>> 就活に役立つおすすめサイトまとめました <<

【なぜ落ちる?】性格適性検査の対策7つ | 解き方のコツ,WEBで無料でできる診断も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のもりーです。

この記事では、適性検査の性格検査についてご紹介します

皆さんは、「性格検査で落ちてしまう・・・」「性格検査ってどうやって対策すればいいの?」などの悩みを抱えていませんか?

「就活の教科書」編集部 もりー

就活生くん

先日性格適性検査を受けたのですが、落ちてしまいました。

なぜ性格適性検査で落ちるのかわからないです・・・

企業はどんな点を評価して合否を決めているのでしょうか…?

就活生ちゃん

僕はこれから性格適性検査を受ける予定なのですが、何を対策すれば良いかわかりません

そもそも性格検査で落ちるなんて本当にあるの?

けど、落ちたくないから適性検査で落ちることを防ぐ対策方法を教えてください。

確かに、能力検査は問題集を解くなど対策方法が分かりやすいですが、性格検査は評価ポイントや対策の仕方が分かりにくいですよね。

また、適性検査は受けた後に合否だけ発表されるだけで、なぜ落ちるのかわかりませんよね。

私も当初適性検査で落ちることが数回あり、面接も受けられず非常に悔しい思いをしました。

適性検査で落ちることがないように、万全な対策をしておく必要があります!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

そこでこの記事では、性格検査に合格するための対策性格検査で落ちる理由について解説します。

合わせて、企業が性格検査を行う目的、性格検査を無料で受ける方法や評価項目も説明していきます。

この記事を読めば、なぜ自分が適性検査で落ちてしまうのかが理解でき、性格適性検査で落ちることがなくなります。

「性格検査で落ちたくない!」「性格検査って気をつけた方が良いポイントとかあるの?」という就活生の方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、適性検査ツールを使って性格検査の対策をするのが一番です。

「性格適性検査で落ちたくない!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査」を同時に使って練習するのがおすすめです。

2つとも5分~10分で回答でき、自分の強みや弱みなどの性格が詳しく理解できます。

企業にどのような形で回答が届いているか予想できるので試してみてください。

「就活の教科書」編集部 もりー

>>「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

>> 「キミスカ適性検査」を試してみる

 

目次

 

適性検査は落ちる人が意外と多い

就活生くん

適性検査で落ちる人って多いのですか。

適性検査で落ちる人は多いです!

適性検査は企業が志望者に合否を出す最初の機会であり、非常に大事な指標になります。

大手企業では、この段階で多くの志望者が落ちる形になっています。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

適性検査は落ちる人が多い

適性検査は落ちる人が多いです。

なぜなら適性検査によって、志望者のある程度の能力性格がわかるからです

例えば企業側がグローバル人材を求めて語学力を必要としている場合、英語のテストが悪い人が落ちる形になります。

適性検査で落ちることがないように万全の対策をしておきましょう。

企業側がどういう人材を求めているのかをあらかじめ企業分析しておきましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

「性格適性検査で落ちたくない!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査」を同時に使って練習するのがおすすめです。

2つとも5分~10分で回答でき、自分の強みや弱みなどの性格が詳しく理解できます。

「性格適性検査なんかで落ちてたまるか!」という方は、事前に対策しておくのがベストですよ。

「就活の教科書」編集部 もりー

>>「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

>> 「キミスカ適性検査」を試してみる

 

適性検査の種類

適性検査は能力検査性格検査の2つに分けられます。

能力検査と性格検査の内容はそれぞれ以下の通りです。

適性検査について

能力検査:学生の思考力や学力を問う筆記試験

性格検査:学生の個性や人柄を見る心理検査

能力検査は業務を遂行する基礎能力を評価されて、性格検査は人柄や自社との相性を評価しています。

能力検査では主に言語(国語)と非言語(数学)の2つに分けられて、種類はSPI・玉手箱・CABなど企業によって違います。

適性検査で落ちることを防ぐため、企業がどの種類のテストなのかあらかじめ確認しておきましょう。

企業によっては能力検査で英語の問題が追加されます。

特に商社や旅行会社などグローバルに仕事をしている企業に多いです!

また、性格検査は心理テストのようなものです。

能力検査・性格検査の問題や回答例が知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 もりー

 

【落ちる人必見!】性格適性検査における7つの対策方法

就活生ちゃん

適性検査で落ちるのはもうまっぴらごめんです!

適性検査で落ちることを防ぐための対策を教えてください。

適性検査で落ちることを防ぐ対策が7つあるので紹介します!
対策のしすぎには注意が必要ですが、以下の7つからいくつかを押さえておけばあなたの個性を潰さず評価される回答ができますよ!

「就活の教科書」編集部 もりー

性格適性検査における7つの対策方法
  • 対策①:素早く回答する
  • 対策②:嘘をつかないようにする
  • 対策③:回答同士が矛盾しないようにする
  • 対策④:企業の社風や働き方の特徴を調べておいて回答に反映させる
  • 対策⑤:自分の将来ありたい姿を想像して回答する
  • 対策⑥:自己分析を深めて自分の性格を理解する
  • 対策⑦:無料の性格診断を試しに受けてみる

結論から言うと「性格適性検査で落ちたくない!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査」を同時に使って練習するのがおすすめです。

2つとも5分~10分で回答でき、自分の強みや弱みなどの性格が詳しく理解できます。

「性格適性検査なんかで落ちてたまるか!」という方は、事前に対策しておくと本番でも焦らず回答できますよ。

それでは、以下で性格検査における対策方法7つを1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりー

>>「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

>> 「キミスカ適性検査」を試してみる

 

対策①:無料の性格診断を試しに受けてみる

性格適性検査における対策方法の1つ目は、「無料の性格診断を試しに受けてみる」です。

適性検査前にあらかじめ本番と同様の性格検査をしておくのが一番良いからです。

企業の適性検査を受けた時に、どのような結果が出ているのか気になりますよね。

そこで、適性検査でどのような結果が出るのかシュミレーションするために、無料の自己分析ツールを使いましょう。

自己分析ツールなら失敗しても問題はないので、ぜひ本番の適性検査の前に受けてみることをおすすめします。

「性格適性検査で落ちたくない!対策をしたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査」を同時に使って練習するのがおすすめです。

2つとも5分~10分で回答でき、自分の強みや弱みなどの性格が詳しく理解できます。

「志望企業の性格適性検査で絶対に落ちたくない!」という方は、事前に対策しておくと本番でも焦らず回答できますよ。

また、虚偽の回答をしていないかなどのチェック項目もあるので、自分の回答に矛盾がないかの確認も出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 もりー

>>「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

>> 「キミスカ適性検査」を試してみる

 

キミスカ適性検査についてもっと詳しく知りたいという就活生の方は、ぜひ以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

対策②:素早く回答する

性格適性検査における対策方法の2つ目は、素早く回答することです。

テストの種類によりますが、性格検査にも時間制限が設けられている場合があります。

特にSPIの性格検査は約300問と膨大な問題数があるため、素早く回答しないと時間切れになってしまいます。

時間切れで回答数が足りていないと、「この子は自分をよく見せようとして迷っていたのかな・・・。」と思われ落ちる原因になる可能性もありますよ。

難しい質問もあると思いますが、サクサクと回答するようにしましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

対策③:嘘をつかないようにする

性格適性検査における対策方法の3つ目は、嘘をつかないようにすることです。

嘘をつかないことは、性格検査ではとても重要です。

また、こう答えた方が良いかな?と考えていると自分の性格と乖離するかつ矛盾が生じやすくなります。

性格検査を含む適性検査を受けた後の選考フローとして面接があり、面接はESや適性検査を元に行われることがほとんどです。

そのため、適性検査の結果と面接時の主張や行動にズレが生じないよう面接を意識して回答することが大切です。

また、志望者のウソを見破るための質問では、「嘘をつくことがある」というようなマイナスイメージのある設問がありますが、誰にでも経験のあることなので正直に「いいえ」と答えて問題ありません。

嘘がバレた場合まず面接前に落とされてしまうでしょうし、嘘の性格を伝えて面接を受けられることになってもボロが出て落とされてしまうことが多いです。

回答が矛盾してしまうのも自分をよく見せようとしてしまうことが原因なので、直感的に正直に答えることで回答に一貫性を持たせることができます。

企業で求められる性格や資質に寄せることもいいですが、あまりに自分の本来の性格とかけ離れた人物像を作り上げてしまうのはやめた方がよいでしょう。
性格検査で一番シンプルで重要なポイントは「正直に答えること」です。
時間内に正確に回答していくために、質問が表示されたら直感を信じて解き進めていきましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

対策④:回答同士が矛盾しないようにする

性格適性検査における対策方法の4つ目は、回答同士が矛盾しないようにすることです。

性格は人それぞれで異なるため、性格検査に正解はありません。

しかし、共通して重要なことは回答に矛盾がないかどうかです。

性格検査では、膨大な質問に答えていくうちに、うっかり同じような質問に別々の回答をしてしまうことがあります。

回答同士の矛盾が起こってしまうと、嘘をついているか、そもそも自分のことをあまり理解していない就活生だと思われてしまうかもしれません。

矛盾した回答をしてしまうのは損ですから、どんな種類の質問にどんな回答をするのか、メモを残しておくなどして覚えておくようにしましょう!

最終的には考え込まず直感で答えられるのがベストです。

せっかく素直に回答していても、うっかりミスで誤解をされてしまったら勿体ないですよね。
また実際に「適性検査通りだね」「適性検査ではこういう傾向があるけれど実際どうなの?」などと聞かれることもあるそうです。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

対策⑤:企業の社風や働き方の特徴を調べておいて回答に反映させる

性格適性検査における対策方法の5つ目は、企業の社風や働き方の特徴を調べておいて回答に反映させることです。

性格適性検査では、社風への適性や資質を見て、求める人物像と合っていない人は落とされてしまいます。

そのため、企業の風土や求める人物像に寄せて回答する必要がありますが、寄せるためには企業の風土や求める人物像を理解しないといけません。

例えば企業が求める人物像が「自ら考える人」であった場合、他人任せや言われたことしかできない性格が出てしまうような回答をすると落ちるはめになります。

具体的には、以下のような方法で情報を集めることをお勧めします。

企業の風土や求める人物像を理解する方法
  • 企業のホームページを見て企業理念・行動指針を見てみる
  • 企業の新卒採用ページを見て求める人物像を見てみる
  • OB訪問をしてどのような人が働いているかを確かめる
  • 成果報酬・飛び込み営業など会社の制度・仕事内容から想像する

特にOB訪問をして実際にどのような人が働いていて、活躍しているのかを確かめる方法がお勧めです。

実際に働いている人の性格を理解してイメージすることで、性格検査の結果を見た人事の方に「うちと合っている」と思わせられるからです。

また、面接において「OB訪問をして御社の従業員の方を魅力的に感じた」と伝えると志望度の高さをアピールできますよ。

正直な回答を心がけた上で、企業が求める人物像に対してどういった回答が好ましいか意識すると受かりやすくなりますよ。

性格検査を受ける前に自分の過去の経験を振り返って整理しておきましょう。

企業が求める人物像にマッチする自分の意外な一面を見つけることができるかもしれませんよ。

社風への適合や資質を伝える回答を忍び込ませることができれば、性格検査は完璧ですよ!

また、決してウソをつくのではなく、企業の求める人物像とあなたの性格でマッチすることを見つけることが大切です。

OB訪問をすると企業の風土・仕事内容について理解することができるだけでなく、就活全般の相談もできます。

特に自己分析・業界分析なども手伝ってくれる方が多いので、就活を進める上で非常に重要ですよ。

「就活の教科書」編集部 もりー

就活生くん

OB訪問がとても大切なのはわかったのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか?

OB訪問のやり方がいまいちわかりません・・・

OB訪問には大学のキャリアセンターを通したり、部活の先輩を経由する方法もありますが、おすすめなのは「Matcher」というアプリを使うことです。

僕も実際に使っていますが、ワンタップでOB訪問を申し込めてとても簡単ですよ!

MatcherやOB訪問について解説した記事があるので、OB訪問について理解して就活を有利に進めたい就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

対策⑥:自分の将来ありたい姿を想像して回答する

性格適性検査における対策方法の6つ目は、自分の将来ありたい姿を想像して回答することです。

本来の自分とかけ離れた人物像を作り上げず、矛盾なく回答をするために、少し先の自分がなっていたい姿を想像して性格検査に回答するのは1つの方法です。

少し先の自分がなっていたい姿であれば現在の自分に近い資質を持ち合わせているでしょうし、入社してからその姿に到達することができれば回答は嘘にはなりませんね。

例えば、「親身になって相談に乗ることができる」という質問に対して自分が将来そうありたいと思えば、今できていなくとも「当てはまる」「少し当てはまる」を選択するのはアリです!

ちなみに、「性格検査だけじゃなくて言語・計数も不安・・・」という人は、以下の記事に対策がまとまっているので合わせて見てみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

対策⑦:自己分析を深めて自分の性格を理解する

性格適性検査における対策方法の7つ目は、「自己分析を深めて自分の性格を理解する」です。

自己分析をして自分の性格を理解しないと、質問内容のどれも当てはまってしまうような気がして、回答が矛盾してしまいます。

例えば、「一人でいるより友達と居た方が楽しい」と回答した後に「いや、でも一人も楽しいしな」と思ってその後の質問で違う答えを選んでしまいます。

自分の性格を理解していないと、矛盾した回答をしてしまう可能性があるため、自己分析を深めることをお勧めします。

自己分析を深めればいいと言ってもやり方がわからないと思います。

そこで、自己分析のやり方を具体的に説明している記事をご紹介するので、自己分析のやり方を理解したい就活生はぜひ読んでください。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

WEBテストは対策をきちんとしなければいけないので、時間がかかりますよね。

ちなみに「OfferBox」を使うと、WEBテストを受けずに選考に進むことができます。

あなたのプロフィールを見た企業(7,700社以上)から直接スカウトが届くので、選考をスキップして面接できますよ。

人事さん

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

「Webテストで落ちるかもしれない」「このままだと手遅れになりそう」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>> SPI頻出問題集を受け取る

 

また、テストセンターで適性検査を受験する場合、テストセンター当日の流れも頭に入れておくと、安心して受験できます。

テストセンター当日の流れや服装などを知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

性格検査に合格するには、自分の診断結果がどのように出ているのか把握するのも大切です。

以下の記事で、適性検査の結果を自分で確認する方法を紹介しているので、ぜひ参考に対策してみて下さい。

 

WEBで無料で性格検査を受ける方法3つ【自分の回答を確認してみよう】

就活生くん

企業は相性チェックのために性格検査を行うんですね!

自分がどんな性格か知りたいのですが、無料でWEBで受けられるかつ結果が分かる性格検査はありませんか?

確かに、自分の性格がどのように性格検査の結果に出るのかは気になりますよね。

ここでは、WEBで無料で性格検査を受けられる方法3つを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 もりー

WEBで無料で性格検査を受ける方法3つ

それぞれ説明していきます。

無料なので、気軽に活用しましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

方法①:適性診断AnalyzeU+

OfferBox(オファーボックス )

WEBで無料で性格検査を受ける方法1つ目は、適性診断AnalyzeU+です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、社会人として働いていく中で求められる力を6タイプ25項目で診断します。

社会人として、多種多様な領域で求められる能力に対する、あなたの性格から診断した強み・弱みをより詳しく理解できます。

ちなみに、OfferBoxは就活生のプロフィールと診断結果を見た企業からスカウトされるチャンスなのでプロフィール入力しておきましょう。

適性診断AnalyzeU+では、この結果をもとに企業が逆オファー(企業から就活生にアプローチ)してくれるので、あなたと本当に合う企業と出会える可能性も高くなります。

OfferBoxは、僕も就活の際にお世話になったサービスなので、ぜひOfferBoxの登録の際に適性診断AnalyzeU+も試してみてください。

適性診断AnalyzeU+はOfferBoxにプロフィール登録すると利用できます。

「就活の教科書」編集部 もりー

適性診断AnalyzeU+を見てみる

 

「適性診断AnalyzeU+ってどうなの?」という方は、以下の記事で評判がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

 

方法②:キミスカ適性検査

キミスカ

WEBで無料で性格検査を受ける方法2つ目は、キミスカ適性検査です。

キミスカ適性検査は、質問数と分析項目の多いため、自分の性格を多面的に見直せます。

また、キミスカ適性検査は、統計データを活用しており本番の性格検査にかなり近いです。

他にも、虚偽の回答極端な回答をしていないかの確認もできるので、本番前に試しに受けてみて下さい。

キミスカ適性検査は150問という質問の多さから、客観的に自分のパーソナリティを分析してくれます。

キミスカ適性検査は虚偽回答の傾向まで診断してくれるため、本番前の練習としてぜひ使ってみましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

キミスカ適性検査を見てみる

 

ちなみにキミスカ適性検査は、分析結果をもとに相性の良い企業からスカウトがもらえることもあります。

「キミスカ適性検査って本当に使える?」と感じた方は、以下の記事で評判や自己分析の活かし方がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

また、キミスカ適性検査以外にも自分の性格がわかるツールがあります。

他の自己分析ツールも合わせて受けると精度が上がるので、ぜひ併用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

方法③:Future Finder(ジェイック)

Future Finder(フューチャーファインダー)

WEBで無料で性格検査を受ける方法3つ目は、Future Finder(ジェイック)です。

Future Finderは、心理学統計に基づいた151問の特性検査の診断結果から、自分の強みを活かせる企業を教えてくれます

さらに、自分の性格や価値観に共感した企業からオファーが届くので、自分に合った企業に内定がもらえます

Future Finderは、「自分に合った企業が分からない…」「自分に合った企業からオファーが欲しい」という就活生にオススメの逆求人サイトです。

Future Finderは、「人材・教育、コンサル、広告、IT」など優良企業500社以上の中からあなたに合う企業を紹介され、オファーももらえます

「Future Finder」を活用して、企業からたくさんのオファーを受け取り、ライバルが少ないうちに優良企業の選考に進みましょう

登録も1分でできるので、気軽に登録してくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりー

>> Future Finderを試してみる

 

「Future Finder」の評判・口コミについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

性格適性検査で落ちる人の7つの特徴

就活生くん

性格検査の答え方や、どのようなポイントが評価されているのかはわかったのですが、どのような答え方をすれば性格検査に落ちてしまうのでしょうか。

性格検査で落ちる原因を教えてほしいです。

就活生ちゃん

色々な対策方法があることがわかりました。
逆に、性格検査で落ちる人の特徴ややってはいけないことを教えてほしいです。

就活生は「能力検査の結果で落とされることはあっても、性格検査の結果で落とされることはない」と思いがちです。

しかし、実際には性格検査の結果で「会社にマッチしない」と思われれば落ちる可能性もあります。

そこで、どのような人が性格検査で落ちやすいのかを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりー

性格検査で落ちる人の7つの特徴
  • 特徴①:性格検査で嘘をついている
  • 特徴②:極端すぎる回答をする
  • 特徴③:矛盾した回答をしている
  • 特徴④:性格検査の結果が企業の求める人物像と合っていない
  • 特徴⑤:1問ごとの回答に時間をかけすぎてしまう
  • 特徴⑥:性格検査の対策をしていない
  • 特徴⑦:未回答を残したままにする

以上の7つに分けて、性格検査で落ちる人の特徴について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴①:性格検査で嘘をついている

性格適性検査で落ちる人の1つ目の特徴は「性格検査で嘘をついている」です。

性格検査には受検者の性格を知るための質問以外にも、性格検査では学生がウソをついていないか判断するために「ライスケール」と呼ばれる質問が紛れています。

例えば、「今までに一度も嘘をついたことがない」「一度も勉強を嫌になったことがない」などです。

性格検査で出た性格の内容にかかわらず「嘘をついている」という結果が出た人は無条件で落とす企業が多いため、嘘をつけば性格検査を通過できません。

性格検査では同じような質問内容が言い回しを変えて何度も出題されるので、言い回しが少し違うだけなのに矛盾する回答や一貫性のない回答をしていれば嘘だと判断されて落ちる可能性が高くなります。

一貫して同じ回答をして矛盾しないように心がけ、ウソはつかないようにしましょう。

性格検査で落ちる原因として最も可能性が高いのは、嘘の回答がバレているからです。

そこで、自分の回答に嘘がないか確認したい人は、先ほども紹介した「キミスカ適性検査」でシュミレーションしておきましょう。

もし良くない結果が出た場合は、原因を分析して回答の仕方を見直しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

また、性格検査で見栄を張った回答をしてしまうと、いずれ面接でボロが出ます。

確かに向上心があり、リーダーシップが取れて、行動力もあって・・・という学生は企業が求める人材に近いでしょう。

ですが、性格検査だけで自分からかけ離れた完璧超人を演じても、内定を獲得することは絶対にできないので、嘘はつかないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

また、面接での嘘について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください

 

特徴②:極端すぎる回答をする

性格適性検査で落ちる人の2つ目の特徴は、「極端すぎる回答をする」です。

文字媒体での回答だと、面接ではしないであろう極端な回答をしてしまい、そのせいで落ちる人も多いです

例えば、「心配症で決断するときは誰かに助言を求めてしまいます」と面接の場で断言することはなかなかありませんよね。

また、柔軟性が問われた場合「自分の意見を主張する方だ」我が強い」に強い同意を何度も示すと「芯が強い」という長所になる一方、意思疎通が難しいと判断されるかもしれません。

1、2回程度偏った回答をしてしまうことは仕方ないですが、偏った回答を繰り返すと落ちる可能性が高まります。

嘘は控えた方がいいですが、質問に偏りがある場合は「どちらかというと当てはまる」などの柔軟な回答を選んだ方が無難でしょう

よく当てはまるだけでなく、少し当てはまるや少し当てはまらないなどその質問ごとに適切な回答をしましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴③:矛盾した回答をしている

性格適性検査で落ちる人の3つ目の特徴は、「矛盾した回答をしている」です。

性格検査では、回答に一貫性がなく矛盾していると信ぴょう性が欠けてしまいます。

例えば、以下のようなケースです。

誰にでも気軽にあいさつができる:良くあてはまらない

活気がある:良くあてはまる

素直な方だと思う:良くあてはまる

他人の意見に左右されない:良くあてはまる

上記の回答では、他者からの意見を受け入れることができる素直な性格でありながら、他人の意見に左右されない頑固だと矛盾してしまいますよね。

回答に矛盾が生まれないように、嘘をつかず正直に回答しましょう。

仮に嘘をついて適性検査で受かっても、面接で「適正検査の性格と矛盾している」と判断されて、落ちるはめになってしまいます
くれぐれも回答が矛盾しないように気を付けましょう。
また、自己PRで素直さをアピールしたい方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴④:性格検査の結果が企業の求める人物像と合っていない

性格適性検査で落ちる人の4つ目の特徴は、「性格検査の結果が企業の求める人物像と合っていない」です。

企業は性格検査を基に自社の求める人物像とマッチしているかどうかを判断していて、社員の性格と受験者の性格検査の結果が全く合っていなければ性格検査で落とされる可能性があります

企業の求める人物像と一致していない人を受け入れてしまうと、すぐに退職するリスクが高く活躍も見込めないからです。

たとえば成果主義の企業なら競争意識が高い人材温和で年功序列的な企業なら協調性が高く落ち着いた人材が求められます。

また、ベンチャー企業では次々に新規事業を作り出す必要があるので、チャレンジ精神のある学生を採用したい企業は多いです。

ベンチャー企業を志望しているのに、性格検査の内容から「安定志向である」と判断された場合、性格検査が原因で落とされてしまうことがあります。

とにかく合格率を上げたいなら事前に企業の求める人物像を把握してから、ある程度人物像に寄せた回答をするようにしましょう。

また、企業が求める人物像を知るためにもあらかじめ企業の社風・理念・方向性などを勉強しておきましょう。

人物像に寄せるのと嘘をつくのは違います。

「自分にもそういった一面があるな」と思える範囲で回答を寄せるようにしましょう。

もし嘘をついて性格検査を通過できても、結局は面接ですべてがバレてしまうので全く意味がないですからね。

社風などはホームページではわかりにくいので、OB訪問インターンシップを上手く活用しましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

OB訪問やインターンシップの探し方は、下記の記事で、詳しく解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

会社の求める人物像と違っていた場合は、仮に入社できても入社後に大変な思いをする可能性が高いです。

企業の求める人物像を知るうえでも、企業研究は大切です。

企業研究を深めたいという方は、下記の記事を読んでみてください

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴⑤:一問ごとの回答に時間をかけすぎてしまう

性格適性検査で落ちる人の5つ目の特徴は、「一問ごとの回答に時間をかけすぎてしまう」です。

性格検査にも時間が定められている場合があり、一問ごとに時間をかけすぎてしまうと、全質問に回答することができなくなってしまうことがあります。

「こっちで答えた方が評価が高くなるかな?」と考えていると本来の性格とは異なる回答が増えます。

加えて、未回答の質問が多いと、そのせいで落ちるということも考えられます。

そのため、性格検査では一つの質問に時間をかけず考え込まないようにしましょう

また、回答に迷う質問が出てきたら、思い切って素直に回答してしまってもいいでしょう。

矛盾を避けたり、企業に合わせた回答をすることは確かに重要なのですが、回答しきることがまずは優先ですよ!
また、時間をかけない方が一貫性を担保することが出来ます。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴⑥:性格検査の対策をしていない

性格適性検査で落ちる人の6つ目の特徴は、「性格検査の対策をしていない」です。

性格検査を通過する為には主に以下のような対策が必要です。

性格検査を通過するために必要な主な対策
  • 自分の性格を理解すること
  • 出題形式に慣れて回答時間内に答えられるようにすること
  • 企業の風土・人物像を理解すること

以上に書いたような対策をしていないと、自分の性格を理解できておらず矛盾した回答をしてしまったり、回答できても評価が悪く落ちる可能性があります。

性格検査の通過率を上げたいのならば、事前に対策をするようにしましょう。

性格検査は対策をしなくても通過できると思いがちですが、性格検査も事前の対策が必要です。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

特徴⑦:未回答を残したままにする

性格適性検査で落ちる人の7つ目の特徴は「未回答を残したままにする」です。

適性検査(性格検査)を未回答で残しておくと、正確な性格判断ができないからです。

例えば最後10問ほど回答しなかった場合、未回答は判断できないため、本来の自分とは違う人物像が伝わってしまう可能性があります。

選択問題なので、深く考えずありのままの自分に最も近い回答をしましょう。

時間は十分にあるため、1問1問正確に回答するのが落ちるのを防ぐ大切な行動になります!

「就活の教科書」編集部 もりー

性格検査の適切な回答が分からない人は、適性検査の回答例や企業が見るポイントが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

適性検査で落ちたと思っていても実はエントリーシートで落ちている可能性があります。

エントリーシートが落ちる原因の場合いくら適性検査の対策をしても通過できない為、エントリーシートで落ちない書き方を学ぶ必要があります。

エントリーシートの落ちない書き方がわからない就活生は、以下の記事を読んでエントリーシートを確実に通過できるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

企業が性格適性検査を行う目的

就活生ちゃん

企業はなぜ就活生に性格検査を受けさせるのしょうか?

企業が性格検査を含む適性検査を採用する目的は、主に以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 もりー

企業が性格検査を行う目的
  • 目的①:自社との相性を確認するため
  • 目的②:選考(スクリーニング)するため
  • 目的③:配属を決める際の判断材料にするため

それぞれ説明していきます。

目的を知ると性格検査の重要性が分かりますよ!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

目的①:自社との相性を確認するため

企業が性格検査を含む適性検査を行う目的の1つ目は自社との相性を確認するためです。

企業は、応募してきた就活生の人柄や素顔を知りたいと思っています。

なぜなら、自社で活躍する社員の共通点と受験生の強みが一致しているか判断し、相性が良いか見極めたいからです。

性格検査はミスマッチを避けるための有効な手段といえます。

企業によっては能力検査よりも性格検査の結果を重視する場合があるため、気を抜かずに受けましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

目的②:選考(スクリーニング)するため

企業が性格検査を含む適性検査を行う目的の2つ目は選考(スクリーニング)するためです。

大手企業は就活生からの人気が高く応募者数がかなり多いため、効率的に選考を行う必要があります。

企業はある程度の志望者を足切りして、優秀な学生だけを残したいと思っています。

そのため、企業は能力・性格の両方を測れる適性検査を実施し、企業の求める人物像に近い就活生を洗い出します。

大手企業だと人気もあり倍率も高いので、足切りのボーダーラインが高いため、適性検査の対策を早いうちからしておきましょう。

企業が性格検査を含む適性検査を行う目的は主に上記の2つです!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

目的③:配属先を決める際の判断材料にするため

企業が性格検査を含む適性検査を行う目的の3つ目は配属先を決める際の判断材料にするためです。

企業は性格検査を行って、学生の性格や人柄を把握しています。

その理由は、性格によって向いている仕事、向いていない仕事があるからです。

そして性格検査のデータから、適性を見て入社後に配属する職種や勤務先を決める判断材料にする企業も多いです。

学生の人柄を把握することができるため、性格検査を導入する企業は大企業を中心に増えています。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

性格適性検査の評価項目と質問例

就活生ちゃん

紹介してくれた3つを自己分析の一環として活用します!

続いて、本番の性格適性検査はどんな点を評価しているのでしょうか?

適性検査の性格検査には4つの評価項目があります!

「就活の教科書」編集部 もりー

性格適性検査の評価項目4つ
  • 評価項目①:行動特性
  • 評価項目②:意欲
  • 評価項目③:情緒
  • 評価項目④:ライスケール

それぞれ説明していきます。

企業の注目ポイントを整理していきましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

評価項目①:行動特性

性格適性検査の評価項目1つ目は、行動特性です。

具体的には以下の5点があります。

行動特性を測るための5点

  • 社会的内向性(社交的か)
  • 内省性(物事を深く考えられるか)
  • 持続性(忍耐強いか)
  • 身体的活動性(身体を動かすことが好きか)
  • 慎重性(物事を計画的に進められるか)

 

行動特性を測る質問例としては以下のような問われ方があります。

質問例)

  • 人に話しかける時はいつも緊張してしまう
  • 何ごとも継続が大切だ

全て網羅することが正解というわけではないため正直に答えましょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

評価項目②:意欲

性格適性検査の評価項目2つ目は、意欲です。

目標を掲げて物事に取り組む姿勢活発に行動できるかといった意欲に関する部分です。

質問例)

  • 高い目標を持って物事に取り組む
  • いろいろなところに出かけるのが好きだ

一概に正解はないため正直に答えるべきですが、仕事において目標達成に意欲的である方が好印象でしょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

評価項目③:情緒

性格適性検査の評価項目3つ目は、情緒です。

具体的には、以下の6点によって測られます。

情緒を測るための6点

  • 敏感性(周囲に敏感か)
  • 自責性(責任感が強いか)
  • 気分性(気分によって行動が変わりやすいか)
  • 独自性(独特な考え方をするか)
  • 自信性(自分に自信を持ちやすいか)
  • 高揚性(気分が変化しやすいか)

 

情緒を測る質問例としては以下のような問われ方があります。

質問例)

  • 楽観的である
  • 自分は他人よりも優れている点がいくつもある

情緒面を測る質問は、例のように単刀直入に聞かれる傾向があります。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

評価項目④:ライスケール

性格適性検査の評価項目4つ目は、ライスケールです。

ライスケールとは、受験生が自分をよく見せようと虚偽の回答をしていないか確認するための項目です。

「一度も」「必ず」といった言葉が含まれる質問はライスケールを測っていると考えて良いでしょう。

質問例)

  • 一度も嘘をついたことがない
  • 友達との約束を破ったことは一度もない

ライスケールに引っかかると性格検査で落ちる可能性もあるため、慎重に回答しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

「能力検査(SPI)も受かるための対策が知りたい!」という方は、以下の記事で詳しい対策法がわかるので、読んでみてくださいね。

 

適性検査は落ちることがあっても切り替えが大事

就活生ちゃん

適性検査に落ちる時、何が原因かわからず非常にショックです・・・

モチベーションが低下したままで、次に進めません・・・

適性検査で落ちる時はショックですよね・・・

ただ自分が原因ではなく、企業側の理由で落ちる場合もあります。

次の適性検査で落ちるのを防ぐためにも、モチベーションを上げて次の対策をしましょう。

次の適正検査に向けた対策をいくつか紹介します!

「就活の教科書」編集部 もりー

  • 応募するタイミングを早めにする(タイミングで採用数が異なる)
  • 自己分析を再度行う
  • 企業と相性が良くなかったと割り切る
  • 能力検査を完璧にする

適性検査に落ちる原因を探っても意味がありません。

2度同じ企業を受けることができず、企業によって評価が異なるからです。

自分と相性が良い企業を見つけるためにも、モチベーションを上げて次の対策をしましょう!

「就活の教科書」編集部 もりー

 

性格適性検査に関するよくある質問

ここからは性格適性検査に関するよくある質問に回答していきます。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

質問①:性格検査は対策しないと落ちる?

性格検査に関するよくある質問1つ目は、「性格検査は対策しないと落ちる?」です。

結論、性格検査の対策をしなくても通ることはあります。

しかし、ある程度の対策はしておいた方がいいです。

性格検査は一貫性がないと落ちるので、一貫性のある回答ができるようにしておきましょう。

性格検査の対策はSPIの対策本でも対策できます。

おすすめのSPI対策本については以下の記事で詳しく解説しているので、読んでみてください。

 

質問②:「どちらかといえば」の選択肢は使っていい?

性格検査に関するよくある質問2つ目は、「「どちらかといえば」の選択肢は使っていい?」です。

性格検査には、「どちらかといえば〇〇」といった選択肢があります。

結論、どちらかといえば〇〇の選択肢は使っても良いです

極端な回答をしてしまうと矛盾が生じやすくなってしまいます。

性格検査で一番大切なことは矛盾なく回答することです。

極端な回答ができない場合は「どちらかといえば〇〇」の選択肢を使って濁してもOKです。

 

Webテストを受けずに優良企業に就職する方法

就活生くん

Webテストって難しいし、結果がわからないので困っています。

Webテストや適性検査を受けるのが嫌になってきたな。

Webテストや適性検査を受けずに就活する方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトはWebテストを受けずに、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、Webテストを受けずに優良企業に就職する方法をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

まとめ:性格適性検査は正直に回答し一貫性を持たせて合格しよう

【意外と落ちる?】性格適性検査に合格する方法 | 無料でできる診断も」はいかがでしたか?

この記事では、性格検査に合格するための対策性格検査で落ちる理由について解説しました。

合わせて、企業が性格検査を行う目的、性格検査を無料で受ける方法や評価項目も説明しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もりー

この記事のまとめ

◆ 適性検査は落ちる人が意外と多い

 

◆ 性格適性検査における7つの対策方法

  • 対策①:素早く回答する
  • 対策②:嘘をつかないようにする
  • 対策③:回答同士が矛盾しないようにする
  • 対策④:企業の社風や働き方の特徴を調べておいて回答に反映させる
  • 対策⑤:自分の将来ありたい姿を想像して回答する
  • 対策⑥:自己分析を深めて自分の性格を理解する
  • 対策⑦:無料の性格診断を試しに受けてみる

◆【無料】性格検査を受ける方法3つ

◆ 性格適性検査で落ちる人の7つの特徴

  • 特徴①:性格検査で嘘をついている
  • 特徴②:極端すぎる回答をする
  • 特徴③:矛盾した回答をしている
  • 特徴④:性格検査の結果が企業の求める人物像と合っていない
  • 特徴⑤:1問ごとの回答に時間をかけすぎてしまう
  • 特徴⑥:性格検査の対策をしていない
  • 特徴⑦:未回答を残したままにする

◆ 企業が性格検査を行う目的

  • 目的①:自社との相性を知るため
  • 目的②:選考(スクリーニング)するため
  • 目的③:配属先を決める際の判断材料にするため

◆ 性格適性検査の評価項目と質問例4つ

  • 評価項目①:行動特性
  • 評価項目②:意欲
  • 評価項目③:情緒
  • 評価項目④:ライスケール

◆ まとめ:性格検査は正直に回答し一貫性を持たせて合格しよう

多くの企業は、自社と就活生との相性を確認するために性格検査を含む適性検査を採用しています。

企業に合わせるという裏技もありますが、ミスマッチを防ぐためにも受験生の皆さんは質問に正直に回答していきましょう!

他にも「就活の教科書」では適性検査に関する疑問について説明しています。

ぜひ他の記事も参考にしてみてください!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 もりー

 

適性検査について知りたい方は、以下の記事で紹介しています。

合わせて読んでみてくださいね。