【内定者が教える】これで完璧!面接選考の対策方法の全て(新卒就活生へ)

【内定者が教える】これで完璧!面接選考の対策方法の全て(新卒就活生へ)

みなさんこんにちは、内定者ライターの堀本です。

就職活動で誰しもが必ず受ける面接について、不安や悩みはありませんか。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

一応、自己分析はしたけれど、何を質問されるか分からない面接がとても不安だ・・・

就活生ちゃん

就活を成功させるために面接対策をしたいけれど、まずは何からやっていけば良いのだろう。

就活生くん

面接っていろんな種類があるみたいだけど、マナーや注意することってそれぞれ違うのかなあ。

始めての就活で企業の大人と話す面接はとても不安ですよね。

私も就活を始めた初期段階は、面接中に緊張で手が震えていました。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

そこで今回は、就活の面接選考で知っておいた方がいい面接対策の内容を、全てまとめました。

面接の基本事項、面接が始まる時期、面接回数や流れ、実際に聞かれる質問内容、面接の対策方法、マナー、メールのやり取りに関して、服装、持ち物、辞退したいときの対処方法、落ちるのはなぜか….などなど、文字通り全てです。

また、面接に関するそれぞれの情報から、より詳しく解説した関連記事へのリンクも設置しています。

この記事を読めば、就活の面接に関して詳しくなり、就活を有利に進められます。

納得のいく就活をした人は、面接に関して知っておいてほしいことを1つずつまとめたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

 

面接対策前に基本事項をおさらい

具体的な面接対策に入っていく前に、就活の面接が始まる時期や、回数や、流れなどの基本事項を簡単におさらいしていきましょう。

これだけは必ず押さえておいてほしいことを、簡単にまとめてみました。

「就活の教科書」編集部 堀本

面接の基本事項
  • 面接が始まる時期
  • 面接の回数
  • 面接の所要時間

面接対策の質を上げるためにも、就活の面接について理解を深めておきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接が始まる時期

面接が始まる時期は、企業によって異なります。

一般的には、以下のようになっています。

  • 経団連に加盟している大手企業は、大学3年生の6月~
  • 経団連非加盟のメガベンチャーは、大学3年生の1月前後~
  • 外資系企業は、大学3年生の11月頃~

就活ルールの撤廃の関係で、どんどん企業は早くから採用活動が始めていることを肝に銘じておいてください。

その上で早めに面接対策していくことをおすすめします。

 

就活の面接の回数や、流れ

面接が行われる回数は平均して2~3回です。

企業によっては、最終面接前に数回社員の方と面談を組んでくれる親切な企業もあります。

面談は、面接とは違い、ざっくばらんに何でも話せる場です。

面談は本当にその会社に行きたいかの確認もできるので個人的に好きでした。

ただし、選考要素も含んでいるので、対策はしておく必要がありますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接時間はどれぐらいかかるのか

一回における面接時間は、それほど長くはなく、30分~1時間ほどです。

面接時間は長ければいいということはないので、短くても落ち込む必要はありません。

しかし、30分~1時間という限られた時間内に自分の良さをアピールすることが求められます。

限られた時間で自分と企業の相性の良さを伝えられるように、面接対策をしておく必要があります。

次に、数種類存在する面接の形式について確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

面接対策すべき就活の面接形式

就活の面接とはどんな面接の種類があるのかを理解して、本質的な面接対策の準備をしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活の面接には、いくつかの面接形式が存在します。

面接と言えば1対1の面接というイメージが強いかもしれませんが、他にも複数で行う面接もあります。

基本的な面接形式はこれらの3つです。

基本的な面接形式
  • 集団面接(グループ面接)
  • 個人面接(社員/人事)
  • 最終面接(社長/役員)

それぞれ面接段階ごとの特徴や意識することを把握して、面接対策を進めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

面接形式①:集団面接(グループ面接)

集団面接は、3~4人の就活生と、面接官1人で行われる面接で一次面接で多いです。

一人一人に同じ質問をされるので、自分の前に答えた人の回答に引っ張られすぎないように気をつける必要があります。

聞かれたことに対して、自信を持って自分らしさを出すようにしましょう。

 

集団面接(一次面接)については、面接対策方法や面接の注意点、一次面接に落ちる理由が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接形式②:個人面接(社員/人事)

みなさんがよくイメージしているであろう個人面接は、二次や三次面接で行われます。

面接官は人事または、現場社員の場合がほとんどです。

一緒に働きたいと思ってもらえるかがカギとなりますので、マナーや言葉遣いなどには、特に注意しましょう。

 

二次面接・人事面接については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、会社が遠方にある場合は電話面接(Web面接)などもあります。

基本的には違いはありませんが、電波や、カメラに無駄なものが映っていないかなどには注意しましょう。

電話面接(Web面接)については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接形式③:最終面接(社長/役員)

最終面接とは、社長または役員と1対1で行われる最後に行われる面接です。

最終面接では、企業に本当に入りたいという熱意を伝えなければなりません。

企業研究や、自己分析を完全にした状態で挑み、内定を勝ち取りましょう。

最終面接(役員面接)については、面接対策方法や面接の注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

番外編:グループディスカッション

上記3つの選考方法以外に、グループディスカッションがあるのはご存知でしょうか。

グループディスカッションとは、集団面接とは違い、5~6人のグループで、与えられたお題に対してのアウトプットを出すというものです。

ここで見られているのは、チームへの貢献度です。

そのため、他の学生を論破していては扱いにくい人材だという印象を面接官に与えかねません。

チームにいかに貢献できるかを考えながら発言しましょう。

 

グループディスカッションの流れ・やり方については、こちらの記事に網羅的にまとめていますので、参考にしてください。

面接の概要がわかったところで、具体的によく聞かれる質問内容について、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

面接対策すべき就活の頻出質問

面接対策すべきな就活の面接でよく聞かれる質問内容について、お話していきます。

様々な企業の面接を受けてみてわかったことは、基本的な質問はどの企業も変わらないということです。

そのため、ある程度の質問を知り、面接対策をしておくと自信を持って面接に挑めるはずです。

面接で話す内容は、エントリーシートで伝える内容と同じなので、ESの例文も紹介しています。

面接対策をするときは、各質問のESの回答例を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策すべき質問①:志望動機

就活の面接でよく聞かれる質問内容1つ目は、志望動機です。

就活の面接では、志望度を測るため早期退職を防ぐために志望動機が質問されます。

こちらが面接での志望動機の回答例文です。

より多くの視聴者に影響を与えることができると考えたため貴社を志望致しました。私は小学4年生の時に〇〇を始めました。始めた理由は、その頃テレビで見た全国高等学校〇〇選手権大会の中で、泥まみれになりながら最後の1アウトまで諦めない選手達の姿に感動し、「こんな青春が送りたい」と思ったからです。また、大学で始めた〇〇も浪人中に見た〇〇に感化されたことが原因です。今振り返ると、私はテレビから影響を受けて人生を形作っており、この時から、将来自分がどうなりたいのかと考えたときに、次は自分が視聴者の心を動かすような映像を作っていきたいと思うようになりました。テレビ業界の中でも、〇〇は中継として届けるスポーツの種類の幅が広いです。〇〇であればより多くの人々に影響を与えることができると思い、志望致しました。そして、〇〇では中継部に入り、360度カメラなどの最新技術を用いて、人々の心に響くようなスポーツの映像を届けていきたいと考えております。

もっと志望動機の例文を参考にして、面接対策をしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

志望動機を対策したい人は、面接で志望動機を伝える際のコツ合否との関係が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策すべき質問②:自己PR

就活の面接でよく聞かれる質問内容2つ目は、自己PRです。

就活の面接では、自社で強みを発揮し、求めている人材とマッチしているのかを確認するために、自己PRを質問します。

自己PRの例文を参考にして、面接対策をしたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

自己PRを対策したい人は、面接で伝えるために簡単に覚える方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策すべき質問③:学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)

就活の面接でよく聞かれる質問内容3つ目は、学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)です。

就活の面接では、物事の取り組み方や成長過程を知るために、ガクチカが質問されます。

ガクチカを対策したい人は、ガクチカの例文や魅力的なガクチカの作り方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策すべき質問④:自己紹介

就活の面接でよく聞かれる質問内容4つ目は、自己紹介です。

就活の面接では、どのような人間かを知るために自己紹介を問われます。

自己紹介を対策したい人は、面接で志望動機を伝える際のコツ合否との関係が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策すべき質問⑤:逆質問

就活の面接でよく聞かれる質問内容5つ目は、逆質問です。

逆質問とは、学生から企業へ対して質問できることで、通常は面接の最後に設けられています。

企業が逆質問をする意図は、大きく分けて2つあります。

  • 学生と企業の相互理解を深めるため
  • 学生の企業へ本気で入社したいかを見るため
この意図を汲み取り、企業のホームページを熟読するなどして、調べたらわかるような質問は避けるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

逆質問の具体的な質問内容は以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

 

対策すべきその他の頻出質問

面接で聞かれることが特に多い質問をピックアップしました。

すぐに答えられない質問がある人は、面接官が納得のいく回答を準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

面接で聞かれる質問内容

◆ よくある質問

  • あなたの短所はなんですか?
  • あなたの長所はなんですか?
  • 同業他社もある中、どうして弊社がいいのですか?
  • 第一志望ですか?
  • 将来の夢はなんですか?

それでは1つずつ確認していきましょう。

 

あなたの短所はなんですか?

答えるときに注意したいのは、短所を言って終わるのではなく、プラスにも捉えられる短所を言うことです。

 

あなたの長所はなんですか?

長所は3つほど準備しておくとよいでしょう。

そして、長所が発揮されたエピソードなども言えるようにしておくと、この質問で詰まることはありません。

 

同業他社もある中、どうして弊社がいいのですか?

この質問は、選考中の企業へアピールする絶好のチャンスです。

入社したい熱意を伝えるためにも、他の企業と違うポイントを探して、御社一択しかないということを伝えましょう。

 

第一志望ですか?

最終面接の最後の面接でよく聞かれる質問です。

第一志望だと言わなくても内定をもらったという僕の友達もいたので、ここは正直に答えるべきかもしれません。

 

将来の夢はなんですか?

この質問の意図は、企業に入った後に、夢に向かって頑張って働いてくれるかどうかを見るためです。

そのため、将来の夢と、企業で働く内容がマッチしていなければ内定が出ることは難しいでしょう。

将来の夢を叶えるために「御社では~を頑張りたい」など言えるとベストです。

 

これら頻出質問の答え方が分からない人は、各質問の回答例文面接で聞かれる可能性がある質問100選が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接で落ちてしまう理由

ここまで就職活動において面接で問われる質問についてざっくりとお話してきましたが、面接で苦戦を強いられて、落ちることもあるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活の面接で思うように受からず、落ちてしまうのはなぜでしょうか。

様々な理由が考えられますが、主に次の4つの理由が面接で落ちる理由です。

面接で落ちる理由
  • 面接対策/面接練習が足りていない
  • 自己分析が足りていない
  • コミュニケーション力が無いと判断される
  • 企業分析ができていない

面接対策を結果から逆算して行うためにも、面接で落ちる理由を把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由①:面接対策/面接練習が足りていない

面接で落ちる理由1つ目は、面接対策/面接練習が足りていないからです。

面接に自信がない人や苦手な人は、面接対策/面接練習の数が少ないことが多いです。

例えば、サッカーでもパスやシュートをあまりしたことがない状態で、試合で期待している成果を出すことは難しいです。

面接は対策すればするほど、上手く伝えられるようになり、選考にも受かりやすくなります。

面接対策に対して疑問や不安を抱いている人は、面接対策をしない方法面接で自信をつける方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由②:自己分析が足りていない

面接に落ちる理由2つ目は、自己分析が足りていないからです。

面接では、ガクチカ、長所、短所、などその場で考えて答えるには難しい質問を聞かれることも多々あります。

自己分析ができていなければ、どうしてそのときに頑張れたか、など深堀りに対応することができません。

逆に言えば、自己分析さえできていればある程度までは選考を進むことができます。

自己分析を侮らず、時間をとって行いましょう。

自己分析のやり方がわからない方は、下記の記事を読んで実践してみてください。

 

面接対策に対して疑問や不安を抱いている人は、面接対策をしない方法面接で自信をつける方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由③:コミュニケーション力が無いと判断される

面接に落ちる理由3つ目は、コミュニケーション力が無いと判断される場合です。

笑顔で、姿勢正しく、ハキハキとワントーン高い声で、大きな挨拶を意識してください。

これだけで、少なくともコミュニケーション力が低いと思われることはありません。

そもそも人と話すことが嫌いな人は、緊張や苦手を克服する面接対策方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由④:企業分析ができていない

面接に落ちる理由4つ目は、企業分析ができていないからです。

企業側の気持ちになって考えてみてください。

会社の規模も、事業内容も把握していない人が一生懸命働いてくれそうでしょうか。

その人は、本気で入社したがっているでしょうか。

企業分析をして、会社に詳しくなることは、志望の本気度にも繋がってくるので、しっかり取り組みましょう。

就活生ちゃん

面接で落ちる理由はわかったけど、私は面接自体が苦手です。
そんな私はどうしたらいいんですか…

面接が苦手でもコツさえ掴めば、面接を突破できるようになりますよ。
面接で落ちてしまう原因や苦手克服の方法はこちらで詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接対策方法おすすめ3選

就活で内定を取るためには、避けられない面接の対策方法について解説します。

中には、面接の対策のしようがないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、対策はできます。

面接の対策方法はこちらの3つがおすすめです。

就活の面接対策方法おすすめ3選
  • 模擬面接
  • 面接対策セミナー
  • スマホで撮影して見返す(一人で練習)

本命の企業にいきなり面接を受けに行くのは不安だと思うので、しっかり面接対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策方法①:模擬面接

就活の面接対策方法1つ目は、模擬面接です。

効果的な練習方法は、友達や先輩、できれば社会人に面接官役をしてもらうことです。

友達でも、面接の質問内容はある程度は決まっていますので問題ありません。

面接官役をしてもらう人に、気になったことは「なんで?」と質問してほしいと伝えておくだけでも、深堀りできます。

実践的な面接対策をしたい人は、模擬面接を無料でしてもらう方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策方法②:面接対策セミナー

就活の面接対策方法2つ目は、面接対策セミナーです。

面接対策セミナーは、全く面識のない人から面接をしてフィードバックをもらえるので、より本番を想定した面接対策ができます。

本番に近い経験を積めば積むほど、伝え方も上手くなり、緊張も抑えることができます。

面接対策セミナーを受けたい人は、面接対策セミナーの講座一覧や注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

対策方法③:スマホで撮影して見返す(一人で練習)

就活の面接対策方法3つ目は、スマホで撮影して見返す(一人で練習)です。

スマホ撮影なら、模擬面接などでは指摘されない「話し方の癖」や「抑揚の付け方」など細かい点を一人で修正することができるからです。

また、まだ他の人に面接をお願いする勇気がない人は、一人でスマホ撮影をして面接対策することができます。

まずは1人で面接対策がしたい人は、一人でできる面接の対策方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

他にも面接の対策方法を知りたい人は、面接対策方法おすすめ12選が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

面接対策で意識すべき面接のコツ

次に面接対策をする際に、意識するべき就活の面接のコツについて解説します。

これら3つを意識するだけで、自分の気持ちも上がりますし、面接官も心の底から聞こうとしてくれます。

面接対策で意識すべき面接のコツ
  • 面接での緊張を抑えるために場数を踏む
  • 答えられない質問に備えた質問対策をする
  • 特殊な面接があることを理解しておく

面接対策をして面接を得意にするためにも、1つずつ意識していきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

コツ①:面接での緊張を抑えるために場数を踏む

面接対策で意識すべき面接のコツ1つ目は、面接での緊張を抑えるために場数を踏むです。

面接対策をすればするほど、慣れによって緊張もしなくなるからです。

そのために模擬面接や、面接対策セミナー以外にも、第二志望群の会社でたくさんの面接を経験して、就活の選考面接にも慣れていきましょう。

場数を踏む以外で緊張しない方法が知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

コツ②:答えられない質問に備えた質問対策をする

面接対策で意識すべき面接のコツ2つ目は、答えられない質問に備えた質問対策をするです。

面接で慌ててしまったり、動揺してしまうのは、想定できていない面接シーンだからです。

たくさん面接対策をして準備をしたとしても、必ず答えられない質問に出くわす場面があります。

それでも焦らないように、質問対策の量を増やすのではなく、面接で答えられない時の対処法を考えておくのです。

どんな面接質問がきても対応できるように、面接で答えられない場面の対処法を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

コツ③:特殊な面接があることを理解しておく

面接対策で意識すべき面接のコツ3つ目は、特殊な面接があることを理解しておくです。

特殊な面接が存在するのは、企業によって求める人材や力が異なるからです。

具体的には、意図的に圧迫面接を圧迫面接をしたり、面接時間を短くしたりします。

それらの場合にどのような対応や力が求められているかを知っているだけで他の就活生に差をつけることができます。

あらかじめ特殊な面接を理解しておきたい人は、圧迫面接面接が早く終わることに関して分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接をする際には、第一印象を良くすることも大切です。

第一印象は会って10秒で決まると言われているので、清潔感、表情、声のトーンを意識して入室しましょう。

面接が得意になりたい人は、面接で受かる方法やコツが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接で注意すべきマナー

就活の面接を受ける上で、最低限押さえておきたいマナー全般についておさらいしておきましょう。

面接対策が必要な面接の注意すべきマナーは5つあります。

就活の面接で注意すべきマナー
  • メール
  • 面接辞退
  • WEB面接
  • 面接中の言葉遣い
  • 身だしなみ

話すことが立派で、コミュニケーション力が高くても、マナーが悪ければ、社会人としては認めてもらえず、もちろん面接に受かりません。

企業が欲しているのは社会人で、学生ではありません。

最低限のマナーを知った上で、面接を受けましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

マナー①:メール

就活の面接で注意すべきマナー1つ目は、メールです。

就活の面接では、日程調整や挨拶・御礼など様々なシーンでメールを利用するからです。

この記事の下部に、「対策すべき就活の面接に関するメールのやり取り」があるので、そちらを確認してください。

また、日程調整メールの送り方や返信方法を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

マナー②:面接辞退

就活の面接で注意すべきマナー2つ目は、面接辞退です。

いくつもの企業の面接を受けていると、選考に進む場合もあれば、面接辞退する場合もあります。

お互いが気持ちよく終えられるように面接辞退のマナーは丁寧に理解しておきましょう。

この記事の下部に、「対策すべき就活の面接を辞退したいときの対処法」があるので、そちらを確認してください。

また、面接辞退のメールや電話のやり方を詳しくを知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

マナー③:WEB面接

就活の面接で注意すべきマナー3つ目は、WEB面接です。

近年ではオンラインツールをする機会が多くなり、就活のWEB面接も一般化してきました。

オフラインの面接とは違い、自宅からカメラに向かって話す形となるため、マナーややり方も異なります。

WEB面接を攻略したい人は、WEB面接のマナーや注意点が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

マナー④:面接中の言葉遣い

就活の面接で注意すべきマナー4つ目は、面接中の言葉遣いです。

普段から年上の人と関わることが多くない人は、言葉遣いに苦戦してしまいます。

使い慣れない敬語はややこしいですが、敬語を使いこなせると、知的な印象を面接官に与えられます。

最低限抑えておきたい敬語をピックアップしてみたので、これだけでも知っておいてください。

 

一人称は「わたくし」

「僕」は厳禁です。

「わたし」も悪くはないですが、一番良い印象を与えられるのは「わたくし」です。

 

「貴社」ではなく、「御社」

面接を受けている企業を指す言葉は、話し言葉では「御社」です。

「貴社」は書き言葉そのため、気を付けましょう。

 

語尾は伸ばさず短く

普段から語尾を伸ばして話す癖がある人は、すぐに直しましょう。

語尾を伸ばしてしまうと、だらしない印象を与えてしまいます。

ハキハキと話すことによって好印象を与えられるので、心掛けましょう。

 

マナー⑤:身だしなみ

就活の面接で注意すべきマナー5つ目は、身だしなみです。

こちらも最低限抑えておきたい敬語をピックアップしてみたので、これだけでも知っておいてください。

髪型

髪型は第一印象に深く関わります。

清潔感を出すために、髪型は短髪にして前髪を上げるようにしましょう。

心理学的に、前髪があると、なにか隠し事をしていると思われるそうです。

 

服装、必要な持ち物

基本的な服装は、スーツです。

一般的には、黒のスーツですが、以前採用コンサルタントの方にインタビューしたときは、紺のスーツに紺のネクタイを合わせるのがベストだとおっしゃっていました。

そして、革物の鞄、靴、ベルトは黒です。

他の学生との差別化として、変わったスーツを着て似合わなければ意味が無いので、注意しましょう。

必要な持ち物は、メモ帳、筆記用具、髪型が崩れた時用のワックス、化粧品、などです。

無駄な物を持ちすぎて歩くときに体力を奪われないように注意しましょう。

 

服装自由の場合

服装自由と書いてある場合は、いわゆるビジネスカジュアルで大丈夫です。

どうしても不安、もしくはビジネスカジュアルな服を持っていない方はスーツで行くのもよいでしょう。

ちなみにですが、僕はあるベンチャー企業の一次面接に紫色のパーカーを着て行き、見事合格したこともあるので、服装は関係ないという実証はできたかと思います(笑)

「就活の教科書」編集部 堀本

「私服推奨」の場合はどうなるのかなど、さらに詳しく書いてある下記を読んでみてください。

 

就活の面接へ行くときのカバンとは

面接へ行くときの鞄は、高いものを買う必要はありません。

A4サイズの紙が入る、黒いビジネスバッグを用意しましょう。

基本的には足元に鞄を置いたまま面接を受けることがあるので、シンプルなものを選びましょう。

 

就活の面接で適切なコートとは

トレンチコートまたは、チェスターコートがおすすめです。

派手な色や柄が入ったものは避けて、できるだけシンプルなものを選びましょう。

そして、建物が入る前に脱ぐことを心がけましょう。

面接までにしておくべき準備は以下の記事で詳しく解説しています。

 

マナー⑥:面接室への入退室時・挨拶

面接で入室するときは、ノックは3回して、「失礼いたします」と言って入りましょう。

椅子の近くまで行き、「どうぞお座りください」と言われてから座ってください。

「本日はよろしくお願いいたします」と自然に言えると好印象を与えられます。

面接でのマナーについてはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

次に、面接中の流れについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

また、10分前には到着しましょう。

面接予定時間より早まることはないですが、10分前には来て心の準備をしましょう。

特にグループディスカッションがあるときは、15分前には来て、他の学生とアイスブレイクをしておくのがおすすめです。

そのグループで会話の主導権を握ることができれば、ディスカッションが始まってからも自分を中心に進めることができます。

 

就活の面接本番の流れ

これま面接において注意すべきマナーなどについて知れたところで、面接の流れを確認していきましょう。

基本的な流れを頭に入れておくことで、落ち着いて面接を進めることができます。

基本的な流れとしては以下のようになっています。

1
入室
2
自己紹介/自己PR
 
3
面接官からの質問・逆質問
 
4
退室
 
 

それでは、面接の流れをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

流れ①:入室

入室時は、3回ノックして「失礼します」と言ってから入りましょう。

そして、椅子の近くまで行き、面接官に座るよう指示されるまで座らずに立っておきます。

着席後は、面接官が学生の緊張をほぐすために雑談から始まることが多いです。

ここで受け答えをしっかりして、リラックスしましょう。

余裕がある人はここで話過ぎない程度に、コミュニケーション力をアピールしましょう。

 

流れ②:自己紹介/自己PR

次にある自己紹介では、短く、話過ぎず、端的に自己紹介しましょう。

大学名、学部、名前、学生生活で取り組んだこと、成果、など簡単な情報を1分ほどで話せるようにしておくいとよいです。

自己紹介では長々と話す必要は全くありませんので、注意してください。

後に学生生活で取り組んだことに関して深堀りされるので、このあたりは意識しておきましょう。

面接での自己紹介についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

自己紹介と混同してほしくないのが自己PRです。

自己紹介は挨拶、自己PRは自分という商品を企業に売り込むためのアピールの場です。

そのため、自己PRでは、自分が学生時代に最も力を入れて取り組んだことで、成果が出たことを話しましょう。

具体的な数字をできるだけ含めて話せると、なお良しです。

 

流れ③:面接官からの質問・逆質問

面接内容の多くを占めるが、面接官からの質問・逆質問です。

そのため、履歴書に適当な内容を書いてしまうとここでぼろが出てしまいます。

最後によくある質問は、逆質問です。

企業へ対する本気度をアピールできる場なので、あらかじめ準備して、鋭い質問を投げかけましょう。

面接での逆質問については以下の記事で詳しく解説しています。

 

流れ④:退室

退室時は、お礼を言い、部屋を出るときも面接官をしっかりと見て、深く一礼してから退出しましょう。

時にはエレベーターまで見送りをしてくれる場合もあります。

エレベーターに乗った後は、エレベーターのドアが閉まるまでお礼をするのがマナーです。

帰り道にお礼のメールを入れておくと、面接官の印象はさらに高まるでしょう。

それでは次に、就活におけるメールのやり取りについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策すべき面接に関するメールのやり取り

就活では、日程を決めるときや、お礼をするときなど、企業とメールでやり取りをすることが多いです。

学生の連絡手段は、LINEが主流となっていますが、メールの使い方は知っておきましょう。

次の各項目に沿ってお話していきます。

  • メールを送るときの基本事項
  • 面接の日程調整のためのメール
  • 面接日程が合わず、変更したいとき
  • 面接後にお礼のメールは必要か
  • 【番外編】電話をするときに気を付けたいマナー

面接の予約時などに、失礼なメールを送ってしまっては、会う前から評価が下がるという最悪の事態が起こってしまいます。

それぞれ確認して、常識のある就活生であることをアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メールを送るときの基本事項

メールを送るときは、内容の要約を件名に必ず入れましょう。

そして本文に入る前に、誰に宛てたメールなのかを明記し、自己紹介をしましょう。

本文は読みやすさを意識した改行を適切に入れることが大切です。

最後には、署名を入れて、完成です。

 

面接の日程調整のためのメール

面接の日程調整をメールで行う場合、できるだけ早く返信しましょう。

仕事でメールのやり取りが遅いことは致命的そのため、就活中から意識するようにしましょう。

日程調整の返信をするとき指定されるとは思いますが、3つほどの候補日を送っておくと、企業側も楽に日程調整できます。

 

面接日程が合わず、変更したいとき

急遽大事な予定ができて、変更しなければならないときはできるだけ早く企業に伝えましょう。

休むとだけ伝えるのではなく、理由もしっかり伝えましょう。

また、当日にキャンセルとなると、ただサボっているかのような印象を与えかねません。

 

面接後にお礼のメールは必要か

面接後のお礼のメールは絶対ではありませんが、お礼を嫌がる人はいないので送る方がいいです。

お礼のメールが採用に直接繋がることはありませんが、「しっかりお礼が言える学生」と好印象を持ってもらえます。

しないよりも、した方がいいということは確実に言えます。

 

電話をするときに気をつけるべきマナー

時にはメールではなく、電話をしないといけない場面もあります。

電話をするときにもマナーがあるので、知っておきましょう。

まず意外と学生ができていない、気を付けておきたいことは、名乗ることです。

そして、「お世話になっております」と丁寧に挨拶すると好印象を与えられます。

電話越しでは表情がわかりにくいので、せめていつもよりワントーン高い声で話すことを意識しましょう。

 

面接での日程調整メールのやり取りマナーや注意点が知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対策すべき就活の面接の辞退方法

就職活動をしてく中で、面接を辞退したくなるタイミングがあるかもしれません。

第一志望に受かったからもう面接を受ける必要が無くなったときや、考え方が大幅に変わったときに、面接を辞退するにはどうしたらいいのでしょうか。

面接のキャンセル方法についてお話していきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の面接辞退はメールでも大丈夫

就活の面接辞退は当日や前日でない場合、メールでしても大丈夫です。

しかし、注意しなければいけないことは2つあります。

1つ目は、選考中に面接をしてくれた人事や社員の方に感謝の意を述べることです。

2つ目は、選考辞退を1度すると、取り消すことができないことです。

後悔しない決断をするようにしましょう。

 

断り方、キャンセル方法

面接を辞退する場合の断り方、キャンセル方法についてお話したいと思います。

まず、絶対にやってはいけないことは無断欠席ことです。

あなたが他の会社に入社後に、就活の時に受けた企業と良好な関係を築くことができるでしょうか?

目先のことだけではなく、社会人になった後のことも考えた行動を取りましょう。

 

面接辞退は電話でしたほうがいいのか

面接辞退をメールではなく、電話でしなければいけない場合があります。

それは当日キャンセルの場合です。

何かどうしても行けない理由ができたときに、当日キャンセルするときは電話を入れましょう。

また、遅刻しそうなときも電話をしましょう。

電車の遅れや、やむを得ない理由で遅刻するときは、遅刻しそうになった時点で連絡しなければなりません。

 

面接辞退のメールや電話のやり方を詳しくを知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

その他就活の面接に関するQ&A

面接の概要について簡単に確認できましたね。

その他、就活の面接に関して気になることについてまとめてみました。

 

Q&A①:面接の結果の連絡が来ないときはどうすればいい?

面接の結果が来なくても、焦らずに3日~1週間は待ちましょう。

特に大手企業の場合は、採用担当者が忙しい場合もあり、連絡が遅れることがあります。

しかし、2週間経っても連絡が来ない場合は、メールか電話でこちらから連絡してみましょう。

忘れられている可能性も少なからずあります。

 

Q&A②:面接で嘘はつかない方がいい?

面接では、嘘をつかずに正直に答えましょう。

面接官は何人もの学生を見てきたプロなので、嘘をついてもいつかは見抜かれてしまいます。

嘘をついたという理由で落とされてしまってはもったいないし、嘘をついて入社してもミスマッチが起こりかねません。

ありのままの自分をさらけ出すつもりで面接に挑みましょう。

 

Q&A③:面接フィードバックの意図は?

面接中に面接官が就活生に対してフィードバックをする場合は、入社してほしい場合が多いです。

ただし、フィードバックがあったからといって面接の合否が分かるわけではありません。

なので、あまり深く考えずに、フィードバックされた内容を素直に聞き入れて、自分の骨導に繋げることが大切です。

面接フィードバックについて詳しく知りたい人は、面接フィードバックに関する内定者の体験談も分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

Q&A④:面接と面談の違いとは?

就活では、面接は就活生を選抜すること、面談は就活生を企業に惹き込むことを目的にしています。

基本的には、就活の面談には、面接ほどの選考要素はありません。

ただし、「だまし面接」といい、面談のようなラフな雰囲気で選考をしている企業もあるので、注意が必要です。

面談について詳しく知りたい人は、面談を行う企業側の意図が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

Q&A⑤:リクルーター面談とは

リクルーター面談とは、採用したい就活生を他社からとられないようにするために、企業が担当の社員を用意して、フランクに面談をすることです。

次の選考に備えて、志望動機や就活軸のブラッシュアップの場として使われることが多いです。

リクルーター面談について詳しく知りたい人は、リクルーターの役割や面談目的などが分かるのでこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:正しい面接対策をして、就活を制す!

いかがでしたでしょうか。

今回は面接について知っておいて欲しいことを、全てまとめました。

今まで面接を受けたことが無い人も、就活をする上で面接は、避けられません。

それでは、今回の記事の内容をおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活の面接まとめ

面接対策前に基本事項をおさらい

  • 就活の面接が始まる時期
  • 就活の面接の回数や、流れ
  • 就活の面接時間はどれぐらいかかるのか

面接対策すべき就活の面接形式

  • 面接形式①:集団面接(グループ面接)
  • 面接形式②:個人面接(社員/人事)
  • 面接形式③:最終面接(社長/役員)
  • 番外編:グループディスカッション

面接対策すべき就活の頻出質問

  • 対策すべき質問①:志望動機
  • 対策すべき質問②:自己PR
  • 対策すべき質問③:学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)
  • 対策すべき質問④:自己紹介
  • 対策すべき質問⑤:逆質問
  • 対策すべきその他の頻出質問

就活の面接で落ちてしまう理由

  • 理由①:面接対策/面接練習が足りていない
  • 理由②:自己分析が足りていない
  • 理由③:コミュニケーション力が無いと判断される
  • 理由④:企業分析ができていない

就活の面接対策方法おすすめ3選

  • 対策方法①:模擬面接
  • 対策方法②:面接対策セミナー
  • 対策方法③:スマホで撮影して見返す(一人で練習)

面接対策で意識すべき面接のコツ

  • コツ①:面接での緊張を抑えるために場数を踏む
  • コツ②:答えられない質問に備えた質問対策をする
  • コツ③:特殊な面接があることを理解しておく

就活の面接で注意すべきマナー

  • マナー①:メール
  • マナー②:面接辞退
  • マナー③:WEB面接
  • マナー④:面接中の言葉遣い
  • マナー⑤:身だしなみ
  • マナー⑥:面接室への入退室時・挨拶

就活の面接本番の流れ

  • 流れ①:入室
  • 流れ②:自己紹介/自己PR
  • 流れ③:面接官からの質問・逆質問
  • 流れ④:退室

対策すべき面接に関するメールのやり取り

  • メールを送るときの基本事項
  • 面接の日程調整のためのメール
  • 面接日程が合わず、変更したいとき
  • 面接後にお礼のメールは必要か
  • 電話をするときに気をつけるべきマナー

対策すべき就活の面接の辞退方法

  • 就活の面接辞退はメールでも大丈夫
  • 断り方、キャンセル方法
  • 面接辞退は電話でしたほうがいいのか

その他就活の面接に関するQ&A

  • Q&A①:面接の結果の連絡が来ないときはどうすればいい?
  • Q&A②:面接で嘘はつかない方がいい?
  • Q&A③:面接フィードバックの意図は?
  • Q&A④:面接と面談の違いとは?
  • Q&A⑤:リクルーター面談とは

まとめ:正しい面接対策をして、就活を制す!

面接の大まかな流れを頭に入れておいたり、よく聞かれる質問内容を知っておいたりすることで、落ち着いて面接を進めることが出来ます。

面接対策をしっかりして、企業に入社したい熱意を伝え、内定を獲得してください!

 

就職活動の基本的なやり方とお役立ちサービス

就職活動を有利に進めるために、就活の基本的なやり方を理解しつつ、就活に役立つ無料サービスを利用しましょう。

以下の記事で、自己分析・エントリーシート・面接対策の簡単なやり方と、お役立ち就活サービスをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

就活アドバイザー

新着記事