【きつい?】不動産営業に向いている人の特徴11選 | 向いていない人,口コミも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 不動産営業に向いている人の特徴は、人と接することが好き、フットワークが軽い、精神的に強いなど
    ⇒その他の特徴はこちら
  • 不動産営業に向いていない人の特徴は、人と接するのが苦手、土日に休みたい人、安定志向が強い人
  • 不動産営業は稼げる!
  • 不動産営業で働いている人の口コミ
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!
記事を読む前に

今回の記事では不動産営業に向いている人について詳しく説明していきます。

他にも、不動産営業に向いていない人の特徴不動産営業で働く注意点なども紹介しています。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

◆この記事を特に読んでもらいたい皆さん

  • 「不動産営業」に就きたいと考えている就活生の皆さん
  • 「不動産営業」に少しでも興味を持っている就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧になってください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

不動産営業に向いている人の特徴11選

就活生ちゃん

不動産営業に向いている人の特徴ってどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく教えてください!

確かに不動産営業に向いている人の特徴について気になりますよね・・・

では以下の項目で説明していきますね!

就活アドバイザー 京香

不動産営業に向いている人の特徴10選
  • 特徴①:人と接することが好きな人
  • 特徴②:フットワークが軽い人
  • 特徴③:精神的に強い人
  • 特徴④:とにかくお金を稼ぎたい人
  • 特徴⑤:社会の変化に敏感な人
  • 特徴⑥:素直にアドバイスを聞ける人
  • 特徴⑦:勉強を熱心な人
  • 特徴⑧:家族や友達に営業マンがいる人
  • 特徴⑨:負けず嫌いな人
  • 特徴⑩:業務が丁寧で正確な人
  • 特徴⑪:数字を追うことが好きな人

それでは見ていきましょう!

就活アドバイザー 京香

 

特徴①:人と接することが好きな人

不動産営業に向いている人の特徴1つ目は、「人と接することが好きな人」です。

世間のイメージ通り、不動産営業では顧客と話すことがとても多い仕事です。

人と接することが好きな人が向いている理由は2点あります。

  1. 顧客とのコミュニケーションが大事だから
    顧客は物件のことについて知りたいと思っています。
    そのため、物件について分かりやすく伝わるコミュニケーション力が必要です。
  2. 顧客の緊張をほぐす必要があるから
    不動産営業で扱う商品(物件)はすべて高額のため、顧客は緊張感を持っているでしょう。
    顧客の緊張感をほぐせるような会話力を身に着けておきたいです。

不動産営業とは、顧客にとって大きな買い物であるのでどこか緊張感があります。

顧客が楽しく買い物をできるようにするためにも、相手の目線に立って寄り添う事を心がけたいです。

 

特徴②:フットワークが軽い人

不動産営業に向いている人の特徴2つ目は、「フットワークが軽い人」です。

フットワークが軽い人は不動産営業に限らず、ビジネスで成功しやすいと言われています。

フットワークが軽い人が向いている理由は2つあります。

  1. スピーディーな対応が必要だから
    不動産営業ではスピーディーな対応が求められます。
    例えば、物件の相談を今したい、物件を今から見たいといったシチュエーションです。
    フットワークが軽くすばやく対応できる人は顧客からの信頼を獲得することができるでしょう。
  2. 人との出会いが多いから
    ビジネスの成功において人脈の占める割合は80%といわれています。
    そして、フットワークが軽い人は人との出会いが多い傾向にありますから、ビジネスで成功しやすいといえるでしょう。

これらのことからフットワークが軽い人が、不動産営業で成功することがよく分かったと思います。

けれども、フットワークが軽すぎることが原因で、ワークライフバランスが乱れてしまうことが見受けられます。

仕事ばかりに気を取られるだけでなく、私生活を充実させることも意識した方が良いかもしれません。

 

特徴③:精神的に強い人

不動産営業に向いている人の特徴3つ目は、「精神的に強い人」です。

精神的に強い人が向いている理由は2つあります。

  1. プレッシャーに耐える必要があるから
    不動産営業では、一般的にノルマを設けられているケースが多いです。ノルマに追われながらも、平常心を保てる人材は重宝されます。
  2. 上司に詰められる可能性があるから
    先ほど述べたように、不動産営業ではノルマが設けられています。
    営業成績が悪ければ、当然上司に詰められることがあるでしょう。

このような説明しましたが、長い期間不動産営業に勤めていけば仕事に慣れていきます。

ですから、プレッシャーがかかるのは、初めのうちだけと考えてもいいかもしれません。

ですが、真剣に業務に取り組まなければいつまでもプレッシャーを感じることになるでしょう。

 

特徴④:とにかくお金を稼ぎたい人

不動産営業に向いている人の特徴4つ目は、「とにかくお金を稼ぎたい人」です。

とにかくお金を稼ぎたい人が向いている理由は2つあります。

  1. インセンティブ制度を導入しているから
    不動産営業ではインセンティブ制度を導入している企業がほとんどです。
    インセンティブ制度を利用すれば、若くして年収1千万を超えることがあります。
  2. 自己成長できるから
    不動産営業はノルマが設けられていることから、ハードワークになりやすい傾向にあります。
    ハードワークは多くの業務をこなさなければなりませんが、多くの仕事をこなすことになるので、成長する機会になります。

インセンティブ制度はあくまで結果を残した人だけに支払われる賞与ですから、業務に積極的に取り組むことが必要です。

しかし大きな目標でもない限り、結果を残し続けるにはかなりのストレスがかかることになるでしょう。

 

特徴⑤:社会の変化に敏感な人

不動産営業に向いている人の特徴5つ目は、「社会の変化に敏感な人」です。

不動産市場は、社会の変化と連動しています。

社会の変化に敏感な人が向いている理由は2つあります。

  1. 社会の変化が不動産の変化につながるから
    社会が変化することで、不動産市場も変化が起きるため、社会の変化に敏感である必要があります。
  2. 会話を弾ませる必要があるから
    コミュニケーションで重要なことの1つとして、共通の話題というものがあります。
    顧客との共通の話題を見つけることは、意外と難しいものです。
    けれども社会の変化に目を向けていると、その中から会話を広げることができます。

不動産営業で社会の変化に目を向けることで、多くのメリットを得ることができることが分かりました。

具体的な方法として、新聞・ニュースを朝食の時間や通勤の時間に見ることをオススメします。

 

特徴⑥:素直にアドバイスを聞ける人

不動産営業に向いている人の特徴6つ目は、「素直にアドバイスを聞ける人」です。

素直にアドバイスを聞ける人が向いている理由は2つあります。

  1. 成果はすぐには出ないから
    何事においても、いきなり成果が出ることはありません。
    初めのうちは失敗の連続になるでしょう。
    素直にアドバイスを聞ける人は、その失敗から学習することができます。
  2. 他人から学ぶことが大切だから
    他人の意見を聞かない・素直でない人は成長するスピードがとても遅いです。
    誰しもが初めは他人から学ぶこと、真似をすることから始まります。

素直にアドバイスを聞ける人は、仕事を覚えるのが早いだけでなく、社内で円満な関係を築きやい傾向にあります。素直な人は誰しもが好きですよね。

 

特徴⑦:勉強に熱心な人

不動産営業に向いている人の特徴7つ目は、「勉強に熱心な人」です。

不動産営業では学ばないといけないことが多くあります。

勉強に熱心な人が向いている理由は2つあります。

  1. 勉強することが多いから
    不動産営業を行う上で、営業形態化にもよりますが、法律や税金についての知識がないと働くことができないことがほとんどです。
    勉強することで幅広い選択肢を得ることができます。
  2. 昇進競争が激しいから
    勉強に熱心な人は、昇進に有利であることが多いです。
    勉強をしている社員は、不動産営業の中でも様々なポジションにつくことが可能だからです。

不動産営業のキャリアパスは、以下のものがあげられます。

不動産営業のキャリアパス
  • 上司の独立について行く
  • 他社に引き抜かれる
  • フリーランスとして独立する
  • 自身で独立開業をする

上記のキャリアパスを目指すためには、どれも実績を作る事が必須です。実績を作るためには、それに見合う能力が必要になります。勉強することは、能力を身に着ける最短ルートですので、学習する姿勢を常に持っておきたいです。

 

特徴⑧:家族や友達に営業マンがいる人

不動産営業に向いている人の特徴8つ目は、「家族や友達に営業マンがいる人」です。

家族や友達に営業マンがいる人が向いている理由は2つあります。

  1. 気軽に相談できるから
    不動産営業をしていると、悩みの種がいくつか出てくることでしょう。
    悩みの内容によっては職場の人に相談できないことがあります。
    ですから、家族や友達に営業マンがいることで気軽に相談することができます。
  2. ノウハウを教えてくれるから
    仕事のノウハウを教えてもらうのと、そうでないのでは雲泥の差があります。
    不動産営業はノルマや他の社員の競争があるので、同僚や上司が必ずしもノウハウを教えてくれるとは限りません。
    しかし、家族や友達の営業マンとは競争しているわけではないので、ノウハウを自然と教えてくれるでしょう。

不動産営業では、家族や友達に営業マンがいることで人脈を広げることができます。他の営業の方を、紹介してもらえることがあるからです。そこでさらに相談やノウハウを教えてもらうことができます。

 

特徴⑨:負けず嫌いな人

不動産営業に向いている人の特徴9つ目は、「負けず嫌いな人」です。

負けず嫌いな人が向いている理由は2つあります

  1. 不動産営業は競争が激しいから
    不動産営業にはインセンティブ制度が設けられていることがほとんどです。
    また、社内で自分の業績を共有することが多々あります。
    競争する構造が成り立っているので、負けず嫌いな人は能力を存分に発揮できるでしょう。
  2. 物事を改善できるから
    負けず嫌いな人は、業務を積極的に改善する傾向にあります。
    勝つことにどん欲な姿勢を見せることが多いので、自分にできることは何でもするといった具合です。

 

特徴⑩:業務が丁寧で正確な人

不動産営業に向いている人の特徴10つ目は、「業務が丁寧で正確な人」です。

業務が丁寧で正確な人が向いている理由は2つあります。

  1. 信頼を得られるから
    業務が丁寧な人はお客さんからの信頼を得ることができます。
    丁寧な接客をしている人に、安心感を得ることができるのは当たり前の話ですね。
  2. 他の社員と仲良くなれるから
    業務が丁寧だとお客さんからだけでなく、同僚や上司からの信頼も得られます。
    真面目に作業に取り組んでいる人には、同僚や上司が優しく接してくれることでしょう。

皆さんの周りにも作業が丁寧で正確な人がいると思います。

こういった人は周りの雰囲気を良くしてくれますよね。

 

特徴⑪:数字を追うことが好きな人

不動産営業に向いている人の特徴11つ目は、「数字を追うことが好きな人」です。

不動産営業ではノルマが設けられるので、数字が付きまといます。

数字を追うことが好きな人が向いている理由は2つあります。

  1. ノルマが設けられているから
    不動産営業ではノルマが設けられているケースが多いです。
    ノルマが設けられているすなわち、数字を追うことが常に求められます。
  2. 業務改善ができるから
    人は好きなことのためなら、自分の力を存分に発揮することができる。
    数字を追うために、積極的に業務改善をすることができるでしょう。

数字を追うのが好きな人、数字が得意な人は少ない傾向にあるので、重宝されます。

数字を追うことが好きな人は、同期よりも早く出世できるかもしれません。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

不動産営業に向いてない人の特徴3選

就活生ちゃん

不動産営業に向いている人の特徴がよくわかりました!

ちなみになんですが、不動産営業に向いていない人の特徴は何かあるのでしょうか?

そうですね、現実的な話向いていない人がいることは事実です。

しかし得意なことや苦手なことは誰にでもありますから、当てはまったとしても落ち込まなくて大丈夫です!

それでは、不動産営業に向いてない人の特徴についてご紹介させていただきます。

就活アドバイザー 京香

不動産営業に向いてない人の特徴
  • 特徴①:人と接するのが苦手な人
  • 特徴②:完全土日に休みたい人
  • 特徴③:安定志向が強い人

 

特徴①:人と接するのが苦手な人

不動産営業に向いてない人の特徴1つ目は、「人と接するのが苦手な人」です。

不動産営業の仕事は、必ずお客さんとのコミュニケーションを取ることになります。

現代ではインターネットの発達により、オンラインでの物件探しも広まりを見せつつあります。

しかし、不動産営業の職務のすべてがオンラインに移行したわけではありません。

必ずお客さんとコミュニケーションを取る機会は訪れますので、人と接するのが苦手な人は向いていないといえます。

 

特徴②:完全土日に休みたい人

不動産営業に向いてない人の特徴2つ目は、「完全土日に休みたい人」です。

一般的な不動産会社では、水曜日が定休日、週休2日制を採用しています。

ですから、完全土日に休むことができません。

休日は家族とお出かけをしたり、友人と遊びに出かけたいと思っている方には向いていない職業といえます。

 

特徴③:安定志向が強い人

不動産営業に向いてない人の特徴3つ目は、「安定志向が強い人」です。

一般定期に不動産営業マンの給料は、基本給+インセンティブ制度を導入しています。

不動産営業マンの基本給はそれほど高くない傾向にあります。

インセンティブ制度とは、個人の営業成績によって支払われる賞与のことです。

ですから給与が、営業の成績の良い悪いで左右されるので、安定した給与を除くことは難しいです。

安定した給与を得ることは難しいかもしれませんが、営業成績によっては高年収も夢ではない職業です。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【働く人の口コミあり】不動産営業とは?

就活生ちゃん

不動産営業に向いている人の特徴が分かりました!

不動産営業は、実際どんなことをしているのか具体的に知りたいです。

確かに実際に何をしているのかわからない部分もありますね。

それでは、不動産営業が何をしているかを説明していきます。

実際に働いている人の口コミも紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

 

不動産営業:不動産の販売や、賃貸契約を提案する仕事

不動産営業とは、不動産を個人や法人に販売したり、賃貸契約の提案をしたりする仕事のことです。

不動産営業は売り上げ目標が設けられることが多く、体育会系の気質がある会社も中にはあるそうです。

けれどもインセンティブ制度を導入している企業も多く、高収入を期待することができる仕事といえます。

不動産営業では、顧客が自ら足を運んでくることが多いので、アポイントなどを自分で取ることは基本的にはありません。

ただし、不動産は高い買い物ですから顧客が慎重になることがありますので、高い提案力が求められます。

 

不動産営業の仕事内容と役割

不動産営業は大きく分けると5つに分けることができます。

不動産営業は5つに分けられる

①:賃貸仲介営業

賃貸物件を所有するオーナーと借者の仲介をする仕事です。

賃貸物件の契約が成立したときに、仲介手数料をもらうことで利益を出しています。

②売買仲介営業

物件の売主と買主のやりとりの仲介をする仕事です。

③住宅販売営業

自社で所有している不動産を顧客に販売する仕事です。

④投資用不動産営業

投資家を相手に投資用の不動産を売る仕事です。

⑤不動産仕入れ営業

不動産取引するための物件を仕入れる仕事です。

 

不動産営業で働いてる人の口コミ(X/Twitter)

就活生ちゃん

不動産営業のイメージが固まってきました!

ですが、働いている人が実際にどのように感じているのか気になります。

そうですね、イメージと実際が違うことはよくある話です。

それでは、旧Twitter/Xの声を聴いてみましょう。

就活アドバイザー 京香

不動産営業について、ポジティブな意見とネガティブな意見をまとめてみました。

ポジティブな理由とネガティブな理由が「責任感がある」という点で共通しているのは面白いですね。

ポジティブ側は「責任感がある」からやりがいがある、ネガティブ側は「責任感がある」からしんどいと語っているようです。

責任感にやりがいを見出せる人には、向いている仕事なのかもしれませんね。

就活アドバイザー 京香

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

不動産営業で働く注意点

就活生ちゃん

不動産営業に向いている人・向いていない人のお話がよくわかりました!

私は実際に不動産で働こうと思うのですが、働くうえでの注意点は何かありますでしょうか?

はい!

それでは、不動産営業で働く注意点をご紹介します!

就活アドバイザー 京香

 

注意点①:営業ノルマがある

不動産営業で働く注意点1つ目は、「営業ノルマがある」です。

営業ノルマがあることで、常に数字を追う状況に身を置くことになります。

しかし、不動産はお客さんからすると大きな額になるので、営業ノルマを満たすのは簡単ではありません。

営業ノルマを達成できなければ当然ですが、上司に詰められることがあるでしょう。

ノルマに対してのプレッシャーに耐えられる強いストレス耐性が必要ですね。

就活アドバイザー 京香

 

注意点②:休日を取りにくい

不動産営業で働く注意点2つ目は、「休日を取りにくい」です。

不動産営業はB to C(Business to Customer)の営業なので、土日の休みが少ない・火、水に休みの傾向にあります。

学校や一般的な企業は、土日に休みであることがほとんどですから、友人や家族と予定を合わすのが難しい可能性が高いです。

不動産営業では、平日に休みになることが多いのですね。

土日は外出する人が多いですが、平日ですと外出する人が少ないので、優雅な休日を過ごせるかもしれませんね!

就活アドバイザー 京香

 

注意点③:給与が安定しない

不動産営業で働く注意点3つ目は、「給与が安定しない」です。

不動産営業では、インセンティブ制度を導入していることから、給与が安定しない傾向にあります。

給与が安定しないといっても、あくまで高額な収入が安定しないだけですので、不安がる必要はないでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

不動産営業で働くメリット3点

就活生ちゃん

不動産営業に向いている人・向いていない人の特徴がよくわかりました!

そこでなんですが、不動産営業で働くメリットについて教えてもらえますか?

分かりました。

それでは、不動産営業で働くメリットについて説明していきます!

就活アドバイザー 京香

 

メリット①:成果が年収に反映されやすい

不動産営業で働くメリット1つ目は、「成果が年収に反映されやすい」です。

一般的に不動産営業ではインセンティブ制度を導入しています。

そのため、自分の頑張りや成果が、給与に直接的にかかわってきます。

年収が上がるだけではなく、仕事のやりがいにもつながってくるでしょう。

不動産業界は取り扱っている商材が高額であるため、売り上げが大きくなります。

上記の理由から、インセンティブ制度でもらえる金額が必然的に大きくなります。

就活アドバイザー 京香

 

メリット②:学歴・経験がなくても出世しやすい

不動産営業で働くメリット2つ目は、「学歴・経験がなくても出世しやすい」です。

不動産業界は、学歴や経験がなくても出世ができる実力至上主義の世界です。

自分に能力のある人なら、出世や給与アップもすぐにできる魅力的な職業です。

学歴や経験は必要ないですが、不動産についての勉強をすることが必須ということを忘れてはいけません。

学歴・経験がなくても出世しやすいですが、あくまで実力至上主義なので実力がなければ出世は困難でしょう。

 

メリット③:買い手の人生を左右する出来事に携われるやりがいがある

不動産営業で働くメリット3つ目は、「買い手の人生を左右する出来事に携われるやりがいがある」です。

不動産営業で扱う商材は一つ一つがどれも高額です。

お客さんからすれば、人生を左右する出来事になります。

お客さんに与える影響が大きいので、プレッシャーや責任感を伴うことになります。

しかし、お客さんからの感謝の言葉や達成感を感じることができます。

大変なことが多い仕事ではありますが、大きなやりがいを感じることができる仕事です。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

不動産営業に関するよくある質問

就活生ちゃん

不動産営業について疑問に思っていたことが解決しました!

他に知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、不動産営業に関するよくある質問ご紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

 

質問①:不動産営業は楽って本当ですか?

不動産営業に関するよくある質問1つ目は、「不動産営業は楽って本当ですか?」です。

結論からいいますと、不動産営業はきつい傾向にあるといえます。

理由として、ノルマが課される・土日に休みが少ないことがあげられます。

常に数字に追われる状況が続き、土日に休みが少ないのは忙しい仕事であるといえます。

不動産営業はかなり忙しい傾向にあるのですね。

しかし会社にもよりますが、結果を出していれば休みが取りやすかったりするそうです。

実力至上主義な一面がある仕事ですね。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:不動産営業のやりがいって何ですか?

不動産営業に関するよくある質問2つ目は、「不動産営業のやりがいって何ですか?」です。

不動産営業におけるやりがい
  • 取り扱うものの重大さ
  • さまざまな人に出会える
  • 仕事の成果が収入に直接つながる

不動産営業は取り扱う商品の重大さがありますから、契約が成立した時の達成感は大きいです。

また、物件を探すお客さんは幅広い人達ですから、普段では会うことができないような方と会うことができます。

インセンティブ制度を導入しているため、他の職種と比べると、仕事の成果が収入につながりやすいです。

実力さえあれば、年収1千万を目指すことができる面白い職業です。

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:不動産営業に向いてる人の特徴を参考に、目指す業界・職種を絞ろう!

本記事では『不動産に向いている人の特徴や口コミ』や、『不動産営業で働くメリット3』について解説していきました

就活では様々な職種や採用企業、そういった職種や企業に関して「やめておけ」や「勝ち組」といった噂に出逢います。

しかし就活においても人生においても、自分がしたいと思ったことをやるのが一番です。

この記事を読んだことで、就職に関する不安や疑問が解消されていたら、嬉しい限りです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。