【就活経験者が教える】学歴フィルターの基準はどこまで? 大学ランク,突破方法も

学歴フィルター

この記事を読めばわかること
  • 学歴フィルターにおける5つのランク
  • 学歴フィルターの実態(Twitterからの声)
  • 学歴に自信がなくて不安な人はキャリアチケットに相談してみよう
  • 学歴フィルターで選考を落とされるタイミング

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
今回は、学歴フィルターの基準がどこまでかについて解説します。
就活生のみなさんは、学歴フィルターはどこまで採用されているか知っていますか?

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

学歴フィルターって何ですか?
聞いたことがありません。

就活生ちゃん

私は自分の学歴に自信がなくて、就活では学歴フィルターで選考を落とされるんじゃないかと心配しています。
学歴フィルターってどこまでの大学が選考で落とされるのかを知りたいです。

学歴フィルターについて、あまりよく知らない就活生も多いですよね。
僕も就活中は、学歴フィルターがどこまで採用されているのか知らなかったので、怯えながら選考を受けていました。

「就活の教科書」編集部 コータ

そこで、この記事では、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介します。

加えて、学歴フィルターで選考で落とされるタイミングと、突破する方法も解説します。

この記事を読めば、「学歴フィルターがどこまでなのかを知らず、ほとんどの選考で落とされてしまった…」なんてことを避けられます。

「学歴フィルターで選考で落とされてしまうんじゃないか」と選考が不安な就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に伝えておくと、「就活エージェント」を使うと、学歴に自信がない人でも安心して就活を進められますよ。

理由は、就活エージェントでサポートを受ければ、学歴が高くなくても、学歴をカバーできるくらい就活力が上がるからです。

ちなみに、学歴に自信がない就活生にはキャリアチケットがおすすめです。

企業選び、ES・面接対策など、就活の始まりから内定までサポートをしてくれるので、ぜひ利用してみて下さい。

「就活の教科書」編集部 コータ

>>キャリアチケットを見てみる

 

そもそも、学歴フィルターとは

就活生くん

「学歴フィルター」って何ですか?
就活を始めたばかりで何もわからないので、教えてください!

では、学歴フィルターについて簡単に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターとは、一定のレベル以下の大学に所属している就活生を、選考から落としてしまうフィルターのことです。

最近では学歴フィルターを採用せず、就活生の人柄を重視する企業も増えてきましたが、それでも学歴が見られているのは事実です。

大手企業や有名な企業では、何万人もの就活生からエントリーがあります。

何万人もの就活生を一人ひとり相手にしていると、膨大な時間がかかってしまうために、学歴フィルターを採用している企業も一部あります。

学歴フィルターについて、理解できましたね。
では次に、就活における学歴5ランクを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターにおける5つのランク

就活生くん

学歴フィルターは、具体的にどんな大学ごとにランクが分けられているのですか。

どんな大学ごとに学歴のランクが分けられているのか、気になりますよね。
では次に、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターにおける5つのランク
  • Aランク:旧帝大など
  • Bランク:上位国公立・早慶上智など
  • Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など
  • Dランク:日東駒専、産近甲龍など
  • Eランク:上記以外の大学

ここでは、Aランクから順に評価の高い大学として表記しています。
あくまでも一般的に言われていることなので、必ずしもこのランクが全企業に当てはまるわけではないことをご了承ください。
では、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Aランク:旧帝国大学など

学歴フィルターにおけるAランクは、旧帝国大学などです。

旧帝国大学とは、東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学を指します。

他には、一橋大学、東京工業大学、国際教養大学、医学部医学科などもAランクに含まれます。

Aランクの大学は就活で良い待遇を受けやすく、難関な外資企業や人気企業でも、学歴フィルターで落ちることは基本的にはありません。

旧帝大の就職事情については、下記の記事で詳しくまとまっているので、気になる方や所属学生は合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Bランク:上位国公立・早慶上智など

学歴フィルターにおけるBランクは、上位国公立・早慶上智などです。

上位国公立大学とは、筑波大学、横浜国立大学、神戸大学、首都大学東京、大阪市立大学、大阪府立大学などを指します。

早慶上智とは、早稲田大学、慶應大学、上智大学を指します。

他にも、国際基督教大学、東京理科大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学などもBランクに含まれます。

Bランクの大学も就活では良い待遇を受けやすく、学歴フィルターで落ちることは基本的にはありません。

早慶に関する就職事情は、下記の記事で詳しくまとまっているので、気になる方や所属学生は合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など

学歴フィルターにおけるCランクは、中堅国公立・GMARCH・関関同立などです。

中堅国公立大学とは、金沢大学、岡山大学、千葉大学、広島大学などを指します。

GMARCHとは、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学を指します。

関関同立は、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学を指します。

Cランクの大学も基本的に学歴フィルターで落とされることはありませんが、難関外資企業や五大商社の選考を通過することが少し難しくなってきます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Dランク:地方国公立・日東駒専・産近甲龍など

学歴フィルターにおけるDランクは、地方国公立・日東駒専・産近甲龍などです。

地方国公立大学とは、秋田大学、岐阜大学、鳥取大学、香川大学などを指します。

日東駒専とは、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学を指します。

産近甲龍とは、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学を指します。

Dランクになると、難関外資企業や人気企業の選考を学歴フィルターで落とされる可能性が高くなります。

Dランクの就活市場での位置づけについて詳しく知りたい人は、日東駒専・産近甲龍の就活事情まとめを紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Eランク:上記以外の大学

学歴フィルターにおけるEランクは、上記以外の大学です。

A〜Dランク以外の大学は、就活ではEランクとして扱われます。

Eランクはほとんどの企業の学歴フィルターにかかり、リクルーターがつかなかったり、そもそも説明会に参加できなかったりします。

下記では、上記以外の大学の就活事情まとめを紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターは、大きくこの5つに分けられます。
Dランク以下の大学は、大手企業や人気企業の選考を学歴フィルターで落とされる確率が高いです。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生ちゃん

学歴がそんなに高くないですが、受けたい企業があるので挑戦したいです。
こんな私でも就活をうまく進める方法って何かありますか。

そんな就活生の方におすすめなのは就活エージェントです。

就活エージェントの中でも、サポート内容が特に充実しているキャリアチケットがおすすめです。

例えば、ES添削・面接練習のなど、あなたの魅力が企業に伝わりやすくなる対策も受けられます。

学歴フィルターに負けずに、自分が活躍できる企業に入社したい就活生の方は、ぜひ利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

>>キャリアチケットを見てみる

 

学歴フィルターの実態(Twitterから生の声大量に集めてみたよ)

学歴フィルター

皆さんも一度は耳にしたことがあるはず。

 

「MARCH以下は学歴フィルターにかかる!」

「今や関関同立・MARCHすらも低学歴?」

「本当の高学歴は東京一工だけ」

「普通の私学が大手に就職するのは不可能」

こんな感じで学歴フィルターに関する情報があふれています。

 

なぜこのようなことになるのか?

それは単純に企業によって学歴フィルターの基準が違うからです。

今回は学歴フィルターの実態をTwitterの生の声とともにお届けします。

 

そもそも学歴フィルターって存在するの?

これは古くから議論の分かれるところでした。

しかし、間違いなく学歴フィルターは存在するといえます。

この事実はかの有名なゆうちょ事件によって暴かれました。

以下がその事件の概要です。

日本大学で登録した場合→満席

東京大学で登録した場合→空席

これは学歴フィルター以外の何物でもありません。

 

ゆうちょ事件以降もこういった学歴フィルター問題は摘発されています。

実際はほぼすべての企業が学歴フィルターを設けていると考えて間違いないでしょう。

 

実際学歴フィルターってどうなってるの?

企業によって違う学歴フィルター。

大学ごとの目安を確認しておきましょう。

以下が大学ごとの大体の目安になります。

【学歴フィルターの実態】

 

フィルター①:コンサル・投資銀行・総合商社等で採用
東京一工(東大・京大・一橋・東工大)+早慶上位(法・経済・政経・理工)

 

フィルター②:知名度の高い東証一部上場大手企業等で採用
旧帝下位・上位国公立(神戸・横国・筑波、電農名繊、金岡千広上位)+早慶下位(その他学部)・上智・理科・ICU

 

フィルター③:東証一部上場企業等で採用
中堅国公立(金岡千広下位、5S(埼玉信州静岡滋賀新潟))+MARCH・関関同立

 

フィルター④:東証一部上場その他企業・非上場中堅企業等で採用
下位国公立(5S以下)+日東駒専・産近甲龍・四工大

ヒューマンデザイン研究所から引用

企業によって多少のバラツキはありますが大体こんな感じです。

基本的に学歴フィルターは大学群ごとに設けられています。

 

個別大学ではなく、MARCH・関関同立のように大学群として学歴フィルターをかけるわけです。

自分の大学群の就職が気になる方は記事の最後に大学群毎の就職をまとめたので参考にしてください。

 

学歴フィルターは場所によって変わる

学歴フィルターって全国一律じゃないんですよ。

同じレベルの大学群でも場所によって学歴フィルターの位置が変わったりします。

 

例えばですが、比較されることの多いMARCHと関関同立。

関東本社→MARCHを優先的に採用

関西本社→関関同立を優先的に採用

こういうことが起こりえます。

 

他に有名なものとしては地方国公立大学の扱いがあります。

地方国公立大学はその地域では神のような存在。

九州大学なら九州、北海道大学なら北海道で肩を並べるものはもちろんいません。

就職も文句なく勝ち取ることができるでしょう。

 

しかし、彼らが地方を出て東京や大阪で就職するとなると別です。

東大京大・早慶なんかが当たり前にいる場所ですから、必然的に学歴フィルターを受ける側の立場になります。

ここでは大学受験時の偏差値はあまり意味を持ちません。

OBの数、先輩のコネクションなどが非常に重要になってくるわけです。

地方国公立の学生はこのことを肝に銘じておきましょう。

また、逆学歴フィルターも存在します。

中小企業を受けようとしている高学歴の学生の方は、事前に読んで対策しておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターは時によっても違う

実は学歴フィルターは時期や就職状況によっても違います。

もちろん大きな変動はありませんが、基準が多少上下します。

就職不況時は学歴フィルターの基準が厳しくなります。

また時代とともにちょっとずつ推移していくのも学歴フィルターです。

 

学歴フィルターに関するツイートまとめ

学歴フィルターに関するツイートをまとめてみました。

いろんな意見があって面白いですよ。

https://twitter.com/Fav_nian/status/915881601212473344

世間の声からもわかるように、学歴フィルターの感じた方は正直目線で変わります。

下記に、学歴に関する適切な見方を紹介している記事を貼っておくので、学歴に関して気になる方は合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターに関するまとめ

学歴フィルターについておわかりいただけたでしょうか?

本記事のまとめ
・学歴フィルターは存在する

・企業によって学歴フィルターが違う

・時と場所によっても学歴フィルターは変わる

以上のことを頭にいれておくと良いかと思います。

 

しかし、学歴フィルターはあくまでES段階の話。

ESさえ突破してしまえばあとは実力勝負ですので過度に心配する必要はありません。

また、有名企業の内定実績やインターンは他社の選考通過に大きく影響します。

早めに選考に動き出して、志望企業への内定に近づく努力も必要です。

 

ちなみに早期内定を視野に入れている方は「キミスカ」というサービスに目を通しておくといいです。

早期内定を決めるには自己分析が不可欠です。

自己分析で自分が絶対に譲れない価値観が決まることで、自ずと早くに選考で結果を出すことができます。

「簡単に自己分析がしたい」人には、自己分析診断ツール「キミスカ適性検査がおすすめです。

150の質問に答えるだけで、41項目で自分の性格や価値観が分かるので、早期内定に繋がりますよ。

>>「キミスカ適性検査」を受けてみる

 

早期選考は選考フローも少し変わっていたりするので、事前の準備をしっかり行いましょう。

下記に、就活による学歴ランキングと各大学の就職事情について一覧としてまとめています。
自分の所属している大学の就職事情についてしっかりと分析して、就活を進める上で1つの指標として参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターを突破したい就活生におすすめのサービス3選

就活生ちゃん

私は選考を落ちてばかりで、本当に内定をもらえるか不安です…
安心して就活をするためにも、1つは内定をもらいたいのですが、どうしたら良いですか…?

就活で安心したい気持ち、わかります。
僕も就活中は、内定がない状態でずっと就活をしていたので不安でした。
そこで学歴フィルターを突破して安心して就活を進めたい就活生に、僕が利用して良いと感じた就活サービス3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス①:就活イベント「Meets Company」

Fラン就活生 おすすめサービス Meet Company

学歴フィルターを突破したい就活生におすすめのサービス1つ目は、就活イベント「Meets Company(ミーツカンパニー)です。

「Meets Company」は、株式会社DYMが運営している就職マッチングイベントです。

イベント内容は、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式の選考で、大手企業やベンチャー企業が1日最大8社参加します。

「1日のイベントでたくさんの企業の選考を受けたい!」そんな就活生には「Meets Company」がおすすめです。
就活イベント「Meets Company」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス②:就活エージェント「キャリアチケット」

学歴フィルターを突破したい就活生におすすめのサービス2つ目は、就活エージェント「キャリアチケット」(レバレジーズ株式会社運営です。

キャリアチケットをおすすめする理由は、プロのアドバイザーが内定まで徹底サポートしてくれるからです。

プロのアドバイザーに指導してもらえば、学歴フィルターをひっくり返せるくらいまで、あなたの就活レベルを上げることが出来ますよ。

例えば、専属のアドバイザーがES・面接対策、企業選びなど、どんなことにも相談に乗ってくれます。

そのようにして、疑問をその都度解消していけば、あなたの就活力は確実に上がり内定へ近づけるので、ぜひ利用してみて下さい。

キャリアチケットは、充実のサポートにより、就活生から高い評価を得ています。

その結果として、オリコンで1位を獲得しています。

信頼のキャリアチケットで、確実に内定を目指しましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

就活エージェント「キャリアチケット」については、以下の記事で網羅的に解説しています、合わせて参考にしてくださいね。

 

サービス③:逆求人サイト「Offer Box」

Fラン就活生 おすすめサービス OfferBox

学歴フィルターを突破したい就活生におすすめのサービス3つ目は、逆求人サイト「Offer Box(オファーボックス)です。

「Offer Box」は、学生側のプロフィールを見た企業がオファーをくれる、画期的な逆求人サービスです。

普段エントリーシートに書いている、「学生時代頑張ったこと(ガクチカ)」「自己PR」などをそのままコピペするだけで、企業からオファーがもらえます。

「企業を調べるのは面倒だけどオファーが欲しい!」そんな就活生には「Offer Box」がおすすめです。
逆求人サイト「Offer Box(オファーボックス)」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

学歴フィルターを突破する3つの方法

就活生ちゃん

どうしても入りたい企業があるんですが、どうやら学歴フィルターを採用しているみたいです。
なんとか学歴フィルターを突破して、面接までいける方法はありませんか…?

学歴フィルターを採用している企業でも、突破して内定を獲得したケースもあります。
では次に、学歴フィルターを突破する方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターを突破する3つの方法
  • 方法①:早い時期から就活対策をする
  • 方法②:インターンシップに参加する
  • 方法③:筆記試験で高得点を取る

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

方法①:早い時期から就活対策をする

学歴フィルターを突破する方法1つ目は、早い時期から就活対策をすることです。

大学3年生の4月には、就活に向けて行動し始めましょう。

自己分析や業界研究、企業研究、筆記試験対策など、就活に向けてすべきことはたくさんあります。

「就活対策ってどんなことをすれば良いの?」という就活生は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

方法②:インターンシップに参加する

学歴フィルターを突破する方法2つ目は、インターンシップに参加することです。

インターンシップに参加することで、特別選考を受けられたり、ESや一次面接を免除されることもあります。

学歴フィルターを突破するためにも、志望業界や志望企業のインターンシップには積極的に参加することをオススメします。

インターンシップに参加することで、学歴フィルターを乗り越える方法もあります。
インターンシップの参加に選考を課されることもあるので、早い時期から就活対策をして、選考に臨みましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

ただし、インターンシップで「抽選」という選考形式を活用している企業は、インターンの段階から学歴フィルターを用いている可能性があります。

インターンの抽選の闇を知りたい人は、インターンシップの抽選は本当かどうかが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

方法③:筆記試験で高得点を取る

学歴フィルターを突破する方法3つ目は、筆記試験で高得点を取ることです。

あまり賢くない大学出身の就活生が筆記試験で高得点を取った場合、「しっかり対策してるんだな、偉い!」と、人事を感心させられます。

学力にあまり自信のない就活生は、筆記試験の対策にも時間をかけて、選考を突破できるよう心がけましょう。

これら3つの方法に取り組めば、ある程度の企業の学歴フィルターは突破できます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

就活で詰んだ時の対処法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング

就活生ちゃん

大学にはランクがあるんですね。知りませんでした。
学歴フィルターで選考を落とされるのは、どのタイミングですか?

学歴フィルターで選考を落とされるのは、次の3つのタイミングです。

「就活の教科書」編集部 コータ

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング
  • タイミング①:説明会前
  • タイミング②:ES提出時
  • タイミング③:集団面接(一次面接)

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング①:説明会前

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング1つ目は、説明会前です。

学歴フィルターにかかっている場合、そもそも企業の説明会に参加できないことがあります。

説明会の参加予約をしようとしても、満席の表示が出て参加できない場合、学歴フィルターにかかっている可能性が高いです。

学歴フィルターにかかって説明会に予約できなかった場合、気持ちを切り替えて他の企業に専念しましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング②:ES提出時

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング2つ目は、ES提出時です。

学歴フィルターにかかっている場合、ES(エントリーシート)を提出した時点で選考を落とされることもあります。

ESがうまく書けていなかったのか、学歴フィルターにかかって落とされたのかはわからないので、気持ちを割り切って次の選考を受けましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

タイミング③:集団面接(一次面接)

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング3つ目は、集団面接(一次面接)です。

学歴フィルターにかかっている場合、集団面接であまり質問をされず、そのまま選考を落とされることがあります。

特に、周りの就活生が高学歴だった場合は、なおさら話を振られる回数が少なくなる可能性が高いです。

学歴フィルターにかかった場合、これら3つのタイミングで選考を落とされることが多いです。
しかし学歴フィルターにかかるレベルの大学の所属だったとしても、なんとか突破できる場合があります。

ちなみに、就活版の学歴ランキングを以下にまとめているので、自分が所属している大学は、学歴フィルターにひっかかっているのかを確認してみましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

元就活生が学歴フィルターを感じた企業名を暴露!突破する方法は?

ここからは、元就活生のおぎつが解説していきます。

学歴フィルターというのは就活生の中では有名ですね。

これは主に説明会の予約やインターンの選考の時から出てきます。

 

実際に僕も体験したことは多々あります。

あ〇〇〇銀行のインターンを応募した時に友達と応募しましたが、僕がMARCHで友達は無名大学でした。

友達は落ちて、僕だけが受かったのでインターンに行きました。

そうすると、メンバー全員がMARCH以上でした。

 

東大や一ツ橋などの有名大学はいたのですが、日東駒専レベルがいなくて学歴で選んでる感じがすごかったです。

他の企業の説明会や選考でもこのような学歴フィルターを感じたことがありました。

これらはもしかしたら偶然かもしれませんが、意図的に学歴によって分けている可能性が高いです。

これらをどう見分ければいいのかと疑問にも思いますね。

 

実は学歴フィルターがあるかを見つける方法の1つには、四季報やマイナビなどの採用大学実績を参考にするという方法があります。

これらでどれくらいの学歴のレベルの学生を採用しているかの目安にもなります。

※あくまで主に採用している大学なので、そこに書いてないから諦めてはいけません。

それでは実際に企業名や一覧を見ていきましょう。

 

学歴フィルターがある企業一覧はSPIのボーダーと同じ!?

実は、確実に企業がフィルターをかけているとは断言できないのです。

しかし、SPIのボーダーの高い企業ほど高学歴で勉強が得意な就活生が通るという傾向もあります。

テストのボーダーを下げて学歴の関係ない勝負になってしまうと、面接での採用になります。

面接では、アピールや学生時代頑張ってきたことなどを評価するポテンシャル採用という将来性があるかの採用になります。

ここではフィルターはかけずらいですので、SPIのボーダーを高くする方が高学歴が自然ととれるようになります。

ということでSPIのボーダーラインの目安の企業一覧はこのようになっています。

ボーダーライン一覧 SPI正答率86~90%

(参考元)キャリアパークのSPIボーダーライン

◆ ボーダーライン一覧 SPI正答率86~90%

90% 日本銀行 外資系戦略コンサル
89  外資系金融機関(上位) 野村(IB) 三菱総研 政策投資銀 国際協力銀
88  みずほ(GCF) 東証 NHK 電通
87  三井物産 三菱商事 NRI(con)
86  商船三井 JR東海

◆ ボーダーライン一覧 SPI正答率81~85%

85% P&G(mkt) 朝日新聞 東電
84  三菱東京(IB) JR東 博報堂DY
83  みずほ(IB) フジテレビ 日テレ テレ朝 TBS 共同通信 新日鐵 新日石 郵政(HD)
82  住友商事 三井不動産
81  準キー局 集英社 小学館 講談社 三菱地所 任天堂 テレ東 日経新聞 読売新聞 産経新聞 毎日新聞

◆ ボーダーライン一覧 SPI正答率 76~80%

80% JRA JFE 旭硝子 ソニー JAFCO AC機戦P&G(Fin) JR西 昭和シェル docomo 丸紅 川崎汽船
79  大和SMBC 東京海上 農中 東ガス 三菱重工 トヨタ J&J 三菱UFJ信託 中電 ユニリバ NRI(SE)
78  大阪ガス 首都圏上位私鉄 住友信託 地電上位 森トラ 三菱化学 東京建物 東急不 郵政4社
77  キヤノン パナソニック JOMO 電源開発 ホンダ 日清製粉 キリン 味の素 富士フィルム
76  住友化学 KDDI サントリー 関西圏上位私鉄 三井化学 川崎重工

◆ ボーダーライン一覧 SPI正答率 71~75%

75% 花王 NTTコミュ 日清製粉(G本社) NTTデータ コスモ 双日 アサヒ
74  JFC(中・農) 住友不 資生堂 東レ 旭化成豊田通商
73  みずほ(信託) 野村不 大手私鉄下位 三井化学 川崎重工 キーエンス ANA 中央三井 NTTコム
71  大林 鹿島 ニコン 日本製紙 JSR 古河電工 日立 三菱UFJ 大和総研(SE) JA共済(本部) 日鉱金属

◆ ボーダーライン一覧 SPI正答率 66~70%

70% 清水 DIC 東芝 クボタ オムロン カネカ 明治製菓 三菱ガス化学 村田 日東電工 マツダヤマハ発動機島津 野村(OP)
69  大成 カゴメ キッコーマン オリエンタルランド 横河電気 カシオ三井造船 住友重機械 NEC 富士通 ダイハツ 富士重工
68  武田薬品 森永製菓 ハウス食品 ブリヂストン 日新製鋼 ダイキン 三菱レイヨン 東ソー 大陽日酸 アイシン HOYA
67  レンゴー 日本ゼオン コーセー スクエニ 最上位地銀 太平洋セメント 日本ガイシ 住友倉庫 労働金庫 住友生命
66  宝酒造 中外製薬 日本ペイント 三井倉庫 安田倉庫 ルネサンス 東京エレクトロン ユニチャーム りそな AIU 明治安田

 

【結論】就活体験した僕が見つけた学歴フィルターを打破する方法

学歴フィルターを打破する方法は2つあります。

 

1つ目は、シンプルにSPIを高学歴な学生よりも優秀なスコアを出すことです。

本当にSPIを極めていれば、どんな企業にも面接までは行けます。

大体の学生は、SPIの参考書を3周もせずに落ちたら文句を言います。

実は高学歴な人が多く受かるのは学歴フィルターのおかげだけではないのです。

それは就活への意識と環境の差です。

 

実は色んな学歴の友達と就活を体験した中で、感じたことがありました。

例えば、僕はMARCHレベルの大学の友達はSPIを何周もやることは当たり前となっているのに対して、高校の頃の日東駒専の友人たちはSPIをあまり重視していませんでした。

このような僕の大学の友達と高校の友達では就活の意識の差がはっきりと違うということも感じました。

これは環境のせいでもあります。

 

大学の先輩たちは早い時期からOBOG訪問やインターンに行っていたり準備が早かったです。

さらに友達同士でSPIの話や企業の選考情報なども共有したり、就活の話をたくさんしていました。

もしあなたがこんな環境ではないと思ったら要注意です。

周りよりSPIや就活の準備をやっているつもりでも、高学歴な他の大学の学生から見たら当たり前なことかもしれません。

 

2つ目は、学歴不問が多い逆求人サイトを使うことです。

逆求人とは、企業側が学生をスカウトしてくれることです。

今は少子化で売り手市場でもあるので、企業側も学生の確保に必死になっています。

なので、サイトには大手や優良企業も集まっています。

 

逆求人の最大のメリットは、SPIはやらないでESで判断してくれます。

ある友達はSPIができないし、学歴フィルターにかかる可能性のある大学でしたが、大手企業に内定していました。(大〇商会)

その理由は、逆求人サイトをメインに就活していたからです。

 

もちろん友人は普通の就活も一応参加していました。

当サイト管理人の僕も、逆求人サイトを使いながらの同時並行の就活でした。

同時進行にはこんなメリットがあります。

  • 受ける企業の手駒が減っても、逆求人で増やせるという安心感
  • 逆求人は面接まで簡単に選考でいけた
  • 面接の回数をこなせて慣れるようになった。

登録も無料で、OpenESの内容をサイトのES記入欄にコピペして企業のスカウトを待つだけです。

実際に僕が使ってた逆求人サイトはこの2つがおすすめです。

◆ おすすめ逆求人サイト

 

では、効率的に就活を進めていきましょう!

 

学歴フィルターに関係のないスカウトサイトで就活を有利に進めよう

就活生くん

僕は学歴に自信がなく、内定までの道のりが遠く感じます。

学歴フィルターって就活をする上では、避けられないのかな。

学歴フィルターなしで就活を進める方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは学歴ではなく、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また学歴フィルター関係なくオファーがくる、スカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

まとめ:学歴フィルターの大半は対策すれば対処できる!

いかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部のコータが、学歴フィルターにおける5つのランクを紹介しました。

併せて、学歴フィルターで選考を落とされるタイミングと、突破する方法も解説しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

今回の記事で学んだこと

そもそも、学歴フィルターとは

  • 一定のレベル以下の大学に所属している就活生を、選考から落としてしまうフィルターのこと

学歴フィルターにおける5つのランク

  • Aランク:旧帝国大学など
  • Bランク:上位国公立・早慶上智など
  • Cランク:中堅国公立・GMARCH・関関同立など
  • Dランク:地方国公立・日東駒専・産近甲龍など
  • Eランク:上記以外の大学

学歴フィルターで選考を落とされるタイミング

  • タイミング①:説明会前
  • タイミング②:ES提出時
  • タイミング③:集団面接(一次面接)

学歴フィルターを突破する3つの方法

  • 方法①:早い時期から就活対策をする
  • 方法②:インターンシップに参加する
  • 方法③:筆記試験で高得点を取る

学歴フィルターを突破したい就活生におすすめのサービス3選

学歴に自信のない就活生は、高学歴の就活生に比べて、面接や筆記試験の対策に時間をかける必要があるかもしれません。
しかし対策をすれば、学歴フィルターの大半は対処できます。
「学歴フィルターはどこまで?」と気にするよりも、インターンシップに参加して、学歴フィルターに関する悩みを解消しましょう!

「就活の教科書」編集部 コータ

新着記事