【実際のスライド大公開】パワポを制すものがコンサルを制す(パワーポイントまとめ)

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • MBB(マッキンゼー・ボストン)のスライド
  • 外資戦略コンサル(ローランドベルガー・ATカーニー)のスライド
  • 日系戦略コンサル(IGPI)のスライド
  • BiG4(デロイト・PwC)のスライド
  • BiG4以外(アクセンチュア・野村総研)のスライド
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

はじめまして、就活の教科書編集部の坂本です。

今回は「コンサルタント(コンサル)業界のパワポ作り(スライド作成)」を紹介します。

パワポを制すものがコンサルを制す」といわれるほど、コンサル業界ではパワポが大事です。

コンサル業界のパワポを実際の画像付きで解説しますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

スライド作成能力が非常に高いことで知られるコンサル業界。

他の業界がアッと驚くようなスライドを短時間で作り上げてしまう様子はまさに神業。

「外資コンサルが教えるスライド作成術」

「コンサル直伝!パワポを綺麗に見せるコツ10選」

みたいな書籍が本屋に並んでいるのは、みんなにも馴染みの風景だよね。

 

しかし!

コンサルの実際のスライドって見たことなくない⁇

 

実はですね、コンサルとかって守秘義務とかが結構厳しいんで、原則スライドを公開できないんだよね…

ですが、官公庁向けのものに限っては公開できる!

ということで各ファームの実際のスライド資料をまとめてみた。

各ファームごとに特徴が出ていて結構面白いので、志望するファーム以外の資料にも是非目を通してみてね!

(先に断っておきますが、今回の記事は外資就活を参考にまとめたので本家の記事も参考にしてください。

 

コンサル業界の就活情報については、これらの記事も役立ちましたので、合わせて参考にしてください。

 

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

MBBのスライド

まずはコンサルの代表格MBBから紹介していくよ!

ベインに関しては英語の資料しかなかったから、マッキンゼーとボスコンのみピックアップしてみた。

マッキンゼーアンドカンパニー

マッキンゼーアンドカンパニー

至ってシンプル。

トピックがすぐ分かる上に、目が疲れない。

 

ボストンコンサルティング

ボストンコンサルティング

結構独特なスライドかも。

イメージカラー?である緑を基調としていて、一目でボスコンだと分かるスライド。

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

MBB以外の外資戦略コンサルのスライド

次はMBB以外の外資戦略コンサルからいくつか有名ファームのスライドを見てみよう!

ローランドベルガー

ローランドベルガー

このスライド基本的には2色しか使われてない。

色をほとんど使わないながらも本当に見やすい。

スライドのお手本といっていい。

 

ADL(アーサーディーリトル)

ADL(アーサーディーリトル)

めちゃくちゃコンサルっぽい。

就活生のイメージ通りのスライドのはず

 

ATカーニー

ATカーニー

ATカーニーも2色のみの利用。

ただ、個人的な印象としてはちょっと文字が多いのかな…?

これに関しては経済産業省からリンクが消えていたため、元の資料に飛べません。申し訳ありません。

参考URL

知的財産権ワーキング・グループ等侵害対策強化事業

外資系コンサル企業志望の就活生は、「ワンキャリア」の利用をおすすめします。

外資系コンサル企業のインターンシップや選考情報をいち早く入手でき、過去の選考を受けた就活生のESも見れるので選考対策にも役立ちます。

たった2分の登録で利用できるので、ぜひ使ってみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

>>「ワンキャリア」を登録してみる

 

日系戦略コンサルのスライド

日系戦略コンサルからは代表として経営共創基盤をピックアップ。

外資戦略コンサルとは全く違う雰囲気の資料になってる。

IGPI(経営共創基盤)

IGPI(経営共創基盤)

図が結構多い印象。

外資戦略コンサルとは結構違うなって感じ。

官公庁とかの資料にすごく似ている気がする。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

Big4のスライド

コンサルといえばBig4

多くの学生はこのあたりに入社することになるから結構ためになるはず。

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティング

個人的にはめちゃくちゃ見やすい。

青を基調としながらも、同系色の緑とかを使ってて色遣いが参考になる。

 

PwC

PwC

PwCの世界観が凄い伝わってくるパワポ

これもリンク消されて飛べなくなっています…orz

海外のPwCのスライドで良ければ以下のリンクから飛んでみてください。

PwCの多くのスライドが掲載されています。

 

BIG4についてもっと知りたい人は、BIG4の会社の雰囲気や就職難易度まで分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

Big4以外のコンサルスライド

最後はBig4以外のコンサル。

有名ファームであるアクセンチュアと野村総研のスライドを公開します。

アクセンチュア

アクセンチュア

結構王道パターン?のスライド

図解が多くて分かりやすい。

 

野村総研

野村総研

一番見やすい気がした。

グラフと文字のバランスが適量で、すごい分かりやすい。

 

参照元:外資就活

 

コンサル会社全体を把握したい人は、コンサル業界の就職偏差値ランキングが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

コンサルのパワポまとめ

今回は「コンサルのパワポ」について大公開してきた。

普段は見られないようなコンサルのスライドはどれもハイクオリティのものばかり。

さすが、コンサルといったところ。

これからジョブやインターンに参加する就活生も多いはず。

インターンではほぼ確実にスライドを班で作ることになるので、その際に役立てばと思います。

余談にはなりますが、コンサル志望はESに力を入れるといいですよ。

就活界隈では有名な話ですが、コンサル志望者のESって結構質が低いことが多いので、質の高いものがあると面接官の印象に残りやすく、そのあとの面接もスムーズにいくことが多いです。

特にコンサル志望者は早期に動き出し、はじめは周りに就活生も少なく手探りの状況でESを出すことになると思うので、「Unistyle」とか使って内定者のESを参考にするといいと思います。(結論ファースト、文章のテンポ本当に気を付けて…)

ケースなどのハイレベルな試験対策をしてもES段階で見切られると元も子もないのでES+筆記段階は100%突破できるようにしておきましょう。

内定者ESの文章テンポって読み込むことでしか理解できないと思うので、是非参考にしてください。

>>コンサル内定者のESを参考にする

 

実際にコンサル業界を目指したい人は、コンサルティング業界の志望動機の例文や伝え方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、コンサル業界にはどんな人が行くのかを知りたい人は、コンサル業界内定者のインタビュー記事が読めるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。