【10選】代表的な現場仕事(外仕事)には何がある? | デメリット,向いている人の特徴も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事からわかること

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の吉田です。

この記事では、「現場仕事(外仕事)」について徹底解説していきます。

就活生の皆さんの中には、「現場仕事はどんな仕事?」や、「現場仕事の将来性は?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 吉田

就活生くん

僕は、現場仕事に興味があります。

現場仕事は実際どのような仕事をしているのか知りたいです。

就活生ちゃん

私も、現場仕事に興味があります。

女性でもできる現場仕事には、何があるか知りたいです。

たしかに、現場仕事では実際何をするのか気になりますよね。

現場仕事で働くメリットなども気になると思います!

「就活の教科書」編集部 吉田

なので、この記事では、「現場仕事(外仕事)」について徹底解説していきます。

併せて、「現場仕事はどんな仕事?」や、「現場仕事の将来性は?」についても紹介していきます。

現場仕事(外仕事)が気になる就活生」や、「現場仕事で働くメリット・デメリットを知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、現場仕事(外仕事)について理解が深まります。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という人に、就活・転職に役立つサービスをまとめました。

例えばLINE適職診断は、簡単な質問であなたの適職を16タイプで診断しますので、あなたに合った仕事や必要な就活対策がわかりますよ。

すでに75,000人以上が利用していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 転職者向け 適職を知る方法 /

\ 就活生向け 適職を知る方法 /

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

【職業研究】そもそも現場仕事(外仕事)って何?

就活生くん

そもそも現場仕事(外仕事)とは、どのような仕事のことなのでしょうか?

それでは、現場仕事(外仕事)はどのような仕事なのか、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

現場仕事(外仕事)とは、屋外で働く体力が必要な仕事

現場仕事(外仕事)は、大工左官土木作業員など屋外で働く仕事がほとんどです。

暑い日や寒い日、雨の日なども作業を行わなければならないことも多いです。

このことから、一般的に現場仕事(外仕事)は体力が必要な仕事であることが分かります。

また、職種によっては、過酷な作業現場も多く、若手の職人が目立つ現場もあるでしょう。

このように、現場仕事(外仕事)は屋外で働く体力が必要な仕事と言えます。

現場仕事(外仕事)は、私たちの生活基盤を作ってくれる、欠かせない仕事です。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

現場仕事(外仕事)の将来性は?

現場仕事(外仕事)の将来性は明るいと言えます。

理由として、人手不足と欠かせない仕事であることが挙げられます。

現在、建築業界では、人手不足が問題点として挙げられています。

そのため、人材を募集するために待遇や職場環境の改善が行われる可能性があります。

さらに、鳶職人や左官など、専門的な仕事の需要はなくならないと考えられます。

これらの理由から、現場仕事(外仕事)の将来性は明るいと言えるでしょう。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに60,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

LINE適職診断で自分に合った仕事を診断してみる


代表的な現場仕事(外仕事)10選

就活生ちゃん

現場仕事(外仕事)にはどのような職業があるか教えてください。

それでは代表的な現場仕事(外仕事)を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

代表的な現場仕事(外仕事)
  • 仕事①:大工
  • 仕事②:内装工事
  • 仕事③:塗装業
  • 仕事④:解体工事
  • 仕事⑤:庭師
  • 仕事⑥:左官
  • 仕事⑦:土木作業員
  • 仕事⑧:重機運転手
  • 仕事⑨:舗装工
  • 仕事⑩:警備員

 

仕事①:大工

代表的な現場仕事(外仕事)1つ目は大工です。

大工は、主に木造建築物の新築・増築・リフォームなどを行います。

大工は、設計図に基づいて建築に使うための材料を加工し、建造物を建てます。

大工は、外壁や屋根、床、天井の下地など多くの部分に関わります。

このことから大工は、建築物が建てられていく過程において、重要なポジションであると言えるでしょう。

 

仕事②:内装工事

代表的な現場仕事(外仕事)2つ目は内装工事です。

内装工事には、壁のクロス貼り、床や天井のボード張り、塗装仕上げなどがあります。

職人が建物の最終的な仕上げを行います。

内装工事は建物の雰囲気やクオリティに関わるため、手作業による丁寧な仕事が求められます。

内装工事は以下のような専門領域に分かれています。

内装工事の専門領域
  • 鉄工下地組立工:計量鉄筋から天井や壁の下地を造る
  • 床仕上工   :床にタイルやカーペット、畳などを敷き込む
  • ボード張り工 :天井などに石膏ボードや合板を貼る
  • 塗装工    :天井や壁などの下地を塗装する

 

仕事③:塗装業

代表的な現場仕事(外仕事)3つ目は塗装業です。

塗装業は、職人が壁や外壁、屋根などをペンキで塗装する仕事です。

塗装は建物を美しく仕上げるだけでなく、水や錆から建物を守り耐久性を高める効果があります。

塗装技術はもちろん、塗装する素材や塗料に関する知識、土地の風土、色彩感覚などのスキルが必要です。

 

仕事④:解体工事

代表的な現場仕事(外仕事)4つ目は解体工事です。

解体工事とは「建物や家屋を取り壊し撤去する工事」のことを表します。

建物を壊して敷地に何もない状態に戻したり、内装の変更のために建物内部を撤去します

解体工事には以下の種類が存在します。

解体工事の種類
  • 建物のみの解体
  • 外構のみの解体
  • リフォームに伴う内装解体

建物全部を取り壊すだけが解体工事ではありません。

ブロック塀やカーポートなどの外構のみの解体、リフォームするための建物一部だけの解体などがあります。

また、一般的な住宅の解体から大型のビルやマンション・工場の解体など規模も様々です。

 

仕事⑤:庭師

代表的な現場仕事(外仕事)5つ目は庭師です。

庭師は庭造りが主な仕事となりますが、その他にも幅広い業務を担っていることが特徴です。

庭師の仕事内容
  • 個人宅の庭園造り・庭園の維持管理
  • 公園・オフィス街・ゴルフ場などの公共空間の景観造り
  • 植木の維持・管理

庭師は、樹木・草木などの豊富な知識の深い理解が必要とされる専門職です。

また、作業時間は現場によって異なり、早朝や深夜に業務がある場合もあります。

 

仕事⑥:左官

代表的な現場仕事(外仕事)6つ目は左官です。

左官とは、壁や床に施すタイル貼りや塗装の下地を造る職人です。

コテを使ってコンクリートを平ら、かつなめらかに仕上げるには高い技術が要求されます。

左官職人が下地をいかにきれいに造るかで、建物の仕上げと見た目に影響します。

乾燥させ、固める必要があるため、作業完了までに時間がかかります

 

仕事⑦:土木作業員

代表的な現場仕事(外仕事)7つ目は土木作業員です。

土木作業員とは、木材・鉄材・石材などを用いて、さまざまな場所で工事を行う仕事です。

基礎工事や土地造成、災害現場等で、掘削や運搬などの大規模な作業を安全に行ないます。

そのため、土木作業員は、建設現場の花形と言われています。

土木作業員の中には、仕事に従事しつつ監督責任者を目指してキャリアアップを図る人も多いようです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑧:重機運転手

代表的な現場仕事(外仕事)8つ目は重機運転手です。

重機運転手とは、工事現場などで、フォークリフトやクレーン車などの重機を操作する人のことです。

操縦する重機に対応した免許を取得する必要があります。

専門性が高い仕事であることから、ほかの作業員と比べて給与が高くなる場合もあるようです。

しかし、免許が必要なことから、簡単に就職できる職種ではないと言えますね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑨:舗装工

代表的な現場仕事(外仕事)9つ目は舗装工です。

舗装工事とは、道路などの地盤面にアスファルトやコンクリートを敷き固める工事です。

人や動物、車などが安全に通行できるようにしたり、上下水管の収納を行います。

さらに、街や住宅の景観が美しく保たれるよう配慮した工事も求められます。

舗装が行われるのは、主に次のような場所になります。

舗装が行われる主な場所
  • 公共道路
  • 私道
  • 施設や店舗の駐車場
  • 住宅の駐車場
  • ぬかるみ・雑草防止が必要な用地
  • 水たまり・ぬかるみなどの改善が必要な土地

舗装工事には、アスファルト舗装コンクリート舗装特殊舗装の3種類存在します。

 

仕事⑩:警備員

代表的な現場仕事(外仕事)10つ目は警備員です。

警備員は、さまざまな施設や人物、物を警備する仕事です。

警備内容には大きく分けて、以下の4つあります。

警備内容
  • 1号警備:施設整備
  • 2号警備:交通・雑踏警備
  • 3号警備:輸送物の警備
  • 4号警備:身辺警備

1号警備は、日本における警備業務の需要の約50%を占める、施設警備の業務です。

国民生活に直接関係するライフライン施設や公共施設、個人宅に至るまで、警備範囲は広いです。

1号警備は、施設警備業務、巡回警備業務、保安警備業務、機械警備業務、空港保安警備業務の5種類に分かれます。

2号警備は、交通時に発生する事故を防止する業務であり、道路や駐車場などが勤務現場になります。

大きく分けて、交通誘導警備業務雑踏警備業務があります。

3号警備は、現金や貴金属、美術品など、盗難の危険性が高い物品盗難事故を警戒し、防止する仕事です。

輸送中の警備が多いため、勤務地は警備内容によります。

4号警備は、一般的にボディーガードと言われる仕事を行います。

著名人や各国の要人などの身辺を警護します。

【就活生&転職者向け】あなたに合う仕事を見つける方法

「自分に合う仕事ってなんだろう…」「今の仕事は自分に向いていないのかな…」などさまざまな悩みがあり、自分に合う仕事はなかなか見つけられないですよね。

そこで、あなたに合う仕事を簡単に見つけられるおすすめサービスを就活生と転職者で分けて紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

あなたに合う仕事を簡単に見つけられるおすすめサービス

\ 就活生向け 適職を知る方法 /

\ 転職者向け 適職を知る方法 /

 

就活生向け:あなただけの就活の軸を診断する

新卒の就活生の方で自己分析を簡単に終わらせるならキャリアチケットスカウト診断(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットスカウト診断を使うと、あなたの就活の軸を診断できるため、企業選びで後悔することはなくなります。

アプリから簡単に診断でき、多くの就活生が利用しているので、自己分析をすぐに終わらせたい方はぜひ診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウト診断のおすすめポイント
  • 5つの質問に回答するだけであなたの就活の軸を診断できる
  • あなたの強みを活かせる企業の特徴が明確になる
  • アプリでも利用できるため、いつでもどこでも簡単に自己分析ができる
 

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

 

転職者向け:あなたに合う適職を見つける

転職者が自分に合う仕事を見つける方法は、転職に特化したサポートを使うことです。

転職に特化したサービスを使うことで、あなたに合う適職を見つけられますし、ブラック企業も避けられます。

その中でも、特におすすめできるサービスがハタラクティブです。

ハタラクティブを使えば、転職のプロがあなたに向いている仕事を一緒に探してくれますよ。

就活アドバイザー 京香

ハタラクティブのおすすめポイント
  • 経歴や今までの経験を聞き「適性がある」仕事だけを紹介してくれる
  • 企業一つひとつの選考で丁寧な選考サポートを受けられる
  • 学歴を重視せず、あなたの強みを活かす就活を行える
  • 86.5%の利用者が大企業からの内定をもらっている
 

ハタラクティブの利用者で「自分に合う仕事や適職が見つかった」という声は多いです。

また、マンツーマンでサポートしてくれるので、あなたの強みを活かせる優良企業と出会えますよ。

「ハタラクティブって実際どうなの?」「本当に未経験でも大丈夫?」など不安に思う方は、以下の記事も読んでみてください!

ハタラクティブを使うメリット・デメリット、ハタラクティブをおすすめできる人の特徴などを詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

就活生&転職者向け:あなたの適職を診断する

あなたの適職・適性を知る方法は、簡単な適職診断からあなたの適職を知ることです。

簡単な適職診断を受けることで、短時間であなたの適職を知ることができます。

数ある適職診断のうち、特におすすめなのがLINE適職診断です。

すでに、80,000人以上の就活生が登録しているため、ぜひ登録して、LINE適職診断やその他の診断を受けてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

LINE適職診断おすすめポイント
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き
 

LINE適職診断は、就活の教科書公式LINEに登録すると無料で受けることができます。

公式LINEに登録すると、性格適性診断」「就活力診断も無料で受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

 

16タイプからあなたが活躍できる仕事を診断!

LINE適職診断を使えばあなたに合った職業がわかり、あなたらしく働ける仕事に出会えますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力が分かる就活力診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに61,079人以上の就活生や転職者が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断を受けてみる


現場仕事(外仕事)で働くメリット

就活生くん

現場仕事(外仕事)には何があるか分かりました。

現場仕事(外仕事)で働くメリットを教えてほしいです。

それでは、現場仕事(外仕事)で働くメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

現場仕事(外仕事)で働くメリット
  • メリット①:学歴に関係なく働ける
  • メリット②:仕事終わりの達成感を得られる
  • メリット③:現場が変われば新鮮な気持ちで仕事ができる

 

メリット①:学歴に関係なく働ける

現場仕事(外仕事)で働くメリット1つ目は「学歴に関係なく働ける」です。

現場仕事(外仕事)では、学歴は重要視されません

理由として、頭を使うのではなく、体力・技術力が必要な現場が多いからです。

そのため、義務教育を受けた人であれば、未経験でも就職しやすいと言えるでしょう。

上記に加えて、近年は人手不足の問題から採用されやすいことも、学歴が重視されない理由の1つと言えます。

就活アドバイザー 京香

 

メリット②:仕事終わりの達成感を得られる

現場仕事(外仕事)で働くメリット2つ目は「仕事終わりの達成感を得られる」です。

技術力がついてくると、現場を1人で任されることもあります。

自分で黙々と作業を進めることで、達成感を得ることができます。

さらに、作業現場では、1人では建築できない大きな建造物を建築することも多いです。

その場合、作業後の達成感は大きいものとなるでしょう。

 

メリット③:現場が変われば新鮮な気持ちで仕事ができる

現場仕事(外仕事)で働くメリット3つ目は「現場が変われば新鮮な気持ちで仕事ができる」です。

現場仕事(外仕事)では、1つの仕事が終わるたびに現場が変わることがほとんどです。

デスクワークのようにずっと同じ場所で働くことは少ないと言えるでしょう。

そのため、新鮮な気持ちで新しい現場に臨むこともできます。

現場付近の飲食店を楽しみにする作業員も多いようです!

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

現場仕事(外仕事)で働くデメリット

就活生ちゃん

現場仕事(外仕事)で働くメリットが分かりました。

現場仕事(外仕事)で働くデメリットについても教えていただけますか?

それでは、現場仕事(外仕事)で働くデメリットを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

現場仕事(外仕事)で働くデメリット
  • デメリット①:危険を伴う作業がある
  • デメリット②:熱中症・脱水症状になる危険性がある
  • デメリット③:年齢を重ねるほど辛くなる

デメリット①:危険を伴う作業がある

現場仕事(外仕事)で働くデメリット1つ目は「危険を伴う作業がある」です。

現場仕事(外仕事)では、重機を扱う場面や、高所で作業する場面が多くあります。

そのため、怪我や事故が起きやすい危険な作業を行うことが多いです。

しかし、作業内容ごとに危機管理などのマニュアルや装備が存在していることもあります。

怪我や自己の予防のため、集中力を持って作業することマニュアルに従うことが大切ですね。

就活アドバイザー 京香

 

デメリット②:熱中症・脱水症状になる危険性がある

現場仕事(外仕事)で働くデメリット2つ目は「熱中症・脱水症状になる危険性がある」です。

現場仕事(外仕事)はその名の通り、外で作業することが多いです。

そのため、猛暑の中作業することが多くなります。

作業中は集中しているため、水分補給を忘れてしまい、熱中症や脱水症状を起こしてしまう場合もあります。

しかし、現場では声掛けなどを行い、十分に水分補給ができるよう改善もされています。

 

デメリット③:年齢を重ねるほど辛くなる

現場仕事(外仕事)で働くデメリット3つ目は「年齢を重ねるほど辛くなる」です。

現場仕事(外仕事)では体力を使う仕事がほとんどです。

そのため、年齢を重ねるほど体力的な厳しさを感じるでしょう。

特に腰痛に悩まされる人が多く、ドクターストップを受ける場合もあるようです。

そのため、現場で働けなくなった場合に仕事を続けられる資格や知識、スキルを身に付けることがおすすめです!

就活アドバイザー 京香

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴

就活生くん

現場仕事(外仕事)のデメリットについて分かりました。

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴を教えてほしいです。

それでは、現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴
  • 特徴①:体力に自信がある人
  • 特徴②:技術や知識を活かしたい人
  • 特徴③:チームワークを活かして仕事をできる人

特徴①:体力に自信がある人

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴1つ目は「体力に自信がある人」です。

ここまで、何度も話している通り、現場仕事(外仕事)には体力が必要です。

体力がなければ、仕事を継続することが難しいでしょう。

そのため、体力に自信がある人が向いていると言えます。

体を動かす仕事をしたい人におすすめと言えるでしょう。

 

特徴②:技術や知識を活かしたい人

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴2つ目は「技術や知識を活かしたい人」です。

現場仕事(外仕事)には専門知識や技術、資格が必要な仕事も多いです。

また、専門職では、現場で働きながら技術を身に着けることができます。

重機などの資格も働きながら取得する人が多いようです。

このことから、現場仕事(外仕事)は技術や知識を活かしたい人に向いていると言えるでしょう。

 

特徴③:チームワークを活かして仕事をできる人

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴3つ目は「チームワークを活かして仕事をできる人」です。

現場仕事(外仕事)では、作業ごとに複数人で行うことがほとんどです。

そのため、チームワークが必要と言えるでしょう。

チームワークがあることで、作業の効率は上がると考えられます。

作業終了後の達成感を仲間たちと味わうこともできるので、チームでの活動が得意な人にとっては嬉しいですね!

就活アドバイザー 京香

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

現場仕事(外仕事)に関するよくある質問

就活生ちゃん

現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴が分かりました。

他に、知っておくべきことがあれば教えてください。

それでは、現場仕事(外仕事)について、よくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:一人親方になるとどれくらい稼げるの?
  • 質問②:女性でもできる現場仕事は何がある?
  • 質問③:現場仕事(外仕事)出身で、転職できる企業はある?

質問①:一人親方になるとどれくらい稼げるの?

よくある質問1つ目は「一人親方になるとどれくらい稼げるの?」です。

一人親方になると、仕事量を自分の裁量で決めることができます。

そのため、ほかの仕事と兼ね合いながらちょうどいい仕事量に調整しやすいです。

また、単価の交渉ができるようになるため、雇われている立場より多く給与を得ることができます。

相場は日当18,000円~23,000円となっており、雇われている場合より7,000円程高くなっています。

 

質問②:女性でもできる現場仕事は何がある?

よくある質問2つ目は「女性でもできる現場仕事は何がある?」です。

現場仕事には様々なものがあります。

その中でも、比較的女性が多いとされている仕事を下記に示します。

女性が多いと言われている現場仕事
  • 建具屋
  • 装飾関係
  • 造園関係
  • 電気関係

電気関係は、資格取得を目標に働く女性の方もいるようです。

 

質問③:現場仕事(外仕事)出身で、転職できる企業はある?

よくある質問3つ目は「現場仕事(外仕事)出身で、転職できる企業はある?」です。

結論、現場仕事(外仕事)から転職できる企業はあります

しかし、転職した場合は早めに行動を起こすことが大切です。

若いうちだと、新しい職種にチャレンジすることができますが、若くない場合は転職は難しくなるでしょう。

そのため、転職できるかどうかは本人次第ということになります。

転職支援アプリについての解説を下記にまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:自分の体力に合った現場仕事(外仕事)を見つけよう

今回は、現場仕事(外仕事)ついて紹介しました。

合わせて、「現場仕事はどんな仕事?」や、「現場仕事の将来性は?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【職業研究】そもそも現場仕事(外仕事)って何?

  • 現場仕事(外仕事)とは、屋外で働く体力が必要な仕事
  • 現場仕事(外仕事)の将来性は?

◆代表的な現場仕事(外仕事)10選

  • 仕事①:大工
  • 仕事②:内装工事
  • 仕事③:塗装業
  • 仕事④:解体工事
  • 仕事⑤:庭師
  • 仕事⑥:左官
  • 仕事⑦:土木作業員
  • 仕事⑧:重機運転手
  • 仕事⑨:舗装工
  • 仕事⑩:警備員

◆現場仕事(外仕事)で働くメリット

  • メリット①:学歴に関係なく働ける
  • メリット②:仕事終わりの達成感を得られる
  • メリット③:現場が変われば新鮮な気持ちで仕事ができる

◆現場仕事(外仕事)で働くデメリット

  • デメリット①:危険を伴う作業がある
  • デメリット②:熱中症・脱水症状になる危険性がある
  • デメリット③:年齢を重ねるほど辛くなる

◆現場仕事(外仕事)に向いている人の特徴

  • 特徴①:体力に自信がある人
  • 特徴②:技術や知識を活かしたい人
  • 特徴③:チームワークを活かして仕事をできる人

◆現場仕事(外仕事)に関するよくある質問

  • 質問①:一人親方になるとどれくらい稼げるの?
  • 質問②:女性でもできる現場仕事は何がある?
  • 質問③:現場仕事(外仕事)出身で、転職できる企業はある?

◆まとめ:自分の体力に合った現場仕事(外仕事)を見つけよう