【ホワイト!】メーカー営業に向いている人の特徴9選 | 向いていない人,口コミも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさんこんにちは、就活アドバイザーの京香です。!

この記事ではメーカー営業に向いてる人についてご紹介します。

あわせて、メーカー営業に向いていない人の特徴就くメリットを解説します。

就活アドバイザー 京香

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

こんな人におすすめ
  • メーカー営業に向いているか知りたい
  • メーカー営業が何かを知りたい
  • メーカー営業をできるか不安

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

メーカー営業って何をする仕事?

就活生ちゃん

メーカー営業とは聞くけど、実際の業務内容はどのようなものなのでしょうか?

詳しく教えてください!

実際の業務内容を想像するのは意外と難しいですよね。・・・

では以下の項目でメーカー営業について、説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業って何をする仕事?

  • メーカー営業:主に自社製品のBtoB/ルート営業を行う
  • メーカー営業の平均年収は400~600万円程度
  • メーカー営業をしている人の実際の声(Twitter/X)

 

メーカー営業:主に自社製品のBtoB/ルート営業を行う

メーカー営業は、自社製品のBtoB営業/ルート営業を行う営業のことを意味しています。

まず初めに、BtoB営業とルート営業の用語の説明をさせていただきます。

◆BtoB営業

企業と企業との間で行われる営業のこと。

自社の製品を直接的に売り込むのが特徴で、新規開拓をする場合がほとんどです。

◆ルート営業

すでに会社が取引をしている既存顧客を中心に営業を行う営業のこと。

すでに取引をしている企業や個人に対して、別のサービスや製品を提案します。

新規開拓をすることがほとんどないので、常日頃から取引先と良好な関係を築くことが重要です。

 

メーカー営業の平均年収は400~600万円程度

メーカー営業の平均年収は、400~600万円程度といわれています。

メーカー営業の年収を業種別で、ランキング形式にまとめてみました。

順位 業種名 平均年収 20代
平均年収
30代
平均年収
1 医薬品 565万円 504万円 655万円
2 半導体
半導体製造機器
530万円 461万円 584万円
3 電子
電気機器
506万円 423万円 587万円
4 医療機器 487万円 447万円 545万円
5 自動車
自動車部品
輸送用機器
473万円 417万円 555万円
6 精密機器 472万円 435万円 525万円
7 化学
石油製品
繊維
470万円 418万円 552万円
8 機械
機械部品
454万円 399万円 534万円
9 鉄鋼・金属 451万円 400万円 518万円
10 食品 439万円 395万円 530万円
11 化粧品 424万円 371万円 544万円

マイナビAGENT

メーカー営業の年収トップは、医薬品という結果になりました。

ついで半導体・半導体製造機器、電子・電気機器の順になっています。

上位の業種に着目して考えると、高度な専門性が求められるものであることが分かります。

ランキングが下位へなっていくと、ランキング上位の業種に比べると、高度な専門性は必要ない職種になっています。

 

メーカー営業をしている人の実際の声(Twitter/X)

ではここからはメーカー営業として働く人の実際の声を見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

よろしくお願いします!

メーカー営業はしんどい側面もありますが、自社製品が世の中に送り込まれる達成感を感じれるようですね!

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

私は営業のやりがいが、取引を成功した達成感だけにあると思っていました。

でも、メーカー営業を通して社会を動かしている実感も得られるのですね!

営業をしていると、日本全国や世界に行くことも多いですから、たくさんの出会いがあるかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

メーカー営業に向いている人の特徴9選

就活生ちゃん

メーカー営業に向いている人の特徴ってどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かにメーカー営業に向いている人の特徴について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業に向いている人の特徴9選

  • 特徴①:相手の立場に立って説明ができる
  • 特徴②:ルーティン作業に抵抗がない
  • 特徴③:コミュニケーションに自信がある
  • 特徴④:自社製品を取り扱うことに興味がある
  • 特徴⑤:学習意欲が高い
  • 特徴⑥:BtoBの営業やビジネスに関心がある
  • 特徴⑦:真摯な対応を心がけられる
  • 特徴⑧:社内営業ができる
  • 特徴⑨:忍耐力・継続力がある

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:相手の立場に立って説明ができる

メーカー営業に向いている人の特徴1つ目は、「相手の立場に立って説明ができる」です。

メーカー営業では、自社製品について相手の理解度に応じて説明をしなければいけません。

メーカー営業の商材は、専門性が問われるものが多くあります。

それゆえに技術的な問題が絡むことも多いので、分かりやすく伝える力がより必要とされます。

専門性という言葉多く出てきていますが、就職する前から必ず専門性が必要というわけでないので安心してください。

メーカー営業を志望する方は日々の生活で、相手の立場に立つことを習慣化としてみるといいかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:ルーティン作業に抵抗がない

メーカー営業に向いている人の特徴2つ目は、「ルーティン作業に抵抗がない」です。

メーカー営業では、自社製品の説明を繰り返しすることになるので、説明がルーティン化してしまうことがあります。

ルート営業に関しては、「これからもお付き合いをお願いします。」といった具合になります。

ルーティン作業にはなりがちですが、営業の仕方を自分なりに工夫するといいかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:コミュニケーションに自信がある

メーカー営業に向いている人の特徴3つ目は、「コミュニケーションに自信がある」です。

コミュニケーション力に自信があることは、営業分野全般において重要なことです。

新規開拓をする営業は、失敗しても営業先が多く存在します。

しかし、メーカー営業のルート営業においてはそうではありません。

関係性をすでに持った顧客との取引ですから、一度失敗すると後がありません。

コミュニケーション力を生かして、長期的な関係を築ける人が向いているでしょう。

メーカー営業と同じく、コミュニケーション力があればメーカー営業に向いてるかもしれませんよ。

メーカー営業に興味がある方は、目を通してみてください。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:自社製品を取り扱うことに興味がある

メーカー営業に向いている人の特徴4つ目は、「自社製品を取り扱うことに興味がある」です。

メーカー営業は、自社の製品に興味を持てるかどうかが重要です。

自分の好きな製品を、より多くの人に知ってもらいたい、使ってもらいたいという気持ちで営業ができます。

加えて、自社製品に興味を持つことができれば、率先して自社製品の勉強をすることができます。

好きに勝る原動力はないといいますよね。

自分の好きな製品や好きな分野を扱えるかを、事前に調べておくと良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:学習意欲が高い

メーカー営業に向いている人の特徴5つ目は、「学習意欲が高い」です。

なぜならメーカー営業では、製品に関する深い知識が必要だからです。

競合他社との差別化を図るのは製品自体もそうですが、営業トークが重要です。

営業先の方が、その分野に精通していることはよくあります。

ですから、差別化を図る営業トークというのは、専門知識によって裏付けることができます。

付け焼き刃の知識ではなく、深い知識で営業先の方と対等に話すことが重要です。

就活生ちゃん

製品に関する深い知識がない私は、メーカー営業ができないのでしょうか・・・

安心してください、就職する前に必ずしも専門知識が必要なわけではありません。

仕事を通して覚えていけば大丈夫ですよ。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:BtoBの営業やビジネスに関心がある

メーカー営業に向いている人の特徴6つ目は、「BtoBの営業やビジネスに関心がある」です。

メーカー営業は、BtoBであることがほとんどです。

営業先は、商社などの大手企業であることが多いです。

一度の取引で動く額が多いことから、個人相手の取引では味わえないような達成感を得ることができるでしょう。

個人の活動で、数億円単位の額を動かすことはありませんよね。

日常生活では味わえない快感を得ることができそうですね!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:真摯な対応を心がけられる

メーカー営業に向いている人の特徴7つ目は、「真摯な対応を心がけられる」です。

真摯な対応ができる人は、メーカー営業に向いています。

BtoB営業やルート営業にしても、お客さんの懐に入り込むスキルは重要です。

真摯な対応をしている人のことを、人は信頼を寄せますからね。

同じような製品を、複数の会社から営業されていたら、信頼を寄せている営業マンの製品を買うなんて話はよくあることですからね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑧:社内営業ができる

メーカー営業に向いている人の特徴8つ目は、「社内営業ができる」です。

社内営業ができる人は、納期調整の観点から有利といえます。

営業をしていると、顧客から納期を早めてほしい、社内から納期を遅らせてほしいとの要望を受けることがあります。

社内営業がよくできている人は、納期調整があっても波風を立てることなく過ごすことができるでしょう。

営業というと、社外にばかり目が向いてしまいますよね。

ですが、社内で円滑な人間関係を築くことが意外と大事なことなんですよ。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑨:忍耐力・継続力がある

メーカー営業に向いている人の特徴9つ目は、「忍耐力・継続力がある」です。

メーカー営業では、新規開拓と既存顧客との継続的な付き合いが必要であるからです。

新規開拓の成功率はおよそ30%といわれています。

新規開拓と並行して、既存の顧客との関係性の維持に努めるのは至難の業です。

ですから、忍耐力・継続力がある人がメーカー営業に向いています。

新商品を売り込むと、要望やクレームへの対応も必要になってきます。

暗い話が多くなりましたが、大きな仕事ができる魅力的な仕事ですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

メーカー営業に向いていない人の特徴5選

就活生ちゃん

メーカー営業に自分が向いているのかどうかわからないです。

インサイドセールに向いていない人の特徴を聞かせていただきませんか?

分かりました。

それではインサイドセールに向いていない人の特徴を説明していきます。

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業に向いている人の特徴9選

  • 特徴①:数字を追うことに抵抗がある
  • 特徴②:飽きっぽく、続けることに苦手意識がある
  • 特徴③:完璧主義である
  • 特徴④:幅広い商材を扱うことに興味がある
  • 特徴⑤:課題解決策を考えることが苦手/嫌いである
  • 特徴⑥:高いインセンティブを求めている
  • 特徴⑦:将来的に他業界への転職を考えている

 

特徴①:数字を追うことに抵抗がある

メーカー営業に向いていない人の特徴1つ目は、「数字を追うことに抵抗がある」です。

営業職のほとんどの場合で、ノルマが課されています。

ノルマに到達しているかどうかで、あなたの評価は大きく変わります。

日々数字を追う生活に不安がある方は、メーカー営業に向いていないといえるでしょう。

メーカー営業はノルマがあって大変ですが、インセンティブ制度を導入している場合が多いです。

インセンティブ報酬を目標に、頑張れる人がいるそうです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:飽きっぽく、続けることに苦手意識がある

メーカー営業に向いていない人の特徴2つ目は、「飽きっぽく、続けることに苦手意識がある」です。

飽き性な人は、物事をを継続することが苦手なのが特徴です。

ルート営業やBtoB営業は、顧客との長期的な関係性を前提としていることが多いです。

ですかた、長期的に物事を続けられる人が向いているといえます。

飽き性な人は、継続して物事に取り組むのは苦手ですが、短期的な集中力に優れていることが多いです。

新規開拓営業で活躍を期待することができるかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:完璧主義である

メーカー営業に向いていない人の特徴3つ目は、「完璧主義である」です。

完璧主義な人は、気が済むまで物事に取り組む傾向があります。

営業の仕事は、お客様対応や社内対応でスピード感を要求される仕事です。

もちろんスピード感を意識しすぎて、仕事が雑になっては本末転倒です。

完璧主義も悪いことでありませんが、営業においてはスピード感を意識したいですね。

完璧主義が悪いといっても、エンジニア職や研究者ならむしろ重宝されますよ。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:幅広い商材を扱うことに興味がある

メーカー営業に向いていない人の特徴4つ目は、「幅広い商材を扱うことに興味がある」です。

メーカー営業では、取り扱う商材に偏りが出ることがあります。

例えば、工場機械メーカーに勤めて営業をすると、数種類の工場機械を商材として扱うことになります。

専門的な知識はつくかもしれませんが、幅広い商材を扱いたいという方は避けた方が良いでしょう。

メーカー営業では商材の種類が少ないですが、総合商社ですと幅広い商材を扱っていますよ。

総合商社に興味がある方は、以下の記事を参考にしてみてください!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:課題解決策を考えることが苦手/嫌いである

メーカー営業に向いていない人の特徴5つ目は、「課題解決策を考えることが苦手/嫌いである」です。

メーカー営業の目的は、お客さんの課題を発見して、課題を解決することにあります。

ですから、課題解決策を考えることが必要となります。

そのためには、お客さんの課題を引き出すヒアリング力が求められます

お客さんの課題を解決するといっても、どんな課題があるのかを聞けなければ意味はないですよね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:高いインセンティブを求めている

メーカー営業に向いていない人の特徴6つ目は、「高いインセンティブを求めている」です。

メーカー営業、とりわけルート営業では、インセンティブ制度が導入されていないケースが多いです。

ルート営業は、既存のお客様との関係維持を目的にしています。

インセンティブはあくまで、新規の顧客を獲得したときに支払われる物と認識しておいてください。

メーカー営業は、BtoB営業とルート営業に分けることができます。

BtoB営業は、新規開拓の仕事がメインですので、インセンティブを期待することができます。

就職する前に、企業の営業形態を調べることが重要です。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:将来的に他業界への転職を考えている

メーカー営業に向いていない人の特徴7つ目は、「将来的に他業界への転職を考えている」です。

メーカー営業は、自社製品の知識や業界について学び続けないとけません。

他業界へ転職しようにも、視野が狭い状態になってしまいます。

もちろん、専門知識を身に着けることは重要です。

しかし、体力と時間は有限ですから、何に取り組むのかは慎重に決めた方が良いです。

将来的に他業界を志望している方は、視野を広く持てる仕事に取り組んだ方が良いでしょう。

専門知識を身に着けたいという方は、メーカー営業を志望するとメリットしかありませんね。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時?

就活生ちゃん

メーカー営業の向き不向きがよくわかりました!

メーカー営業にポジティブなイメージがあるのですが、きついと感じることはあるのでしょうか。

そうですね、仕事をするときついと感じる場面は必ず出てきます。

それでは、メーカー営業がきついと感じるのはどんな時についてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業がきついと感じるのはどんな時?

  • その①:1人で多くの顧客を抱え、負担が大きいとき
  • その②:顧客との信頼関係の維持が大変なとき
  • その③:ヒット商品が無く、成績が伸びないとき
  • その④:市況が悪く、商材が売れないとき
  • その⑤:苦手な顧客を頻繁に訪問しなければいけないとき

 

その①:1人で多くの顧客を抱え、負担が大きいとき

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時、1つ目は「1人で多くの顧客を抱え、負担が大きいとき」です。

メーカー営業の仕事は、チームで取り組むのではなく、個人で取り組むことが一般的です。

発注や取引先との連絡を個人で担当するので、作業量が多くなります。

自分のミス一つで会社に大きな損害を与えることもありますから、そのプレッシャーに耐えなければなりません。

 

その②:顧客との信頼関係の維持が大変なとき

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時、1つ目は「顧客との信頼関係の維持が大変なとき」です。

新規開拓をするのとは違い、顧客との信頼関係を維持することならではの大変さがあります。

長年の付き合いが崩壊してしまうと、他社に売り上げを取られてしまうことになりかねません。

大変かもしれませんが、定期的にコンタクトをとることが重要です。

 

その③:ヒット商品が無く、成績が伸びないとき

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時、1つ目は「ヒット商品が無く、成績が伸びないとき」です。

メーカー営業でのあなたの成績は、製品がヒットしているかに依存することがあります。

どれだけ営業がうまかったとしても、商品自体に魅力がなければ商談は成立しません。

自分の実力以外で、営業成績が左右されるのはやはりきついですね。

 

その④:市況が悪く、商材が売れないとき

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時、1つ目は「市況が悪く、商材が売れないとき」です。

市況が悪いと商材が売れなくなるのは、メーカー営業をやるなかでもかなりきついことです。

あなたの実力に関係なく、市況が悪いと商材が売れなくなります。

自分の実力以外が、あなたの営業成績に影響を与えるのはかなりのストレスになります。

 

その⑤:苦手な顧客を頻繁に訪問しなければいけないとき

メーカー営業がきついと感じるのはどんな時、1つ目は「苦手な顧客を頻繁に訪問しなければいけないとき」です。

ルート営業では、顧客への定期的な訪問が必要となります。

たとえそれが、苦手な相手であってもです。

会社同士の信頼関係を、そこで崩すわけにはいきませんからね。

どうしても訪問したくない場合は、担当を変えるように上司に相談することができます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

メーカー営業に就くメリット

就活生ちゃん

ひえ~、メーカー営業も何だか大変そうですね。

次はメーカー営業について、ポジティブな面を聞かせてください!

そうですね、次はポジティブな話をしましょうか!

それでは、メーカー営業に就くメリットについてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業に就くメリット

  • メリット①:ノルマが厳しくない傾向にある
  • メリット②:収入が比較的安定している
  • メリット③:成果が分かりやすく、やりがいがある
  • メリット④:商材の知識が蓄積され、勤続しやすい
  • メリット⑤:退職金制度や福利厚生が安定している

 

メリット①:ノルマが厳しくない傾向にある

メーカー営業に就くメリット1つ目は「ノルマが厳しくない傾向にある」です。

一般的な営業職に比べると、メーカー営業はノルマがきつくありません。

なぜなら、ルート営業は既存の顧客を相手にするからです。

新規開拓をする営業は商談の成功率が下がりますが、ルート営業は長い期間で築いた信頼関係があることから、商談が失敗することが少ないです。

営業をしてみたいけど、ノルマに縛られたくないという人には向いているでしょう。

ノルマが厳しくないですから、リラックスして営業に集中できそうですね。

ここで、X/旧Twitterの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

メリット②:収入が比較的安定している

メーカー営業に就くメリット1つ目は「収入が比較的安定している」です。

メーカー営業は、企業にとってある程度安定した営業といえます。

なぜなら、既存の顧客を相手にするので、営業前から商談は成立しているようなものだからです。

その分インセンティブ報酬などは期待できませんが、一般的な営業に比べると給与が安定しています。

 

メリット③:成果が分かりやすく、やりがいがある

メーカー営業に就くメリット1つ目は「成果が分かりやすく、やりがいがある」です。

メーカー営業は、自分の成果が可視化しやすい仕事です。

社員の営業成績は、数値として把握することが可能だからです。

その他にも、顧客と直接会う機会があるので、商品やサービスについて直接話を聞くことができます。

成果があいまいなものでなく、数値として出るのはいいですね。

ここで、X/旧Twitterの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

メリット④:商材の知識が蓄積され、勤続しやすい

メーカー営業に就くメリット1つ目は「商材の知識が蓄積され、勤続しやすい」です。

メーカー営業をしていると、何度も製品の説明をするこ都になるので、商材の知識を自然と身に着けることができます。

社内や同業種で働くうえでの、深い知識を得ることができるので、勤続がしやすいです。

メーカー営業自体非常に安定した職業ですので、日本の平均離職率が14.2%であるのに対して、メーカー営業の離職率は9%前後と低くなっています。

 

メリット⑤:退職金制度や福利厚生が安定している

メーカー営業に就くメリット1つ目は「退職金制度や福利厚生が安定している」です。

メーカー営業は福利厚生が充実している傾向にあります。

それに加えて、給与が安定している、残業が少ないように非常に働きやすい仕事です。

安定性を求めている人に向いている仕事です。

会社を決めるときは、給与だけでなく福利厚生も重要なポイントです。

ここで、X/旧Twitterの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

メーカー営業に向いている人に関するよくある質問

就活生ちゃん

メーカー営業就職に関するよくある質問に関して、知っておいたほうが良いことがあれば教えて下さい。

そうですね。

それでは最後に、メーカー営業に向いている人に関するよくある質問を3つご紹介します!

就活アドバイザー 京香

◆メーカー営業に向いている人に関するよくある質問

  • 質問①:メーカー営業のキャリアプランは何がある?
  • 質問②:メーカー営業はやめとけってホント?
  • 質問③:メーカー営業に就職するための対策法/コツはある?

 

質問①:メーカー営業のキャリアプランは何がある?

メーカー営業に向いている人に関するよくある質問1つ目は、「メーカー営業のキャリアプランは何がある?」です。

メーカー営業のキャリアプランとして以下のものがあげられます。

◆メーカー営業のキャリアプラン一覧

  • キャリアプラン①:営業部長を目指す
  • キャリアプラン②:管理職を目指す
  • キャリアプラン③:他業種を目指す

①企画職を目指す

営業経験を長くしていると、業界や商品について、顧客の潜在的なニーズが分かるようになっていきます。

企画において、ニーズを把握することは重要ですからね。

企画職を志すなら、営業職時代のスキルを活かせますが、マーケティングなどの勉強が必要です。

②営業部長を目指す

営業部長を目指すのは、メーカー営業の中で最も一般的なキャリアプランです。

営業部長の仕事内容は、部下の育成と管理をすることにあります。

部長になる前は、自分の営業成績だけに注力するだけでいいですが、営業部長になると部署内の成績で評価されるようになります。

自分自身が営業で培ってきたノウハウを活かして、部下の管理をしていくことになります。

③管理職を目指す

営業部長や企画職などを通した、メーカー企業のキャリアプランの最終到達地点が管理職です。

管理職に求められるスキルは、リーダーシップやマネジメント力です。

自分が平社員であった時の実体験をもとに、部下が何を求めているかが分かります。

また、部下と上層部との橋渡し役としての立ち回りが求められます。

 

質問②:メーカー営業はやめとけってホント?

メーカー営業に向いている人に関するよくある質問1つ目は、「メーカー営業はやめとけってホント?」です。

結論を言うと、メーカーを営業をやめるとけは、人によります。

メーカー営業のメリットは、給与が安定している、残業が少ないことがあげられます。

なぜなら、既存の顧客に対して営業を行うので、商談の成功率が極めて高いからです。

反対にデメリットは、インセンティブ報酬が少ない、新規開拓があまりできないことです。

商談の成功率が高いことから、インセンティブはあまり期待できません。

安定を求める人にはメーカー営業をおすすめします。

刺激を求めている人には向いていない仕事です。

 

質問③:メーカー営業に就職するための対策法/コツはある?

メーカー営業に向いている人に関するよくある質問1つ目は、「メーカー営業に就職するための対策法/コツはある?」です。

◆メーカー営業に就職するための対策法/コツ

  • 興味のある商材を選ぶ
  • 営業に必要なスキルを身に付ける
  • 自分のスキルを評価してもらえる企業に応募する

興味ある商材を選ぶ事と営業に必要なスキルを身に着けることは、あなたの営業力に直結します。

自分が興味のあることに取り組むとき、人は最大限のパフォーマンスを発揮することができます。

商材について自分から調べることができるということを、就活でアピールすることができます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:メーカー営業に向いている人を参考に、自分の適職を探ろう

本記事では『メーカー営業に向いている人の特徴や口コミ』や、『メーカー営業で働くメリット』について解説していきました

就活を通して、様々な壁にぶつかって大変なこともあると思いますが、その壁を乗り越えてください。

「就活の教科書」はあなたのことを応援しています。

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。