【口コミも】接客業に向いてない人の特徴11選 | おすすめの仕事,対処法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 接客業は、向き/不向きがはっきりしている
  • 接客業に向いていない人の特徴は、「体力に自信がない」など一覧はこちら
  • 接客業に向いてないと感じたときの対処法は、「なぜ接客に向いてないと感じるのかを明らかにする」など
  • 接客業に向いている人の特徴は、
    ①人と話をするのが好き ②細かいことは気にしない ③周りをよく見ている ④ストレスに強い
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさんこんにちは、就活アドバイザーの京香です。

ところで、みなさん自分の興味のある業種は見つかっていますか?

就活アドバイザー 京香

京香さんこんにちは。

今就職活動をしているところで、接客業に興味が出てきたところです!

でも、そもそも私には接客業は向いてないんじゃないかって思い始めて・・・

僕も今接客業に従事しているのですが、接客業は自分には向いていないのかなと思って転職を考えているんです・・・

接客業に興味ある人は他にもたくさんいると思います。

不特定多数の人とコミュニケーションを取らないといけないので、得意な人と苦手な人がいますよね。

本記事では、接客業に向いていない人の特徴を挙げながら接客業以外の選択肢もご紹介していきますよ!

  • 接客業に興味があるけど向いていないんじゃないかと思っている就活生
  • 接客業がどんな人に向いているのかを知りたい就活生

上記に当てはまる方は特に、この記事を最後まで読んで就活に役立ててほしいと思います!

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【職業研究】接客業にも向き/不向きってあるの?

就活生ちゃん

そもそも接客業に、向き不向きとかってあるんですか?

接客業に向き不向きがあるのかについても今から解説していきますよ!

就活アドバイザー 京香

 

結論:接客業は、向き/不向きがはっきりしている

結論として、接客業は向き/不向きがはっきりしています

なぜなら、接客業で求められるスキルは性格に依るからです。

接客業の特徴として、

  • 新しい人と会う機会が多い
  • コミュニケーションをとる必要がある
  • 周りをよく見る必要がある

といったことが挙げられます。

どんなことにも得意/不得意ありますが、接客業に求められるスキルは一朝一夕で身につかないものが多いです。

そのため、接客業の向き不向きははっきり分かれる傾向にあります。

 

注意点:外交的な人が接客業に向いているとは限らない!

注意点としてお伝えしておきたいのは、外交的な人が接客業に向いているとは限らないということです。

自分が人と話すことが好きでも、接客業では顧客に満足してもらえなければ意味がありません。

ただ人と関わることが好きなだけではなく、相手のニーズを読み取りながら関わるスキルが求められます。

そのため、ただ外交的なだけでは一概に接客に向いているとは言えません。

 

「接客業に向いてない」と感じる人の実際の声

接客業が向いてないと感じているのはあなただけではないんです!

同じように接客業が向いていないと感じている人たちの声をご紹介します。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

いやー、すごく共感します。

クレームが来たときの緊張感といったら・・・思い出すだけで冷や汗が止まりませんよ。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

接客業に向いてない人の特徴11選

就活生くん

接客業の向き/不向きがはっきりあるのは分かりました。

じゃあ、僕は実際に接客業に向いているのか知りたいです!

それはどうやって判断したらいいんでしょうか?

就活生ちゃん

私も知りたいです!

なにか判断基準とないんですか?

お任せください!

接客業に向いていない人の特徴を11個紹介していきますよ!

自分が当てはまるかどうか参考にしていってくださいね。

就活アドバイザー 京香

接客業に向いてない人の特徴11選
  • 特徴①:初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手
  • 特徴②:体力に自信がない
  • 特徴③:マイペースすぎる
  • 特徴④:自己中心的に動いてしまう
  • 特徴⑤:気遣ったり、気配りをしたりすることが苦手
  • 特徴⑥:人前で緊張しやすい
  • 特徴⑦:声が通らない/通りづらい
  • 特徴⑧:接客業にやりがいを感じられない
  • 特徴⑨:マルチタスクが苦手
  • 特徴⑩:臨機応変に対応することが苦手
  • 特徴⑪:メンタルが弱い

 

特徴①:初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手

接客業に向いてない人の特徴1個目は、初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手なことです。

極度に人見知りで初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手な人には、接客業は難しいかもしれません。

基本的に、接客業で対応する顧客は初対面の場合がほとんどです。

初対面の人とスムーズに適切な会話をすることが求められますが、接客業をする場合その会話はあなたが引っ張っていかなくてはなりません。

初対面の人と会話をすることがどうしても苦手な場合、接客業は難しいかもしれません。

就活生ちゃん

私、まさしくそうです・・・

初対面の人とコミュニケーションをとるときに、何を話したらいいか分からなくなってしまいます・・・

その場合は、マニュアル通りに業務をこなす接客業を探してみるのも手かもしれませんね。

また、コミュニケーション自体は苦手ではないけど、初対面の人とのコミュニケーションは緊張する、という方は場数を踏むと慣れてくることもあるので接客業をあきらめる必要はありませんよ~!

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:体力に自信がない

接客業に向いてない人の特徴2個目は、体力に自信がないことです。

事務作業などと違って、接客業は基本的に立ちっぱなしでの勤務になります。

特に飲食店などで勤務すると、常に歩きっぱなしという場合も多いです。

そのため、体力がない人はかなり厳しいかもしれません。

1日中飲食店で働いたあとは、足が棒になるんですよね~。

短時間の勤務でも、まるでプールで泳いだのかってくらい疲れていることもあって、かなり体力を消耗します。

慣れてきたら疲れにくくはなってきますが、それまでは少しきついかもしれません。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:マイペースすぎる

接客業に向いてない人の特徴3個目は、マイペースすぎることです。

顧客に合わせて対応する必要がある接客業では、マイペースすぎたり短気だったりすると苦労することもあるでしょう。

顧客がどんなに時間をかけて商品を選ぼうが、態度が悪かろうが、忍耐強く接することが求められます。

時にはクレームの対応をしなければならないこともあります。

いろいろな人がいますので、どんな人にも相手に合わせて接することができる必要があるといえます。

就活生くん

相手に合わせて接客をし続けるってすごく難しいですよね・・・

世の中、いろいろな人がいますし。

 

特徴④:自己中心的に動いてしまう

接客業に向いてない人の特徴4個目は、自己中心的に動いてしまうことです。

接客業はチームワークでもあります。

自分が接客をしている間も他の従業員がしていることを把握して、他の従業員をサポートすることが求められます。

また、他の従業員と連携して作業をしないと職場が回らないことも多いです。

チームワークが求められる中で、協調性のない行動をしてしまうと連携がうまくいかず、全体の業績に関わることになります。

ただ、個人で営業をかける場合など自分で考えて行動できる接客業もあります。

チームワークが苦手で自分ひとりで接客をこなしたい場合は、それに叶う職業を選ぶのも手ですよ!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:気遣ったり、気配りをしたりすることが苦手

接客業に向いてない人の特徴5個目は、気遣ったり、気配りをしたりすることが苦手なことです。

顧客とコミュニケーションを取るだけでなく、そこから顧客のニーズも読み取ることが求められる接客業。

相手が言っていることだけを聞いて接客するだけでなく、その時の状況からさらに一歩進んだ配慮をすることも求められます。

目の前のことだけでなく、顧客のその時の状況や商品を購入した後の状況も考えて自分から行動できるとよいです。

例えば、お会計をして商品を梱包してもらう時に他店で買った商品もまとめて袋にいれてくれたり、雨が降っていたら紙袋に雨避けのカバーをつけてくれたりと、商品を買うこと以外にも配慮をしてもらうことってありますよね。

そういった、想像力を働かせた配慮ができることも接客業では求められます。

逆に、今は苦手でも接客業を通して学ぶこともあるので、挑戦する価値は大いにありますよ!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:人前で緊張しやすい

接客業に向いてない人の特徴6個目は、人前で緊張しやすいことです。

接客業は、顧客の立場に立ってニーズを読み取り、顧客にとっての最善を提供する仕事です。

顧客の立場に立つどころか、接客をするだけで自分の頭が真っ白になってしまうような人は接客業はかなり難しいかもしれません。

ですが逆に、接客業を通して緊張しいな一面を克服することもできるかもしれません!

接客業に挑戦することで緊張しやすい部分を克服するチャンスにもなりうることは、忘れないでくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:声が通らない/通りづらい

接客業に向いてない人の特徴7個目は、声が通らない/通りづらいことです。

大きな声が出しにくかったり、控えめな性格だと接客業は難しいかもしれません。

接客業では、コミュニケーションが必須です。

顧客とのコミュニケーションはもちろんのこと、他の従業員ともコミュニケーションを取らなくてはなりません。

声が通らないと、そもそも接客業に欠かせないコミュニケーションから苦戦することになってしまいます。

そのため、声が通らない/通りづらい人には接客業は向いていないかもしれないです。

就活生ちゃん

私、大きな声出すの苦手です・・・!

ガヤガヤしたところだと相手に私の言っていることが伝わらなくてよく苦労するんです。

 

特徴⑧:接客業にやりがいを感じられない

接客業に向いてない人の特徴8個目は、接客業にやりがいを感じられないことです。

以上でご紹介した特徴7つはあまり当てはまらないけれど、接客業は得意ではないという方もいるかもしれません。

その場合は、接客業にやりがいを感じられていないことが原因とも考えられます。

どんな仕事も、やりがいがあるからこそ続けられます。

そのやりがいが無い状態で仕事を続けるのはどんな職業でも厳しいといえます。

接客業に向いていないというよりは、接客業にやりがいが見出せておらず楽しめていないのかもしれないですよ。

就活生くん

確かに、接客業をしていて僕は楽しめていないなと感じていました。

僕にとって、接客業のやりがいってなんだろう・・・?

 

特徴⑨:マルチタスクが苦手

接客業に向いてない人の特徴9個目は、マルチタスクが苦手なことです。

接客業では、他の従業員と連携しながら自分が対応している顧客とコミュニケーションを取る必要があります。

また職場によっては同時並行で複数の顧客の対応を求められることもあります。

マルチタスクができないと、職種によっては接客業がかなり厳しくなってくる可能性があります。

例えば飲食店で働いていたら、お客さんの注文を取ってオーダーを通す間に別のお客さんから注文されることもありますよね。

ひとつの作業をする間に、どんどん新しくやらなければならない作業が追加されていきます。

同時に降ってくるタスクに順次対応できないと、接客業は厳しいかもしれません。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑩:臨機応変に対応することが苦手

接客業に向いてない人の特徴10個目は、臨機応変に対応することが苦手なことです。

接客業にはほとんどの場合、「接客マニュアル」があります。

接客マニュアルがあっての接客では、基本マニュアルに従っていけば業務はこなすことができます。

ただ、顧客の要望によってはマニュアルに書いていないことをする必要が出てくることもあります。

そういった、状況に応じてイレギュラーな対応を求められることが苦手な人には、接客業は難しいかもしれません。

また、マニュアルに従うだけでなく、顧客の立場に立ってその人にベストな対応をするためマニュアル外の行動をすることもあり得ます。

顧客の心情に寄り添い、想像力を働かせて対応することが求められるといえますね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑪:メンタルが弱い

接客業に向いてない人の特徴11個目は、メンタルが弱いことです。

接客業における顧客には様々な人がいます。

時には顧客に厳しい対応をされたり、理不尽なクレームを言われることもあります。

自分自身には関係ないことが原因で顧客の態度があまり快くないこともあります。

どんなことがあってもある程度流せる力がないと、接客業をしていくなかでしんどくなる瞬間がやってきます。

そのため、メンタルが弱い人には接客業はあまりおすすめできません。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【新卒/転職】「接客業に向いてない」と感じたときの対処法5選

就活生ちゃん

「苦手なのかな」という疑念が確信に変わりました。

私、接客業向いてなさそうです・・・

接客業に興味を持って就職活動をしてきたのですが、どうしたらいいのでしょうか・・・

接客業が苦手だと分かったことも、自分のことをより理解できたという意味で進歩ですよ!

大丈夫です。接客業に向いていないと感じたときの対処法を5つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法5選
  • 対処法①:なぜ接客に向いてないと感じるのかを明らかにする
  • 対処法②:適職診断を受ける
  • 対処法③:接客ができる他の仕事/アルバイトに挑戦する
  • 対処法④:接客以外の仕事を調べ、応募してみる
  • 対処法⑤:就活/転職エージェントを利用する

 

対処法①:なぜ接客に向いてないと感じるのかを明らかにする

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法1つ目は、なぜ接客に向いてないと感じるのかを明らかにすることです。

本記事で接客に向いていない人の特徴を11個ご紹介したように、接客業に向いていない原因はひとつとは限りません。

人とコミュニケーションを取ることが苦手なのかもしれないし、マルチタスクが苦手なのかもしれないですよね。

接客業に向いてないかもと感じたとき、まずはなにが原因で苦手を感じているのか考えてみましょう。

自分が接客業が苦手だと感じる原因によって、対処法も変わってきますよね。

就活アドバイザー 京香

 

対処法②:適職診断を受ける

診断ツール2~3個紹介してください!

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法2つ目は、適職診断を受けることです。

診断を受けるだけでAIが自動であなたに適した職業を教えてくれるツールのことです。

以下に無料で利用できる適職診断をご紹介していますので、利用してみてください。

会員登録しなくても利用できるものもあるので、自己分析の一貫としても使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

対処法③:接客ができる他の仕事/アルバイトに挑戦する

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法3つ目は、接客ができる他の仕事/アルバイトに挑戦することです。

接客業といっても様々なスタイルの接客業があります。

飲食店、塾、サロンといった対面で接客する環境もあれば、コールセンターなど音声のみで接客をする環境もあります。

また、対面での接客も回転率によって忙しさや接客スタイルも変わってきます。

ひとりひとりじっくり接客する場合もあれば、短時間で複数人の人の対応をする場合もありますよね。

接客業をしていて合わない部分があれば、その部分で自分に合った接客業をする仕事を選ぶことで接客業を楽しめるかもしれません。

ひとつの職場だけで接客業全部が合わないと思わないでください。

探してみたらあなたに合うスタイルの接客を取り入れている場所を見つけられるはずです!

就活アドバイザー 京香

 

対処法④:接客以外の仕事を調べ、応募してみる

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法4つ目は、接客以外の仕事を調べ、応募してみることです。

人と接すること自体が苦手だと感じたら、接客をしないでよい仕事に挑戦してみるのもひとつの手です。

例えば在宅ワークで済むような仕事なら接客が必要ない場合もありますし、新聞配達など人とほとんど関わらずできる仕事もあります。

接客にこだわらず、それ以外の分野で自分の楽しめる仕事を探すことも考えてみてはいかがでしょうか。

 

対処法⑤:就活/転職エージェントを利用する

「接客業に向いてない」と感じたときの対処法5つ目は、就活/転職エージェントを利用することです。

就活/転職エージェントとは、プロのエージェントがあなたに合った仕事を紹介してくれるサービスのことです。

面談を通してあなたの適性を見たうえで、あなたにぴったりの職業を探してくれます。

また、探すだけでなく志望する企業の選考対策もサポートしてくれます。

プロがあなたにぴったりの仕事を探してくれて、その職に就くサポートをしてくれるサービスがあるんです。

自分にベストな職を探すためにも、ぜひ活用したいですね!

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【特徴があてはまった人必見】違う仕事に就くならどんな仕事がおすすめ?

就活生くん

接客業が向いていない人の特徴にほとんど当てはまりました・・・

転職を本格的に考えようかなあと思います・・・

接客業が苦手な僕には、どんな仕事が合いますか?

接客業が向いていないかもと感じたあなたに、他にどんな職業が合うかご紹介していきますよ!

就活アドバイザー 京香

違う仕事に就くならどんな仕事がおすすめ?
  • ①:1人で黙々と働ける仕事
  • ②:在宅ワークで完結する仕事
  • ③:職場の人とのみ関わる仕事

 

①:1人で黙々と働ける仕事

接客業が苦手だと感じるあなたにおすすめしたい仕事1つ目は、1人で黙々と働ける仕事です。

1人で黙々とする仕事なら、人と関わる必要もほとんどないため接客業が苦手でも挑戦できますね。

以下に、具体的な職業を挙げていますので参考にしてください。

  • 清掃員
  • 工場員
  • 投資家
  • 翻訳家
  • ハンドメイド作家
  • 伝統工芸職人     など

好きなことには没頭するタイプの人にはぴったりですね!

就活アドバイザー 京香

 

②:在宅ワークで完結する仕事

接客業が苦手だと感じるあなたにおすすめしたい仕事2つ目は、在宅ワークで完結する仕事です。

在宅ワークで完結する仕事は人と関わる必要性がないものや、あらかじめ顧客が分かったうえでする仕事もあるためランダムにやってくる初対面の人とコミュニケーションを取るのが苦手な人などは挑戦してみる価値があるといえますよ。

以下に、具体的な職業を挙げていますので参考にしてください。

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • プログラマー
  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • YouTuber     など

在宅ワークで完結するお仕事だと、フリーランスの職業が多いですね!

また、最近では一般企業でもリモートワークがメインのところもあり選択肢は広いのではないでしょうか?

また、「自分にフリーランスは向いているのか分からない…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

③:職場の人とのみ関わる仕事

接客業が苦手だと感じるあなたにおすすめしたい仕事3つ目は、職場の人とのみ関わる仕事です。

職場の人とのみ関わる仕事なら、知らない人とコミュニケーションを取らないといけない場面もないため接客業が苦手だと感じている人にも挑戦しやすいといえます。

以下に、具体的な職業を挙げていますので参考にしてください。

  • 事務員
  • 警備員
  • 研究職
  • 技術職
  • 新聞配達員     など

特定の顧客としか関わらない営業職など、普段新しい人に会わない職業も合うかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

「接客業に向いてない」に関するよくある質問

就活生ちゃん

接客業に向いてない人の特徴と、向いてないと感じた人におすすめの仕事について、よく理解できました!

最後に何か、接客業に向いてない人について知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、「接客業に向いてない」に関するよくある質問をご紹介します。

就活アドバイザー 京香

  • 質問①:接客業に向いてる人の性格や特徴は?
  • 質問②:HSPの人は接客業に向いてないってホント?

 

質問①:接客業に向いてる人の性格や特徴は?

「接客業に向いてない」に関するよくある質問1つ目は、「接客業に向いてる人の性格や特徴は?」です。

基本的には本記事で既に取り上げた、「接客業に向いていない人の特徴」に当てはまらない人は向いているといえますよ!

具体的には、接客業は以下のような性格/特徴を持っている人に向いているといえるでしょう。

接客業に向いている人の性格や特徴
  • 人と話をするのが好き
  • 細かいことは気にしない
  • 周りをよく見ている
  • ストレスに強い

以上の特徴すべてに当てはまっている必要はありませんよ!

ただ、人と話すことが好きだったり気配りができたりすると接客業をより楽しめると思います。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:HSPの人は接客業に向いてないってホント?

「接客業に向いてない」に関するよくある質問2つ目は、「HSPの人は接客業に向いてないってホント?」です。

HSPとは「Highly Sensitive Person」の略で、非常に繊細な気質を持つ人のことをいいます。

大きな音などの外的要因による刺激に人より敏感に反応したり、人にとても気を遣いがちで人と関わることにエネルギーを多く消費したりと、他の人よりも心が疲れやすい傾向があります。

具体的な特徴を以下で挙げていますので、自分が当てはまるか見てみてください。

HSPの特徴
  • 小さなことにも深く考えがち
  • 大きな音、光に敏感
  • どんなに友達と楽しい時間を過ごしていても、ひとりの時間や静かな時間が必要だと感じる
  • 事故に関するニュースや映画の暴力シーンなどが苦手
  • 環境や人の細かなところまで気づきやすい

ひとつ誤解しないでほしいのは、HSPは病気ではないということです!

HSPは生まれつき繊細であるという気質に過ぎません。

就活アドバイザー 京香

常に人と接する必要のある接客業は、HSPの人には向いていないんじゃないかと思う人もいるかもしれません。

結論からいうと、HSPの人は接客業に向いていない可能性が高いです。

以下で詳しく理由を説明していきます。

理由①:新しい人と接する頻度が多いから

HSPの人が接客業に向いていない理由1つ目は、新しい人と接する頻度が多いからです。

不特定多数の人がお店にやってきますが、HSPの人が店員をしていたら、そのひとりひとりに気を遣っては小さなことで気にしてしまう傾でしょう。

長時間ひとりひとりに気を遣っていては、精神的に疲れてしまいます。

理由②:マルチタスクを求められるから

HSPの人が接客業に向いていない理由2つ目は、マルチタスクを求められるからです。

また、マルチタスクを臨機応変にこなしていかないといけない場合に、HSPの人は苦労するかもしれません。

即座に対応しなければならないような緊張感のある環境では、十分に力を発揮できないからです。

理由③:人に見られる仕事だから

HSPの人が接客業に向いていない理由3つ目は、人に見られる仕事だからです。

HSPの人は、人に見られているような場面でプレッシャーがかかってしまい、うまく力が発揮できません。

以上の理由から、HSPの人は接客業に向いていないかもしれないといえます。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:自分に合った接客業を探してみよう!

接客業のことがよく分かりましたか?

この記事では、接客業の向き/不向きについてご紹介しました。

また、接客業に向いてない人の特徴や、「接客業に向いてない」と感じたときの対処法についても解説しました。

接客業の向き/不向きに関するみなさんの疑問が少しでも解消できたなら、嬉しい限りです!

接客業とひとくくりに言っても、様々なスタイルの接客業があります。

完全予約制の高級レストランでのウェイターと、駅チカの大衆居酒屋の店員では接客のスタイルも仕事の仕方も全く違いますよね。

また、飲食店か雑貨屋かなど、販売しているものによっても変わってきます。

接客業すべてがダメなのだと考えるのではなく、接客業をするにあたり苦手な部分があると知ったうえで自分に合った接客業をしている企業を探すのも手です。

接客業に興味のある就活生の皆さんが、自分にとってベストな職業に就くことができるよう応援しています!

就活アドバイザー 京香