【大丈夫!】就活で「長所がない」と悩む時の対処法7選 | 聞かれたときの答え方も

本ページはプロモーションを含みます

就活 長所がない 悩む 対処法

この記事からわかること
  • 「長所がない」と悩んでいても大丈夫!
  • 「長所がない」と感じる人がすべきこと
  • 企業が長所を聞く意図
  • 【例文あり】面接で長所を聞かれたときの答え方とポイント
  • 長所を伝える際のNG例文
  • 【優良版】自己PRで使える長所を診断できるおすすめツール
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

今回の記事では、「長所がない」という悩みについて詳しく説明していきます。

「長所がない」と悩む原因、そう感じる人がすべきこと企業が長所を聞く意図についてします。

あわせて、面接で長所を聞かれたときの答え方とポイントを例文を用いて説明しました。

この記事を読むことで、長所についての不安や悩みが解消されますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事がおすすめな人
  • 「長所がない」と悩んでいる人
  • 「長所」を見つけるためにするべきことを知りたい人
  • 長所についての質問の回答のポイントを知りたい人

「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】無料診断で自分の短所を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「長所がない」!就活ではどうすればいい?

就活生くん

面接でよく「あなたの長所は何ですか?」という質問を聞かれます。

でも自分には長所がなくて困っています。

たしかに、「長所がない」と悩んでいる就活生は多くいるのではないでしょうか。

長所がなくても大丈夫、これから詳しく解説していきます!

就活アドバイザー 京香

 

結論:「長所がない」と感じていても大丈夫

「長所がない」と悩んでいる人も多いかもしれませんが、そう感じていても大丈夫です。

これは危機ではなく、むしろ自己分析をする機会と捉えられます。

自分の経験や過去の成功、周囲からのフィードバックを振り返り、自己理解を深める絶好のチャンスです。

これから皆さんがどのようにしたら自分の長所を見つけられるのか、解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてください。

 

そもそも「長所がない」と悩む原因とは

「あなたの長所は何ですか」という質問は就活の面接やESで、必ずといっていいほど聞かますよね。

そもそもなぜ「長所がない」と悩むことがあるのでしょうか?

以下のような要因が考えられます。

  • 褒められることが少ない
  • 劣等感やコンプレックスを強く感じている
  • 完璧主義で、小さな欠点が大きく見えてしまう
  • 周りと比較されることが多かった
  • 自分を認めることに抵抗がある
  • 短所ばかりを意識する
  • 就活に疲れ、投げやりになっている

いくつか当てはまる人もいるのではないでしょうか?

自分の長所に気づくことができない原因を知ることで、自分の良いところや強みを見つけることができるようになります。

就活アドバイザー 京香

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「長所がない」と感じる人がすべきこと8選

就活生ちゃん

「長所がない」と感じているのですが、なにかした方が良いことを教えてください。

わかりました。

次に、「長所がない」と感じている人がすべきことを7つ紹介します!

就活アドバイザー 京香

「長所がない」と感じる人がすべきこと
  • その①:短所を長所に言い換えてみる
  • その②:友人や家族に自分の長所を聞いてみる
  • その③:自分にとっての「当たり前」を思い起こしてみる
  • その④:自分史/モチベーショングラフを作ってみる
  • その⑤:長所診断や自己分析のツールを使う
  • その⑥:これまでの経験を洗い出す
  • その⑦:他の人はできないけど自分にはできることを考える
  • その⑧:就活エージェントに相談する

 

その①:短所を長所に言い換えてみる

「長所がない」と感じている人がすべきことの1つ目は、「短所を長所に言い換えてみる」です。

「短所はたくさん思いつくけど長所は思いつかない」という人がいたら、短所を長所に言い換えてみると良いです

例えば、以下のような短所があるとします。

  • 自己中心的
  • 物事が長続きしない
  • 自己主張が弱い
  • 優柔不断
  • 視野が狭い

これらは次のような長所に言い換えることができます。

  • 自己中心的→自分の意見を言える/主体性がある
  • 物事が長続きしない→好奇心旺盛/チャレンジ精神がある
  • 自己主張が弱い→協調性がある/他者の意見を尊重できる
  • 優柔不断→慎重/吟味できる
  • 視野が狭い→集中力がある/没頭できる

短所は考え方次第で、長所にもなります。

色々な角度から検討してみましょう!

就活アドバイザー 京香

 

その②:友人や家族に自分の長所を聞いてみる

「長所がない」と感じている人がすべきことの2つ目は、「友人や家族に自分の長所を聞いてみる」です。

同じ学部の友人やサークルの仲間、バイト先の先輩や後輩、家族など誰でも良いので自分の長所を聞いてみましょう

周りの人に自分の長所を聞くことで次のようなことに気づくことができます。

  • 自分では大したことないと思っていたエピソード
  • 忘れていた経験
  • 自分では気づいていなかった自分の良いところ

周りの人から自分の強みや良いところを教えてもらうと、自信にもつながります

色々な人に話を聞いて、モチベーションを上げていきましょう。

 

その③:自分にとっての「当たり前」を思い起こしてみる

「長所がない」と感じている人がすべきことの3つ目は、「自分にとっての「当たり前」を思い起こしてみる」です。

自分の「当たり前」は思い込みであって、意外と人から見ると「当たり前」でない場合もあるためです。

例えば、自分で「悪いこと・マイナスなこと」と思っていることが、他の人にとっては「良いこと・プラスなこと」という可能性があります。

自分の価値観や判断基準を思い起こし、客観的に考えてみることが効果的です。

 

その④:自分史/モチベーショングラフを作ってみる

「長所がない」と感じている人がすべきことの4つ目は、「自分史/モチベーショングラフを作ってみる」です。

モチベーショングラフとは、自分のモチベーションの源泉を知るために行う、自己分析の手法です。

今までの自分の体験を振り返りながら、どのような時にモチベーションが上がったり下がったりするのかを可視化することができます

モチベーショングラフを書くことで自分の特徴を知り、長所について考えてみましょう。

「モチベーショングラフがよくわからない、もっと知りたい!」という人は以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

 

その⑤:長所診断や自己分析のツールを使う

「長所がない」と感じている人がすべきことの5つ目は、「長所診断や自己分析のツールを使う」です。

長所を診断してくれるサイトや、就活サイトが提供する適性診断客観的に自己分析をすることもおすすめです。

MBTIなども自分の特徴や適性を知ることができ、参考になるでしょう。

「自分で考えたり他人に聞いたりしたけどあまり分からない」という人がいたら、ぜひ客観的分析をしてみましょう。

自己分析は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

その⑥:これまでの経験を洗い出す

「長所がない」と感じている人がすべきことの6つ目は、「これまでの経験を洗い出す」です。

アルバイトやサークル、ゼミ、課外活動などでの経験を洗い出し、これまでの活動を洗い出してみる方法も効果的です。

以下のような経験があれば、そこから長所を見つけ出すことができます。

  • 自分で考えて行動した経験
  • 失敗から学んだ経験
  • 他人から褒められた経験
  • 一生懸命頑張った経験
  • 目標を達成した経験

 

その⑦:他の人はできないけど自分にはできることを考える

「長所がない」と感じている人がすべきことの7つ目は、「他の人はできないけど自分にはできることを考える」です。

他の人はなかなかできないが、自分はそれほど苦労せずできる」ということにおいて、あなたは長所を発揮しています。

例えば、「初対面の人とすぐに打ち解けられる」場合、あなたは「コミュニケーション」に長けています。

初めてあった人と話をするには、社交性や話の引き出しが必要で、誰でもできることではありません

自分は難なくこなしているが、周りを見渡せば全員がやっているわけではないことから自分の長所を見つけてみて下さい。

 

その⑧:就活エージェントに相談する

「長所がない」と感じている人がすべきことの8つ目は、「就活エージェントに相談する」です。

自分ではどうしようもない」という人や、「就活のプロ目線からのアドバイスが欲しい」という人には、就活エージェントに相談するのがおすすめです。

就活エージェントに相談することで、選考に役立つ自己分析を進めることができます。

以下は代表的な就活エージェントです。

エージェントのくちこみがきにあ

就活アドバイザー 京香

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

企業が長所を聞く意図とは

就活生くん

就活の面接でいつも長所を聞かれます。

なぜ企業は長所を質問するのでしょうか?

たしかに、「企業がなぜ長所を聞くのか」は気になりますよね。

次は企業が長所を聞く意図を説明します。

就活アドバイザー 京香

企業が長所を聞く意図
  • 意図①:自己理解ができているかを知るため
  • 意図②:俯瞰して物事を観れるかを確認するため
  • 意図③:人柄や価値観を知るため

 

意図①:自己理解ができているかを知るため

企業が長所を聞く意図の1つ目は、「自己理解ができているかを知るため」です。

自己理解は就活において自分の長所や短所を把握し、自分に合った職業や企業を選ぶ上で欠かせません。

また、自己理解があることは、自己成長にもつながります。

自分の長所を活かしながら、短所を補う方法や改善するための取り組みを見つけることで、より良い仕事やキャリアを築くことができます。

 

意図②:俯瞰して物事を観れるかを確認するため

企業が長所を聞く意図の2つ目は、「俯瞰して物事を観れるかを確認するため」です。

自分の長所を話せるということは、自分を俯瞰的にみることができるということです。

長所は、今までの経験や周りとの関わり、成長、失敗などすべてを踏まえたものです。

そのため、長所を語るには自分を内と外から見つめ、客観的に理解する必要があります

就職してからもこの力は必要であるので、企業は確認しています。

 

意図③:人柄や価値観を知るため

企業が長所を聞く意図の3つ目は、「人柄や価値観を知るため」です。

企業によって求める人物像は異なり、チームワークを重視する会社もあれば、主体性や個々の力を重視する企業もあります。

長所を聞くことで、その人の人柄や価値観を知り、自社に適しているのかを確認しています。

企業研究を行い、どのような人材が求められているのか、何を大切にしているのかをチェックしておきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

自己PR・強みに関する記事一覧

「自己PR/強みなんて自分にはない」という就活生は 自己PR/強み一覧 からあなたの強みを選んでみましょう。

また、コミュニケーション能力」 「主体性」 「協調力」 「チャレンジ精神」 「傾聴力 は、実際に企業が採用の際に重要視しているスキルなので、ここから選んでみるのもおすすめです。

以下の記事では、例文や書き方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


【例文あり】面接で長所を聞かれたときの答え方とポイント

就活生ちゃん

面接で長所を聞かれたときに、具体的にどのように答えればいいか分かりません…。

それでは、次に面接で長所を聞かれたときのポイントと答え方を紹介します。

就活アドバイザー 京香

面接で長所を聞かれたときの答え方
  • 面接で長所を聞かれたときの答え方のポイント
  • 回答例①:「リーダーシップがある」
  • 回答例②:「協調性があり、チームの潤滑油となれる」
  • 回答例③:「努力を継続できる向上心がある」
  • 解答例④:「忍耐力がある」
  • 解答例⑤:「周りを巻き込む力があるあ」
  • 解答例⑥:「負けず嫌いで、努力を惜しまない」

 

面接で長所を聞かれたときの答え方のポイント

面接で「長所は何ですか」と聞かれた場合、以下の点に注意して答えるようにしましょう。

面接で長所を聞かれたときのポイント
  • 長所→課題・問題→解決のための行動→結果 の順に話そう!
  • 長所を募集先でどう活かすか説明しよう!

志望動機などと同じように、長所についてもまずは結論から伝え、順に詳しく説明していきましょう!

また、「長所を応募先でどのように活かすか」まで考えるのがポイントです。

それでは、実際に回答例を見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

回答例①:「リーダーシップがある」

面接で長所を聞かれたときの回答例①は「リーダーシップがある」です。

私の長所は、共通の目標に向かってチームをまとめ、達成に導くリーダーシップです。

学生時代に文芸部の部長を務めました。

私たちは文化祭の舞台演劇を成功させることを目指していましたが、意見の不一致やアイデアの不足から難航していました。

そこで私は、毎週のミーティングでメンバー全員がアイデアを出し合える場を設け、個々の意見を尊重し、共通の目標に合致するアイデアを引き出しました。

結果として、文化祭の舞台演劇は大成功を収めました。

この経験を活かし、貴社でもチームをまとめ、共通の目標達成に向けて尽力したいと考えています。

「リーダシップについてもっと詳しく知りたい」というに人は、以下の記事がおすすめです!

就活アドバイザー 京香

 

回答例②:「協調性があり、チームの潤滑油となれる」

面接で長所を聞かれたときの回答例②は「協調性があり、チームの潤滑油となれる」です。

私は協調性があり、チームの潤滑油となることができます。

授業で行ったプロジェクトで、チーム内でのコミュニケーション不足が進捗を妨げていました

そこで私は、各メンバーの強みと興味を把握し、その個々の視点やスキルを生かすためにディスカッションを主導しました。

例えば、難しい意見調整が必要な場面では、双方向の対話を促し、異なる立場からのアイディアを取り入れたり、他のメンバーとの懸け橋となったりしました。

その結果、コミュニケーションが活性化し、情報共有がスムーズになりました。

このように、私は協調性を活かし、意見調整や円滑なチーム運営に貢献できます。

「協調性」についてもっと知りたい人は、以下の記事をぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

 

回答例③:「努力を継続できる向上心がある」

面接で長所を聞かれたときの回答例③は「努力を継続できる向上心がある」です。

私の長所は、努力を継続できる向上心があることです。

昔、音楽の才能に自信がなく、習っていたピアノで結果を出せずにいました。

しかし、諦めず毎日練習し、他の演奏家の演奏を研究しました。

その結果、徐々に上達し、地元の音楽コンテストで賞を獲得しました。

その後も継続的な練習と学びを続け、より高いレベルの舞台に立てるようになりました。

このように困難な状況でもめげず、目標に向かって粘り強く努力することが私の強みです。

この向上心を仕事にも活かし、新しいことを学び、成長するために努力し続けます。

「向上心」の伝え方をもと知りたいという人には、以下の記事がおすすめです!

就活アドバイザー 京香

 

解答例④:「忍耐力がある」

面接で長所を聞かれたときの回答例④は「忍耐力がある」です。

私の長所は、1つの物事に対して結果が出るまでやりきる忍耐力です。

私は大学四年間、体育会野球部に所属しており、常にチームと個人としての目標を達成するために努力してきました。

具体的には、二年生の頃フィジカルの弱さが原因で試合に出場できなくなり、監督にフィジカル強化をするまでは戦力にならないと告げられてしまいました。

そこで私はチームの戦力となるべく、半年以内に体重を5キロ増やし体脂肪率を1桁代にすることを目標に日々フィジカルトレーニングを続け、半年以内に目標を達成し、また試合でチームの戦力として試合に出場できるようになりました。

このように私には、1つの物事に対して結果が出るまでやり抜く忍耐力があります。

そこで御社に入社した後も、目標達成に向けて着実に仕事を進め、自身の強みである忍耐力を活かして多くの成果を上げたいと思っています。

 

解答例⑤:「周りを巻き込む力がある」

面接で長所を聞かれたときの回答例⑤は「周りを巻き込む力がある」です。

私には、周りを巻き込む力があります。

この強みを活かした経験として、サークルの学園祭責任者として、全員が主体的に行動できる組織づくりをした経験があります。

大学1年生次に学園祭に所属サークルとして参加した際は、楽しんでいるのは模擬店を運営する幹部メンバーのみであり、私は疎外感を感じていました。

そこで大学2年生次に誰もが積極的に参加し楽しめる学園祭にしたいと考え、サークルの学園祭責任者に立候補し当選しました。

しかしサークルの人数は100人と多かったため、中心的なメンバー以外は他人任せになって仕事を放棄することが多発しました。

これは個々の当事者意識が低いことが課題だと考え、それぞれに役割を的確に振り分け、一人ひとりが参加できる環境を作りました。

その結果、全員が主体的に行動するようになり例年の2.5倍の売上を上げることができました。

御社ではこの強みを活かし営業部の一員として様々なアクターを巻き込みながら、高い売上目標達成に貢献したいと考えています。

 

解答例⑥:「負けず嫌いで、努力を惜しまない」

面接で長所を聞かれたときの回答例⑥は「負けず嫌いで、努力を惜しまない」です。

私の長所は「負けず嫌いで、努力を惜しまないところです。

私は昨年までサッカーサークルに所属していました。

自分以外のメンバーは皆経験者で、入部当初は一番下手な部員で、他校との合同練習などではまったく試合に出ることができませんでした

他の人に負けているのが悔しくて、毎日隙間時間を見つけて人一倍練習するようになりました

はじめは経験者との差が埋まらないことに挫折しそうになりましたが、「練習時間では誰にも負けない」と決めて励み続けた結果、少しずつできることが増えて、大学3年生の頃には、近隣大学と合同開催する大会にレギュラーとして出ることができました。

私はこの経験から諦めずに努力し続けることの大切さと自分自身の負けず嫌いな性格に気づくことができました

もし私が入社させていただけたら、どれだけ追い返されても諦めず、営業職として高みを目指して1つでも多くの契約を取ります。

「もっと長所の例文を見たい!」という方は、以下の記事を読んでみて下さい。

就活アドバイザー 京香

 

番外編:NG例文

以下は長所についての回答のNG例文です。

私は野球サークルのリーダーを務めました。

リーダーとして、部員同士の関係を良くすることに注力しました。

結果、チームの雰囲気が良くなりました。

NGな理由としては、

  • 結論から始めていない
  • リーダーとして発揮すべき能力やリーダーシップについてふれていない
  • 目標達成のための具体的行動が述べられていない
  • 応募先でどのように活かせるのかがわからない
  • 具体性がなく説得力に欠ける

などが挙げられます。

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

長所に関するよくある質問

就活生くん

長所について、ほかに知っておくべきことはありますか?

それでは、最後に長所についてよく聞かれる質問を2つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

長所に関するよくある質問
  • 質問①:短所と長所、同時に聞かれたらどっちから言えばいい?
  • 質問②:長所と短所で同じことを話してもいいの?

 

質問①:短所と長所、同時に聞かれたらどっちから言えばいい?

「どちらが正しいということ」はありませんが、まず短所から話すことをおすすします。

まず短所について話すことで、自己理解があり、改善する意欲を伝えることができます。

その後、短所を克服するための努力や、それをカバーするための長所について話すことで、向上心をアピールすることができます。

 

質問②:長所と短所で同じことを話してもいいの?

結論からいうと、長所と短所で同じことを話しても問題ありません

例えば、「物事をじっくり考えることが得意」という長所と「優柔不断」という短所は同じことについて話しています。

物事をじっくり考えることが得意ですが、そのために決断を瞬時にできず優柔不断という短所になってしまうことがあります。」のように、まとめることが可能です。

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:長所がないと感じる原因を明らかにして、適切に対処しよう

今回は、「長所がない」という人に向けて解説を行いました。

「長所がない」と悩む原因、そう感じる人がすべきこと企業が長所を聞く意図を説明しました。

あわせて、面接で長所を聞かれたときの答え方とポイントを例文を用いて解説しました。

この記事を読むことで、長所についての不安や悩みが少しでも解消されていたら嬉しい限りです。