>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「専門商社」志望動機の魅力的な伝え方 | 総合商社との違いも

この記事でわかること
  • 専門商社と総合商社の違い
  • 専門商社の志望動機を魅力的に伝える例文
  • 数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝える
  • 専門商社の志望動機を魅力的に伝える時にやってはいけないこと3つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「専門商社の志望動機」について解説していきます。

みなさんは専門商社の志望動機を考える時に悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私の就活の第一志望は、専門商社です。

ですが、総合商社を志望している人も併願で受けると聞いたので、その人たちに負けない志望動機を作りたいと思っています。

就活生くん

そもそも、就活を始めたばかりで、商社という仕事に漠然と憧れを持っています。

インターンに参加するために、専門商社の志望動機の例文を参考にしたいです。

専門商社は、就活生から人気の業界でレベルの高い志望動機が求められますよ。

しかし、専門商社は、普段の生活では直接関わることが少ないので、イメージしにくいかもしれません。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「専門商社の志望動機を魅力的に伝える例文」を解説します。

合わせて、「専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ」「専門商社の志望動機を魅力的に伝える時にやってはいけないこと」も解説しています。

この記事を読めば、「もっと専門商社の志望動機を工夫すればよかった・・・」なんて後悔を避けられます。

魅力的な志望動機を伝えて、無事に専門商社の内定をもらいたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

専門商社とは

就活生くん

実は商社の仕事を完全に理解できていないんですけど、仕事内容を説明してもらえませんか?

商社という名前はよく聞きますが、どんな仕事をしているのかイメージしにくいですよね。

まずは、専門商社の仕事内容をきちんと理解するところからは始めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社とは「特定の分野の卸売業を行う会社」

専門商社とは、1言でいうと「特定の分野の卸売業を行う会社」です。

専門商社の仕事内容は、特定の商品の卸売を行い、企業と企業の架け橋となることです。

具体的には、「材料メーカー➡専門商社➡商品メーカー」といったように、企業と企業の橋渡しをして、各社のニーズを満たすことによって、仲介手数料で利益を出しています。

なので、どの専門商社で働くかや、どの分野の商品を扱うかによって仕事や必要な知識が大きく異なります。

志望動機を書く時は「どの専門商社で何がしたいのか」を明確に伝えることを意識しましょう。

漠然と専門商社を志望するのではなくて、どのような分野や商品を専門に扱っている企業で働きたいのかを明確にしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社と総合商社の違い

就活生くん

結局、専門商社の1番の違いはどこですか?

商社とは大きく分けると専門商社総合商社に分かれています。

より専門商社の志望動機を魅力的に伝えるためにも、これらの違いはしっかりと理解しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

専門商社:特定の分野および業種の商品やサービスを専門的に取り扱う商社

総合商社:特定の分野に限らず幅広い商材を扱う商社

つまり、「扱う商品やサービスが決まっているかどうか」ということです。

専門商社は、総合商社と違って、扱う商品やサービスを特定しており、自社が得意なものだけを扱っていますよ。

それでは、専門商社と総合商社の具体的な企業名を紹介しておきますね。

専門商社の企業例
  • 三洋貿易
  • 長瀬産業
  • 日鉄物産
  • 阪和興業
  • ラクト・ジャパン
  • スターゼン
総合商社の企業例
  • 三菱商事
  • 伊藤忠商事
  • 丸紅
  • 三井物産
  • 住友商事
  • 豊田通商
  • 双日

専門商社を志望する就活生は、専門商社の各社の特徴や得意分野を把握しておく必要がありますよ。

知らない企業名があった場合は、選考を受ける前に1度調べておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社と総合商社を併願する就活生はとても多いです。

総合商社にもエントリーを考えている人は、総合商社の志望動機ならではの気を付けるべき点が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社の志望動機を魅力的に伝える例文3つ

就活生くん

専門商社と総合商社の違いもしっかりと理解して、専門商社の志望動機を考える必要がありますね。

それでは早速、専門商社の志望動機を紹介してもらえませんか?

ここでは、専門商社の志望動機の全体像を理解するために、専門商社の志望動機を魅力的に伝える例文を解説します。

自分が受ける企業の特徴や自分の性格を考慮しながら、例文を参考にして、志望動機を完成させてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

例文①:食品の専門商社の志望動機

私は食品を通して、日本文化をさらに発展させたいと考え志望致します。

私は学生生活で1年間の海外留学を経験し、海外の人々の日本食への期待と憧れを目の当たりにしました。

貴社に入社すると、日本文化の根幹に貢献する事業に大きなやりがいを感じながら働くことができると考えます。

また、留学経験で身に着けた語学力とコミュニケーション能力を活かして、さらなる貴社のシェア拡大に精進致します。

私のビジョンを体現することができる貴社への入社を強く志望致します。

商社の志望動機は、志望者数が多いことから、200~300文字という制限を設けられることが多いです。

端的に志望動機を伝えられるように、意識しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

例文②:鉄鋼の専門商社の志望動機

私はグローバルな舞台で活躍し、鉄鋼事業を通して、世界の経済的な発展に寄与したいと考え志望致します。

私は、ベトナムを旅した際に感じた現地の不完全さと今後の可能性に衝撃を受け、当地の成長に結びつく事業に大きなやりがいを感じると考えました。

そこで貴社のこれまで培ってきた技術や仕事を活かして、そうした新しい発展に直接的に貢献したいと考えています。

東南アジアを拠点に海外事業の拡大を目指す貴社のビジネスに参画し、貴社の鉄鋼事業に持つ多くの固有機能を活かし、世界的な経済成長に継続的に必要とされる仕事を作り出したいと考えています。

これらの理由で貴社を志望致します。

専門商社の志望動機では、扱っている分野の製品や事業についてのこだわりを持っていることをアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

例文③:資源(エネルギー)の専門商社の志望動機

私は、文化活動の根幹である資源を通して、日本や社会に貢献できる仕事がしたいと考え志望致しました。

私は学生生活で1年間の海外留学で、専門商社に勤める日本人の方と関わらせていただく機会をいただき、世界から日本を支えている仕事を知りました。

そこで私自身もグローバルな環境で、ものづくりや人々の生活を支えられる仕事がしたいと考えるようになりました。

貴社に採用されましたら、海外に駐在し、強みである語学力と忍耐力を活かして、グローバルな地でも埋もれない日本人商社マンとして活躍したいです。

私が求めている日本や社会に貢献できるという点を、資源というかけがえのないもので価値提供ができると考えたので、ぜひ貴社で働きたいと考えました。

志望動機の全体構成を詳しく知りたい人は、志望動機を完成させるフレームワークや志望動機の構成要素が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つ

就活生ちゃん

専門商社の志望動機の全体像を理解することはできました。

では、専門商社の志望動機では具体的にどのような点を意識して伝えたら良いのでしょうか?

ここでは他の就活生と差別化できるように、専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツを解説します。

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツは3つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ
  • コツ①:数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝える
  • コツ②:総合商社ではなく、専門商社ならではの経験をしたいと伝える
  • コツ③:専門商社に求められる力を意識して適性を伝える

1つずつ確認して、他の就活生に負けない志望動機を作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ①:数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝える

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ1つ目は、数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝えるということです。

専門商社を受けている就活生は、他の商社を併願で受けていることが多いため、内定辞退の可能性を抑えるために「自社へのこだわり」を確認しています。

例えば、双日の志望動機と丸紅の志望動機の内容に差がなければ、どちらの企業からも「自社である必要はない」と判断され、落選してしまうでしょう。

なので商社の中でも、あなたが受ける専門商社を他の商社と差別化して伝えることを意識しましょう。

専門商社は、特定の分野の商材を扱っているため、より一層、企業や製品のこだわりを理解して伝えられるかが重要になりますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ②:総合商社ではなく、専門商社ならではの経験をしたいと伝える

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ2つ目は、総合商社ではなく、専門商社ならではの経験をしたいと伝えるということです。

「専門商社でないといけない理由」がその業界と企業に対するオリジナルな志望動機になるからです。

2つの具体例を見てみましょう。

就活生くん

私は、物を介して人々の人生を豊かにしたいと考え志望致します。

就活生ちゃん

私は、日本の豊かな食文化を支えるために、グローバルに食の流通を流動化させられる仕事がしたいと考え志望致します。

就活生くんの志望動機は抽象的で、総合商社にも当てはまります。

一方で、就活生ちゃんの志望動機は「食品」と分野を絞っているため、専門商社ならではの志望動機になっています。

このように専門商社の志望動機を魅力的に伝えるためには、専門商社でしか得られない経験をしたいと伝えましょう。

志望動機とは、あなたが「その業界・企業でなければならない理由」なので、唯一無二のオリジナルな志望動機にすることをいしきしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

総合商社ならではの志望動機も知りたい人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

 

コツ③:専門商社に求められる力を意識して適性を伝える

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つ目は、専門商社に求められる力を意識して適性を伝えるということです。

専門商社は志望人数が多いため、すでに適性のある学生だけを採用したいと考えているからです。

具体的な専門商社に求められている力とは、「コミュニケーション力・プレゼンテーション能力・語学力・適応力・体力」などです。

志望動機に入れるエピソードでは、これらの力が備わっていることをアピールすることを意識しましょう。

志望動機からあなたと会社の適性志望度が高いかどうかを確かめられていますよ。

志望動機では、嘘を書いたり、話を誇張して伝えたりする就活生がいます。

そのような志望動機が内定に繋がるかどうかが分かりますので、内定に繋がる志望動機の伝え方を知りたい人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないこと

就活生くん

専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツを把握することができました。

他に志望動機を伝える際に、気を付ける点があれば教えてほしいです。

あなたがよくあるミスをしないように、専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないことを解説します。

専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないことは2つあります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないこと
  • NG①:専門商社の企業の特徴を他社と差別化して伝えない
  • NG②:会社から得たいものばかり伝える

最後に1つずつ確認して、心配なく専門商社の志望動機を伝えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG①:専門商社の企業の特徴を他社と差別化して伝えない

専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないこと1つ目は、専門商社の企業の特徴を他社と差別化して伝えないということです。

なぜなら、専門商社というブランドに憧れて、内定を取ることが目的と判断されてしまうからです。

専門商社は就活生の中でも、とても人気な業界で、とりあえず商社を受けるという優秀な就活生も少なくありません。

したがって、内定をもらうためには、しっかりと企業の特徴を踏まえて、その企業への志望度と確固たる理由を伝える必要があるのです。

専門商社の志望動機が魅力的でなければ、面接の深掘り質問で答えられなくなってしまいます。

志望動機の深掘りが心配な人は、志望動機の深堀り質問対策ができますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG②:会社から得たいものばかり伝える

専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないこと2つ目は、会社から得たいものばかり伝えるということです。

企業はあなたの戦力をもらう代わりに、報酬や研修を与えます。

なので、会社の福利厚生や待遇面のことを志望理由として伝える人よりも、会社への志望度やマッチさを伝える人の方が評価されるのは当然なのです。

志望動機で職場環境や福利厚生などを考えている人は、注意すべきことがありますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

ここまで記事を読んで、専門商社の志望動機が書けない、思いつかないと悩んでいる人は志望動機を簡単に見つける方法や対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

 

まとめ:受ける専門商社の特徴を踏まえた志望動機を伝えよう!

「【例文あり】「専門商社」志望動機の魅力的な伝え方 | 総合商社との違いも」の記事はいかがでしたか。

この記事では「専門商社の志望動機を魅力的に伝える例文」を解説しました。

合わせて、「専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ」「専門商社の志望動機を魅力的に伝える時にやってはいけないこと」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆専門商社とは

  • 専門商社とは「特定の分野の卸売業を行う会社」
  • 専門商社と総合商社の違い

◆専門商社の志望動機を魅力的に伝えるコツ3つ

  • コツ①:数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝える
  • コツ②:総合商社ではなく、専門商社ならではの経験をしたいと伝える
  • コツ③:専門商社に求められる力を意識して適性を伝える

◆専門商社の志望動機を伝えるときにやってはいけないこと

  • NG①:専門商社の企業の特徴を他社と差別化して伝えない
  • NG②:会社から得たいものばかり伝える

◆まとめ:受ける専門商社の特徴を踏まえた志望動機を伝えよう!

専門商社は、受ける専門商社の特徴を踏まえて、自分の適性をアピールすることが大切でした。

また、数ある商社の中でも、受ける専門商社や製品に対する想いやこだわりを伝えられるように準備しておきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村