【Fランは就職できない?】低学歴大学生の末路は悲惨なのか | あるある,対策方法も

「【内定者が教える】就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路 | あるある,対策方法も」のアイキャッチ画像

この記事を読めばわかること
  • Fラン大学生の就活あるある5選
  • 就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路
  • 内定をもらえないFラン大学生の共通点
  • Fラン大学生でも内定をもらうポイント
  • 就活がうまくいかないFラン大学生にオススメのサービス

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
今回は、就活がうまくいかないFラン大学生について解説します。
Fラン大学生のみなさんは、就職活動でうまくいかない経験をしたことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

僕はFラン大学生です。就活をしているのですが、うまくいきません。
受ける企業はすべて落ちてしまい、高学歴の友達からは「Fラン大学生の就活、悲惨すぎてワロタw」と言われて落ち込んでいます。

就活生ちゃん

私もFラン大学出身のせいか、説明会の枠が埋まっていて参加できなかったり、そもそも人事に話を無視されたりします。
Fラン大学生は就活できないんでしょうか…?

就活で悩むFラン大学生は多いですよね。
高学歴の就活生と比べられて、企業に相手にされなかったりすると、やる気もなくなってしまいますよね。
でも、うまく対策をすればFラン大学生でも納得して内定をもらえます。

「就活の教科書」編集部 コータ

この記事では、Fラン大学生の就活あるある5選や、就職に失敗した悲惨な末路、内定をもらえない共通点や、内定をもらうポイント、就活がうまくいかない場合のオススメのサービスを紹介します。

この記事を読めば、「Fラン大学生だけど就活を諦めなくて良かった…!」と、うまく就活をするポイントがわかります。

「自分でも就職できるんだろうか…」と悩んでいるFラン大学生のみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

画像タップでページ内に飛びます

Fラン大学生 就活あるある5選>> Fラン就活あるある5選

Fラン大学生 内定をもらうポイント>> Fラン内定のポイント

目次

Fラン就職が大変である3つの理由

就活生くん

Fラン大学生は就職するのが難しいとよく聞きますが、そもそもなんで難しいのでしょうか。

就活をしたことがないので、なかなかイメージできていません・・・

確かに、まだ就活を始めるまえだとまだイメージができていないですよね。

Fラン就職が大変な理由は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン就職が大変な理由
  • 理由①:学歴フィルターに引っ掛かり書類選考が通らない
  • 理由②:就活仲間が少ないので就活に関する正しい情報が回らない
  • 理由③:就活を応援してくれる人が周りにいないので孤独になる
それでは、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由①:学歴フィルターに引っ掛かり書類選考が通らない

Fラン就職が大変な理由1つ目は、「学歴フィルターに引っ掛かり書類選考が通らない」です。

就活では、何十万人もの学生が選考を受けるため、1人1人をしっかりと精査すると莫大な時間がかかります。

人気企業は、選考人数も多いため、エントリシートや適性検査などの序盤に行われる選考で、効率よく精査しなければなりません。

そのため、エントリーシートなどでは、学歴だけを見て判断する企業も多いのが現状です。

実際に、〇〇ランク以上の大学しか採用しないと基準を設けている企業も存在するので、落ちても悩みことに時間をかけずに切り替えていく心構えが必要です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由②:就活仲間が少ないので就活に関する正しい情報が回らない

Fラン就職が大変な理由2つ目は、「就活友達が出来にくいので、1人で行動しないといけない」です。

就職活動では、情報を共有する仲間や友人が非常に重要です。

例えば、企業の採用ページでは出回っていない、早期選考ルートや社員との面談、懇親会などが存在します。

Fラン大学生だと、熱心に就活をしている学生が少ないので、情報を共有する仲間を作るのが難しいです。

 

就活を本気で成功させたいと考えるならば、大学内で仲間を作らずに就活イベントに参加して就活に熱心な仲間をたくさん作りましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由③:就活を応援してくれる人が周りにいないので孤独になる

Fラン就職が大変な理由3つ目は、「就活を応援してくれる人が周りにいないので孤独になる」です。

Fラン大学だと、周りの学生がそこまで熱心に就活をしていないので、熱量との差で友達と会話する内容に少しズレが出てきて、孤独に感じるようになります。

それに、初めての就活で、選考に落とされると、どうしても自己否定されたような気持ちになり自信を無くします。

辛い時でも、腐らずに、友人と一緒に励ましあったり、就活の意見を交換することで、前向きに頑張ろうという気持ちになるかならないかで、就活の結果に大きく響きます。

就活の時期になると、遊びの誘いも断るようになり、ノリが悪いと思われることもあるかもしれませんが、将来の自分のために今の時期から精一杯頑張って自分と向き合っていきましょう。

下記の記事では、Fラン大学生が就活で不利になる理由や、勝ち組になる方法についても、網羅的に解説しています。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

【悲惨】Fラン大学生が体験した就職あるある5選

就活生くん

僕はFラン大学生ですが、就活をしたいと思っています。
周りの一般的なFラン大学生は、どんな就活をしているのでしょうか?

周りのFラン就活生がどんな就活をしているのか気になりますよね。
では、一般的なFラン大学生の就活あるある5選を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生の就活あるある
  • 学内企業説明会の質が低い
  • キャリアセンターが役に立たない
  • 学歴フィルターで選考を落とされる
  • 集団面接で話を聞かれない
  • 面接でバカにされる

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

あるある①:学内企業説明会の質が低い

Fラン大学生の就活あるある1つ目は、学内企業説明会の質が低いことです。

Fラン大学の学生企業説明会は、高学歴の学内企業説明会に比べて非常に質が悪いです。

基本的には地元の中小企業が集まるのですが、人事が真面目に話をしなかったり、そもそも企業のブースに人事がいないこともあったりします。

 

あるある②:キャリアセンターが役に立たない

Fラン大学生の就活あるある2つ目は、キャリアセンターが役に立たないことです。

Fラン大学のキャリアセンターは、地元の企業や、中小企業との繋がりが多く、大手企業との繋がりは少ないです。

したがって、大手企業や有名企業を紹介されることはほとんどないでしょう。

 

キャリアセンターについては、使い方やメリットをこちらの記事でで解説していますので、合わせて参考にしてください。

 

あるある③:学歴フィルターで選考を落とされる

Fラン大学生の就活あるある3つ目は、学歴フィルターで選考を落とされることです。

大手企業や有名企業にエントリーをしても、Fラン大学の名前を書いていることで、そもそも選考から落とされてしまうことがあります。

これがFラン大学生が就活に不利と言われる理由の1つです。

 

学歴フィルターについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてください。

 

あるある④:集団面接で話を聞かれない

Fラン大学生の就活あるある4つ目は、集団面接で話を聞かれないことです。

Fラン大学生は、集団面接でまともに話を聞かれないことがあります。

企業は優秀な学生を採用したいと考えているので、優先的に高学歴な就活生から話を聞こうとします。

ひどいケースだと、「一度も話を振られなかった」ということもあるようです。

 

あるある⑤:面接でバカにされる

Fラン大学生の就活あるある5つ目は、面接でバカにされることです。

自己紹介でFラン大学出身ということを伝えただけで、話す内容を面接官にバカにされることもあります。

これらのあるあるにメンタルをやられてしまうFラン就活生は多いです。

下記の記事では、日東駒専の就活生事情と狙い目の優良企業の紹介をしています。

日東駒専の就活生は合わせて読んでみてください。

では次に、就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fラン大学生でも内定をもらう6つの対策ポイント

就活生ちゃん

就活をうまく終えているFラン大学生は、どんな就活をしていたんだろう?
Fラン大学生でも内定をもらう対策方法があれば、教えてほしいです!

Fラン大学生が内定をもらう対策ポイントは、次の3つです。

「就活の教科書」編集部 コータ

Fラン大学生でも内定をもらう対策ポイント
  • 高望みをしない
  • 早い時期から就活準備をする
  • 資格をとる
  • 意識の高い学外の就活生と交流を深める
  • 学歴フィルターのせいにしすぎない
  • とにかくたくさんの選考を受けまくる

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント①:高望みをしない

Fラン大学生でも内定をもらうポイント1つ目は、高望みをしないことです。

Fラン大学生でも入れるような業界や企業を志望しましょう。

大手企業や有名企業でなくても、同じくらい待遇の良い企業はたくさんあります。

どうしても大手企業に入りたいFラン大学生は、次の記事を参考にしてみてください。
Fラン大学生が大手企業に入る方法を網羅的に解説しています。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント②:早い時期から就活準備をする

Fラン大学生でも内定をもらうポイント2つ目は、早い時期から就活準備をすることです。

早い時期から就活準備をすることで、その分志望企業の選考対策ができます。

自己分析や業界研究・企業研究には時間がかかるので、早い時期から動き出しましょう。

さらにFラン大学生は、筆記試験の対策や面接対策も必要となってきます。
周りの友達が行動していなくても、自分ひとりだけでも早く準備し始めることが大切です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント③:資格をとる

Fラン大学生でも内定をもらうポイント3つ目は、資格をとることです。

TOEICや英検など、比較的とりやすく勉強に使える資格をとりましょう。

高学歴の就活生が資格をもっていてもそこまでプラスにはなりませんが、Fラン大学生がTOEICで800点を取得していたりすれば、人事は関心を持ってくれます。

周りのFラン大学生と差別化をするために、資格はかなり有効です。
しかし、資格を持っているからといって内定に直結するわけではないので、あくまでも見せかけの選考対策として捉えておきましょう。
では最後に、就活がうまくいかないFラン大学生にオススメの対処法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント④:意識の高い学外の就活生と交流を深める

Fラン大学生でも内定をもらうポイント4つ目は、意識の高い学外の就活生と交流を深めることです。

意識の高い就活生と交流することで、就活に関する情報共有ができます。

面接前にどのような質問があったのかを確認できたり、OBを紹介しあったりできるので、就活を有利に進めることができます。

就活は情報戦です。

いかに就活仲間を早く作って情報を回せるグループを作れるかが鍵です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント⑤:学歴フィルターのせいにしすぎない

Fラン大学生でも内定をもらうポイント5つ目は、学歴フィルターのせいにしすぎないことです。

Fラン大学生は、面接に落ちると、すぐに学歴フィルターのせいにして、学歴が悪いから落ちたと考えがちです。

なぜ学歴フィルターのせいにするとよくない理由は、面接に落ちた根本の原因を探る機会を失ってしまうからです。

質問意図を把握できなくて落ちたのか、仕草や話し方がたどたどしく落ちたのか、採用したい人物像を理解したいなかったのか、色々理由はあるはずです。

落ちた原因はなぜかと振り返る機会を失ってしまうと、次の面接で活かすことができなくなります。

面接に落ちた原因をしっかりと深掘りして、次の面接までに対策することが大切です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策ポイント⑥:とにかくたくさんの選考を受けまくる

Fラン大学生でも内定をもらうポイント6つ目は、とにかくたくさんの選考を受けまくることです。

就活でとにかく大事なのは、場に慣れる事です。

グループディスカッションや集団面接、個別面接など学生時代には経験しなかったこと機械にたくさん遭遇します。

経験していない場に人は立たされるとどうしても緊張してしまいます。

緊張すると、最大限の力を発揮できないため早いうちから選考にたくさん受けて慣れる必要があります。

面接も何十回と受けることによって、慣れていくようになります。

たくさん面接を受けていきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

就活がうまくいかないFラン大学生にオススメの就活サービス

就活生ちゃん

資格もとって頑張ったのですが、志望している企業にすべて落ちてしまいました…
就職はしたいのですが、どうすれば良いですか…?

どれだけ頑張っても、うまくいかない時もありますよね。
そんなFラン大学生は、次の就活サービスを試してみましょう!

「就活の教科書」編集部 コータ

就活がうまくいかないFラン就活生にオススメの就活サービス

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス①:就活イベント「Meets Company」

Fラン就活生におすすめの就活サービス1つ目は、就活イベント「Meets Company(ミーツカンパニー)です。

「Meets Company」は、株式会社DYMが運営している就職マッチングイベントです。

イベント内容は、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式の選考で、大手企業やベンチャー企業が1日最大8社参加します。

「1日のイベントでたくさんの企業の選考を受けたい!」そんなFラン大学生には「Meets Company」がおすすめです。
就活イベント「Meets Company」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス②:就職エージェント「キャリアスタート」

Fラン就活生におすすめの就活サービス2つ目は、就職エージェント「キャリアスタートです。

「キャリアスタート」とは、キャリアスタート株式会社が運営する就職支援・新卒紹介サービスです。

経験豊富なプロのアドバイザーが、一人ひとり個別で完全無料で内定までサポートしてくれます。

「短期間で優良企業から内定をもらいたい!」そんなFラン大学生には「キャリアスタート」がおすすめです。
就職エージェント「キャリアスタート」については、以下の記事で網羅的に解説しています、合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

サービス③:逆求人サイト「OfferBox」

Fラン就活生におすすめの就活サービス3つ目は、逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)です。

「OfferBox」は、学生側のプロフィールを見た企業がオファーをくれる、画期的な逆求人サービスです。

普段エントリーシートに書いている、「学生時代頑張ったこと(ガクチカ)」「自己PR」などをそのままコピペするだけで、企業からオファーがもらえます。

「企業を調べるのは面倒だけどオファーが欲しい!」そんなFラン就活生には「OfferBox」がおすすめです。
逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」については、以下の記事で網羅的に解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

低学歴な就活生の企業選びのポイント3つ

就活生くん

低学歴なんだけど就職活動で勝ち組になりたいよ、
「低学歴でもいい企業」って、どんな企業なの?
低学歴な就活生におすすめの企業があれば、教えて欲しい!

低学歴な就活生が企業を選ぶ際のポイントを解説しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

低学歴な就活生が企業を選ぶ際のポイント
  • ポイント①:自分の性格に合う企業
  • ポイント②:学歴フィルターのない企業
  • ポイント③:大手企業のグループ会社

 

他にも低学歴な就活生に企業を選ぶ際のポイントを以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

低学歴な就活生でも入りやすいおすすめのホワイト大手企業

就活生ちゃん

私は、学歴にコンプレックスを感じています。

私みたいな低学歴な就活生でも入りやすそうな、おすすめのホワイト大手企業があれば教えてほしいです!

低学歴な就活生が入りやすいおすすめのホワイト大手企業を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

低学歴な就活生が入りやすいホワイト大手企業
  • 入りやすい企業①:大手のグループ企業
  • 入りやすい企業②:ニッチだけど世界シェア1位の企業
低学歴な就活生が活躍しやすい大手企業
  • 活躍しやすい大手企業①:IT企業
  • 活躍しやすい大手企業②:ベンチャー企業
  • 活躍しやすい大手企業③:不動産企業

 

他にも低学歴な就活生におすすめの企業を以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

内定をもらえないFラン大学生の3つの共通点

就活生ちゃん

Fラン大学生が内定がもらえないのはなぜですか?
理由を教えてください!

Fラン大学生だから内定がもらえないのではありません。
Fラン大学生でも、内定をもらっている就活生はいますよ。
内定をもらえないFラン大学生には、次の3つの共通点があります。

「就活の教科書」編集部 コータ

内定をもらえないFラン大学生の3つの共通点
  • 自分の将来について考えていない
  • やる気がない
  • 印象が悪い

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

共通点①:自分の将来について考えていない

内定をもらえないFラン大学生の共通点1つ目は、「自分の将来について考えていない」です。

自分の将来について考えていないFラン大学生は、「なぜ就職をしようと思うのですか?」「なぜうちの会社を志望するのですか?」と質問をされても、うまく答えられません。

「そもそもなぜ就職をしようと思うのか?」を考えてみましょう。
そうすれば、本当に受けたい企業がわかってくるはずです。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

共通点②:やる気がない

内定をもらえないFラン大学生の共通点2つ目は、「やる気がない」です。

就活に対するやる気がないFラン就活生は、エントリーシート(ES)を適当に書いたり、面接で適当に答えたりして、選考を落とされてしまいます。

就活でやる気を出したいFラン大学生は、以下の記事を参考にしてみてください。
きっとやる気がもりもり出てきますよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

共通点③:印象が悪い

内定をもらえないFラン大学生の共通点3つ目は、「印象が悪い」です。

内定をもらえないFラン大学生は、見た目がだらしなかったり、言葉遣いが悪かったりして、印象が悪いことが多いです。

就活は第一印象が非常に大切なので、まずは身だしなみを綺麗に整えてみましょう。

印象を良くするためには、相手の目を見て話を聞いたり、笑顔で話したりすると効果的です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路

就活生くん

就職に失敗したFラン大学生は、どうなってしまうんですか…?

就活がうまくいかず、辞めてしまったFラン大学生は、次のような末路を辿ります。

「就活の教科書」編集部 コータ

就職に失敗したFラン大学生の末路
  • フリーターとして働く
  • ニートになる

それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

末路①:フリーターとして働く

就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路1つ目は、フリーターとして働くことです。

ストレスに耐えられず、就活を辞めてしまったFラン大学生は、フリーターとしてアルバイトをすることが多いです。

フリーターなので、「どれだけ働いても給料が低い」「非正規雇用なので社会保険に入れない」「社会的信用がない」などの状況に陥ってしまいます。

フリーターは非正規雇用なため、嫌なことがあるとアルバイトですらすぐに辞めてしまうフリーターもいます。
仕事を転々とするフリーター生活、嫌ですよね…

「就活の教科書」編集部 コータ

 

末路②:ニートになる

就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路2つ目は、ニートになることです。

ニートとは、学校にも行かず、雇用もなく、就労訓練もしていない人のことを指します。

ニートは基本的に、親の稼ぎに頼りきった生活をしています。

大人になっても親に頼りきった生活をするニートにはなりたくないですよね…
では次に、そんなフリーターやニートになりやすい、内定をもらえないFラン大学生の共通点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

Fランでもオファーがくるスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

僕は学歴に自信がなく、内定までの道のりが遠く感じます。

僕みたいなFラン大学生でも就活をうまく進められる方法ってあるのかな。

Fラン大学生でも上手に就活を進める方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは学歴ではなく、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、Fラン大学生にもオファーがくる、スカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

まとめ:Fラン大学生は身の丈にあった就活をしよう!

いかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部のコータが、Fラン大学生の就活あるある5選や、就職に失敗した悲惨な末路、内定をもらえない共通点や、内定をもらうポイント、就活がうまくいかない場合のオススメのサービスを紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

今回の記事で学んだこと

Fラン大学生の就活あるある5選

  • 学内企業説明会の質が低い
  • キャリアセンターが役に立たない
  • 学歴フィルターで選考を落とされる
  • 集団面接で話を聞かれない
  • 面接でバカにされる

就職に失敗したFラン大学生の悲惨な末路

  • フリーターとして働く
  • ニートになる

内定をもらえないFラン大学生の3つの共通点

  • 自分の将来について考えていない
  • やる気がない
  • 印象が悪い

Fラン大学生でも内定をもらう3つのポイント

  • 高望みをしない
  • 早い時期から就活準備をする
  • 資格をとる

就活がうまくいかないFラン大学生にオススメの就活サービス

Fラン就活生でも、しっかりと選考対策をしておけば、内定をもらえます。
高望みせず、自分の身の丈に合った企業を見て就活をしましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

新着記事