>> 就活に役立つおすすめサイトまとめました <<

【テストセンターとは?】内容や受験方法などを詳しく解説! | 流れや必要なものも

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 就活のテストセンターとは?
  • テストセンターの具体的な内容とは?
  • テストセンター受験までの流れ
  • テストセンターは自由

こんにちは!就活の教科書編集部の実来です。

この記事では、「テストセンター」について解説します。

皆さんは「テストセンターに行くときの服装はどうしたらいいの?」「テストセンターの対策はどうしたらいいの?」といった疑問はありませんか?

「就活の教科書」編集部 実来

就活生くん

僕は就活生ですが初めてテストセンターに行きます。

どんな服装でテストセンターに行けばよいのでしょうか?

スーツで行けばいいのでしょうか?私服でも構わないのでしょうか?

就活生ちゃん

私も就活生で以前テストセンターに行きましたが、全然解けませんでした。

どんな対策をしたらよいのか知りたいです。

始めてテストセンターに行く人は服装など分からないですよね。

また、テストセンターの対策の方法を知りたい就活生も多いと思います。

「就活の教科書」編集部 実来

そこで、この記事ではテストセンター受験の流れについて解説していきます。

合わせて、就活のテストセンターとは?、持ち物とは?テストセンター当日に必要なもの、テストセンターに関するよくある質問についても解説していきます。

この記事を読めば「テストセンターの服装はどうしたらいいの?」「テストセンターの流れは?」といった疑問が解決されますよ!

先に伝えておくと、「自分が志望している企業はテストセンターで適性検査を実施するの?」という方は、「unistyle(ユニスタイル)」を使って確認するのがおすすめです。

「unistyle」を使うと、内定者の選考フローが見れるので、どんな適性テストが出題されたのかがわかるようになります。

内定者のESや面接での回答も丸わかりになるので、選考を有利に進めたい方は、「unistyle」も利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 実来

>>「unistyle」を使ってみる

 

 

就活のテストセンターとは?

就活生くん

僕は就活生ですがテストセンターに行ったことがありません。

就活のテストセンターとは何か教えてください。

そうですよね。

就活生でもテストセンターに行ったことない人はテストセンターが何か分からないですよね。

そこで、今から就活のテストセンターとは何かについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

就活のテストセンターとは?

テストセンターとは、Webテストの一種である「SPIテスト」の会場受験型試験です。

自宅受験型のWEBテスティングとは異なり、本人確認を行う形式となっています。

‌さらに、企業によっては英語や構造的把握力の試験も。自ら会場と時間の予約を行う形式であることに加え、試験結果を他の企業にも使い回すことができる点が、WEBテスティングとは異なる点です。

 

具体的な内容とは?テストセンターと他の試験との違い

就活生ちゃん

そもそもテストセンターとは何かについて分かりました。

もっと具体的にテストセンターの内容を知りたいです。

また、他の試験との違いについても知りたいです。

分かりました。

今から、具体的な内容とテストセンターと他の試験の5つの違いについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

テストセンターと他の試験の違い
  • 違い①:専用の会場で受験する
  • 違い②:企業によって出題範囲が異なる
  • 違い③:他の企業でも使いまわせる
  • 違い④:受験者一人ずつの出題内容が異なる
  • 違い⑤:問題ごとに時間制限がある

 

違い①:専用の会場で受検する

テストセンターと他の試験の違いの1つ目は専用の会場で受験することです。

就活でテストセンターを指定された場合は「適性検査専用の受検会場=テストセンター」に行って、会場の専用PCでテストを受けます

また、SPIのテストセンターは、選考ピーク時になると全国47都道府県に設置されるため、開催日もある程度選択可能です。

応募先企業から受検期限が指定されたら、自分の都合に合わせて日程を予約し、受検することができるようになっています。

 

違い②:企業によって出題範囲が異なる

テストセンターと他の試験の違いの2つ目は企業によって出題範囲が異なることです。

多くの企業では「性格検査」と「能力検査」が出題されます

オプションとして物事の構造や関係性を把握し理解する力を測る「構造的把握力検査」や読解力を含む基礎的な英語力を測る「英語能力検査」の受検を企業から指定されることがあります。

英語能力検査は、主に外資系企業や総合商社などから指定されることが多く、高校卒業程度の難易度です。

構造的把握力検査ものごとの背後にある共通性や関係性を構造的に把握する力を測定する検査で、上記基礎能力検査と同様に、言語問題と非言語問題に分かれています。

「構造的把握力検査」と「英語能力検査」は、テストセンターでのみ受検が可能になっています。

追加の有無は、受検案内メールやメールに記載されたURLからログインできるテストセンターのWebサイトで確認できるので、チェックしておきましょう。

 

違い③:他の企業でも使いまわせる

テストセンターと他の試験の違い3つ目は他の企業でも使いまわせることです。

テストセンターの結果は一度受ければ、他の企業でテストセンターの結果を求められた場合も使いまわすことが可能です。

良い結果だと思う場合は、気兼ねなく前回のテスト結果を送ることができて、効率良く就活を進められます。

もちろん結果に納得が行かない場合は、依頼されるたびにテストをし直すことも可能です。

 

違い④:受検者一人ずつの出題内容が異なる

テストセンターと他の試験の違い4つ目は受検者一人ずつの出題内容が異なることです。

テストセンターでどんな問題が出るかは人によって異なります。

というのも、テストセンターでは受検者の回答率によって問題の難易度が変化していくからです。

例えば、すらすらと回答できている時は問題の難易度が上がり、間違えると簡単な問題に変化していきます。

難しい問題が頻出して「うまく回答できなかった…」と思うことがあるかもしれませんが、それは正答率が高かったからかもしれません。

逆に時間が余ったという場合は、もしかしたら問題の正答率が低く、簡単な問題だけ主題されたからという場合もあります。

どんな種類の問題が出るにしても、検査中は落ち着いてテンポよく回答していくことが大切です。

 

違い⑤:問題ごとに時間制限がある

テストセンターと他の試験の違いの5つ目は問題ごとに時間制限があることです。

一般的なテストの場合、テスト全体にしか制限時間は設けられていないはずです。

しかし、テストセンターの場合、1問ずつ制限時間が設けられており、その時間をオーバーしてしまうと、強制的に次の問題へ画面が移行してしまいます。

そのため問題の難易度に合わせて、時間をかけることが出来ず、1問あたりに割くことの出来る時間は短い場合では1分程度になってしまうのです。

じっくり問題について考える時間はなく、かなりスピーディーに回答を行う必要があると言えます。

そのため問題を見た瞬間に解法が頭に浮かぶように事前対策を入念に行っておくことが重要になります。

ちなみに、GABはテストセンターはしっかりと対策をしないと落ちます。

テストセンターや、Webテスト自体受けたくない…」という方は、「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、プロフィールを入力するだけで、隠れ優良企業から選考が一部免除付きのスカウトが来ることが多いです。

「テストセンターや、Webテストを受けずに優良企業に就職したい!」という方は、「OfferBox」も使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 実来

>>「OfferBox」で優良企業からスカウトをもらう

 

流れとは?テストセンターの受検方法

就活生ちゃん

テストセンターと他の試験の違いについてよく分かりました!

今度、テストセンターを受けに行くことになったので、テストセンターの受験方法の一連の流れについて知りたいです。

分かりました。

では、今からテストセンターの受験方法の流れについて4つに分けて詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

テストセンターの受験方法の流れ
  • 受験方法①:企業からのメールが届く
  • 受験方法②:会場と日程を決めて予約する
  • 受験方法③:家で事前に性格検査を受検する
  • 受験方法④:会場に行って受験する

 

受検方法①:企業からのメールが届く

テストセンターの受験方法の流れの1つ目は企業からのメールが届きます。

まずは、企業からメールが届くのでその案内に従って受験すれば問題ないです。

企業から案内メールが届いたら、テストセンターの申し込みを開始します。

案内メールには、「受検手続きをするページのURL」「受検期間」「企業別受検ID」が記載されているので確認してください。

初めてテストセンターを受検する場合、企業からのメールに記載されたURLに進んで「テストセンターID」を取得します。

 

受検方法②:会場と日程を決めて予約する

テストセンターの受験方法の流れの2つ目は会場と日程を決めて予約することです。

企業からのメールに記載されたURLに進み、受検会場と受検日を予約します。

この時点での予約は仮予約だという点に注意してください。

新卒採用のピーク時は多くの学生がテストセンターを予約するので、人気の会場や時間はすぐに埋まってしまいます。

希望の会場や時間を確実に確保するには、早めの予約を心がけた方がよいでしょう。

 

受検方法③:家で事前に性格検査を受検する

テストセンターの受験方法の流れの3つ目は家で事前に性格検査を受検することです。

仮予約が完了すると性格検査の受検案内メールが届くので、指示された期限内に自宅のパソコンやスマートフォンで受検してください。

期限内に受検しないと仮予約がキャンセルされるので注意が必要です。その後は予約した日に会場に行き、能力検査を受検します。

なお、テストセンターの予約取り消し・変更は受検開始の1時間まで可能です。

 

受検方法④:会場に行って受検する

テストセンターの受験方法の流れの4つ目は会場に行って受験することです。

受験案内メールに会場や持ち物が指定されているので、それに従って会場で受験してください。

 

テストセンターの当日の流れとは?

就活生くん

テストセンターの受験方法の流れが分かりました。

しかし、当日の流れまで確認しておかないとまだ不安です。

当日の流れを教えてください!

分かりました。

ではテストセンター当日の流れについて詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

テストセンター当日の流れ
  • 受付を行う

まずは受付で本人確認や試験の方法の確認を済ましてください。

  • 荷物をロッカー等にしまう

受付を済ました後に会場にあるロッカーに持ち込みが許可された持ち物以外のすべてをしまってください。

持ち込みが許可された持ち物は、本人確認証と受験票のみです。

鉛筆や消しゴムは会場で貸し出しが行われているので、それを使用します。

ロッカーに荷物を預けたら試験会場に入ってください。

  • ログインを済ませて試験開始

試験会場ではパソコンが用意されているので、指示に従いログインを行った後試験を開始してください。

以上がテストセンターの流れです。

以下の記事でさらに詳しくテストセンターの流れについて解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

持ち物とは?テストセンター当日に必要なもの

就活生ちゃん

テストセンターの当日の流れも分かったので、当日は安心して受験ができそうです。

持ち物を用意しようと思うのですが、なにか必要なものはありますか?

もしあるのなら教えて欲しいです。

テストセンターの持ち物に必要なものは2つです。

今から詳しく説明していきますね!

「就活の教科書」編集部 実来

テストセンター当日に必要なもの
  • 必要なもの①:顔付の身分証
  • 必要なもの②:受験票

 

必要なもの①:顔付きの身分証

テストセンター当日に必要なものの1つ目は顔付の身分証です。

身分証明書は当日来た人物が本人かどうかの確認の為に必要です。

身分証明書として有効なものは、運転免許証、パスポート、学生証といった顔写真のものです。

テストセンターでは当日、多くの人が来場し、人違いが起こりやすいので身分証明書を使って本人確認を確実にしています。

本人確認によって替え玉受験等の不正を防ぐといったこともできます。

 

必要なもの②:受験票

テストセンター当日に必要なものの2つ目は受験票です。

受験票は当日本当にテストを受ける資格がある人物かどうかの確認のために必要です。

受験票がないと身分証明書さえ用意すれば誰でもテストを受けられることになってしまいます。

例えば受験票を持っていかなかった場合、本当にテストを予定していた人物かどうかの証明ができないので残念ながらテストを受けることすらできません。

こういう事態が起こりえるのでテストを受ける予定の学生であることを証明するために受験票の持参が重要です。

受験票は事前の性格検査が完了した際に画面に表示されたものを印刷して用意してください。

プリンターがないなど印刷できなかった場合は必要事項をA4サイズの紙に記入して当日会場に向かってください。

 

WEBテストは対策をきちんとしなければいけないので、時間がかかりますよね。

ちなみに「OfferBox」を使うと、WEBテストを受けずに選考に進むことができます。

あなたのプロフィールを見た企業(7,700社以上)から直接スカウトが届くので、選考をスキップして面接できますよ。

人事さん

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

「Webテストで落ちるかもしれない」「このままだと手遅れになりそう」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>> SPI頻出問題集を受け取る

 

テストセンターに関するよくある質問

就活生くん

テストセンターの持ち物についても理解しました。

万全の準備でテストセンターに望めそうです。

テストセンターの問題の対策はどのように行えばよいのでしょうか?

就活生ちゃん

テストセンターはスーツでいく必要がありますか?

それとも私服で行っても良いのでしょうか?

テストセンターに行ったことのない人はどのような場所かイメージがわかないので分からないことも多いと思います。

なので、今からテストセンターに関するよくある質問について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

テストセンターに関するよくある質問
  • 質問①:テストセンターの対策とは?
  • 質問②:テストセンター当日の服装とは?
  • 質問③:テストセンターの使いまわしとは?

 

質問①:テストセンターの対策とは?

テストセンターに関するよくある質問の1つ目はテストセンターの対策とは?です。

テストセンター本番前に、参考書を通して問題形式に慣れておくことがおすすめです。

似たような問題を正確に素早く解けるようにするには、問題集を使って何度も演習を重ねておくことが重要です。

テストセンター対策におすすめの問題集に関しては以下に紹介しておくので、ぜひ買ってみてください。

2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実践問題集

2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実践問題集

オフィス海
2,980円(01/22 10:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

テストセンターの対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 実来

 

質問②:テストセンター当日の服装とは?

テストセンターに関するよくある質問の2つ目はテストセンター当日の服装とは?です。

テストセンターの受験は、スーツでも私服でも構いません

好きな服装で行って大丈夫です。

私服だから落とされるといったことはありません

さらに、テストセンターでSPIを受験する際は、ジーパンやパーカーでも特に問題はありません。

どのような服装で行けば、自分がSPIに取り組みやすいかが大切です。

ジーパンやパーカーでも問題はありませんが、あまりにも奇抜な服装で行くのは考えものです。

あまりに奇抜な服装は、他の就活生の集中を遮ります。

カジュアルでもTPOに合った服装を選択しましょう。

 

質問③:テストセンターの使い回しとは?

テストセンターに関するよくある質問の3つ目はテストセンターの使いまわしとは?です。

テストセンターの結果は使い回すことが可能です。

テストセンターで一度受けた結果は複数の企業に提出できます

そのため、テストセンターを利用している企業を志望する場合には、筆記試験を受ける時間や手間を省き、就活を効率良く進めることができます。

しかし、テストセンターの点数は就活生本人が見ることはできません。

そのため、受検した後にネットなどに書いてる基準を参考にして、自己採点をしてこれなら大丈夫と思えた結果を使い回すようにしてください。

 

Webテストを受けずに優良企業に就職する方法

就活生くん

Webテストって難しいし、結果がわからないので困っています。

Webテストや適性検査を受けるのが嫌になってきたな。

Webテストや適性検査を受けずに就活する方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトはWebテストを受けずに、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

人事さん

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、Webテストを受けずに優良企業に就職する方法をまとめたので、読んでみてくださいね。

まとめ:テストセンターとは何かを把握して他の適性検査との違いを知ろう

この「テストセンター」の記事はいかがだったでしょうか?

この記事ではテストセンター受験の流れについて解説しました。

合わせて、就活のテストセンターとは?、持ち物とは?テストセンター当日に必要なもの、テストセンターに関するよくある質問についても解説しました。

最後にこの記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

就活のテストセンターとは?

具体的な内容とは?テストセンターと他の試験との違い

  • 違い①:専用の会場で受検する
  • 違い②:企業によって出題範囲が異なる
  • 違い③:他の企業でも使いまわせる
  • 違い④:受検者一人ずつの出題内容が異なる
  • 違い⑤:問題ごとに時間制限がある

流れとは?テストセンターの受検方法

  • 受験方法①:企業からのメールが届く
  • 受験方法②:会場と日程を決めて予約する
  • 受験方法③:家で事前に性格検査を受検する
  • 受験方法④:会場に行って受験する

テストセンターの当日の流れとは?

持ち物とは?テストセンター当日に必要なもの

  • 必要なもの①:顔付の身分証
  • 必要なもの②:受験票

テストセンターに関するよくある質問

  • 質問①:テストセンターの対策とは?
  • 質問②:テストセンター当日の服装とは?
  • 質問③:テストセンターの使いまわしとは?