【インタビュー】株式会社トリプルバリューCEO・山本龍太様|簡単に自己分析ができるエンゲージメントカード

トリプルバリュー

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

「就活の教科書」編集部 本間

こんにちは。「就活の教科書」編集部の本間です。

今回は自己分析に活用できるエンゲージメントカードを開発した「株式会社トリプルバリュー」CEO・山本龍太様に取材をしました。

エンゲージメントカードがオンライン化され、無料で利用することができるということで、今回お話をお伺いしました。

自己分析をより深めたい人自分が志望する職種を絞りたい人はぜひ最後まで記事を読んでみてください!

自分の大切にしていることが分かるエンゲージメントカード

「就活の教科書」編集部 本間

それでは、まずエンゲージメントカードとは何か教えていただけますか。
エンゲージメントカードとは、88枚の価値観が書かれたカードの中から自分の価値観に近い7枚のカードを選び出し、自分の価値観が何かを自己発見して頂くものになっています。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

なぜ、このカードを開発しようと思ったんですか。
元々のコンセプトはもっと「ワクワーク」、ワクワクしながら働く(work)人を増やしたいという思いからスタートしました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

ワクワーク。楽しい響きですね!

自分が勝手に使っている言葉なので、そう言ってもらえると嬉しいです。

エンゲージメントカードは、チームビルディングの一環として開発を進めました。

チームが安心して自由に発言ができる心理的安全性を高めていくためには、お互いを理解することが必要です。

そのためには、自分自身の事を理解していることが前提として、互いに自己開示をしていかなければならないんです。

その前提の部分で、自分の価値観は何か?自分が大事にしていることは何か?自分がどのような人間か?を自分との対話(自己対話)と、他社との対話による相互理解をしてもらうために、このカードが開発されました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

 

「就活の教科書」編集部 本間

就活生向けに開発されたものではなかったんですね。

そうです。

初めはビジネスパーソンを対象として販売をしておりました。

ご購入いただいている方には、人事の方が多いですが、キャリアコンサルタントの方も多いですね。

お話を聞くと、今後のキャリアを模索している方で自分の価値観を考えてる人が少なく、このカードを利用して見つけているという声をよく聞きます。

キャリアという繋がりでいくと、最近は大学のキャリアセンターや就職課の方からお問い合わせが増えて、利用して頂くケースが増えております。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

最初はチームで使って頂くために開発を進めていたけれど、結果的にはキャリアを考える上での自己分析に効果が得られたということですか。

そうですね。

これは、我々も新たな発見でしたね。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

エンゲージメントカードを使った自己分析が就活に結び付いたということですね。

エンゲージメントカードはいつから販売されているのでしょうか。

実は、エンゲージメントは2020年2月末にクラウドファンティングでスタートしました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

結構最近なんですね!
ですので、リリース時にちょうどコロナになり、人が会って話す機会が激減してしまうという厳しい状況に陥ってしまいました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

それは、タイミングが良くなかったですね…。

そうなんです。

ただ、そのような中でクラウドファンディングで890%達成ができました。

予想に反して、多くの方に応援いただき、ご購入いただけたので、ECサイトで販売していこうということになり、現在は自社ECサイトやAmazon、楽天などで販売しています。

そして、現在までに2500セット程を、ご購入して頂きました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

この状況下で多くの人に求められている商品なんですね。

ちなみに、就職活動以外ではどのような場面で活用されているんですか?

大手企業からベンチャー、市役所、大学など幅広い場で使用されています。

特に大手企業やキャリアコンサルの研修の際に使用して頂いたという声を聞きます。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

就活生だけでなく幅広く活用して頂くことが可能ということですね。

コロナ禍で困惑する就活生(利用者の声)

「就活の教科書」編集部 本間

就活生に対して需要が高まって、オンラインでのサービス提供を始められたんですね。

その背景を教えていただけますか。

とある大学の22年卒の学生とお話しする機会があって、非常に悩みを抱えている方が多い印象を受けました。

一番大きい悩みはコロナによる就活のオンライン化です。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

初めてのオンライン就活世代ですよね。
不安な要素は2つあり、1つはオンラインで就活した人が今まで誰一人いないから先輩に相談することができないという点。

もう1つは、面接後にそのまま友人と集まって、面接の報告を兼ねて面接の不安な気持ちを友人に共有することによって不安感を和らげるという交流がオンライン面接によってできなくなった点。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

誰も教えてくれないから、何をすべきかわからない上に、面接をしても共有する人がいないから合ってるのか分からなくて不安に思ってる学生って多いですよね。

その結果学生たちは何をするかと言うと YouTube で オンライン面接のテクニックを調べる等、How to に頼っていたんです。

How to よりも大事なことがあるのにも関わらず、そっちに走ってしまった学生が多いと人事部の採用担当者や大学のキャリアセンターの方が多くなっていると伺いました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

YouTubeとは、今どきですね…!
本当に一番大事なものは自己分析です。

しかし、それをせずに就活をしている学生さんが多く、自分に自信がない状態でした。

これは、自己分析が足りていない証拠で、なかなかする機会がなかったのだと思います

就活って、先輩や同級生とのコミュニケーションによって、自分というものを確立していきますが、できない状況なんですよね。

その影響で、カードを使って自己理解を深めていくためにキャリアセンターの方が購入されています

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

コロナ禍だからこそ、エンゲージメントカードの需要が高まったんですね。

実は、エンゲージメントカードの利用の仕方によって、多角的に自己分析を行うことが可能です

主に自分自身でカードを選ぶ方法と友人などに選んでもらう方法があります。

選ぶ人を変えて使用することによって、自分のことを多角的に知るきっかけになり、自己分析の効果が高まると考えています。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

友人だったり、先輩だったり、様々な関係性の人に選んでみると自分の違った見え方が生まれそうですよね。

特に、このような関係性の人とやってほしいとかありますか?

ンライン用は一人プレイになっているのですが、リアルのエンゲージメントカードはご両親と行ってほしいですね。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

親とプレイした方が良いのは、なぜですか?
大体の親は子供をちゃんと見ています。

自分自身も就活時に親に自分ってどういう人間か聞いたことがありますが、言われた内容に対してちょっと違うと思う反面、そう見られてたのかという思いが半分ずつありました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

親に自分がどのような人間か直接聞きづらい方にとっても、このエンゲージメントカードを通して自分のことを聞けば聞きやすいですね。

また、その一方で、子供は親のことをあまり知らないんです。

親が何を大事にして生きてきたか、親孝行の仕方がわからない人が大半だと思います。

しかし、逆に親にカードを利用してもらうことで、これからの親孝行にも活用できるんです。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

エンゲージメントカードのこだわり

「就活の教科書」編集部 本間

エンゲージメントカードを開発していくにあたって、こだわった部分は何ですか?

大きく三つあって、一つ目は言葉です。

言葉に関しては日本人向けに開発してるので、働く関連の言葉の中で、愛や信頼など日本の方が共感や身近に感じる言葉を取捨選択しました。

そうすると、150個言葉が生まれましたが、150個は流石に多すぎるということで108個になりました。

108個はちょうど煩悩の数と一緒だから区切りがいいなと思いましたが108個も多いということで、88枚になりました。 

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

88枚からは減らせなかったんですか?
減らせませんでした。

これは、似たような言葉をあえてかぶせる必要があったからです。

例えば、成長と向上心、自立と自律などがあり、このどちらかを選ぶ際に、なぜこっちの言葉を選んだのかという疑問と同時に、このような理由で選んだという自己解釈が生じます

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

実は私もさっき、オンラインでエンゲージメントカードを利用してみましたが、似たような言葉が何枚かある事ことがすごい気になりました。

実際、冒険と挑戦で何が違うんだろうって思いつつも、挑戦を選んでましたね。

本間さんには、冒険よりも挑戦の方がフィットしてるということですね。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

そうですね。

冒険だと危険を冒してまで物事を行うという印象があって、 挑戦だと自分のスキルアップというイメージだったので私は挑戦を選びました。

今回のケースでは本間さんはスキルアップやレベルアップを重要視していることがすごい分かります。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

確かに自然と意味付けがされてますね!

選んだカードが大事なんじゃなくてカードを選んだ理由が大事なんです。

そのカードの解釈だったりとか 、その選んだ理由に至る経験につなげられます。

これを相互に行うことができるので、相互理解につながるし、面接とかでもエピソードとして話すことができます。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

なるほど。

こういう意図で似たような言葉があるんですね。

二つ目はカードのデザインです。

プロの方にお願いして、誰から見ても愛着のわくデザインにしています。

実際のカードでは、ちょっと正方形に近くして、角は丸みがあるようにしています。

自分の価値観を選んでもらうので、親しみやすさよりも真剣に選んで行ってもらいたいので、トランプとは少し異なった形にしています。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

そこまで、考えて作られているんですね。
三つ目は、一回のプレーだけで終わるのではなくて、行った結果を毎回記録として残せるようにしています。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

それはオンライン上ですか?

そうですね、ホームページ上で自分が選んだカードをまとめて、作成することができます。

そうすることによって、何か月後に再び行ったとき、変わったカードや変わらなかったカードがあると思います

変わったカードに関してはなぜ変わったのか、 何が影響して変わったのかを分析することができます。

変わらなかったものに関しては本当に自分が大切にしている価値観ということです。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

やっぱり、カードを選んだ意味づけが重要なんですね。

自らの体験に意味づけができることは自分の幸福度に繋がるので就活だけでなく、就活後もできるようにしていってほしいです

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

オンライン化によって変化した利用方法

「就活の教科書」編集部 本間

オンライン化で何か変化した点などはありますか?

オンラインの方は、一人でプレーするものなので、本来のカードのように誰かに選んでもらったり共有したりすることが難しいと感じていました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

一人で分析を行う形ですね。

しかし、大学の就職ガイダンスの際に、オンラインで一人プレーをさせた後に、 他の人とブレイクアウトをして自分がなぜ選んだのかを共有させたというお話を頂きました。

そのような活用の仕方もオンライン上ではできるんだと新たに発見しました。

オンライン上で自己理解だけで終わるのではなくて、共有するまでがセットで行うことでさらに自分の解釈が深まると実感しました。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

確かに、ZOOM上だと共有することが可能ですね!

実際にどんな就活生にエンゲージメントカードを使って欲しいですか?

自分に自信がない就活生ですね。

就活では、他の人と差別化するために、自分の強みや自分はこういう人間だというのを全面的に押し出していくことが重要なんです。

それをエンゲージメントカードを通して見つけていってほしいですね。

また、自分の行きたい業種が定まっていない人もエンゲージメントカードの結果をもとに職種を選ぶ指針にして頂きたいです。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

エンゲージメントカードで自己分析をしっかり行うと、自己理解や自信につながるということですね。
その通りです。

特に、不合格になった時に自分が否定されている気持ちになってしまうと思います。

それは、自分に価値がない人間なのではなくて、自分が大切にしているものと企業が大切にしているものがあっていなかっただけなんです。

ちゃんと自己分析していると、このような前向きな考えになります。

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

素敵な考えですね。

それでは、最後に就活生にメッセージをお願いします!

就職活動は様々な企業のことを知れるし、企業の方からその会社の情報を無料で聞くことができ、どんどん質問ができる状況で、今後めったにない機会です。

就活のオンライン化は地域をまたいで、より色んな企業に関われる機会が増えたと思って活動していってほしいです。

また、ミッションや企業理念を見て自分の大切にしているものとリンクしているのかを一つの企業選びの指針としてみて下さい。

自分が主役の場なので自分をどんどんを語って、楽しんで就活を行って欲しいです!

株式会社トリプルバリュー代表取締役 山本龍太様

「就活の教科書」編集部 本間

本日はありがとうございました!

エンゲージメントカードを利用したい方は以下のリンクから、ご利用いただけます!

▶株式会社トリプルバリュー エンゲージメントカードをご利用の方はこちら

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

株式会社トリプルバリューの会社概要

会社名 株式会社トリプルバリュー
代表者 代表取締役 山本龍太
所在地 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島6-3-32 第2新大阪ビル7F

⟨沖縄事務所⟩
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1-1-1 パレットくもじ9F
設立日 2018年4月18日
資本金 5,000,000円
業務内容
  • 財務支援コンサルティング
  • 働きがい改革コンサルティング
  • エンゲージメントワークショップ
  • 社員教育研修
  • 人事評価制度
  • 採用支援
  • 補助金活用、経営革新計画サポート
  • Googleストリートビュー(インドアビュー)撮影
  • MEO対策(Googleマイビジネス)
ホームページ https://www.triplevalue.jp/