【高収入も】絵を描くのが好きな人に向いている仕事13選 | 就くための対策,スキルも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!
記事を読む前に

この記事では、絵を描くのが好きな人に向いている仕事についてご紹介します。

あわせて、絵を描くのが好きな人におすすめな仕事に就く方法注意点をご紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば、「絵を描く仕事に興味がある」「自分に絵を描く仕事ができるのか?」といった疑問を解消できます。

こんな人におすすめ
  • 絵を描く仕事に向いているか知りたい
  • 絵を描く仕事に就くポイントを知りたい
  • 絵を描く仕事をできるか不安

上記の疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

絵を描くのが好きな人におすすめな仕事ってあるの?

就活生ちゃん

小さい頃から絵を描くのが好きで、絵に関係する仕事に就きたいです!

絵に関わる仕事に、私でも就職することができるのでしょうか?

詳しく教えてください!

安心してください、絵に関わる仕事には就けますよ!

絵を描くのが好きな人におすすめな仕事について説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆絵を描くのが好きな人におすすめな仕事ってあるの?

  • 結論:絵を描くことは仕事にできる!
  • 働き方は「正社員」「フリーランス」「副業」など
  • 絵に関係する仕事に就いている人の声(Twitter/X)

 

結論:絵を描くことは仕事にできる!

結論として、絵を描くことは仕事にできます。

なぜなら、絵を描くことに関わる仕事は様々な種類があるからです。

ただし、絵を描くことだけを仕事にするのは、あまり現実的とは言えません。

仕事として働くには、相応のスキルを求められますから、専門学校や美大に通う必要があるでしょう。

 

働き方は「正社員」「フリーランス」「副業」など

絵を描く仕事の雇用形態は、正社員、フリーランス、副業などが一般的です。

正社員として働くと、給与が安定するというメリットがあります。

ただし、仕事を自分で選ぶことができないことが難点です。

フリーランスや副業で働くと、仕事を自分で選ぶことができます。

仕事を自分で取りにいかないといけないので、給与を安定させることは難しいです。。

給与を優先するのか、自由に働くことを優先させるのかで自分の働き方を決めましょう!

副業を始める前に、企業によっては副業禁止な場合があるので、副業をしてもいいのか確認しておきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

絵に関係する仕事に就いている人の声(Twitter/X)

ここからは、絵に関係する仕事に就いている人の実際の声を見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

よろしくお願いします!

絵を描く仕事に就くには、強い覚悟が必要だと分かりますね。

好きという気持ちを原動力に頑張れば、道は開けるかもしれないです。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事13選

就活生ちゃん

絵を描くのが好きな人に向いている仕事は、具体的に何があるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かに絵を描くのが好きな人に向いてる人の特徴、について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

◆絵を描くのが好きな人に向いてる仕事13選

  • 仕事①:イラストレーター
  • 仕事②:アニメーター
  • 仕事③:キャラクターデザイナー
  • 仕事④:グラフィックデザイナー
  • 仕事⑤:CGデザイナー
  • 仕事⑥:Webデザイナー
  • 仕事⑦:挿絵イラスト制作
  • 仕事⑧:学芸員
  • 仕事⑨:漫画家
  • 仕事⑩:絵本作家
  • 仕事⑪:画家
  • 仕事⑫:アートディレクター
  • 仕事⑬:美術教師/美術講師

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:イラストレーター

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事1つ目は、「イラストレーター」です。

イラストレーターとは、キャラクター、商品のパッケージや広告のイラストを描く仕事です。

イラストレーターの働き方は、正社員として決められた依頼をこなす、フリーランスとしてオリジナルの作品を売り出すパターンに分かれます。

正社員の平均年収は366万円といわれており、イラストを描きながら確実に給与をもらえます。

給与が安定しないことが多いですが、フリーランスで年収1000万稼ぐ人もいます。

フリーランスとして働くにはリスクがあるけど、好きなことをしながら高収入になれるかもしれません。

副業としてイラストレーターの仕事をするのが良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

仕事②:アニメーター

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事2つ目は、「アニメーター」です。

アニメータとは、普段目にするアニメーションの制作を行う仕事です。

アニメーション製作の映像制作に関わる部門は、大きく分けると以下の2つです。

  • 原画担当者:アニメーション製作の基盤になる「原画」の作成をする
  • 動画担当者:原画と原画の間を補完する絵を担当する

原画担当は、重要なポジションであるためベテランが割り当てられます。

反対に動画担当は、原画ほど重要な役割ではないため、新人などが担当することが多いです。

原画担当者や動画担当者は、キャリアアップとして作画監督や作品監督を目指すことができます。

監督の平均年収は648万円といわれていますよ。

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:キャラクターデザイナー

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事3つ目は、「キャラクターデザイナー」です。

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメのキャラクターのデザインを作成する仕事です。

キャラクターデザインには指示を基に作ることと、オリジナルの物を作る事があります。

そのため、オリジナルのデザインをする発想力が求められます。

日本のサブカルチャー人気の高まりに伴い、キャラクターデザインの需要はますます増えています。

ソシャゲ(スマートフォンゲーム)会社などに就職すれば、好待遇が望めるかもしれませんよ。

キャラクタデザイナーの平均年収は458万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:グラフィックデザイナー

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事4つ目は、「グラフィックデザイナー」です。

グラフィックデザイナーとは、出版物や印刷物のデザインをする仕事です。

近頃はグラフィックデザインの対象が幅広くなっており、テキストスタイルや写真のほか、ポスターや雑誌などにわたります。

グラフィックデザイナーは、フリーランスとして独立することも可能です。

資格の有無は問われませんが、実績やポートフォリオが重視されます。

フリーランスとして独立するには、最低でも10年企業に務めることが必要になりますが

グラフィックデザイナーを目指している専門学生と肩を並べることになるので、競争は激しいです。

グラフィックデザイナーの平均年収は446万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑤:CGデザイナー

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事5つ目は、「CGデザイナー」です。

CGデザイナーとは、コンピューターグラフィックス(CG)で物をデザインする仕事です。

CGがアニメや映画にだけ使われているイメージが強いと思いますが、医療や建築の分野でも使われています。

最近では特に、ゲーム業界での仕事が急増しています。

パソコン一つあればCGデザインができる時代になりました。

CGデザイナーの平均年収は446万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑥:Webデザイナー

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事6つ目は、「Webデザイナー」です。

Webデザイナーとは、Webサイトの制作やデザインを手掛ける仕事です。

サイトの制作はチームとして働くことが多いので、技術力以外にコミュニケーション能力が求められます。

社会のインターネット化により、ホームページを持たない企業はないといっても差し支えないでしょう。

そのため、Webデザイナーの仕事の需要は急増しています。

フリーランスとして働き、年収1000万円以上の人もいるそうですよ。

Webデザイナーの平均年収は340万円です。

Webデザイナーをもっと詳しく知りたい人は、以下の記事がおすすめです!

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑦:挿絵イラスト制作

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事7つ目は、「挿絵イラスト制作」です。

挿絵イラスト制作は、ライトノベルや絵本などのイラストを作る仕事です。

ライトノベルの人気に伴い、需要が高まっています。

ライトノベルが読まれるかどうかは、表紙のイラストが大きな要因になっており、イラスト制作の腕の見せ所です。

SNSへの投稿がきっかけで、挿絵イラストの制作に携わるようになった人もいますよ。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑧:学芸員

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事8つ目は、「学芸員」です。

学芸員とは、博物館などで専門職員として働く仕事です。

施設内で資料の収集や研究、施設内のイベントなど業務は多岐にわたります。

学芸員は歴史的な絵画などに触れることができます。

学芸員の平均年収は496万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑨:漫画家

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事9つ目は、「漫画家」です。

漫画家とは、漫画を描く仕事です。

漫画家は、フリーランスや自営業であるケースがほとんどです。

近年ではインターネット上に漫画を投稿できるようになり、一昔前より漫画家になれる可能性が高くなりました。

それでも依然として漫画家になるハードルは高いです。

漫画家の年収は幅広く、0円~数億円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑩:絵本作家

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事10つ目は、「絵本作家」です。

絵本作家とは、絵本を専門に作る仕事です。

絵本作家には、ストーリを作る人と絵を描く人に分けられます。

なかには一人ですべての仕事をこなす人がいます。

独立して自分の本を出版することが出来たら、印税で多くの収入を期待できます。

近年では大人向けの絵本などもあるそうです。

絵本作家の平均年収は428万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑪:画家

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事11つ目は、「画家」です。

画家とは、水彩や油絵や様々な道具と手法で絵を描く仕事です。

画家の世界は資格や学歴が必要ありません。

その分実力主義の側面がありますが、成功すれば大きな収入を得ることができます。

けれど、成功者がかなり少ないという現状があります。

グラフィックソフトを用いるイラストレーターも、画家の一つといえます。

画家の年収は幅広く、0円~数億円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑫:アートディレクター

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事12つ目は、「アートディレクター」です。

アートディレクターとは、広告やWeb、ゲーム、これらの進行や質の管理を取り仕切る監督や責任者です。

実際に絵を描くことは少なく、打ち合わせでラフ案を描く程度にとどまります。

絵に関する幅広い知識と、チームをまとめ上げるリーダーシップが要求されます。

アートディレクターの平均年収は499万円です。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑬:美術教師/美術講師

絵を描くのが好きな人に向いてる仕事13つ目は、「美術教師/美術講師」です。

美術教師/美術講師とは、生徒に彫刻や絵画などの、美術作品の制作を指導する仕事です。

作品を自分で作りつつ、芸術作品の良さを同時に広めることができます。

美術教師になるには、大学で教職の授業を取る事、教員試験を受けなければいけない等、ハードルが少しばかり高いです。

教師に就くには時間がかかるけど、安定している仕事なので、ローン組みやすいなどメリットはあります。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

絵を描く仕事に簡単に就職する方法

絵を描く仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、絵を描く仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、絵を描く仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

絵を描く仕事に就くための対策法

就活生ちゃん

絵に関係する仕事って、こんなにもたくさんあるんですね!

次は、歴史に関わる仕事に就くためのポイントを聞きたいです!

それでは、絵を描く仕事に就くための対策法についてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

◆絵を描く仕事に就くための対策法

  • 対策法①:目標を明確にする
  • 対策法②:どんな形で絵の仕事をしたいか、決めておく
  • 対策法③:描きたい絵のジャンルに沿って仕事を探す
  • 対策法④:画力を高められるよう、練習する
  • 対策法⑤:絵に関連するイベントに参加する
  • 対策法⑥:絵のコンテストに参加する
  • 対策法⑦:ポートフォリオを作っておく

 

対策法①:目標を明確にする

絵を描く仕事に就くための対策法1つ目は、「目標を明確にする」です。

なぜなら、目標を決めれば今やるべきことが明確になるからです。

目標の決め方は、いつまでに何をするのか、そのためにはどうすればいいのかを基に決めるといいです。

例えば、1年以内に絵を描く仕事がしたい、そのためには毎日1時間は絵を描く等のことです。

Twitter/旧Xでバズりたい!など、どんな目標であれ構いません。

就活アドバイザー 京香

 

対策法②:どんな形で絵の仕事をしたいか、決めておく

絵を描く仕事に就くための対策法2つ目は、「どんな形で絵の仕事をしたいか、決めておく」です。

冒頭にもお話しした通り、絵の仕事にはたくさんの種類があります。

方向性を定めないままでいると、仕事をしようと思ったときに技術不足になることがあります。

ですから、どんな形で絵の仕事に関わるか方向性を決めておきましょう。

方向性を決めることで、専門性も増しますよ!

就活アドバイザー 京香

 

対策法③:描きたい絵のジャンルに沿って仕事を探す

絵を描く仕事に就くための対策法3つ目は、「描きたい絵のジャンルに沿って仕事を探す」です。

絵を仕事にすることは楽しい反面、とても大変な仕事です。

長時間座りっぱなしで絵を描き続けるのは、よっぽど絵が好きでないとできないです。

ですから、自分の好きなジャンルに沿って仕事を探すことをおすすめします。

好きなジャンルを選ぶことで、モチベーション維持につながります。

就活アドバイザー 京香

 

対策法④:画力を高められるよう、練習する

絵を描く仕事に就くための対策法4つ目は、「画力を高められるよう、練習する」です。

画力はすぐには向上することが見込めないからこそ、毎日継続して練習する必要があります。

具体的には、毎日1時間は絵を描く、毎日1つの作品を仕上げる等のことです。

自分の画力を上げることが、絵描きになるうえで最短の道です。

絵描きのトップにいる方でさえ、毎日絵の練習をしているそうですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法⑤:絵に関連するイベントに参加する

絵を描く仕事に就くための対策法5つ目は、「絵に関連するイベントに参加する」です。

イベントに参加することで、インスピレーションを受けることや、人脈を築くことができるからです。

絵に関するイベントを、以下にまとめました。

  • マンガの展示会
  • クリエイターが集まるイベント
  • イラストレーターのイベント

イベントは全国各地で行われているので、今すぐにでも応募してみてください。

就活アドバイザー 京香

 

対策法⑥:絵のコンテストに参加する

絵を描く仕事に就くための対策法6つ目は、「絵のコンテストに参加する」です。

絵のコンテストは年中行われているので、積極的に応募しましょう。

コンテストに参加することで、実績を作ることができます。

賞を受賞することができれば、賞状や景品のほかに、賞金をもらえることもあります。

賞を受賞できなかったとしても、その過程で成長することができます。

コンテストを目標に、絵を描く動機付けができます!

就活アドバイザー 京香

 

対策法⑦:ポートフォリオを作っておく

絵を描く仕事に就くための対策法7つ目は、「ポートフォリオを作っておく」です。

ポートフォリオというのは、自分の作品や実績をまとめた物のことを指します。

絵の仕事では、経歴や学歴などは重視されないですが、実力で判断がされます。

客観的に就活生の能力を判断するために、ポートフォリオの存在は必要不可欠です。

絵の仕事をしたいと本気で思うなら、今すぐに実績作りに励んでください。

ポートフォリオでは、あなたの得意が伝わる作品を提出しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力3選

就活生ちゃん

絵を描く仕事に就こうと考えています。

その時に、必要な資格などは何かありますか?

それでは、絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力についてご紹介します。

就活アドバイザー 京香

◆絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力3選

  • スキル/能力①:制作ソフトのスキル
  • スキル/能力②:コミュニケーション能力
  • スキル/能力③:毎日コツコツ練習を続ける力

スキル/能力①:制作ソフトのスキル

絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力の1つ目は「制作ソフトのスキル」です。

あなたが正社員として働くのなら、制作ソフトのスキルは必須です。

企業として働くと、マニュアルとして「Illustrator」や「Photoshop」などの使用が義務付けられている事が多いです。

制作ソフトが扱えるようにして、面接では即戦力となることをアピールしましょう。

副業や趣味であれば、自分の好みのツールを使えばよいでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

スキル/能力②:コミュニケーション能力

絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力の2つ目は「コミュニケーション能力」です。

絵を描く仕事が、一人で黙々と作業をする仕事だと思っていませんか。

実際絵の仕事をすると、クライアントとのやり取りで、コミュニケーション能力が求められます。

特に独立している絵描きは、自分で仕事を取る必要があるので、対人スキルが必要です。

就活アドバイザー 京香

 

スキル/能力③:毎日コツコツ練習を続ける力

絵を描く職業に就くために必要なスキル/能力の3つ目は「スキル/能力③:毎日コツコツ練習を続ける力」です。

画力というものは、毎日コツコツと絵を描かないと衰えてしまいます。

加絵を描くツールが日々進化しているので、常に学ぶ姿勢がないと絵描きとして生計を立てるのは難しいです。

毎日コツコツ練習をする力は今からでも鍛えられるので、この記事を読んだ後すぐに絵を描きましょう。

就活アドバイザー 京香

 

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

「絵を描くことが好きな人 仕事」に関するよくある質問

就活生ちゃん

絵を描くことが好きな人に関するよくある質問に関して、知っておいたほうが良いことがあれば教えて下さい。

そうですね。

それでは最後に、絵を描くことが好きな人に関するよくある質問を3つご紹介します!

就活アドバイザー 京香

◆絵を描くことが好きな人に関するよくある質問

  • 質問①:在宅でできる絵を描く仕事は何があるの?
  • 質問②:イラスト関係の仕事は未経験でも就ける?
  • 質問③:バイト・パートでも絵の仕事って携われるの?

 

質問①:在宅でできる絵を描く仕事は何があるの?

絵を描くことが好きな人に関するよくある質問1つ目は「在宅でできる絵を描く仕事は何があるの?」です。

結論から言うと、在宅で絵を描く仕事はあります。

加えて言うと、在宅の仕事の方が出社するものよりも多い傾向にあります。

イラストレーターを例にとると、イラストレーターの約85%がフリーランスとして働いています。

このことから、絵を描く仕事は在宅でできることが分かります。

85%のイラストレーターがフリーランスというのは、衝撃的なデータですね!

在宅の仕事に興味がある人は、以下の記事がおすすめです!

就活アドバイザー 京香

 

質問②:イラスト関係の仕事は未経験でも就ける?

絵を描くことが好きな人に関するよくある質問2つ目は「イラスト関係の仕事は未経験でも就ける?」です。

ここでいう未経験とは、イラストを職業としてしたことがない人のことを示します。

イラスト関係の仕事は未経験でも就くことができます。

未経験の人が仕事に就くにはポートフォリオの準備が必須です。

イラストを描く仕事に、スキルを持たない人を採用するわけにはいきませんからね。

未経験でも仕事はできますが、一定水準の能力がないと仕事はありません。

就活アドバイザー 京香

 

質問③:バイト・パートでも絵の仕事って携われるの?

絵を描くことが好きな人に関するよくある質問3つ目は「バイト・パートでも絵の仕事って携われるの?」です。

結論として、バイト・パートタイムの仕事はほとんどないです。

しかし、クラウドソーシングサービスなどで仕事を受注することができます。

出来高で報酬は決まるので、安定した収入を得ることができません。

副業として始めてみることをおすすめします。

絵を描く仕事がどのようなものか知れるので、積極的に利用してみてはどうでしょうか。

就活アドバイザー 京香

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:「絵を描くのが好きな人におすすめな仕事」を参考に、適職に就こう!

本記事では「絵を描く仕事に就くためのポイント」や、「絵を描くに必要なスキル」について解説していきました

就活を通して、様々な壁にぶつかって大変なこともあると思いますが、その壁を乗り越えてください。

「就活の教科書」はあなたのことを応援しています。

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。