう。

書き出してみた中で、やりたいこと・できることが交わる部分が会社選びの基準となります。

就活の軸をはっきりさせるのは難しいですよね。
就活の教科書では、就活の軸の決め方・見つけ方が分からない方は、以下の記事もオススメです。
就活の軸の決め方が学べたり、内定者の軸を参考にできるのでぜひ読んでください!

「就活の教科書」編集部 岡田

 

方法③:自己分析した上で業界・企業研究する

就活力を上げる方法3つ目は「自己分析した上で業界・企業研究する」です。

自己分析をした上で企業を探さないと、知名度を基準に選びがちになってしまいます。

知名度で探すだけでなく、自分が企業に求める条件に沿って探せれば、自分にあった企業を選べます。

まずは自分が企業に求めることを考えながら選んでみると、企業選びが効率的にできますよ。

業界研究や企業研究にも、重視するポイントや手法はたくさんあります。
業界研究・企業研究の方法を知りたい方は、以下の記事がオススメです。
業界研究・企業研究の方法が分かり、効率的に業界研究・企業研究ができるので、ぜひ読んでください!

「就活の教科書」編集部 岡田

 

方法④:面接でロジカルに話す対策をする

就活力を上げる方法4つ目は「面接でロジカルに話す対策をする」です。

面接では結論・理由・具体例とロジカルに話すことが求められ、まとまらない話をする就活生は評価されません。

まずは代表的な質問に対して、必ず伝えたいポイントを書き出すことで、端的に話す準備をしましょう。

話す時には必ず結論から初め、短く端的に伝える意識をすることがコツです。

面接では志望動機や自己PRなどいろいろな質問がされますよね。
面接の質問集や答え方を知りたい方は、以下の記事も参考になります。
質問集を見て答え方を考えておくことで、面接でも論理的に答えられる様になるので、ぜひ読んでください!

「就活の教科書」編集部 岡田

 

「正直めんどくさい自己分析を早く楽に終わらせたい!」「簡単に自己分析をしたい!」という就活生には適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに251問の質問からあなたの性格を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手~ベンチャーの優良企業からスカウトも来ます。

「自分に最適な自己分析ツールが知りたい!」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

また、その他のおすすめ自己分析ツールは、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)という記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:就活力を診断して内定に近づこう!

今回の「【就活力って?】無料の就活力診断まとめました | 評判,就活力の上げ方も」はいかがだったでしょうか。

今回はおすすめの就活力診断を紹介しました。

合わせて就活力診断をするメリット・デメリットや、就活力を上げる方法についても紹介しました。

この記事で解説したことをまとめると以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 岡田

 

この記事のまとめ

◆【何が違う?】おすすめ就活力診断まとめ

◆ キャリアパーク就活力診断の評判

  • 良い評判:質問量が短いけど合ってる
  • 悪い評判:誰が診断しているのか不明で気持ち悪い

◆ プレスタ就活力テストの評判

  • 楽しみながら実践力を付けられる

◆ 就活力診断をするメリット3つ

  • メリット①:レベルを客観視できる
  • メリット②:自分の強みや弱みが分かる
  • メリット③:高い就活力だとやる気がでる

◆ 就活力診断をするデメリット

  • デメリット①:悪い点数を付けられた時に落ち込む
  • デメリット②:就活力が高いと安心してしまう
  • デメリット③:結果に納得できないこともある

◆ 就活力を上げる方法4つ

  • 方法①:自己分析で長所・短所のエピソードを洗い出す
  • 方法②:就活の軸をはっきりさせる
  • 方法③:自己分析した上で業界・企業研究する
  • 方法④:面接でロジカルに話す対策をする

 

就活力診断は自分の現状が分かるので、弱点を明らかにする点でとても便利なサービスです。

オススメした就活力診断を利用して、ぜひ就活力を上げていきましょう。

「就活の教科書」では他にもたくさんオススメの記事があります。

よかったら合わせて読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 岡田