【平均は?】内定数は何社を目指せばいいの?今すぐやるべきこと,3社以上獲得するコツも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 内定は2,3社持っていたほうが良い
  • 内定数の平均は2.54社
  • 企業には最低20社エントリーするべき
  • 内定を3社以上獲得するためのやるべきこと
  • 就活を効率よくする方法
  • 内定数が少ない場合のデメリット

みなさんこんにちは、就活アドバイザーの京香です。!

この記事では内定は何社あればいいのかについてご紹介します。

就活生の皆さんには、「今の内定数で安心していいのか」「内定数が少なくて不安」など様々な不安があるのではないでしょうか。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

内定が1社しかもらえていなくて不安です。

私の友人はたくさんの内定をもらっていて…

内定が1社だけでは確かに不安を感じてしまいますよね。

ですが安心してください、この記事では内定数を増やす方法も紹介しています。

就活アドバイザー 京香

こんな人におすすめ
  • 内定数が少なくて不安
  • 内定数を増やす方法を知りたい
  • 内定が多いことのメリット・デメリットを知りたい

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

内定は何社持っていたほうがいいの?

就活生ちゃん

私は自分の内定数に不安を感じています…

周りの就活生が内定をもらった、という話を聞くたびに不安が増していきます。

内定数などで周りと比べてしまう気持ちはよくわかります。

ですから、はっきりとしたデータでいくつ内定があればいいのか見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

結論:内定は3社持っていると安心

結論として、内定は3社持っていると安心できるといえるでしょう。

なぜなら就職白書2023によると、就活生の平均内定数は2.54社であるからです。

内定数が多いと、心に余裕を持つことができて、企業の面接の際に自信を持って取り組むことができます。

加えて、企業を選ぶ選択肢を最後まで持つことができるので、将来に幅広い選択肢を持つことができます。

 

就活生の平均内定数は約2.5社

リクルート就職みらい研究所の『就職白書2023』によると、23卒の就活生の平均内定数は2.54です。

22卒の内定数は2.46、21卒で2.17となっています。

就活生は毎年2、3社からの内定をもらっています。

21卒の内定数が少ないのは新型コロナウイルスの影響です。

今では内定数が、新型コロナウイルスの前と同程度に回復しつつあります。

 

就活生の内定数に関する口コミ(旧Twitter/X)

就活生ちゃん

企業にエントリーしているのですが、なかなか内定を得ることができません…

内定の少ない自分になんだか自信を失ってしまっています。

内定が少ないと自信を失ってしまう気持ちよくわかります。

ですが、内定の数だけでその人の価値が決まるわけではないので安心してください。

旧Twitter/Xの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

たくさん内定をもらったとしても、実際に働く企業は1社だけです。

内定数が少ないからその人の価値が低いなんてことはありません、ただめぐり合わせがなかっただけです。

しかし、事実として内定数が多いとメリットも多くあります。

ですから、内定数を増やすための方法を紹介していきたいと思います!

就活アドバイザー 京香

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【まずはこれ】内定数を増やすためにやるべきこと5選

就活生ちゃん

私は就活をしているのですが、内定数がそれほど多くありません。

内定数を増やすために何をすればいいのか教えてほしいです。

内定数が多くないと不安を感じてしまいますよね。

そこで、内定数を増やすためにやるべきこと5選を紹介していきたいと思います。

就活アドバイザー 京香

内定数を増やすためにやるべきこと5選
  • やるべきこと①:自己分析を徹底し、自分の強みを言語化しておく
  • やるべきこと②:企業/業界研究を徹底する
  • やるべきこと③:自己PRやガクチカを作っておく
  • やるべきこと④:就活サイト/エージェントに登録する
  • やるべきこと⑤:逆求人サービスに登録する

 

やるべきこと①:自己分析を徹底し、自分の強みを言語化しておく

内定数を増やすためにやるべきこと1つ目は、「自己分析を徹底し、自分の強みを言語化しておく」です。

自己分析を徹底することで、面接力が身につきます

面接では、あなたはどんな人であるか、なぜこの会社を志望したのかを必ず問われます。

自己分析を徹底していると、自分の強みを言語化できるのでこのような質問に対応することができます。

選考において面接はとても重要なポイントとなっています。

自己分析の記事をまとめたので、ぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

 

やるべきこと②:企業/業界研究を徹底する

内定数を増やすためにやるべきこと2つ目は、「企業/業界研究を徹底する」です。

企業/業界研究をするメリット
  • メリット①:ESや面接で強くなれる
  • メリット②:自分の適性とマッチするかがわかる
  • メリット③:新たな分野に興味を持てる

①ESや面接で強くなれる

就活の面接官は採用のプロです、鋭い質問をしてくることも多々あるでしょう。

企業/業界研究をしていない就活生は、面接の際に表面的な事しか答えることができないでしょう。

ですが、企業/業界研究を徹底している就活生は軸を持っているので、ESや面接で深い受け答えができます。

 

②自分の適性とマッチするかがわかる

企業/業界研究を徹底すると、自分にある企業や合わない企業が分かってきます。

就活は人生の中でも大きなイベントですので、自分に合った企業を選びたいです。

 

③新たな分野に興味を持てる

企業/業界研究を徹底していると、新たな分野に興味を持つことができます。

幅広い視野を持つことによって選択肢が広がります。

企業/業界研究すると自分の適性とマッチするかがわかる就活の軸がしっかりするESや面接で強くなれるのですね!

企業/業界研究を徹底して内定を取れるように頑張っていきましょう!

企業/業界研究についての記事をまとめたので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

 

やるべきこと③:自己PRやガクチカを作っておく

内定数を増やすためにやるべきこと3つ目は、「自己PRやガクチカを作っておく」です。

企業の選考を受けるうえで、自己PRやガクチカは合否に占める割合が多いでしょう。

つまり逆に言えば、自己PRやガクチカを徹底すれば内定を勝ち取れるということです。

また、自己PRやガクチカを企業が重視している理由を知ることは重要ですので説明します。

結論として、次の3点があげられます。

自己PRやガクチカが必要な理由
  • 価値観や人間性を知ってもらうため
  • ポテンシャルを知ってもらうため
  • 物事へのアプローチの姿勢を示すため

企業は一緒に働きたいと思う学生を採用したいので、上記3点を意識して自己PRやガクチカを書くといいでしょう。

自己PRやガクチカを考えるのは大変なことですよね。

自己PRやガクチカについての記事をまとめたので、ぜひ目を通してみてください。

就活アドバイザー 京香

 

やるべきこと④:就活サイト/エージェントに登録する

内定数を増やすためにやるべきこと4つ目は、「就活サイト/エージェントに登録する」です。

就活エージェントを利用するメリットは次の3つです

就活アドバイザー 京香

就活サイト/エージェントに登録するメリット
  • メリット①:内定獲得までの時間が短い
  • メリット②:ESや履歴書の添削をしてくれる
  • メリット③:模擬面接で選考通過率が上がる

①:内定獲得までの時間が短い

「内定が早くもらえること」が就活エージェントを利用する1番のメリットです。

就活エージェントでは、独自の選考ルートを設けているからです。

そのため、一般的な選考よりも早い時期に内定をもらうことができます。

 

②:ESや履歴書の添削をしてくれる

就職活動の選考では、エントリーする時にESや履歴書の提出は必須です。

就職活動は受験などとは違い、選考に落ちた時にフィードバック等は一切ありません。

就活エージェントに選考で提出するESや履歴書を見せることで、フィードバックを受けることができます。

 

③:模擬面接で選考通過率が上がる

就活エージェントでは「模擬面接・面談が何度でも受けられる」のも大きなメリットです。

模擬面接を通して、面接においての自分の強みや弱みを客観的に評価することができます。

自分が志望する企業に向けた面接対策を行うこともできます。

 

やるべきこと⑤:逆求人サービスに登録する

内定数を増やすためにやるべきこと5つ目は、「逆求人サービスに登録する」です。

逆求人とは、企業側が求人を出すのではなく、逆求人サービスで就活生や転職者に対して企業側が直接採用を行うことを指す言葉です。

就活アドバイザー 京香

逆求人サービスを利用すること、自己分析や自己成長の機会が生まれます。

逆求人サービスで企業からアプローチもらうためには、プロフィールの充実が必須です。

企業側がアプローチする時の判断材料が、プロフィールしかないからです。

ですから、就活生がプロフィールを充実させる過程で、自ずと自己分析を行うきっかけができます。

また、逆求人サービスではインターンシップや就活イベントのオファーが届くことがあります。

自分を成長させるような体験ができるので、自己成長したい学生は逆求人サービスに登録してみてください。

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

内定を3社以上獲得するためのポイント5選

就活生ちゃん

内定数を増やしたいです!

内定数を増やすうえでのポイントがあれば教えてください。

内定の数は多いに越したことはありませんし、良い心がけですね。

そこで、内定を3社以上獲得するためのポイント5選をご説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

内定を3社以上獲得するためのポイント5選
  • ポイント①:優遇がもらえるインターンシップに参加する
  • ポイント②:模擬面接や面接練習を繰り返す
  • ポイント③:早期選考に応募する
  • ポイント④:中小/ベンチャー企業の選考を受ける
  • ポイント⑤:最低20社エントリーをする

 

ポイント①:優遇がもらえるインターンシップに参加する

内定を3社以上獲得するためのポイント1つ目は、「優遇がもらえるインターンシップに参加する」です。

就活生はインターンシップを通して、選考において優遇を受けることが多くあります。

選考においてどのような優遇があるのかを2点に絞って説明します。

 

①早期選考に案内される

優秀な学生であれば、インターンシップを通して内定をもらったなんて話はよく聞くことかもしれません。

しかし、早期選考に案内されるのは本当に優秀な学生だけですので、早期選考だけをあてにするのはおすすめしません。

早期選考に案内されなかったからといって、落ち込む必要は全くありませよ!

就活アドバイザー 京香

 

②就活イベントに招待される

インターンの選考を通過するには、企業に認められるだけの能力がないといけません。

インターンの選考を通過できたということは、優秀な学生である一つの証明となります。

ですから、企業側としても人材の囲い込みの手段として、就活イベントへの招待をしています。

インターン生全員にイベントへの招待が必ず来るわけではなく、なかにはインターンで良い評価を与えた就活生だけを招待することがあります。

自分をアピールして優遇を受けれるようにしましょう。

もしもインターンの選考に落ちてしまっても、ESや面接の実戦練習となるので落ち込まないでください!

その経験が本選考で必ず生きてきますから。

就活アドバイザー 京香

 

ポイント②:模擬面接や面接練習を繰り返す

内定を3社以上獲得するためのポイント2つ目は、「模擬面接や面接練習を繰り返す」です。

模擬面接や面接練習をするメリット
  • メリット①:面接に慣れる
  • メリット②:伝えたいことがブラッシュアップできる
  • メリット③:話し方の癖に気づく

 

①面接に慣れる

模擬面接や面接練習をすると面接に慣れることができます。

面接をする機会は日常生活であまりないので慣れていない学生は多いです。

ですが、面接練習をして場数を踏むことで面接に慣れることができます。

 

②:伝えたいことがブラッシュアップできる

模擬面接や面接練習をすると、伝えたいことがブラッシュできます。

伝えたいことをブラッシュアップするうえで、自分を客観視することはとても重要なことです。

ですが、自分を完璧に客観視することができていない人は多いです。

しかし、面接練習をすれば自分の考えを他人にアウトプットしてフィードバックをもらうい、自分を客観的に見ることができます。

その結果、自分の伝えたいことをブラッシュすることができます。

 

③:話し方の癖に気づく

話す内容は素晴らしいのに、話し方で高評価を受けることができない人は多く存在します。

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアン博士の「メラビアンの法則」によると、話し手の聞き手に与える印象は、「しぐさ・表情」が約55%、「声の質、大きさ、テンポ」が38%、「言葉の内容」が7%とされています。

すなわち、話し方で人の印象はおよそ90%決まります。

つまり、話し方ひとつで面接官に与える影響は段違いであるということが分かります。

面接練習では、話し方の癖などのフィードバックをもらうことができますので、ぜひ模擬面接や面接練習を行いましょう。

 

ポイント③:早期選考に応募する

内定を3社以上獲得するためのポイント3つ目は、「早期選考に応募する」です。

早期選考で内定を取ることは、精神的ゆとりにつながります。

早期選考への応募の種類
  • ①インターン経由
  • ②逆求人
  • ③リファレル採用

①インターン経由

インターン経由の早期選考はよく耳にするのではないでしょうか。

インターンで業務体験ができ、加えて早期選考に案内されるというメリットはかなり大きいです。

しかし、インターン経由の早期選考は非常に優秀な就活生にだけ案内されるので、あまり期待を持たない方が良いかもしれないです。

 

②逆求人

逆求人というのは、学生が逆求人サービスにプロフィールを記載して、企業側がプロフィールを見て学生に対してアプローチをすることを言います。

就活生はプロフィールを書いて、後は企業からのオファーを待つだけなので他のことに割く時間を作れる点で良いといえます。

しかし基本的に受け身の姿勢になるので、プロフィールをいかに充実させるかが重要になってきます。

 

③リファレル採用

リファレル採用とは、企業で働いている社員個人から推薦をしてもらう採用活動のことを指します。

学生の就活生は、大学の先輩やOBを頼りにすると推薦をもらうことができるかもしれませんね。

また、学外の活動で人脈を広げて推薦をもらうケースもあるそうです。

有名企業ですと、富士通やメルカリなどがリファレル採用を行っています。

 

ポイント④:中小/ベンチャー企業の選考を受ける

内定を3社以上獲得するためのポイント4つ目は、「中小/ベンチャー企業の選考を受ける」です。

なぜなら、中小/ベンチャー企業では内定を獲得しやすいからです。

中小/ベンチャー企業は大企業に比べて知名度などで劣ってします部分があるので、倍率はそれほど高くはなりません。

一方で大企業では知名度ゆえに採用の枠に対して多くの学生、優秀な学生がエントリーする傾向にあります。

ですから必然的に大企業で内定を得るのは難しいです。

なので積極的に中小/ベンチャー企業の選考を受けて内定数を増やしましょう。

大企業と比べて内定が取りやすいという話ですので、中小/ベンチャー企業を受けるときも選考対策はしておきましょう。

中小/ベンチャー企業についての記事をまとめたので、ぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

 

ポイント⑤:最低20社エントリーをする

内定を3社以上獲得するためのポイント5つ目は、「最低20社エントリーをする」です。

以下は、新卒の就活生のエントリー数と内定数のデータです。

エントリー数 内定数
2023年度 16.02 2.52
2022年度 17.33 2.46
2021年度 14.75 2.17

(参照:就職白書2023

就活生は平均で約16社ほど受けていることが分かります。

エントリーする企業が少ないと、確率的に受かる企業の数は少なくなります。

逆にエントリーする企業が多いと、企業ごとの対策が疎かになってしまいます。

ですから上記のデータを参考に、最低でも20社エントリーすることをおすすめします。

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

内定数が少ない場合のデメリット3選

就活生ちゃん

未だに内定数が少ないのですが、何かデメリットになるようなことってありますか?

内定が少ないと不安におそわれてしまいますよね。

では、内定が少ない場合のデメリット3選を説明します。

就活アドバイザー 京香

内定が少ない場合のデメリット3選
  • デメリット①:「内定がある」という安心感を得られない
  • デメリット②:他社を受ける際に不利になる可能性がある
  • デメリット③:他社と比較して選択することができない

 

デメリット①:「内定がある」という安心感を得られない

内定が少ない場合のデメリット1つ目は「「内定がある」という安心感を得られない」です。

内定が一つでもあると就職することはできるので、精神的に安定して選考をリラックスして受けることができます。

その反対に「内定がないまま第一志望を受ける」ということになると、不安から過度な緊張に繋がってしまう可能性も考えられます。

また、内定がない人にありがちな行為で自己分析が不足している面接対策ができていないなどがあげられます。

特に大企業だけしか受けていない人は内定が少ない傾向にあります。

 

デメリット②:他社を受ける際に不利になる可能性がある

内定が少ない場合のデメリット2つ目は「他社を受ける際に不利になる可能性がある」です。

内定が少ないことが原因で、メンタルが落ち込んでしまうなんていうのはよく聞く話です。

それだけだったらいいのですが、自信を無くして面接で自分の力を発揮できないなんてケースになってしまうこともあります。

メンタルを維持して本領発揮するためにも、内定の数は多いに越したことはありませんね。

 

デメリット③:他社と比較して選択することができない

内定が少ない場合のデメリット3つ目は、「他社と比較して選択することができない」です。

内定が少ないと自然と選択肢の幅は狭まってしまいます

例えば、内定が1社しかない学生と内定がたくさんある学生を比べてみましょう。

内定が1社しかない学生は、内定先の企業に不安要素などを感じたとしても、他の選択肢を取ることができません。

一方で内定がたくさんある学生は、内定先の企業に不安要素があったとしても、選択肢が多いので様々なアプローチをすることができます。

ですから、選択肢を広げるために少しでも多くの内定数を獲得しましょう。

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「内定何社」に関するよくある質問

就活生ちゃん

内定数によるメリットとデメリットがよく分かりました!

最後に、内定数に関して知っておいた方が良いことはありますか?

それでは最後に、「内定何社」に関するよくある質問について3つご紹介します!

就活アドバイザー 京香

「内定何社」に関するよくある質問
  • 質問①:内定数が多い場合のメリットって何があるの?
  • 質問②:内定をたくさんもらう人の特徴は?
  • 質問③:就活は平均で何社落ちるの?

 

質問①:内定数が多い場合のメリットって何があるの?

内定何社に関するよくある質問1つ目は、「内定数が多い場合のメリットって何があるの?」です。

内定数が多いメリット
  • 安心感を得られる
  • 選択肢が広がる
  • 面接で高評価を受ける

内定数が多いと安心感が増し、選択肢が広がります。

精神的な余裕が生まれたり、就職先を複数の選択肢の中から自由に決めることができるからです。

また、面接で「内定数を聞かれる」ことがよくあります。

内定数が多いと、他の企業からの評価を受けた優秀な学生と思われて、選考で有利になることがあります。

 

質問②:内定をたくさんもらう人の特徴は?

内定何社に関するよくある質問2つ目は、「内定をたくさんもらう人の特徴は?」です。

内定をたくさんもらう人の共通点は、コミュニケーション能力が高い学生、大企業以外も受ける学生です。

企業側の立場になったとして、どのような学生を採用したいと思うか考えてみましょう。

スキルがある学生、学生時代に貴重な体験をした学生など様々な学生がいます。

ですが、企業が一番求めているのは一緒に働きたいと思う学生なのです。

その証拠に就職白書2023によると、企業の93%が学生の人柄を重視しています。

どのような仕事でも必ず人との関わりが重要になるからです。

コミュニケーション能力が高い人なら、取引先との交流や職場での交友関係を円滑に進めることができます。

コミュニケーション能力は社会人として働くうえで最も重要な能力であるといえます。

また、大企業以外を受ける学生も内定をたくさんもらいやすいです。

理由は、中小企業は大企業よりも採用倍率が高くないからです。

 

質問③:就活は平均で何社落ちるの?

内定何社に関するよくある質問3つ目は、「就活は平均で何社落ちるの?」です。

以下に年度別のエントリー数、内定数、落ちた企業数をまとめました。

落ちた企業数=エントリー数ー内定数で計算をしました。

エントリー数 内定数 落ちた企業数
2023年度 16.02 2.52 13.5
2022年度 17.33 2.46 14.87
2021年度 14.75 2.17 12.58

(参照:就職白書2022就職白書2023

上の表から、就活生は平均して14社程度の企業の選考で落ちてることが分かります。

データから読み取ると、企業の選考で落ちるのは珍しいことではないことが分かります。

ですから、選考で落ちてしまっても落ち込む必要はありません。

※2021年度は新型コロナウイルスの影響でデータとしての信頼度が小さいです。

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:内定が何社必要かを考え、早めに行動しよう

本記事では内定が何社あればいいのかについて詳しく解説しました

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。