【バレる?】SPIの替え玉(代行)受験について解説|メリット・デメリットも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • SPIの替え玉は「Webテストでのみ可能」
  • SPIを「友人と受けている人はたくさんいる」
  • SPIの替え玉受験のメリット3選
  • SPIの替え玉受験のデメリット5選
  • SPIの替え玉受験は「テスト段階ではバレないが、後からバレる可能性がある」
  • SPI の対策には、SPI頻出問題集(LINEで無料配布)を使うのがおすすめ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の平井です。

この記事では「SPIの替え玉(代行)受験」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんはSPIの替え玉受験を知っていますか?

「就活の教科書」編集部 平井

就活生くん

僕は、SPIで替え玉受験をしている人がいることを最近知りました。

SPIの替え玉受験ってしても大丈夫なんですか?

就活生ちゃん

私の知り合いにも、友達と一緒にSPIを受けている人がいました。

友達と受けてもバレないんでしょうか?

SPIの替え玉受験をしてもいいのか気になりますよね。

また、SPIの替え玉受験をしてもバレないのか知りたい人もいると思います!

「就活の教科書」編集部 平井

なので、この記事では「SPIの替え玉受験」について徹底解説していきます。

また、「SPIの替え玉(代行)受験のメリット・デメリット」や、「SPIの替え玉(代行)受験はバレるのか」についても解説します。

「SPIの替え玉(代行)をしてもいいのか気になる就活生」や「SPIの替え玉(代行)がバレないのか気になる就活生」は、この記事を最後まで読んで、自分の就職活動に役立ててください。

この記事を読めば、「SPIの替え玉(代行)受験」について理解が深まります。

 

先に伝えると「SPIやWebテストで落ちたくない!」という方は、SPI頻出問題集を同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、苦手な単元の演習ができたり、性格検査で時間切れになって落ちる心配がなくなるので、面接対策に専念できるようになります。

「第一志望企業のWebテストはなんとしても通過したい!」という方は、すでに多くの就活性がこの方法で対策しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで配布)

【受験代行】そもそもSPIの替え玉受験とは?

就活生くん

そもそもSPIの替え玉受験って何ですか?

SPIの替え玉受験とは、SPIを他の誰かに解いてもらうことです。

以下で、もう少し詳しく解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 平井

SPIのWebテスト方式の場合に利用可能

まず、前提として、SPIの替え玉受験はWebテスト方式の場合にのみ利用可能です。

SPIのテスト方式には3種類あります。

自宅で受けるWebテスト、テストセンターで受けるテストセンター、試験会場で受けるペーパーテストです。

Webテストでは、指定されたURLがあれば、どのパソコンからでも受験できます。

よって、URLさえ共有すれば、誰でもSPIが受験できます。

一方、テストセンターペーパーテストは、会場で本人確認をされます。

よって、本人以外が受験することはできません。

要するに、SPIの替え玉受験はWebテスト方式でのみ可能ということです。

SPIの受験方式の違いについて詳しく知りたい人は、以下の記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

SPIの代行サービスも存在する

SPIの替え玉受験の方法として、代行サービスを利用する方法があります。

世の中には、SPIの代行サービスが存在しており、お金を払うことでSPIの替え玉受験をしてくれます。

個人が代行サービスを行っている場合もあれば、代行を専門に行う業者も存在します。

代行料金は、個人の場合は5000円程度、業者の場合は1万~2万程度が相場のようです。

以下の記事では、Webテストの代行サービスをについて解説しています!

興味のある方はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 平井

 

友人と協力して受けている人もたくさんいる

SPIの替え玉受験の方法として、友達に受けてもらう・友達と協力する方法もあります。

実際のところ、友達と協力してSPIを受けている就活生はたくさんいます。

理由としては、代行サービスを使うよりも心理的ハードルが低い、費用が安いなどが考えられます。

SPIが得意な友達・先輩に代わりに受けてもらうことも選択肢のひとつです。

 


コロナウイルスの影響でSPIの替え玉(代行)受験が増えている

就活生ちゃん

コロナウイルスの影響で、自宅で受けるWebテストの割合が増えたような気がします。

SPIの替え玉(代行)受験も増えているのではないですか?

確かに、コロナウイルスの影響で替え玉(代行)受験も増えているようです。

「就活の教科書」編集部 平井

やはり、コロナウイルスの影響で、SPIの替え玉(代行)受験が増えているといえます。

なぜなら、就職活動のオンライン化に伴い、自宅で適性検査を受けることが増えたからです。

実際に、ある企業が行ったSPIのテスト結果では、コロナ前と比べて、高得点者が異常に増えたという事例がありました。

この結果が、替え玉受験や代行サービスによるものと断言はできませんが、その可能性はかなり高いと言えます。

企業側も替え玉受験や代行サービスの存在には気付いているので、徐々に対策される可能性はあります。

 

 

【絶対通過?】SPIの替え玉(代行)受験を利用するメリット3選

就活生ちゃん

SPIの替え玉(代行)受験をするメリットを教えてください!

はい。

SPIの替え玉(代行)受験のメリットは3つあります。

「就活の教科書」編集部 平井

SPIの替え玉(代行)受験のメリット
  • メリット①:高確率でSPI試験を通過することが出来る
  • メリット②:SPIの対策に時間を割かなくていい
  • メリット③:SPI試験後に内容のFBをもらえることがある

メリット①:高確率でSPI試験を通過することが出来る

SPIの替え玉(代行)受験を利用するメリット1つ目は、「高確率でSPI試験を通過することが出来る」です。

やはり1番大きいメリットはSPI試験を通過できることです。

SPIの代行サービスの多くは、通過率90%以上を謳っています。

もしこれが本当なら、代行サービスを使うことで高確率がSPIを通過できます。

人気企業では、SPI試験は受験者の足切りとして使われます。

そのため、SPIを通過できないということは、面接にすら進めないということです。

人気企業を受けるなら、SPIの替え玉受験のメリットは大きいと言えます。

 

メリット②:SPIの対策に時間を割かなくていい

SPIの替え玉(代行)受験を利用するメリット2つ目は、「SPIの対策に時間を割かなくていい」です。

就職活動では、自己分析・企業分析・ES作成・面接対策などなど、やるべきことがたくさんあります。

時間がどれだけあっても足りないと感じるかもしれません。

SPIの対策は、対策本を読んだり、問題集を何回も解いたりと意外と時間がかかります。

そのため、就活生の中には「SPIの対策に時間を割けない」という人もいるでしょう。

SPIの替え玉受験を利用することで、SPI対策のために使う時間を他の就活対策に使うことができるようになります。 

ただし、テストセンター・ペーパーテストがあると、結局SPIの対策をすることになる点には注意です。

「SPIを対策する時間がないけど、自力で高得点がとりたい!」という人は、以下の記事も読んでみてください

「就活の教科書」編集部 平井

 

メリット③:SPI試験後に内容のFBをもらえることもある

SPIの替え玉(代行)受験を利用するメリット3つ目は、「SPI試験後に内容のFBをもらえることもある」です。

SPIの代行サービスの中には、追加料金を払うことでオプションをつけられるものがあります。

例えば、代行の様子を録画してデータとして渡す、依頼者の目の前で代行受験をする、というものです。

その中には、SPIの試験内容についてFB(フィードバック)をもらえるものもあります。

SPIで高得点をとると、面接の際に、SPIを受けた手ごたえや感想を聞かれることがあります。

FBをもらうことで、このような質問に対しても戸惑うことなく答えられます。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【落とし穴】SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット5選

就活生くん

逆に、SPIの替え玉(代行)受験のデメリットは何がありますか?

SPIの替え玉(代行)受験のデメリットは5つあります。

メリットも大きいですが、デメリットも大きいので、しっかり確認しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 平井

SPIの替え玉(代行)受験のデメリット
  • デメリット①:内定を取り消されてしまう可能性がある
  • デメリット②:SPIの再受験があった場合対応ができない
  • デメリット③:努力した人と差が生まれてしまう
  • デメリット④:入社後にミスマッチが生じる
  • デメリット⑤:料金が高いうえに確実に受かるわけではない

 

デメリット①:内定を取り消されてしまう可能性がある

SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット1つ目は、「内定を取り消されてしまう可能性がある」です。

替え玉受験の一番大きなデメリットは、替え玉受験がバレて内定取り消しになることです。

たとえ、替え玉受験をした結果、内定獲得まで進んだとしても、替え玉受験がバレると内定取り消しになる可能性があります。

そもそも替え玉受験は、「電磁的記録不正作出罪」、「不正アクセス行為」などに該当する可能性があります。

そのため、替え玉受験が発覚した場合、内定取り消しになっても文句は言えません。

実際に就活生が罪に問われたケースはほとんど無いですが、不正行為であることは理解しておきましょう。

 

デメリット②:SPIの再受験があった場合対応ができない

SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット2つ目は、「内定を取り消されてしまう可能性がある」です。

企業によっては、SPIの再受験を実施するケースがあります。

なぜなら、企業側も代行サービスや替え玉受験の存在は把握しているからです。

再受験の場合、Webテストではなく、会社でペーパーテストを行うことが多いです。

そのため、替え玉(代行)受験をしていた受験者は、対応できなくなります。

急に得点が低くなれば、替え玉受験を疑われてしまいます。

 

デメリット③:努力した人と差が生まれてしまう

SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット3つ目は、「努力した人と差が生まれてしまう」です。

替え玉受験をした人は、自分で努力することを怠って高得点を取ったことになります。

そのため、真面目に努力した人との差が生まれてしまいます。

そもそも、SPIはそこまで難しいテストではありません。

一部のトップ企業を除けば、きちんと対策すればSPIは通過できます。

最低限の点数は自力でとれるようにした方が良いでしょう。

 

デメリット④:入社後にミスマッチが生じる

SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット4つ目は、「入社後にミスマッチが生じる」です。

SPIはあくまでも「適性検査」です。

そのため、自分の能力や性格とかけ離れた結果で内定獲得まで進んだとしても、入社後にミスマッチが生じる可能性があります。

希望と異なる部署になったり、自分の能力には合わない職種に配属されたすることが考えられます。

SPIの結果は、採用時だけでなく、その後のキャリアにも影響します。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、自分の本来の姿で勝負できるようにしておきましょう。

 

デメリット⑤:料金が高いうえに確実に受かるわけではない

SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット5つ目は、「料金が高いうえに確実に受かるわけではない」です。

代行サービスのHPを見てみると、大抵のサービスは合格率98%や97%を謳っています。

確かに合格率は高いですが、100%ではありません。

つまり、確実に受かるわけではないということです。

しかも、代行サービスがアピールする合格率も本当かどうかわかりません。

それに対して、業者の代行サービスを利用する場合は、1回につき1万~2万円程度とかなり高いです。

費用対効果やデメリットを考えると、積極的に利用するサービスとは言えません。

「替え玉や代行に頼らず、SPIで高得点がとりたい!」という就活生も多いと思います。

そのような方は、以下の記事も併せて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 平井

 

「SPIやWebテストで第一志望企業の選考に落ちたくない!」という方はSPI頻出問題集」「キミスカ適性検査の同時利用が一番おすすめです。

同時に使うことで、SPIやWebテストの苦手分野を簡単に演習でき、性格検査をお試しで受けて練習することができます。

すでに多くの就活性が使っているので、SPIやWebテストの選考を突破したい方は、ぜひ両方とも利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を受け取る(公式LINE)

>> キミスカ適性検査で性格検査を練習する

 

SPIやWebテストに関する詳しい解説は、以下の記事でまとめているので、興味のある就活生はぜひ読んでみてくださいね。

 

「WebテストやSPIで落ちるかもしれない」「対策が間に合わず、手遅れになりそう…」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>>SPI頻出問題集を受け取る

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SPIの替え玉(代行)受験に関するよくある質問

最後にSPIの替え玉(代行)受験に関するよくある質問に回答していきます!

「SPIでの不正がバレるのか」は皆さんも気になると思います。

「就活の教科書」編集部 平井

SPIの替え玉(代行)受験に関するよくある質問
  • 質問①:SPIの替え玉(代行)受験はバレるの?
  • 質問②:SPIの替え玉(代行)受験に対策している企業もあるの?

質問①:SPIの替え玉(代行)受験はバレるの?

結論、「SPIの替え玉(代行)受験はWebテスト時にはバレないが、後になってバレることはある」と言えます。

まず、Webテストの代行サービスを利用したとしても、テスト段階で不正がばれることはほとんどありません。

なぜなら、コンピュータは不正を検知することが出来ないからです。

例えば、zoomの画面共有やスクリーンショットでさえもコンピュータは検知できません。

そのため、テスト段階で不正がばれることはほぼ無いと言えます。

しかし、後になって不正が発覚する可能性はあります。

以下のような理由から、替え玉(代行)受験がバレる可能性があります。

  • テストの結果と面接の態度が全く違う
  • 成績が良すぎる
  • 代行した人からのタレコミ

SPIは適性検査なので、受験者がどのような人かについて詳細なレポートを見ることが出来ます。

そのため、面接での印象がテスト結果と全く違うと、企業側は疑いを持ちます。

また、あまり学歴が高くない受験者の場合、テストの成績が良すぎると疑惑を持たれる場合もあります。

面接では、疑惑を持たれた時点でかなりアウトです。

実力で高得点をとったのなら、結果に自信を持ち、テストの感触などを聞かれても堂々と答えましょう。

また、過去には代行を依頼した友達に恨まれて、替え玉受験をバラされてしまった事例もあるようです。

人生がかかった重要なテストを他の誰かに任せられるのか、きちんと考えましょう。

質問②:SPIの替え玉(代行)受験に対策している企業もあるの?

SPIの替え玉(代行)受験に対策している企業はあります。

替え玉受験や代行サービスが横行していることは企業側も把握しており、対策に乗り出す企業も現れています。

最近では、SPIを提供しているリクルートが、オンライン受験を監督するサービスを始めました。

監督サービスでは、受験前の本人確認と、受験中に不審な動きがないかをモニター越しでチェックします。

また、リクルートも企業にはなるべくテストセンター方式を採用することを推奨しています。

SPI以外の適性検査では、AIが不正行為を監視するWebテストが開発されたりと、企業側も様々な対策をしています。

   

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:SPIの替え玉(代行)受験は、1つの手段として検討すべき

いかがだったでしょうか。

この記事では「SPIの替え玉受験」について徹底解説しました。

また、「SPIの替え玉(代行)受験のメリット・デメリット」や、「SPIの替え玉(代行)受験はバレるのか」についても解説しました。

SPIの替え玉(代行)受験のメリット・デメリットを理解した上で、利用する考えましょう。

あくまでも自己責任である点には十分注意してください。

最後に、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【受験代行】そもそもSPIの替え玉受験とは?

  • SPIのWebテスト方式の場合に利用可能
  • SPIの代行サービスも存在する
  • 友人と協力して受けている人もたくさんいる

◆【絶対通過?】SPIの替え玉(代行)受験を利用するメリット3選

  • メリット①:高確率でSPI試験を通過することが出来る
  • メリット②:SPIの対策に時間を割かなくていい
  • メリット③:SPI試験後に内容のFBをもらえることもある

◆【落とし穴】SPIの替え玉(代行)受験を利用するデメリット5選

  • デメリット①:内定を取り消されてしまう可能性がある
  • デメリット②:SPIの再受験があった場合対応ができない
  • デメリット③:努力した人と差が生まれてしまう
  • デメリット④:入社後にミスマッチが生じる
  • デメリット⑤:料金が高いうえに確実に受かるわけではない

◆コロナウイルスの影響でSPIの替え玉(代行)受験が増えている

◆SPIの替え玉(代行)受験に関するよくある質問

  • 質問①:SPIの替え玉(代行)受験はバレるの?
  • 質問②:SPIの替え玉(代行)受験に対策している企業もあるの?

◆まとめ:SPIの替え玉(代行)受験は、1つの手段として検討すべき