>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【優良企業とは?】就活生におすすめのホワイト企業の探し方/見分け方 | 特徴,企業例も

この記事でわかること
  • 優良企業とは社員目線から見たホワイト企業のこと
  • 優良企業は財務状況が安定している特徴がある
  • 優良企業の見分け方は「福利厚生」がポイント
  • 手軽に見つけられる優良企業の探し方5選
  • 福利厚生が充実している優良企業3選
皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では「優良企業とは何なのか」「優良企業の特徴や探し方」について解説していきます。
就活生の皆さんは「優良企業とはどのような企業なんだろう?」と思ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

優良企業は大企業だけでなく、中小企業にも多いと聞きました。
優良企業の見分け方って何だろう?

就活生ちゃん

私は優良企業に就職したいけど、優良企業の特徴や探し方がよくわかりません。
優良企業の探し方や代表的な企業例があれば知りたいです。
優良企業=大企業って思ってしまいますよね。
僕の友達も優良企業は誰もが知っている大企業だと言っていました。
優良企業の探し方や特徴も知りたいですよね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では、「優良企業とは何なのか?」について解説していきます。

また、優良企業の特徴や探し方、優良企業の代表的な企業も同時に紹介していきます。

この記事を読めば、優良企業とは何なのか、優良企業を見つけるにはどこを見れば良いのかを把握できます。

優良企業について知りたい人や、優良企業に就職したい就活生などは、最後まで読んでみてください。

 

 

優良企業とは?【結論:他よりも優れている企業】

就活生くん

いきなりですが、優良企業とは何なのでしょうか?
「優良企業=誰もが知っている大企業」と捉えても問題ありませんか?
優良企業について教えて欲しいです。
「優良企業=誰もが知っている大企業」って思いますよね。
結論から言うと、優良企業は他よりも優れている企業のことです。
優良企業について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

優良企業は「他の企業よりも優れている企業」のことで、優良企業の基準は人によって変わってきます。

なぜなら、

就活生くん

私が思う優良企業は「福利厚生が良く、財務状況も良く、働きやすい職場」である企業です!

という人もいれば、

就活生ちゃん

私が思う優良企業は「福利厚生が良く、成長性があって、技術力が高い」である企業をです!

という人もいるからです。

そのため、優良企業は「他の企業よりも優れている企業」のことを指し、もっと具体的に言うと、社員目線で見た時のホワイト企業ということになります。

就活生くん

社員目線で見た時のホワイト企業?
ということは、大企業だから優良企業というわけではないのでしょうか?
そうです。
社員目線で企業を見た時に、その企業がホワイト企業であれば優良企業となります。
だから、大企業にも中小企業にも優良企業は存在します。

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

なるほど!
優良企業は社員目線で見た時のホワイト企業だから大企業にも中小企業にも優良企業があるんですね。
優良企業の定義や条件はあるのでしょうか?
では、次に優良企業の定義や条件、特徴を解説するので最後まで読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

定義や条件とは?優良企業の特徴3選

就活生くん

優良企業はただ単に誰もが知っている大企業ではなくて、社員目線から見た時のホワイト企業だということがわかりました!
では、優良企業の定義や条件を詳しく教えて欲しです。
わかりました。
結論から言うと、優良企業の細かな定義や条件は存在しません。
なぜなら、優良企業は社員目線でのホワイト企業で、社員一人一人の考え方は異なるからです。
そこで、優良企業の特徴を3つ紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

優良企業の特徴7選
  • 特徴①:財務状況が安定している
  • 特徴②:離職率が低く平均勤続年数が高い
  • 特徴③:特定の分野での技術力が高い
優良企業の特徴3選を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴①:財務状況が安定している

優良企業の1つ目の特徴は「財務状況が安定している」ことです。

財務状況が安定しているということは、会社として安定していることになります。

直近の財務状況が安定していると、今後も成長し続ける可能性が高くなり、倒産のリスクが低いことも確認できます。

また、社員が働きやすい環境を作ることも可能となります。

そのため、優良企業は全体的に財務状況が安定しており、今後の成長にもつながる企業が多いという特徴があります。

優良企業は収益力が高い業務を行っているので、結果的に財務状況も安定することが多いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴②:離職率が低く平均勤続年数が高い

優良企業の2つ目の特徴は「離職率が低く平均勤続年数が高い」ことです。

離職する人が少ないということは、社員にとって働きやすい環境であると言えます。

また、離職率が低いので社員の入れ替わりも少なく、人材育成にかけるコストも減らすことができるので、財務状況の安定性にもつながります。

優良企業は社員から見てホワイト企業なので、自然と離職率が低くなり、その分定着率平均勤続年数が高くなる特徴があります。

社員が働きやすい環境を作ることで離職率も低くなり、会社として良い方向につながるので、優良企業を探す時は離職率や定着率も見てみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

特徴③:特定の分野での技術力が高い

優良企業の3つ目の特徴は「特定の分野での技術力が高い」ことです。

優良企業では業界トップレベルの技術力がある企業が多いです。

他社にはない圧倒的な技術力があることで、業績が向上し、職場条件も良くなり、全体としてプラスに働きます。

そのため、優良企業の特徴として国内や世界でトップシェアを誇る企業が挙げられます。

B to B企業で比較的に知名度が低い企業でも優良企業であることもよくあります。

次に優良企業を見分ける4つのポイントについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

優良企業の見分ける4つのポイントとは?

就活生くん

今、優良企業を探していますが、優良企業の見分け方が全くわかりません・・・
優良企業の見分け方を教えて欲しいです。
優良企業の見分け方って難しいですよね。
優良企業を見分けるには、次の4つのポイントを意識して企業を見ることが大切になってきます。

「就活の教科書」編集部 潤

優良企業の見分る4つのポイント
  • 見分け方①:福利厚生が良いかどうか
  • 見分け方②:有給休暇の取得率が高いかどうか
  • 見分け方③:社員が働きやすいかどうか
  • 見分け方④:成長性があるかどうか
優良企業を見分ける4つのポイントをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方①:福利厚生が良いかどうか

優良企業の1つ目の見分け方は「福利厚生が良いかどうか」を見ることです。

優良企業は福利厚生が充実しています。

福利厚生には、休暇制度サービス優待制度など企業によって様々です。

福利厚生の例を下にまとめてみました。

福利厚生の例
  • 住宅手当
  • 家賃補助
  • 社宅完備
  • 食堂補助
  • 育児休業
  • 介護休業
  • 結婚休暇
  • 有給休暇
  • 在宅勤務制度
  • フレックスタイム制度

福利厚生は社員のモチベーション向上にもつながるので、福利厚生に力を入れている会社は自然と離職率も低くなります。

そのため、福利厚生が充実している企業は、優良企業である可能性が高くなります。

企業のHPを見たり、OB・OG訪問をした時に福利厚生についても聞いてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方②:有給休暇の取得率が高いかどうか

優良企業の2つ目の見分け方は「有給休暇の取得率が高いかどうか」を見ることです。

優良企業で働く社員は仕事だけでなく、他のことも大切にしようという考え持っている人が多いです。

そもそも有給休暇は「社員が休める権利」です。

有給休暇取得率が低くなっている場合は、有給消化が妨害されていたり、企業全体が有給休暇を取れる雰囲気ではないなど何らかの原因があると考えられます。

逆に、有給休暇が取れる企業の社員は、仕事に対してのモチベーションが高くなり、定着率も高くなります。

そのため、優良企業はワークライフバランスの取り組みを重視しているので、有給休暇の取得率が高い傾向があります。

企業のホームページを見る時は、有給休暇の取得率もぜひ見てみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方③:社員が働きやすいかどうか

優良企業の3つ目の見分け方は「社員が働きやすいかどうか」を見ることです。

優良企業では職場環境が整えられており、社員が働きやすくなっています。

また優良企業は、職場環境だけでなく、人間関係でのストレスが比較的少なく、コミュニケーションが取りやすい場合が多いです。

ちなみに、社員が働きやすいのかどうかは、実際にインターンシップに参加してみたり、OB・OG訪問を行って、企業の社員に聞くことをおすすめします。

このように職場環境が良いと、企業内での不満やストレスが軽減され、結果的に離職率が低くなるので、優良企業では社員が働きやすい環境になっているという特徴があります。

人間関係でのストレスがあるとモチベーションも下がりますよね。
また、会社内の雰囲気が良いのも優良企業の特徴です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方④:成長性があるかどうか

優良企業の4つ目の見分け方は「成長性があるかどうか」を見ることです。

どんなに社員が働きやすい環境であっても、成長性が見込めない会社であれば優良企業とは言えません。

成長性は、企業のビジネスモデルや経営状況、資金力、技術力などの様々な要因によって決まります。

毎年少しずつでも伸びていることが確認できれば、成長できる可能性がある企業だと言えます。

市場に需要があることや、少しでも会社としての成長性があることは優良企業の大きな特徴です。

会社に成長性を感じることができれば、社員にとっては安心材料になります。

次は、優良企業の探し方について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

判断基準とは?優良企業の探し方5選

就活生ちゃん

優良企業の特徴はよくわかりました。
では、どこで優良企業を探して、どうやって優良企業と判断するのでしょうか?
優良企業の探し方や判断基準を教えて欲しいです。
自分が「この企業はホワイト企業だな」と思えれば良いだけなので、優良企業の明確な判断基準はありません。
そこで、優良企業の探し方を5つ紹介します。
最後まで見てみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

優良企業の探し方5選
  • 探し方①:口コミや求人サイトを確認する
  • 探し方②:就職四季報を確認する
  • 探し方③:企業のIR情報を確認する
  • 探し方④:企業の中長期経営計画を確認する
  • 探し方⑤:企業の説明会に参加したり、OB・OG訪問を行う
5つの探し方をそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

探し方①:口コミや求人サイトを確認する

優良企業の1つ目の探し方は「口コミや求人サイトを確認する」ことです。

口コミや求人サイトを確認することで、その企業に勤めている社員の意見を知れるからです。

口コミや求人サイトでは、会社の雰囲気や福利厚生などの意見を参考にすると良いです。

しかし、口コミではどちらかというと悪い評判の意見の方が多いので、注意する必要があります。

このように、口コミや求人サイトでは福利厚生や企業の職場環境、人間関係などを知れますが、意見が偏る場合もあるので、口コミや求人サイトで優良企業を探す時には注意して探してみてください。

口コミや求人サイトだけで優良企業だと判断しないようにしましょう。

下記の記事では、会社の評判の調べ方について解説しています。

適切な調べ方がわからないと困っている人は、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。i

「就活の教科書」編集部 潤

 

探し方②:就職四季報を確認する

優良企業の2つ目の探し方は「就職四季報を確認する」ことです。

就職四季報は優良企業かどうかの判断材料です。

就職四季報には企業の次のような様々な情報が掲載されています。

就職四季報に掲載されている情報例
  • 従業員人数
  • 売上
  • 平均年収
  • ボーナス
  • 年間休日
  • 平均勤続年数
  • 新入社員の3年以内の離職率
  • 有給休暇取得率
  • 財務状況
  • 経営状況

など

他にもたくさんの情報が載っています。

就職四季報の情報を見ることで、大企業が意外とブラック体質であったり、全く知らない企業が優良企業であることもわかります。

そのため、優良企業を探す時には、就活四季報を使うことをおすすめします。

就職四季報は優良企業を探す時だけでなく、企業研究をする時にも役立ちます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

探し方③:企業のIR情報を確認する

優良企業の3つ目の探し方は「企業のIR情報を確認する」ことです。

「IR=Investor Relatios」のことで「投資家向け広報活動」を表します。

IR情報を確認することで、次のようなことがわかります。

IR情報でわかることの例
  • 業績推移
  • 財務状況
  • 収益力

など

IR情報として、財務状況や経営状況を読み取ることで「借金はどれくらいあるのか」・「大きな投資をしているのか」・「成長性があるのか」など様々なことがわかるようになります。

業績の推移や財務状況、収益力が高いのであれば、優良企業である可能性が高くなります。

IR情報は企業のホームページからでも見れるので、優良企業を探している就活生は、ぜひ参考にしてみてください。

IR情報は、業界に詳しくなくてもある程度理解できるようになっているので、誰でも優良企業かどうかの判断ができます。

企業研究については、下記の記事で詳しく解説しています。

企業研究のやり方について自信がない方は、ぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

探し方④:企業の中長期経営計画を確認する

優良企業の4つ目の探し方は「企業の中長期経営計画を確認」ことです。

中長期経営計画を見ることで、企業の未来が見えやすくなります。

中長期経営計画を見てわかることは、主に次のようなことです。

中長期経営計画でわかることの例
  • 今後の企業ビジョンや目標(3年~10年後)
  • 期待できる企業規模(3年~10年後)
  • 今後の事業展開

など

どのような事業が中心となるのか、どの事業に投資するのかなどを見ることで、企業の将来性成長性を把握できます。

優良企業に就職したい就活生は、企業の中長期経営計画を参考にするのもアリです。

中長期経営計画は企業のホームページでも見ることができ、優良企業を探す時だけでなく、業界研究・企業研究をする時にも使えます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

探し方⑤:企業の説明会に参加したり、OB・OG訪問を行う

優良企業の5つ目の探し方は「企業の説明会に参加したり、OB・OG訪問を行う」ことです。

企業の説明会に参加したり、OB・OG訪問を行うことで実際に社員の方と出会えるため、優良企業かどうかを自分の目で見極められます。

企業の説明会に行ったり、OB・OG訪問をすることで主に次のようなことがわかるようになります。

説明会やOB・OG訪問でわかることの例
  • 職場環境
  • 社内の雰囲気
  • 社内の人間関係
  • 福利厚生
  • 有給休暇取得率
  • 入社前とのギャップ
  • 企業の将来性 / 成長性

など

説明会やOB・OG訪問に参加することで、企業のリアルを体感できます。

また、OB・OG訪問では、少し聞きにくい福利厚生の話や給料の話なども聞けます。

そのため、自分が就職したい企業が優良企業かどうかわかりにくい時は、説明会やOB・OG訪問を積極的に行ってみてください。

説明会やOB・OG訪問を行うだけで、企業ホームページには掲載されていないことも把握できるので、優良企業かどうかを判断する時に非常に役立ちます。

下記の記事では、OB・OG訪問のやり方について詳しく解説しています。

そもそもOB訪問ってどうやってやるの?と思った方はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

優良企業の代表的な企業とは?福利厚生が良い3社紹介

就活生くん

ここまで読んで優良企業の特徴や見分け方、探し方を把握できました。
でも、具体的な優良企業を知らないので、優良企業の代表例を教えて欲しいです。
わかりました。
では、福利厚生が良い優良企業を3社紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

福利厚生が良い隠れ優良企業3社
  • 優良企業例①:ホンダ技研工業
  • 優良企業例②:味の素
  • 優良企業例③:清水建設
それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

優良企業例①:ホンダ技研工業

hondarogo

ホンダ技研工業は、「自由な移動の喜び」を叶えるトータルモビリティカンパニーとして多角的な事業展開を行っています。

売上は約15兆円で自動車・輸送機器業界で2位となっています。

ホンダ技研工業の福利厚生を下にまとめておきます。

福利厚生
  • フレックスタイム制度
  • 定時退社日制度
  • 有給取得率99%~100%
  • 住宅手当・家賃補助
  • 独身寮
  • 社宅
  • 社内食堂

など

有給休暇取得率がほぼ100%であることが福利厚生においての最大の強みですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

優良企業例②:味の素

ajinomotorogo味の素は、日本の食品業界で断トツの1位です。

アミノ酸を活かしたアミノ酸技術のレベルは世界の中でも非常に高く、海外17の国や地域に工場を展開しています。

味の素の福利厚生を下にまとめておきます。

福利厚生
  • 育児休暇
  • フレックスタイム制度
  • リフレッシュ休暇
  • 社宅
  • どこでもオフィス
  • 労働時間削減
  • 高い有給休暇取得率

など

味の素の福利厚生では、有給休暇取得率が高いことや、リモートワークに積極的であることが強みとなっており、優良企業だとわかりますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

優良企業例③:清水建設

shimizukenseturogo

清水建設は建築事業、土木事業、エンジニアリング事業など様々な事業に力を入れています。

「ものづくりへの真摯な姿勢と絶えざる革新志向により、お客様の期待を超える価値を提供し続ける」という経営理念をもとに取り組んでおり、業界での売上が3位です。

清水建設の福利厚生を下にまとめておきます。

福利厚生
  • フレックスタイム制度
  • ノー残業デー
  • 育児休職
  • リフレッシュ休暇
  • 独身寮
  • 家族社宅
  • 高い有給休暇取得率

など

建設業界は激務な企業が多いですが、その中でも有給休暇取得率が高かったり、ノー残業デーに取り組んでいることが強みと考えられます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

まとめ:自分なりの定義や基準を決めて優良企業を探していこう

いかがでしたか?

今回は「優良企業とは?」についてや「優良企業の特徴や見分け方、探し方」について解説しました。

この記事のまとめを書いておくので復習してみてください。

この記事のまとめ

優良企業とは?【結論:他よりも優れている企業】

定義や条件とは?優良企業の特徴3選

  • 特徴①:財務状況が安定している
  • 特徴②:離職率が低く平均勤続年数が高い
  • 特徴③:特定の分野での技術力が高い

 優良企業の見分ける4つのポイントとは?

  • 見分け方①:福利厚生が良いかどうか
  • 見分け方②:有給休暇の取得率が高いかどうか
  • 見分け方③:社員が働きやすいかどうか
  • 見分け方④:成長性があるかどうか

 判断基準とは?優良企業の探し方5選

  • 探し方①:口コミや求人サイトを確認する
  • 探し方②:就職四季報を確認する
  • 探し方③:企業のIR情報を確認する
  • 探し方④:企業の中長期経営計画を確認する
  • 探し方⑤:企業の説明会に参加したり、OB・OG訪問を行う

 優良企業の代表的な企業とは?福利厚生が良い3社紹介

  • 優良企業例①:ホンダ技研工業
  • 優良企業例②:味の素
  • 優良企業例③:清水建設
この記事では、「優良企業とは?」についてや、「優良企業の特徴や見分け方、探し方」についても解説しました。
どんな企業が優良企業なのかは人によって違ってきます。
インターン会社説明会OB・OG訪問を行うことで企業のリアルを実感できます。
優良企業の特徴や見分け方を把握して、自分が思う優良企業を探してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤