【適職は?】自信がない人に向いている仕事13選 | 向いていない仕事,自信をつける方法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!
記事を読む前に

この記事では「自身がなくて不安」という気持ちを抱えた就活生ににおすすめの仕事をご紹介します。

あわせて、自信をつける方法自信がない人に向いていない仕事もご紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

◆この記事を特に読んでもらいたい皆さん

  • 「自信がなくて」就活が不安な就活生の皆さん
  • 「自信がない人」でも就ける仕事に興味を持っている就活生の皆さん

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自信がない人に向いてる仕事ってあるの?

就活生ちゃん

「自身がない」と思ってしまうことがよくあります。

周りには自信に満ち溢れた子が多くて、「自信がない」と思ってしまう自分はダメなのかな…と悩んでしまうこともあります。

周りにそういった子が多いと、不安な気持ちになってしまいますよね。

ですが安心してください、自身のない人でも就ける仕事は存在します。

就活アドバイザー 京香

 

結論:自信がない人にも向いてる仕事はある!

結論として、自信がない人にも向いてる仕事はあります。

今読んでいるあなたはもしかすると、「自信がない自分にできる仕事なんてない」と思ってはいませんか。

自信がないのはあなたの特性の一つです。

世の中にはたくさんの仕事がありますから、あなたの特性に合った仕事が必ずあります。

 

自分に自信がないと分かっていることはアドバンテージ

自分に自信がないと分かっていることはアドバンテージになります。

自分の苦手なことが分かっているので、仕事や日常生活で苦手なところを意識的に避けることができるからです。

自分に自信がないと気づいていないと、知らず知らずのうちに苦手分野に手を出して、自信を無くすという負のスパイラルに陥ってしまうかもしれません。

ですから、自分に自信がないと分かっている人は、アドバンテージになっているということを忘れないでください。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

自信がない人に向いてる仕事13選

就活生ちゃん

私は自分に自信をもつことができないのですが、私にも向いている仕事はあるのでしょうか?

もちろんです!

世の中には、それぞれの人にあった仕事がたくさん存在しています。

そこで今回は、以下の項目で自身がない人に向いている仕事を紹介していきます。

就活アドバイザー 京香

自信がない人に向いている仕事13選
  • 仕事①:事務職
  • 仕事②:WEBライター
  • 仕事③:WEBマーケティング
  • 仕事④:営業
  • 仕事⑤:フリーランス
  • 仕事⑥:講師
  • 仕事⑦:エンジニア
  • 仕事⑧:ブロガー
  • 仕事⑨:翻訳家
  • 仕事⑩:新聞記者
  • 仕事⑪:小説家
  • 仕事⑫:ユーチューバー
  • 仕事⑬:コピーライター

 

仕事①:事務職

自信がない人に向いてる仕事1つ目は「事務職」です。

今回は一般事務職に限定して話を進めていきます。

事務職は他の社員とのコミュニケーションが少ないため、1人でのびのび作業できます。

加えて、周りをサポートする仕事でもあるため、自信にもつながるでしょう。

聞いたところ、事務職は特に女性に人気の職種となっているようですよ。

今回は一般事務職に話を絞りましたが、以下で事務職について詳しく書いてますので、気になったら読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

 

仕事②:WEBライター

自信がない人に向いてる仕事2つ目は「WEBライター」です。

主な業務内容は、インターネットのサイト上にある記事の執筆です。

WEBライターは、1人で黙々と仕事を進めることができます。

加えて、仕事を自分で選べるため、好きな作業に取り組めることも自信へつながると言えるでしょう。

未経験でも可能な仕事ですが、初めのうちは単価が低い仕事しかできないことがほとんどです。

仕事に慣れていけば、高い単価の仕事を受注することができます。

記事の執筆をする際は一人ですから、リラックスして仕事に取り組めますね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:WEBマーケティング

自信がない人に向いてる仕事3つ目は「WEBマーケティング」です。

WEBマーケティングとは、WEB媒体を中心に行われるマーケティングのことを指します。

WEBマーケティングでは、お客さんの行動心理を読むことが大切です。

自信がない人は、人の気持ちに敏感なため、向いていると言えます。

また、WEBマーケティングの仕事の成果は数字として表れます。

成果が目に見える形として表れるので、根拠のある自信へとつながります。

WEBマーケティングは、特定の資格が必要となる仕事ではありません。

業務を進めていく中で仕事を覚えるので、始めるハードルはそこまで高くないです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:営業

自信がない人に向いてる仕事4つ目は「営業」です。

一見すると営業は、自身のない人に向いていない仕事かと思います。

営業の仕事は、ノルマが設けられることや営業成績が数字として掲示されています。

ですから、営業で成果を出せれば根拠のある自信を得ることにつながります。

営業は常に数字を追うことや契約を成立したときの達成感があることから、この一連の流れが成功体験となります。

自身のないうちは大変だと思いますが、自身をつけてみたいという方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑤:フリーランス

自信がない人に向いてる仕事5つ目は「フリーランス」です。

フリーランスとは、企業や団体に所属せずに個人で働くことをいいます。

フリーランスは自分で仕事を取りに行くので、自分のペースで仕事をすることが可能です。

稼ぐとき一気に稼いで、そのあとはバカンスを楽しむなんてこともできます。

また、フリーランスとして働くと、もちろんのことですが上司がいません。

上司がいないことから、理不尽に怒られること心配などがありません。

フリーランスは自由に働ける仕事として、現在注目を浴びている働き方の一つです。

ただ注意点として、実力がなければ成立しない働き方であることを覚えておいてください。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑥:講師

自信がない人に向いてる仕事6つ目は「講師」です。

生徒の学習を計画を一緒に考えること、生徒が勉強を理解したときはうれしいものです。

そういった小さな出来事が、あなたにとっての小さな成功体験となります。

成功体験を子供達と共有できる仕事は珍しいものですね。

大人を相手にする仕事だと過度の緊張を感じますが、子供が相手だと程よい緊張感をもって仕事に望めると思います。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑦:エンジニア

自信がない人に向いてる仕事7つ目は「エンジニア」です。

エンジニアは職業の性質上的に、人との関わりが少ない仕事です。

ミーティングなどはありますが、プログラミングをする際は基本的に一人です。

仕事中に上司などから怒られることが少ないでしょう。

また、エンジニアは実力至上主義の側面がかなり強いです。

逆に言えば、実力があればある程度のことは目をつむってもらえることがあります。

最近ではリモートワークの促進もあり、リモートで勤務することが可能となっています。

のびのびと作業ができるのは、自信のない人にとって素晴らしい仕事ではないかとお観ます。

就活アドバイザー 京香

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑧:ブロガー

自信がない人に向いてる仕事8つ目は「ブロガー」です。

ブロガーの仕事は、基本的に一人で行うことになります。

自分の好きな場所と時間で仕事をできますから、のびのびと仕事をすることができます。

ブログのメリットばかり紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。

ブログはのびのびとした環境で作業ができますが、実際に稼ぐまでのハードルはかなり高いです。

ですから、不労所得として十分な稼ぎにするためには、長い時間と努力が必須です。

ですが、それでも目指す価値がある仕事だと思います。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑨:翻訳家

自信がない人に向いてる仕事9つ目は「翻訳家」です。

翻訳家は自信のない人、とりわけおとなしい人に向いています。

翻訳家は文章を他の言語に移す仕事であり、集中力を高めるために静かな場所で仕事をすることができます。

また、翻訳家の業務は高い集中力が求められるので、一人で仕事をすることが多いです。

一つ一つ文章を翻訳するといった体験があなたの自信にもつながるでしょう。

翻訳家はその業務内容から、フリーランスとしての働き方が広く浸透しています。

正社員やフリーランスの場合のどちらでも、給与は実力至上主義のところが多いそうです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑩:新聞記者

自信がない人に向いてる仕事10つ目は「新聞記者」です。

新聞記者をする上で、批判精神は必須の能力です。

何もかもを鵜吞みにして肯定する人に、鋭い角度からの記事を書くことはできません。

そのため、批判的な視点を持てる人に向いている仕事だと言えるでしょう。

新聞記者は働きだすと、意外と自由な時間があるそうですよ。

部門によってはライフワークバランスを守ることが難しいそうなので、部門選びが大事です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑪:小説家

自信がない人に向いてる仕事11つ目は「小説家」です。

小説家の仕事は、一人での作業が多いです。

作業場所や時間も自分で決めることができるので、好きなように働けます。

また、長い執筆期間が終われば、自分の作品に対して読者からの感想をいただくことができます。

読者からの感想は、書き手に自信をもたらしてくれるでしょう。

一昔前に比べて、今では小説家になるためのハードルはかなり下がりました。

インターネット上に簡単に自分の作品を投稿することができるようになったからです。

ただし、生計を立てられるレベルになるには、多大なる努力が必要です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑫:ユーチューバー

自信がない人に向いてる仕事12つ目は「ユーチューバー」です。

ユーチューブに投稿する動画の内容は、モラルに反さない限り制限が全くありません。

好きなことを仕事にすることで、より継続しやすくなるでしょう。

ユーチューバーは行動量と収入が比例する傾向にあります。

粘り強く継続することで、あなたがユーチューバーとして活躍する日が来るかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

 

仕事⑬:コピーライター

自信がない人に向いてる仕事13つ目は「コピーライター」です。

コピーライターの仕事は、広告の文章・キャッチコピーを考える仕事です。

自信がない人の多くが共感力を持ち合わせています。

キャッチコピーなどは、読み手が共感することが大事ですから、向いているといえます。

コピーライターには才能が必須と思う方は多いことでしょう。

実際のところは才能よりも、論理的に考えるための勉強が求められます。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自信がない人に向いている仕事に簡単に就職する方法

自信がない人に向いている仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、自信がない人に向いている仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、自信がない人に向いている仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

自信がない人に向いていない仕事3選

就活生ちゃん

自身がない人に向いている仕事がよくわかりました!

ちなみになんですが、自身のない人に向いていない仕事は何かあるのでしょうか?

そうですね、実際向いていない仕事をというものは存在します。

しかし得意なことや苦手なことは誰にでもありますから、当てはまったとしても落ち込まなくて大丈夫です!

それでは、自身がない人に向いていない仕事についてご紹介させていただきます。

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:プレッシャーのかかる仕事

自身がない人に向いていない仕事1つ目は、「プレッシャーのかかる仕事」です。

自分に自信のない人は、仕事に対して消極的になることやミスが多くなることがあります。

消極的な姿勢やミスが積み重なると、ますます自信を無くす負のスパイラルにはまってしまいます。

プレッシャーのかかる仕事は、本来の自分のパフォーマンスが発揮できないので、自身がない人にはおすすめしません。

 

仕事②:資格の必要な仕事

自身がない人に向いていない仕事2つ目は、「資格の必要な仕事」です。

資格の必要な仕事は、仕事に就くハードルが高いためおすすめできません。

仕事に就く難易度が高いため、就職を目指す途中で何度も挫折を味わうことになるでしょう。

成功体験を積むことがとても大変なのです。

しかし、就職までの道のりはたいへんですが、就職してしまえば手に職ということで大きな自信につながるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:専門性の高い仕事

自身がない人に向いていない仕事3つ目は、「専門性の高い仕事」です。

専門性の高い仕事は、学び続けなければなりません。

専門性の高い仕事は就職するまでの道のりが険しいのに加えて、就職してからも学び続けなけらばなりません。

学び続ける途中で行き詰まることがあったら、自信のない人は自己嫌悪に浸ってしますことでしょう。

就活アドバイザー 京香

しかし、手に職という意味では、ある程度の安心感や自信ををもたらしてくれます。

[/say]

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

自信がない人が自信を得る方法5選

就活生ちゃん

私は昔からよく「なよなよしている」、「自身のなさそう」など言われることが多かったです…

だから自身がある人になりたいと思っています。

そこでなんですが、自身を得るための方法を聞かせてもらえないでしょうか。

そうなんですか、それはつらかったですね。

一人一人それぞれの特性がありますから、自身がないことで落ち込む心配はありませんよ。

それでは、以下の項目で自信がない人が自信を得る方法を紹介していきます。

就活アドバイザー 京香

自信がない人が自信を得る方法
  • 方法①:成功体験を思い出す
  • 方法②:他人と比較することをやめる
  • 方法③:得意分野を把握する
  • 方法④:他人に影響を与える目標を立てる
  • 方法⑤:ポジティブな言葉を使うようにする

 

方法①:成功体験を思い出す

自信がない人が自信を得る方法1つ目は、「成功体験を思い出す」です。

人間は過去の成功体験を思い出すことで、自信を得ることや取り戻すことができます。

根拠に基づいた自信ですから、そこから得た自信を失うことはなかなかないでしょう。

反対に根拠のない自信は、ただの虚勢でしかないので気をつけてください。

気持ちが落ち込んだ時こそ、過去の成功体験を思い出すとよいでしょう。

成功体験が少ないという方がいるかもしれません。

ですが成功体験というのは、大きな成功である必要性はありません。

日常の中の小さな成功体験で自分をほめてみてはいかがでしょうか。

就活アドバイザー 京香

 

方法②:他人と比較することをやめる

自信がない人が自信を得る方法2つ目は、「他人と比較することをやめる」です。

他人と比較し続ける限り、自信は間違いなくなくなります。

なぜなら、世界には約80億人の人が存在しいて、そのすべての人との比較を繰り返すからです。

80億人もいれば嫌でも自分の欠点に気づいてしまい、自信を無くしてしまいます。

ですから、他人と比較することなく自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

方法③:得意分野を把握する

自信がない人が自信を得る方法3つ目は、「得意分野を把握する」です。

成功体験を最も積みやすいことがらは、自分の得意分野です。

自分の得意分野ともなれば、成功体験をすぐに作る事ができるでしょう。

成功体験ができたから自信がつく、自信がついたから頑張れる、頑張ったからまた成功体験ができるといった良いサイクルが生まれることになります。

ここで得た自信は得意分野以外でも発揮されるはずです。

自分の得意なことや好きなことは率先して取り組めますよね。

仕事につながるような特技が気になる方は、以下の記事を参考にしてみてください

就活アドバイザー 京香

 

方法④:他人に影響を与える目標を立てる

自信がない人が自信を得る方法4つ目は、「他人に影響を与える目標を立てる」です。

自信をつける方法として、目標を立てることは重要なことです。

目標が他人に影響を与えるものだと、より成功体験が積みやすいです。

人は自分に対して甘い部分がありますが、他人が関わると甘えることがありません。

ですから、他人に影響を与える目標を立てることで、成功体験が積みやすいのです。

 

方法⑤:ポジティブな言葉を使うようにする

自信がない人が自信を得る方法5つ目は、「ポジティブな言葉を使うようにする」です。

普段ネガティブな言葉ばかり使ってはいませんか。

人間は意外と単純な生き物で、思い込みで精神的・身体的に効果が表れる生き物です。

この現象のことをプラシーボ効果といいます。

プラシーボ効果はプラセボ効果とも呼ばれる心理現象のひとつです。あるものを「本物」だと信じ込ませることで、精神的・身体的に効果が見られる現象のことを言います。

(引用:マイナビニュース

プラシーボ効果を利用して、ポジティブな言葉を使って自信をつけていきましょう。

反対にネガティブな言葉を言えば、自信はなくなってしまいますから注意してください。

 

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

「自信がない人 向いてる仕事」に関するよくある質問

就活生ちゃん

自信のない性格と言われる自分にも、向いている仕事があると知れてよかったです!

自信のない人が向いている仕事について、何か他に知っておいた方が良いことはありますか?

ありがとうございます。

それでは最後に、自信がない人に向いてる仕事に関する質問をご紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

自信がない人に向いてる仕事に関する質問
  • 質問①:メンタルが弱い人はいらないの?
  • 質問②:向上心がない人に向いてる仕事もある?

 

質問①:メンタルが弱い人はいらないの?

自信がない人に向いてる仕事に関するよくある質問1つ目は、「メンタルが弱い人はいらない?」です。

結論として、全くもってそんなことはないので安心してください。

職業によってはメンタルが弱いのが理由で活躍できないこともあるでしょう。

けれども、それは仕事とあなたの相性が悪いだけですから、気にする必要はありません。

メンタルが弱い人は、人に寄り添ってあげられるなどの強みがあります。

メンタルが弱いという自負がある人は、自分に合った仕事を探すことをおすすめします。

 

質問②:向上心がない人に向いてる仕事もある?

自信がない人に向いてる仕事に関するよくある質問2つ目は、「向上心がない人に向いてる仕事もある?」です。

向上心がない人に向いてる仕事は、業務内容が完全にマニュアル化している仕事です。

向上心がない人は、自発的に何かを学ぶことが苦手、成長することに消極的な傾向があります。

具体例を以下に書いています。

向上心がない人に向いてる仕事
  • 自動車製造工
  • 食品製造工
  • トラック運転手
  • 清掃業者
  • 検針員
  • 司書

今紹介した仕事は、どれもマニュアル化されているので、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:自分に合った仕事を見つけて自信を身につけよう!

本記事では自身のない人に向いている仕事について詳しく解説しました

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。