>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【合格率アップ】志望動機を組み立てる5ステップ | 例文や注意点も

この記事を読めばわかること
  • 志望動機を組み立てる手順5ステップ
  • 志望動機を組み立てるときはPREP法を意識する
  • 志望動機を組み立てるのに役立つ回答例
  • 志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと3つ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、志望動機の組み立て方についてご紹介します。

就活生の皆さん、ESや面接での志望動機の組み立て方に困ったり、悩んだりしたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は、ESでの志望動機欄を書いていました。

でも、書き方もわからないし自信ないな・・・

就活生ちゃん

私は、面接対策で志望動機を考えています。

でも、何から話すのが正解かわからなくて、話がまとまらない・・・、

志望動機をうまく伝えるのは難しいですよね。

でも安心してください。

この記事で、新卒就活や転職でも役立つ、志望動機をわかりやすく魅力的に伝える構成を作ることができますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事では、志望動機の組み立て方について解説します。

合わせて、志望動機を組み立てるときのポイントや、例文もご紹介します。

この記事を読むことで、選考に通りやすくなる志望動機を作ることができます。

「志望動機ってどうやって考えればいいの?」「志望動機はあるけどまとまらない・・・」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

これでOK!志望動機を組み立てる手順5ステップ

就活生くん

志望動機ってどうやって組み立てていけばいいのかな・・・?

志望動機を考えていく手順があれば教えて下さい。

手順がわかれば、志望動機も考えやすいですよね。

それでは、志望動機を組み立てていくためのステップをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

志望動機を組み立てるステップ
  • ステップ①:志望動機を一言で
  • ステップ②:志望したきっかけや理由
  • ステップ③:どんなことがやりたいか
  • ステップ④:その会社である必要性
  • ステップ⑤:最後に再び志望動機

上記の順序どおりに志望動機を作ることで、わかりやすく印象に残る志望動機が作れます。

それでは、上記5つのステップを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ステップ①:志望動機を一言で

志望動機を組み立てるステップ1つ目は、志望動機を一言で伝えることです。

理由として、初めに志望動機を簡潔に伝えることで、言いたいことが一言で伝わるからです。

たとえば、「私の志望理由は、御社独自の技術力に魅力を感じたからです」と言うと、話の要点を伝えることができます。

話の初めに、志望動機を一言で持ってくることで話全体の流れがわかりやすくなりますよ。

就活生くん

志望動機が3つある場合は、1つに絞ったほうがいいですか・・・?

志望動機は3つある場合は、「私の志望動機は3つあります。1つ目は〜」と話すことで、わかりやすく伝えられます。

3つの志望動機は端的にまとめて話せるといいですね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ステップ②:志望したきっかけや理由

志望動機を組み立てるステップ2つ目は、志望したきっかけや理由を話すことです。

志望したきっかけや理由が、志望動機の一番のオリジナリティになります。

しかし、きっかけが曖昧だと、志望動機に説得力を持たせることができません。

ウソをつくのはNGですが、自分が思った感情や理由を話せるといいですね。

就活生くん

ただなんとなく「いいな」と思っただけなんだよな・・・

誰もが納得する、志望した背景がないときはどうしよう。

そんな時は、「ただなんとなくいいな」という感情を深堀りしてみましょう。

  • 人から感謝される仕事だから
  • グローバルな事業にワクワクしたから
  • 社員一人ひとりの目が輝いているから

何に対して「いいな」と思ったのか向き合うことで、志望した背景が見えてきますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ステップ③:どんなことがやりたいか

志望動機を組み立てるステップ3つ目は、どんなことがやりたいかを伝えることです。

志望動機は、志望した理由を書くだけでは採用者の印象には残りません。

「自分が企業にどんな貢献ができるか、何をやりたいと考えているのか」を伝えることで、採用したいと思えるようになります。

自身の経験や思考から、入社後の働いている姿をイメージさせると、採用者に効果的なアピールができます。

自分のビジョンと企業の将来の方向性がマッチしていると好印象になります。

企業研究をしながら、自分のやりたいことも考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ステップ④:その会社である必要性

志望動機を組み立てるステップ4つ目は、その会社である必要性を伝えることです。

「なんでそこの会社を志望したのか」を説明することで、志望動機の説得力が増します。

同業他社と比較し、その会社独自の理念やサービス、雰囲気を研究するようにしましょう。

就活生くん

志望した会社にしかない魅力は、どのように探せばいいですか?

企業のHPを隈なく見るといいですよ。

また、企業説明会やインターンに参加して、ネットにはない情報を集めるのも効果的です。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ステップ⑤:最後に再び志望動機

志望動機を組み立てるステップ5つ目は、最後に再び志望動機を伝えることです。

最後に志望動機を伝えることで、話がまとまり、わかりやすくなります。

たとえば、「以上のことより、私は御社を○○という理由で志望致しました」と、文章を締めるといいですよ。

「結局何が志望理由なの?」と採用者を混乱させることもないので、最後に念押しで志望動機を述べましょう。

最後に結論を述べるのは、後ほど紹介するPREP法の型でもあります。

PREP法は、わかりやすく伝える手法なので覚えておくと便利ですよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

志望動機を組み立てるときのポイント3つ

就活生ちゃん

志望動機の組み立て方は上記の5つの手順を追えばいいのですね。

志望動機を作るときのポイントはなにかありますか?

作り方と一緒にポイントも抑えておきたいですよね。

それでは、志望動機を組み立てるときのポイントについてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

志望動機組み立てるときのポイント
  • ポイント①:PREP法を意識する
  • ポイント②:自分の内容・言葉で話す
  • ポイント③:企業理解を深める

上記のポイントを抑えることで、採用者に好印象な志望動機を伝えることができます。

それでは、上記3つのポイントについて順番にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント①:PREP法を意識する

志望動機を組み立てるときのポイント1つ目は、PREP法を意識することです。

PREP法は、文章を論理的にわかりやすく伝える手法で、次のような順番で伝えます。

PREP法とは
  • P(Point):結論、要点
  • R(Reason):理由、根拠
  • E(Example):具体例
  • P(Point):結論、要点

上記の順番で文章を構成していくことで、話がブレることなくわかりやすい文章になります。

反対に、理由や具体例から話し始めてしまうと何を中心に話しているのかが伝わりません。

就活生ちゃん

PREP法を意識することで、必然的にわかりやすい構成になるのですね。

はい、実は先ほど紹介した5つのステップもPREP法に沿って作られています。

最初と最後に結論を持ってきたり、結論のあとに理由を述べたりする構成になっていますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント②:自分の内容・言葉で話す

志望動機を組み立てるときのポイント2つ目は、自分の内容・言葉で話すことです。

志望動機は良くも悪くも就活生全員が似通った文章になりがちです。

だからこそ、自分の思いや体験談を伝えることで差別化できるようになります。

ですので、ネットから拾った情報や使いまわしの志望動機は書かないようにしましょう。

志望動機は自分の思いを届ける箇所でもあります。

なぜその業界・企業を志望したのかを整理して伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

と言われても、そんな志望した理由って出てこないしな・・・

志望した理由を考えることって簡単なようで難しいですよね。

そんな方は次のポイント③も見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ポイント③:企業理解を深める

志望動機を組み立てるときのポイント3つ目は、企業理解を深めることです。

企業のことを知らないままでは、志望動機は書くことができません。

まずは、企業のことをリサーチし、企業の特徴や雰囲気を理解することが大切です。

企業研究をしてると、気づかなかった魅力や特徴を発見できるので、志望度もあがってきますよ。

企業研究のためにはHPを見る他に、企業説明会やインターン、OBOG訪問などがあります。

特にインターンやOBOG訪問は、ネットにはない生の情報を得られるので積極的に参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生ちゃん

やっぱり、インターンとかに参加したほうが良いのですね。

そうですね、インターンやOBOG訪問の一次情報は企業研究をするうえで重要な武器になります。

少々面倒な作業になりますが、インターンなどに積極的に参加するといいですよ。

また、企業研究のやり方を、以下の記事にて詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

志望動機を組み立てるときに参考にしたい例文

就活生くん

志望動機を組み立てるポイントは、自分の言葉で話すのが重要なのですね。

志望動機を組み立てるのに役立つ例文とかあれば参考にしたいな。

例文があるだけで、イメージしやすくなりますよね。

それでは、志望動機を組み立てるときに参考になる例文をご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

【自動車メーカー】

私が貴社を志望した理由は、「クルマで世の中の生活を豊かにしたい」と考えたからです。

私は、小さい頃から車が好きで、大学も機械工学科を選びました。

ところが、エンジンやファンなど、車の内部構造を学ぶ中で1つの疑問が生じたのです。

それは「効率化された便利な車だけが売れる世の中なのか」ということです。

低燃費や低コストな車を作ることだけを考えていた私に、貴社の掲げるメッセージはとても刺さりました。

「人々の暮らしに寄り添う車を」というコンセプトが、クルマの在り方を教えてくれました。

技術者として技術力の向上に努めるのはもちろん、人々のライフスタイルを考えたクルマの設計や開発をしていきたいと考えています。

ただの移動手段ではなく、生活のインフラとしてのクルマを作っていきたいです。

上記の例文は、自分が志望した背景と企業のコンセプトがマッチングしているのがわかりますね。

自分の志望した感情やきっかけを盛り込むことで具体性が増すので、説得力があがりますよ。

他の志望動機が書かれた例文を参考にしたい方は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと

就活生ちゃん

例文は志望動機を組み立てるのに役立ちそうです。

志望動機を組み立てるときにやってはいけないことってあるのかな・・・

志望動機を書くときの注意点も気になりますよね。

それでは、志望動機を組み立てるときにやってはいけないこともご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと
  • NG①:志望している根拠がない
  • NG②:待遇や給与のことしか話さない
  • NG③:「成長したい」だけしか志望動機がない

上記3つを注意することで、採用者にマイナスな評価を受けるのを避けられます。

それでは、上記3つのNGを順番に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

NG①:志望している根拠がない

志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと1つ目は、志望している根拠がないことです。

具体的には、ステップ②③④で伝えた自分の思いややりたいこと、その企業である必要性が不足していることです。

1つでも不足してしまうと、志望動機としてマイナスな評価を受けてしまうので注意しましょう。

【自分の思いがない場合】

軸がわからないので、志望動機の説得力がない

 

【やりたいことがない場合】

企業との、将来の方向性がマッチしているのかがわからず採用されにくい

 

【その企業である必要性がない場合】

「それうちじゃなくてもいいんじゃない?」と評価を下げてしまう

上記のように1つの要素が欠けるだけで、採用者への印象を下げてしまいます。

先ほど伝えた、志望動機の組立法5つのステップに従いながら、志望動機を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

NG②:待遇や給与のことしか話さない

志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと2つ目は、待遇や給与のことしか話さないことです。

理由として、待遇や給与のことだけで志望動機を組み立ててしまうのは、悪印象を与えてしまうからです。

「給与が良いから」と伝えてしまうと、「お金だけで判断しているのかな」と思われてしまいます。

あくまで、福利厚生は労働環境をよりよくするための制度です。

もし内容に入れるのであれば、仕事やビジョンを軸とした志望動機に、待遇の良さを取り入れる程度にしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

NG③:「成長したい」だけしか志望動機がない

志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと3つ目は、「成長したい」だけしか志望動機がないことです。

入社して成長することは、個人・企業のどちらにも利点があります。

しかし、「成長したい」だけの主張は自己中心的で、「成長したら独立するのかな」と捉えられてしまいます。

成長することで企業にどんなメリットがあるのか、どのように貢献できるかを明確にしておくのがいいでしょう。

就活生ちゃん

「成長したい」というフレーズは使わないほうがいいのかな・・・

決して使ってはいけないということではありません。

なぜ成長したいのか、成長したらどうなりたいかを明確に伝えることで好印象にもなりますよ。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

 

まとめ:志望動機を組み立てる時はPREP法を意識しよう

「【徹底解説】志望動機を組み立てるための5ステップ | 例文,やってはいけないことも」の記事はいかがでしたか。

この記事では、志望動機を組み立て方について解説しました。

合わせて、志望動機を組み立てるときのポイントや例文もご紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ これでOK!志望動機を組み立てる手順5ステップ

  • ステップ①:志望動機を一言で
  • ステップ②:志望したきっかけや理由
  • ステップ③:どんなことがやりたいか
  • ステップ④:その会社である必要性
  • ステップ⑤:最後に再び志望動機

◆ 志望動機を組み立てるときのポイント3つ

  • ポイント①:PREP法を意識する
  • ポイント②:自分の内容・言葉で話す
  • ポイント③:企業理解を深める

◆ 志望動機を組み立てるときにやってはいけないこと

  • NG①:志望している根拠がない
  • NG②:待遇や給与のことしか話さない
  • NG③:「成長したい」だけしか志望動機がない

志望動機を組み立てるときはPREP法を意識して作るといいですね。

この記事で紹介した5つのステップ通りに組み立てることで、わかりやすく魅力的な志望動機を作ることができます。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑