【超簡単!】無能やポンコツでもできる仕事一覧 | デメリット,無能からの脱却方法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 無能でもできる仕事は存在する
  • 多くの人が自分は無能だと思っている
  • ポンコツでもできる仕事ランキング
  • 無能でもできる仕事は年収が低い
  • 資格を取得することで無能の仕事から抜け出せる
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の采耶です。

この記事では、無能でもできる仕事を紹介していきます。

就活生のみなさんは「仕事したいけど、普通の正社員のような仕事ができるとは思えない・・・」「前職で仕事ができない扱いをされて自信が持てない・・・」と悩んでいませんか?

「就活の教科書」編集部 采耶

就活生くん

僕は、現在就活中で、仕事を探しているのですが、仕事に就いても自分にできるか自信がないです・・・。

就活生ちゃん

私は、あまり考えずに誰でもできる仕事をして暮らしていきたいと思っています。

無能でも出来るような仕事に就きたいです・・・。

確かに、「無能でも出来る仕事は?」「考えなくても稼げる仕事は?」などは気になりますよね!

「就活の教科書」編集部 采耶

この記事では、無能でもできる正社員の仕事一覧について、紹介していきます。

合わせて、「無能でもできる仕事のデメリット」「無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法」も紹介します!

この記事を読めば、無能でもできる仕事とは何か、無能でもできる仕事に就くとどうなるのかがわかります。

「社会人経験がないから無能でもできる仕事を知りたい!」「あまり考えずに誰でもできる仕事がしたい」という方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

そもそも、無能でもできる仕事は存在するの?

就活生くん

僕は、アルバイト経験も何もなく、自分の強みやスキルが何もありません・・・。

正直、自分は無能だと思っているので、就活でも何をアピールすればよいのかよくわかりません・・・。

こんな無能な僕でも、できる仕事は存在しますか?

結論から言うと、無能でも出来る仕事は存在します。

しかし、自分のスキルや強みがないと、自分に仕事はできるのかと心配になりますよね・・・。

以下のツイートのように、自分がニートで無能であると悩んでいる人がたくさんいるようです。

「就活の教科書」編集部 采耶

自分が無能で仕事がつらいと思っている人も多いようですね。

「自分は無能だ・・・」と思っている人でもできる仕事を次は紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事ランキング一覧

就活生くん

僕は、アルバイトをしていた時に、無能扱いをされた経験があります・・・。

自分が正社員になってできる仕事は本当にあるのか心配です・・・。

何も考えずにできる仕事はありますか?

たしかに、自分の特技や、強みといえる部分がなかったら自分は仕事ができるのか不安になってしまいますよね。

ですが、実際には無能でもできる仕事はたくさんあるので、紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

無能でもできる仕事ランキング
  • 仕事①:販売員(平均年収:330万円)
  • 仕事②:飲食店スタッフ(平均年収:345万円)
  • 仕事③:ピッキング(平均年収:326万円)
  • 仕事④:配送スタッフ(平均年収:362万円)
  • 仕事⑤:倉庫作業員(平均年収:332万円)
  • 仕事⑥:長距離ドライバー(平均年収:482万円)
  • 仕事⑦:機械オペレーター(平均年収:336万円)
  • 仕事⑧:清掃業(平均年収:333万円)
  • 仕事⑨:新聞配達(平均年収:354万円)
  • 仕事⑩:施設警備員(平均年収:312万円)
  • 仕事⑪:介護職員(平均年収:333万円)
  • 仕事⑫:フォークリフト作業員(平均年収:337万円)
  • 仕事⑬:工場ライン作業員(平均年収:335万円)
  • 仕事⑭:Webライター(平均年収:450万円)
  • 仕事⑮:家政婦(平均年収:357万円)

 

仕事①:販売員(平均年収:330万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事1つ目は、販売員です。

販売員の仕事は、レジや接客、商品の品出しや在庫管理など、だれでもできる仕事が多く、専門的な知識やスキルが問われません。

しかし、商品の説明や売り上げの目標などのノルマがある場合もあるので、その時は戦略を立てていくことが必要です。

また、接客がメインの仕事なので、コミュニケーション能力も必要になっています。

 

仕事②:飲食店スタッフ(平均年収:345万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事2つ目は、飲食店スタッフです。

飲食店スタッフの仕事内容は、オーダーを取る、料理の配膳、片付けなど、だれでも出来るような仕事が多いです。

飲食店スタッフは、販売員と同じようにコミュニケーションや接客スキルが向上します。

礼儀などの知識は必要になりますが、未経験からでも容易に挑戦できる仕事となっています。

 

仕事③:ピッキング(平均年収:326万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事3つ目は、ピッキングです。

ピッキングとは、倉庫から指定された商品をピックアップしていく業務のことを言います。

単純作業なので、未経験の無能でも出来る仕事ですし、慣れてしまえば楽です。

しかし、立ち作業なので、体力的にきついと感じる人も多いようです。

 

仕事④:配送スタッフ(平均年収:362万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事4つ目は、配送スタッフです。

配送スタッフは、宅配便などの荷物や小包を、会社や店舗、個人の家に届ける仕事です。

普通免許さえあれば、軽トラックや10人乗りの車が使用できます。

配送スタッフは運転が得意・好きな人にお勧めの仕事です。

 

仕事⑤:倉庫作業員(平均年収:332万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事5つ目は、倉庫作業員です。

倉庫作業員の仕事は、多くの荷物や商品が保管されている倉庫内を適切な状態に保つことです。

主にピッキングや仕分け、検品などを行うため、未経験でもできる、黙々と集中して取り組むことができるというメリットがあります。

逆に、重い荷物を運ぶことがあるので、体力が必要になる仕事です。

 

仕事⑥:長距離ドライバー(平均年収:482万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事6つ目は、長距離ドライバーです。

長距離ドライバーの仕事内容は、一般的に片道300km以上となる目的地までトラックで荷物を運ぶことです。

オンラインショッピングの拡大が続き、個人間の物流の需要も増加傾向にある一方で、長距離トラックの運転手は減少しています。

そのため、長距離ドライバーは人手不足に陥っているので、平均年収もほかの仕事よりも高くなっています

長距離ドライバーになるには、大型自動車運転免許中型自動車運転免許の資格が必要になります。

 

仕事⑦:機械オペレーター(平均年収:336万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事7つ目は、機械オペレーターです。

機械オペレーターの仕事は、製品の加工などを行う機械の操作、管理をすることです。

椅子に座りながら、同じ動作を何度も繰り返すため、ルーティン作業が苦にならない人や、集中力が長続きする人は、この仕事に向いているといえます。

また、人と話す必要もあまりないので、人間関係のストレスも感じにくいです。

 

仕事⑧:清掃業(平均年収:333万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事8つ目は、清掃業です。

清掃業の仕事内容は、住宅や商業施設、オフィスビル、ホテル、病院、交通機関、街、河川敷などあらゆる場所を清掃することです。

清掃作業員になるために資格や学歴は必要はありません。

そのため、未経験からでも働きやすい仕事となっています。

 

仕事⑨:新聞配達(平均年収:354万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事9つ目は、新聞配達です。

新聞配達の仕事内容は、新聞の配達だけでなく、チラシの折り込み、トラックの荷下ろしなどがあります。

配達に必要な原付バイク、自転車を運転することができれば、未経験でもできる仕事となっています。

しかし、新聞配達の仕事は、早朝に行われるので、早寝早起きが苦手な人にとってはきついと感じるでしょう。

 

仕事⑩:施設警備員(平均年収:312万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事10つ目は、施設警備員です。

施設警備員は、商業施設やビルなどの施設に常駐し警備を行うことが仕事です。

施設警備員の楽さは、警備の場所によりますが、商業施設、オフィスビルの警備員は「歩く・座る・立つ」ことがほとんどで、負担が少ないです。

もし不審者を見つけたとしても、「確認、報告、連絡」が基本なので、簡単なうえに精神的・体力的に楽です。

 

仕事⑪:介護職員(平均年収:333万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事11つ目は、介護職員です。

介護職員は、高齢者やサポート必要な人々の身の回りの生活を支える仕事です。

介護職は、無資格でもできる仕事である上に、高齢化に伴って人手不足の業界になっているので、簡単に就職することができます。

介護業界には、介護福祉士ケアマネージャーなどの資格があるので、キャリアアップも目指せます。

 

仕事⑫:フォークリフト作業員(平均年収:337万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事12つ目は、フォークリスト作業員です。

フォークリフト作業員の仕事内容は、主に荷物を積む・降ろす・運ぶことです。

その他、荷物のラッピング、検査、メンテナンスもあります。

フォークリフトを使うことさえできれば、未経験でもできる簡単な仕事となっています。

 

仕事⑬:工場ライン作業員(平均年収:335万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事13つ目は、工場ライン作業員です。

工場ライン作業員は、黙々と同じ作業を繰り返す仕事です。

誰とも話さずに作業に集中できるため、人間関係のストレスがなく、精神的にかなりラクです。

特に営業や接客が苦手な方は、おすすめの仕事です。

とはいえ、工場ライン作業は単純作業を繰り返す仕事なので、きついと感じる人もいます。

 

仕事⑭:Webライター(平均年収:450万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事14つ目は、Webライターです。

Webライターの仕事は、Web上にある記事を執筆する仕事です。

文章を書く難しい仕事のように感じますが、初心者向けの案件も多く、マニュアルも完備されているため、誰でも取り組むことができます。

また、基本的に在宅で仕事ができるので、ストレスなく自分のペースで進めることができます。

 

仕事⑮:家政婦(平均年収:357万円)

正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事15つ目は、家政婦です。

お客様に代わって掃除・洗濯・料理など様々な家事を行う仕事です。

家事が得意な方であれば、家政婦のニーズも高まっていますし、仕事場での人間関係に悩むことはないので、おすすめの仕事です。

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

無能(ポンコツ)でもできる正社員の仕事に就くデメリット

就活生くん

無能でもできる仕事についてよくわかりました!

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリットについて教えてください!

わかりました!

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリットについて解説していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリット
  • デメリット①:無能から抜け出せなくなる
  • デメリット②:AIや機械に代替される可能性がある
  • デメリット③:年収が低い

 

デメリット①:無能から抜け出せなくなる

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリット1つ目は、「無能から抜け出せなくなる」です。

無能でもできる仕事に就くと、スキルが向上しにくいです。

無能でもできる仕事は、無能の仕事に就く⇒スキルが上がらない⇒スキルが必要な仕事に就けない⇒無能から抜け出せないという悪循環に陥ってしまいます。

そのため、無能でもできる正社員の仕事に就くと、無能から抜け出せなくなってしまいます。

無能でも出来る正社員の仕事は、スキルが不要なことが多いので、成長ややりがいを感じにくいかもしれません。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

デメリット②:AIや機械に代替される可能性がある

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリット2つ目は、「AIや機械に代替される可能性がある」です。

無能でもできる仕事は、工場のライン作業や施設警備員など、単純作業であることが多いです。

そのため、AIや機械に代替される可能性があります。

無能でもできる仕事のほとんどがAIに奪われてしまうと、スキルを習得しない限り、就職が厳しくなってしまいます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

デメリット③:年収が低い

無能でもできる正社員の仕事に就くデメリット3つ目は、「年収が低い」です。

無能でもできる仕事は、およそ300万円~500万円の仕事が多く、年収が低いです。

なぜなら、無能でもできる仕事は、専門性が低く、他者との差別化がしにくいからです。

一般的に、「この知識がないとできない」といった希少価値の高い仕事であればあるほど年収が高くなっていきます。

そのため、無能でもできる仕事は年収が低くなる傾向があります。

年収が低い割に、体力を奪われる仕事があるので、「年収が働いた分に値しているか」を考えるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

無能(ポンコツ)でもできる正社員の仕事から抜け出す方法

就活生ちゃん

私は、販売員の仕事に就こうと思っています。

ですが、本当は誰でもできる仕事に就くのではなく、高収入の仕事がしたいです・・・。

無能でもできる仕事から抜け出す方法はありますか?

どうせ仕事をするのなら、誰でもできる仕事よりもスキルが問われる仕事をしたいですね。

無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法を紹介します!

「就活の教科書」編集部 采耶

無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法
  • 方法①:スキルや資格を取得する
  • 方法②:良い企業に転職する
  • 方法③:将来性のある

 

方法①:スキルや資格を取得する

無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法1つ目は、「スキルや資格を取得する」です。

スキルや資格を取得すると、専門性が向上し、希少価値が上がります。

また、就職や転職にも有利に働くので、良い企業で働くことができるようになります。

就活におすすめの資格について詳しく知りたい就活生は、こちらの記事も読んで参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 采耶

まずは自分が興味のある分野の資格を取ってみてください!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法②:良い企業に転職をする

無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法2つ目は、「良い企業に転職をする」です。

なぜなら、良い企業に就くと、高い報酬手厚い福利厚生があるからです。

良い企業とは、一般的に以下のような特徴がある企業のことを言います。

良い企業の特徴
  • 財務状況が良い
  • 継続的な成長を遂げている
  • 圧倒的な技術力がある
  • 社会貢献をしている
  • 社員のストレスが少ない
  • 働き方の柔軟性がある
  • 社員に還元しようとしている
  • 定着率が良い

具体的なホワイト企業・優良企業が知りたいという方は、以下に優良企業やホワイト企業について詳しく書かれた記事を載せておくので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法③:将来性のある仕事を見つける

無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法3つ目は、「将来性のある仕事を見つける」です。

将来性のある仕事とは、

  • AI・人工知能ではできない仕事
  • 今後伸びていく市場の仕事
  • 需要に対して供給が少ない仕事
  • 人の生活に必要な仕事
  • 流行に左右されない仕事

のことを言います。

将来性のある仕事は、具体的には以下の通りです。

将来性のある仕事

ITエンジニア / ITコンサルタント / 営業職 / 介護士 / Web広告関連の仕事 / 医療関連の仕事 / クリエイター職 / コンサルタント / 保育関連の仕事 / 心理カウンセラー / 公認会計士 / 税理士 / デジタルマーケティング / 3Dプリンターを扱う技術者 / Webデザイナー / 研究開発職 / 販売スタッフ / 戦略・企画職 / 生活インフラ / 教育サービス業 / 卸売 / 生活関連業

実際、無能でもできる仕事はAIにとって代わる可能性が高いので、将来性のある仕事に就くことは大切です。

以下の記事では、将来性のある仕事に関連した記事があるので、こちらも参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

ここまでで無能な仕事について紹介しましたが、実際、「無能である」人はこの世の中に存在しません。

仕事には向き・不向きがあったり経験が足りなくて無能だと思い込んでしまっていることがあります。

自己分析をしっかりして、自分に向いている仕事を見つけましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:無能(ポンコツ)でもできる正社員の仕事は意外とある!

本記事「」はいかがだったでしょうか?

「就活の教科書」編集部 采耶

この記事では無能でもできる正社員の仕事を解説しました。

合わせて、「無能でもできる正社員の仕事に就くデメリット」「無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆そもそも、無能でもできる仕事は存在するの?

◆正社員で無能(ポンコツ)でもできる仕事ランキング一覧

  • 仕事①:販売員(平均年収:330万円)
  • 仕事②:飲食店スタッフ(平均年収:345万円)
  • 仕事③:ピッキング(平均年収:326万円)
  • 仕事④:配送スタッフ(平均年収:362万円)
  • 仕事⑤:倉庫作業員(平均年収:332万円)
  • 仕事⑥:長距離ドライバー(平均年収:482万円)
  • 仕事⑦:機械オペレーター(平均年収:336万円)
  • 仕事⑧:清掃業(平均年収:333万円)
  • 仕事⑨:新聞配達(平均年収:354万円)
  • 仕事⑩:施設警備員(平均年収:312万円)
  • 仕事⑪:介護職員(平均年収:333万円)
  • 仕事⑫:フォークリフト作業員(平均年収:337万円)
  • 仕事⑬:工場ライン作業員(平均年収:335万円)
  • 仕事⑭:Webライター(平均年収:450万円)
  • 仕事⑮:家政婦(平均年収:436万円)

◆無能(ポンコツ)でもできる正社員の仕事に就くデメリット

  • デメリット①:無能から抜け出せなくなる
  • デメリット②:AIや機械に代替される可能性がある
  • デメリット③:年収が低い

◆無能でもできる正社員の仕事から抜け出す方法

  • 方法①:スキルや資格を取得する
  • 方法②:良い企業に転職をする
  • 方法③:将来性のある仕事を見つける

◆まとめ:無能(ポンコツ)でもできる正社員の仕事は意外とある!