【不利になる?】数学科の就活生におすすめの就職先/職種 | アピールできる能力も

【不利になる?】数学科の就活生におすすめの就職先/職種 | アピールできる能力も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 数学科のおすすめの就職先5選
  • 数学科のおすすめの職種は金融業界の専門職
  • 数学科の就活生がアピールできる能力
  • 数学科の就活生が失敗せず就活を進める方法
  • 「自分の学部・学科を活かしたい!」という方は「適性診断AnalyzeU+」で自分の強みを知るのがおすすめ

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のユリエです。

この記事では、数学科のおすすめの就職先を紹介します。

数学科の就活生の皆さんは、「数学科の人はどんな就職先を選んでいるの?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

数学科の知識が活かせる職種って、数学の教育業界くらいなのかな。

他に数学科の知識を活かせる職種を知りたい…。

就活生くん

先輩が数学科の就活生は就活で不利になると言っていたけれど、本当なのかなあ。

どうやったら就活を有利に進められるんだろう。

数学科の就活生は決して不利ではありません。

数学科で得た知識や能力を活かせる職種はたくさんありますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

そこでこの記事では、数学科の就活生におすすめの就職先について紹介します。

合わせて、数学科の就活生が就活でアピールできる能力も紹介します。

この記事を読めば、就活を効率よく進めて内定をもらうことができますよ。

数学科の就活生で就活に悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでください。

「大学で学んだことを活かしたいけど、どの業界・企業が良いかわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、仕事や職業選びでの失敗を避けられます。

「学んだことを活かせる業界や企業が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

数学科の就活生は不利?

就活生ちゃん

数学科の就活生は不利だという話を先輩から聞いたのですが、本当ですか。

数学の知識を活かせる職種が少ないことから、数学科の就活生は不利だと感じる人も存在します。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

たしかに、数学の知識を活かせる就職先って教育業界しか思いつきません…

やっぱり数学科の就活生は不利なのかな…

数学科で得た能力を活かす仕事であればたくさんあります

例えば数字に強い数学科の就活生がもつ「データ分析力」であればどの企業・職種でも必要とされる能力ですよね。

数学科で得た能力を論理的に伝えられれば、数学科の就活生は就活において非常に有利です

「就活の教科書」編集部 ユリエ

就活生ちゃん

なるほど、たしかに数学科で得た能力を活かす仕事は多くありますね。

数学科の学生が就活で有利になれると聞いて少し安心しました。

 

数学科の就活生におすすめの就職先5選

数学科の就活生におすすめの就職先5選
  • 就職先①:教育業界
  • 就職先②:金融業界
  • 就職先③:web業界・IT業界
  • 就職先④:コンサル業界
  • 就職先⑤:メーカー業界

 

就職先①:教育業界

数学科の就活生におすすめの就職先の1つ目は「教育業界」です。

教育業界は数学科で学んだことを最も直接的に活かせる就職先ですよね。

例えば塾の講師であれば、数学を生徒に教えることで数学科での知識を活かすことができます。

したがって教育業界は数学科の就活生におすすめの就職先であると言えます。

就活生くん

教育業界であれば、教師になる選択肢しかありませんか。

いいえ、例えば数学の教材の内容を企画する出版系の仕事であっても数学の知識を活かすことができますよ。

企業によって仕事内容は様々なので、1つ1つ確認する必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

教育業界の就職先について詳しく書いているので、下記の記事を読んで、教育業界の幅広い職種を理解しましょう。

 

就職先②:金融業界

数学科の就活生におすすめの就職先の2つ目は「金融業界」です。

常にお金の絡む金融業界であれば、数字や計算に強い数学科の就活生は評価されやすいです。

また金融業界の中には様々な職種があり、数学科の就活生が活躍できそうな仕事がたくさんあります。

そのため、意外ですが数学科から金融業界に進む就活生は多いです。

就活生ちゃん

金融業界で数学科の人におすすめの職種を具体的に教えてください。

金融業界の中で数学科の就活生におすすめの職種は以下の2つです。

こんな業務があったんだと驚く就活生も多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

【金融業界の中で数学科の就活生におすすめの職種】

  • アクチュアリー:年金や保険会社で、数学的手法を使って数理業務を行う専門職
  • クオンツ:高度な数学的手法を使って市場の分析、金融商品や投資戦略の分析を行う専門職
アクチュアリーは、統計学や確率論を専攻している就活生に特におすすめです。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

金融業界の特徴や分類について知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就職先③:web業界・IT業界

数学科の就活生におすすめの就職先の3つ目は「web業界・IT業界」です。

web業界とIT業界は、数学的な知識を直接的に使えば場面はあまりありません。

ですが、web業界やIT業界において、より便利で効率の良いシステムを作り上げるには、既存の課題を解決する「問題解決能力」が必要です。

数学科の就活生は「問題解決能力」に長けている人が多いため、web業界/IT業界に就職する学生も多くみられます。

数学科で得た知識や能力を意外な業界で活かせることも多いですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

IT業界について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就職先④:コンサル業界

数学科の就活生におすすめの就職先の4つ目は「コンサル業界」です。

コンサル業界も数学科で学んだ知識を直接使えるわけではありません。

ですが、コンサルに最も必要とされる「論理的思考力」は数学科で得られる能力の1つですよね。

数学科の就活生は「論理的思考力」を活かして企業の抱える問題を解決できると判断されるため、評価されやすいです。

コンサル業界も数学科で得た能力を活かせる意外な就職先のうちの1つですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

コンサル業界について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就職先⑤:メーカー業界

数学科の就活生におすすめの就職先の5つ目は「メーカー業界」です。

メーカーでは、製品の生産効率を向上させるシステムの構築で、数学科で習う計算を使う場面があります。

したがって、数学的な知識をもつ数学科の就活生は評価されやすいです。

数学科で得た知識を仕事でも活かしたいと考えている就活生にはおすすめの就職先ですね。

メーカー業界で数学の知識を使う場面では、線形代数や微分積分の知識を使うことが多いですよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

メーカー業界についても詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、強みを活かせる業界や企業を見つけやすくなります。

「自分の長所を最大限に活かせる業界・企業を見つけたい!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「自己分析を早く終わらせたい…」「自分の長所を活かせる業界や企業を選びたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

数学科の就活生におすすめの職種

就活生くん

数学科の就活生におすすめの就職先は理解できました。

でもいざ就職先を調べてみると様々な職種があって迷います…

企業によって多種多様な職種がありますよね。

数学科の就活生におすすめの職種を2つに絞って紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

数学科の就活生におすすめの職種
  • 職種①:開発職/研究職
  • 職種②:金融業界の専門職
数学科の就活生におすすめの職種を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

職種①:開発職/研究職

数学科の就活生におすすめの職種の1つ目は「開発職/研究職」です。

開発職/研究職は既存のシステムを改善したり、新しいシステムを作成したりする職種です。

数学科の就活生のもつ「論理的思考力」や「問題解決能力」を活かせる職種と言えますよね。

したがって開発職/研究職は、数学科の就活生の強みを存分に発揮できる職種です。

開発職/研究職は、数学科のみならず理学部や工学部系の就活生に非常に人気ですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

研究職や開発職についも詳しく解説しているので、下記の記事を読んでみてください。

 

職種②:金融業界の専門職

数学科の就活生におすすめの職種の2つ目は「金融業界の専門職」です。

上記の数学科の就活生におすすめの就職先の2つ目でも紹介しましたが、アクチュアリーやクオンツであれば、高度の数学的手法を利用した業務になります

そのため、数学科の就活生は、数学的な知識に乏しい他の学部・学科の就活生より非常に有利になります。

数学的な知識を仕事でも直接的に活かしたいけれど教師は違うなあ…」と感じる就活生におすすめの職種です。

金融業界は大手も多く、福利厚生等がしっかりしている点も良いですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

数学科の就活生が就活でアピールできる能力3つ

就活生くん

数学科で得た能力を、仕事でどのように活かせるのかがいまいち想像できません。

どのような能力をアピールすれば、面接官に「仕事に活かせそうな能力だ」と好印象をもってもらえますか。

数学科の就活生が就活でアピールできる能力は全部で3つありますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

数学科の就活生が就活でアピールできる能力3つ
  • 能力①:論理的思考
  • 能力②:データ分析力
  • 能力③:問題解決能力
数学科の就活生が就活でアピールできる能力を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

能力①:論理的思考力

数学科の就活生が就活でアピールできる能力の1つ目は「論理的思考力」です。

数学の計算式を解くうえで、どういう手法で解けば効率よく答えを求められるか考えますよね。

回答方法を考える時に利用する「論理的思考力」をもっていると、物事の筋道を考え合理的に行動できますよね。

したがって、数学科の就活生は「論理的思考力」をアピールすると、評価されやすいです。

「論理的思考力」は専門的な職種だけでなく総合職においても役立つ能力です。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

能力②:データ分析力

数学科の就活生が就活でアピールできる能力の2つ目は「データ分析力」です。

数学科で勉強するうえで様々なデータを分析する機会がありますよね。

データに基づいて根拠を述べる力やデータをもとに物事を発展させる力は、仕事をするうえで必要な能力です。

数学科の就活生であれば数字に強い人が多く、理系の中でもデータ分析力に長けた人が多いです。

したがって、「データ分析力」は数学科の就活生がアピールすべき能力の1つであるといえます。

営業などの仕事に就きたい就活生にも使える能力ですね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

能力③:問題解決能力

数学科の就活生が就活でアピールできる能力の3つ目は「問題解決能力」です。

数学の問題を解く時、どのような計算式を組み合わせたら問題を解けるかどうかを考えますよね。

問題を解く際に使う「問題解決能力」に長けた人が、数学科には非常に多いです。

例えば「問題解決能力」を活かしてより従業員の使いやすいシステムを構築できたりなど、仕事において活かせる場面が多いことから、評価されやすい能力です。

コンサル業界であれば、企業の問題を解決する仕事であるため「問題解決能力」は高く評価されます。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

数学科の就活生が失敗しない就活の進め方

数学科の就活生が失敗しない就活の進め方
  • 方法①:数学科の知識を活かせる業界・職種を選ぶ
  • 方法②:数学科で得た能力の活かし方を明確にする

 

方法①:数学科の知識・能力を活かせる業界・職種を選ぶ

数学科の就活生が失敗しない就活の進め方の1つ目は「数学科の知識・能力を活かせる業界・職種を選ぶ」です。

数学科からなぜその企業を選ぶのかという疑問に答えやすいからです。

大学の学科からかけ離れた就職先を選ぶと「全然大学の専攻と関係ないのになぜうちの企業なの?」と必ず聞かれますよね。

数学科と関連のある仕事であれば説得力の高い回答をできるので、「数学科の知識・能力を活かせる業界・職種を選ぶ」とスムーズに就活を進めることができます。

数学科には関連がない業界や職種に就きたい人であっても、理由さえ論理的に話すことが出来れば面接官を納得させられますよ。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

方法②:数学科で得た知識・能力の活かし方を明確にする

数学科の就活生が失敗しない就活の進め方の2つ目は「数学科で得た知識・能力の活かし方を明確にする」です。

数学科で得た能力をどう生かすかを提示することは、自分を採用するメリットを提示することに繋がります。

企業は自社にメリットのある就活生を採用したいと考えています。

したがって、自分の持つ能力や知識を仕事にどう生かすのかを明確にすることで、失敗せずに就職活動を進めることができます。

知識・能力の両方において、仕事への活かし方が考えられていると説得力が増しますね。

「就活の教科書」編集部 ユリエ

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:数学科で得た知識を活かせる業界・職種はたくさんある

この【就活に不利?】数学科の就活生におすすめの就職先/職種 | アピールできる能力もの記事はいかがだったでしょうか。

この記事では数学科のおすすめの就職先/職種を紹介しました。

また、数学科の就活生がアピールできる能力も紹介しました。

最後にこの記事の特に大切な部分をまとめておきます。

まとめ

◆数学科の就活生は不利?

◆数学科の就活生におすすめの就職先5選

  • 就職先①:教育業界
  • 就職先②:金融業界
  • 就職先③:web業界・IT業界
  • 就職先④:コンサル業界
  • 就職先⑤:メーカー業界

◆数学科の就活生におすすめの職種

  • 職種①:開発職/研究職
  • 職種②:金融業界の専門職

◆数学科の就活生が就活でアピールできる能力3つ

  • 能力①:論理的思考
  • 能力②:データ分析力
  • 能力③:問題解決能力

◆数学科の就活生が失敗しない就活の進め方

  • 方法①:数学科の知識を活かせる業界・職種を選ぶ
  • 方法②:数学科で得た能力の活かし方を明確にする

◆まとめ:数学科で得た知識を活かせる業界・職種はたくさんある

 

数学科の就活生は、数学科で得た知識や能力を活かせる職種に就くことでスムーズに就活を進めることができます。

この記事を参考にして志望企業を明確に定めて効率よく就活を進めるとともに内定を獲得しましょう。

他にも就活の教科書には役立つ記事がたくさんあります。

ぜひ読んでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部 ユリエ