【どっちがいい?】公務員と民間企業の違い|仕事内容、給料、ボーナス、安定性、就職方法まで

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 公務員と民間企業で悩むなら「民間企業狙うのがおすすめ」
  • 公務員は国や地域と関わる仕事が多い、民間企業はモノやサービスを提供する仕事が多い
  • 公務員はあらかじめ給料やボーナスが決まっている、民間企業は仕事内容によって給料やボーナスが違う
  • 公務員は安定している、民間企業は業績によってリストラや減給の可能性がある
  • 公務員に向いている人民間企業に向いている人特徴
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のりなです。

この記事では、「公務員と民間企業の違い」について解説します!

就活生の皆さんは、「公務員と民間企業の違いは何?」「公務員と民間企業どっちがいいの?」などと疑問に思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 りな

就活生ちゃん

私は、公務員に就こうと考えています。

ですが、具体的に公務員と民間企業で何が違うのかわかりません・・・

民間企業と公務員の違いについて具体的に教えて欲しいです。

就活生くん

僕は、公務員か民間企業に就くかで悩んでいます・・・

どちらに就くのがいいのでしょうか?

そうですよね。

公務員と民間企業の違いについて具体的に想像しずらい点もありますよね。

また、公務員か民間企業のどちらに就くか迷いますよね。

「就活の教科書」編集部 りな

そこで、この記事では、「公務員と民間企業の違い」について、「仕事内容・給料・ボーナス・安定性・就職方法」に分けて解説します。

合わせて、「公務員と民間企業はどちらがいいのか」「公務員に向いている人の特徴」「民間企業に向いている人の特徴」についても解説します。

この記事を読めば、「公務員と民間企業は具体的に何が違うの?」「公務員と民間企業どちらに就職する方がいいの?」などの悩みが解消されます。

公務員と民間企業のどちらに就職するか悩んでいる就活生の皆さんは、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

公務員と民間企業はどっちがいいの?

就活生くん

公務員と民間企業とでは、どちらに就職するのがいいんでしょうか?

結論からいうと、悩むなら民間企業へ就職することをおすすめします。

その理由について以下で説明したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

結論:悩むなら民間企業を狙うのがおすすめ

結論から言うと、民間企業か公務員かで悩むなら、民間企業を狙うのをおすすめします。

公務員の仕事は職種にもよりますが、予想以上にブラックである場合が多く、民間企業よりも激務に追われることもあります。

そして、公務員試験の合格率は約20%以下と低く、毎年多くの受験生が落ちており公務員になるのは難しいです。

そのため、新卒で職に就けない可能性も多いにあります。

また、新卒で公務員を目指さずに、ひとまず民間企業に就職し、働きながら公務員試験の対策をするという手もあります。

そのため、公務員と民間企業とで就職を迷っている方は、民間企業への就職をおすすめします

どうしても公務員か民間企業かで決断できない方は、初めからどちらか一方に決定するのではなく、公務員と民間企業の併願をおすすめします。

そうすることで、後からどちらへ就職するかを決める事ができるからです。

「就活の教科書」編集部 りな

 

【仕事内容編】公務員と民間企業の違い

就活生ちゃん

公務員と民間企業の違いについて具体的に知りたいです。

わかりました!

では、ここからは公務員と民間企業の仕事内容の違いについて解説したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

公務員:国や地域と密接に関わる仕事が多い

公務員は、国や地域と密接にかかわる仕事が多いです。

公務員には、地域の住民のために働く「地方公務員」と、国のために働く「国家公務員」があります。

どちらも公務員の仕事の基本である、「国民の生活をよくすること」を目標に仕事を進めます。

そのため、公務員の仕事内容は国や地域と密接に関わるものが多いです。

 

民間企業:モノやサービスを提供する仕事が多い

民間企業は、モノやサービスを提供する仕事が多いです。

民間企業は、モノを生産し商品として販売したり、サービスを提供したりして利益を得ることが仕事です

大企業になるほど仕事の規模も大きくなります。

そのため、企業の規模によって国内のみならず、世界的に影響力のある仕事に携わることもできます。

仕事内容別に違いをみると、公務員は「国民のため」民間企業は「利益のため」という印象を受けますね。

「何のために働くのか」が公務員と民間企業の仕事内容における、大きな違いになりそうですね。

「就活の教科書」編集部 りな

 

【給料編】公務員と民間企業の違い

就活生ちゃん

公務員と民間企業とでは、給料についてどのような違いがありますか?

教えてください!

分かりました!

では、ここからは、公務員と民間企業の給料の違いを解説しています。

「就活の教科書」編集部 りな

 

公務員:あらかじめ職務・職務経験によって決定している

公務員の給料は、あらかじめ職務・職務経験によって決定されています

国家公務員の場合、給料は法律でしっかりと定められており、勤務経験や役職に応じて給料が変動されます。

一方、地方公務員の場合、各自治体で定められ、職種ごとに給料は異なります。

そのため、公務員は職種や職務経験ごとに給料があらかじめ定められていることになります

 

民間企業:企業や仕事内容によってさまざま

民間企業の給料は、企業や仕事内容によってさまざまです。

民間企業の場合、企業の規模や事業内容によって給料が異なります

そのため、基本的に企業の利益が上がれば、給料や賞与の額が上がります。

反対に、業績が悪くなると、給料の減給や賞与の額が下がることもあります。

公務員と民間企業とでは、給料の安定性が違いになりますね!

「就活の教科書」編集部 りな

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【ボーナス編】公務員と民間企業の違い

就活生ちゃん

給料についての違いは理解できました!

ボーナスに関しては、民間企業と公務員で違いはありますか?

はい!あります!

ここからは、民間企業と公務員でのボーナスに関する違いについて紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

公務員:夏と冬にボーナスがある

公務員は、夏と冬にボーナスがあります

公務員のボーナスは給料と同様、法律や条例で具体的な支給日や金額が定められています。

基本的に、夏のボーナスは「6月30日」、冬のボーナスは「12月10日」に支給されます。

また、公務員のボーナス額は、国家公務員の平均ボーナスは60万強と言われており、ここ数年の支給額は増加傾向にあると言われています。

 

民間企業:ボーナスが出るのは業績次第

民間企業のボーナスは、業績によって支給の有無が決まります

民間企業のボーナスは、ボーナスの支給日や支払いの有無について、企業が独自に決めることができます

そのため、ボーナスの額は固定されておらず、業績次第でその額が変動することがあります

ボーナスの額は、中小企業では基本給の1か月前後程度が平均的です。

しかし、功績を挙げた社員に基本給の数カ月分のボーナスを支給するなど、実力主義な企業も存在します。

公務員は、給料と同様にボーナスに関しても、法律や条例によってキッチリと決められていますね。

反対に、民間企業は業績がボーナスにも反映されやすいのが特徴ですね!

「就活の教科書」編集部 りな

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【安定性編】公務員と民間企業の違い

就活生くん

公務員はよく、「安定している」と言われますが、本当ですか?

安定性についても、公務員と民間企業で違いはあるのでしょうか?

分かりました!

では、ここからは、安定性に関する公務員と民間企業での違いを紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

公務員:倒産やリストラによる解雇が極めて少なく、安定している

公務員は、倒産やリストラによる解雇が極めて少なく、安定しています

公務員は、倒産・リストラによる解雇の可能性が極めて低く、長期的に考えると安定して働き続けられる職場環境です。

公務員は、国や地域のために働くため、経済的な不況や、個人の能力に対する評価に関するリスクが少ないのが特徴です。

そのため、収入の激変や倒産による失業がほとんどありません。

 

民間企業:業績が悪いと減給やリストラの可能性がある

民間企業は、業績が悪いと減給やリストラの可能性があります

民間企業は、業績や個人の能力によって、給料やボーナスなどの支給額が変動します。

そのため、最悪の場合、業績の悪化などによるリストラや早期退職を促される可能性があります

民間企業と公務員では、公務員の方が安定性が高いと言えますね。

しかし、民間企業の場合、成果や業績を上げた分だけ昇給するなど、目に見える形で頑張りを感じらるところが魅力だと言えます!

「就活の教科書」編集部 りな

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【就職方法編】公務員と民間企業の違い

就活生ちゃん

ここまでで、公務員と民間企業の違いについて理解が深まりました。

採用方法についても、公務員と民間企業との違いを教えて欲しいです。

分かりました!

では、ここからは、公務員と民間企業での採用方法に関する違いについて紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

公務員:「公務員試験+面接」に合格しなければならない

公務員になるには、「公務員試験+面接」に合格しなければなりません

国家公務員を目指す場合は、国家公務員試験を受験する必要があります。

また、地方公務員を目指す場合は、各地方公共団体が実施している地方公務員試験を受験する必要があります。

そして、公務員試験を受験したのちに、最終合格者を対象とした個別面談で最終的な意思確認が行われ、その後、採用内定者が決まります。

そのため、公務員になるためには公務員試験と面接の二つを受ける必要があります。

公務員試験は、日程が異なれば併願は可能なので、複数の公務員試験を受験することもできます。

「就活の教科書」編集部 りな

 

民間企業:「書類選考+面接」に合格しなければならない

民間企業に採用されるには、「書類選考+面接」に合格しなければなりません

民間企業の場合、応募するとまず書類選考があるため、どの企業でも応募すれば必ず採用試験を受けられるとは限りません。

応募書類を提出し、書類選考を通過したら、筆記試験や面接を受ける流れが一般的です。

面接は多くの場合、一次面接、二次面接と複数回あります。

面接の日程などが被らなければ何社併願することができます。

そのため、希望する業界や企業の採用スケジュールを確認しながら計画を立てる必要があります。

「就活の教科書」編集部 りな

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

公務員と民間企業のその他の違い一覧

これまで紹介した公務員と民間企業の違い以外にも、違いはあります!

ここからは、公務員と民間企業のその他の違いについて紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

項目 民間企業 公務員
人間関係 ・縦割りだが、部署を越えた連携も多い ・完全な縦割り
職場環境 ・従業員の柔軟な働き方を実現できる

(例:フレックスタイム制、など)

・育児休暇や介護休暇などの活用を職場全体がバックアップする
勤務 ・会社によって勤務形態や時間が異なる ・完全週休2日、1日7時間45分労働
福利厚生 ・従業員のニーズや企業の経営状況に応じて自由に導入

(例:社内セミナーの実施、法定を越える有給休暇付与、など)

・法律や条例に基づいて設定されている

(例:退職金制度、年次有給休暇、など)

公務員の場合、法律や条例で給料や勤務時間などが定められているため、民間企業に比べると柔軟性がない部分がありますね。

「就活の教科書」編集部 りな

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

公務員に向いている人の特徴

就活生ちゃん

公務員と民間企業の違いを見てきて、公務員に興味がわいてきました!

公務員に向いている人の特徴などあれば、教えて欲しいです。

分かりました!

では、ここからは、公務員に向いている人の特徴について紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

公務員に向いている人の特徴
  • 特徴①:国や地域に貢献したい人
  • 特徴②:地味な仕事でもコツコツとこなせる人
  • 特徴③:安定した給料を求める人

 

特徴①:国や地域に貢献したい人

公務員に向いている人の1つ目の特徴は、国や地域に貢献したい人です

公務員の仕事内容は、国や地域のために働くものです。

そのため、行政や法律、政治、福祉や災害など、人々の生活に欠かせない仕事に携わることに、やりがいを感じる人が公務員に向いています。

 

特徴②:地味な仕事でもコツコツとこなせる人

公務員に向いている人の2つ目の特徴は、地味な仕事でもコツコツとこなせる人です。

公務員は、膨大な資料の作成などの地味な仕事もこなす必要があります。

そのため、地味な作業をコツコツ続けるのが得意だという人は公務員に向いていると言えます。

日々行う繰り返しの仕事の中でも意識を工夫できたり、淡々と作業を続けられる人が公務員に適していると言えますね!

「就活の教科書」編集部 りな

特徴③:安定した給料を求める人

公務員に向いている人の3つ目の特徴は、安定した給料を求める人です。

公務員の給料は、法律や条例によって決められているため、安定しています。

実力に関係なく決められた給料が支払われるため、人によってはメリットが大きいかもしれません。

もらえる金額をある程度前もって把握できるため、家や車の購入費用、子どもの進学費用、老後費用などお金の計画を立てやすく、不安が少ないといえます。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

民間企業に向いている人の特徴

就活生くん

僕は、民間企業に興味を持ちました!

民間企業に向いている人の特徴などあれば知りたいです!

分かりました!

では、ここからは、民間企業に向ている人の特徴について紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

民間企業に向いている人の特徴
  • 特徴①:スキルを身につけたい人
  • 特徴②:能力次第で出世したい人
  • 特徴③:様々な仕事に挑戦したい人

 

特徴①:スキルを身に付けたい人

民間企業に向いている人の1つ目の特徴は、スキルを身につけたい人です。

民間企業は、所属する部署において常にスキルアップが求められ、知識や経験が重要視されます。

そのため、民間企業は特定のスキルを身につけやすいのが特徴だといえます。

特定のスキルを身につけたい人にとって、民間企業は魅力的な職場環境だと言えます!

「就活の教科書」編集部 りな

特徴②:能力次第で出世したい人

民間企業に向いている人の2つ目の特徴は、能力次第で出世したい人です。

民間企業は、業績次第で昇給や出世などが認められます。

そのため、どんどん出世したい、早く人の上に立ってリーダーとして仕事をしたい人は、民間企業に向いているといえます

民間企業には、賞与などで成果が報酬に反映されるため、能力次第で出世したい人にとって、仕事に対するモチベーションが保ちやすい職場環境だと言えます。

「就活の教科書」編集部 りな

 

特徴③:様々な仕事に挑戦したい人

民間企業に向いている人の3つ目の特徴は、様々な仕事に挑戦したい人です。

民間企業では、自社の商品やサービスをどのように売り上げるか、またどれだけ顧客を増やすことができるか、といったことを考える力が求められます。

そのため、新しいことに挑戦したい人やクリエイティブな仕事をしたい人に向いています

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:公務員と民間企業の違いを把握して自分なりに選ぼう

本記事「【どっちがいい?】公務員と民間企業の違い|仕事内容、給料、ボーナス、安定性、就職方法まで」はいかがだったでしょうか?

この記事では、「公務員と民間企業の違い」について、仕事内容・給料・ボーナス・安定性・就職方法」に分けて解説しました。

併せて、「公務員と民間企業はどちらがいいのか」「公務員に向いている人の特徴」「民間企業に向いている人の特徴」についても解説しました。

今回紹介した内容が、就活生の皆さんの役に立ってくれるとうれしいです!

最後に、この記事を簡単にまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 りな

この記事のまとめ

◆公務員と民間企業はどっちがいいの?

  • 結論:悩むなら民間企業を狙うのがおすすめ

◆【仕事内容編】公務員と民間企業の違い

  • 公務員:国や地域と密接に関わる仕事が多い
  • 民間企業:モノやサービスを提供する仕事が多い

◆【給料編】公務員と民間企業の違い

  • 公務員:あらかじめ職務・職務経験によって決定している
  • 民間企業:企業や仕事内容によってさまざま

◆【ボーナス編】公務員と民間企業の違い

  • 公務員:夏と冬にボーナスがある
  • 民間企業:ボーナスが出るのは業績次第

◆【安定性編】公務員と民間企業の違い

  • 公務員:倒産やリストラによる解雇が極めて少なく、安定している
  • 民間企業:業績が悪いと減給やリストラの可能性がある

◆【就職方法編】公務員と民間企業の違い

  • 公務員:「公務員試験+面接」に合格しなければならない
  • 民間企業:「書類選考+面接」に合格しなければならない

◆公務員と民間企業のその他の違い一覧

◆公務員に向いている人の特徴

  • 特徴①:国や地域に貢献したい人
  • 特徴②:地味な仕事でもコツコツとこなせる人
  • 特徴③:安定した給料を求める人

◆民間企業に向いている人の特徴

  • 特徴①:スキルを身に付けたい人
  • 特徴②:能力次第で出世したい人
  • 特徴③:様々な仕事に挑戦したい人

◆まとめ:公務員と民間企業の違いを把握して自分なりに選ぼう