【前兆は?】いずれ潰れる会社の特徴31選 | 新卒/転職者向けの対策法も

本ページはプロモーションを含みます

前兆 潰れる 会社 特徴

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

今回の記事では、「いずれ潰れる会社の特徴」について、経営編・社員編・環境編に分けてお伝えしていきます。

併せて、新卒者向けの「いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイント」や転職者向けの「いずれ潰れる会社で働いているときの対処法」についても解説するので、ぜひ最後まで読んでください!

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事がおすすめな人
  • いずれ潰れる会社の特徴を知りたい人
  • いずれ潰れる会社への入社を防ぎたい人
  • いずれ潰れる会社で働いているときの対処法を知りたい人

先に結論をお伝えすると、「就活始めたけど何をすれば良いのかわからない…」なら、就活生の2人に1人が利用する適性診断AnalyzeU+で、自分の強みと適性職種を診断するのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】就活のやり方が分からない時に使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

会社が潰れるときは「予兆」がある!

就活生ちゃん

潰れる会社の特徴を聞く前に質問なのですが、会社は突然潰れてしまうのですか?

いいえ、会社が突然潰れることはありません。

会社が潰れるときは状況がそれまでとは変わり、予兆があります。

どのようなものがあるのか見ていきましょう。

就活アドバイザー 京香

会社が潰れるときには何か、今までの状況の変化があります。

つまり、会社がいきなり潰れることはなく、潰れるときには予兆があるのです。

倒産企業の経営者に対して行われたアンケートによると、以下のような予兆があります。

  • 普通預金通帳残高の大幅減少
  • 大口得意先の倒産
  • 競合他社へ顧客を奪われた
  • 顧問税理士からの示唆
  • エース・キーマンの退職
  • 原材料の高騰や供給不足
  • 銀行からの借入審査が通らない

参照:企業倒産の「理由」や「予兆」を“倒産経験がある経営者”に調査。約4割が「不測の事態を考慮した資金留保」を後悔 | 経営全般 | 経営プロ (proweb.jp)

また、6割程度の経営者が半年以上前から予兆を感じていたと回答しており、かなり前から変化が現れるようです。

このように、会社が潰れるときには今までの状況が変化するといった予兆があり、いきなり潰れることはないので注意してください。

就活生くん

会社が潰れるときには予兆があることが分かりました。

次はいずれ潰れる会社の特徴やそこで働く人の意見を教えてほしいです。

分かりました!

それでは、特徴会社が潰れる予兆を感じたことがある人の声を紹介します。

就活アドバイザー 京香

 

いずれ潰れる/倒産する会社の特徴を知っておこう

いずれ潰れる会社の特徴を【経営編】15選、社員編】7選、【環境編】9選紹介します。

それぞれの詳しい説明は後ほど行いますが、全てに共通しているのは持続可能性に欠けていおり会社存続が極めて難しい状態にあるということです。

例えば、資金不足や人手不足、険悪な人間関係、社員のモチベーションが低いことなどがあります。

そのような特徴を知ることは、潰れる恐れのある会社への入社を防ぐことに繋がり、極めて重要です。

 

会社が潰れる予兆を感じたことがある人の声(Twitter/X)

会社が潰れる予兆を感じたことがある人の声をいくつか紹介します。

会社が潰れるときにはやはり、何かがいつもとは違い、予兆があるようですね。

どのような特徴があるのかを知ることで、予兆をしっかり察知し、対応することができます。

就活アドバイザー 京香

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【経営編】いずれ潰れる会社の特徴15選

就活生くん

いずれ潰れる会社の特徴について、それぞれもう少し詳しく知りたいです!

わかりました。

まずは経営編から説明を始めましょう。

就活アドバイザー 京香

【経営編】いずれ潰れる会社の特徴15選
  • ①新入社員の離職率が30%以上である
  • ②赤字経営が何年も続いている
  • ③不測の事態に対応できていない
  • ④社会の変化に対応できていない
  • ⑤1つの事業に依存している
  • ⑥社長がワンマン経営を行っている
  • ⑦20代~30代の若手社員がいない
  • ⑧人手不足なのに求人応募をしない
  • ⑨経費削減が厳しくなっている
  • ⑩給与やボーナスの支払いが遅れている
  • ⑪経営陣や経理部門の退職が相次いでいる
  • ⑫同業他社の間で良くない噂が流れている
  • ⑬派遣社員/パートが突然解雇される
  • ⑭大口得意先との契約解除が相次いでいる
  • ⑮希望退職者を募集している

 

特徴①:新入社員の離職率が30%以上である

特徴1は、新入社員の離職率が30%以上であることです。

このような会社は人材の定着が難しく、組織の安定性が低く会社を支えていく若い力が不足しているため、潰れる可能性が高いです。

厚生労働省によると、就職後3年以内の離職率は、新規高卒就職者36.9%、新規大卒就職者31.2%であるので、30%が判断の基準となるでしょう

参照:新規学卒就職者の離職状況

同じく厚生労働省が発表した日本の平均離職率は13.9%であり、それと比べると30%はかなり高い数字といえますね。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:赤字経営が何年も続いている

特徴2は、赤字経営が何年も続いていることです。

赤字は財政面での問題を意味し、資金不足や従業員への支払いが困難になります。

このような状況が長く続くと、会社を維持するのは極めて厳しいです。

赤字が続くと、銀行から融資を受けることも難しくなり、倒産の可能性が高くなります。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:不測の事態に対応できていない

特徴3は、不測の事態に対応できていないことです。

その理由は、柔軟性や適応力の欠如から、経営状態が悪化するからです。

例えば、新型コロナウイルスが流行した際、適切な対応を取れなかった企業は状況に対処できず、結果的に倒産に至ったケースがあります。

他にも、地震といった災害時の対応も重要なポイントです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:社会の変化に対応できていない

特徴4は、社会の変化に対応できていないことです。

理由はシンプルで、競争力がないからです。

例えば、最近は働き方改革によるワークライフバランスの充実や、技術革新によるテクノロジー利用・デジタル化などが進んでいます。

このような社会の変化に対応できていない会社は、法律上の問題があったり、人材が他へ流出したりします。

テクノロジーの発展に遅れた企業は、競合他社に比べ業務効率や製品・サービスの質という点で競争力が劣ることがあり、これは顧客離れや市場シェアの低下につながります。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:1つの事業に依存している

特徴5は1つの事業に依存していることです。

理由は外的要因に影響されやすく、経営の安定性が損なわれやすいためです。

1つの事業に依存している場合、代替の事業がないのでリスクマネジメント力も低くなります。

例えば、観光業に特化し、収益の大部分を海外旅行に依存していた多くの企業は、新型コロナウイルスの流行による渡航規制のために、急激な売り上げ減少に陥りました。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:社長がワンマン経営を行っている

特徴6は、社長がワンマン経営を行っていることです。

理由は、会社の将来が社長という個人にかかっており、リスクが高いからです。

個人の一存で方針がすべて決まってしまい、その決定が誤っていた場合には会社全体が大きなリスクにさらされます。

また、従業員のアイデアや提案が尊重されず、モチベーション低下も引き起こしてしまいます。

社長が従業員の意見を聞かない会社は要注意です!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:20代~30代の若手社員がいない

特徴7は、20代~30代の若手社員がいないことです。

理由は、会社の将来を担う人材が欠如しているからです。

若手社員が不在だと、次世代のリーダー候補や革新的なアイデアが生まれにくくなり、企業の存続が難しくなるでしょう。

企業研究をする際には、社員構成にも注目することが大切です!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑧:人手不足なのに求人応募をしない

特徴8は、人手不足なのに求人応募をしないことです。

これは、経営継続を考えていない、または採用コストを負担できないほど業績が悪化している可能性があるからです。

人手が足りなければ、通常は新たに補充しますが、存続できる見込みがないなら、それ以上のコストはかけなくなるでしょう。

人手不足の職場で働き続けるのはとても大変です。

限界になる前に別の仕事を検討することをお勧めします。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑨:経費削減が厳しくなっている

特徴9は、経費削減が厳しくなっていることです。

理由は単純で、資金が不足しているからです。

経費は人件費などに比べると削減しやすく、会社の資金が足りなくなってきていることを意味しています。

このような会社は、資金不足により倒産する危険性があります。

事務経費や消耗品代などがどんどん削減されている会社は資金不足の可能性が高いです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑩:給与やボーナスの支払いが遅れている

特徴10は、給与やボーナスの支払いが遅れていることです。

こちらも、資金不足を意味しています。

人件費削減は企業がとる最終的な方法であり、かなり危険な状況にあるといえます。

給与やボーナスの支払いが遅れている企業は、経営存続が極めて厳しい状態にあるといえるでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑪:経営陣や経理部門の退職が相次いでいる

特徴11は、経営陣や経理部門の退職が相次いでいることです。

経営陣や経理部門は会社の状況を最も把握している人たちです。

そのような人たちが相次いで退職することは、会社の未来が暗いという現実を示唆していると考えられます。

経営陣や経理部門が多く退職し始めたら、経営難に陥っている可能性があります。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑫:同業他社の間で良くない噂が流れている

特徴12は、同業他社の間で良くない噂が流れていることです。

「取引数を減らしたらしい」「売り上げが下がっているようだ」などといった自社の良くない噂を同業他社から聞くようになったら、経営が厳しくなっている可能性があります。

同業他社で働く人々は、自社について社員よりも情報を持っていることがあり、彼らの噂が前兆になることもあります。

同業他社は自社のことをよく知っているので、彼らの意見も参考にしてみると良いでしょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑬:派遣社員/パートが突然解雇される

特徴13は、派遣社員/パートが突然解雇されることです。

人件費削減は経営難のサインです。

経営の危機に直面している場合、即座の対応が必要とされ、非正規雇用の従業員を最初に削減することがあります。

派遣社員やパートの解雇の解雇は、会社が経営の危機に瀕している兆候とみられます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑭:大口得意先との契約解除が相次いでいる

特徴14は、大口得意先との契約解除が相次いでいることです。

これは大幅な売り上げ低下による経営難に繋がると考えられます。

また、複数の大口得意先に契約を解除されることは企業の信用を喪失させ、今後のビジネスに悪影響を及ぼしかねません。

大口得意先との契約解除が相次いでいる会社は今後、経営が行き詰まる恐れがあります。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑮:希望退職者を募集している

特徴15は、希望退職者を募集していることです。

これは人件費削減が主な目的であり、財政難を抱えている可能性が高いです。

ですが、必ずしも財政難を意味するわけではなく、時には組織の合理化や変革の一環として行われることもあるので、ほかの要因も併せて検討しましょう。

企業経営が順調な場合でも、組織の新陳代謝を促進する目的や市場変化への対応目的で希望退職者を募ることもあります

就活アドバイザー 京香

【経営編】いずれ潰れる会社の特徴まとめ
  • 財政難に陥っている
  • 将来を担う人材が不足している
  • 経営が不安定

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【社員編】いずれ潰れる会社の特徴7選

就活生くん

いずれ潰れる会社の経営面の特徴がよくわかりました。

そこで働いている人はどのような感じなのかも知りたいです。

確かに、働いている人の様子も気になりますよね!

それでは次に説明していきます。

就活アドバイザー 京香

【社員編】いずれ潰れる会社の特徴7選
  • ①モチベーションが低い/活気がない
  • ②ハラスメントやいじめが頻繁にみられる
  • ③優秀な社員がどんどん退職していく
  • ④特定の社員に業務の負担がかかっている
  • ⑤こっそり転職活動をしている人が多い
  • ⑥愚痴をこぼす社員が多い
  • ⑦社内のコミュニケーションが少なすぎる

 

特徴①:モチベーションが低い/活気がない

特徴1は、モチベーションが低い/活気がないことです。

低いモチベーションや活気の欠如は、組織全体の健全性や業績に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

モチベーションが低下している状況では、生産性が低く、業績や効率性がも下がります

活気がないと、創造性やイノベーションが抑制され、企業の成長の阻害となってしまいます。

社員のモチベーションが低い会社は、低生産性が続き、倒産する可能性が高いと考えられます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:ハラスメントやいじめが頻繁にみられる

特徴2は、ハラスメントやいじめが頻繁にみられることです。

非常に明らかなことではありますが、セクハラやパワハラ、モラハラといったハラスメントが多発している企業は長く続きません

ハラスメント問題がより多くの注目を集めるようになった今日において、それは企業存続に大きな影響を与えます

SNSなどで個人が情報を発信することが容易な現代においては、従業員が社内事情を公にすることが可能です。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:優秀な社員がどんどん退職していく

特徴3は、優秀な社員がどんどん退職していくことです。

優秀な人材が辞めていくのは、会社に将来がないと判断したからです。

自分の能力を生かせない会社で働き続けようと思う人はあまりいないでしょう。

このように優秀な社員がいなくなっていくと会社の業績はますます悪化していきます。

倒産企業の経営者に対して行われたアンケートでは「エース・キーマンの退職」が予兆だったという回答がありました。

優秀な人材の退職は倒産の危機につながりかねません。

就活アドバイザー 京香

参照:企業倒産の「理由」や「予兆」を“倒産経験がある経営者”に調査。約4割が「不測の事態を考慮した資金留保」を後悔 | 経営全般 | 経営プロ (proweb.jp)

 

特徴④:特定の社員に業務の負担がかかっている

特徴4は、特定の社員に業務の負担がかかっていることです。

理由は、組織が機能しなくなる可能性が高いからです。

「この仕事はこの人にしかできない」といったように、特定の社員に業務の負担がかかっている場合、その人が辞めてしまうと仕事が回らなくなり、組織機能が停止することがあります

また、このような依存関係があると、その人に多くの負荷がかかり、ストレスや負担が増大し、結果として退職の可能性が高まります。

このような会社では、偏った負担による退職で組織全体が回らなくなるという負の連鎖が起きてしまいます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:こっそり転職活動をしている人が多い

特徴5は、こっそり転職活動をしている人が多いことです。

隠れて転職活動をしている社員が多い場合、それは企業の健全性に問題があることを示すサインかもしれません。

明るみになっていないだけで、企業が経営難に陥っていたり、社員の不平・不満が増大していたりする可能性があります。

自分の周りにこっそり転職活動をしている人が何人もいる場合は、自身のキャリアや安定性を確保するために、転職活動を検討してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:愚痴をこぼす社員が多い

特徴6は、愚痴をこぼす社員が多いことです。

これは、社員が会社の経営方針に満足していないことを示しています。

不満を抱えた社員は退職する可能性は高く、このような組織は長続きしません。

経営が立ち行かなくなることもあり、愚痴が多く聞かれる状況はかなり危ないです。

会社のことをよく思っていない人が多い場合は要注意です!

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:社内のコミュニケーションが少なすぎる

特徴7は、社内のコミュニケーションが少なすぎることです。

コミュニケーションは会社経営の要であり、その不足はチームワークの欠如を引き起こします。

このような組織は以下のような問題を抱え、経営難に陥ります。

  • 情報伝達の問題による業務の効率性・正確性の低下
  • 意見交換の機会不足で、新たなアイデアが生まれない、問題解決能力の低下
  • 情報共有や相互理解の不足によるモチベーションの低下
  • 会社への愛着・熱意が生まれず、社員があっさり退職

コミュニケーションは会社運営に極めて重要であるといえますね。

就活アドバイザー 京香

【社員編】いずれ潰れる会社の特徴まとめ
  • モチベーションが低い
  • 会社に不満を感じている
  • 転職を考えている

 

                                     

就活のやり方に関する記事一覧

「最近就活を始めたけど、何から手を付ければいいか分からない」という就活生には、 就職活動の流れ という記事がおすすめです。

以下の記事を読むだけで、就活の流れを完全に理解できるので、就活生なら必ず読んでほしいです。

就活アドバイザー 京香

             

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【環境編】いずれ潰れる会社の特徴9選

就活生ちゃん

最後に、いずれ潰れる会社の雰囲気がどのような感じなのか教えてほしいです。

わかりました。

会社の特徴を環境面からみていきましょう!

就活アドバイザー 京香

【環境編】いずれ潰れる会社の特徴9選
  • ①:なんとなく社内がどんよりしている
  • ②:研修・育成にコストをかけていない
  • ③:サービス残業が多い
  • ④:ノルマがどんどん厳しくなっている
  • ⑤:誰かに依存した業務がある
  • ⑥:行事やイベント等がなくなっている
  • ⑦:有給休暇消化率が低い
  • ⑧:休日出勤や残業時間が増えている
  • ⑨経営陣と現場の距離感が遠い

 

特徴①:なんとなく社内がどんよりしている

特徴1は、なんとなく社内がどんよりしていることです。

これは、社内に活気がなく、モチベーションが下がっている状態です。

このような環境では、生産性の低下、チームワークの崩壊、社員の不満増大といった問題が起こります。

企業の発展に欠かせない、活気やチャレンジ精神が生みだされない環境では成長が停滞してしまいます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴②:研修・育成にコストをかけていない

特徴2は、研修・育成にコストをかけていないことです。

企業の成長に欠かせない個人の成長を支える研修にお金を使わない企業は、将来、優秀な人材が不足する恐れがあります。

また、競争力のある環境や成長機会を提供できないと、魅力的な雇用先とは見なされず、人材採用に苦労することも予想されます。

企業は、従業員のスキルアップや成長を促進するために、研修や育成への投資を行うことが求められます。

就活アドバイザー 京香

 

特徴③:サービス残業が多い

特徴3は、サービス残業が多いことです。

サービス残業は、労働に対して正当に支払いが行われないことです。

適切な報酬を受け取れず、時間外労働が当たり前となると、社員のモチベーションが低下します。

また、長時間労働や不規則な勤務が続くと、ストレスや睡眠不足などの身体・精神面での健康被害が増え、持続性がなくなります

サービス残業は労働法に違反する可能性があり、企業に法的リスクをもたらします。

就活アドバイザー 京香

 

特徴④:ノルマがどんどん厳しくなっている

特徴4は、ノルマがどんどん厳しくなっていることです。

経営がうまくいっていない会社は、状況を何とか改善しようとノルマをどんどん厳しくしていきます。

特に、達成が困難なノルマを課したり、その達成のために過酷な労働を強要する企業には注意が必要です。

ノルマ達成に注力するあまり、社員が体調を崩したり効率や品質の低下につながったりと、状況は悪化していきます。

このような企業はかなり追い込まれており、ノルマを達成しても成果に見合った報酬がもらえないことが多いです。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑤:誰かに依存した業務がある

特徴5は、誰かに依存した業務があることです。

単一依存によるリスク集中が起きており、その人に何か問題が生じた場合、全体の業務が回らなくなることがあります。

また、依存されている人には多くの負担がかかり、その人が退職する可能性は必然的に高まります。

特定の人に依存した業務がある会社は、業務運営が停滞するリスクを抱えています。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑥:行事やイベント等がなくなっている

特徴6は、行事やイベント等がなくなっていることです。

行事やイベントを開催するにはお金がかかるため、このような企業は財政的に厳しい状況になってきていると思われます。

ただ、コロナウイルスの影響などの社会情勢を理由にイベントをなくしている企業もあるので、すべての場合に当てはまるわけではありません。

今までは会社負担でBBQやスポーツ大会、社員旅行などを行っていたのに最近は減ってきている、という人がいたら会社の経営状況に注意してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

特徴⑦:有給休暇消化率が低い

特徴7は、有給休暇消化率が低いことです。

有給を消化できないということは、休めないほどに仕事があるということです。

ワークライフバランスが大切にされる現代において、休みをとれない企業は選ばれませんし、長時間労働はかえって仕事の生産性を低下させ、さらに働かなければならないという負の連鎖に陥ります。

このような環境では社員が続々と退職していくと思われます。

厚生労働省によると、令和3年の有給休暇の平均取得率は58.3%、平均取得日数は10.3日となっており、これを目安にするとよいでしょう。

就活アドバイザー 京香

参照:令和4年就労条件総合調査 結果の概況|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

特徴⑧:休日出勤や残業時間が増えている

特徴8は、休日出勤や残業時間が増えていることです。

これは、休日も働かなければいけないほど業績が悪化していることを意味しています。

人間の体力には限界があり、十分な休養なしには良いパフォーマンスを発揮することができません。

生産性の低下に加え、社員の健康にも異常をきたしかねません。

休みがない会社で働き続けると、心身がボロボロになってしまいます。

そうなる前に転職を検討しましょう!

就活アドバイザー 京香

 

いずれ潰れる会社の特徴15選!倒産寸前の雰囲気を察したときの対処法

 

特徴⑨:経営陣と現場の距離感が遠い

特徴9は、経営陣と現場の距離感が遠いことです。

このような状況では、経営の方針と実際の業務との間にギャップが生まれ、適切な方向性が失われる恐れがあります。

現場のニーズを経営陣が把握できなければ現場の不安が積み重なり、それが解消されずに爆発すると、経営全体に混乱を招く可能性があります。

会社経営の安定のためには、経営陣と現場が意見交換をできる環境がとても大切です。

就活アドバイザー 京香

【環境編】いずれ潰れる会社の特徴まとめ
  • 経費削減が進んでいる
  • 休みが取れない
  • 現場の声が届かない

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【新卒向け】いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイント

就活生くん

いずれ潰れる会社の特徴がよくわかりました。

潰れる会社に就職しないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

いずれ潰れる会社への入社を防ぐには、企業を良く知ること大切です。

ここからは、いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイント3選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイント
  • ①早めに就活を始めておく
  • ②企業の口コミ/評判を確認する
  • ③OB・OG訪問を行う

 

ポイント①:早めに就活を始めておく

いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイントの1つ目は、早めに就活を始めておくことです。

理由は、より多くの企業を研究することができ、社内の雰囲気や働き方、業績などをもとに適切な企業を選択できるからです。

会社の事情をよく知らずに入社し、働き始めてから「この会社は潰れるかもしれない」と思う人は少なくありません。

早めの就活開始は、このような問題を防ぎ、焦らず冷静に選択肢を探ることができるという利点があります。

また、潰れる可能性の低い企業は人気が高く、就活を始めるのが遅いと採用されるのが難しくなります

時間的余裕を持って多くの企業をリサーチし、安定した企業を見つけるチャンスを広げましょう!

就活生ちゃん

早めに就活をするのが大切ということが分かりました!

でも具体的にどうすればいいのか分かりません…

下の記事は、早めに就活をすることについて詳しく解説した記事です。

気になる方はぜひ参考にしてください!

就活アドバイザー 京香

 

ポイント②:企業の口コミ/評判を確認する

いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイントの2つ目は、企業の口コミ/評判を確認することです。

企業の口コミや評判を調べることは、企業を把握する上で一番簡単で信用のある方法です。

口コミや評判の多くは実際に働いている人や働いていた人、就活をしていた人などによって書かれています。

そのような人たちは現実を知っている人であり、企業研究をする上でとても参考になる意見を提供してくれています。

企業に関する口コミ/評判サイトには以下の様なものがあります。

代表的な口コミ/評判サイト
  • OpenWork
  • ライトハウス
  • 就活会議
  • ONE CAREER

様々な口コミサイトがあるので、自分に合ったものを見つけてみましょう。

現場の声を参考に企業分析を進めていくと良いですよ!

就活アドバイザー 京香

 

ポイント③:OB・OG訪問を行う

いずれ潰れる会社への入社を防ぐポイントの3つ目は、OB・OG訪問を行うことです。

OB・OG訪問をするメリットはリアルな情報を入手できる点です。

ワークライフバランスや会社の雰囲気、経営陣の様子など、気になることを聞いて企業の理解を深めましょう。

OB・OG訪問をすることで、自己分析や業界研究・企業研究の精度を高めることができます。

実際に働いている人の雰囲気から、自分にマッチしている企業なのかを見極めることもでき、実際に職場で働く人たちの声を聞くことは非常に重要です。

「OBOG訪問ってどんな感じにするんだろう」と気になる就活生は、こちらの記事をぜひ参考にしてください!

就活アドバイザー 京香

以下の記事では、潰れない会社の特徴や就職する方法が詳しく説明されています。

気になる人はぜひ読んでみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

【転職者向け】いずれ潰れる会社で働いているときの対処法

就活生ちゃん

もし、いずれ潰れる会社で働いてしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか?

そのような場合の対処方法はとても重要ですよね。

それでは次に説明していきましょう!

就活アドバイザー 京香

いずれ潰れる会社で働いているときの対処法
  • ①人事や上司に相談してみる
  • ②労働基準局に相談する
  • ③エージェントに登録し、転職活動を始める

 

その①:人事や上司に相談してみる

対処法1つ目は、人事や上司に相談してみることです。

何か違和感を感じたら、まず人事や上司に話してみることが効果的です。

上司が問題に気付いていない可能性もありますので、心配事や改善してほしいことを伝えましょう。

同じ会社の人なら連絡をしやすく、理解も得やすいので、気負いすぎず周りに助けを求めることをおすすめします。

もし人事や上司が話を聞き入れようとしない場合は、転職も視野に入れましょう

就活アドバイザー 京香

 

その②:労働基準局に相談する

対処法2つ目は、労働基準局に相談することです。

労働基準局という第3者に助けを求めることも有効的です。

労働基準局という政府機関の指示に従わない企業は社会的信用を大きく失うため、どの企業もその指導には従わざるを得ません。

働き方や給料などに不満がある場合は一人で抱え込まずに、公的機関の力を借りることも検討してみてください。

 

その③:エージェントに登録し、転職活動を始める

対処法3つ目は、エージェントに登録し、転職活動を始めることです。

エージェントに登録することは次のような利点があります。

  • 自分の希望やスキルに合った求人情報を得られる
  • 転職のプロからアドバイスをもらえる
  • 選考のサポートをしてもらえる

以下は代表的な転職エージェントです。

  • リクルート
  • エージェント
  • doda

ひとりで転職活動を進めるよりも、経験のあるエージェントにサポートしてもらった方が納得のいく転職をすることができます。

自分に合ったエージェントを探してみましょう!

就活アドバイザー 京香

 

就活は具体的に何から始めるべき?

「就活を始めてみたもののまだわからないことが多い…」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの性格を診断するのがおすすめです。

 

適性診断AnalyzeU+は、10分~15分で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みと弱み、おすすめ職種を診断してくれます。

また、診断後にあなたの強みや弱み、専攻などをOfferBoxのプロフィールに入力することで、大手や隠れ優良企業からの特別スカウトをもらえます!

「就活で何をすれば良いかわからない…」という人は、単なる自己分析だけではなく、「自分に合う」企業からの特別スカウト機能もある適性診断AnalyzeU+で診断してみると良いですよ!

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「いずれ潰れる会社の特徴」に関するよくある質問

就活生くん

「いずれ潰れる会社」について、ほかに何か知っておくべきことはありますか?

それでは、最後に「いずれ潰れる会社」についてよく聞かれる質問を3つ紹介します。

就活アドバイザー 京香

「いずれ潰れる会社の特徴」に関するよくある質問
  • ①会社が潰れそうなとき、社長はどうしているの?
  • ②「社員を大事にしない会社は潰れる」ってホント?
  • ③「辞めた会社が潰れる」のスピリチュアル的な意味を知りたい!

 

質問①:会社が潰れそうなとき、社長はどうしているの?

よくある質問の1つ目は、会社が潰れそうなとき、社長はどうしているの?です。

会社を立て直そうとするときに社長がとる行動には以下のようなものが挙げられます。

  • 社員への対応改善
  • 交渉と資金調達
  • 財務体制の見直し

多くの社長は倒産を避けようと、状況改善を図ります。

それでも軌道修正が上手くいかない場合には経営が成りゆかず、会社が潰れてしまいます。

 

質問②:「社員を大事にしない会社は潰れる」ってホント?

よくある質問の2つ目は、「社員を大事にしない会社は潰れる」ってホント?です。

結論からいうと、これはホントです

社員を大切にしない会社では、優秀な人材がどんどん辞めていきます。

そうなると人手不足になり、仕事が回らなくなって経営が困難になります。

社員を大事にしない会社は潰れる可能性が高いです!

就活アドバイザー 京香

 

質問③:「辞めた会社が潰れる」のスピリチュアル的な意味を知りたい!

よくある質問の3つ目は、「辞めた会社が潰れる」のスピリチュアル的な意味を知りたい!です。

自分が辞めた会社が潰れた場合、「自分のせいで潰れてしまったのかもしれない」と罪悪感を感じる人もいるかもしれません

ですが、スピリチュアル的には、会社の倒産は「新たなことを始める転機」を意味しています。

また、会社が社員を大切にしていなかった場合は、「因果応報」だともいえるでしょう。

全てのものには始まりと終わりがあり、会社の倒産は「新たな始まりの始まり」と捉えられます。

ですので、あなたが罪悪感を感じる必要はなく、ポジティブに前進していきましょう!

 

「就活のやり方がわからない…」「就活はどこから始めれば…?」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

就活初期の段階で自分の強みや弱みなどの性格を把握していれば、業界・企業選びや、ES、面接で困ることはなくなるからです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの強みや弱み、適性職種を詳しく検査してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手や優良企業から特別スカウトも来ます。

「自分の強みを教えて欲しい!」「ESや面接で困ることなくスムーズに就活を進めたい!」という方は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強み診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

まとめ:いずれ潰れる会社の特徴を参考に、安定性/将来性のある会社への入社を目指そう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事ではいずれ潰れる会社について詳しく解説しました。

合わせて、潰れる会社への入社を防ぐ方法いずれ潰れる会社で働いているときの対処法も紹介しました。

この記事を読んだことで、潰れる会社に関する皆さんの不安や疑問を少しでも解消することができていたら、嬉しい限りです!