【開業したい!】女性の起業におすすめな職種ランキング一覧 | 業種の決め方も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の吉田です。

この記事では、「女性の起業」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんの中には、「女性は起業に向いている?」や、「起業したい女性におすすめの職種は?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 吉田

就活生ちゃん

私は将来、起業したいと考えています。

起業したい女性におすすめの職種が知りたいです。

たしかに、起業したい女性におすすめの職種は何か気になりますよね。

女性が起業に向いているかも気になると思います!

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

なので、この記事では、「女性が起業する職種ランキング」について徹底解説していきます。

併せて、「女性は起業に向いている?」や、「起業したい女性におすすめの職種は?」についても紹介していきます。

「女性は起業に向いている?」や、「起業したい女性におすすめの職種は?」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、女性が起業する職種について理解が深まります。

先に結論をお伝えすると、「自分に合う業界がわからない!」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】自分の強みや向いている業界を診断できるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「適性診断AnalyzeU+」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【そもそも】女性は起業に向いているの?

就活生ちゃん

そもそも、女性に起業は向いているのでしょうか?

それでは、そもそも女性に起業が向いているのか、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

結論:女性は起業に向いている

結論から言うと、女性は起業に向いています

理由として、起業家の3人に1人が女性であることが挙げられます。

他にも、女性に有利な業種/職種が存在することも挙げられます。

これらをもう少し詳しく見ていきましょう。

 

起業家の3人に1人は女性

女性が起業に向いている理由として、起業家の3人に1人が女性であることが挙げられます。

内閣府の男女共同参画局によると、起業家の34.2%が女性であるとされています。

参照:内閣府 男女共同参画局

このことから、女性の起業家は少数派ではなく、一般的であることがわかります。

起業家の女性の割合は予想以上に多いですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

女性の方が有利な業種/職種も多い

もう1つの理由として、女性に有利な業種/職種が存在することも挙げられます。

例として、美容系や芸術系の仕事が挙げられます。

これらの業種/職種の場合、より、知識や経験が豊富な女性が有利な場合も存在します。

自分の得意な分野で起業することが成功のカギになりそうですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


【起業にも種類がある】女性が起業するパターン5選

就活生ちゃん

女性に起業が向いている理由がわかりました。

女性が起業する場合、どのようにするのか知りたいです。

それでは、女性が起業するパターンを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

女性が起業するパターン
  • パターン①:個人事業主
  • パターン②:法人設立
  • パターン③:フランチャイズ
  • パターン④:代理店業務
  • パターン⑤:プチ起業

 

パターン①:個人事業主

女性が起業するパターン1つ目は「個人事業主」です。

個人事業主は、税務署に開業届を出すことで起業します。

一般的に自営業と呼ばれるものになります。

個人事業主は、後盾に誰もいないため、社会的信用度が低くなってしまいます。

そのため、安定して稼ぐことが難しい場合があります。

個人事業主として独立する場合は、ある程度安定させてからにしたいですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

パターン②:法人設立

女性が起業するパターン2つ目は「法人設立」です。

個人事業主として軌道に乗った場合、法人化が可能になります。

法人化を行うと、社会的信用も高くなります

最初から法人を設立することもできますが、税制上、稼ぎがないと損をしてしまいます

まず、個人事業主として開業し、法人化を目指すとよさそうですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

パターン③:フランチャイズ

女性が起業するパターン3つ目は「フランチャイズ」です。

フランチャイズは、使用料を払って、ブランドの名前やノウハウを借りるシステムです。

個人で行う場合に比べ、安定しやすいことがメリットです。

売り上げの内、使用料を払うため、売り上げに対する収入は少なくなってしまいます。

フランチャイズはよく耳にしますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

パターン④:代理店業務

女性が起業するパターン4つ目は「代理店業務」です。

代理店業務とは、保険会社などの代理店制度を利用する方法です。

資格があればすぐに起業することができます。

また、フランチャイズと同様にブランド名を使うことができるため、軌道に乗せやすいです。

ノウハウもあるため、初心者でも続けやすいです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

パターン⑤:プチ起業

女性が起業するパターン5つ目は「プチ起業」です。

プチ起業は、働く日数を少なくし、副業として起業する方法です。

隙間時間で行うことができるため、忙しい女性にもおすすめです。

臨機応変に働く時間を変えることができます。

プチ起業は初めて聞きました。

働く量をあえて抑えるということですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【TOP10】起業したい女性におすすめの職種ランキング一覧

就活生ちゃん

女性が起業するパターンについてわかりました。

起業したい女性におすすめの職種が知りたいです。

それでは、起業したい女性におすすめの職種について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

起業したい女性におすすめの職種
  • 1位:サロン経営
  • 2位:自宅教室
  • 3位:ネットショップ経営
  • 4位:カフェ経営
  • 5位:フィットネス経営
  • 6位:家事代行業
  • 7位:WEBデザイナー業
  • 8位:WEBライター業
  • 9位:オンライン秘書業
  • 10位:ネイリスト業

 

1位:サロン経営

起業したい女性におすすめの職種1つ目は「サロン経営」です。

サロン経営
平均年収 282万
開業難易度
スキル難易度
安定性

サロン経営には、ネイリストや美容師・エステティシャンなどが含まれています。

出店する場所を用意しなければならないため、開業難易度は高いです。

必要なスキルも、専門的な知識が必要なため勉強が必要です。

軌道に乗ればリピート客も見込めるので安定しやすいと言えるでしょう。

 

2位:自宅教室

起業したい女性におすすめの職種2つ目は「自宅教室」です。

自宅教室
平均年収 70~240万
開業難易度
スキル難易度
安定性

自宅教室は、自分の家を教室として、様々なことを教えることです。

お料理教室や、着付け、英語、ピアノなど、自分の得意なものを教えることができます。

開業するためには、特定のスキルをが必要になります。

給与に関しては、週に働く日数が人によって違うため、ばらつきが出ています。

 

3位:ネットショップ経営

起業したい女性におすすめの職種3つ目は「ネットショップ経営」です。

ネットショップ経営
平均年収 324万
開業難易度
スキル難易度
安定性

ネットショップ経営は、商品を仕入れてネット上で販売する仕事です。

パソコンがあれば開業できるため、開業難易度は低いです。

特に必要なスキルもありません

しかし、軌道に乗るまで時間がかかることが予想されるため、安定はしていないと言えるでしょう。

 

4位:カフェ経営

起業したい女性におすすめの職種4つ目は「カフェ経営」です。

カフェ経営
平均年収 200~500万
開業難易度
スキル難易度
安定性

カフェ経営では、その名の通りカフェを経営します。

料理やドリンクを提供する際にスキルが必要です。

さらに女性は、内装・外装などデザインの面から、他との差別化を図ることができるでしょう。

空テナントを探さなければならないことから、開業難易度は高めです。

 

5位:フィットネス経営

起業したい女性におすすめの職種5つ目は「フィットネス経営」です。

フィットネス経営
平均年収 317万
開業難易度
スキル難易度
安定性

フィットネス経営自分の得意なものを教える仕事です。

場所などを借りなければならないため、開業には準備が必要です。

自分が得意なことを、人に教えるスキルを持っている必要があります。

固定客がつくことで安定して働くことができるでしょう。

 

6位:家事代行業

起業したい女性におすすめの職種6つ目は「家事代行業」です。

家事代行業
平均年収 238万
開業難易度
スキル難易度
安定性

家事代行業は、お客さんの家事を代わりに行う仕事です。

家事には、片付け、掃除、洗濯、買い出し、料理などが挙げられます。

特に必要な資格もないため、開業難易度は低いと言えるでしょう。

しかし最初は、軌道に乗せることが難しく、安定しにくいと考えられます。

 

7位:WEBデザイナー業

起業したい女性におすすめの職種7つ目は「WEBデザイナー業」です。

WEBデザイナー
平均年収 356万
開業難易度
スキル難易度
安定性

WEBデザイナーはWEBサイトなどのデザインを行う仕事です。

こちらも(WEB)ライター・翻訳家同様に、パソコンのみで開業できます。

独学でスキルを身に着けることができますが、デザイン力が必要になります。

競合からデザイン力でクライアントに選ばれる必要になるため、安定しないことがあります。

 

8位:WEBライター業

起業したい女性におすすめの職種8つ目は「WEBライター業」です。

WEBライター
平均年収 423万 
開業難易度
スキル難易度
安定性  高

WEBライター・はクライアントから案件を受け取り、働く仕事です。

パソコンさえあれば開業することができます。

文章を書くような必要なスキルも、自分で習得することが可能です。

文章を書く仕事は常に需要があるため、安定して案件を獲得することができるでしょう。

 

9位:オンライン秘書業

起業したい女性におすすめの職種9つ目は「オンライン秘書業」です。

オンライン秘書業
平均年収 200万 
開業難易度
スキル難易度
安定性  高

オンライン秘書業は、クライアントのサポートをオンラインで行う仕事です。

近年、リモートワークの浸透により、需要が増しています

オンライン秘書業には、一般的な秘書と同じスキルが求められます。

フルタイムで働く場所を見つけることができれば、収入も上がり安定すると言えるでしょう。

 

10位:ネイリスト業

起業したい女性におすすめの職種10つ目は「ネイリスト業」です。

ネイリスト業
平均年収 300万 
開業難易度
スキル難易度
安定性  中

ネイリスト業は、お客さんのネイルに携わる仕事です。

他の美容系サロンと比べて、資格が必要ないため、開業難易度が低いです。

しかし、ネイルに関する専門的な知識は必要です。

常連客を作ることで、ある程度安定することができるでしょう。

 

 

                                   

業界研究に役立つ記事一覧

「業界研究ってやる意味あるの?」「業界研究をしたけど、結局志望業界が決まらない」という就活生は、 業界研究のやり方を知って、 志望業界を決定しましょう。

以下の記事を読めば、業界研究のやり方がわかり、あなたにぴったりの業界を選べるようになります。

就活アドバイザー 京香

自分に向いている業界を見つける方法

①業界研究をして業界の全体像を知る
業界研究のやり方4STEP

②業界を決める
志望業界の決め方

               

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


起業したい女性が業種を決める際のポイント3選

就活生ちゃん

起業したい女性におすすめの職種についてわかりました。

起業したい女性が業種を決める際の注意点が知りたいです。

それでは、起業したい女性が業種を決める際のポイントを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

起業したい女性が業種を決める際のポイント
  • ポイント①:自分の強みが活かせるか
  • ポイント②:ランニングコストが低い
  • ポイント③:スモールビジネスから始められるか

 

ポイント①:自分の強みが活かせるか

起業したい女性が業種を決める際のポイント1つ目は「自分の強みが活かせるか」です。

起業してから、軌道に乗せるまで、他の企業等と競争することになります。

最初に大企業と争わなければならない場合、とても不利な状態です。

そこで、自分の強みを活かし、他企業と差別化することが大切です。

自分の強みが、存分に発揮できる業種を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ポイント②:ランニングコストが低い

起業したい女性が業種を決める際のポイント2つ目は「ランニングコストが低い」です。

ランニングコストとは、設備などを維持するときにかかるコストを指しています。

個人事業主は資本金が多いことは少ないです。

そのため、ランニングコストが高いと、経営を続けることが難しくなってしまいます。

そこで、ランニングコストを低く抑えることが大切になってきます。

自宅で開業する場合は、ランニングコストを下げることができます。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

ポイント③:スモールビジネスから始められるか

起業したい女性が業種を決める際のポイント3つ目は「スモールビジネスから始められるか」です。

最初にコストのかかる大きな仕事をしてしまうことは、大きなリスクになります。

起業したてでは、軌道に乗らず、収益が出しづらいことも多くあります。

その場合、コストがかかってしまうと、すぐに廃業しなければならなくなってしまいます

そのため、初期投資が少ない、スモールビジネスから始めることが大切です。

スモールビジネスから始め、徐々に大きくしておくことが理想的ですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

女性が起業するメリット3選

就活生ちゃん

起業したい女性が業種を決める際のポイントについてわかりました。

女性が起業するメリットについて、教えてください。

それでは、女性が起業するメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

女性が起業するメリット
  • メリット①:女性ならではの悩みを解消できる
  • メリット②:働き方を自由に設計できる
  • メリット③:ライフイベントに合わせて仕事ができる

 

メリット①:女性ならではの悩みを解消できる

女性が起業するメリット1つ目は「女性ならではの悩みを解消できる」です。

女性の起業におすすめする職種の1つに、美容系のサロン経営が挙げられます。

美容系サロンの多くのお客さんは女性です。

そのため、女性起業家は、お客さんの気持ちがわかります

お客さんの悩みを親身に考えることができ、いい経営につながるでしょう。

美容系サロン経営だけでなく、お客さんと関わる仕事のほとんどに言えることだと思います。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

メリット②:働き方を自由に設計できる

女性が起業するメリット2つ目は「働き方を自由に設計できる」です。

起業に勤めると、ほとんどの場合、毎日8時間勤務となります。

自分が起業した場合、働く時間を自由に調整することができます。

自由な時間を作ることで、本業以外のことに時間を割くことができます。

短い時間でサクッと働くことで、いくつも会社を経営している人もいますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

メリット③:ライフイベントに合わせて仕事ができる

女性が起業するメリット3つ目は「ライフイベントに合わせて仕事ができる」です。

これは、働き方を自由に設計できることにもつながります。

働く時間の自由に調節することができるため、ライフイベントに参加することができます。

「仕事でいけない」ことがなくなることは大きなメリットと言えるでしょう。

急遽仕事が入ることも少ないため、プライベートも満喫できますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


女性が起業するデメリット2選

就活生ちゃん

女性が起業するメリットについてわかりました。

女性が起業するデメリットは何かありますか?

それでは、女性が起業するデメリットについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

女性が起業するデメリット
  • デメリット①:将来の不安は尽きない
  • デメリット②:ライフイベントの変化によっては継続できない場合のある

 

デメリット①:将来の不安は尽きない

女性が起業するデメリット1つ目は「将来の不安は尽きない」です。

起業したての場合、いつ軌道に乗るかはわかりません

軌道に乗ったとしても、いつピンチに陥るかもわかりません

大企業と違い、サポートも少ないため、不安はずっとある状態になります。

そのため、万が一のことを考えて用意しておくことが大切です。

保険として、違う収入減を持っておくこともポイントですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

デメリット②:ライフイベントの変化によっては継続できない場合のある

女性が起業するデメリット2つ目は「ライフイベントの変化によっては継続できない場合のある」です。

メリットに1つに勤務時間を自由にすることができる点が挙げられています。

これにより、ほとんどのライフイベントは参加できると言えるでしょう。

しかし、長期離脱となる場合は、経営の存続を考えなければなりません。

この場合、経営業の引退の可能性もあると言えるでしょう。

女性の場合、妊娠や出産など大きなイベントもあるので、企業の経営を続けることが難しい時もあるようです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

自分に合った業界を見つけるには?

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方には、適性診断AnalyzeU+で自己分析をするのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、251問の質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

あなたの強み・弱み、適性職種がわかり「あなたの強みを活かせる」企業や業界からスカウトが届くので、あなたの短所も強みとして生かせる就活を行えます。

「自分の向いている業界がわからない」という方こそ、就活生の2人に1人が利用し、自己分析の結果が企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

女性の起業に関するよくある質問

就活生ちゃん

女性が起業するデメリットについてわかりました。

そのほか、女性の起業に関する知っておくべきことはありますか?

それでは、女性の企業に関するよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:女性1人でも起業できるの?
  • 質問②:女性で起業した人の成功例は?

 

質問①:女性1人でも起業できるの?

よくある質問1つ目は「女性1人でも起業できるの?」です。

結論から言うと、女性1人でも起業できます

特に、スモールビジネスを経営する場合は1人でも十分です。

下記の記事は1人で起業できる職種についてまとめたものです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

質問②:女性で起業した人の成功例は?

よくある質問2つ目は「女性で起業した人の成功例は?」です。

成功を収めた女性起業家には以下の方達がいます。

成功した女性起業家
  • 近藤麻理恵さん(KonMari Media Japan 株式会社)
  • 仲暁子さん(Wantedly株式会社)
  • 田中美和さん(株式会社Waris)
  • 経沢香保子さん(株式会社キッズライン)
  • 荻野みどりさん(ブラウンシュガーファースト)
  • 高橋祥子さん(株式会社ジーンクエスト)
  • 坂梨亜里咲さん(4MEEE株式会社)

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所、適性職種を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、あなたに合う業界の大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の向いている業界がわからない」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みと適性職種がわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


まとめ:女性の強みを生きる職種で起業しよう

今回は、女性の起業ついて紹介しました。

合わせて、「女性は起業に向いている?」や、「起業したい女性におすすめの職種は?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【そもそも】女性は起業に向いているの?

  • 結論:女性は起業に向いている
  • 起業家の3人に1人は女性
  • 女性の方が有利な業種/職種も多い

◆【起業にも種類がある】女性が起業するパターン5選

  • パターン①:個人事業主
  • パターン②:法人設立
  • パターン③:フランチャイズ
  • パターン④:代理店業務
  • パターン⑤:プチ起業

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆【TOP10】起業したい女性におすすめの職種ランキング一覧

  • 1位:サロン経営
  • 2位:自宅教室
  • 3位:ネットショップ経営
  • 4位:カフェ経営
  • 5位:フィットネス経営
  • 6位:家事代行業
  • 7位:WEBデザイナー業
  • 8位:WEBライター業
  • 9位:オンライン秘書業
  • 10位:ネイリスト業

◆起業したい女性が業種を決める際のポイント3選

  • ポイント①:自分の強みが活かせるか
  • ポイント②:ランニングコストが低い
  • ポイント③:スモールビジネスから始められるか

◆女性が起業するメリット3選

  • メリット①:女性ならではの悩みを解消できる
  • メリット②:働き方を自由に設計できる
  • メリット③:ライフイベントに合わせて仕事ができる

◆女性が起業するデメリット2選

  • デメリット①:将来の不安は尽きない
  • デメリット②:ライフイベントの変化によっては継続できない場合のある

◆女性の起業に関するよくある質問

  • 質問①:女性1人でも起業できるの?
  • 質問②:女性で起業した人の成功例は?

◆まとめ:女性の強みを生きる職種で起業しよう