【例題・解説あり】SPIの暗号問題について解説|特徴、コツ、おすすめの対策法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • SPIの暗号問題とは?
  • SPIの暗号問題の例題と解説
  • SPIの暗号問題の解き方とコツ
  • SPI非言語が苦手な人におすすめの対策法
  • SPIの暗号問題に関するよくある質問
  • の対策には、SPI頻出問題集(LINEで無料配布)」「Lognavi(無料)を使うのが一番おすすめ

皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の原田です。

この記事では、「SPIの暗号問題」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんの中には、「SPIの暗号問題が難しい・・・」や、「SPIの暗号問題の解き方のコツは?」など、様々な不安や疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 原田

就活生くん

僕は、SPI全般苦手で、どのように対策したら良いかわかりません。

就活生ちゃん

私は、先日SPIテストを受けたのですが、暗号問題が全然分かりませんでした。

よい対策法を教えてほしいです。

たしかに、SPIの暗号問題は難しいですよね。

また、SPIの暗号問題の対策方法や解き方のコツも気になると思います!

「就活の教科書」編集部 原田

そこで、この記事では「SPIの暗号問題」について徹底解説していきます。

併せて、「SPIの暗号問題の例と解き方」や「SPIの暗号問題のコツや対策法」についても紹介していきます。

「SPIの暗号問題が難しいと感じる就活生」や、SPIの暗号問題や解き方のコツが知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、SPIについての理解が深まります

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集では実際の問題に近い演習を行え、Lognaviでは知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

同時に利用することで、Webテストの問題形式に慣れることができ、苦手分野を克服するための対策を行えます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから簡単に登録できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

【特徴を解説】SPIの暗号問題とは?

就活生くん

実際、SPIの暗号問題とはどのような問題が出題されるのでしょうか?

気になりますよね!

それでは、最初にSPIの暗号問題について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 原田

難易度はあまり高くない

まずは、SPIの暗号問題の難易度についてです。

難易度は、あまり高くありません

問題内容としては、ひらめきを問う問題であるため、問題形式に慣れておくことが大切です。

ひらめきを問う問題は、苦手な人も多くいるかもしれませんね。

後で、対策法を紹介するので安心してください。

「就活の教科書」編集部 原田

 

SPIの暗号問題の出題頻度は?

次に、SPIの暗号問題の出題頻度についてです。

こちらに関して、申し訳ありませんが、出題頻度を確認することが出来ませんした

ですが、毎回出ても大丈夫なように対策しておくことは、大切なことです。

出題頻度を調べたところで、点数は上がらないため、問題自体を解けるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

SPIの暗号問題は対策すれば難しくない

難易度は最初に述べたように、難易度はあまり高くはありません

そのため、SPIの暗号問題は対策すればさほど難しくはありません。

制限時間がある中で、性格に素早く解くことが、SPIテストで高得点を取るためには必要です。

問題を楽しめるくらい余裕を持ちながらテストを受けられると良いですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

SPIの問題は苦手だし、選考通過できる気がしない…」という就活生の方は、SPI対策に特化した問題集で対策するのがおすすめです。

SPI問題集を利用すれば、頻出問題対策方法解き方が一気にわかるので、選考通過率が格段にUPしますよ。

就活の教科書では、短時間で志望企業突破レベルまで対策できるSPI頻出問題集を無料配布しています。

SPIで絶対に落ちたくないという就活生は「SPIテストセンターの対策方法とコツ」も見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


【解き方も解説】SPIの暗号問題の例題と解説5選

就活生ちゃん

SPIの暗号問題がそこまで難しくないことは分かりました。

実際に、例題とその解説をしていただけないでしょうか?

分かりました。

それでは、一緒にSPIの暗号問題の例題と解説を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

SPIの暗号問題の例題と解説
  • 例題①:五十音表を使った問題
  • 例題②:アルファベットを使った問題part1
  • 例題③:アルファベットを使った問題part2
  • 例題④:アルファベットを使った問題part3
  • 例題⑤:数字や記号を使った五十音表の問題

例題①:五十音表を使った問題

Q.

ハサミを 〔な,か,ひ〕 と表すとき、髪の毛はどのように表されるか?

 

A.

〔あ,ひ,と,え〕

解説

下記の五十音表を見ると、元の文字から右隣になっていることが分かります。

そのため、同様に髪の毛も「かみのけ」と変化し、それぞれの文字を五十音表で右隣に移してあげると、「あひとえ」と導くことが出来ます。

この問題は、元の言葉と変換後の言葉の文字数が一緒であることから、どのように変換しているのかを導くことが重要です。

「就活の教科書」編集部 原田

例題②:アルファベットを使った問題part1

Q.

水を 〔 x,b,u,f,s〕 と表すとき、〔c,m,b,d,l〕で表される言葉は何か?

 

A.

解説

まず、「水(みず)」と 〔x,b,u,f,s〕 の関係性を導く必要があります。

しかし、この場合、文字数が異なるため、「水」を別の形に変換する必要があります。

この場合、〔x,b,u,f,s〕 とローマ字になっていることから英語に変換できるのではないかと推測します。

すると、(水)〔w,a,t,e,r〕が〔x,b,u,f,s〕となっており、下記のアルファベット表を見ると、元の文字が変換後1つ進んでいることが分かります。

そのため、今回与えられた変換後の文字〔c,m,b,d,l〕を変更前に戻すには、アルファベットを1つ戻します。

すると、〔b,l,a,c,k〕となります。

つまり、「黒」を意味するので、答えは「黒」となります。

a b c d e f g h i
j k l m n o p q r
s t u v w x y z

 

英単語に変換することを、ひらめくことが重要になりそうですね。

「就活の教科書」編集部 原田

 

例題③:アルファベットを使った問題part2

Q.

机を 〔g,h,f,p,f,v〕と表すとき、〔p,z,t,z,n,r〕で表される言葉は何か?

 

A.

解説

まず、「机(つくえ)」と〔g,h,f,p,f,v〕の関係性を導く必要があります。

しかし、この場合、文字数が異なるため、「机」を別の形に変換する必要があります。

この場合、例題③のように考えるても、「desk」や「table」と〔g,h,f,p,f,v〕は文字数が異なるため関係性は見えてきません。

そこで、机→つくえ→tsukueと変換し、〔t,s,u,k,u,e〕と〔g,h,f,p,f,v〕に関係性があるのではないかと推測します。

すると、変更前のアルファベットをAから数えたときの順番が、変更後はアルファベットをZから数えたときの順番になっていることが分かります。

例えば、変更前の1文字目のtはAから数えたとき「11番目」ですが、変更後のgはZから数えたときに「11番目」となっています。

このように考えると、〔p,z,t,z,n,r〕はZから数えた順番なので、Aから数えると〔k,a,g,a,m,i〕となります。

よって、答えは「鏡」となります。

a b c d e f g h i
j k l m n o p q r
s t u v w x y z

 

この問題は、僕も初めて解いた時には苦戦しました。

答えが浮かばないときは、とりあえずアルファベットを書き出して、考えられる法則性を探しましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

例題④:アルファベットを使った問題part3

Q,

赤を〔34,51,41〕、青を 〔21,23,15,51〕と表すとき、〔35,32,42,54,51〕で表されるの言葉は何か?

 

A.

解説

赤が〔34,51,41〕と3要素で表されているため、「あか」と考えるのではなく、「red」で表していると推測します。

このように推測すると、青も〔21,23,15,51〕が4要素で「blue」を表していると推測できます。

次に、これらの情報を基に、表を作成すると下記のようになります。

(問題文の数字の最大値が5であること、またアルファベットの文字数が全部で26文字であることから、5×5の表が妥当であることも判断できます。)

b d e
l
r
u

上記の規則性を見出すと、以下のような表が作れます。

a b c d e
f g h i j
k l m n o
p q r s t
u v w x y

よって、〔35,32,42,54,51〕は〔w,h,i,t,e〕なり、白を表した英単後であることが分かります。

この問題も初めて解く人にとっては、難しい問題だと思います。

今回分からなかった人は、このような法則性もあることを頭の片隅に入れておきましょう

「就活の教科書」編集部 原田

 

例題⑤:数字や記号を使った五十音表の問題

Q.

ある暗号で「宇都宮」が「※1※4@5○7◎8」、「神戸」が「@2※1×60」で表せるとき、「※6※2@◎2」で表される言葉は?

 

A.

福岡

解説

まずは、これまで通り、単語と暗号の関係性を見ていきます。

文字を分解しながら照らし合わせると、「う」→「※1」、「つ」→「※4」、「の」→「@5」、「み」→「〇7」、「や」→「◎8」と、「こ」→「@2」、「う」→「※1」、「べ」→「×60」となっています。

「う(u)」→「※1」、「つ(tu)」→「※4」から、母音のうが※を表していることが分かります。

また、あ行が1、た行が4を表していることが分かります。

「べ」の場合は、「へ」=「×6」+「゛」=「0」となり、「0」は濁点を表していることが分かります。

以上より、五十音表を作成すると以下のようになります。(わ行省略)

10
 ◎
 〇
 ※
 ×
 @

よって、「※6※2@◎2」を五十音表から導くと、「福岡」となることが分かります。

最後の問題も、難しかったと思います。

ですが、共通点を見つければ、必ず解答を導き出せるようになっているため、諦めずに頑張りましょう!

「就活の教科書」編集部 原田

 

【今すぐできる!】SPI/Webテストの対策方法

就活生くん

選考でSPIや玉手箱などのWebテストを受けなければならないのですが、どのように対策したら良いですか?

結論から言うとSPI頻出問題集」と「Lognavi」の同時利用がおすすめです。

この二つの対策方法、また効果的な利用方法について詳しく説明していきますね。

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集(公式LINE限定で配布中)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、SPI頻出問題集です。

SPI頻出問題集では、実際にSPIでよく出る問題の演習を行え、解説でしっかりと理解することができます。

一つ一つの演習の対策を念入りに行えば、SPIやその他Webテストで役立つ基礎力をつけることができます

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 二字熟語90選/四字熟語50選で言語の対策がしっかりとれる
  • 実際の問題に近い演習ができる

>> SPI頻出問題集を利用してみる(無料)

 

Lognavi(Webテストの苦手分野がわかる、スマホで簡単対策)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、Lognaviです。

Lognaviでは、あなたの知力を測れる独自の知的テスト自己分析に役立つ性格検査を受けられます。

知的テストでは、言語力・計算応用力などの系統別の能力も測れるため、SPIやWebテストの対策には大変おすすめです。

就活アドバイザー 京香

実際の画面は以下のようになっており、知力テスト・性格診断の細かい検査結果を知れるようになっています。

Lognaviのおすすめポイント
  • 知的テストは全118問・性格テストは全90問と幅広い出題範囲
  • 知的テストを通して記憶力・言語力・推理力などを知れる
  • Lognavi知的テスト内での偏差値が出るため、自分を客観視しやすい

>> Lognaviを使ってみる(無料)

Webテストの対策として紹介した「SPI頻出問題集」や「Lognavi」は、用途別に使い分けると効果的です。

まず「Lognavi」を弱点や苦手分野を知るために利用し、その後、実際の問題に近い「SPI頻出問題集」で演習を行うと、SPIなどWebテストで落ちる可能性は低くなります。

「SPI頻出問題集」「Lognavi」どちらも「今すぐ使える」ので、ぜひ利用してみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集を活用すれば、SPIで出題される問題と対策方法がわかり、WEBテストで落ちにくくなりますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力や向いている仕事が分かる就活力診断」「適職診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに就活生61,079人以上が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 公式LINEでSPI頻出問題集を受け取る(参加無料)


SPIの暗号問題の解き方とコツ

就活生くん

SPIの暗号問題の出題傾向は分かってきました。

ですが、早く解くための解き方やコツはありませんか。

ありますよ。

それでは、SPIの暗号問題のコツや対策法を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

SPI暗号問題の解き方とコツ
  • コツ①:文字列を素早く認識する
  • コツ②:暗号を母音で示して当てはまるものを選ぶ
  • コツ③:暗号の法則性を見つける

 

コツ①:文字列を素早く識別する

SPI暗号問題の解き方とコツ1つ目は、「文字列を素早く認識する」です。

与えられた文字が、ローマ字で示してある場合や、漢字でしましてある場合があります。

それを素早く認識し、変換後との関係性を見つける必要があります。

五十音表に対応しているのか、アルファベットの順番に対応しているのかなどを瞬時に判断しましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

コツ②:暗号を母音で示して当てはまるものを選ぶ

SPI暗号問題の解き方とコツ2つ目は、「暗号を母音で示して当てはまるものを選ぶ」です。

例えば、「眼鏡」の場合、「me ga ne」となり、「 e a e 」、つまり「えあえ」となります。

このように、単語を母音のみに変換し、選択肢と見比べると時間短縮になる可能性があります。

様々なパターンの解法があるので、たくさん練習問題を解くことで、慣れておくようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

コツ③:暗号の法則性を見つける

SPI暗号問題の解き方とコツ3つ目は、「暗号の法則性を見つける」です。

問題には、必ず法則性があります。

そのため、この法則性をいかに素早く見つけ出すかが大事になります。

法則性は、たくさんの問題を解き、パターンを覚えることで、次第に早く見つけることが出来るようになります

法則性を見つけるのが苦手な人は、得意な人と一緒に解いてみて、コツを聞くと良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法

就活生ちゃん

私は、SPIがすごく苦手なのですが、そんな私にでもおすすめな対策法はありませんか?

安心してくださいありますよ。

それでは、以下でSPIが苦手な人にもおすすめの対策法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

SPI非言語分野が苦手な人におすすめの対策法
  • 対策法①:SPIの問題種を解く
  • 対策法②:SPIのアプリを利用する。

対策法①:SPIの問題集を解く

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法1つ目は、「SPIの問題集を解く」です。

苦手なところは、とにかく問題集で慣れるようにしましょう。

そうすることで、自分の苦手なところ、得意なところが見えてきて、解き方のコツもわかってくると思います。

そのため、何から対策をしたらいいか分からない人は、SPIの問題集を解くと良いでしょう。

「就活の教科書」では、SPI頻出問題集を無料で配布しているので、興味がSPI対策をしたい人はLINEを登録してみてください!

「就活の教科書」編集部 原田

>>SIP頻出問題を無料でもらう<<

 

対策法②:SPIのアプリを利用する

SPIアプリ

SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法2つ目は、「SPIのアプリを利用する」です。

いきなり本を買うのに抵抗がある人や、本を広げて勉強する意欲がない人は、アプリがおすすめです。

解説も付いているため、安心して勉強ができます。

通学時間のスキマ時間学習にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 原田

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SPIの暗号問題に関するよくある質問

最後に、SPIの分割払いの問題に関するよくある質問をまとめました。

「就活の教科書」編集部 原田

SPI暗号問題に関するよくある質問
  • 質問①:SPIの暗号問題で覚えるべき公式はある?
  • 質問②:SPIの暗号問題は捨てても大丈夫?

質問①:SPIの暗号問題で覚えるべき公式はある?

SPI暗号問題に関するよくある質問1つ目は、「SPIの暗号問題で覚えるべき公式はある?」です。

結論から言うと、SPIの暗号問題で覚えるべき公式はありません。

ですが、英単語の知識が必要な場合があるため、日常でよく使う英単語などは、確認しておくと良いでしょう。

公式は特にありませんが、解き方のパターンは覚えておくと良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 原田

 

質問②:SPIの暗号問題は捨てても大丈夫?

SPI暗号問題に関するよくある質問2つ目は、「SPIの暗号問題は捨てても大丈夫?」です。

結論から言うと、SPIの暗号問題は捨てない方が良いでしょう。

SPIは、満点を取る必要がなく、ある一定の基準を超えれば良いため、分からなくて間違えることはあっても大丈夫です。

しかし、最初から捨てる気でいると、その時点で他の就活生より不利になるため、しっかりと対策を行うようにしましょう。

最初から諦めるのではなく、しっかりと対策をまずは心がけましょう。

また、SPI非言語には暗号問題以外にも様々な問題があります。

SPI非言語の他の問題については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください

「就活の教科書」編集部 原田

【単元別】SPI非言語の問題一覧

 

 

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:暗号問題よりも出題頻度が高い問題を優先して対策しよう

SPI暗号問題に関する、本記事はいかがだったでしょうか?

この記事では「SPIの暗号問題」について徹底解説しました。

併せて、「SPIの暗号問題の例と解き方」や「SPIの暗号問題のコツや対策法」についても紹介しました。

就活生の皆さんのお役に立てたならば、幸いです。

最後に、この記事をまとめました。

この記事のまとめ

◆【特徴を解説】SPIの暗号問題とは?

  • 難易度はあまり高くない
  • SPIの暗号問題の出題頻度は?
  • SPIの暗号問題は対策すれば難しくない

◆【解き方も解説】SPIの暗号問題の例題と解説

  • 例題①:五十音表を使った問題
  • 例題②:アルファベットを使った問題part1
  • 例題③:アルファベットを使った問題part2
  • 例題④:アルファベットを使った問題part3
  • 例題⑤:数字や記号を使った五十音表の問題

◆SPIの暗号問題の解き方とコツ

  • コツ①:文字列を素早く識別する
  • コツ②:暗号を母音で示して当てはまるものを選ぶ
  • コツ③:暗号の法則性を見つける

◆SPIの非言語分野が苦手な人におすすめの対策法

  • 対策法①:SPIの問題集を解く
  • 対策法②:SPIのアプリを利用する

◆SPIの暗号問題に関するよくある質問

  • 質問①:SPIの暗号問題で覚えるべき公式はある?
  • 質問②:SPIの暗号問題は捨てても大丈夫?

◆まとめ:暗号問題よりも出題頻度が高い問題を優先して対策しよう

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田