>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】エントリーシートに資格を書くメリット、書き方のポイント、資格がない人はどうする?

エントリーシート資格

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

エントリーシートの資格ってどんな風に書いていますか?

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

エントリーシートに書きたい資格あります!

でも資格を書くことで何かメリットがあるんですか?

書き方で気を付けるポイントもわからないです。

就活生くん

そもそもエントリーシートに書ける資格なんて持ってないんですけど、就活詰んでますか?

安心してください。

就活中エントリーシートを書きまくった僕が、みなさんのお悩みを解決して差し上げます。

この記事では、エントリーシートに資格を書くメリット3つと書き方のポイント3つ、資格の正式名称一覧をまとめています。

「シートの資格の書き方がわからない人」はもちろん、「資格を何も持っていない人」でも、この記事を読めば資格に悩むことなくエントリーシートを書き上げられます。

ぜひ最後まで読んでください。

エントリーシートに資格を書くメリット3つ

なぜエントリーシートには資格を書く欄があり、書くとどんなメリットがあるのでしょうか。

皆さんは考えたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

考えたことなかったです。

選考が有利になりそうだということぐらいしか。

企業がエントリーシート提出させるのは2つの目的があります。

1つは選考フローの一環として就活生をふるいにかける目的です。

もう1つは面接で質問するための手がかりとしての目的です。

エントリーシートの資格については、後者の「質問の手がかりとしての目的」で記入欄が設けてあります。

 

エントリーシートに資格を書く意味がわかると、書くべき資格もわかってくるはずです。

ずばり、エントリーシートに書くべき資格とは、「仕事に役立ちそうな資格」や「誰も取らないような珍しい資格」です。

エントリーシートに書くべき資格が書けと、どんなメリットがあるのでしょうか。

エントリーシートに資格を書くメリットを3つ紹介します。

  • 志望度をアピールできる
  • スキルを証明できる
  • 面接の話題になる

あまり重視されないイメージの資格欄でも、何か書いてあれば人事もきちんと見てくれますよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

メリット①:志望度をアピールできる

エントリーシートに資格を書くメリットの1つ目は、志望度をアピールできることです。

入社後の仕事に役立つ資格を持っていることで、自分がその会社の仕事内容に興味を持っていることを示すことができます。

特に、取得が難しい資格を書いていると「この資格を取ってまで、この仕事がしたいのか」と思わせることができます。

例えば、不動産を扱う仕事であれば入社後に「宅建」の資格を取らされる企業はたくさんあります。

そんな企業に提出するエントリーシートの資格欄に「宅建」と書いてあれば、不動産に興味があることは明白ですよね。

「資格を取るためにかけた時間」=「志望度の高さ」と評価されます。

資格を取る動機は何であれ、資格を取ってしまえば何とでも言えます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

メリット②:スキルを証明できる

エントリーシートに資格を書くメリットの2つ目は、スキルを証明ができることです。

当然ですが、資格を持っていることで一定のスキルがあることを証明することができます。

資格ほど、スキルを証明するのに説得力を付してくれるものはありません。

逆に言うと、資格さえあればスキルが衰えていても関係ありません。

資格があるって自信になりますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

メリット③:面接の話題になる

エントリーシートに資格を書くメリットの3つ目は、面接の話題になることです。

「なぜその資格を取ろうと思ったか」、「資格を取る過程でどんな苦労があったか」、をきちんと話せるようにしておきましょう。

仕事に活かせる資格や難しい資格ではなくても、他の人が持っていなさそうな資格なら、面接で話題になります。

例えば、趣味に関する資格や免許を書いて、普通の面接では訊かれることのない趣味について熱く語ることだってできます。

資格を学チカや自己PRに繋げることができれば、さらに良いです。

 

学チカの書き方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【内定者が教える】エントリーシートの”ガクチカ”の書き方,例文(学生時代に力を入れたこと)

資格を持っていると良いことがたくさんありますね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

資格が何もない人はどうしたらいい?

就活生くん

資格持ってるとたくさんメリットあるんですね。

僕は何の資格も持ってないんですけど、大丈夫ですか?

資格を持っていなくても、焦る必要は全くありません。

新卒の就活生を採用する企業は、就活生のことを「成長の可能性を秘めた金の卵」だと考えています。

新卒の就活生なら、仕事に必要な能力は採用後にすぐ身につけられるからです。

そのため、採用時に資格の有無を重要視している企業は少ないです。

資格がなければ、別の部分でアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

エントリーシートの書き方についてはこちらご覧ください。

エントリーシート資格欄の書き方のポイント3つ

エントリーシートに資格を書くことで3つのメリットがありますが、書き方を間違えるとマイナスに評価されることがあります。

資格欄でマイナスにならないための書き方のポイントは3つあります。

  • 「仕事に関係ない」×「専門性の高い」資格は書かない
  • 低すぎるスコアは書かない
  • ウソは書かない

知らなかった方はきちんと確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント①:「仕事に関係ない」×「専門性の高い」資格は書かない

書き方のポイントの1つ目は、「仕事に関係ない」×「専門性の高い」資格は書かないことです。

エントリーシートに仕事内容に関係ない資格を書くと逆効果になることがあります。

資格があれば転職のハードルが低くなるからです。

採用活動にたくさんのコストを払っている企業からすると、入社後にすぐに辞められるのは非常に困ります。

仕事に関係なく、専門性の高い資格は好ましくありません。

エントリーシートに書いた場合は、面接で、志望している企業に対する熱意をしっかり伝えましょう。

仕事に関係ある資格から書いほうがいいです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント②:低すぎるスコアは書かない

書き方のポイントの2つ目は、低すぎるスコアは書かないことです。

特に、TOEICについてですが、600点を下回るようなら資格欄に書かずに、受けてないことにしたほうがいいです。

英検や漢検もエントリーシートに書くのは準1級からが良いでしょう。

あまりに低いレベルのものを書くと、「他にアピールできるものがない」と思われてしまいます。

就活用に資格を受けるなら、高レベルのスコアや級を目指しましょう。

資格を取るのも簡単じゃないですね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント③:ウソは書かない

書き方のポイントの3つ目は、ウソは書かないことです。

当たり前ですが、就活において嘘は役に立ちません。

就活は今後の人生を大きく左右する重要な岐路です。

自分を偽って入社しても、その企業に適正がなければ仕事は続きません。

等身大の自分で選考に臨みましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

資格はいつまでに取得したらエントリーシートに書ける?

就活生くん

就活のために資格を取りたいんですけど、いつまでに試験を受ければいいんですか?

エントリーシートの資格欄に書くためには、最低でもエントリーシートを書く1か月前に試験を受けておく必要があります。

国家資格もTOEICも試験の1カ月後に結果が出ます。

試験を受けるには申し込みが必要です。

申込期間は試験の約2~3カ月前なので、余裕をもって早めに準備をしておきましょう。

僕の友達は計画的に勉強をして、3回生の12月にTOEICで900点を取っていました。

計画的に毎日コツコツと勉強を進めていくのがコツだそうです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

資格の正式名称一覧

就活生ちゃん

エントリーシートに資格を書きたいんですけど、正式名称がわかりません。

いつも使っている略称でいいですか?

いいえ、エントリーシートの資格は、正式名称で書いてください。

誤解を防ぐためです。

「就活の教科書」編集部 松村

エントリーシートによく書かれる資格の正式名称の一覧を用意したので、実際に書くときに参考にしてください。

資格・免許の正式名称一覧
  • TOEIC → TOEIC公開テスト
  • 英検 → 実用英語技能検定
  • 漢検 → 日本語漢字能力検定
  • 簿記 → 日本商工会議所簿記検定
  • 宅建 → 宅地建物取引主任者
  • 秘書検 → 秘書技能検定
  • FP → ファイナンシャル・プランニング技能士
  • MOS → Microsoft Office Specialist
  • 自動車免許 → 普通自動車免許、普通自動車運転免許
  • 大型免許 → 大型自動車免許

就活生ちゃん

ありがとうございます。

助かりました。

 

まとめ:エントリーシートの資格欄が運命を引き寄せる

いかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシートに資格を書くメリット3つと書き方のポイント3つ、資格の正式名称一覧を紹介しました。

簡単にまとめると以下のようになります。

エントリーシートの資格

メリット

  • 志望度をアピールできる
  • スキルを証明できる
  • 面接の話題になる

書き方のポイント

  • 「仕事に関係ない」×「専門性の高い」資格は書かない
  • 低すぎるスコアは書かない
  • ウソは書かない

これで資格欄に困ることなくエントリーシートが書けますね。

早めにエントリーシートを準備して、ESに追われる就活を回避しましょう。

「就活の教科書」では就活に関する有益な記事を掲載しています。

興味を持った方は、ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。