>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【業界別の例文あり】業界の「志望理由」面接,ESでの答え方 | 書き方のコツ,回答例も

この記事でわかること
  • 業界の志望理由を聞く意図は「仕事への本気度」を知るため
  • 面接で業界の志望理由を聞かれたときの業界別回答例3つ
  • 業界の志望理由を答える時のポイントは「冒頭で志望理由を伝える」こと
  • 業界の志望理由を伝える時のNGポイント3つ
皆さん、こんにちは。
「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、業界の志望理由を聞かれたときの回答例を解説していきます。
就活生の皆さんは、業界の志望理由の答え方や書き方で悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

就活の面接で、業界の志望理由について聞かれたけど上手く答えられなかったなあ。
良い回答例とかはないのかな?

就活生ちゃん

エントリーシートで業界の志望理由の書き方がよくわからないな・・・
面接官が業界の志望理由を質問する意図は何だろう?
業界の志望理由はどのように答えたら良いのか難しいですよね。
でも大丈夫です!
業界の志望理由を聞く意図を理解できれば、自分なりの良い業界の志望理由を作れます。

「就活の教科書」編集部 潤

そこでこの記事では、業界の志望理由を聞かれたときの答え方を例文付きで解説します。

また、面接官が業界の志望理由を聞く意図答え方のポイント・注意点も一緒に紹介します。

この記事を読めば、業界の志望理由を聞かれたときの答え方がわかり、自分なり志望理由を伝えられるようになります。

業界の志望理由について困っている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

【質問意図】「業界の志望理由」を聞かれる3つの理由

就活生くん

面接官が、就活生に「業界の志望理由」を聞く意図って何だろう?
何のために業界の志望理由を聞くのかを教えてください。
わかりました。
面接官が就活生に「業界の志望理由」を聞く意図は、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

業界の志望理由を聞く3つの理由
  • 理由①:「本気で業界の仕事を考えているか」を知るため
  • 理由②:「業界の理解度」を知るため
  • 理由③:「他の業界ではダメな理由」を知るため
それぞれ、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

理由①:「本気で業界の仕事を考えているか」を知るため

面接官が、就活生に「業界の志望理由」を聞く1つ目の理由は「本気で業界の仕事を考えているかを知るため」です。

業界の志望理由を聞くことで「就活生がどれくらい業界に関心を持っているか」「どこまで詳しく調べているか」がわかります。

例えば、OB訪問をしてわかったことや、企業が取り組んでいることなどを話すと仕事への本気度が伝わります。

そのため、就活生の業界に対する意識を確認するために、業界の志望理由を聞いて「本気で業界の仕事を考えているのか」を判断しています。

自分なりに業界のことを分析することはとても重要です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:「業界の理解度」を知るため

面接官が、就活生に「業界の志望理由」を聞く2つ目の理由は「業界の理解度を知るため」です。

業界の志望理由は、業界の理解度に直結するからです。

例えば、業界の知名度条件などで志望している就活生は多く、どのような製品やサービスがあって、社員の方はどのような仕事をしているのかなどを把握していない人はたくさんいます。

そのため、業界の志望理由を聞いて、どこまで業界の理解をしているのかを確認しています。

業界の理解度を深めるために、OB訪問会社説明会に参加してみるのも良いですよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:「他の業界ではダメな理由」を知るため

面接官が、就活生に「業界の志望理由」を聞く3つ目の理由は「他の業界ではダメな理由を知るため」です。

業界の志望理由を聞くことで「なぜ他の業界ではダメなのか」を確認できるからです。

熱心に業界の志望理由を伝えても、他の業界でできることなら企業が求めている志望理由にはなりません。

そのため、業界の志望理由を聞いて「なぜこの業界でないとダメなのか」を確認しています。

「他の業界ではダメな理由」を答えられるようにしておいてください。

次に、面接で業界の志望理由を質問されたときの回答例を3つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

面接で業界の志望理由を質問された時の回答例3つ

就活生ちゃん

面接で業界の志望理由を聞かれたけど、上手く回答できませんでした。
業界の志望理由に関する良い回答例があれば教えて欲しいです。
わかりました。
今回は、業界の志望理由を質問されたときの回答例を3つ紹介します。
紹介する回答例の業界は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

業界別の志望理由3つ
  • 例文①:「志望理由」IT業界
  • 例文②:「志望理由」食品業界
  • 例文③:「志望理由」広告業界
それでは、それぞれ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

例文①:「志望理由」IT業界

業界の志望理由【IT業界編】
私がIT業界を志望するのは、コンピュータを使ってシステムを作り、多くの人の生活をより便利にしたいと考ええたからです。私は、大学時代に塾講師や飲食店などの様々なアルバイトを経験しましたが、そのどれもにパソコンやiPadを使用した仕事がありました。どの仕事でも、パソコンや他の電子機器に通信トラブルなどがあれば仕事を一時的に中断して、トラブルを直していたので、社会はITで成り立っていることを強く感じました。そのため、社会全体を支えるIT業界で働きたいと思い、その中でも教育やアパレルなどの幅広い事業を展開している御社で働きたいと考えております。また、現在、私は人工知能の開発でも使用されている「Python」を勉強しており、御社でAIを使用したシステム作りにも携わり、ITの普及を目指したいと考えております。

 

 

例文②:「志望理由」食品業界

業界の志望理由【食品業界編】
私が食品業界を志望するのは、「食」の大切さを今まで以上に感じたからです。私は大学時代に、カンボジアへボランティアサークルとしてボランティアの活動に参加しました。そこでは、たくさんの方が貧困な生活をしており、1日の中で食事の時間を楽しみにしていました。1日1食が当たり前で美味しいものを食べたときの現地の方の笑顔は今でも忘れられません。そんな時に、できるだけ廃棄を減らし、余った生産分の食品は海外へ寄付をするという御社の取り組みを見て、心を打たれました。そのため、私は食品業界の中でも世界のために「食」を大切にする御社で働きたいと考えております。また、現在、栄養素や語学の勉強をしており、ゆくゆくは、世界中の方に食品を提供するために、御社の海外市場拡大に貢献していきたいと考えております。

 

例文③:「志望理由」広告業界

業界の志望理由【広告業界編】
私が広告業界を志望するのは、良い商品を世の中に広げて、多くの方に良い商品を届けたいからです。私は大学時代にブログを開設し、どのような商品の広告が良いのか、どのように広告を置いて、どのように誘導していけば良いのかを学習しました。現在、インターネットでの広告市場が年々拡大しており、その中でも御社はいち早くインターネット広告の分野に参入し、生産者側と消費者側を強く結び付けているため、私は御社で働きたいと考えております。ブログを運営する上で行ってきたデータ分析などを活かして、人々の生活を改善する良い商品をたくさんの方に販売していきたいと考えております。
良い回答のポイント
  • 冒頭で志望理由を簡潔に伝える
  • 学生時代の体験談を伝える
  • 企業にどのように貢献したいのかを伝える
  • 他の業界ではダメな理由を伝える
冒頭で結論を伝えて、具体的な体験談を入れて根拠を話すことが大切です。

志望動機について書く自信がない方は、下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【厳選】業界の志望理由を答える時のポイント5つ

就活生くん

業界の志望理由を伝える時に何に気を付けたら良いのかわかりません。
業界の志望理由を答える時の意識すべきポイントを教えて欲しいです。
確かに何を気を付けたら良いのか難しいですよね。
業界の志望理由を答える時のポイントは、次の5つです。

「就活の教科書」編集部 潤

業界の志望理由を答える時のポイント5つ
  • ポイント①:業界の志望理由を明確に伝える
  • ポイント②:業界を志望した理由を過去の経験から伝える
  • ポイント③:他業界ではなぜダメなのかを伝える
  • ポイント④:自分の得意分野を業界でどのように活かせるのかを伝える
  • ポイント⑤:将来的にその業界で何をしたいのかを伝える
それぞれ、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント①:業界の志望理由を冒頭で明確に伝える

業界の志望理由を答える時の1つ目のポイントは「業界の志望理由を冒頭で明確に伝える」ことです。

業界の志望理由を明確に伝えることで、面接官が業界の志望理由をイメージしやすくなるからです。

例えば、

就活生くん

「私は大学時代に、〇〇を経験しました。
・・・・
そのため、私は〇〇の業界を志望しております。」

と言うよりも、

就活生くん

「私がこの業界を志望している理由は〇〇だからです。
大学時代に、〇〇を経験しました。
・・・・
そのため、私は〇〇の業界を志望しております。」

と言った方が、面接官に業界の志望理由を明確に伝えられます。

そのため、冒頭で自分の志望理由を明確にかつ簡潔に伝えてみてください。

具体的にかつ簡潔に伝えるために「志望理由⇒根拠⇒具体例⇒結論」の順番で話すと良いですよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント②:業界を志望した理由を過去の経験から伝える

業界の志望理由を答える時の2つ目のポイントは「業界を志望した理由を過去の経験から伝える」ことです。

業界の志望理由を過去の経験をもとに伝えると具体性が上がるからです。

例えば、

就活生くん

「私が〇〇業界を志望した理由は△△だからです。
私が高校生の時に〇〇を体験して・・・」

というように過去のエピソードを交えて伝えると、志望理由の具体的な根拠を表現できます。

そのため、業界の志望理由を伝える時は、過去の経験談を入れてみてください。

大学時代のサークルやアルバイトの話も良いですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント③:他業界ではなぜダメなのかを伝える

業界の志望理由を答える時の3つ目のポイントは「他業界ではなぜダメなのかを伝える」ことです。

他の業界ではなぜダメなのかを伝えることで、説得力が増します。

例えば、

就活生くん

「私が志望している〇〇業界では、△△をしていますが、▢▢のような業界では〇〇をしていないからです。」

のように他の業界との比較をすると、業界を志望する理由を具体的に伝えられます。

そのため、他の業界ではダメな理由も考えてみてください。

他の業界ではダメな理由を考える時は、自分が志望している業界と他の業界を徹底的に比較することが大切です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント④:自分の得意分野を業界でどのように活かせるのかを伝える

業界の志望理由を答える時の4つ目のポイントは「自分の得意分野を業界でどのように活かせるのかを伝える」ことです。

自分の得意分野をどのように活かせるのかを伝えることで、企業に貢献できることをアピールできるからです。

例えば、

就活生くん

「私は学生時代に英語を勉強してTOEICのスコアが900点になったので、御社の海外での市場拡大にも貢献したいです。」

と言うように、自分のスキルを企業にどのように活かせるのかを話すことで、業界の志望理由に強みが増します。

そのため、業界の志望理由を伝える時には、自分の得意分野をどのように業界で活かせるのかを交えてみてください。

面接官は、どのように企業に貢献できるのかを見ています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ポイント⑤:将来的にその業界で何をしたいのかを伝える

業界の志望理由を答える時の5つ目のポイントは「将来的にその業界で何をしたいのかを伝える」ことです。

将来的に志望している業界でどうなりたいのか、何をしたいのかを伝えることで、自分の成長意欲仕事への真剣度をアピールできます。

例えば、

就活生くん

「私は、将来〇〇を身に付けて御社の△△の部署で▢▢の売り上げに貢献したいと考えております。」

と言うように、将来的な目標を伝えることで、積極的に仕事に取り組む姿勢や真剣度に強みが増します。

そのため、業界の志望理由を答える時は、その業界で将来的にどのような仕事に携わっていたいかを伝えてみてください。

将来どのようになっていたいか、5年後、10年後の自分はどのような仕事をしているのかを考えることは重要です。

志望動機を伝える時のポイントを解説しましたが、ガクチカについてもこのように深堀は行われます。

ガクチカのエピソードに自信がない方は下記の記事を読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【注意】業界の志望理由を伝える時のNGポイント3つ

就活生くん

業界の志望理由の答え方はよく理解できました。
逆に、業界の志望理由を伝える時の注意点があれば教えて欲しいです。
わかりました。
業界の志望理由を伝える時のNGポイントは、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 潤

業界の志望理由を伝える時のポイント3つ
  • NGポイント①:志望理由が熱意だけ
  • NGポイント②:待遇しか興味がない
  • NGポイント➂:勉強熱心をアピール
それぞれ、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

NGポイント①:志望理由が熱意だけ

業界の志望理由を伝える時に注意すべき1つ目のNGポイントは「熱意だけを伝えること」です。

業界の志望理由で熱意だけを伝えても具体性に欠けます。

例えば、

就活生くん

「私は人の役に立ちたいです。」

と伝えるのではなく、

就活生くん

「私は、〇〇を活かして、〇〇な人の役に立ちたいです。」

と伝えたほうが、具体的に表現できます。

熱意も大切ですが、業界の志望理由を伝える時は、具体的に説明してみてください。

熱意だけでなく、業界の志望理由を具体的にかつ簡潔に伝える練習をしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

NGポイント②:待遇しか興味がない

業界の志望理由を伝える時に注意すべき2つ目のNGポイントは「待遇しか興味を示さないこと」です。

待遇を重視しすぎると働く意志を全く伝えられません。

例えば、給料や残業時間、休みの多さなどを志望理由に挙げる人は、企業に貢献しようとする意志がない場合が多いです。

業界の志望理由は、あくまでも事業内容仕事内容に関することにしてみてください。

待遇を知りたい場合は、ホームページを見たり社員の方にインタビューしてみると良いですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

NGポイント➂:勉強熱心をアピール

業界の志望理由を伝える時に注意すべき3つ目のNGポイントは「勉強熱心をアピールすること」です。

勉強熱心さをアピールしても積極的に企業に貢献してくれない人だと思われます。

例えば、勉強熱心さをアピールしすぎることで、スキルを教えてもらうだけの受身な人だと思われてしまいます。

単純に勉強熱心さをアピールするのではなく、勉強に熱心だからこそ積極的に様々なスキルを身に付けて企業に貢献したい意志を伝えてみてください。

スキルを身に付けて会社に貢献する気持ちを伝えてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

 

まとめ:業界の志望理由を徹底的に分析して、万全な対策をしよう

いかがだったでしょうか。

今回は、「業界の志望理由を聞かれた時の回答例や質問意図、回答ポイント、NGポイント」について解説しました。

最後に改めてこの記事のまとめを書いておきます。

ぜひ復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆【質問意図】「業界の志望理由」を聞かれる3つの理由

  • 理由①:「本気で業界の仕事を考えているか」を知るため
  • 理由②:「業界の理解度」を知るため
  • 理由③:「他の業界ではダメな理由」を知るため

◆面接で業界の志望理由を質問された時の回答例3つ

◆【厳選】業界の志望理由を答える時のポイント5つ

  • ポイント①:業界の志望理由を冒頭で明確に伝える
  • ポイント②:業界を志望した理由を過去の経験から伝える
  • ポイント③:他業界ではなぜダメなのかを伝える
  • ポイント④:自分の得意分野を業界でどのように活かせるのかを伝える
  • ポイント⑤:将来的にその業界で何をしたいのかを伝える

◆ 【注意】業界の志望理由を伝える時のNGポイント3つ

  • NGポイント①:志望理由が熱意だけ
  • NGポイント②:待遇しか興味がない
  • NGポイント➂:勉強熱心をアピール

◆まとめ:業界の志望理由を徹底的に分析して、万全な対策をしよう

ここまで、業界の志望理由を聞かれた時の回答例や質問意図、答え方のポイント、NGポイントなどを解説しました。
面接官の質問意図を把握し、自分なりに徹底的に対策を行っていれば業界の志望理由を聞かれても上手に回答できます。
納得できる万全な対策を行ってから面接に挑みましょう。

「就活の教科書」編集部 潤