【やめとけ?】総合職に向いていない人の特徴 | 女性総合職の割合,就く時の注意点も

本ページはプロモーションを含みます

総合職 向いていない人 特徴

この記事からわかること
  • 総合職とは、会社の基幹となる業務を担う職種
  • 総合職に向いていない人の特徴
    「決められた業務に携わりたい人」「競争が嫌いな人」
    など
  • 総合職に就く時の注意点は
    「業務量が多い」「異動や全国転勤がある場合が多い」など
  • 総合職に就くメリットは
    「キャリアアップ・スキルアップがしやすい」「一般職と比べ年収が高い」など
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

今回の記事では「総合職に向いていない性格」について詳しく説明していきます。

また、「総合職の仕事内容」「総合職の男女比」などについても紹介します。

就活アドバイザー 京香

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

こんな人におすすめ
  • 総合職がどのような仕事か知りたい就活生
  • 総合職と事務職のどちらにするか悩んでいる就活生
  • 自分が総合職に向いているか不安な就活生

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそも総合職とは?女性でもなれる?

就活生くん

僕は、総合職に興味があるのですが、どのような仕事内容があるのでしょうか?

就活生ちゃん

私も総合職を志望しているのですが、女性でもなれるのか不安です・・・。

総合職の具体的な業務内容などについて知らないこともありますよね。

それでは、業務内容一般職との違い女性の総合職の割合についてざっくり解説します。

就活アドバイザー 京香

 

総合職:会社の基幹となる業務を担う職種

総合職とは、主に会社の基幹となる業務を担う職種のことです。

以下に総合職の仕事内容をまとめました。

総合職の業務内容
  • 研究職
  • 設計・開発職
  • 生産技術・製造管理職
  • システムエンジニア
  • 人事
  • 総務
  • 経理
  • 企画
  • 営業

管理職や幹部候補として中核の仕事を担うことが多いことが業務内容からもわかりますね。

就活アドバイザー 京香

 

総合職と一般職の違い

続いて、総合職と一般職の違いについて説明します。

以下に総合職と一般職の違いをまとめました。

総合職と一般職の違い
  • 待遇・給与
  • キャリア形成
  • 転勤の有無
  • 採用の時期
  • 男女比

参照:https://jobspring.jp/article/detail/236

総合職は一般職と比較して、幅広い業務に関わるため、給与が高く設定されています。

基本給が高いことに加えて、それぞれのポジションでインセンティブが加算されるなど、成果が反映されます。

しかし、異動や転勤などのジョブローテーションが行われるため、ポジションや労働環境の変化にも柔軟に対応する必要があります。

また、総合職は一般職よりも早い時期から採用選考が始まることが多いため、事前に確認しておくことが重要です。

総合職と一般職では、働き方が異なる点が多くありますね。

総合職で働く上で、対応力も大切になりそうです。

就活アドバイザー 京香

 

女性の総合職の割合は36%

厚生労働省による令和2年度雇用均等基本調査によると、総合職における女性の割合は36%です。

その他職種に占める女性の割合は、一般職が43%、限定総合職が11.2%となっています。

女性は一般職に就いている人が最も多いようですね。

一般職についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【やめとけ?】総合職に向いてない人の特徴7選

就活生ちゃん

私は、総合職に就きたいと考えています。

でも、自分が総合職に向いているのか心配です・・・。

なので、総合職に向いていない性格を知りたいです。

わかりました!

それでは、総合職に向いていない性格の特徴7選を紹介します。

就活アドバイザー 京香

総合職に向いていない性格の特徴7選
  • 特徴①:転勤に抵抗がある人
  • 特徴②:仕事に打ち込むより、プライベートを大事にしたい人
  • 特徴③:競争が嫌いな人
  • 特徴④:責任の大きな仕事をプレッシャーに感じやすい人
  • 特徴⑤:出世や昇進に興味がない人
  • 特徴⑥:決められた業務に携わりたい人
  • 特徴⑦:好奇心があまり旺盛でない人

「就活してるけど自分に向いてる仕事がわからない」「簡単に自己分析したい」という方は、適性診断AnalyzeU+で性格診断を受けてみましょう!

全251問の質問に答えるだけで、あなたの強みや適職、組織内での適した役職が分かり、手っ取り早く自己分析できますよ。

診断結果から、あなたに合う企業から特別オファーが届くこともあるため、自分に合った企業に就職もできますよ!

適性診断AnalyzeU+」は無料で使えるため、登録して簡単に自己分析してみましょう!

就活アドバイザー 京香

>> AnalyzeU+で診断してみる

特徴①:転勤に抵抗がある人

総合職に向いていない性格の特徴1つ目は、「転勤に抵抗がある人」です。

企業によっては全国に事業所があり、総合職として就職すると転勤の可能性があります。

暮らす環境の変化にストレスを感じるなど、転勤に抵抗があるという人には、全国転勤のある総合職はあまりおすすめできません。

企業の転勤地について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:仕事に打ち込むより、プライベートを大事にしたい人

総合職に向いていない性格の特徴2つ目は、「仕事に打ち込むより、プライベートを大事にしたい人」です。

仕事に打ち込むより、プライベートを大事にするには、残業が少なかったり、有給を取りやすかったりすることが大事です。

総合職といってもさまざまですが、比較して一般職よりも業務量が多く、生活の中で仕事に打ち込む時間が長くなります。

ワークライフバランスを求める人は、総合職ではない職種の方が良いかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:競争が嫌いな人

総合職に向いていない性格の特徴3つ目は、「競争が嫌いな人」です。

競争が嫌いな人は、周りの人と成果を比較される仕事よりも、協力して丁寧に取り組む仕事の方が向いている場合があります。

総合職としての業務では、個人のパフォーマンスが重視されることが多く、同僚との競争も発生します。

競争が嫌いな人には総合職以外の職種の方が合っているかもしれません。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:責任の大きな仕事をプレッシャーに感じやすい人

総合職に向いていない性格の特徴4つ目は、「責任の大きな仕事をプレッシャーに感じやすい人」です。

総合職の仕事にも色々な違いがありますが、営業職では外に出向いて取引先と会ったり、他社とのコンペに参加したりすることがあります。

その際に、大きなプレッシャーにさらされることも少なくありません。

人によっては、ストレスを感じつつ、うまく受け流すことができる人もいるかもしれません。

プレッシャーがかかることによって、精神面や体調に不調をきたしてしまう人には総合職は向かない可能性があります。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:出世や昇進に興味がない人

総合職に向いていない性格の特徴5つ目は、「出世や昇進に興味がない人」です。

上記でも紹介している通り、総合職は周囲との競争をしながら出世や昇進をしていきます。

そのため、早く、確実にキャリアアップするためには総合職として働くべきです。

一方で、出世や昇進にはそれほど興味がない人は、同じ部署や場所で安定して働くことのできる一般職を選んでも良いでしょう。

 

特徴⑥:決められた業務に携わりたい人

総合職に向いていない性格の特徴6つ目は、「決められた業務に携わりたい人」です。

業務内容の紹介にもあった通り、総合職の業務範囲は多岐にわたり、取り組む業務が日々変化していきます。

また、転勤や異動もあるため、仕事に慣れてきたタイミングで違う環境に移り、ストレスが溜まることもあります。

決められた業務に携わりたい人も、総合職として特定の部署で、スペシャリストとしてキャリアを確立させていく人もいるかもしれません。

そのため、一概に言うことはできませんが、決められた業務に携わりたい人は、幅広い業務を行う総合職には合わない可能性があります。

 

特徴⑦:好奇心があまり旺盛でない人

総合職に向いていない性格の特徴7つ目は、「好奇心があまり旺盛でない人」です。

配属される部署によっては、自分の興味のない業務に携わることがあります。

それぞれの仕事に対して興味を持ち、あらゆる技術を身につけることに抵抗をもたないことが大切です。

また、好奇心を持って業務に取り組むことができれば、やりがいを感じながら仕事をすることもできるかもしれません。

仕事のやりがいや熱意があることが大きくプラスに働く可能性がとても高いので、好奇心があまり旺盛ではない人は、総合職としての働き方とは合わないかもしれません。

仕事は仕事として割り切って働くことができるのも大切な資質かもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

総合職に就く時の注意点3選

就活生ちゃん

総合職に向いていない性格についてよくわかりました!

総合職に就く時の注意点は何かありますか?

それは良かったです!

それでは、続いて実際に総合職に就く時の注意点3選を紹介します。

就活アドバイザー 京香

総合職に就く時の注意点3選
  • 質問①:業務量が多い
  • 質問②:異動や全国転勤がある場合が多い
  • 質問③:人生のプランを考慮する必要がある

 

注意点①:業務量が多い

総合職に就く時の注意点1つ目は、「業務量が多い」です。

総合職には多くの業務に携わるという特性があります。

個人で成果を出す業務もありますが、チームのリーダーとしてメンバーを率いる場面もあります。

そのため、必然的に労働時間も伸びてしまう可能性が高いです。

企業によっては残業時間が長く、平日はプライベートの時間を取ることが難しくなってしまうかもしれません。

ワークライフバランスを気にしている方は、企業の探し方にも工夫が必要ですね。

残業が少ない企業やホワイト企業について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

 

注意点②:異動や全国転勤がある場合が多い

総合職に就く時の注意点2つ目は、「異動や全国転勤がある場合が多い」です。

総合職は企業の将来を担うポジションであるため、多くの経験を積む必要があります。

経験を積むためには、必然的に部署異動や全国転勤も入ってきます。

業種や職種によっては、全国転勤はない場合がありますが、異動は総合職であればほとんど避けられないでしょう。

できる限り同じ場所で安定して働きたいという人は、志望している企業の事業所について調べておくなどの注意が必要です。

就活アドバイザー 京香

 

注意点③:人生のプランを考慮する必要がある

総合職に就く時の注意点3つ目は、「人生のプランを考慮する必要がある」です。

総合職では、会社の中核を担う人材として幅広い業務に関わり、様々なキャリアを築くことができます。

仕事をしていく中で、自分に向いていること、自分が好きなことを見つけることもできるでしょう。

事業内容によっては、大きな成功を収められるかもしれません。

他の職種と比較して、待遇や給与も良いので、やりがいも感じられるでしょう。

一方で、仕事以外のプライベートの時間が疎かになってしまうことも懸念されます。

仕事でのキャリアを重ねていくのか、プライベートを優先するのか、将来の人生プランを考慮しながら過ごすことで、より充実した生活を送ることができるでしょう!

就活アドバイザー 京香

 

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕に向いている仕事って本当に存在するのかなぁ・・・?

世の中にあるいろいろな仕事についてもっと知りたいです!

わかりました。

いろいろな職業/仕事について以下にまとめました。

自分に適した仕事を見つけるのに役立ちますので、ぜひ読んでください!

就活アドバイザー 京香

いろいろな仕事一覧

◆ 稼げる系の仕事

20代で年収1000万稼げる / 20代で年収600万稼げる / 20代で年収500万稼げる / 20代で年収400万稼げる / 初任給が30万円以上 / 男性が稼げる / 女性が稼げる / これから儲かる変わってるけど高収入 / やればやるだけ稼げる

◆ 業界/分野ごとの仕事/職種

スポーツ / 動物 / テレビ / 美容 / 自然 / 音楽 / デザイン / 映画 / ファッション / ゲーム / 宇宙 /  / 教育 / 文系の営業以外 / 文系 / 歴史 / ものづくり

◆ 性格別の適職

プレッシャーを感じたくない / 大雑把な / 目立ちたがり / 優しい / 人付き合いが苦手 / 責任感が強い / 人と接したくない / 動作性・言語性IQが高い / マルチタスクが苦手 / 心配性 / 洞察力がある / 感受性が強い / 完璧主義 / 内向型 / 癒し系 / 天然 / 自信がない / 器用貧乏 / 自己肯定感が低い / 一点集中型 / おとなしい

◆ 好きなこと/得意なこと別の適職

話す / 話を聞く / 数学 / ゲーム / 考える /  / 海外に行く / 文章を書く / 体を動かす / 頭を使う / 芸能人に会える / パソコンを使う / 聴覚優位 / 手先が器用 / 英語を使う / 職人気質 / オタ活 / スポーツ  /  / 空想 / パズル  / 絵を描く

◆ ホワイト系の仕事

休みが多くて給料が良い / ノルマの少ない / スローライフに適した / 時間に縛られない / ストレスが少ない / 残業が少ない / 体力がなくてもできる / デスクワークができる / 平日休み / ノマドワーカーに適した / 土日祝休み / 働く場所を選ばない / 働きたくない / 朝起きなくていい / プライベートを優先できる / のんびりできる / 子育てしながらできる

◆ 人との関り方別の適職

人を喜ばせる人前に立つ / 人をサポート / 人のためになる / 人に寄り添う / 人と関わる / 人を笑顔にする / 人の役に立つ / 黙々と作業 / 一人が好き人助けができる  / 個人プレー  / 一人で開業

◆ その他の仕事

おしゃれ / かっこいい / 女性がかっこいいと思う  / あまり知られていない / 20代女性に人気 / 人気 / 女性が就いてよかった将来なくなる / これから需要が増える / 資金なしで始められる / 学歴関係ない / 食いっぱぐれない / 手に職をつけたい / ますかけ線がある / 左脳派右脳派 / 夜型人間 / 左利き / 女性起業 / 現場仕事 / ネイルOK / 髪色自由 / 私服・服装自由

◆ 向いている/向いていない人の特徴

事務職向き / 専門職向き / 不動産営業向き / メーカー営業向き / インサイドセールス向き / 技術営業向き / 金融業界向き / 新卒フリーランス向き / 外資系向き / シンクタンク向き / 公務員向き / 接客業不向き / 総合職不向き

                                                   

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

総合職に就くメリット3選

就活生くん

総合職に就く時の注意点がよくわかりました。

総合職のメリットは何があるのでしょうか・・・。

総合職にももちろんメリットはあります。

これから、総合職に就くメリット3選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

 

メリット①:キャリアアップ・スキルアップがしやすい

総合職に就くメリット1つ目は、「キャリアアップ・スキルアップがしやすい」です。

総合職では、多様な分野の業務を担い、経験を積んでいきます。

また、複数のポジションに就くことで、あらゆるスキルが身につきます。

社会への影響が大きい仕事をしたい、多くの人をまとめて大きなプロジェクトを成功させたい、将来的に高所得を狙いたいなどの考えを持つ人にはおすすめの職種です。

 

メリット②:あらゆる地域での生活を経験できる

総合職に就くメリット2つ目は、「あらゆる地域での生活を経験できる」です。

総合職に就く時の注意点でも述べたように、総合職に就くと、全国転勤がある可能性が高いです。

国内外の事業所に配属されることで、今まで関わったことのなかった地域での生活を経験できます。

英語やその他の言語を使ってグローバルに働きたいという方は、海外支社のある会社を選ぶことで、その希望が叶うかもしれません。

総合職の就職を行う上で、転勤の有無について調べておくことも大切です。

海外に行ける仕事や会社について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

メリット③:一般職と比べ年収が高い

総合職に就くメリット3つ目は、「一般職と比べ年収が高い」です。

キャリアアップと同時に責任が伴うため、待遇や給与も高くなります。

さらに、資格手当技能手当といった、様々な手当が支給されることがあります。

また、転職をする際にも、総合職として重ねてきた経験を上手くアピールすれば、給与を上げることも可能です。

優秀な人材には、企業も活躍を評価し、相応の給与を支給します。

年収の高さを求めるのであれば、総合職に就くことを選択するのがいいといえます。

企業を選ぶ上で、年収がどの程度なのか気になりますよね。

企業の平均年収については、以下の記事で紹介しています!

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や適職はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、適性診断AnalyzeU+で自分の性格を診断するのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「手っ取り早く自分の適職を知りたい」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「総合職 向いてない」に関するよくある質問

就活生くん

総合職に就くメリットについて、分かってよかったです!

他に何か総合職に関して知っておいた方が良いことがあれば教えてください。

それは良かったです!

それでは、総合職に関するよくある質問3選を紹介します。

就活アドバイザー 京香

事務職に関するよくある質問3選
  • 質問①:女性総合職で人気のある企業は?
  • 質問②:「総合職はやめとけ」と言われるのはなぜ?
  • 質問③:総合職で求められるスキルは?

 

質問①:女性総合職で人気のある企業は?

総合職に関するよくある質問1つ目は、「女性総合職で人気のある企業は?」です。

日経WOMANと日経ウーマノミクス・プロジェクトによる「2023年度版 女性が活躍する会社BEST100」によると、次のような結果が出されていました。

以下に上位10位までを紹介します。

2023年度版 女性が活躍する会社BEST100
順位 企業名 総合スコア
1位 資生堂 78.8
2位 アフラック生命保険 76.5
3位 髙島屋 74.9
4位 損害保険ジャパン 74.7
5位 りそなホールディングス 74.7
6位 三井住友海上火災保険 74.2
7位 パソナグループ 74.0
8位 EY Japan 74.0
9位 住友生命保険 73.8
10位 東京海上日動火災保険 73.6

※表示した総合スコアが同じで順位が違う場合は、小数点2位以下で差がある(小数点第3位を四捨五入)

引用:2023年版「女性が活躍する会社」BEST100:日経xwoman

ランクインしている企業では、女性リーダー育成のプログラムや、出産・育児中のキャリア醸成制度が評価されているようです。

総合職としての就職を考えている女性は、上記の内容が充実しているかを企業選びの参考にすると良いでしょう!

女性におすすめの就職先については、以下の記事で紹介しています。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:「総合職はやめとけ」と言われるのはなぜ?

総合職に関するよくある質問2つ目は、「『総合職はやめとけ』と言われるのはなぜ?」です。

やめておけと言われる代表的な理由は、主に労働時間や勤務地と関係していると考えられます。

総合職は、一般職と比較して業務が特定されておらず、幅広い仕事を行うため、給与水準が高くなっています。

一方で、総合職には全国転勤があり、生活が仕事を中心として回ってしまうという懸念点があります。

また、総合職では比較的に残業時間が長くなる傾向があります。

しかし、近年の働き方改革によって、長時間労働の解消が進んできています。

転勤の可能性がありまずが、出世やキャリアアップを重視している人、社会人として成長したい人には、まず総合職に就くことを選択肢の一つとしてお勧めします。

就活アドバイザー 京香

 

質問③:総合職で求められるスキルは?

総合職に関するよくある質問3つ目は、「総合職で求められるスキルは?」です。

経済産業省は、総合職として必要とされる能力として「社会人基礎力」を提唱しています。

「社会人基礎力」とは、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしてくために必要な基礎的な力」としてまとめられたものです。

以下に社会人基礎力を紹介しています。

前に踏み出す力(アクション)

〜一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力〜

  • 主体力
  • 働きかけ力
  • 実行力

考え抜く力(シンキング)

〜疑問を持ち、考え抜く力〜

  • 課題発見力
  • 計画力
  • 創造力

チームで働く力(チームワーク)

〜多様な人々とともに、目標に向けて協力する力〜

  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 情況把握力
  • 規律性
  • ストレスコントロール力

引用:社会人基礎力(METI/経済産業省)

以上の全てのスキルを就職までに完璧に身につけておく必要はありませんが、総合職に必要なスキルとして覚えておくと良いでしょう。

全体的にチームのリーダーとして行動できる能力を求められているように見えますね。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:「総合職 向いてない」の実態を知り、適職に就こう

今回は、「総合職に向いてない性格」について紹介しました。

あわせて、総合職に就く時の注意点や、総合職のメリットなどについてもご紹介しました。

この記事を読んだことで、総合職に就くことに関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。