【高収入!】金融業界に向いている人の特徴7選 | 就職するためのポイントも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

この記事では、「金融業界に向いている人の特徴」をご紹介します!

また、「金融業界の就職活動におけるポイント」や「仕事の内容」などについても詳しく解説していきますよ。

最後のパートでは、金融業界に向いている人に関する「よくある質問」についてもまとめました。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を特におすすめしたい方
  • 金融業界に興味がある方
  • 銀行/保険/証券に興味がある方
  • お金に興味がある方
  • 金融業界に「向いているかどうか」不安な方
  • 金融業界の就職で「どんな資格が有利に働くのか」知りたい方

上記のような就活生は、ぜひこの記事を読んで就職活動に役立ててください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそも金融業界とはどんな仕事をするの?

就活生ちゃん

金融業界は人気の高い業界だと思うのですが、そもそも金融業界とはどんなお仕事をこなすフィールドなんでしょうか?

教えてほしいです!

言葉自体に親しみがあっても、意外と詳しくはわからないですよね。

それではまず、金融業界について、ざっくりご説明しますね!

就活アドバイザー 京香

 

金融業界は、銀行・保険会社・証券会社の3業種が中心

金融業界の業種は「銀行」「保険」「証券」の3つが中心になっています。

それぞれの業種の業務内容は以下のグラフ通りになります。

◎銀行 お金の貸し出しを通して、「その利子を得る」「資金を集めて運用する」
◎保険 保険商品の販売を通して、「保険金の支払いを行う」「運用して資金を増やす」
◎証券 金融商品(株式や債券などの証券など)の売買やその代行を通して、「証券を売買して資金を増やす」

◎銀行

銀行では、顧客から預かっているお金の融資する業務がメインになっています。

融資を通して、「利子を受け取ったり」「資金を集めて運用したり」することで利益を生んでいます。

銀行は「仕事内容」や「規模」「ターゲット/エリア」などによって、4つの分類があります。

分類としては「メガバンク」「地方銀行」「信用金庫」「信託銀行」の4つです。

就活アドバイザー 京香

 

◎保険会社

保険会社では、「保険」というシステムを使用したビジネスを行っています。

保険とは、「加入者から回収した保険料を資金にして、加入者のけがや病気などに発生する保険金を支払う制度」のことを指し、これを業務としているのが保険会社です。

これらから得た資金をもとに、運用を行うことで、利益を生んでいます。

保険会社は、「生命保険会社」と「損害保険会社」という2種類の会社があります。

生命保険会社では、生きていくうえでのリスクに備える「生命保険」を、損害保険会社では、物に対する損害リスクに備える「損害保険」をあつかっています。

就活アドバイザー 京香

 

◎証券会社

証券会社では、投資をする人が株式や投資信託などの「金融商品」を購入する際に必要となる「仲介をビジネスにしています。

仲介をするうえで、発生する仲介手数料を得たり、株式を運営したりすることで、利益を生んでいます。

証券会社の中には、オンラインで取引ができる「ネット証券」が存在しています。

便利であることから、ニーズも増えているようです。

就活アドバイザー 京香

 

リース会社やクレジットカード会社も存在

上記の3業種以外にも「リース会社」「クレジットカード会社」が存在しています。

【リース会社】
顧客に「機械」や「設備」の貸し出しを行うことで利益を生み出すビジネス

【クレジットカード会社】
カードを発行して、現金以外の支払方法を提供するビジネス

(参照:イチネングループ マイナビエージェント

 

金融業界の職種

金融業界における職種は、さまざま存在しています。

続いては、金融業界の「主な職種/仕事内容」を紹介していきます!

金融業界の主な職種/仕事の内容
営業 ホールセール
リテール
バックオフィス 保険外交員
金融業務
専門性の高いの職種 ファイナンシャルプランナー
プライベートバンカー

◎営業

【ホールセール】

ホールセールとは、いわゆる「法人営業」のことを指す業種です。

主な業務としては、法人の顧客向けに「資金集めや融資などの提案」を行うことです。これにより、顧客が行う事業の成長をサポートすることができます。

保険会社では、法人である顧客が雇っている「従業員に向けた保険営業」を行ったり、「保険商品を販売」したりします。

【リテール】

リテールとは、いわゆる「個人営業」のことを指す業種です。

主な業務としては、個人の顧客向けに「ローンの提案」「金融商品の販売」を行うことです。保険商品や、預金、投資信託などを取り扱います。

 

◎バックオフィス

【保険外交員】

保険外交員とは、「保険契約をおすすめしたり、契約後のサポートをしたり」する職種を指します。

保険に勧誘して、加入してもらうことがゴールではありません。保険料の支払いに関する相談や契約に関する手続きなどの、加入者への手厚いサポートを長期間担当します。

そのため、顧客とのコミュニケーションが重要になる職種であるということができるでしょう。

要望に沿った提案や顧客の心に寄り添った対応が求められる業種かもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

【金融事務】

金融事務とは、「金融に関する事務作業」を行う職種です。主に、銀行や証券会社で採用されることが多い業種です。

「窓口における顧客の対応」や「電話対応」、「書類などの作成」など、幅広い事務業務に従事しています。

契約書や見積もりの書類、顧客への送金なども行うため、正確にしっかりと作業することが求められる職業であると言えそうです。

 

◎専門性の高い職種

【ファイナンシャルプランナー(FP)】

ファイナンシャルプランナーとは、「個人で資産運用に対する助言を行う」業種を指す言葉です。

日本FP協会が実施している「ファイナンシャルプランナー技能検定」を突破した、資格を持つ人が行える業務です。

フリーランスとして活動するファイナンシャルプランナーも存在しています。

ですが、金融業界で営業職を務める人が、ファイナンシャルプランナーの資格を取り、顧客の資産運用をお手伝いするケースも多々あるようです。

資格の「ファイナンシャルプランナー」の方でよく耳にする方もいるかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

【プライベートバンカー】

プライベートバンカーとは、企業を経営している人を対象に、「事業や資産の承継、相続などのサポート」を行う業種です。

幅広い金融サービスの提案や支援をすることができる、専門家が業務を行います。

プライベートバンカーは、基本的に「富裕層向けに資産運用のサービスを行っている銀行」などに勤務していることが多いです。

(参照:イチネングループ マイナビエージェント  マイナビニュース

 

金融業界の平均年収は454万円

転職サイトdoda によると、金融業界の平均年収は、約454万円であるそうです。

この平均年収は、【業界・業種分類別を含めた平均年収ランキングでは第1位】にランクインしています。

実際のランキングは以下のグラフ通りになります。

業界・業種分類別の平均年収ランキング
第1位 金融(454万円)
第2位 メーカー(453万円)
第3位 総合商社(446万円)
第4位 金融/通信(436万円)
第10位 小売/外食(351万円)

(参照:転職サイトdoda

金融の中でも、1位は「投資信託/投資顧問」で約768万円でした。2位は「証券会社」の約575万円、3位は「信託銀行」の約545万円です。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

金融業界に向いている人の特徴7選

就活生ちゃん

金融業界について、かなり理解が進みました!

さらに興味が湧きました!ただ、金融業界に自分が向いているかが分からず、不安になりました…。

確かに不安も増えますよね…

分かりました!それでは、金融業界に向いている人の特徴7選をご紹介します。

就活アドバイザー 京香

金融業界に向いている人の特徴7選
  • 特徴①:ロジカルシンキングが得意である
  • 特徴②:コミュニケーション能力が高い
  • 特徴③:正確に事務作業をこなせる
  • 特徴④:忍耐力
  • 特徴⑤:お金に興味・関心がある
  • 特徴⑥:学習意欲が高い
  • 特徴⑦:情報をいち早く収集する能力がある

 

特徴①:ロジカルシンキングが得意である

金融業界に向いている人の特徴1つ目は、「ロジカルシンキングが得意である」人です。

金融業界では、論理的に考えられる人が重宝される場合が多くあります。

なぜなら、計画を立てて実行したり、顧客に説明して提案を受け入れてもらったりする業務が多くあるからです。

技術職においては、詳細な計画を立てて実行する必要があります。

また、営業職では顧客にしっかりと筋道を立ててわかりやすく説明する必要があります。

「就活の教科書」では、「論理的思考力」を身に着ける方法や、アピールする方法なども詳しく解説しています。

是非、以下のリンクからチェックして論理的思考力を皆さんの強みにしてください!

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:コミュニケーション能力が高い

金融業界に向いている人の特徴2つ目は、「コミュニケーション能力が高い」人です。

金融業界では、顧客とかかわるタイミングが多くあるとされています。

融資に関する勧誘や、投資の相談、保険の提案など、顧客の種類に応じたコミュニケーションをとる必要があります。

そのため、どのような相手にも柔軟に対応できる人はとても重宝されるでしょう。

相手の立場に立って物事を考え、日ごろのコミュニケーションを心がけることが重要です。

「就活の教科書」では、「コミュニケーション能力」に関する記事も掲載しています。

以下のリンクから、ぜひチェックしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:正確に事務作業をこなせる

金融業界に向いている人の特徴3つ目は、「正確に事務作業をこなせる」人です。

金融業界では、大きな金額を扱うことも多くあります。

そのため、「正確さや確実性」がかなり重要になるでしょう。

契約書の作成や、見積もりの作成、顧客への送金など、「間違いが許されない局面が多くある」ことが予想されます。

日頃から、丁寧な作業をするように心がけるなど、不注意を減らせる意識を持つことが大切になるかもしれません。

丁寧に作業をするということは、「誰かのためを思っている」からこそできる行動なのではないでしょうか。

そのため、誰かのために一生懸命取り組む経験が、正確さや確実性を生むのではないかと思います。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:忍耐力がある

金融業界に向いている人の特徴4つ目は、「忍耐力がある」人です。

金融業界では、ノルマが課されることもあることから、激務が続く期間がある可能性が高いです。

そのうえ、「命の次に大切」とまで言われる「お金」という重要な資産を扱う際に、プレッシャーを感じる場合もきっとあるでしょう。

そのため、金融業界では、ポジティブに進み続ける粘り強さ=忍耐力が重要になります。

自己PRで、「忍耐力」についてアピールがしたい場合は、「つらい経験がありながらも障壁を破った経験」などの「目標を達成した経験」が良いかもしれません。

「求める力はあるので心配ありませんよ」ということを企業側に伝えられるように、自己分析をしっかり行いましょう

自己分析などに不安がある方は、ぜひ以下のリンクから、当サイトの記事をチェックしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:お金に興味・関心がある

金融業界に向いている人の特徴5つ目は、「お金に興味・関心がある」人です。

金融業界では、どのような業務であっても、必ず「お金」を取り扱うタイミングがあります。

そのため、お金にあまり興味のない人にとっては、苦痛に感じる業務が続く場合もあります。

「お金が社会で果たす役割の重要性」に理解があり、日常的に考えることがある人だということが重要です。

そのような人は、「金融業界における業務を深く理解」でき、活躍することができると考えられます。

 

特徴⑥:学習意欲が高い

金融業界に向いている人の特徴6つ目は、「学習意欲が高い」人です。

金融業界の属する経済分野は、常に動き続けているため、日々の情報収集が非常に重要です。

また、職種によっては、資格取得をする必要がある場合もあります。

常に情報を更新し、最新情報とともに、顧客に提案する必要があるでしょう。

 

特徴⑦:情報をいち早く収集する能力がある

金融業界に向いている人の特徴7つ目は、「情報をいち早く収集する能力があるです。

金融業界の属する経済分野は、常に動き続けています

そのため、日々の情報収集が非常に重要になるのです。

顧客に何かを提案するにしても、最新情報をつかんでおかないと、正確で質の高い内容を届けることはできません。

このような点から、いち早く情報収集ができる人は、かなり重宝されると考えられるでしょう。

「向いている人の特徴が分かっても、自分の性格や特徴が分からない」と感じている人もいるかもしれません。

そういう方には、性格診断や自己分析がおすすめです。

「就活の教科書」では、おすすめの性格診断やツールについて解説している記事を、多数連載しています。

少しでも不安がある方は、以下のリンクから他の記事もチェックしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

金融業界に就職するためのポイント

就活生くん

特徴を知ることができたので、「自分に向いているか向いていないか」の判断基準を設けることができるようになりました

努力が必要になるとしても、やっぱり金融業界に就職したいです!

人気な業界でもあると思うので、しっかりとポイントを押さえたいです。

そのうえで、就職活動を進めたいのですが、ポイントなどはありますか?

金融業界は、志望する学生の人数も多いため、ポイントを押さえて就職活動を進めることは、非常に重要となるでしょう。

それでは、金融業界に就職するためのポイントについて解説していきますね。

金融業界に就職するためのポイントは以下の5つがあります。

就活アドバイザー 京香

金融業界に就職するためのポイント
  • ポイント①:なぜ金融業界なのかを言語化しておく
  • ポイント②:インターンシップに参加する
  • ポイント③:人間性をアピールできるエピソードを用意しておく
  • ポイント④:金融に関するニュースを見る習慣をつける
  • ポイント⑤:金融関連の資格を取得する

 

ポイント①:なぜ金融業界なのかを言語化しておく

金融業界に就職するためのポイント1つ目は、「なぜ金融業界なのかを言語化しておく」ことです。

金融業界のESや面接では、「なぜ金融業界を選択したのか」という理由に興味を持たれて質問される可能性が高いです。

この質問をはっきり答えられるようにすることで、選考を有利に進めていくことができるでしょう。

また、はっきりとした理由を考える段階を踏むことで、自分自身の思いとも向き合うことができます

「本当に金融業界がいいのか?」「ほかの業界も見るべきではないか?」などをご自身に問いかけてみましょう。

不安材料を無くし、はっきりと理由を言えるようにできれば、より良い就職活動にすることができるでしょう。

 

ポイント②:インターンシップに参加する

金融業界に就職するためのポイント2つ目は、「インターンシップに参加する」ことです。

金融業界だけにとどまらず、インターンシップに参加することで、優遇を受けられるケースはかなり多くあります。

例えば、「早期選考」と呼ばれる優遇を受けられる場合があります。

インターンシップに参加した就活生限定で、早めに選考を受けられることができるのです。

また、必要な面接の回数が省略されて少なくなるなどの場合もあります。

インターンシップにしっかりと参加して、少しでも有利に就職活動を進めることをお勧めします。

 

ポイント③:人間性をアピールできるエピソードを用意しておく

金融業界に就職するためのポイント3つ目は、「人間性をアピールできるエピソードを用意しておく」ことです。

金融業界では、先ほど述べたような特徴を持つ人が重宝されやすい傾向にあります。

これらの特徴に当てはまる人間性やアピールポイントを見つけることで、採用の可能性がグンっと高くなるでしょう。

向いている人の特徴(再掲)

向いている人の特徴は以下の通りでした。

  • 特徴①:ロジカルシンキングが得意である
  • 特徴②:コミュニケーション能力が高い
  • 特徴③:正確に事務作業をこなせる
  • 特徴④:忍耐力
  • 特徴⑤:お金に興味・関心がある
  • 特徴⑥:学習意欲が高い
  • 特徴⑦:情報をいち早く収集する能力がある

エピソードを探すことは、「自分の人間性や特徴を知るきっかけ」にもなるでしょう。

もし、「合わないな」と感じる場合があれば、少し慎重に業界選択をしてみてもいいかもしれません。

自分自身の職業に対する譲れない点をしっかりと意識しながら、就職活動を進めることが重要です。

就活アドバイザー 京香

 

ポイント④:金融に関するニュースを見る習慣をつける

金融業界に就職するためのポイント4つ目は、「金融に関するニュースを見る習慣をつける」ことです。

「特徴⑤:お金に興味・関心がある」でも触れましたが、金融は経済の上で成り立っています。

そして、その経済は「常に動いているもの」です。

そのため、日々の動向やこれからのトレンドなど、先を見据えた情報収集が非常に重要です。

ニュースを通して現状を知り、情報に取り残されないようにしておくことが大切です。

 

ポイント⑤:金融関連の資格を取得する

金融業界に就職するためのポイント5つ目は、「金融業界の資格を取得する」ことです。

金融業界では、資格を取得することで、優遇を受けられる可能性が大いにあります

そのため、少しでも金融業界を希望される方は、資格の取得をおすすめします。

金融関連の資格の例は以下のようになります。

金融業界の資格
  • 証券アナリスト:難易度4/5
  • 証券外務員:難易度2/5
  • CFA:難易度5/5
  • ファイナンシャルプランナー(FP):難易度2~4/5
  • DCプランナー(企業年金総合プランナー):難易度3/5
  • 賃金業務取扱主任者:難易度3/5

(参照:資格の学校TAC

資格によって、難易度や必要となる学習期間は異なります

興味のある分野かどうか、勉強時間の確保が可能かどうかなどを検討したうえで、臨むことが大切になりそうです。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

金融業界に向いている人に関するよくある質問

就活生くん

金融業界についてかなり詳しくわかるようになりました…!

他に金融業界について知っておいた方がいいことがあれば、教えてほしいです。

より詳しく知ることができたようで良かったです!

それでは、金融業界についてよくある質問を紹介していきますね!

就活アドバイザー 京香

 

質問①:「金融業界はやめとけ」ってホント?

金融業界は、「待遇や福利厚生が良い」「長く働きやすい」「専門知識が身に着けられる」など多くの魅力があります。

その一方で、他の業界と同じく、【デメリットがあるのも事実】です。

例えば、「プレッシャーを感じる瞬間が多く、精神力の強さが必要」になる場合があります。

お金を取り扱うため、責任が重く間違いが許されないシーンが多くあります。

この点にストレスを感じてしまう方の場合は、金融業界でのお仕事で苦痛を感じてしまう場合があります。

また、日々勉強が必要な金融業界において、「プライベート時間での勉強」はかなり大切になるでしょう。

プライベート時間を勉強に割きたくない人にとっては、金融業界でのお仕事は向いていない可能性があります。

一方で、専門知識を身に着けたい人にとっては、「勉強が昇進につながる」という好待遇であるともいえるでしょう。

それぞれ求める条件が異なるため、一概にメリット・デメリットであるということはできません。

ご自身にとっての「どうしても譲れない点」をしっかり把握して、業界/業種選びを行うようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:金融業界のやりがいって?

金融業界のやりがいは、業務や職種によって異なるともいえますが、多くの金融業界に勤める人が感じるというやりがいがあるそうです。

例えば、「社会貢献度の高い仕事ができる」ことがやりがいの1つであるようです。

人々の生活と密接にかかわっている「お金」を扱う金融業界は、「多くの人々の暮らしや社会を支えることに貢献している」ということができるでしょう。

また、「顧客の人生に深く関わることができる」ことも、やりがいになるそうです。

顧客に寄り添いながら、不安を取り除く仕事であるため、感謝を伝えられる場面も多いといいます。

人と直接向き合い、「相手の成功や安心のために支援ができる職種」だということができるでしょう。

 

質問③:金融業界のホワイト企業を教えて!

ホワイト企業の基準は多くあると考えられますが、「男女関係なく活躍できる場であること」や「福利厚生の充実度」、「残業の有無や頻度」などが基準になりやすいと考えられます。

キャリコネが発表している、多くの視点から評価された「金融職種によるホワイト度ランキング」では、以下のような結果になっていました。

金融職種によるホワイト度ランキング
第一位 株式会社三菱UFJ銀行(MUFG)
第二位 株式会社みずほ銀行(MHBK)
第三位 株式会社三井住友銀行(SMBC)

(参照:キャリコネ

重視する基準は人それぞれ異なります。そのため、このランキングが必ずしも、「就活生全員にとってのおすすめ順になる」ということはありません。

各企業が持つ特徴を吟味しながら、自分のニーズが通りやすい企業を選択するとよさそうです。

「就活の教科書」では、他にも金融業界に関する記事を掲載しています。

以下のリンクから是非チェックしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:金融業界に向いている人を参考に、適職を見極めよう!

金融業界に向いている人・向いていない人の特徴についてまとめた本記事は、いかがだったでしょうか?

また、金融業界の職業別の向いている人の特徴も紹介しました。

最後に、金融業界に向いている人に関するよくある質問についてもまとめました。

金融業界に興味がある人や、悩んでいる人の参考になれば、幸いです。

それでは、この記事のまとめです。

この記事のまとめ
  • そもそも金融業界とはどんな仕事をするの?
    • 金融業界は、銀行・保険会社・証券会社の3業種が中心
    • 金融業界の主な職種は「営業」「バックオフィス」「専門職種」
    • 金融業界の平均年収は454万円
  • 金融業界に向いている人の特徴7選
    • 特徴①:ロジカルシンキングが得意である
    • 特徴②:コミュニケーション能力が高い
    • 特徴③:正確に事務作業をこなせる
    • 特徴④:忍耐力がある
    • 特徴⑤:お金に興味・関心がある
    • 特徴⑥:学習意欲が高い
    • 特徴⑦:情報をいち早く収集する能力がある
  • 金融業界に就職するためのポイント
    • ポイント①:なぜ金融業界なのかを言語化しておく
    • ポイント②:インターンシップに参加する
    • ポイント③:人間性をアピールできるエピソードを用意しておく
    • ポイント④:金融に関するニュースを見る習慣をつける
    • ポイント⑤:金融関連の資格を取得する
    • 就活のやり方に関する記事一覧
  • 金融業界に向いてる人に関するよくある質問
    • 質問①:「金融業界はやめとけ」ってホント?
    • 質問②:金融業界のやりがいって?
    • 質問③:金融業界のホワイト企業を教えて!
  • まとめ:金融業界に向いている人を参考に、適職を見極めよう!

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに、就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事もチェックしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香