>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【存在しないのか?】「ホワイト企業」どうすれば見つかる?探し方,選ぶ基準も

この記事を読めばわかること
  • ホワイト企業を見つけるのは、なぜ難しいのか?
  • ホワイト企業は「収入」「離職率」「福利厚生」の基準で選ぼう
  • ホワイト企業を見逃さないためにやるべき事とは?

 

こんにちは、「就活の教科書」編集部の中澤です。

この記事では、「ホワイト企業が見つかりにくい理由や探し方」について解説します。

就活生みなさんは、ホワイト企業が見つからず、悩んだりしていませんか。

「就活の教科書」編集部 中澤

就活生くん

就職した先輩は全員「朝から終電までずっと働いて休む暇がない」と話しています。

実際にホワイト企業って存在するんですか。

就活生ちゃん

将来はホワイト企業に就職したいと思って、企業研究をしているのですが、なかなか見つけられないです。

どうしてホワイト企業が見つからないのでしょうか。

確かに、実際にホワイト企業を探すのってなかなか難しいですよね。

でも、しっかりとした基準を基に企業を探せば、ホワイト企業を見極めることが出来ますよ。

「就活の教科書」編集部 中澤

そこでこの記事ではホワイト企業が見つかりにくい原因探し方について解説します。

合わせてホワイト企業を見極めるうえで大切な判断基準も紹介します。

この記事を読めば、なぜホワイト企業を見つけられない理由がわかり、ホワイト企業をより見つけやすくなりますよ。

ホワイト企業を目指している就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

ホワイト企業は存在しないのか?【結論:存在する】

就活生くん

友達にホワイト企業なんてこの世に存在しないと言われました・・・

ホワイト企業って存在しないのでしょうか。

確かにホワイト企業は見つかりにくいので、存在しないように思われますが、それでもホワイト企業は実際に存在するので安心してください!

この記事で定義するホワイト企業とは、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 中澤

ホワイト企業の特徴
  • 特徴①:離職率が低い
  • 特徴②:給料が高い
  • 特徴③:福利厚生が充実している

以上のようなホワイト企業の特徴を持つ企業は世の中に存在します。

しかし、見つけるのが難しいため、存在しないという人もいるのでしょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

就活生くん

なるほど、ホワイト企業は見つけるのが難しいので、存在しないと言う人もいるんですね。

ホワイト企業を見つけるのが難しい理由はありますか。

はい、ホワイト企業を見つけるのが難しい理由はありますよ。

次に、ホワイト企業を見つけるのが難しい理由について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

【なぜ?】ホワイト企業を見つけるのが難しい理由3つ

就活生ちゃん

ホワイト企業に就職したいので、がんばって企業研究をしているのですが、なかなか見つかりません・・・

どうしてホワイト企業は見つからないのでしょうか。

確かに、ホワイト企業ってなかなか見つからないですよね。

では、ホワイト企業を見つけるのが難しい理由について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 中澤

ホワイト企業を見つけるのが難しい理由
  • 見つからない理由①:ホワイト企業は、求人が少ないから
  • 見つからない理由②:ホワイト企業の数が少ないから
  • 見つからない理由③:理想が高すぎるから
それでは、ホワイト企業を見つけるのが難しい理由を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つからない理由①:ホワイト企業は求人が少ないから

ホワイト企業を見つけるのが難しい理由1つ目は、ホワイト企業は求人が少ないからです。

ホワイト企業では社員の企業への満足度が高くて会社を辞める人が少なく、社員を募集しないからです。

また、大手の求人サイトに求人募集をしなくても、ホワイト企業に詳しい人が募集してくるので、就活生が見るような就活サイトには求人募集がだされない場合が多いですよ。

求人を出さないホワイト企業を見つけて応募するのは、就活生にとっては難しいですよね。

名前の知らないような企業でも積極的に企業研究してください。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つからない理由②:ホワイト企業の数が少ないから

ホワイト企業を見つけるのが難しい理由2つ目は、ホワイト企業の数が少ないからです。

世の中のほとんどの企業は社員の福利厚生までお金を回すほど余裕がなく、福利厚生にまでお金を使う余裕のあるホワイト企業はかなり絞られてしまうからです。

特に、世の中の大半を占めるベンチャー企業や中小企業は経済的に余裕がなく、福利厚生の仕組みが整っていないのが多いですね。

ホワイト企業の数が少ないため、日本にある400万以上の会社の中からホワイト企業を見つけるのはとても手間がかかりますよ。

安定して利益をだしている会社を就職四季報などで調べてみましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つからない理由③:理想が高すぎるから

ホワイト企業を見つけるのが難しい理由3つ目は、理想が高すぎるからです。

ホワイト企業の明確な基準は存在しないため、自分の理想が高すぎると、世間から見たらホワイト企業でも、ホワイト企業だと気づけないことがありますよ。

例えば、以下のような条件だと厳しいかもしれません。

【理想が高すぎる例】

  • 年収1000万以上
  • 残業なし
  • 転勤なし
  • 住宅手当あり
  • 服装自由

理想が高すぎると一般的にホワイト企業だと思えるような会社でもホワイト企業だと認識できないでしょう 。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

【簡単!】ホワイト企業を見逃さないための見つけ方4つ

就活生くん

ホワイト企業を判断する基準がわかったので、どんどん色々な企業を調べていきたいと思います。

でも、どんな方法でホワイト企業かどうか調べるのかわからないです・・・

確かに、条件に合ったホワイト企業を調べるのは難しいですよね。

なので次に、ホワイト企業を見逃さないための方法を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 中澤

ホワイト企業を見逃さないための方法
  • 方法①:ホワイト企業マーク認定の会社を探す
  • 方法②:就職四季報で離職率や残業時間を確認する
  • 方法③:企業のIR情報を確認する
  • 方法④:就活エージェントに教えてもらう

それでは、ホワイト企業を見逃さないための方法を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つけ方①:ホワイト企業マーク認定の会社を探す

ホワイト企業を見逃さないための見つけ方1つ目は「ホワイト企業マーク認定の会社を探す」です。

ホワイト企業マーク認定とは、労働者の安全や健康の改善に努めた企業であると厚生労働省から認められた企業が持つ認定です。

例えば、以下のホワイト企業マーク認定の会社があります。

【ホワイト企業マーク認定の会社】

  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社丸井グループ
  • 東邦ガス株式会社

他にもたくさん企業が掲載されているので、企業選びの参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つけ方②:就職四季報で離職率や残業時間を確認する

ホワイト企業を見逃さないための見つけ方2つ目は「就職四季報で離職率や残業時間を確認する」です。

就職四季報を読めば、企業側からだけでなく客観的な視点から企業研究ができるからです。

例えば、就職四季報を読むと、以下の情報がわかります。

【就職四季報を読むとわかること】

  • 採用人数
  • 新卒3年以内の離職率
  • 残業時間
  • 平均年収

就活四季報には、企業サイトでは公開していない情報が載っている場合があるので、気になる企業はチェックしましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

見つけ方③:企業のIR情報を確認する

ホワイト企業を見逃さないための見つけ方3つ目は、「企業のIR情報を確認する」です。

IR情報とは、インベスター・リレーションズ(Investor Relations)の略で、企業が投資家に財務や経営について発信する情報のことです。

就職四季報に載っていない企業情報が掲載されている場合もあるので、気になる企業があれば確認してくださいね。

企業のIR情報を確認して、他の就活生が見つけていないようなホワイト企業を見つけましょう。

IR情報は企業のHPから確認できますよ。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

方法④:就活エージェントに教えてもらう

ホワイト企業を見逃さないための方法4つ目は、「就活エージェントに教えてもらう」です。

なぜなら、就活エージェントは就活生よりも企業に関する情報をたくさん持っており、自分の知らない企業を教えてもらえるからです。

特に、ホワイト企業の情報を多く持っている就活エージェントとしてはキャリアチケットがおすすめですよ。

ホワイト企業を見つけられる確率を上げるためにも、就活エージェントを利用してみてくださいね。

以下に、キャリアチケットの概要評判を解説した記事を載せておくので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

失敗しないホワイト企業選びの基準3つ

就活生くん

自分のホワイト企業への理想が高くて、条件に合う会社が見つからないというのもあるんですね・・・

ちなみに、ホワイト企業を選ぶときの基準って何かありますか。

確かに、ホワイト企業選びの基準は気になりますよね。

ホワイト企業選びの基準は3つありますよ。

「就活の教科書」編集部 中澤

ホワイト企業選びの基準
  • 基準①:収入
  • 基準②:離職率
  • 基準③:福利厚生
それでは、ホワイト企業選びの基準を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

基準①:収入

ホワイト企業選びの基準1つ目は、収入です。

高い給料を社員に払ってくれる企業は、経営に余裕があるからです。

国税庁によると、平均年収は441万円となっているので、441万円以上の平均年収のある企業を選びましょう

高い給料は会社の安定した経営を示しているので、重視した方がいいですね。

コンサル系の仕事の場合は長時間労働が多いので注意してください。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

基準②:離職率

ホワイト企業選びの基準2つ目は、離職率です。

離職率が低ければ、社員が会社に満足しているホワイト企業である場合が多いからです。

厚生労働省によると、新卒の平均的な離職率は32%となっているので、32%以下の会社はホワイト企業の傾向があるといえるでしょう。

離職率で少し絞ってから、さらに企業を調べるのも良いですね。

業界によって離職率は違うので、調べてみてください。

以下の記事で、離職率が低い業界や企業の一覧が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

基準③:福利厚生

ホワイト企業選びの基準3つ目は、福利厚生です。

福利厚生が充実していれば自分の給料からの出費が減り、結果として安定した生活を送れるからです。

以下のような社員の生活を補助する福利厚生がありますよ。

【福利厚生の具体例】

  • 住宅手当
  • 昼食の補助
  • 健康診断の補助
  • 育児休暇
  • 施設利用料金の割引

福利厚生は会社によって様々なので、離職率、収入の数字で絞ったあとに、各社の福利厚生を確認すると良いですね。

また、ここで紹介したものにも以外にも、ホワイト企業を見極める基準はあります。

以下の記事でホワイト企業の特徴がたくさん紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 中澤

 

 

まとめ:ホワイト度を見極める基準をしっかりチェックしておけば、ホワイト企業は見つかる

この記事の【存在しないのか?】「ホワイト企業」どうすれば見つかる?探し方,選ぶ基準もはいかがでしたか。

この記事ではホワイト企業が見つかりにくい原因探し方について解説します。

合わせてホワイト企業を見極めるうえで大切な判断基準も紹介します。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 中澤

この記事のまとめ

◆【なぜ?】ホワイト企業を見つけるのが難しい理由3つ

  • 見つからない理由①:ホワイト企業は、求人が少ないから
  • 見つからない理由②:ホワイト企業の数が少ないから
  • 見つからない理由③:理想が高すぎるから

◆【簡単!】ホワイト企業を見逃さないための方法4つ

  • 方法①:ホワイト企業マーク認定の会社を探す
  • 方法②:就職四季報で離職率や残業時間を確認する
  • 方法③:企業のIR情報を確認する
  • 方法④:就活エージェントに教えてもらう

◆失敗しないホワイト企業選びの基準3つ

  • 基準①:収入
  • 基準②:離職率
  • 基準③:福利厚生

ホワイト企業は見つけるのが難しいので、慌てずに時間をかけてゆっくり探しましょう

ホワイト企業を探すときの基準実際のホワイト企業の探し方も実践してみてくださいね。

「就活の教科書」では、他にも様々な就活情報をわかりやすく解説しています。

ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。

みなさんの就活が成功することを心から祈っております!

「就活の教科書」編集部 中澤