【辛い?】インサイドセールスに向いてる人の特徴10選 | 向いてない人の特徴,おすすめ資格も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

みなさんこんにちは、就活アドバイザーの京香です。!

この記事ではインサイドセールスに向いてる人についてご紹介します。

就活生の皆さんには、「インサイドセールスに興味がある」「自分がインサイドセールスをできるの?」など考えている人がいるのではないでしょうか。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

インサイドセールスに興味があるのですが、私でもできるのでしょうか?

難しそうなイメージがあって、なかなか一歩を踏み出せません。

インサイドセールスに難しいそうなイメージがあるのはよくわかります。

この記事ではインサイドセールスに向いている人を紹介していますので、ぜひ最後まで目を通していください。。

就活アドバイザー 京香

こんな人におすすめ
  • インサイドセールスに向いているか知りたい
  • インサイドセールスが何かを知りたい
  • インサイドセールスで必要な資格を知りたい

などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

そもそもインサイドセールスってどんな仕事?

就活生ちゃん

そもそもインサイドセールスってなんなんですか?

詳しく教えてください!

確かにインサイドセールスってなんなのか、わからないことも多いですよね・・・

では以下の項目でインサイドセールスについて、説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

インサイドセールスとは
  • インサイドセールス:見込み顧客に対して行う営業のこと
  • インサイドセールスを導入する企業は4割程度
  • インサイドセールスとして働く人の実際の声(旧Twitter/X)

それでは順番に見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

インサイドセールス:見込み顧客に対して行う営業のこと

インサイドセールとは、電話・メール・Web会議ツールなどを利用して見込み客に対して行う営業スタイルです。

見込み客とは、将来的に自社の製品を購入・利用する可能性がある顧客のことです。

インサイドセールスの仕事の一つとして、見込み客に優先順位をつけて、優先順位にあった営業を行うというのがあります。

反対に顧客先へ直接営業をするスタイルをフィールドセールス(外勤営業)と呼びます。

インサイドセールスのメリット

従来のフィールドセールスと比べると、移動時間の短縮や営業部の負担が減るといったメリットをもたらしています。

インサイドセールスは移動時間を短縮してくれるので、時間当たりに営業できる顧客の数が多いです。

インサイドセールスのデメリット

インサイドセールスは非対面で行われるので、顧客先との信頼関係を作るのが難しいです。

しかしインサイドセールスの主な目的は、あくまで見込み客の獲得と育成であり、商談や受注を行うわけではないので大きなデメリットではないです。

インサイドセールスの主な目的は見込み客の獲得や育成とお伝えしました。

しかし最近では非対面でも円滑なコミュニケーションが取れるようになったので、業界/企業によっては商談や受注を行うケースもあるそうです。

就活アドバイザー 京香

 

インサイドセールスを導入する企業は4割程度

インサイドセールスを導入している企業は4割程度となっています。

インサイドセールスは1990年代にアメリカで始まったとされています。

対面での営業は、国土が広いアメリカにおいて大変なものでした。

そこで、非対面のインサイドセールスというものが導入されました。

今ではIT技術の発展もあり、インサイドセールスを導入する企業は年々増えています。

 

インサイドセールスとして働く人の実際の声(旧Twitter/X)

ではここからはインサイドセールスとして働く人の実際の声を見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

よろしくお願いします!

上記のもの以外にも、コミュニケーション能力の重要性のついては多くの方がつぶやいていました

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

そうなんですね・・・話下手の私では厳しい仕事なのでしょうか?

コミュニケーション能力はなにも話すだけではありません、聞く力がとても重要です。

それでは、どんな人がインサイドセールスに向いているか説明していきます!

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

インサイドセールスに向いてる人の特徴10選

就活生ちゃん

インサイドセールスに向いている人の特徴ってどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かにインサイドセールスに向いている人の特徴について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

インサイドセールスに向いている人の特徴10選
  • 特徴①:非対面でのコミュニケーション能力がある
  • 特徴②:楽観主義である
  • 特徴③:挑戦心がある
  • 特徴④:事務作業を素早くこなせる
  • 特徴⑤:事実ベースでの論理的思考が得意
  • 特徴⑥:根気があり、物事を継続できる
  • 特徴⑦:好奇心がある
  • 特徴⑧:主体的に業務改善に取り組める
  • 特徴⑨:マルチタスクが得意
  • 特徴⑩:人の話を聞き、寄り添うことができる

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:非対面でのコミュニケーション能力がある

インサイドセールスに向いている人の特徴は「非対面でのコミュニケーション能力がある人」です。

インサイドセールスは非対面の営業スタイルなので、非対面でのコミュニケーション能力が求められます。

非対面のコミュニケーション能力とは、論理的に話す力ヒアリング能力などを指します。

対面での営業だと身振り手振りができますが、インサイドセールスだとそれはできません。

ですから、論理的に話す力ヒアリング能力が必要とされるのです。

 

特徴②:楽観主義である

インサイドセールスに向いている人の特徴は「楽観主義である人」です。

業務の中でストレスを感じることがインサイドセールスにはあります。

例えば、メールを開いてくれない顧客やクレームを入れる顧客などがいるからです。

またインサイドセールスでは、見込みの低い顧客にアプローチすることもあるので、冷たい態度を取られることもよくあります。

上記のような問題に対応するためにも、楽観主義な人が向いているといえます。

 

特徴③:挑戦心がある

インサイドセールスに向いている人の特徴は「挑戦心がある人」です。

インサイドセールスでは見込みの低い顧客にアプローチする子もあるので、冷たい態度を取られることがよくあります。

その他にも、他の部署に「なぜこの顧客の優先度を高めたの?」と詰められることがあります。

ですから、上記のような状況でも上手くふるまえる挑戦心がある人が向いているといえるでしょう。

 

特徴④:事務作業を素早くこなせる

インサイドセールスに向いている人の特徴は「事務作業を素早くこなせる人」です。

インサイドセールスでは、作業量を多くできるかが重要になっています。

業務でメール・電話・WEB会議を用いた営業、顧客リストの整理など業務は多岐にわたります。

そして多くの顧客へのアプローチで商談や受注を増やせるので、作業量を多くこなせるのはあって損がない資質です。

 

特徴⑤:事実ベースでの論理的思考が得意

インサイドセールスに向いている人の特徴は「事実ベースでの論理的思考が得意な人」です。

見込み客とのやり取りを行う上で、事実ベースで論理的に物事を伝えることが必要だからです。

ビジネスの世界では事実に基づいたデータ、論理的な考えが大事にされています。

ですから思い込みや感情をベースに話を進めても、相手の信頼を勝ち取ることはできません。

また、インサイドセールスでは見込み客を他部門に引き継ぐことがあります。

引継ぎをうまく進めるためにも、事実ベースでの論理的思考がもとめられます。

 

特徴⑥:根気があり、物事を継続できる

インサイドセールスに向いている人の特徴は「根気があり、物事を継続できる人」です。

根気や継続力が必要な理由は、下記のような理由があるからです。

  • 見込み客との信頼関係や信用を築くには時間がかかる
  • 見込み客を他部門に引きづくことが多いため、成果が見えにくい
  • オフィス勤務のためじっとしていないといけない

見込み客との信頼関係や信用を築くには時間がかかることが多いです。

なぜなら非対面の営業スタイルですので、心理的な距離を埋めるのにどうしても時間がかかるからです。

加えてインサイドセールスでは、契約が結べそうな見込み客を他部門に引きづくことが多いため、成果が見えにくいということがあります。

 

特徴⑦:好奇心がある

インサイドセールスに向いている人の特徴は「好奇心がある人」です。

インサイドセールスは新規開拓営業ですから、好奇心をもって話を聞く姿勢がとても重要です。

新規開拓事業をしていると、冷たくあしらわれることが多いです。

けれども人間は自分の話を親身に聞いてくれる人を信頼するので、好奇心をもって会話をすれば成約獲得につながります。

またインサイドセールスをしていると様々な業界や人との交流があるので、好奇心を持っていることはプラスに働くでしょう。

 

特徴⑧:主体的に業務改善に取り組める

インサイドセールスに向いている人の特徴は「主体的に業務改善に取り組める人」です。

インサイドセールは歴史が浅く、ノウハウがまだ確立されていませんから、主体的に業務改善に取り組むことが必要となってきます。

ですから、進んで営業トークスキルや自社製品の知識を学ぼうとする姿勢を持つ方はインサイドセールスに向いているといえます。

 

特徴⑨:マルチタスクが得意

インサイドセールスに向いている人の特徴は「マルチタスクが得意な人」です。

インサイドセールスの業務は多岐にわたるので、マルチタスクが得意な人は向いているといえます。

主な業務は、見込み客のリスト製作、メール・電話・Web会議を用いた営業、他部門との連携など多岐にわたります。

これらの業務を素早くこなすことができると、多くの顧客とコンタクトをとることができるので、成約の取得数も多くなってきます。

ですから、マルチタスクが得意な人はインサイドセールスに向いているといえます。

 

特徴⑩:人の話を聞き、寄り添うことができる

インサイドセールスに向いている人の特徴は「人の話を聞き、寄り添うことができる」です。

人は話を聞いてもらうことで、受け入れられていると感じ相手のことを信頼する傾向にあります。

信頼関係を築く事ができると、顧客理解にもつながりますので、人の話をよく聞ける人はインサイドセールスに向いているといえます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

インサイドセールスに向いていない人の特徴

就活生ちゃん

インサイドセールスに自分が向いているのかどうかわからないです。

ですから、インサイドセールに向いていない人の特徴を聞かせていただきませんか?

分かりました。

それではインサイドセールに向いていない人の特徴を説明していきます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:主体性がなく、受け身である

インサイドセールスに向いていない人の特徴は「主体性がなく、受け身である」です。

インサイドセールに限った話ではありませんが、覚えなければいけない業務がたくさんあります。

加えて、インサイドセールは最近になって生まれた手法であるため、ノウハウが確立されていません。

ですから、主体性をもって自分で考えることができる人でないと難しいでしょう。

 

特徴②:完璧主義である

インサイドセールスに向いていない人の特徴は「完璧主義である」です。

インサイドセールスの仕事は、一部確立されていないことや他部門との連携を取らないといけないといったことがあります。

自分で役回りを考えることやスピード感を要求される仕事なのです。

ですから、気が済むまで突き詰めるというよりはスピード感が必要となってきます。

完璧主義も悪いことでありませんが、インサイドセールスにおいてはスピード感を大事にしていきたいですね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:プライドが高く、素直さがない

インサイドセールスに向いていない人の特徴は「プライドが高く、素直さがない」です。

インサイドセールスは、フィードバックをもとに業務の改善を非常に多く要求される職業です。

プライドが高い人だと、フィードバックに対して素直になることができず業務の改善を図ることができません。

加えて、プライドが高い人はインサイドセールスにおいて重要なヒアリングを行うことも難しいでしょう。

人は共感の姿勢を示すことで信頼関係を築きやすくなりますが、ヒアリングができないとそれも難しいでしょう。

 

特徴④:コミュニケーションが苦手

インサイドセールスに向いていない人の特徴は「コミュニケーションが苦手」です。

インサイドセールスでは、見込み客と良好な関係を築くことが必要です。

フィールドセールスと違い非対面の営業であるため、より純粋な話術が求められます。

また、コミュニケーション能力が低いと自社の製品の魅力をうまく伝えることができないでしょう。

 

特徴⑤:好奇心がなく、周囲への関心が薄い

インサイドセールスに向いていない人の特徴は「好奇心がなく、周囲への関心が薄い」です。

インサイドセールスでは他人を理解しようする姿勢、すなわち好奇心が重要です。

好奇心のない人が営業をすると会話が他人事のように感じられて、関心がないということが顧客にばれてしまい、信用を得ることが難しくなってしまいます。

また、インサイドセールスはノウハウが確立されていないので自分で手法を考えなければならない機会が多くあります。

好奇心のない人ですと、新たなことを学ぶ姿勢がないのでインサイドセールスとして働くのは難しいかもしれません。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【新卒/転職】インサイドセールスで持っておくとよい資格

就活生ちゃん

インサイドセールスに就職をするためには、どんな能力をアピールしたらいいか分かりません…

インサイドセールスの業界でアピールするために有利な資格を教えてほしいです!

資格を取ろうとする姿勢は素晴らしいですね。

それでは、インサイドセールスに就職するために有利な資格を3選紹介します。

就活アドバイザー 京香

インサイドセールスで持っておくとよい資格
  • 資格①:マイクロソフトオフィススペシャリスト
  • 資格②:営業士検定
  • 資格③:ウェブ解析士

 

資格①:マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

インサイドセールスで持っておくとよい資格1つ目は「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」です。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の概要
  • 特徴:マイクロソフト・オフィス製品(Word、Excelなど)の利用スキルを客観的に証明することのできる国際資格です。
  • 合格率:一般レベル70%、上級レベル60%
  • 学習時間:30~80時間
  • メリット:業務に効果的にITを利活用することのできる力をアピールできる

フィールドセールスは基本的にオフィス勤務になりますので、WordやExcelなどを使いこなせると業務の効率化することができます。

またフィールドセールスだからではなく、社会人として持っていて損のない資格です。

MOSの試験は一般レベル一般レベルと上級レベルに分かれているので、自分のレベルにあった方を受験しましょう。

一般レベルでは一般的に使われる機能を、上級レベルではデータ分析やマクロなど高度なスキルが求められるそうです。

学習時間は、マイクロソフト・オフィス製品をどれだけ使ったことがあるかで変わってきます。

就活アドバイザー 京香

 

資格②:営業士検定

インサイドセールスで持っておくとよい資格2つ目は「営業士検定」です。

営業士検定の概要
  • 特徴:マーケティング武装、情報武装したマーケティング・セールスのスペシャリストです。
  • 合格率:初級は75~80%
  • 学習時間:初級は約10時間
  • メリット:営業をする上での基礎的な知識を得ることができる

営業技師検定は初級、上級、マスターと難易度の異なる試験を設けています。

初級は営業としての基礎的な知識が求められる営業担当者などが対象上級はマーケティングやマネジメントなどの知識を中心に中堅幹部クラスを対象に、マスターは経営についてや営業のスペシャリストとしての知識を中心に幹部クラスを対象にしています。

インサイドセールスの仕事は資格がなくてもこなせるので、余裕があればとっておきたい資格です。

よくある質問で営業士と販売士の違いが分からないというのが多いですが、営業士は「製造業・メーカー企業・サービス企業」などの幅広い分野を扱うのに対して、販売士は「小売り業」を主とした資格になります。

 

資格③:ウェブ解析士

インサイドセールスで持っておくとよい資格3つ目は「ウェブ解析士」です。

ウェブ解析士の概要
  • 特徴:WEBマーケティングに必要なウェブ解析技術を身に着け、その解析結果をもとに企業の戦略に生かすことを目的とした資格です。
  • 合格率70%前後
  • 学習時間:40~60時間
  • メリット:データに対して分析するという姿勢を身に着けることができる

ウェブ解析士とは、データを解析して価値のある情報へと変えるスペシャリストです。

インサイドセールスの業務では、見込み客のリストを作る事がありますので、その際に役立つことでしょう。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

「インサイドセールス 向いてる人」に関するよくある質問

就活生ちゃん

インサイドセールス就職に関するよくある質問に関して知っておいたほうが良いことがあれば教えて下さい。

そうですね。

それでは最後に、インサイドセールスの就職に関するよくある質問を3つご紹介します!

就活アドバイザー 京香

インサイドセールスに関するよくある質問
  • 質問①:インサイドセールスの平均年収は?
  • 質問②:「インサイドセールスはやめとけ?」の理由
  • 質問③:インサイドセールスのキャリアパスは?

 

質問①:インサイドセールスの平均年収は?

「インサイドセールス 向いてる人」に関するよくある質問の3つ目は、「インサイドセールスの平均年収は?」です。

一言でインサイドセールスとはいっても、企業や業界によって年収は変わってきますが、インサイドセールスの年収はおおよそ500万円程度となっています。

インサイドセールスの年収はフィールドセールスに比べて低い傾向にあります。

しかし、インサイドセールスではライフワークバランスが取れるので、インサイドセールスとフィールドセールスに優劣をつけることは難しいです。

企業や業界によってはインサイドセールスの方が給与が高くなることもあります!

就活アドバイザー 京香

 

質問②:「インサイドセールスはやめとけ?」の理由

「インサイドセールス 向いてる人」に関するよくある質問の3つ目は、「インサイドセールスはやめとけ?の理由」です。

インサイドセールスはやめとけと言われるのは以下の理由があるからです。

  • 理由①:初回接触を何度も何度も繰り返す
  • 理由②:営業とマーケティング板挟み
  • 理由③:契約成立の達成感を得ることができない

①:初回接触を何度も何度も繰り返す

インサイドセールスの仕事は、見込み客との長期的なコンタクトを取ることと初回接触を繰り返すことです。

営業アポ取りの成功率は1%弱、メールマガジンからの電話で5%前後となっており、案件を得るのが非常に大変になっています。

これをひたすらに繰り返すのですから、大変な業務といえるでしょう。

②:営業とマーケティングの板挟み

インサイドセールでは、営業とマーケティングの板挟みに合うことがあります。

マーケティングからは、せっかく間引いた顧客をどうして無駄にしたのかといわれることや、営業からは、見込みのある顧客を引き渡すように言われてしまうことがあります。

営業とマーケティングとの中間に位置する職業ですので、板挟みになってしまいます。

③:契約成立の達成感を得ることができない

インサイドセールでせっかく案件を獲得できたとしても、他部門に顧客を引き渡さなければいけません。

フィールドセールスですと、自分で大きな案件の契約を成立させる達成感を得ることができます。

しかし、インサイドセールでは契約を成立の可能性が高くなった顧客を引き渡さなければならないので、大きな達成感を得ることが難しいかもしれません。

インサイドセールは大きな達成感を感じにくいと書いておりますが、それ以外のところでやりがいを感じることはできる仕事です!

就活アドバイザー 京香

 

質問③:インサイドセールスのキャリアパスは?

「インサイドセールス 向いてる人」に関するよくある質問の3つ目は、「インサイドセールスのキャリアパスは?」です。

インサイドセールスのキャリアパスとして、以下のものがあります。

インサイドセールスのキャリアパス
  • インサイドセールスマネージャー
  • フィールドセールス
  • カスタマーサクセス
  • マーケティング
  • コンサルタント

インサイドセールスの業務は多岐にわたりますので、様々なキャリアパスがあるといえます。

インサイドセールスといえど営業に変わりありませんので、フィールドセールスとして活躍する方がいます。

また普段からデータを扱うことになるので、マーケティングとしての道を歩んだりと選択肢は様々です。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:インサイドセールスに向いてる人の特徴を参考に、向き不向きを確かめよう

本記事では『インサイドセールスに向いている人の特徴や口コミ』や、『インサイドセールスで持っておくとよい資格』について解説していきました

就活では様々な職種や採用企業、そういった職種や企業に関して「やめておけ」や「勝ち組」といった噂に出逢います。

しかし就活においても人生においても、自分がしたいと思ったことをやるのが一番です。

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。