>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【内定者4人に聞いてみた】インターンシップのメリット,参加回数 | 採用に有利って本当?

【内定者4人に聞いてみた】インターンシップのメリット,参加回数 | 採用に有利なの?

こんにちは。「就活の教科書」編集部のもりぴーです!
今回は、「インターンシップ」について内定者4人に質問したので、紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就職活動の選考を進めるにあたり、たくさんの企業がインターンシップを実施しています。

そんなインターンシップについて「どんなことをやっているの?」「参加した方がいいの?」など疑問に思うことはありませんか?

そこで今回は、「就活の教科書」の内定者4人にアンケートを取り、インターンシップの特徴や参加するメリットについて教えてもらいました。

インターンシップに実際に参加した先輩の声が聞けたのでぜひ読んでみてください!

協力してくれた内定者

上原さん(日本IBM)

上原健吾

・氏名:上原 健吾
・大学・学部:大阪府立大学大学院 工学研究科
・内定先:日本IBM(GTS職)

 

トッティさん(広告代理店)

トッティ

・氏名:トッティ
・大学・学部:関西大学 経済学部
・内定先:広告代理店

 

菅野さん(外資系大手IT企業)

菅野敬也

・氏名:菅野 敬也
・大学・学部:関西学院大学 人間福祉学部 社会起業学科
・内定先:外資系IT業界 Y社(ビジネス職)

 

神山さん(ITベンチャー)

神山大智

・氏名:神山 大智
・大学・学部:和歌山大学 経済学部
・内定先:IT業界 ベンチャー企業S社(エンジニア職)

 

インターンシップとは

インターンシップは、「学生」が「企業」で実際に「働く」ことができる「職業体験制度」のことです。

インターンシップに参加することで、学生は企業で一定期間実務(またはそれに準ずるもの)を体験することができます。

インターンシップの種類としては以下のようなものがあります。

1dayインターンシップ 期間:1日 業界説明や社員座談会など
短期インターンシップ 期間:5日〜1ヶ月 課題解決のプロジェクトなど
長期インターンシップ 期間:3ヶ月〜2年 実際に企業で行われる業務の体験など

 

この記事では、そんなインターンシップに実際に参加した内定者にインタビューしてきました。

それでは、具体的な質問に入っていきます。
内定者の方々、よろしくお願いします!

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

インターンシップに何回参加しましたか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

インターンシップには何回くらい参加しましたか?
10社ほどです。

「就活の教科書」編集部 上原

20社ぐらいですね

「就活の教科書」編集部 トッティ

10社ぐらい参加しました。

「就活の教科書」編集部 菅野

3社参加しました。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

インターンシップに複数回参加した内定者が多いんですね!

 

インターンシップのメリットは何ですか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

では、参加してみて感じたインターンシップののメリットって何かありますか?
ネットワークが得られることや、志望動機で書きやすくなることですね。

「就活の教科書」編集部 上原

どんな学生が企業を受けているのかが分かることです。

「就活の教科書」編集部 トッティ

インターンシップでは様々な経験を積めたと感じました。

「就活の教科書」編集部 菅野

実際に会社で働くことでスキルが身につくことや、会社の雰囲気や働き方を知ることができることですね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

インターンシップに参加するメリットはたくさんあるのですね。

 

インターンシップは採用に有利になりましたか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ぶっちゃけ、インターンシップに参加することで採用に有利になるんですか?
有利になるインターンシップはありました。
有利にならないインターンもあるので企業によりますね。

「就活の教科書」編集部 上原

有利になる企業もありました。
企業によっては、特別選考がありました。

「就活の教科書」編集部 トッティ

有利になりました。
裏選考に呼んでもらったり、長期インターンのエピソードをガクチカで話すことができました。

「就活の教科書」編集部 菅野

インターンシップでの経験は採用に有利になりましたね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

インターンシップは採用に有利になることが多いのですね。
インターンシップに参加してみるしかないです!

 

インターンシップはどの業界のものでしたか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ここからは、参加したインターンシップについて詳しく伺っていきたいと思います。
まずはじめに、どの業界のインターンシップに参加しましたか?
大手企業のインフラ業界のインターンシップに参加しました。

「就活の教科書」編集部 上原

広告業界のベンチャー企業のインターンシップに参加しました。

「就活の教科書」編集部 トッティ

IT業界のベンチャー企業のインターンシップに参加しました。

「就活の教科書」編集部 菅野

IT業界の大手企業やベンチャー企業のインターンシップに参加しました。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

内定した業界のインターンシップに参加した人が多いのですね。

 

インターンシップの内容はどんなものでしたか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

では、インターンシップに参加してどのようなことに取り組みましたか?
個人ワークをした後に、2日間でチームで新規ビジネスを考えました。
10年で売り上げを10億円にするような内容だったと思います。

「就活の教科書」編集部 上原

ターゲットをセグメントして、どんな広告をアプローチすれば効果があるのかをグループワークで考えました。

「就活の教科書」編集部 トッティ

ホームページ制作のテレアポや営業をしました。
また、インターンシップ先の企業のブログの運営も担当しましたね。

「就活の教科書」編集部 菅野

受託したWebの開発に取り組んだり、子どもにプログラミング教えたりしました。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

インターンシップ先の企業の取り組みを実際に体験することができるのですね。
また、インターンシップに参加することで、企業とのミスマッチが少なくなりそうです。

 

インターンシップで大手、ベンチャーの特徴は?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

大手企業とベンチャー企業のインターンシップ、それぞれの特徴がわからないです…
簡単に言うとどんな特徴がありますか?
大手企業ではインターンシップ参加後にリクルーターと面談ができる企業もありました。
面接練習など、インターンシップ参加後のサポートが充実していましたね。

「就活の教科書」編集部 上原

大手企業のインターンシップ経験がないのでわかりませんが、ベンチャー企業はとにかく学生の潜在能力を引き出す面白いグループワークが多かった印象です。
例えば、「隣の人に、営業して売り込んでみてください」みたいなワークがありましたね。

「就活の教科書」編集部 トッティ

大手企業でも長期インターンシップを経験できる会社はありますが、ベンチャー企業に比べて実施している企業が少ない気がしました。
会社にもよると思いますが、ベンチャー企業だと手を上げれば何でもやらせてもらえるのが特徴だと思います。

「就活の教科書」編集部 菅野

大手企業では内容がマニュアル化されており、安定していました。
それに比べて、ベンチャー企業では会社にいる人が少ないので業務内容が変わることがよくありましたね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

大手企業、ベンチャー企業のインターンシップにはそれぞれの良さがあるんですね。

 

インターンシップへの心構えは何が必要ですか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

最後に、インターンシップに参加するときの心構えを教えてください!
様々なワークがあると思いますが、「笑顔」で取り組むことですね。

「就活の教科書」編集部 上原

企業の下調べを行うことですね。

「就活の教科書」編集部 トッティ

何を得るためにそのインターンシップに参加するのかは、考えておいたほうが良いと思います。

「就活の教科書」編集部 菅野

インターンシップに参加する目的を明確にすることです。
また、インターンシップから学ぶ意識を持つことも大切ですね。

「就活の教科書」編集部 神山

「就活の教科書」編集部 もりぴー

まずは、自分が「何のためにインターンシップに参加するか」が考えるべきですね。
そのうえで、インターンシップに取り組んでみます。
今回はどうもありがとうございました!

 

 

まとめ:インターンシップには積極的に参加しよう!

いかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部のもりぴーが、内定者4人に「インターンシップ」について詳しく聞いてきました。

インターンシップには、たくさんのメリットがあることがインタビューからわかりました!

人それぞれ目的は違うかもしれませんが、インターンシップから得られるものは多いと思います。

みなさんもインターンシップに積極的に参加して、就活をうまく進めていきましょう!

「就活の教科書」編集部 もりぴー